片栗粉 餅とり粉 違い。 餅にまぶす白い粉は、何なのか?その意味について紹介!

わらび粉は片栗粉で代用できるのか?

片栗粉 餅とり粉 違い

スポンサーリンク 餅粉、上新粉、白玉粉の違い 餅粉、上新粉、白玉粉はどれもお米を原料として作られる米粉の呼び名です。 もち米かうるち米から作られお米を加熱してから粉にしたりそのままで粉にするなど原料や製法が異なります。 餅粉 もち米が原料で水洗いしたもち米を乾燥してから粉にします。 米の風味が強く大福餅などに使用されます。 白玉粉よりきめ細かいので求肥(ぎゅうひ)などにも使われます。 上新粉 うるち米を精米してから水洗いした後に乾燥してから粉にします。 風味や歯応えなど食感を重視する生菓子 草餅、柏餅、ういろう等 に用いられます。 乾燥後にふるいにかけてきめ細かい上新粉と少し粗めの並新粉に分けて販売されている事もあります。 また関西などで上用粉として販売されている米粉は上新粉より更にきめが細かいうるち米から作られる米粉です。 昔は寒い時期に水を交換しながら10日前後水にさらし乾燥させるために「寒ざらし粉」と呼ばれたりもします。 つるつるもちもちした食感で桜餅や大福餅、白玉団子に用いられます。 上新粉や白玉粉の用途 上新粉 熱湯を加えて練ってから一度蒸して成形すると餅のような歯ごたえのある食感になります。 スポンサーリンク お団子、ちまき、柏餅、草餅、ういろう、かるかん、すあま等を作るのに適しています。 白玉粉 水を加えて練り成形してからお湯で茹でます。 きめが細かく滑らかな食感で冷やしても固くなりません。 白玉団子、おしるこ、桜餅などに適しています。 餅粉 水を加えて練り成形してからお湯で茹でます。 きめ細かく滑らかな仕上がりになります。 羽二重餅、大福餅、求肥などに適しています。 餅粉と白玉粉はどちらももち米から作られるので好みによっても作るお菓子への使い分けが行われます。 上新粉は弾力のある歯ごたえがあり餅粉や白玉粉は柔らかさと粘りが特徴です。 冷やしてももっちりした食感でおいしいイチゴ大福の作り方とレシピの動画です。 上新粉と白玉粉の代用 上新粉はうるち米、白玉粉はもち米から作られますのでお米から作られているという共通点はあるのですが調理する方法や特徴が両者で異なります。 上新粉は弾力ある歯応えがあり白玉粉は粘りや柔らかさが特徴です。 用途にもよりますが双方の米粉を代用して同じ製法で何か他のお菓子を作ろうとすると別の食感や特徴を持つ全く別のお菓子ができあがる事になってしまいます。 もちろん味や食感などは個人の好みもありますが特徴を生かすために多少混ぜる程度に留めておくと良いでしょう。 また代用する場合はうるち米から作られる上新粉には同じうるち米から作られる並新子 新粉 や上用粉を代用にするのがおすすめです。 同様にもち米から作られる餅粉や白玉粉は代用可能だと考えられます。 まとめ 餅粉と白玉粉はもち米から作られ上新粉はうるち米から作られます。 それぞれに特徴や製法の違いもありその特徴を生かしながら多少混ぜる程度は良いのですが代用する場合は食感など全く別のお菓子ができ上がる可能性が強くおすすめできません。

次の

餅とり粉とは?片栗粉の違いは?代用品はコーンスターチでも出来る?

片栗粉 餅とり粉 違い

白玉粉ともち粉と上新粉の違いは? 白玉粉ともち粉(米粉)と上新粉の原料はお米になります。 粉の種類 原料と製法 白玉粉 もち米を粉にして水でさらし沈殿したデンプンを乾燥させた粉 もち粉 もち米を製粉化したもの 上新粉 うるち米を製粉化したもの ですので、違いというより共通点が正しいのかもしれませんが、作り方や食感などそれぞれに違いがあります。 また最近では団子を作るためのだんご粉もありますが、原料はもち米とうるち米を混ぜた米粉になります。 白玉粉の特徴 もち米を水洗いしたのち、石うすで水びきして沈殿したデンプンを乾燥させた粉が白玉粉です。 白玉粉はモチモチ感のある柔らかさと粘りが特徴で、白玉団子や求肥などの材料に使われます 粉が細かいので生地にすると食感がつるりと滑らかな食感になります。 白玉粉で作るお菓子例 クリーム白玉 大福 ドーナツ 蒸しパンなど もち粉(米粉)の特徴 もち米を水洗いしたのち、米を乾燥して粉にしたもの。 もち米で作った生地は時間が経つと固くなります。 反対に白玉粉は出来立てがふにふに、時間が経ってももっちりしています。 もち粉は白玉粉とほぼ同様に使えますが、材料としては 牛乳と生クリームくらいに違いがあります。 もち粉で作る料理例 大福 団子 おこわ イカ飯 ちまきなど 上新粉の特徴 うるち米を水洗い後、乾燥させて粉にしたもの。 生地に歯ごたえがあって柏餅、草餅、ういろうなど多くの和菓子の元になっています。 上新粉で作ったお菓子は歯切れのある弾力を楽しめます。 上新粉で作る料理例 団子 すあま 柏餅 かるかん ひし餅など お互いを代用すると… 白玉粉がなくてもち粉や上新粉で白玉を作った場合、白玉のような ツルンッとした食感は出ません。 少し固めで歯ごたえのある白玉ができます。 同じように大福や団子を白玉粉で作った場合は、ふにふにの柔らかい生地になりますが、もち粉や上新粉のような弾力のある生地にはなりません。 原料が同じでも、このように粉の粒子の細かさで食感に差がでてきます。 粒子の細かさは白玉粉>もち粉>上新粉の順です。 小麦粉と片栗粉で代用できる? 白玉粉、もち粉、上新粉は普段家庭にない粉なので、和菓子を作るために粉を購入するひと手間がわずらわしいですよね。 身近な小麦粉や片栗粉で代用できないものでしょうか。 結論をいうと、料理によっては可能な場合がありますが、和菓子には向きません。 なぜなら白玉粉・もち粉・上新粉といった米粉類は原料が米ですが、小麦粉や片栗粉はまったく別の原料になり成分も変わるためです。 粉の名称 原料 成分 白玉粉・もち粉・上新粉 もち米 うるち米 米のでんぷん 小麦粉 小麦 グルテン 片栗粉 じゃがいも じゃがいものでんぷん 小麦粉に含まれるグルテンはたんぱく質が主成分で、 ガムのような伸びと粘り、弾力があります。 ですので白玉や大福のような生地は絶対に作れません。 たとえ小麦粉を練って茹でてもできるのはすいとんです…。 ただ、グルテンが少なく粘りの弱い薄力粉なら上新粉の代わりに料理に使えることもあります。 米のでんぷんは 柔らかさと弾力がほどよくあり、じゃがいものでんぷんは とろみや滑らかさがあります。 でんぷんは複数のアミノ酸で構成されていて、それぞれアミノ酸の割合にによって弾力や粘りに差がでてきます。 じゃがいものでんぷんは水に溶けにくく、水と混ぜても団子状にまとめることが難しいです。 茹でている間に形が崩れてしまい、火を通すこともままなりません。 このように根本的に原料から性質が違うため、代用に向く料理と向かない料理があります。 一例として代用に向く料理をご紹介しますね。 てんぷら粉が普及するまえは小麦粉で作っていましたので、小麦粉で作ることもできます。 また片栗粉や米粉類で代用もできて サクサクとした衣になります。 片栗粉の場合はしっとりとした衣、米粉類は油をすわないためカラッと揚がった衣になります。 米粉類で代用したお菓子はもちっとした食感になりますが、上新粉の場合は硬めの食感になります。 ただしパンケーキやスポンジのように生地を膨らませる必要がある場合は、ベーキングパウダーを足さないと生地がうまく膨らみません。 白玉粉ともち粉と上新粉の違いまとめ 白玉粉ともち粉と上新粉の違いと原料の特徴を一覧にまとめてみました。 その他の粉についても参考までにまとめています。 粉の名称 原料 特徴と違い 補足 白玉粉 もち米 粉が細かいため、だんごにするとツルッと滑らかな触感になり、冷えても固くなりすぎない。 米粉類同士は食感の違いに留意して代用可 もち粉 もち米 白玉粉よりは少し弾力があるが柔らかい生地になる。 米粉類同士は食感の違いに留意して代用可 上新粉 うるち米 熱湯を混ぜて練ると歯ごたえの強い生地になる。 米粉類同士は食感の違いに留意して代用可 だんご粉 うるち米もち米 コシのある歯切れのいいだんごが作れる。 米粉類同士は食感の違いに留意して代用可 片栗粉 じゃがいも 水に溶けにくく団子にしにくいため、白玉粉・もち粉・上新粉の代用するには難しい。 料理によっては代用可 小麦粉粉 小麦 ガム質の伸びの強い生地ができる。 白玉粉・もち米・上新粉とは全く食感が違うため代用するには難しい。 料理によっては代用可 白玉粉ともち粉と上新粉のそれぞれに違いと特徴がありますので、代用する場合は食感の違いに注意して使い分けてくださいね。 また、小麦粉や片栗粉は原料から違いますので料理別で使い分けるのがよいでしょう。

次の

わらび粉は片栗粉で代用できるのか?

片栗粉 餅とり粉 違い

以前和菓子教室に通っていましたが、そのような疑問を持たずに材料を使っていたので、この機会に調べてみました。 参考URL 確かに粉の種類って多いですよね。 ですが大別すれば分かりやすいと思いますよ。 小麦粉=強力粉(生地が固くねばりがでる)中力粉(強力粉より下)薄力粉(一番弱い) 片栗粉=でんぷん質であり水と溶けにくい・熱を加えるとのり状になる=あんかけとかとろみをつける時 上新粉・もち粉・団子粉=もち米から作られますが歯ごたえがあり、比較的コシのある硬めの生地になる 白玉粉=もち米・うるち米が原料で肌理が細かい。 柔らかくなめらかな生地に仕上がる 大雑把に分けるとこんな感じになるでしょうか? 粉の性質を考えながら料理・お菓子に利用すると言えますが、あれがダメならこれで・・・という代用品 としてもそれぞれ使えますよ。 ちなみに麺は小麦粉やそば粉のイメージがありますが、東南アジアの ベトナム」に「フォー」という麺を使った麺料理があります。 ほぼ一年通して熱帯気候なので小麦の生産 には向きません。 ですので「フォー」は米粉を利用しているのだそうです。 私もあまり粉に閑して詳しいことは分かりませんので・・・・・この程度ですみませんでした。 白玉粉、団子粉、上新粉・・・。 お団子を作るための粉は色々ありますが、その違いをご説明します。 和菓子に使われる粉は上新粉や白玉粉のほか、道明寺粉、みじん粉、わらび粉、片栗粉、きな粉など、たくさんあることは、すでにご存知の通り。 その違いは原料と製法です。 【上新粉】 上新粉はうるち米が原料です。 うるち米を精米、製粉したもので、月見団子のほか、端午の節句のかしわ餅などに使われます。 原料のうるち米は、普段私たちが食べているご飯のお米のことです。 蒸してから良くこねることで、軟らかくつややかに仕上がります。 (ぬれ布きんで包んで捏ねると、捏ねやすいです) ご飯もそうですが、冷めて乾燥すると硬くなるし、美味しさ半減してしまいますよね。 また、なめらかさではもち米に劣るので、お団子に白玉粉を少し混ぜたり、山芋粉を加えたりして、食感、風味をupするというワザもあります。 みたらし団子のようにはじめにコーティングしてあげると美味しさが長持ちします。 【白玉粉】 白玉粉はもち米が原料です。 もち米を粉にして水に浸し、さらして乾燥させたものです。 軟らかくて弾力のあるお団子は、もちもち感が特徴です。 ぜんざいだけでなく、フルーツと合わせるなど色々なデザートにも使われます。 ただ、白玉団子は冷めるとダラーンと型崩れしてしまうので、お供えの団子には不向きですね。 白玉粉での団子作りは、捏ねて丸めて茹でるだけなので簡単です。 ただし、軟らかくなり過ぎるのが弱点です。 茹であがったら即、冷水にちょっと浸すと、食感が引き締まります。 【団子粉】 団子粉はうるち米ともち米のブレンドです。 うるち米やもち米の弱点を補い、団子を作りやすい粉になっています。 白玉粉と同様に捏ねて丸めて茹でるタイプですね。 蒸さずに団子が作れるので、簡単にきれいな団子を作るには、団子粉がお奨めです。 茹でた後は、上新粉と同じように自然に冷まします。 ちなみに、もち米よりリーズナブルなうるち米を使うので、価格はもち米より安めです。 余談ですが、もち米を原料とした粉にはこの他にも、求肥粉、道明寺粉(桜餅など)、みじん粉(落がんなど)もあり、それぞれ製法が違います。 どれも日本の自然から生まれたものばかりです。 上新粉はお米から、片栗粉はジャガイモから作られていますので、上新粉=片栗粉とはなりません。

次の