ウイイレ サントス スカッド。 ウイイレアプリ2020 クロップ監督で作る擬似ツリー型人選解説

【ウイイレアプリ2019】SIMマッチで強いスカッドの作り方【シーズンマッチでGPゲット!】

ウイイレ サントス スカッド

低チームパワースカッドとは? 僕はオンラインマッチでは低チームパワースカッドを使っています。 大半の選手が白、銅、銀で構成されたスカッドのこと。 大体ですがチームパワー1300以下のチームが 低チームパワースカッドに該当すると思います。 チームパワーの低いスカッドはまだまだ強いので紹介していきます なぜ低チームパワースカッドでレートを上げれるの? ウイイレを始めたばかりで チームを強くしきれていない 初心者と当たることが増えるからというのが 一番の理由です。 もちろん僕と同じ考えでうまい方とマッチングすることもありますが 基本は6~7割は初心者プレイヤーとあたります。 僕は一時期オンラインマッチをガチスカ(チームパワー3000以上)でたたかっていたこともあったのですが、 めちゃめちゃ負けましたね、、、。 というのも、チームパワーが高いとお相手さんもそれだけ チームを強くできているのでうまいことが多いです。 それだけでなく、もともと選手の能力が高いので、 ウイイレが得意ではない方もある程度は 選手の 個の力に任せ点を取ることができてしまうんですよね。 低チームパワースカッドではそこまで選手の能力やスキルに差がないため、平等にたたかうことができます。 低チームパワースカッドの作り方徹底解説 ここからはチームの作り方を解説していきます 監督選びが超重要 最初に監督の選び方について書いていきます。 オンライン戦では選んだ監督によって 本当に勝率が変わるので監督選びは大切にしましょう。 監督のフォーメーションの選び方としてはノーマルな4バックの監督がおすすめです。 フォーメーションは 4-4-2、4-2-3-1が使いやすい印象です。 また、5バックでも監督によりますが使いやすいことが多いですね。 やはり守備に人数をかけられる点が良い。 5バックでおすすめのフォーメーションは 5-2-2-1、5-3-2など。 個人によって使いやすい戦術は違いますが、 僕がおすすめする戦術は下図の通り。 攻撃エリア、ポジショニング、追い込みエリアは自分の 好きな監督を選んでください。 フォーメーション 4バック、5バック 攻撃タイプ カウンター ビルドアップ ショートパス 攻撃エリア ポジショニング 守備タイプ リトリート 追い込みエリア プレッシング アグレッシブ 失点を減らし、カウンターで得点する戦術ですね。 オンラインでなかなか勝てない方は、 まずは守備に力を入れることをおすすめします。 この条件に合った下の2監督は僕のおすすめ監督です。 シメオネ監督はウイイレでは相当人気のある監督なので知っている方も多いのではないでしょうか。 シメオネを使い飽きた方は扱いは難しくなりますが、ホセぺケルマンもおすすめです。 チームパワー1300以下というところに重点を置きスカッドを組み立てていきます。 まずそれぞれのポジションの重要性から見ていきます。 力を入れたい順としてはフォワード>ミッドフィルダー=ディフェンダー>キーパーという順です。 人選は下記の通り ・フォワード 勝つために重要ポジションなので金か銀の選手を選ぶようにしましょう。 スピードまたは高さがあるとなおよいです。 ・ミッドフィルダー 攻守にわたり活躍するポジションなので銅か銀の選手を選びましょう。 ・ディフェンダー 高さのある白~銀の選手を選びましょう。 スピードで競り負けてしまうことがあるので銅以上の選手が最低一人は欲しいところ。 4バックの監督の場合は攻撃の仕方になれて来たら4CBでの起用もおすすめ。 ・ゴールキーパー 白の選手を選びましょう。 キーパーが有能でも近距離からのシュートは決められてしまうことが多いため、 ぶっちゃけキーパーが適正ポジションのプレイヤーを置いていればオッケーです 控え選手の選び方については2つ下の欄で書いています。 こんな感じのチームができあがりました Jリーグが好きなので今回はJリーグの選手を多めに作ってみました。 2トップは超有能銀で有名なユスフポウルセン、スピードのあるダニーウェルベック。 監督はシメオネ(偽名;クリストバルブエナ)です GK 菅野孝憲 DF 田中マルクス闘莉王 森重真人 板倉滉 岩田智輝 MF セルジサンペル 中村俊輔 倉田秋 遠藤康 FW ダニーウェルベック ユスフポウルセン 低チームパワースカッドをつくるとき重要なこと ・ 黒玉の選手を入れないようにする 低チームパワースカッドでオンライン戦を戦っていると、 時々いるのですが CF一人だけクリスティアーノロナウドなど。 一人だけ黒玉にするとチームのバランスが悪くなるのでできればやめましょう。 ・ 控えに力を入れないようにするチームパワーを下げたスカッドなので 銅は最高3人まで、 それ以外は全員白にしましょう。 つくったスカッドで戦おう! 攻撃、守備時のポイントは今度の記事で書いていきます。 できあがったらここにURLを貼っておきますね! 最後に いかがだったでしょうか。 今回は低チームパワースカッドについて書きました オンライン戦でなかなか勝てない方はぜひ使ってみてくださいね。 それでは!•

次の

監督フェルナンド・サントスの「戦い方(攻め方・守り方)」【ウイイレアプリ2020】|LarkaGamesの目指せウイイレ日本一

ウイイレ サントス スカッド

Contents• アプリ2019のシーズンマッチ 前作はイベントばっかりやってたから、シーズンマッチの結果がどうだったかとか知らないんですが(笑) 今作はイベントやり続けてもGPはちょっと増えるくらいで、でもシーズンやと10試合終わった時点でボーナスが大きい。 無事に昇格できると、 2万2千GPとか2万3千GPとかもらえます。 残留の場合だと 7千GPとか3分の1ぐらいになるので、なんとしても昇格は達成していきたいとこですねー。 TSの方はとにかく大事で、 最低90以上が勝ち組ラインな気がしてます。 シーズンは勝ち点制で、レベルが上がっていくごとに条件厳しくはなっていくけど、いまのところうちのアプリmyClubは全シーズン昇格中。 いまシーズンレベル9で、残留ラインは勝ち点6、昇格ラインは11みたい。 レアゴールドな選手で今のところおススメなのは、高さの方はアブバカルとかミトログル、速さの方はヴァーディーなどなどという感じです。 ウイング/サイドハーフ ウイングやサイドハーフの選手はとにかく 速さと ドリブル、あと パスも少々という感じ、高さはあんまりいらないと思う。 マトゥイディとかナビ・ケイタみたいなスピードもあって何でもできる感じの選手が活躍しやすい傾向は変わらずですね。 サイドバック 前作まではコスト削りどころだったサイドバックも、今作はいい感じの選手置いとかないと、すぐ失点とかする感じ。 ゴールドやとカイル・ウォーカーとかベスト、左やとアレックス・テレスとかバンジャマン・メンディあたり置いときたい。 センターバック センターバックは前作と同じ感じで、速さと高さとディフェンス能力、すべて バランスよく兼ね備えた選手がベスト。 中でも強いのは、チェフとかペリン、リヨンのアントニ・ロペスとかもいい感じなんやないかと思います。 開幕2週間でまだわからないことだらけやけど、前作とそんなにめちゃくちゃ変わったってわけでもないと思う。

次の

獲得必至!強いオススメ監督をまとめて紹介!【ウイイレ2020】【ウイイレアプリ】

ウイイレ サントス スカッド

<味方へのプレスの指示とは?> 名前の通り、味方へのプレスの指示ができます。 自分が操作している選手以外の選手にプレスを行ってもらいます。 アドバンスの場合はプレス中に右側を押したままスライド、クラシックの場合は「プレスボタン」を上にスライドで味方へプレス指示ができます。 味方へのプレス指示について 味方へのプレス指示についてですが、守備のほとんどはこの「味方へのプレス指示」で解決します。 ただ使いどころが重要になってきますので、「絶対にやってはいけないこと」と「有効な使い方」の2点に絞って解説します。 味方へのプレス指示で絶対にやってはいけないこと プレス指示で絶対にやってはいけないことが2つあります。 むしろ後ろのスペースが空いてしまうため、失点がしやすくなります。 そのため 相手の陣地ではプレス指示は使わないようにしてください。 ただ 1つだけ例外があります。 相手の陣地からフライパスやロングパスなど、長い縦パスが来る時がありますよね。 このような時は長いパスがでそうと思った時にプレス指示を使ってください。 そうすれば長いパスが出てきた時も対応できます。 次に「 ずっと使い続けること」についてです。 先ほど述べた敵陣で使うことと少し被りますが、敵陣から自陣までずーーーっと味方へのプレスを使っている方がいます。 味方へのプレスのAIはとても良いと言えるものではありません。 普通に素通りしたり、選手がドタバタしたりして、上手く行えない場合があることも多々あるかと思います。 先ほどと同様にスペースを空けてしまうキッカケになってしまうため、味方へのプレスを「ずっと使い続ける」ことはしないでください。 味方へのプレス指示の有効な使い方 先ほどはやってはいけないことを解説させていただきました。 基本的にはカーソルを中盤の選手(OMF・RMF・LMF・CMF・DMF)の選手にしていただき、それより後ろの選手(CB・RSB・LSB)はなるべくプレス指示を出しません。 実際の守備を見ていただけたらと思いますが、下記はバリオス(DMF)にカーソルを合わせてファンダイク(CB)にプレス指示を出しています。 後ろにスペースが空いているのがわかりますでしょうか。 この時は一応バリオスで空いているスペースを埋めようとしていますが、それでもまだ空いてしまっています。 DFの後ろにはGKしかいないため、スペースを空けてしまうと そこにパスを通されただけで簡単に失点してしまいます。 (この時もここにパスを通されて失点してしまいました) そのため基本的には中盤の選手にカーソルを合わせて、カーソルが合っている選手の前、または横の選手をプレス指示するようにしてください。 どうしてもDFを動かす必要がある場合は、DFにカーソルを合わせてMFにプレス指示を出すことをおすすめします。 次に「 味方のプレス開始位置を決めておく」についてです。 絶対にやってはいけないことでご説明しましたが、ずっとプレス指示をしていたら簡単にパスを回されて失点してしまいます。 そのため私は、ある程度ディフェンスが揃っている場合は「どこのラインからボールが入ったらプレス指示を出す」というのをあらかじめ決めています。 私は大体ここのラインをボールが超えたらプレス指示を出すようにしています。 あらかじめラインを決めておくことで、 むやみにプレス指示を出さないようになりますし、プレス指示を出す基準がわかりやすくなるのでおすすめします。 ウイイレアプリの守備の仕方・コツを要約 以上、色々と解説をさせていただきましたが、ポイントを書き出してみましたので、こちらを参考にしながら実際のプレイに落とし込んでいただければと思います。

次の