終息 する。 コロナウイルスが〝終息する〟〝収束する〟どちらの漢字がより適し...

新型コロナ終息後日本の暮らしはどう変化するのか?【実はすでに始まってます】

終息 する

まず「終息」についてお話しします。 「終」は文字どおり「終わる」という意味ですが、「息」という漢字にも「止<や>む」という意味があります。 つまり「終息」は、似た意味の漢字を2つ重ね合わせて「完全に終わる」という意味になっていると考えることができます。 次に「収束」について説明します。 これは「収まる」「束ねる」ということから、「(状況・事態などが)ある一定の状態に落ち着く」という意味になっています。 ふつう、「(例えば新型肺炎の)問題・感染状況」などについて使うことが多く、「新型肺炎」といった病気自体が「収束する」という言い方(書き方)は、あまりしません(なお、似たことばとして「集束」というものもありますが、これは「光の束が一か所に集まること」を意味する物理学の専門用語です)。 ここから、新型肺炎の「完全制圧」の場合には「終息」、(完全制圧ではないにしても)新型肺炎に関する(社会的)状況などがかなり落ち着いてきた場合には「収束」、ということになります。 「宣言」する場合には一般に「完全制圧」でしょうから、「新型肺炎終息宣言」なのです。 いっぽう次のような場合には、表記としては「終息・収束」のどちらもあり得ます(意味はそれぞれ異なることに注意)。 「A国では感染の広がりがシューソクに向かっている。 「(新型肺炎の問題が)シューソクすればA国を訪問する。 「(新型肺炎の問題が)早くシューソクしてほしい。 」 もうおわかりかと思いますが、「終息」は「完全制圧」であるのに対して、「収束」の場合には、ほぼ事態が収まっていることを意味します。 例えば音声コメントにスーパーをつける場合、その人が「終息」と「収束」のどちらの意味で発言したのか、注意が必要でしょう。 (メディア研究部・放送用語 塩田雄大).

次の

コトバ解説:「終息」と「収束」の違い

終息 する

度々すみません。 4の最後で、「事態」が重複していました。 収束は、「インフルに伴う品切れなどの非常事態がようやく収束した」などといった場合につかいます。 がただしいです。 (検索トップにでてきたので)No. 1さんと同じサイトになりますが、 収束について、 ーーー「収まる」「束ねる」ということから、「(状況・事態などが)ある一定の状態に落ち着く」という意味になっています。 ふつう、「(例えば新型肺炎の)問題・感染状況」などについて使うことが多く、「新型肺炎」といった病気自体が「収束する」という言い方(書き方)は、あまりしません。 ーーー と書いています。 病気自体は「終息」するのです。 次の場合、終息、収束、両方の可能性があります。 と書いてあります。 同意します。 大事なのは「意味はそれぞれ違ます」と書いてあります。 そこが大事なのです。 「A国では感染の広がりがシューソクに向かっている。 」 「(新型肺炎の問題が)シューソクすればA国を訪問する。 」 「(新型肺炎の問題が)早くシューソクしてほしい。 「A国では感染が終息に向かっている。 」 「(新型肺炎が)終息すればA国を訪問する。 」 「(新型肺炎が)早く終息してほしい。 」 おわかりいただけましたでしょうか?.

次の

終息と収束の違い

終息 する

「終息」と「収束」の違いとは?(2014年3月7日) 千鶴「終わりが見えない」 ケビン「あれから3年デスカ……。 」 千鶴「そうね。 東日本大震災から丸3年がたったわ。 」 ケビン「長かったような、短かったような……。 」 千鶴「時の流れの感じ方は、人それぞれでしょうけど、原発事故にしろ、終わりの見えない状況は変わっていないわ。 」 ケビン「確かに。 まだまだ大変な思いをしている人はたくさんイマスネ。 」 千鶴「『終息』するのは、まだまだ先のようね。 」 ケビン「一時の混乱は『収束』したような気がシマスケド、『終息』はマダマダダネ。 」 千鶴「……? しゅうそくが2度出てきて、ちょっと分かりにくかったわ。 」 ケビン「『終息』と『収束』デース。 微妙な違いを解説することにシマショウ。 」 終わりを考える時、その始まりを考えます。 輪廻転生、因果応報、出前迅速、商売繁盛、そして基礎代謝。 千鶴「な、なんか途中からおかしいけど……。 」 スマ町の四文字熟語コレクター、ケビンです。 こんにちは。 今回は「終息」と「収束」という同音語を扱います。 ちょっとした意味の違いがありますから、ご理解くださいね。 まずは「終息」から。 文字通り「ものごとが終わること」を意味しています。 「プロデューサー巻きの流行が終息する」「一党独裁時代が終息する」「戦火が終息する」などと言った使い方をします。 流行が終わったり、時代が終わったり、戦争が終わったりと、一つのものごとが完全に終わるというニュアンスがありますね。 これに対して「収束」は、こちらも文字通り「ものごとが収まる」「ものごとを収める」という意味。 「デモの混乱が収束する」「党内の争いごとを収束させる」などと使います。 一見「終息」と同じように感じますが、「収束」には「混乱した状態を落ち着かせる」という意味が含まれています。 「終息」は「終わる」、「収束」は「落ち着く」。 微妙な違いですが、覚えておいてくださいね。 ケビン「震災直後の大混乱は『収束』したケド、震災にまつわる困難や事故は『終息』していないというコトダネ。 」 千鶴「いずれにしても……」 千鶴「つい、被災地の復興、復興と言ってしまうけど、何をもって復興と言うのかも難しいところよね。 」 ケビン「過去に戻れるわけではナイデスカラネ。 」 千鶴「もちろん、それはみんなが分かっていることでしょう。 」 ケビン「完全な『終息』はないのカモシレマセンネ。 では、今回のまとめにイキマショウ。 」 では、今回のレッスンのまとめです。 「終息」は、ものごとが終わること 「収束」は、混乱などが落ち着くこと.

次の