ほぼ日手帳。 『おおきいほぼ日5年手帳』の使い方と感想、5年後のわたしに向けてメッセージを綴っていく

ほぼ日手帳へあまり書かなくなった人は、無印の文庫本ノートがおすすめ!

ほぼ日手帳

きっかけは、ほぼ日手帳5年目 それまで毎年迷いなくほぼ日手帳を購入していたのに、なんとなく違う手帳を使ってみたくなったのです。 ほぼ日手帳自体に不満があるわけではなかったのですが、 『来年もほぼ日手帳を買おうかな、それとも違う手帳を買おうかな』 と、他の手帳をネットで検索している自分がいました。 しかし沢山の手帳の存在に迷ってしまい、もう一度手帳の意味について考えてみることにしました。 1日1ページが続かなくなった そもそもなぜ、 ほぼ日手帳をやめて他の手帳に乗り換えようと思ったか。 それは、 毎日時間をかけて絵や文字で1ページを潰すのが続かなくなったからです。 実は4、5年目からうすうす気づいていました。 白紙のページが多くなっていたことに。 たまに気が向いたら絵や出来事を書いていたくらいで、振り返れば白紙だらけの手帳になっていたのです。 何年か後にどんなことを書いていたかワクワクしながら振り返りたいのに、 白紙ばかりで未来の自分が見てもつまらない手帳になってしまっていたのです。 白紙が多くてもいいじゃない!と思うかもしれません。 しかし、『あとで読み返した時が楽しい』までが私がほぼ日手帳に望んでいたことなのに、それが 白紙だらけでそうじゃなくなってしまうことが、自分の中で許せなかったのです。 今考えたら、どんだけこだわり持ってんのかよ!とツッコミたくなりますね… 振り返ると案外恥ずかしい 前述と矛盾しているのですが、あとで振り返るのも楽しみのひとつだったほぼ日手帳が、実際に 何年か後に読み返すと案外恥ずかしいということに気付いたのです。 1日1ページだと文章も書く欄がタップリで、その時の感情なども長々と書いてしまうんですよね。 その時は良くても、何年も経って振り返ってみると恥ずかしい日記を書いてるなと思うことも結構ありました。 子供の成長記録とか誰かのために書いた手帳であればいいのですが、自分の記録のために感情を込めて書いた手帳は私には恥ずかしさが先行して、懐かしむということができなかったのです。 結局、 予定や行動などの記録や、ちょっとしたメモがあればいいと思えたのです。 捨てにくい 過去の手帳ってどうしていますか? シュレッダーにかけられますか? ほぼ日手帳は保管しているという方も多いかもしれません。 私も当時は、おばあちゃんになるまで ほぼ日手帳 を持っておこうと思っていました。 (壮大な人生設計) しかし、悲しいことに気持ちは変わるものです。 今は物を減らして好きな物だけで生活したい願望の私にとって、 過去の手帳は捨てるに捨てられないお荷物となってしまったのです。 そこで、これからは 何年か経過したら処分できる手帳、もしくは、薄くて置き場に困らない手帳を持つことに決めました。 手帳が趣味になっていた 私にとってほぼ日手帳は、趣味のひとつになっていました。 趣味というと一見良さそうですが、一旦情熱が薄れると しばらくもういいやとなってしまう性分が災いしてしまいました。 単純に ひとつの趣味への熱意が冷めてしまっていたのです。 とはいえ、5年も継続して続けられる趣味は珍しいほうです。 手帳を開くだけで楽しいような情熱は薄れましたが、またいつかほぼ日手帳を使いこなしたいという気持ちもあります。

次の

ほぼ日手帳の担当者に聞いた!

ほぼ日手帳

こんにちは! batabata()です。 今回は、 無印の「文庫本ノート」が、「ほぼ日手帳」の代用品として使える! ということに感動したので記事にまとめたいと思います。 突然ですが、皆さんは 手帳を持っていますか?? この時期は4月始まりの手帳も販売されていたり、色んなデザインもあって、買うだけでもワクワクしますよね。 「新しい手帳で今年も頑張るぞ!」 みたいな…。 元号も令和になり、また新たな決意を持って前向きになっている人も多いと思いますし、 この春の新入社員達も社会人になってから手帳を使いだした!って人も多いと思います。 しかし! 気が付くとただ持っているだけになってしまい、見返しても空白ページばかり…。 っていうか、• 手帳を買っただけで満足している自分もいる…• 更にそれを認めたくもない自分もいる…• 更に更に、何度見返しても空白のページばかりだと更に書く気が失せる… そんな悪循環…(笑)。 はい、私です。 www. 1101. com かれこれ10年くらいでしょうか…。 きっと着色料がすごい! でもちょっとこんなに毎日書き込めますか??(汗) んーちょっと腰が重い…じゃなくて、手が重い…(?)。 っていうことに10年経って気が付きました・・。 もちろん、書き込みをいーっぱいしたい!書くこと沢山!! っていう人にはおすすめです。 Contents• ほぼ日を文庫本ノートに着せ替え! ほぼ日の 「手帳&カバー」と、無印で購入した 「文庫本ノート」がこちら。 僕の今までのほぼ日カバーは気に入っているので、 中身だけ無印の「文庫本ノート」に入れ替えたいと思います! ちなみに無印良品の「文庫本ノート」は、2009年あたりに販売停止したみたいだけど、今は復活しているようです。 それぞれの商品の詳細は次の通り。 ほぼ日手帳リフィル(A6「文庫本」サイズ)/株式会社ほぼ日• 値段: 2,000 円 (税込 2,160 円)• ページ数:464ページ 文庫本ノート/無印良品• 値段: 税込 120 円• ページ数:288ページ 比べてみると、無印の文庫本ノートのほうが若干ページ数が少ないため、薄い感じです。 紙自体の厚みが違うので、全体として見るとそこまで差はありません。 では、いざ!入れ替え! じゃーん! 大きさもピッタリです! 次に、それぞれの メリットデメリットを私個人の見解で挙げてみたいと思います。 ほぼ日手帳を文庫本ノートに変えることのメリット・デメリット メリット• 節約になる。 1日1ページを気にしなくていい• 好きなことを自由に書ける• カバーはそのまま使えるから、なんとなくオシャレ!• 紙の色が若干黄色いから目にやさしい 当然といえば当然なんですが、もはや手帳というよりノート感覚ですね。 デメリット• ほぼ日の十分すぎるくらいの機能は一切なし(カレンダー、日々の言葉など)• ほぼ日手帳よりも書いたときに裏に写りやすい• 紙の色が若干黄色いから、白い紙が好きな人にはどうか? 正直、 デメリットよりメリットの方が僕は上回りました。 紙については好き嫌いが分かれると思います。 紙の薄さから、若干文字が透けても見えます。 文字を書くと・・・ 裏のページでは・・・ 分かりますかね? 若干ですが薄く文字が見えています。 気になるか、ならないかはあなた次第ですが…。 まとめ 僕はもともと「ほぼ日手帳」のコンセプトも好きだし、ほぼ日の糸井重里さんも好きなんだけど、いかんせん毎年2000円近くもする手帳に空白ページを連ねるのは、ちょっと考えものでした(汗) 糸井重里さん、すみません…。 ほぼ日バージョンでお買い得な「文庫本型ノート」みたいなバージョンがあればそちらを選んだかも。 ほぼ日手帳の 1日ページに掲載されている「日々の言葉」だけ、ちょこっと下のほうにあるだけとか…。 ちなみに、無印良品でなくても、例えば100均の文庫本ノートでもイケそうです。 僕みたいにメモ感覚で手帳を持ちたいっていう人は、ぜひこの方法をおすすめします! 追記(2019年10月)~ほぼ日の方眼ノートについて~ この記事を書いたときは販売していなかったのですが、 公式「ほぼ日」でもなんと1日1ページの仕様ではなく、 「ほぼ日の方眼ノート」というものが2019年の夏頃新登場しました! まさしく僕が期待していたようなノートだ…!1日1ページを気にしなくてよいので、メモを取ったり記録用としての実用性がありそうですね! ほぼ日方眼ノートは、ほぼ日手帳と同様に180度開いて、紙は薄くて軽くインク乗りが良い「トモエリバー」を使用しているようです。 ペンで書くときサラサラとして書きやすかったり、ページがめくりやすい等のほぼ日ならではのこだわりもそのままです! ほぼ日の方眼ノートの種類(2019年時点) 現状、「ほぼ日の方眼ノート」の種類は全部で2種類あります。 方眼の仕様については、ほぼ日手帳の「オリジナル」や「カズン」の巻末メモと同じ 3. 7mm方眼です。 この絶妙な大きさは、使いやすさを追求したほぼ日のこだわりです。

次の

ほぼ日手帳2016!どせいさんだらけの「サターンバレー」カバー

ほぼ日手帳

黄色い箱に入って「ほぼ日5年手帳」が到着したよ わたしはAmazonのほぼ日公式ショップで購入しました。 鮮やかなレモンイエローの箱に収められて到着。 納められている2枚の書類を取り出すと、ほぼ日5年手帳の茶色い表紙が見えました。 イエローとの対比が鮮やかでしばし見ほれましたわ。 手にした質感はやはり重たいです。 でも、思っていたよりもくたっとした柔らかい質感のノート。 薄くて軽いトモエリバーを使っているためかもしませんが、サラサラとした印象ですね。 そう、サラサラと。 皮もそんな感じかもしれません。 引っ掛かりを感じさせない、肌になじむような。 そこがほぼ日手帳の良さですね。 久しぶりにほぼ日手帳に触れた身としては、右側のページに書かれている一文が面白い。 「ほぼ日5年手帳」は書きやすい?裏移りはする? 180度ばたんと開く 糸がかり製本。 現在、6月の箇所に記載をしていますが、書きやすいですよ。 管理人は右利きですが、のど(本文を開いたときの、本の中側の部分)に特に引っ掛かりを感じることなく綴ることができます。 また、ほぼ日5年手帳に使われている紙はほぼ日手帳やジブン手帳に使われているトモエリバー。 軽く、ツルツルとした質感で滑らかに書きやすいです。 裏移りは?もちろんある トモエリバーは裏移りしないといわれますが、スタイルフィットでは基本的に裏移りします。 そのため、気になる人は気になるかも? わたしの場合、むしろ、スタイルフィットトモエリバーの5年後の耐久性はどうなんだろう?と思ったりもしています。 わたしは英語日記をつけるために購入しました。 もしくは英語のワンフレーズを記載しているか、英語の学習記録を綴る場になっているかも。 いずれにしろ、5年という歳月をかけてわたしの英語の進化の過程を分かるようにしたいと思っています。 5月から英語の勉強を開始したばかりで今は文法も語彙力も本当にまだまだという感じです。 が、これが2年目、3年目、そして5年目はどうなっているのだろうか?とその変化を見たい!と思いました。 というわけで毎日、もしくは週のどこかで手帳を片手に英語日記を綴っていきたいと思います。 子どもやペットとの日々の記録• 親子や夫婦、カップルでの交換日記• イラスト日記• ジョギングや習い事、英語学習の記録• 気温と洋服の記録• 自分の気持ち• 明日の予定・明日やりたいこと やはり、ある程度テーマを決めた方が書くことに迷いがなく続けられる印象。 でも、その一方で書くことをガラリと変えている人もいます。 それはそれで一つの記録ですね。 1年前のわたしはこんなことに夢中になっていたのか、気になっていたのかを考える一つの物差しになりそう。 また、1年後、3年後、5年後に笑っている自分を想像しながら、できるだけポジティブで前向きでクスリと笑えるものを拾い上げることをおすすめします。 ネガティブモード炸裂で日記を書くと数年後に振り返った時にちょっと「なんだかな~」と思うことが多々あります。 個人的には気温と洋服の記録と明日やりたいことに心惹かれました。 愛用の手帳(ジブン手帳)に綴っていこうかな~ いつ、「ほぼ日5年手帳」を開いて書くの? わたしは夜の手帳タイムの時に書くか、もしくは週のどこかでまとめて書くか、はたまた寝室で寝転びながら書くかでまだ迷っています。 もしくは朝のスッキリとした頭で前日のことを書くのもありかも。 そう、わたしの場合、英語で書くとなるとある程度、頭をシャキッとさせてスマホを辞書として片手に持っている必要があるので。 「ほぼ日5年手帳」は5年後のわたしに向けて書いていく 5年後、わたしは49歳になります。 「ほぼ日5年手帳」はそのわたしに向けて日々のことを淡々と英語で書いていきたいと思います。 5年後のわたしの目標としては・・・.

次の