東京 都 千代田 区 九段 南 1 5 6。 千代田区ホームページ

事務所概要

東京 都 千代田 区 九段 南 1 5 6

概要 [ ] 後の帝都復興計画の中でが整備されたのにともない、沿道地域を・から分立させて、に九段一~四丁目の町域を定めた。 、を境にして町域を南北に分割し、現在の1-4丁目及び1-4丁目となる。 当初は、からはに属する。 町名の由来となった九段坂は、 から田安台に向けて続く道が、武蔵野段丘を上がるところに、9層の石段と「九段屋敷」というの御用屋敷が造られたことに由来する。 道幅も広く、急傾斜であったことから、市中でも顕著な下町と山の手の境界であり、坂上からの展望が絶景であることから名所となった。 明治維新以後、坂上の幕府の馬場であった地帯を中心にして東京招魂社()が創建され、帝都東京の祝祭空間として繁栄をみせた。 の南側(旧富士見町)一帯が歓楽街()として賑わったのに対し、北側には(旧東京都立九段高等学校)や、・・・などの歴史ある学校が数多く存在する文教地帯となっている。 通称 [ ] 九段下・九段上(九段坂下・九段坂上)は、行政地名として使用されたことはなく、・の停留所名として親しまれてきた。 現在も駅名・バス停のほか、交差点名として採用されている。 九段坂 [ ] 九段坂公園の常灯明台 (右後方は田安門渡櫓と武道館) までは九層の階段となっており、徒歩でしか通行できない道であった。 明治以後、段差を廃して坂道となったが、見上げるような急傾斜であった ため、荷車を上げることは相当困難であった。 そこで、食い詰めた人々が「立ちん坊」とよばれる人足となって九段坂下で待ち受けており、荷車を押すことによってなにがしかの報酬を得ていたという。 市電を建設する際にも、当時の技術では九段坂の急傾斜に線路を敷設することは不可能で、堀端の牛ヶ淵沿いに緩勾配の専用軌道を設置して、ようやく電車を九段上まで通すことができた。 九段坂のシンボルとなっている「常灯明台」は、もとは入口(旧、本部跡)にあったが、震災復興計画によるの拡幅にともない、通りの南側、田安門入口に設けられた九段坂公園の現在地に移された。 旧地であれば、内堀を通して大手町方面を一望する位置にあり、から見えたという伝承もうなづける。 関連項目 [ ]• - 現在は使用中止• - 現存せず• - 発売のにアルバム名「」 脚注 [ ]• 旧平川。 にはが新たに開削されてお茶の水方面に本流が移り、切り離された下流域()は俎橋の先で「堀留」となっていた。 明治以後、再び飯田町の旧流域を開削してつながる。 坪内祐三『靖国』(新潮社、1999年)• 現在の本部あたりまで丘の上となっており、そこから九段下まで一気に下降する坂道であった。 には坂の下が波打ち際であり、丘の上にはが形成された。 「牛ヶ淵貝塚」の記念碑が構内に現存する。 震災復興計画の中で、が新たに拡幅・整備され、九段坂も緩勾配に直された。 現在九段上から九段下まで続くに面するの石垣は、この時に造成されたもので、旧地形は石垣の上面にあたる。 このとき、拡幅され、緩勾配となった九段坂には、の参道と同時にイチョウ並木が造成されたが、落葉が市電の軌道に詰まり、その油分で電車が空転して坂を上がれなくなったことから、並木は半分撤去されたという。 九段坂の常灯明台は、もともととして造られたのではなくへの献灯として建てられ、後に造られた鋼管製の巨大な一の鳥居とともに、遠方から目印となるように考えられたものである。 九段坂上は、江戸時代から観月や、隅田川の花火を見渡せるビューポイントとして有名であった。 外部リンク [ ]•

次の

アクセス|バーチャルオフィス・シェアオフィス@東京都千代田区

東京 都 千代田 区 九段 南 1 5 6

概要 [ ] 後の帝都復興計画の中でが整備されたのにともない、沿道地域を・から分立させて、に九段一~四丁目の町域を定めた。 、を境にして町域を南北に分割し、現在の1-4丁目及び1-4丁目となる。 当初は、からはに属する。 町名の由来となった九段坂は、 から田安台に向けて続く道が、武蔵野段丘を上がるところに、9層の石段と「九段屋敷」というの御用屋敷が造られたことに由来する。 道幅も広く、急傾斜であったことから、市中でも顕著な下町と山の手の境界であり、坂上からの展望が絶景であることから名所となった。 明治維新以後、坂上の幕府の馬場であった地帯を中心にして東京招魂社()が創建され、帝都東京の祝祭空間として繁栄をみせた。 の南側(旧富士見町)一帯が歓楽街()として賑わったのに対し、北側には(旧東京都立九段高等学校)や、・・・などの歴史ある学校が数多く存在する文教地帯となっている。 通称 [ ] 九段下・九段上(九段坂下・九段坂上)は、行政地名として使用されたことはなく、・の停留所名として親しまれてきた。 現在も駅名・バス停のほか、交差点名として採用されている。 九段坂 [ ] 九段坂公園の常灯明台 (右後方は田安門渡櫓と武道館) までは九層の階段となっており、徒歩でしか通行できない道であった。 明治以後、段差を廃して坂道となったが、見上げるような急傾斜であった ため、荷車を上げることは相当困難であった。 そこで、食い詰めた人々が「立ちん坊」とよばれる人足となって九段坂下で待ち受けており、荷車を押すことによってなにがしかの報酬を得ていたという。 市電を建設する際にも、当時の技術では九段坂の急傾斜に線路を敷設することは不可能で、堀端の牛ヶ淵沿いに緩勾配の専用軌道を設置して、ようやく電車を九段上まで通すことができた。 九段坂のシンボルとなっている「常灯明台」は、もとは入口(旧、本部跡)にあったが、震災復興計画によるの拡幅にともない、通りの南側、田安門入口に設けられた九段坂公園の現在地に移された。 旧地であれば、内堀を通して大手町方面を一望する位置にあり、から見えたという伝承もうなづける。 関連項目 [ ]• - 現在は使用中止• - 現存せず• - 発売のにアルバム名「」 脚注 [ ]• 旧平川。 にはが新たに開削されてお茶の水方面に本流が移り、切り離された下流域()は俎橋の先で「堀留」となっていた。 明治以後、再び飯田町の旧流域を開削してつながる。 坪内祐三『靖国』(新潮社、1999年)• 現在の本部あたりまで丘の上となっており、そこから九段下まで一気に下降する坂道であった。 には坂の下が波打ち際であり、丘の上にはが形成された。 「牛ヶ淵貝塚」の記念碑が構内に現存する。 震災復興計画の中で、が新たに拡幅・整備され、九段坂も緩勾配に直された。 現在九段上から九段下まで続くに面するの石垣は、この時に造成されたもので、旧地形は石垣の上面にあたる。 このとき、拡幅され、緩勾配となった九段坂には、の参道と同時にイチョウ並木が造成されたが、落葉が市電の軌道に詰まり、その油分で電車が空転して坂を上がれなくなったことから、並木は半分撤去されたという。 九段坂の常灯明台は、もともととして造られたのではなくへの献灯として建てられ、後に造られた鋼管製の巨大な一の鳥居とともに、遠方から目印となるように考えられたものである。 九段坂上は、江戸時代から観月や、隅田川の花火を見渡せるビューポイントとして有名であった。 外部リンク [ ]•

次の

九段

東京 都 千代田 区 九段 南 1 5 6

病院からのおしらせ 重要なお知らせ ご来院の皆様へ 重要なお知らせ 新型コロナウイルス感染症への院内感染対策の為、入院患者様への面会及びMRの入館を禁止させていただきます。 詳細については下記の内容をご確認ください。 また、ご来院の方全員に正面玄関にて問診及び検温を行わせていただいております。 それにともない正面玄関のオープン時間を下記のとおりといたします。 皆様のご理解ご協力をお願いいたします。 正面玄関オープン時間 8:00 〜 17:15 2020年05月8日(金) 人間ドック受診の方々へ新型コロナウイルス感染対策として ・当面の間、肺機能検査を中止とします。 ・健診中は各自マスクを着用していただきます。 ・マスク不足が深刻な折、マスクは受診者ご自身でご用意してください。 万一、マスクが無い場合はご相談下さい。 ・入口等でのアルコール消毒液での手指消毒をお願いします。 ・密集・密着を防ぐことにご協力をお願いします。 2020年04月3日(金) 正面玄関閉扉時間変更のお知らせ 新型コロナウイルス感染症への院内感染対策の為、当面の間、正面玄関の閉扉時間を18:00から17:15に変更いたします。 施錠後は、右奥の救急・夜間通用口をご利用下さい。 2020年03月5日(水) 医療連携懇談会延期のお知らせ 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う現在の状況を鑑みて、3月25日(水)に開催を予定しておりました第9回医療連携懇談会につきまして、 延期を決定させていただきました。 すでにお申込みをいただきました皆様、また参加の準備を進めておられた皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますこと、 深くお詫び申し上げます。 なお、状況が改善されましたらぜひ開催したいと考えております。 開催時期につきましては今後の状況を注視し、改めてお知らせいたしますのでよろしくお願いいたします。 2020年3月5日 九段坂病院 病院長 2020年02月27日(木) を更新いたしました。 2020年02月26日(水) 重要なお知らせ 新型コロナウイルス感染症について[更新] 2020年02月25日(月) 新型コロナウイルス発生拡大に伴う区民公開講座延期のお知らせ 新型コロナウイルスの感染拡大にともなう現在の状況を鑑みて、2月29日 土 に予定しておりました九段坂病院主催の区民公開講座を無期限延期させていただきます。 なお、状況が改善されましたら改めて日程をお知らせいたします。 楽しみにされていた皆様には、誠に申し訳ございませんが、何卒ご了承の程よろしくお願い申し上げます。 2020年2月25日 九段坂病院 病院長 2020年02月20日(木) ご来院の皆様へ 現在、発生しております新型コロナウィルス感染症対策のため、当面の間、 入院患者様への面会、又は約束のないMRの訪問は禁止させていただいております。 ご理解・ご協力をお願いいたします。 特別な理由で面会等が必要な場合は、病棟にご相談ください。 2020年2月20日 九段坂病院 病院長 2020年02月14日(金) 重要なお知らせ 新型コロナウイルス感染症について 2020年01月9日(木) を更新いたしました。 2019年10月25日(金) 電力設備法定点検実施のお知らせ 法定の電力設備点検を下記日程にて実施いたします。 実施日程: 2019年11月3日 9時 〜 11時 の2時間を予定 実施期間中は、一時的に電話がつながりにくくなることがあります。 また、ご来院の際は、エレベーター・駐車場等院内設備にも制限がかかります。 実施期間中、大変ご不便おかけしますが、予めご了承いただきますようお願いいたします。 2019年10月18日(金) のお知らせ 2019年06月03日(月) 令和元年度区民健診のお知らせを掲載いたしました。 令和元年6月6日(木)より予約受付を開始いたします。 詳細につきましてはよりご覧いただけます。 2019年05月13日(月) を更新いたしました。 2019年03月16日(火) を更新いたしました。 2019年04月04日(木) を更新いたしました。 2019年03月29日(金) 2019年4月からの「」を更新いたしました。 2019年03月19日(火) を更新いたしました。 2019年03月14日(木) を更新いたしました。 2019年03月01日(金) を更新いたしました。 2018年07月12日(木) 「」を掲載いたしました。 2018年07月02日(月) 日本医療機能評価機構より2018年6月1日付にて『一般病院2』及び副機能種別『リハビリテーション病院』として認定されました。 詳細につきましてはよりご覧いただけます。 2018年05月09日(水) 「MedicalNote」へ泌尿器科 加藤医師が掲載されました。 よりご覧いただけます。 2015年11月24日(火) 移転新築いたしました。 新所在地:東京都千代田区九段南1-6-12 ご来院の際はをご覧ください。 過去のおしらせはよりご覧いただけます。 イベント・セミナーのご案内 新着情報 2020年2月29日(土) 14:00〜15:30 開催 九段坂病院区民公開講座開催 病院からのおしらせの通り、中止となりました。 区民公開講座を開催します。 詳細につきましては こちら(PDF)よりご覧いただけます。 2019年9月7日(土) 13:30〜15:00 開催 院内イベント 縁起でもないことを世代をこえて語り合う会開催 院内イベントを開催します。 詳細につきましては こちら(PDF)よりご覧いただけます。 2019年9月28日(土) 14:00〜15:30 開催 九段坂病院区民公開講座開催 区民公開講座を開催します。 詳細につきましては こちら(PDF)よりご覧いただけます。 2019年9月26日(木) 14:00〜16:00 開催 マンドリンコンサート開催 マンドリンコンサートを開催します。 詳細につきましては こちら PDF よりご覧いただけます。 2018年11月10日(土) 14:00〜15:30 開催 九段坂病院区民公開講座開催 知って安心!専門医のはなし 各テーマをわかりやすく解説します。 2018年7月21日(土) 13:30〜15:00 開催 九段坂病院「IKILUを考える会」イベント開催 皆様とACP(アドバンスケア・プランニング)を考えるきっかけにしたいと思っています。 どなたでも参加できますのでご興味のある方は是非お立ち寄りください。 過去のご案内はよりご覧いただけます。

次の