ふたり で にゃんこ 大 戦争 大 狂乱。 【ふたりでにゃんこ大戦争】アンドロメダの攻略とオススメの編成について!|ゲームメインのサブカル総括シティ

[木]狂乱・大狂乱のフィッシュ&トカゲ|ふたりで!にゃんこ大戦争(Switch版) 攻略のナノゲームス

ふたり で にゃんこ 大 戦争 大 狂乱

第3形態は「大狂乱のネコフィッシュ降臨」クリア後にLv20 狂乱のネコトカゲ 狂乱のネコドラゴン 狂乱のネコキングドラゴン 1000円 第1,第2,第3形態 特性なし ネコトカゲより全体性能が高い 狂乱ステージ「狂乱のネコトカゲ降臨」で入手。 狂乱のネコフィッシュ自体はかなり弱いので、安価壁を連打していれば前線を維持できる。 危険なのは城を少しでも削ると出現する超メタカバちゃんなので、メタル対策のキャラを連れていくこと。 出現するのは1体だけなので、クリティカルでしっかりダメージを与えていけば特に怖い要素は無い。 その後ろに後方アタッカーをため込むようにしてダメージを稼ぐこと。 城にさわると赤のコアラが出現。 ネコアイス第3形態で「止める」を当てたり、ネコマシン第3形態で波動打ち消ししつつ耐えるのが得策。 第3形態の前田慶次のダメージ稼ぎがかなり機能した感じ。 射程が非常に長く攻撃の回転率も高いため、アフロディーテ含む並の大型アタッカーは攻撃をまともに当てることができず一方的にやられてしまう。 オタネコの射程があればネコトカゲに対しては安全に攻撃できるので、前線維持をしつつオタネコの数を増やしていく攻略がまずまず楽。 範囲攻撃を行える安価なキャラ(ウルトラソウルズ系)で早めに処理し、狂乱のネコトカゲと頻繁に出現するフルぼっこと戦う状況を作る。 フルぼっこが出現している時が一番危険なので、安価壁が4枚でなんとか前線を維持しつつ、温存しておいた大型アタッカーをそこで生産し、ネコトカゲではなくフルぼっこを倒すことに使用すること。 にゃんこ砲でフルぼっこのラインを下げさせることも大事。 お金を貯めにくいので、フルぼっこがいないタイミングの壁生産の数は様子を見ながら行うと良い。 安価壁を4枚用意し常に生産していればネコトカゲ3体は止めることができるが、定期的に出現する白のラッコがラインをガンガン上げてくるため、後方アタッカーを上手く使って処理していかなければならない。 ネコトカゲは射程が長いが攻撃間隔が少し長めなので、真田幸村や覚醒ネコムートなどの速攻キャラをうまく差し込んでダメージを稼ぎたい。 常に安価壁を生産しつつ、白ラッコ出現時にアタッカーを2体出して対応しつつ、焦ってネコトカゲにダメージを与えに行かずにじっくりやる。 アタッカーを出すのは白ラッコがネコトカゲよりもやや前に出たタイミング。 早く出しすぎるとアタッカーがネコトカゲの攻撃ですぐにやられてしまうので、あえて白ラッコにラインを上げさせてから対応するのがポイント。 序盤のザコラッシュが微妙に厄介なので、すぐにフィリバスターを出して時間を稼ぎつつ、前田慶次や真田幸村などの中コストアタッカー1体の生産を急ぐこと。

次の

[火]狂乱・大狂乱のバトル&キモネコ|ふたりで!にゃんこ大戦争(Switch版) 攻略のナノゲームス

ふたり で にゃんこ 大 戦争 大 狂乱

レジェンドストーリーの狂乱ステージ 狂乱ステージは、レジェンドストーリーのゲリラステージとして登場するイベントの1つです。 全部で9つ用意されておいて、それぞれの個性はあれど、どれをとっても非常に難易度の高いステージとして君臨しています。 その中でも狂乱のネコは、狂乱ステージの中で最も簡単なステージとなっています。 一番苦労することなくクリアが可能でありながら、安価なカベ役として非常に役に立つ優れたキャラクターです。 移動速度が高いので敵の城に近づく時間が短く済み、自身の城から大きく離れたところで陣を作っていても、カベ役として有効に働いてくれることが期待出来ます。 さらには生産速度も速くて、かかるお金も基本キャラのネコと同じく75円と安いです。 つまり、安価なカベ役としては最高レベルのキャラクターということです。 この、狂乱のネコのステージはクリアしておいて損はしません。 ガチャ限定のキャラクターを使用せずともクリア出来るため、降臨していることが確認でき次第、やっておくことをオススメします。 攻略について 必ず、ネコボンとニャンピュータは持ち込みましょう。 戦闘が楽になりますし、勝率のアップも見込めます。 戦闘が始まったら、向かってくる敵を自分の城の近くまで引き寄せてカベ役を生産します。 自分の城を破壊されて敗北する事故を防ぐことと、後に生産するネコムートを守る目的があります。 その後、お金が溜まり次第、1体目のネコムートを生産します。 ここで重要なのは、キャラクターを生産し過ぎないことです。 カベを作り過ぎると、ガンガン敵を押し退けて、こちらの準備が整う前に城を叩いて狂乱のネコを出現させてしまい、負けに繋がりかねないからです。 なので、ネコムートを最低限防衛可能な数のカベを生産し続けましょう。 カベネコ3~4体程度で十分です。 暫くその体勢を維持していると、2体目のネコムートが生産できるようになっているはずです。 即座に生産して、1体目と同様にジワジワと前に進ませます。 ここで2体以上生産しておくことで、狂乱のネコに与えるダメージの効率が上昇するだけでなく、ゾウやクマなどの取り巻きを倒しやすくなります。 そして、カベ役が敵の城を叩き始めたら、素早くニャンピュータをオンにします。 後は見ているだけでOKです。 このステージは、狂乱のネコの取り巻きの、ゾウやクマが沢山お金を落としてくれるおかげで資金不足になりにくく、前線も崩壊しにくいです。 エンドレスでカベを生産して、裏からドラゴン、ヴァルキリー、ムートで相手の体力を削ります。 ドラゴンは射程に優れていて、ヴァルキリーは停止の効果が期待できるため採用しました。 ですが、最悪の場合ムートのみを攻撃役として採用して、後は全てカベ役を当てはめても、ノーコンでクリア出来ます。 多少時間はかかりますが・・・ また、今回はスニャイパーは使いませんでしたが、使った方が戦闘が安定します。 狂乱のネコをノックバックさせることで、こちらの城から遠ざけられるからです。 アイテムフル活用で挑むことでノーコンのクリア率が上がると思います。 倒してしまえば、あとは消化試合です。 最初の戦闘から10分程眺めてクリアしました。 狂乱の猫のドロップ率は100%です。 攻略について詳しく 基本キャラのみでもクリア出来ますが、素早く戦闘を終えたいのであれば、ガチャ限定のキャラクターを使いましょう。 ギガントゼウスシリーズの「メガロディーテ」や、ウルトラソウルズの「コスモ」。 超ネコ祭の「ガオウ」などを使用することで、カンタンに素早く狂乱の猫を葬り去ることが出来ます。 ドラゴンの代わりに、レアキャラの「ジェンヌ」を使用することもアリでしょう。 間違っても使ってはいけないのは、狂乱のネコの攻撃よりも射程が短くて、移動速度の遅いキャラです。 出すだけ無駄ですし、お金を浪費することになります。 ヴァルキリーのように移動が早ければ一撃当てられます。 しかし、足が遅くて射程が短いのであれば、いくらダメージ量に優れていても何も出来ずに葬られるだけです。 搭載するキャラクターの特徴を考えて、慎重に選びましょう。

次の

[水]狂乱・大狂乱のウシ&トリ|ふたりで!にゃんこ大戦争(Switch版) 攻略のナノゲームス

ふたり で にゃんこ 大 戦争 大 狂乱

1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 EX 狂乱の優先順位をくわしく解説! 1位:狂乱のネコ降臨「暗黒憑依」 狂乱のネコ降臨は、 狂乱の中で最も簡単にクリアできるステージです。 さらに、クリアで入手できる狂乱のネコが、他の狂乱ステージを攻略する上で必須級なので、1番最初に攻略することを推奨しています。 注意すべき点も少なく、攻略の上で狂乱のネコが欲しいところなので、2番目の攻略を強く推奨しています。 そのため狂乱のネコと狂乱のタンクネコを先に済ませておくことが重要であり、盾キャラを入手した後の3番目の攻略を推奨しています。 この狂乱ステージでは、狂乱のフィッシュよりもメタルな敵を処理できるかどうかが鍵です。 そのため、のような対策キャラが手持ちに無い人は、後回しにしてしまっても良いです。 攻略のポイントは壁を貼り続けることと、常に出現し続ける赤い敵を倒し続けることです。 3番目で手に入る狂乱のネコフィッシュが当ステージで早速活躍できるため、次の順番に位置付けています。 重要なのは浮いてる敵対策と味方キャラの強化度合いであり、特に基本キャラは第三形態までしっかりと進化させておくことが大切になってきます。 波動を一撃耐えるだけ強化されたキャラがいるかどうか、波動無効・打ち消しの特性を持ったキャラがいるかどうかが非常に重要です。 覚醒のネコムートやネコパーフェクトなど、入手しやすい適正キャラを所持していれば簡単に攻略できるので、手持ちによっては意外と楽に攻略できるステージでもあります。 黒い敵と波動のどちらにも対処することが難しく、初めて間も無い人ほどここで躓くことでしょう。 無課金編成では、第三形態まで強化していても攻略は難しいです。 対策キャラをしっかりと把握して挑みましょう。 参加する全ての味方キャラを第三形態にしなければまともに運用でき無いという点、他の狂乱キャラを取ってからの方が楽である点、狂乱のバトルネコ自体取る必要が特に無いという3点から、最後の方に位置付けています。 狂乱の中ではダントツの難易度を誇り、大狂乱クリア後の挑戦を推奨するほど高難易度になっています。 他の狂乱とは違い少し仕様が特殊なため、EXという番外編のような位置づけになっています。

次の