女性 ソイプロテイン 比較。 おすすめプロテイン11種類を徹底比較。おいしくて安心、飲みやすいのはどれ?

ソイプロテインが女性におすすめな6つの理由【美容・ダイエット効果】

女性 ソイプロテイン 比較

2020. 26 最近、注目されてきた「プロテイン」。 中でも、 ソイプロテインは女性に嬉しい効果が期待できることから、女性の美容アイテムの一つとしてSNSなど通し広がりを見せています。 今回は、プロテイン経験者で、管理栄養士でもある筆者が、ソイプロテインの効果とおすすめ商品を解説していきます。 なぜプロテインは女性に流行っているの? 女性に人気拡大!プロテインは万能食品? 今まではボディービルダーやアスリートなどが飲むもので、なかなか手を出しづらいプロテインでした。 最近では 栄養素を多く含んだ万能食品として認知され、 美容健康志向の高まりなどを理由に女性の人気が高まっています。 粉末やゼリー、バーなどスーパーやコンビニでも多く見かけるようになり、 普段の食事にプロテインを取り入れる方も増えています。 乳清と言って、ヨーグルトの上澄みに含まれるたんぱく質がホエイプロテインになります。 筋肉成分の多くを占めるアミノ酸が含まれており、 筋肉回復効果が見込まれます。 <オススメな方>• トレーニングで筋肉を増強したい方• 強い肉体を手に入れたい方 どちらかというと筋肉を増やしたい方向けなので、 男性に人気が高いです。 ホエイプロテインよりも吸収が遅いです。 <オススメな方>• 筋量を落とさずに減量したい方• ダイエットを目的にされている方 ホエイプロテインをトレーニング直後 、カゼインプロテインを就寝前と セットで摂取される方が多いです。 カゼインと同様に吸収が遅いため、満腹感を感じやすく腹持ちが良いです。 食物繊維が豊富なのも特徴のひとつです。 <オススメな方>• 女性らしい体をキープしたい方• ダイエットを目的にされている方• エストロゲンの効果• 妊娠や出産ができる体づくりに効果的• 骨粗しょう症予防• 血管の健康を保つ• 肌のハリや潤いを守ってくれる• ソイプロテインは、 たんぱく質+イソフラボンの効果が得られるので女性に人気なのです。 筆者も今まではジム通いしながらホエイプロテインを摂取していましたが、ソイプロテインの存在を知ってからソイプロテインに切り替えました。 おかげで季節の変わり目にゆらぎがちだった肌の悩みは一切なくなりました。 ソイプロテインの代わりに豆乳?女性に嬉しいのは? ソイプロテインと豆乳の違いは? 必ず皆さんこの疑問にぶち当たると思います。 筆者もそうでした。 豆乳も大豆たんぱくも元は大豆から作られています。 大豆から 絞った液体が豆乳で、 搾りかすからはおからができます。 それらを精製して 脂質や糖質などを取り除いたもの(すべては取り除けません)を大豆たんぱくといい、市販されているソイプロテイン製品の主原料となっています。 豆乳は美容やダイエットに逆効果も? 上の説明から、豆乳は、あまりとりたくない 脂質や糖質も一緒に取れてしまう、というわけです。 調整豆乳やフレーバー付きの豆乳は飲みやすいですが、水あめなどの糖分が入っていて、 とりすぎると太る原因にもなります。 美容やダイエット目的の方には逆効果も考えられますので注意しましょう。 無調整豆乳は糖分を抑えられますが、結構飽きてしまいますよね…。 ソイプロテインは豆乳よりコスパ良〇 プロテインはほとんどがパウダー状になっていて、規定量を水やお好みの飲料と割って飲む形です。 大手のメーカーやプロテインメーカーでも最近ではソイプロテインの商品開発に力を入れていますので一部ご紹介します。 ソイプロテインはホエイに比べて水に溶けにくい場合があるので、 多少粉っぽさを感じ飲みにくいと感じる方もいると思います。 粉っぽさとチョコレートやココアのフレーバーは相性が良いので、 初心者の方はチョコレート、またはココア味を購入することをお勧めします! アーモンドミルクやヨーグルトと混ぜると食べやすくなりますので試してみたください! 明治 ザバス ソイプロテイン100 ココア味【50食分】 1,050g おすすめコラム• おからパウダーダイエットで痩せたいなら!… 相田すみ子• 管理栄養士おすすめ豆乳ヨーグルトの作り方… 矢崎 海里• きなこの栄養は女性にオススメ!5分で作る… 矢崎 海里• あんこダイエットに注意!和菓子は本当に低… 矢崎 海里• 女性に人気のソイプロテインを徹底解説!管… searchiko• 便意解消には朝の豆乳?食物繊維だけじゃな… 矢崎 海里• 油揚げのダイエットレシピ!いろいろ具材の… 矢崎 海里• 納豆がダイエットにいい理由!食べごたえ抜… 矢崎 海里•

次の

女性に人気のソイプロテインを徹底解説!管理栄養士がおすすめする理由とは?

女性 ソイプロテイン 比較

MEMOソイプロテインは筋肉への栄養補給を助けるだけでなく、美容と健康を助ける効果があります。 特にダイエット効果を期待するならソイプロテインがおすすめ。 中性脂肪・血中コレステロール値の低下を助けてくれます。 大豆イソフラボンには代謝や脂肪燃焼効果もあるため、代謝がアップして痩せやすい体に。 さらに女性に嬉しいのが肌代謝の働きです。 ターンオーバーを助けるので美肌効果もあります。 加えて肌老化の原因となる活性酵素を抑えるので、アンチエイジング効果も期待できます! おすすめソイプロテイン7選を比較 たんぱく質含有量が多く、口コミや評判からおすすめのソイプロテインを紹介します。 モデルのマギーさんも実際に愛用されている効果抜群の人気のソイプロテインです。 味もきなこ味と抹茶味でプロテインを初めて飲む人にも飲みやすくて継続しやすいです。 置き換えダイエットで多くの女性に愛用されている商品です。 1回あたり99円なので普通にご飯を食べるよりも節約になります。 ダイエットやボディメイクをしたい人はCRASのソイプロテインで置き換えおすすめです。 マイプロテインは世界110ヶ国以上で販売している、人気のスポーツ栄養ブランドです。 様々な割引によって価格が安いのも人気の理由ですね。 さらに無駄な成分がほとんど入っていません!純粋にたんぱく質を多く摂取したい場合におすすめです。 実はソイプロテインも販売しています。 たんぱく質以外に7種のビタミンB群、ビタミンCを配合!ビタミンを同時に摂取したい女性におすすめです。 「ザバス ウェイトダウン」も大豆のプロテインを使っています。 違いは減量時に不足しやすい「11種のビタミン」と、汗で失われるカルシウムやマグネシウム、鉄などがウェイトダウンタイプには入っています。 自分の求めるタイプに合わせて選んでみましょう。 Kentaiパワープロテイン ソイプロテインの効果的な飲み方も知っておきましょう。 ソイプロテインを飲むタイミング 運動後 筋肉をつけるなら運動直後!30分以内に飲むと筋肉量を増やす手助けになります。 寝る前 就寝中に失われるたんぱく質を補えます。 運動した日のみでもOKです。 朝食 ダイエットで腹持ちを良くしたい人、朝からたんぱく質を摂る時間が無い人におすすめ。 筋トレや運動をしている場合は、運動前ではなく「運動直後」に飲むのが最も効果的な飲み方です。 また、たんぱく質を合成する成長ホルモンは夜に失われます。 さらに朝食時にもソイプロテインはぴったり!ヨーグルとや豆乳と混ぜれば朝食代わりにもなります。 また、ソイプロテインの特徴として「ホットでも飲める」というメリットもあります。

次の

女性に人気のソイプロテインを徹底解説!管理栄養士がおすすめする理由とは?

女性 ソイプロテイン 比較

プロテインとは? プロテインとは、運動をする時やダイエットの時などに飲む飲料や、 その元となる粉末の意味で使われていますが、日本語でタンパク質という意味です。 実際にあの粉末や飲料の主成分はタンパク質であり、牛乳や大豆などからできています。 つまりプロテインとは、タンパク質を効率良く補給するための食品(サプリメント)ということです。 プロテインの種類 実際に販売されているものを見てみればわかりますが、 プロテインにも原料によって何種類かに分かれており、 何を目的に飲むかによって、自分に合ったプロテインを選ぶ必要があります。 選び間違えないように、プロテインの種類と特徴を事前に知っておきましょう。 ホエイプロテイン ホエイとはチーズを作るときにできる副産物で、 そのホエイ(乳清)を原料とする一般的なプロテインです。 原料が牛乳なので、動物性タンパク質が多く含まれています。 消化や吸収が早いという特徴があり、 筋トレ後などに飲むことで 筋肉の増強や体重を増やしたいときに向いています。 ソイプロテイン 大豆を原料として作られており、植物性タンパク質が多く含まれています。 植物性タンパク質は消化や吸収が遅いため腹持ちも良く、 代謝を高める働きがあるので、筋肉増強というよりも ダイエットや足りないタンパク質を補うための栄養補給として向いているプロテインです。 また、大豆イソフラボンの抗酸化作用や、 大豆にはコレステロールや中性脂肪を下げる働きも期待できるため、健康や美容目的にもおすすめです。 カゼインプロテイン ホエイプロテインと同様に牛乳を原料として作られていますが、 消化や吸収に時間がかかるという逆の特徴があります。 また、豊富に含むグルタミン酸の働きにより 筋肉の分解を防ぐので、ダイエット中にもおすすめです。 カゼインプロテインは ホエイプロテインと混ざった状態で販売されているのが一般的で、 単体で販売されていることは珍しいです。 エッグプロテイン 卵の卵白を原料としたプロテインで、 消化や吸収が早く、筋肉増強に適したプロテインです。 脂肪分やコレステロールを含んでいないという特徴がありますが、 ホエイプロテインと比べると高価な上に吸収率も少し劣るので、 日本ではほとんど販売されていません。 ホエイプロテインが身体に合わないという方以外はあまり利用しないかもしれません。 プロテインの効果的な飲み方 プロテインを効果的に摂取するには、 目的に合わせて飲むタイミングを変えると良いです。 タイミングによって期待できる効果も変わるので、 自分に合ったタイミングでプロテインを飲みましょう。 プロテインを運動後30分以内に飲む 筋力アップを目指すのならば、 運動後(筋トレ後)30分以内が良いです。 この30分間は成長ホルモンが活発に分泌されており、 ゴールデンタイムと言われるほど筋肉の修復に最適なタイミングです。 このタイミングで飲むのは、 すぐに吸収されるホエイプロテインのような動物性プロテインが適しています。 プロテインを運動する前に飲む 筋トレや運動をする前に飲むことによって、 必要なエネルギーを確保し、 筋肉の疲労を軽減させることができます。 飲んですぐに吸収されるわけではないので、 運動前の1〜2時間前が良いとされています。 プロテインを朝食前に飲む 睡眠中にタンパク質を消費されており、 起床後は新しいタンパク質を身体が求めている時間帯です。 朝食の前に飲むことによって、 必要なタンパク質を効率良く摂取することができます。 プロテインにはタンパク質以外にも 色々な栄養素が入っているので、 栄養補給にはベストなタイミングです。 プロテインを寝る前に飲む 寝ている間にも成長ホルモンが多く分泌されており、 寝る前に飲むことによって筋肉を効果的に修復することができます。 また、肌のターンオーバーにもタンパク質は必要なので、 美容のためにも良いタイミングと言えるでしょう。 このタイミングで飲むプロテインは、 ソイプロテインなどの植物性タンパク質が適しています。 寝る1〜2時間前に飲むのが理想的です。 ダイエット中にプロテインを飲む理由 プロテインを飲むと筋肉がムキムキになるという イメージを持つ方が多いかもしれませんが、 極度に負荷をかけた筋力トレーニングでもしないかぎりそんなことはありません。 ダイエット中の食事制限によってエネルギーが足りなくなってしまうと、 筋肉まで燃焼してしまい、筋肉量が減ってしまうこともあります。 筋肉量が減ると基礎代謝も落ちてしまい、 体重が減っても太りやすく痩せにくい身体になってしまうので、リバウンドの原因にもなります。 そういったことを防ぐため、 プロテインを飲むことがダイエットに効果的だと注目されています。 プロテインを食事の代わりに飲むことによって、 摂取カロリーを抑えることができ、筋力アップするだけでなく、 脂肪の燃焼効率を上げ、効果的にダイエットを進めることができます。 また、健康的な肌を作るためにもタンパク質は 必要不可欠な栄養素なので、綺麗に痩せるためにもプロテインを取り入れることは効果的だと言えます。 プロテインダイエットの方法 まず、 ダイエットに最適なプロテインはソイプロテインです。 多少飲みにくいといったデメリットはありますが、 腹持ちも良く代謝を上げてくれる効果が期待できます。 多少お金がかかっても摂取カロリーを抑えたいという場合は、 ダイエット食品として販売されているプロテインを使ってみるのも良いでしょう。 プロテインを取り入れたダイエット方法には 食事の代わりに置き換える方法と、食事の量を減らしてプロテインをプラスする方法があります。 いきなり置き換えると空腹感もかなり感じるため、後者の方がおすすめです。 また、食事の内容も高タンパクな食事になるため脂肪の燃焼効率を上げることができます。 プロテインの飲み方 プロテインは水に溶かして飲む方法と、牛乳で溶かして飲む方法があります。 水で飲む場合は、カロリーを抑えられるというメリットはありますが、 飲みにくさと腹持ちが悪いといったデメリットもあります。 反対に牛乳で飲む場合は、飲みやすく腹持ちは良くなりますが、 牛乳のカロリーがプラスされるため必然的にカロリーが高くなります。 1日の摂取カロリーや食事の量と相談し、 摂取カロリーが多めなら水、それほど多くないなら牛乳で飲むようにするのがおすすめです。 おすすめのソイプロテインBEST3 ザバス ウェイトダウン 出典: 参考価格:3,888円(1050g) プロテインと言えばコレ!というほど認知度も高く人気のザバス。 様々な種類のプロテインが販売されていますが、 ウェイトダウンはダイエットにピッタリのソイプロテインで、 筋肉を減らさずに痩せたい女性におすすめです。 ダイエット時に不足しがちなビタミンや、 カルシウムなどの栄養素もしっかり補給できます。 ソイプロテインであっても比較的飲みやすく、 味はヨーグルト味だけだったのですが、 最近チョコレート味が追加されたので、飽きずに飲み続けることができておすすめです。 ドラッグストアなどはもちろん、ネットでも購入できます。 Kentai パワープロテイン 出典: 参考価格4,317円(1. 2kg) Kentaiのプロテインもザバスと同様に知名度もあり、人気のプロテインです。 こちらのパワープロテインは9種類の必須アミノ酸、 11種のビタミン等を配合し、栄養バランスも優れたソイプロテインです。 プロテインの甘みが嫌いという方も多いですが、 プレーンタイプとバナナ、ココア風味が用意されているので、 甘くないプロテインを探している方、飲みやすいプロテインを探している方、 どちらにもおすすめできるプロテインです。 価格も少し安く、プレーンタイプであれば3kgのバリュータイプもあるのでお得です。 スポーツ用品店やスポーツジムなどでの取り扱いが一般的ですが、ネットでも購入できますよ。 プロテインを飲んでダイエットするなら運動は必要! プロテインの効果を最大限に生かすのには運動は不可欠です。 置き換えなどによって摂取カロリーを減らすだけでは、 食事制限と変わらないので、リバウンドする確率も高くなります。 激しい運動やハードな筋トレは必要ないですが、 軽いジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を取り入れ、 適度に身体を動かすことで代謝を落とさず脂肪を燃焼することができます。 筋トレをするなら様々な部分の筋肉を使うスクワットがオススメです。 まとめ ダイエットは代謝を落とさずキレイに痩せることが理想です。 そのためには食事制限などによって不足した栄養を補給することが大切です。 もちろん 食事からたんぱく質を摂取することも可能ですが、 カロリーや脂肪分も多くなってしまいがちです。 プロテインなら低カロリーで効率よく たんぱく質を補給することができるので、ダイエットにもおすすめです。 プロテインを上手に取り入れることによって、 理想の身体をつくる味方になってくれることでしょう。 また、代謝を落とさずダイエットする方法として、酵素ドリンクも人気があります。 酵素ドリンクは飲みやすいものが多く、 プロテインよりも大幅にカロリーをカットできるので、早く結果を求めたい人にはおすすめです。 酵素ドリンクの効果や飲み方については、 こちらの記事に詳しくまとめてありますので、興味のある方は是非参考にしてください。

次の