ドコモ 料金 明細 サービス。 【ドコモ光の料金明細】実際に支払っている料金を紹介!

ご利用明細の確認|d払い

ドコモ 料金 明細 サービス

これまでは1回線あたり20円の割引を受けられる希望者だけのサービスでしたが、現在では郵送によるコストの削減のため、NTTドコモの契約ユーザー全員が対象となっています(割引も全ユーザーが対象)。 また、専用アプリも用意されているのでダウンロード&インストールすれば簡単に確認が可能です。 しかし、インターネット上でいつでも好きな時に明細を見られますが、いつ請求金額が確定するのかがわかりにくいため、請求額が確定したらメールで通知してくれるサービス「ドコモご利用額お知らせメール」を行っており、請求金額が確定するとメールで通知してくれます。 請求金額の概要なども一緒に記載してくれるのでメールだけで金額を知ることも可能です。 利用料金を確認する手段 Webから確認する手順• ブラウザよりにアクセスし『My docomo(お客様サポート)』をタップします。 My docomoより未ログインの場合には『ログインして表示』をタップします。 それぞれの項目をタップすることで詳細を確認することができます。 ホーム画面にウィジェットを追加することでアプリを起動せずとも確認することができます。 参考 利用料金(請求金額)をアプリから確認するやり方は以上です。 クレジットカード払いを選択している人はあまり気にならないかもしれませんが、口座振替(口座引き落とし)を利用している人は月末までに口座へ入金をしておく必要があるので、しっかりとチェックするようにしておくことをオススメします。 スマートフォンで定額を利用してるとチェックする習慣が無い人も多いでしょうが、自分がどれくらいの利用料金を月々に支払っているかを確認することは、節約を考えるのに非常に需要になってきますので最低でも月に1回は確認することをオススメします。 また、支払金額が確定したらメールなどで知らせてくれるサービスもあります。

次の

【ドコモ光の料金明細】実際に支払っている料金を紹介!

ドコモ 料金 明細 サービス

ネットワークオプションの契約• iモード・オプションの契約• 国際サービスの契約 ドコモ光のオプションサービス関連について詳しく確認できます。 契約時に一緒に申し込んだものの、まったく使っていないようなオプションが含まれているかもしれません。 一度チェックすることをオススメします。 ドコモ光の契約内容を変更する流れ Mydocomoの場合は自身のdアカウントでログインをします。 電話で問い合わせる場合は「ご契約者電話番号」と「ネットワーク暗証番号」を連絡して本人確認を行います。 現在の契約内容を確認の上、変更したい箇所を自身で選択、または電話で伝えることにより契約の変更を進めていく形です。 Mydocomo・電話からドコモ光の契約内容変更手続きができる ドコモ光の契約内容変更手段としては、 Mydocomoにてオンラインを行うか、電話で行うかの2つです。 契約内容を確認する手段と同じですね。 どちらでも実施できる内容に違いはありませんが、 Mydocomoであれば24時間いつでも変更手続きができることに加え、 文字を見て確認しながら手続きできるためミスもしにくく安全です。 よほどの理由がない限り、Mydocomoで手続きされることをオススメします。 ドコモ光契約内容の具体的な変更手続き方法 ドコモ光の各項目の変更について、具体的な方法を説明します。 それぞれ準備しておいたほうが良いことなどもありますので、合わせて解説していきます。 なお、手続き方法がMydocomo、電話、ショップ来店など複数ある場合、最も簡単な方法をご紹介しますのでご理解ください。 ドコモ光の住所や請求書等送付先の契約内容変更手続き まずはドコモ光の住所変更手続きです。 住所が変わっていながら手続を行っていないと、重要書類などが手元に届かなくなってしまう可能性があり、場合によっては利用停止等の措置を取られることもあります。 ドコモ光の住所変更手続きは、Mydocomoでの手続きができないため、ショップ来店での手続きをします。 最寄りのドコモショップにて「ドコモ光の住所変更をしたい」旨をお伝えください。 ちなみに、ドコモ光の住所変更をする際は、 運転免許証など本人確認書類が必要ですので用意してからドコモショップに訪れるようにしてくださいね。 ドコモ光の名義に関する契約内容変更手続き ドコモ光を名義変更する場合は、ドコモショップに来店して手続きをする必要があります。 ドコモ光の名義変更には以下のものを準備してから訪れるようにしてください。 <ドコモ光の名義変更に必要なもの>• 名義変更後の支払いで使用するクレジットカードまたは銀行のキャッシュカード• 委任状(来店できない方の分) また、ドコモ光の名義変更には費用が発生する場合もあります。 家族間での名義変更は0円ですが、第三者への名義変更は2,000円かかりますので注意してください。 ちなみに、 ドコモ光の名義は、変更後の名義は家族内の人にも家族以外の人にも変更ができます。 また、 ドコモショップに訪れる場合は、名義変更を行う前の契約者と行う後の契約者が一緒に来店できれば最もスムーズにですが、どちらか一人でも名義変更が可能ですよ。 氏名や会社名の改称を行う際のドコモ光契約内容変更手続き 氏名や会社名の解消を行う際もドコモショップに来店して手続きをする必要があります。 氏名・ 会社名の変更を行い場合は、変更の事実がわかる公的な書類を持っていく必要がありますので、準備をしておきましょう。 <氏名や会社名の登録内容を変更する際に必要なもの>• 個人の氏名変更の場合:改称の事実がわかる公的書類(戸籍謄(抄)本、新しい氏名が記載されている運転免許証、健康保険証、住民票など)• 会社の名称変更の場合:登記簿謄(抄)本(履歴事項証明書)、来店者の本人確認書類 会社合併による承継時のドコモ光契約内容変更手続き 個人で契約している方にはあまり関係ない話ですが、会社が合併し、存続する会社がドコモ光の契約を引き継ぐことになった場合も手続きをしなくてはいけません。 会 社合併によるドコモ光の契約内容変更手続きもドコモショップにて行いますので、必要書類を持って来店し、契約引き継ぎの旨を店員さんに伝えてください。 <契約者が死亡時にドコモ光を承継・解約する際の手続きに必要なもの>• 登記簿謄(抄)本のコピーなど、相続関係がわかる書類• 支払いに使用するクレジットカード(ご契約法人名義)、またはキャッシュカード ドコモ光解約時の契約内容変更手続き ドコモ光を解約したい場合は、電話または各ドコモショップで手続きします。 なお、 ドコモ光の解約にあたり、ドコモの携帯電話契約(ペア回線)があるか、ドコモの携帯電話は利用継続するかしないのかについても確認されます。 ドコモ利用者の方は、合わせて事前確認をしておいてください。 ドコモ光を解約する時は、書類等を準備する必要はありません。 【番外】ドコモ光契約内容のオプションを見直して料金を抑えよう! ドコモ光の料金が高いから解約を考えているという方は、オプションの見直しをしましょう。 乗り換えをしなくても、月額利用料金を抑えられる可能性がありますよ。 不要オプションの解約をすれば、月々に発生していたオプション分の料金が抑えられます。 使わないサービスにお金をかけてしまってるとしたら、もったいないので、ぜひ一度チェックしてみてください。 ネットトータルサポートを外し忘れてないかドコモ光契約内容をチェック! ドコモ光でつい契約してしまうオプションとして ネットトータルサポートが挙げられます。 月額500円で、機器の接続設定や、トラブル時の訪問サポートが受けられるサービスです。 初めてネット回線を契約するときなど、つい不安になって「必要かな?500円だし」と思って契約したものの、あまり活躍していない場合が多々あります。 また、 開通工事後31日間はサービス費用が無料のため、つい解約を忘れてしてしまいがちなのです。 月500円も積み重なれば大金です。 思い切って解約して、料金の節約をしましょう。 ドコモ光契約内容を確認してdマーケットアプリで使っていないものは解約する もう一つ不要サービスとしてチェックしてほしいのが dマーケットアプリです。 dマーケットアプリには、ショッピングやゲームをはじめ、数々のアプリが登録されていますが、 中には有料アプリも含まれているのです。 一つ一つのアプリは月数百円ですが、 複数契約すると合計で数千円規模になってしまう可能性もあります。 使わないと判断できるアプリは、早めの解除をオススメします。 dマーケットアプリの種類 月額料金 無料期間 dショッピング 0円(spモード契約300円が必要) — dゲーム 0円(ゲーム内課金あり) — dデリバリー 0円(商品は有料) — dブック 0円(コンテンツは有料) — dファッション 0円(商品は有料) — dトラベル 0円(旅行代金は有料) — dミュージック 934円(月額コースの場合) 0円(コンテンツを購入するケース) なし dジョブ 0 円(一部有料オプションあり) — dカーシェア 0円(商品は有料) — dアプリ&レビュー 0円 — dTV 500円 31日間 dTVチャンネル 780円 31日間 dマガジン 400円 31日間 dヒッツ 500円 31日間 dフォト 280円 初回1冊分無料 dアニメストア 400円 31日間 dグルメ 400円 31日間 dヘルスケア 500円 31日間 dキッズ 372円 31日間 dリビング 450円 31日間 dエンジョイパス 500円 31日間 上記の表を見ると数多くのdマーケットアプリがあることがわかります。 有料アプリでは200円〜800円程度の月額利用料金が発生しています。 不要なものを解約し、ドコモ光の料金を安くしてくださいね。 請求書の発行をeビリングに切り替えてで120円節約しよう eビリングとは、スマートフォンやドコモケータイ、パソコンで料金明細を確認できるサービスです。 ドコモ光の請求書を毎月紙でもらっているようでしたら、Web上でができる eビリングに切り替えることをオススメします。 eビリンクを利用すると、これまで 請求書で支払っていたものを停止することで100円が不要になり、クレジットカード払いで明細書を送付されていたなら停止することで50円の節約も可能。 さらに、 eビリングサービスを利用して、口座振替やクレジットカードの引き落としがされたならば、翌月に1回線あたり最大20円割引されます。 よって、紙の請求書を発行していた場合は毎月120円の節約ができるのです。 請求書をeビリンクに変更する手続きはMydocomoにて行います。 ログインして料金確認のページを開くと、eビリングの申し込みができますよ。 いまだ紙でもらっている人は、早めに手続きしておいてくださいね。 この記事を読んだ方はこんな記事を読んでいます• 現在、フレッツ光を契約している人がおうちに引き込んだ回線をそのまま利用して、契約先のみドコモへ変更することを、ドコモ光への「転用」といいます …• ドコモ光の解約、オプションのみの解約、どちらも電話またはドコモショップで簡単に行うことができます。 電話で解約の申し込みをする場合は、ドコモ …• インターネットを利用するにあたって、毎月支払っている料金は定期的に確認しておきたいですよね。 不要なオプションを契約していたなど、確認するこ …• 「ドコモ光」比較的新しい光回線インターネット接続サービスで、通信速度も良好との評判もあり目にしたことがある人もいると思います。 ドコモと名前 ….

次の

【超簡単】ドコモ光の料金確認方法を電話・WEB別にやさしく解説!|ドコモ光乗り換えガイド

ドコモ 料金 明細 サービス

ドコモの携帯電話の電話番号• ドコモ光の契約名義 接続後は、音声ガイダンスに従って操作するだけでOKです。 ただし、 電話での問い合わせには受付時間がある上に、混み合っていてなかなかオペレーターに繋がらないことがあります。 すぐに料金を確認したい方は、次に紹介するWEBサイトやアプリから確認しましょう。 WEBサイトで料金を確認する方法 ドコモ光の料金は、 WEBサイト My docomo 上でも確認できます。 パソコンまたはスマホのブラウザで「My docomo」にアクセスする• dアカウントのIDとパスワード またはネットワーク暗証番号 を入力しログインする• 「料金」をタップする• 「ご利用料金の確認」をタップする• 確認したい月をタップする• また、この WEBサイトから確認する方法では、当月分の他に、過去4ヶ月分の明細も確認できます。 アプリで料金を確認する方法 スマホを使用している方は My docomoアプリからでもドコモ光の料金を確認できます。 「My docomoアプリ」を開く• dアカウントのIDとパスワードを入力しログインする• 「料金」をタップする• 下の方にスクロールし「ご利用料金の確認」をタップする• 確認したい月をタップする• 料金明細の送付サービスを利用する方法 電話やアプリではなく、毎月紙の書類で料金を確認したいという方もいらっしゃると思います。 そういう方には、ドコモショップまたはWEBサイトの「ドコモオンライン手続き」から申し込める 「料金明細発行サービス」がおすすめです。 「料金明細発行サービス」に申し込むと、当月と過去4ヶ月分までのドコモの通話・通信の料金明細内訳書を発行してもらうことができます。 発行方法は「 WEB上でPDF形式で閲覧・ダウンロード可能にする」か、または「郵送」のどちらかを選択できます。 WEB上を選択した場合は申し込み日から約5日後に掲載され、郵送の場合は申し込み日から約10日後に到着します。 なお、 明細書を郵送してもらう場合は、1利用月ごとに下記の作成料と郵送料がかかります。 「料金明細郵送サービス」に申し込むと、毎月作成料100円 税抜 と77円 税込 の郵送料がかかる代わりに、申し込み月の翌月からずっと送付してもらえるようになります。 ドコモ光の料金の内訳を解説! 光回線の通信費を節約するなら、明細を見て何にどれだけかかっているかを把握することが大切です。 そこで、ドコモの料金明細のうち、ドコモ光に関係する主な項目が何の料金を指しているのかをまとめました。 加入しているサービスやオプションによっては上記以外の内訳が記載されることがあります。 一括請求合計にある「回線ご負担額」とは? ドコモ光に加入されている方の「一括請求合計」の内訳明細には、下記のような「回線ご負担額」という項目が記載されています。 一見すると、「回線ご負担額」によってドコモ光基本使用料と同額の割引がされているように見えますね。 しかし、 残念ながら「回線ご負担額」はドコモ光の料金を0円にする割引ではありません。 この「回線ご負担額」は、「ドコモ光とスマホをセット加入中だから、スマホの料金から『割引料』分だけ割引します」という途中経過を説明するためだけの項目なんです。 何だかややこしく思えますが、 ドコモ光の月額料金は「ドコモ光基本使用料」の通りに支払っている、ということだけ覚えておけばOKです。 ドコモ光セット割の割引額がどうやって決まる? ドコモ光をセットで加入すると、ドコモのスマホの料金が安くなる「ドコモ光セット割」。 このドコモ光セット割のためにドコモ光への加入する方も多いですよね。 果たしてどれだけスマホの料金が安くなるのか、プラン別に割引額をまとめました。 ドコモ光セット割の割引額 2019年6月より始まったギガホ及びギガライトに加入している場合は、次の通り割引を受けられます。 ただし、 ギガライトでも、データ使用量3GB未満の場合は割引対象になりません。 一方、従来のパケットパックに加入している場合の割引額は次の通りです。 ドコモ光はプロバイダごとに料金が変わる? ドコモ光では、プランやプロバイダ次第で月額料金が変わります。 「同じドコモ光のはずなのに、他の人に比べて自分の家の料金が高い」という場合は、プランやプロバイダが原因かもしれません。 ドコモ光のプランとプロバイダごとの料金について解説します。 ドコモ光のプラン ドコモ光の個人住宅向けプランには、次の4つがあります。 タイプA• タイプB• 単独タイプ• ドコモ光ミニ このうち、 「単独タイプ」と「ドコモ光ミニ」は、自分で別途プロバイダを探して契約するタイプです。 自分が好きなプロバイダを自由に選べる反面、契約に手間がかかるというデメリットがあります。 一方、 「タイプA」と「タイプB」はプロバイダ一体型のプランです。 光回線契約時に、指定のプロバイダの中からどれかを選んで同時に契約するため、申し込み手続きの手間が省けます。 また、契約するプロバイダにもよりますが、 月額料金も一体型の「タイプA」「タイプB」の方が割安になることが多いです。 タイプAとタイプBの違いは? 「タイプA」と「タイプB」では、 「タイプA」の方が月額200円分安くなっています。 では、サービス面でこの2つのプランにどんな違いがあるのかというと、選べるプロバイダが違います。 プロバイダごとの独自サービスやキャンペーンがあるので、各プロバイダのサービスをチェックしてから、気に入ったプロバイダが含まれるプランを選ぶのがおすすめです。 ドコモ光の料金確認時にこれだけはチェック! ドコモ光の明細を見る時に注意したいのが、オプションの契約状況です。 というのも、ドコモ光に加入する際、キャッシュバックキャンペーンなどを適用するために 余分な有料オプションへの加入している場合があります。 実際にその有料オプションを活用しているのであれば良いですが、全く使っていないのであれば余計な出費にしかなりませんよね。 例えば、次のオプションは要チェックです。 ネットトータルサポート 「ネットトータルサポート」は、月額500円でドコモ光の訪問サポートや遠隔サポートなど、通常よりも手厚いサポートを受けられるサービスです。 機器のトラブル時や接続設定がわからない時、スタッフが自宅までやってきて対応してくれるので、パソコンや周辺機器の操作に自信がないという方は加入していても良いかもしれません。 ただし、 「ネットトータルサポート」に加入しなくても電話やチャット、メールによるサポートは受けられるので、そこまで手厚いサポートはいらないという方は加入する必要がないとも言えます。 1年間で6,000円かかるオプションなので、節約を考えている方は「ネットトータルサポート」を使う機会があるかどうか、今一度見直してみるべきでしょう。 また、キャンペーンによっては申し込み時には「ネットトータルサポート」への加入が適用条件になっているものもあります。 「ネットトータルサポート」の料金は開通工事後31日間は無料なので、後で解約するつもりだったのに手続きを忘れてそのまま料金を払い続けている、というパターンもあるので注意が必要です。 デジタル機器補償サービス 「デジタル機器補償サービス」は、月額500円でドコモ光に接続している機器の故障時に修理や代替品の提供などをしてもらえるサービスです。 ドコモ光に接続しているパソコンやテレビ、ゲーム機などが対象ですが、 他の保証・補償サービスに加入している方は、サービス内容が被ってしまっている場合も多いです。 「デジタル機器補償サービス」を含め、複数のデジタル機器の保証・補償サービスに加入している方は、どちらかに絞ると節約に繋がりますよ。 dマーケットアプリのサービス ドコモが提供する「dマーケットアプリ」では、通販・音楽・動画・ゲームなど便利な21のサービスが提供されています。 「dマーケットアプリ」の中には下記のように 1度加入すると毎月サービス料が発生するものもあるので、使っていないサービスがないかチェックしましょう。 ドコモ光の料金確認方法のまとめ ドコモ光の料金の確認は電話やWEBサイトまたはアプリから簡単かつ無料でできます。 定期的に明細をチェックすることで、不要なオプションを発見できるかもしれません。 例えば、月額500円の不要なオプションに加入していると、それだけで1年間6,000円というあなどれない金額になります。 通信費の節約したい方は、まず、明細を確認してオプションやサービスを見直すのがおすすめです。

次の