ジャンレノ ドラえもん。 【実写版ドラえもん】ジャンレノえもん【ヤバ過ぎ画像集】TOYOTAReBORN

ジャン・レノ

ジャンレノ ドラえもん

ジャン・レノが小気味良い天才泥棒を演じるクライムコメディー。 15億円のバイオリンを盗むことに成功したパトリック。 だが相棒のロマンに裏切られ命まで狙われる。 そんななか、彼は一度も会ったことのない二人の娘を呼び寄せ、復讐&奪還作戦を計画するが……。 共演は「ファスト・コンボイ」のリーム・ケリシ、「孤独の暗殺者 スナイパー」のパスカル・ドゥモロン、「X-MEN」シリーズのファムケ・ヤンセン。 脚本を「ベル&セバスチャン」のジュリエット・サレとファビアン・スアレ、撮影を「ファスト・コンボイ」のヴァンサン・ギャロが担当。 監督はパスカル・ブルデュー。 ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田にて開催される特集企画『WCC ワンダーナイト・シネマカーニバル2017』にて上映。 監督 出演キャスト 12月21日 21:12 ジャン・レノ主演最新作『シェフ! 三ツ星レストランの舞台裏へようこそ』が、12月22日 土 より公開される。 高級フレンチの世界を舞台に、シェフたちの料理にかける情熱と、人々の悲喜こもごもが描かれる本作。 味に厳しい大人たち… 12月4日 18:29 ジャン・レノ主演最新作『シェフ! 三ツ星レストランの舞台裏へようこそ』 12月22日公開 の公開記念イベントが12月4日、恵比寿のレストラン、ジョエル・ロブションで開催され、来日したジャン・レノとタレントの川島なお美がト… 9月28日 09:59 スランプに陥ったベテランシェフと問題だらけの寄せ集めシェフが、三ツ星レストランの権威を守ろうと奮闘する姿を描く『シェフ! 三ツ星レストランの舞台裏へようこそ』 12月22日公開、原題『Comme un chef』。 ダニ… 4月7日 12:00 1942年当時のヴィジー政権下、フランス政府によるユダヤ人一斉検挙、ヴェロドローム・ディヴェール大量検挙事件を、初めて収容所の内側にいる子供の視点から描いた『黄色い星の子供たち』 夏公開予定。 主演を務めるメラニー・ロラ….

次の

注目のドラえもん役はジャン・レノ!『実写版ドラえもんCM』主要キャラの全貌が明らかに

ジャンレノ ドラえもん

ジャン・レノといえば、映画『レオン』でナタリー・ポートマンと共に主演し、一流俳優の仲間入りをしました。 『レオン』の名演が印象的すぎて、ジャン・レノのことを「レオンの人」と認識している方も多いのではないでしょうか。 しかしジャン・レノの役の振り幅はとても広く、70歳を超えた今でも新たな役どころに精力的に挑戦しています。 昔、トヨタのCMにドラえもん姿で登場したジャン・レノのことを、筆者はいまだに忘れられません。 そして後半は、筆者おすすめの ジャン・レノ出演映画から、彼のキャリアを振り返ってみましょう! 出典:• 生年月日 1948年7月30日(71歳)• 出生地 モロッコ• 国籍 フランス• 身長 187cm ジャン・レノの両親はスペイン人。 当時、独裁体制だったスペイン政権から逃れ、モロッコへ移住した両親から生まれたのがジャン・レノです。 ジャン・レノはフランス人俳優として活躍していますが、ルーツを辿ればアフリカ大陸で生まれたスペイン系ということになります。 ジャン・レノは17歳の時に家族でフランスへ移住し、フランスの名門演技学校へ通い始めます。 ジャン・レノといえばこの人!リュック・ベッソン監督の映画に多数出演 出典: ジャン・レノを語る上で外せないのが、映画監督リュック・ベッソンの存在でしょう。 ジャン・レノとリュック・ベッソンは、1980年という同時期にキャリアをスタートさせます。 キャリアの初期からリュック・ベッソンは、ジャン・レノを自分の作品に頻繁にキャスティングしています。 彼の監督した映画『グラン・ブルー』でジャン・レノは一気に知名度を上げ、それから華々しいキャリアを築いていくことになります。 新進気鋭の若手監督と、移民の若手俳優のタッグ。 どちらかが優位というよりも『お互いを有名にし合いながら、ハリウッドにその名を轟かせていった』という、ちょっと青春ぽい印象です。 あとでも紹介しますが、そのキャスティングのセンスに2人の熱い友情が感じられることもしばしば。 サブウェイ(地下鉄)で社会不適合者たちがさまざまなジタバタを繰り広げる内容で、ごちゃっとしているのですが、とにかく画面がハイセンス。 監督自身も若く、出演している俳優陣ものちにヒットする若きスターたち。 脚本はスタイリッシュな犯罪アクション。 しかし演者が若いこともあり、青春の憂鬱のようなものが端々に感じられるのです。 もし10代の方が観たら、共感して夢中になってしまうかも。 ジャンレノは主役ではありませんが、ドラマー役として出演しています。 身体が大きいからなのか演出なのか、とにかく存在感抜群です。 若きジャン・レノのドラムソロは一見の価値あり! 【 グランブルー 】 出典: 原題:Le Grand Bleu 公開:1988年 監督: リュック・ベッソン 時間:132分 ジャン・レノ、ブレイク前夜の作品。 監督はリュック・ベッソンです。 通常、ダイビングといえばシュノーケルなどの道具を使用しますが、『フリーダイビング』という道具を一切身につけないジャンルが存在します。 フリーダイビングに魅了された2人の男の友情と、そこにヒロインも交えた複雑な恋愛模様を描いた物語。 ジャンレノは準主役で、主人公の幼馴染を演じています。 2人は対照的な性格でありながら、内心ではお互いを信頼しあい、互いにフリーダイビングに人生を懸けてゆきます。 単なる青春活劇では終わらない切なさが、この映画の魅力です。 【 ニキータ 】 出典: 原題:Nikita 公開:1991年 監督: リュック・ベッソン 時間:115分 こちらもリュック・ベッソン監督作品。 『政府お抱えの殺し屋』になることを余儀なくされた不良少女が主役の物語です。 この少女、不良ではあるのですが、いざ殺しとなると本来の柔らかい性格が邪魔をしてしまい、ひどく葛藤することになります。 彼女のギャップと、苦悩について丁寧に描写された、ヒューマン要素の強いアクション映画です。 ジャン・レノは終盤少ししか出演していないのですが、存在感抜群。 ちなみに、この映画から『ジャン・レノ=殺し屋』をいうインスピレーションを得た監督が、のちに映画『レオン』をジャン・レノ主演で製作するのです。 【 紅の豚 】声の出演 出典: 原題:紅の豚 公開:1992年 監督:宮崎駿 時間:93分 ジャン・レノは吹き替え声優としても活躍しています。 ポルコのダンディな雰囲気はもちろん、あのニヒルな感じもジャンレノの声にマッチしていて、フランスで絶賛されました。 日本のレビューでも「フランス語版のポルコが最高で、キャストを見たらジャンレノだった・・・」という声がちらほら。 【 レオン 】 出典: 原題:The Professional 公開:1994年 監督: リュック・ベッソン 時間:133分 言わずと知れた名作『レオン』。 一度は観たことがある方がほとんどかと思います。 孤独な2人の、恋人でも親子でもない不思議な関係は、観るものを惹きつけます。 お互いがお互いの人生に不可欠な存在になってから、やっと物語は大きく動き出すのですが・・・。 あまり、書くと止まらなくなりそうなので割愛しますが、とにかくこのジャン・レノ、はまり役! 長い間共に作品を作ってきたリュック・ベッソンだからこそ引き出せた、ジャン・レノの新境地がここにあります。 ナタリー・ポートマンが可愛いのは周知の事実。 ちなみに彼女が作中かぶっていた、ぴったりと編まれたシースルーの帽子。 とても素敵で憧れるのですが、どうしても筆者がかぶると八百屋の果物みたいになってしまうんですよね。 【 ミッション:インポッシブル 】 出典: 原題:Mission:Impossible 公開:1996年 監督: ブライアン・デ・パルマ 時間:110分 映画『ミッション:インポッシブル』といえば、シリーズ化された人気作品ですが、もともとアメリカで人気を博していたTVシリーズ『スパイ大作戦』の映画版なのです。 そんなTVシリーズからの往年のファンも納得させたのが、映画版第1作目の今作。 この頃には、ジャンレノはハリウッドでも人気俳優の地位を獲得していました。 フランツは、作品の要となる重要な役柄。 当時「日本版レオンだ!」との触れ込みで、日本ではとても話題になったそうですが、実際はコメディ映画。 ジャンレノと広末涼子は実の親子だし、新宿のチンピラはみんなフランス語ペラペラです。 今作、脚本をリュック・ベッソンが担当しており、どこかぶっ飛んだような、特徴的な非現実感が常に漂います。 日本を舞台に、遺産目当てに命を狙われる実の娘(広末)を、守り通す父親(ジャン・レノ)の物語と、一見シビアな設定ですが、あまり難しいことは考えず、とにかく画面を楽しむのがオススメです。 ちなみにジャン・レノは、ヒュー・ジャックマン、ロバート・デニーロに並ぶ親日家で、熱燗が大好きなのだそうですよ! 【 ダ・ヴィンチ・コード 】 出典: 原題:The Da Vinci Code 公開:2006年 監督: ロン・ハワード 時間:149分 ベストセラー小説『ダヴィンチ・コード』の映画版。 日本でも公開当時は特番が組まれるなど、大々的に宣伝されましたよね。 ジャン・レノはフランス司法警察の警部役で、主役のトム・ハンクス演じる『疑惑の教授』を追い詰めるという役どころ。 ちょい役ではありますが、登場すると例えようのない安心感があります。 キリスト教や西洋美術史に通じていないと今作を深く理解するのは難しく、それでも作中に親切な解説があるのですが、かえってそれが作品を難解にしているというか・・・。 これきっと監督も、映画にするのが大変だったと思います。 この事件をユダヤ人の子供達目線で描いた作品で、実際に検挙されながらも生き残った子供達の証言をもとに制作されている今作。 黄色い星、とは当時ユダヤ人が胸につけること義務付けられた印のことを指します。 ジャン・レノは彼らを助けようとするフランス人医師の役です。 主演に名を連ねているジャン・レノですが、この作品のメインは過酷な環境に置かれた可愛い子供達。 背景はホロコーストの頃であり食糧難の時代なのですが「ジャン・レノがぽちゃぽちゃしている」と、各方面からツッコミがあったのだとか。 確かに、おじいちゃんになってきましたよね。 【 シェフ! ~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~ 】 出典: 原題:Comme un chef 公開:2012年 監督: ダニエル・コーエン 時間:85分 「このためにぽっちゃりしたのでは?」というほど、コック帽がしっくりきていますね。 ジャン・レノは、三ツ星レストランの有名シェフを演じています。 しかしながら彼は、店の審査を前にして大きな問題を抱えてしまい、三ツ星存続の危機に陥っていました。 そこに登場するのが、あらゆるレシピを舌のみで記憶できる特殊能力を持つ元シェフのペンキ職人(すごい設定)ジャッキー。 2人で力を合わせて、レストランを再起するぞ!という物語。 とにかく、ユルい! 映画なので当然、それなりに危機もあるのですが、基本的にはギャグ連発の作品で終始ニコニコしながら観られます。 【 ザ・スクワッド 】 出典: 原題:The Squad 公開:2015年 監督: バンジャマン・ロシェ 時間:92分 少し前までは、大好きなコメディに多数出演していたジャン・レノ。 近年は、また無骨なアクション映画に駆り出されることが増えてきました。 おそらく本人の希望というよりは彼の年齢も考えて、『ハードボイルドなジャン・レノがまもなく観られなくなる?!』という、制作側の焦りによるキャスティングなのかな、という感じもします。 しかしそこは、求められたら答えるジャン・レノ。 今作には、銃撃戦やカーチェイスが盛りだくさんなので、ジャンレノを案じる鑑賞者は、違った意味でハラハラすること請け合いです。 「やっぱりジャン・レノといえばこんな感じだよね〜!」と思いたい、観客のために作られた印象の作品です! まとめ ハリウッドに進出してからは、助演ばかりが目立っていたジャン・レノ。 しかし、近年になってようやくジャン・レノ主演の映画が増えてきています。

次の

ジャン・レノの“ドラえもん”CM裏話 「椅子から落ちそうに…」

ジャンレノ ドラえもん

トヨタ自動車は、国民的まんが『ドラえもん』を実写化したCMシリーズのキャスティングとして、俳優のジャン・レノ、山下智久、水川あさみを起用し、新TV-CM第2話「のび太のバーベキュー」篇(30秒)を、11月18日から全国でオンエアする。 その一環として、国民的まんが『ドラえもん』の20年後を舞台に、ドラえもんやのび太をはじめとするお馴染みの登場人物を、豪華キャストで実写化した新CM『ドラえもん』シリーズを放映中だ。 第1話「のび太の30歳」篇では、妻夫木聡さんがのび太役で、小川直也さんがジャイアン役で登場。 シリーズ第2話となる「のび太のバーベキュー」篇では、スネ夫役に俳優・歌手の山下智久、しずか役に女優の水川あさみ、そしてドラえもん役に国際的映画俳優のジャン・レノを起用した。 『ドラえもん』の主要人物が勢揃いする。 電車で向かったデート先で数々の失敗を犯し、しずかちゃんに愛想を尽かされ、スネ夫の運転するクルマで帰られてしまうのび太。 悔し涙を流すのび太のもとへ、ドラえもんが現れるところから物語が本格的に動き出す。 「クルマ出して!」とお願いするのび太だが、間髪入れず「ダメ」とドラえもん。 「どうして?」とのび太……。 撮影時、レノに演技のイメージをつかんでもらうため、若手スタッフが、ドラえもんが机の引き出しから出てくるシーンを再現したところ、「そんなに高く足が上がるのは、30歳までかな」と、レノ。 茶目っ気たっぷりのダメ出し(?)に、現場で笑い声が聞こえたという。 《高木啓 レスポンス》.

次の