アメリカ合衆国 から 電話。 【追跡なぞの国際電話(1)】突然かかってきた謎の国際電話に出てみると心当たりのないヘブライ語 / モサド!?

アメリカの電話のかけ方・郵便|地球の歩き方

アメリカ合衆国 から 電話

ランキング• アンケート• アンケート• 詳細はURL www. myline. 009130をダイヤルしなくてもかけられる。 規定の封筒や箱に入れるだけの荷物を定額で郵送できるタイプもある。 郵便局の営業時間 町によって営業時間は多少異なる。 一般的な局は平日の9:00~17:00くらい。 ポストは青色。 EXPRESS MAILとあるのは国内向け速達便のみ。

次の

Twitterでいきなり通話を受けると出てクリックしたらアメリカ合衆国...

アメリカ合衆国 から 電話

(事実上 ) (ワシントンD. ) 最大の都市 政府 ・ 総計 () 水面積率 4. では 米国(べいこく)または 米とも略称される。 首都とはとの間の中央に位置する。 は北西部の角に位置し、東ではと、西ではを挟んでと国境を接している。 は中部における群である。 同国は、とに5つの有人のおよび9つの無人の海外領土を有する。 985万km 2の総面積は、3億2,700万人の人口はである。 同国は世界でもっともかつな国のひとつであり、これはの産物とされている。 また同国の広大なにおけるおよびもきわめて多様であり、多種多様なが存在する。 米国はかつを有する (人口1億人を超える先進国はアメリカ合衆国とだけである)。 は、豊富なと高度な労働者の生産性により支えられている。 同国経済はだとされている一方、世界最大の製造国のうちのひとつであり続けている。 同国は2018年での36%を占め 、世界最高位の経済・大国であり、多大な影響を及ぼす政治・文化的勢力であり、科学研究・技術革新におけるリーダー的存在とされている。 概要 [ ] 約1万5000年前、はから現在の北本土にし、はに始まった。 現在の米国は、に沿って位置するが発祥である。 および同植民地間の紛争により、した。 1776年7月4日、における英国との交戦時、同植民地の代表はを全会一致で発布した。 1783年、同戦争は英国からのにより終結し、ヨーロッパのを相手に成功した世界初の独立戦争となった。 1787年9月17日、現在のが起草された。 集合的にと名付けられた最初の10の修正案は1791年に批准され、多数のを保証することを目的として策定された。 の教義に駆られることにより、を通して米国はを横断する頑強な拡大に着手した。 これは、、、次第にを含む。 同国史上唯一の内戦であるは、を終焉に至らせた。 末までに同国は太平洋まで拡大し 、同国経済は成長し始めた。 およびは、世界的な軍事大国としての同国の地位を裏付けた。 から同国は世界的なとして浮上し、で、によりにおいてを使用した唯一の国であり、でもある。 およびは、米国を唯一の超大国とした。 国名 [ ] 「」および「」も参照 1507年、のは、イタリア人探検家及び地図製作者のの名をとって西半球の陸地をと名付けた世界地図を作成した。 「United States of America」という言葉の最初の文書証拠は、のおよび検閲官の大将であるにより書かれた1776年1月2日付の手紙である。 手紙は宛で、革命戦争において「アメリカ合衆国の大量で十分な力」でスペインを支援する嘆願をモイランは記した。 「United States of America」という言葉が最初に公開出版された証拠は、1776年4月6日にバージニア州・ウィリアムズバーグの紙面に匿名で書かれたエッセイである。 1776年6月、はの「原草稿」の見出しにすべて大文字で書かれた「UNITED STATES OF AMERICA」という言葉を加えた。 独立宣言のの最終版において、表題の該当する部分は「アメリカ合衆国13州一致の宣言」に変更された。 1777年にが発布され、「連合の名称を『United States of America』と定める」と規定した。 短縮形は「United States」が標準的であり、ほかの一般的な形式は、「U. 」「USA」および「America」である。 ほかに口語での名称として「U. of A. 」があり、国際的には「States」がある。 18世紀後半の詩歌において人気な名称である「」は、が起源であり、の名に見られる。 英語以外の言語において、アメリカの名称は「United States」または「United States of America」のいずれかの、口語では「America」の翻訳であることが多い。 加えて、USAのような略称はときどき用いられる。 東アジアでも、「America」を「亜米利加」「米利堅」「美利堅」などと音訳し、「United States」を「」と翻訳することで、日本語では「アメリカ合衆国」「米国」、、、では「美利堅合衆國」「」とする。 この漢字表記は歴史上一定していたわけではなく、「亜墨利加」「亜国」などの表記が用いられたことがあった。 「United States」という言葉は、1865年批准のにみられる、「the United States are」のように、本来は独立州の集合体を表現した複数形として扱われていた。 南北戦争終結後には、「the United States is」のように単数形として扱うことが一般的になった。 現在は単数形が標準的であり、複数形は「these United States」のような慣用句にその形を留める。 その違いは州の集合体および単一体の間の違いを反映しており、慣用以上の重要なものとされている。 アメリカ合衆国国民の標準的な言及方法は、「」である。 「United States」「American」および「U. 」は、「American values」および「U. forces」のように形容詞的に国を言及するのに用いられる。 は、アメリカ合衆国と関連のないものへの言及には英語ではほとんど用いられない。 日本語における名称 [ ] においては、「亜米利加合衆国」略して「米国」(べいこく)・「米」(べい)と呼ばれる場合が多い。 在日米国大使館・領事館はそのウェブサイトにおいて自国の事を一貫して「米国」と記述している。 歴史 [ ] 1764年、ヨーロッパ人と会うネイティブ・アメリカン ()人の はの承諾を受け、周りによる諸国への到達を志したが、1492年に現在のにたどり着いた。 当初はの一部と考えられていたが、現在の大陸名の由来ともなるイタリアの探検家の主張をもとに新たな大陸とされた。 その後、ドイツの地図製作者マルティン・ヴァルトゼーミュラーがと命名し、その名が定着していった。 これをきっかけに、諸国によるへの侵略が始まった。 のが北アメリカ大陸の東海岸を探検し、が植民地の領有を宣言し、もがを探検したあと、その一帯を植民地とするなど、南北アメリカ大陸の探検と開拓の歴史がはじまった。 のちにアメリカ人は「明白な天命()」をスローガンに奥地への開拓を進め、たとえ貧民でも自らの労働で土地を得て豊かな暮らしを手にできるというを形成して「自由と民主主義」理念の源流を形作っていった。 その成功が誇張も含めて旧大陸に伝わり、さらに各地からのを誘発することともなった。 それは同時に先住民であると協調・交易したこともあったが、虐殺、追放して彼らの土地を奪っていったことも伴っていた。 アメリカ合衆国の独立 [ ] :、へ草稿を提示する 北米大陸がヨーロッパ諸国の植民地支配を受ける中、イギリスととの間で経済・租税措置をめぐり、対立が生じた。 に が勃発すると、にを発表し、イギリス優位を崩すためにフランスと同盟を締結した。 なお、この ("Fourth of July")は現在も「 」(Independence Day)として、、と並び、米国の代表的な祝日となっている。 13植民地が勝利するとにが結ばれ、「アメリカ合衆国」として正式に独立し、独立した13州に加えて以東と以南をイギリスからされた。 1787年9月17日には、に代えてさらに的なが激論の末に制定される。 1789年3月4日に発効され、同年に初代として大陸軍司令官であったが就任した。 アメリカは、「」と「」を掲げたことから、近代の世界史上初の国家としても、当時としては珍しい民主主義国家であった。 しかし、やから強制的に連行させられた、の権利はほとんど保障されることはなかった。 結果、とが独立後のアメリカに長く残ることとなる。 西部開拓と南北戦争 [ ] で事実上の決戦となった 勝利により、にを手に入れる。 未開の地であった西部の勢力拡大を目指し、の領を行ったが、イギリスが西部開拓を阻んだため、1812年にが勃発するもにを締結して事態は収拾し、西部進出を進めていった。 入植時から続いていたを続けながらも、の領、のによりインディアンを西部に移住させると、のでの樹立とのアメリカへの併合、の、およびによるにより、領土はにまで達した。 現在のと呼ばれる北米大陸エリアを確立したのである。 このころから遠洋が盛んになり、にも進出を始めた。 1850年代、状態だったへ食料や燃料調達のために開国させることを目的に米軍艦を派遣。 2つのを締結し、開国させた。 以後、アジア外交にも力を入れるようになっていく。 1861年、に異を唱えて独立宣言を発したのと北部の合衆国の間で が勃発し、国家分裂の危機を迎えた。 これを受けて1862年に大統領によって が発表され、1865年に南北戦争は合衆国の勝利で終結し、連合国は解体された。 しかし、法の上でのや先住民など、その他の少数民族に対するはその後も続くことになる。 南北戦争後、鉄道網の発達と共に本格的なに突入した。 19世紀後半には、鉄鋼業や石油業が繁栄し、アメリカ経済が大きく躍進することになった。 海外進出と世界恐慌 [ ] 流入の主な玄関口であった・ 南北戦争後も諸外国との戦争などを通して、海外領土の拡大が続けられた。 1867年にはをからし、1898年にはが併合され、スペインとのに勝利して、、をにし、をに指定した。 これにより、現在の北米・太平洋圏でのアメリカ領土が確立した。 1899年から1913年にかけてフィリピンを侵略。 を行い、数十万人のフィリピン人を虐殺し独立を鎮圧する。 1900年には平定に連合軍としてに派兵する。 1910年代からを徐々に施行し、有色人種に対する締めつけを強化した。 1914年7月28日にヨーロッパで勃発した では当初中立を守る一方、1915年に、1916年にに出兵して占領し、軍政を敷くなどの西半球における権益確保政策をとった。 などの影響もあり、次第に(、、、など)に傾き、1917年には連合国側として参戦した。 1918年にはの拡大を警戒してを行った。 11月11日に終結した後は、1919年ので大統領の主導によって 設立と阻止 に大きな役目を担う。 を唱えてヨーロッパへの不干渉およびに対する権益の維持をしようとするの反対により連盟への加盟こそ実現はしなかったものの、ほかの戦勝国とともに5大国の一員として注目されることになる。 国内ではをはじめとする多くの都市で「」などの人種暴動により数万人が死傷した。 にはを施行するなど人種差別政策を強めていった。 1927年に出兵していたで将軍に率いられたが海兵隊を攻撃したため、1933年にアメリカ軍はニカラグアから撤退し、従来の政策から善隣外交()に外交政策をシフトした。 続く1920年代のに基づく空前の繁栄「()」が起こるが、1929年10月29日・で起こった「暗黒の木曜日」がきっかけとなり、1939年まで続く が始まった。 この世界恐慌によって、労働者や失業者による暴動が頻発するなど大きな社会的不安を招いた。 大統領が行った により経済と雇用の回復を目指したが、1930年代末期まで経済も雇用も世界恐慌以前の水準には回復せず、の戦時経済によって以前の水準を上回る、著しい経済の拡大と雇用の回復が実現された。 一方で、、などで、、が台頭し始め、のちの の引き金になっていった。 第二次世界大戦 [ ] 第二次世界大戦中、に接近する米軍 1939年9月1日にがに侵攻し、でが始まると、政策は維持していたものの、にはの施行により、・・・に大規模な軍需物資の支援を行い、日本のアジア進出に対してを形成した。 1941年12月7日(:12月8日)には、による が行われ、イギリスやソ連などが中心となって構成されたの一員として参戦した。 開戦後まもなく、や諸国ののみをに連行した()。 日系人男性はとして忠誠を示すために戦った。 機によるなどの、数回にわたるへの攻撃はあったものの、本土への被害はほとんどなく、事実上の連合諸国への軍事物資の供給工場として機能し、あわせてや、などのとの戦闘でも大きな役割を果たした。 1943年ごろからはやにおいて本格的な反攻作戦を開始し、ドイツや日本に対する・を実施した。 の中でも、1945年3月10日のでは推定約14万人が死傷した。 にはドイツがに対しした。 1945年8月には、イタリアやドイツなど枢軸国からの科学者の協力を得てを完成。 同年、世界で初めて一般市民を標的に日本の(8月6日)と(8月9日)に投下し、人類史上初めてのによる攻撃で推定約29万人が死傷した。 続いて同年には日本も受諾によりし、同年の日本全権による降伏文書調印をもっては終戦となった。 参謀第2部(G2)部長であった少将は「日本を"征服"した」と述べている。 連合国の戦勝国の1国となったうえに、おもな戦場から本土が地理的には離れていたことから国土にほとんど戦災被害を受けなかった。 戦勝国として日本の委任統治領であった、、などの太平洋の島々を新たな信託統治領として手に入れるとともに、やをはじめ占領国や進駐国に大規模な基地を造設し、を除く世界を影響下に置くこととなった。 1946年からマーシャル諸島でなどの大規模なを繰り返して核大国としての地位を固める。 (NPT)はアメリカを核兵器国と定義し、原子力平和利用の権利(第4条)と核不拡散(第1条)・核軍縮交渉(第6条)義務を定めている。 以後、世界最強の経済力と軍事力を保持する超大国として、「と」の理念を目的もしくは大義名分として冷戦期およびそれ以後の外交をリードする事になる。 ソ連との冷戦 [ ] 1985年、にて、・と会談する 後は、としてともに戦ったソ連との が始まった。 一時、上院議員らに主導された旋風()が起きるなど、世論を巻き込んでの打倒を掲げた。 においては、を盟主としたの・陣営に対抗するの・陣営の盟主として、諸国や日本、、()などにや締結などで支援した。 、 、など世界各地の紛争に介入している。 グレナダ侵攻の際はを行わなかった。 ではで事実を一部捏造し本格的介入に踏み込んで行った。 核兵器の製造競争などもあり、大統領の時にソ連との間で が起こるなど、の危機もたびたび発生した。 中に「自由と民主主義の保護」の理念を掲げたが、国益追求もひとつの目的でもあった。 実力行使で理念と矛盾する事態すら引き起こし、ベトナムへの介入は西側、東側諸国を問わずに大きな非難を呼び、国内世論の分裂を招いた。 「反共産主義」であるという理由だけでや諸国をはじめとする世界の右派軍事独裁政府への支援や軍人に対してもので「」の訓練を行った。 こうして育てられた各国の軍人は母国でを起こし、母国民に対して政治的不安定とをもたらす結果となっていった。 同時に、大戦の後遺症に苦しむ西欧諸国や、、(政府)など同盟国への支援と安全保障の提供は、経済成長をもたらす一因ともなって東側との大きな生活水準格差を生み出し、のちにの原動力のひとつになった。 人種差別と公民権運動 [ ] 「国家」を標榜するアメリカであったが、1862年の奴隷解放宣言以降や後に至っても南部を中心にによるが法律で認められ、一部の州では結婚も禁止する国家でもあった。 1967年まで16州で白人が非白人と結婚するのを禁じていたが、アメリカ最高裁判所が異人種間結婚を否定する法律を憲法違反と判断した。 1960年代にはこのような状態に抗議するを中心としたなどが、法の上での差別撤廃を訴えるを行った結果、1964年7月に大統領の下で (人種・宗教・性・出身国による差別禁止)が制定された。 しかしその後も差別撤廃のための法的制度の整備は進んだものの、現在に至るまで系移民およびその子孫が人口の大半を占め、社会的少数者のや移民、非系移民とその子孫(、、など)などの少数民族に対する人種差別問題は解消していない()。 それは就職の際の格差などから、警察官が人種の相違を理由に不公平な扱いをしたといった問題としてのような大きな事件の原因となることすらある。 アフリカ人へのや先住民虐殺の国家的行為に基づく歴史的事実については、としてはいまだに謝罪をしていない。 人権擁護団体「」によると、2009年にという初のアフリカ系大統領が誕生して以降、ヨーロッパ系白人の非白人種に対する反発が強くなり、人種偏見に基づくとみられる事件が増加および過激化しており 、南部では共和党員の約半数が異人種間結婚(白人と非白人の結婚)は違法にするべきと世論調査会社「パブリック・ポリシー」の調査に回答している。 貿易赤字と単独主義 [ ] 以降の原油の値上がりによって基幹産業のひとつである産業などが大きな影響を受け、1970年代以降は日本などの先進工業国との貿易赤字に悩ませられることとなる。 1980年代に入ると、日本とのが表面化し、労働者がハンマーで日本製品を壊すという現象も生まれた。 近年は、に対する貿易赤字が膨張しているほか 、などへの技能職の流出が問題となっている。 1989年の終結と1991年のによって、唯一のとして「世界の警察(globocop)」と呼ばれ 、冷戦後の世界はとも呼ばれるようになった。 冷戦時代から引き続いて、日本、韓国、、ドイツなど国外の戦略的に重要な地域に を維持し続け、1989年には、1990年にはと各国の紛争や戦争に介入した。 パナマ侵攻は国連での手続きもないアメリカ単独の武力侵攻のため、国連総会は軍事介入を強く遺憾とする決議を採択した。 経済がグローバル化し冷戦時代に軍事用として開発された・ITが民間に開放され、流行した。 1992年からのの大統領政権下では、 と呼ばれるほどの空前の好景気を謳歌した。 テロとの戦い [ ] 跡地に建設された 21世紀に入って間もなく、に発生した を境に「」を宣言して世界の情勢は劇的に変化し、各国間の関係にも大きな変化が起こるきっかけとなった。 同年、大統領は、テロを引き起こしたをかくまった政権を攻撃するため、10月に を開始した。 イラク戦争 [ ] 2002年には、、をと呼び、2003年3月には、イラクを保有を理由に に踏み切ったが、大量破壊兵器は見つからず「石油を狙った侵略行為」と批判する声があがった。 ジョージ・W・ブッシュ大統領はイラクの大量破壊兵器保有の情報が誤りであったことを認めた。 2005年には、テロ対策を目的に連邦情報機関が大統領令に基づき、具体的な法令的根拠・なしに国内での・等の監視が可能となり、アメリカで事業展開する通信機器メーカーはすべて製品にこれを実現する機能を具備することが義務付けられている(詳しくは)。 を受賞したの元南アフリカ聖公会大主教は、イラク戦争開戦の責任を問い、ジョージ・W・ブッシュ大統領と元英国首相をアフリカとアジアの指導者たちと同様に裁くために提訴するよう呼び掛けている。 一極支配の弱まりと現在 [ ] 第45代 (、在任: - ) 2009年に「変革」と「国際協調」を訴えた大統領が就任した。 オバマは人種差別のさらなる解決や国民皆保険の整備、などの政策を通じた金融危機、環境問題、国際情勢の改善に積極的に取り組むことを表明した。 オバマが「アメリカは世界の警察をやめる」と宣言してからは 、やとのなどといった問題が起きている。 2017年、地帯における、従来は民主党の支持層であった白人労働者の支持を受けるなどして、「AMERICA FIRST(アメリカ第一)」、「Make America Great Again(アメリカを再び大国に)」といったスローガンを掲げて、その並外れた言動から「暴言王」とも称された、実業家出身で政治経歴のない大統領が就任した。 トランプ政権は、(TPP)からの撤退表明、駐米国大使館のへの移転および同国首都としてのエルサレムの承認、への空爆、からの不法移民規制、(パリ協定)からの米国離脱宣言、からの離脱、からの離脱、やCIA()長官、などの相次ぐ政府高官人事の交代、(北朝鮮)の第3代最高指導者である委員長との史上初のの開催など、内政・外交面ともにさまざまな課題に直面している。 政治 [ ] 「」および「」も参照 各州が独自のを設置し独自の州とを有する。 は全州にわたって効力を有するものとして上位に位置するものではあるが、が歴史的に尊重されていたこともあり、各州法の地位は高い。 により、連邦法を制定することができる分野は、国家としての対外的な規律に関わる問題や、州をまたぐ通商に関連する事項等に限定されていることから、なども州法において規定されている。 これらの影響により現在もがところにより残っている。 訴訟社会 [ ] 社会としても知られ、国内にが100万人もおり 、人口比では日本の25倍になる。 アメリカ人自身からも行き過ぎによる弊害がたびたび指摘され、いわゆるはその代表例として有名になった。 これは国民が多文化・多宗教の混合であるため、共通する価値判断基準が法律以外にないからだという意見がある。 日本では制限されている弁護士の宣伝広告活動が認められていることから、弁護士本人が出演するCMがテレビで放送されることもある。 営業活動に熱心な弁護士を揶揄するアンビュランス・チェイサー(事故で負傷者が出ると、搬送先の病院で賠償請求訴訟を起こすよう勧めるため救急車を追いかける弁護士の意)というスラングがある。 法の下の平等 [ ] 「」および「」も参照 には「すべての人民は法のもとに平等である」と謳われており、すべての国民は国家との法的権利義務において等しく扱われ、人種、信条、性別によって不当な扱いを受けないという原則を示している。 この原則はに端的に現れている。 しかし実際のところ、女性、黒人奴隷およびが真のを勝ち取ったのは建国から200年近くも後のことである。 アメリカ合衆国でが認められたのは1920年であり、アフリカ系アメリカ人と先住民族が法のもとにほかの人種と同等の権利を保証されるようになるまでには20世紀半ばのの勃興を待たねばならなかった。 19世紀後半以降にアメリカ合衆国への移民が増加するに従い、以外の移民を制限するための法律が連邦議会で次々に可決された。 1882年に中国人(当時の国名は)の移民を禁止するが制定され、1924年には日本で「」として知られているが制定されて、新たに移民できる外国人の数を合衆国内にすでに居住している同じ人種の人口によって決めることで、実質的にアジアとおよびからの移民を制限した。 連邦レベルで移民の人種的制限が完全に撤廃されたのは1965年のにおいてである。 第二次世界大戦が勃発すると、米国西海岸に居住するは米国の市民権を持つアメリカ人であるにもかかわらず「敵性外国人」としてを剥奪され、に送られた(詳しくはを参照)。 同じ理由から、アメリカの影響下にあった13か国の日系人もアメリカに強制連行された。 この一連の強制収容により多くの日系人が財産や生活の基盤を失い、戦後7年が過ぎた1952年のの施行まで市民権は回復されなかった。 「自由の国」を自称しているとはいえ、上記のように法の上でのが近年まで残っていたうえ、現在も人種差別はあらゆる場面にみられる。 ピューリタニズム・の考えの影響から性に関する問題には厳しいところもあり、州によってはやが認められておらず、刑罰の対象となる場合もある。 を合法化すべきかどうか、制度を認めるかどうかなどの点で宗教的価値観などの多様性を背景とした国家レベルでの議論が繰り返されている。 警察 [ ] 「」も参照 アメリカ合衆国の経済において、は最大の産業、基幹産業、あるいは主要な産業であるとの検証可能性を示さない伝聞情報が広く流布されているが、アメリカ合衆国政府が公開している経済統計や財政統計を検証すると事実ではない。 軍需産業はほかの産業と異なり、軍隊が唯一の消費者であり、社会全体を消費者とする産業と比較すると市場規模は限定される。 軍需産業は高度な付加価値の素材や部品や機器やシステムを統合する産業であり、科学技術と素材や部品や機器やシステム産業の基盤がないと成り立たない産業である。 軍需産業に対する発注はアメリカ合衆国の経済や社会の状況と国際情勢と軍事政策に影響され、軍が望む予算や武器の購入は連邦議会で審議され、連邦議会が承認して可決し大統領が署名した予算分だけしか発注されない。 に参戦して大規模な軍拡をし、GDPに対する軍事費の比率は、1918年は8. への参戦を想定しイギリスとソ連に武器を供給した1941年はGDPに対する軍事費の比率は5. 第二次世界大戦終結後は大規模な軍縮をしたが、体制になり、GDPに対する軍事費の比率は第二次世界大戦以前の状態には減少せず、軍事費の比率が大きい状態が継続した。 朝鮮戦争に介入して軍拡し、1953年のGDPに対する軍事費の比率は14. 停戦後の1954年 - 1960年は軍縮をしたが、冷戦初期の軍拡競争が激しい時代で、GDPに対する軍事費の比率は13. に介入して軍拡して、GDPに対する軍事費の比率は1961年 - 1968年は9. 1969年以後はベトナムからの軍の撤退が進み大規模な軍縮をして、ベトナムから全軍撤退した1974年にはGDPに対する軍事費の比率は5. 1980年代は冷戦時代最後の米ソ軍拡競争になり、1986年にはGDPに対する軍事費の比率は6. 冷戦終結後は大規模な軍縮をして、GDPに対する軍事費の比率は著しく減少した。 1998年 - 2000年のGDPに対する軍事費の比率は第二次世界大戦後では最小の3. 2002年以後はアフガニスタンとイラクでの戦争のために軍拡をして、GDPに対する軍事費の比率は2008年には4. 第二次世界大戦後から2009年現在にいたるまで、アメリカ合衆国の経済を構成する産業の多様化と、政府の行政サービスの多様化の結果、GDPと連邦政府支出に対する軍事費の比率と、経済に対する軍需産業の比率は、単年度や数年間の増減はあっても、第二次世界大戦時をピークとして長期的には減少傾向が継続し、今後も継続すると予想されている。 国際関係 [ ] 詳細は「」、「」、および「」を参照 アメリカは経済、政治、軍事において膨大な影響力を保持しており、その外交方針は世界的な関心を集める。 本部はに置かれ、国連における議決機関の常任理事国として強い権限を握る。 ほかにおもな加盟機関として、、、があり、構成国でもある。 親密な関係を有する国としてはや、、、、、()、および加盟国があり、中でもイギリスとは「」と呼ばれる強固な絆で結ばれ、軍事上やの情報、技術共有も行われている。 以前は、に代表されるような政策だったが、米西戦争以後は、後発帝国主義国として外国への軍事介入や傀儡政権を樹立して間接支配する外交政策を繰り返した。 20世紀初期から第二次世界大戦までの期間に、、、、、、に軍事介入し、メキシコ以外の前記の諸国に傀儡政権を樹立した。 第二次世界大戦後は戦勝国となったうえに国土にほとんど被害を受けなかったこともあり、大戦後に起きた冷戦において、を盟主とする共産主義陣営に対抗する、やなどの資本主義陣営の事実上の盟主的存在として、「自由と民主主義の保護」の名のもと、やなど世界各地の紛争に介入している。 冷戦中は「」またはアメリカ合衆国の外交に協力的という理由で、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、などの各国に傀儡政権を樹立または軍政や王政やその他の独裁政権を支援した。 アメリカ合衆国が樹立し間接支配していた傀儡政権は、革命や民主化運動により崩壊が続き、1990年のチリの大統領の辞職を最後にすべて崩壊した。 においては、1947年のと1948年のイスラエル建国以後、やイスラエル系の影響力からの戦争や武力行使による民間人殺傷や占領を正当化または黙認し、中東の文化圏の国民から反米感情をもたれるようになった。 1989年の冷戦終結と1991年の後は、唯一の「」となり、強大な軍事力を背景にや、など、各国の紛争や戦争に積極的に派兵し、その当事国となった。 1979年のイスラム革命後の、1991年の湾岸戦争後のなどの中東のイスラム系国家を対立視することが多いことから、イスラム系国家の国民から多くの反発を買うことになった。 テロ支援国家 [ ] 詳細は「」を参照 一般に、と言えばにより発表されている「Patterns of Global Terrorism」に記されている、、を指す。 そのほかにはや、がかつてテロ支援国家に指定されていたが、は2006年に、北朝鮮は2008年に、キューバは2015年にそれぞれ指定を解除された。 実はアメリカ自身も積極的にテロリストを支援している国家と言われる。 アメリカによるテロ支援は、おもに(CIA)により秘密裏に実施されていると言われ、実際にCIAによりテロ活動の教育を受けたという報告もある。 冷戦時代のアメリカは、、、などでおもに闘争を行う軍事組織に対しての直接的または間接的な支援を実施していた。 特にでの支援は有名であり、1986年にのスキャンダルが発覚した。 また、皮肉にも1980年代ににて合衆国のCIAがアフガニスタンに侵攻したとの戦いを支援していたの1人が、2001年9月11日にを実行したテロ組織の司令官、であった。 冷戦終結後もアメリカの経済的な利益を目的として、、、、などで、反米政権に対するの支援などが行われたという説がある。 クーデターではないが旧東欧圏の「」には米国が積極的に関与したと言われる。 日本との関係 [ ] 詳細は「」、「」、および「」を参照 いわゆる「黒船来航」で始まった日米関係は日本が鎖国から脱する端緒ともなった。 明治維新を経た日本は生糸の輸出を中心に米国との経済関係を深めたが、20世紀に入ると黄禍論の高まりや中国大陸での権益をめぐって日米関係は次第に冷え込み、最終的に太平洋戦争で総力戦を戦った。 日本の敗戦後、米ソ冷戦を背景に日米同盟が結ばれ、政治・経済・軍事・文化など多方面でおもに米国主導の密接な関係を築いている。 日米交流の始まり [ ] 1797年(寛政9年)にとで傭船契約を結んだアメリカの船の多くは、から日本に向けて出航した。 そして、1799年にが解散してもなお、日米貿易は1808年(文化6年)まで続いた。 ただし、その日米貿易は日本ととの関係に配慮した特殊なものであった。 アメリカ船が長崎に入港する際は、1795年に滅亡したオランダ()の国旗を掲げてオランダ船を装うよう、すでに雇い主を失っていたオランダ商館から要請された。 日本に向けられたアメリカ船は次の通り。 1797年、ウィリアム・ロバート・スチュアート船長のイライザ号。 1798年、同上。 1799年、ジェームズ・デブロー船長のフランクリン号。 1800年、ウィリアム・V・ハッチングス船長のマサチューセッツ号。 1800年、ウィリアム・ロバート・スチュアート船長のエンペラー・オブ・ジャパン号。 1801年、ミッシェル・ガードナー・ダービー船長のマーガレット号。 1802年、ジョージ・スティルス船長のサミュエル・スミス。 1803年、ジェームズ・マクニール船長のレベッカ号。 1803年、ウィリアム・ロバート・スチュアート船長のナガサキ号。 1806年、ヘンリー・リーラー船長のアメリカ号。 1807年、ジョセフ・オカイン船長のエクリブス号。 1807年、ジョン・デビッドソン船長のマウント・バーノン号。 1809年、ジェームズ・マクニール船長のアメリカレベッカ号。 黒船来航と国交樹立 [ ] に日本でを起こすきっかけのひとつとなった、1854年2月のアメリカ海軍の率いる「」の来航を経て、同年3月にを締結し正式なを樹立した。 その後、1859年6月にを結んだことにより、両国間の本格的な通商関係も開始された。 1871年12月から翌年7月まで特命全権大使・「」が、アメリカ大陸を「」、「」を使って横断している。 そのおもなルートは港-------港であり、当時の様子が、「」に克明に記されている (一部イラスト有)。 緊密化と開戦 [ ] その後20世紀に入り、のあとの1905年9月に行われた締結時の仲介などを経て、両国間においての貿易、投資や人事的交流が急増するなどその関係を深める。 時には、イギリスなどとともに連合国同士としてドイツに対してともに戦った。 しかしその後アメリカでは、急速にその存在感を増す日本に対しての、に対する的感情を元にした警戒感が強まった。 1930年代に行われた日本の進出政策に対するフランクリン・D・ルーズヴェルト政権による反発や、勃発後の1940年6月にフランスのがと休戦したことに伴い、日本軍がに進出したことに対して不快感を示し、同政権が対日禁輸政策を取るなどその関係は急速に冷え込んだ。 アメリカ国務省のは日中が泥沼の戦いを続けることがアメリカの利益だと述べている。 アメリカもフィリピンを武力で植民地化していたが、日本に対して中国大陸に保有するすべての権益放棄と最終的な撤兵を要求するによって両国関係は修復不能になり、日本を開戦に追い込んだ。 現地時間1941年12月7日ににより行われたのにあるアメリカ軍基地に対する攻撃、いわゆる「」以降、日米両国はとに別かれ敵対関係になり、において戦火を交えることになった。 日米安全保障体制の構築 [ ] 1945年8月の日本の連合国に対する敗戦に伴い連合国の主要な占領国として参加し、1951年9月に交わされたの発効までの間、イギリスやフランスなどの連合国とともに日本の占領統治を行った。 以降、2国間で日米安全保障条約を締結して旧ソ連や中華人民共和国などの軍事的脅威に対して共同歩調をとり続けるなど、友好的な関係を築いている。 日本にとって、アメリカは安全保障条約を正式に結んでいる唯一の国でもある(アジアには体制が存在せず、中華民国や大韓民国などの中華人民共和国と北朝鮮を除く各国が個別に、アメリカと安全保障条約関係を締結している)。 冷戦後の日米関係 [ ] 冷戦が終結した現在も日米関係は国際政治や経済活動において米国の強い主導化のもとに、両国間の貿易や投資活動はその規模の大きさから両国経済だけでなく世界経済に大きな影響力を持つ。 2006年10月に発生したにおける対応や、同国によるでもある程度共同歩調をとっているが、アメリカの北朝鮮への援助が北朝鮮の核保有後も繰り返されている。 2007年7月30日、アメリカ合衆国議会は、日本政府によってにされたとする者への謝罪や歴史的責任などを要求するとしたを出している。 日本は韓国や中国に対する賠償問題はすべて解決済みとの立場であり、応じていない。 日本の常任理事国入り [ ] ジャーナリストのは元首相との対談の中で、が日本の常任理事国入りを可能にする案を提示しなかったため、事実上これによって日本の常任理事国入りは潰されたと述べた。 一方で国際問題評論家のは、アメリカは日本一国だけの常任理事国入りを支持していたが日本に加えドイツ、ブラジル、インドも常任理事国入りするG4案は安保理全体の大幅拡大が前提となるため、これに否定的なアメリカが反対したのは明白だったはずで、この小泉内閣の誤算がアメリカの支援を失ったと指摘している。 日本への100兆円規模の拠出要求 [ ] 総理大臣はアメリカ政府から、による資金不足に対応するため、日本がアメリカのために100兆円規模の資金を拠出するように要求されていたが、理不尽な要求として拒否した。 在沖縄海兵隊のグアム移転 [ ] 米軍海兵隊のグアム移転経費の日本側負担額について、アメリカは2006年に合意した28億ドルの1. 5倍にあたる42億ドルを要求。 また、アメリカが負担することで合意していた米軍関連施設の一部の建設費約820億円を日本が負担するよう要求している。 移転経費について日本側は、移転する海兵隊が8,000人から4,000人に半減することから難色を示していたが、2012年4月に両政府は条件つきながら28億ドルとすることで合意した。 原発ゼロ政策への圧力 [ ] 2012年9月5日、2030年代に原発ゼロを目指す政府方針を説明した駐米大使に対し、のポネマン副長官は「日本の主権を尊重する」としながらも「くれぐれも外圧と取られないように注意してほしい。 この協議はきわめて機密性の高いものだ」と発言。 翌6日には(NSC)のフロマン補佐官が藤崎大使に対し、「エネルギー政策をどのように変えるかは、日本の主権的な判断の問題だ」としながらも「プルトニウムの蓄積は、国際安全保障のリスクにつながる」と強い懸念を表明するなど、アメリカ側は原発ゼロ政策の閣議決定回避へ圧力を強めた。 19日、政府は原発ゼロ政策の閣議決定を見送った。 日本共産党はアメリカの日本の原発政策に対する各種言動を内政干渉と強く批判している。 問題点 [ ] 日米安全保障体制のもとで日本が自主に消極的であったことや、冷戦時代にアメリカが起こしたベトナム戦争や、存在しないイラクの大量破壊兵器保有を理由に開戦したなどにおいて、やなどの日本国内のが出撃基地として利用されてきたこと、日本国内のアメリカ軍基地周辺において兵士による日本人女性に対するや、殺人事件が多発しているが、により日本側に被疑者の身柄の拘束を最初に行うことが拒否されるケースがあることなどから、日米関係に対する批判も存在する。 現在、地位協定の改善に向けて協議が進んでいる。 外務事務次官・駐米大使を歴任したはアメリカの日本に対する在日米軍負担要求について、米軍の沖縄駐留はすべてアメリカ側都合で決定したものであるため筋違いであると述べている。 地理 [ ] 詳細は「」を参照 アメリカ合衆国は本土の48州と、飛び州のとの2州、連邦直属の首都から構成される。 さらに、海外領土として、、、などがある。 国土面積はおよそ930 - 960万km 2とされ、日本(37. 8万km 2)の約25倍の規模である。 統計によって数値に揺らぎがあるのは、おおむね水域の処理の仕方に起因するものである。 その他の大国と比較すると、ロシア、カナダに次ぐ面積であり、とは拮抗している。 すなわち世界で第3位もしくは第4位の面積を有するということになる。 本土はの中央部と北西にあり、東側は、南側をと合衆国、西側を、そして北側をで囲まれる。 北側に隣接するとは、北緯49度線、とで国境線が引かれ、カナダを挟んで北西にさらに進むと飛び地としてがある。 南側はを介してと接する。 大陸の東側に南北に、大陸の西寄りには南北にがあり、山岳地帯となっている。 アパラチア山脈とロッキー山脈の間は大平原になっており、農業や牧畜業が盛んである。 大陸の南東端にはがある。 北西部のとの国境地域にはと呼ばれる湖がある。 アパラチア山脈の東側は、、などの都市があり人口集中地帯になっている。 ロッキー山脈の西側の太平洋沿岸にも、、などの大都市がある。 沿岸にはやなどの大都市があるが、大陸の中西部には大都市が比較的少ない。 9 (8月) 24. 8 (8月) 5. 0 (7月) 17. 2 (7月) 14. 9 (7月) 12. 5 (7月) 18. 9 (8月) 18. 2 (9月) 28. 3 (7月) 21. 0 (8月) 33. 2 (7,8月) 39 (7月) 34. 9 (7月) 26. 1 (7月) 23. 0 (7月) 21. 6 (7月) 23. 2 (7月) 23. 3 (7月) 24. 5 (7月) 最寒月 23. 0 (1,2月) 21. 1 (1月) 4. 9 (12月) 10. 1 (1月) 8. 2 (12月) 14. 0 (12月) 8. 3 (12月) 10. 9 (12月) 13. 3 (1月) mm 最多月 74. 3 (12月) 349. 0 (11月) 26. 6 (8月) 55. 2 (7月) 37. 4 (6月) 531. 8 (10月) 169. 2 (11月) 105. 8 (2月) 55. 9 (1月) 90. 6 (2月) 19. 3 (2月) 9. 9 (1月) 26. 9 3月) 51. 6 (4月) 59. 0 5月) 105. 2 (6月) 109. 7 7月) 123. 2 (8月) 122. 3 (6月) 最少月 6. 2 (6月) 184. 6 (6月) 3. 2 (2月) 7. 4 (7月) 12. 4 (2月) 160. 4 (6月) 16. 7 (7月) 0. 1 (7月) 0. 1 (8月) 0. 3 (8月) 2. 1 (6月) 0. 8 (5月) 0. 6 (6月) 17. 9 (8月) 12. 4 1月) 15. 1 (2月) 17. 1 2月) 44. 3 (1月) 21. 1 (7月) 25. 7 (7月) 24. 2 (7月) 27. 8 (7月) 29. 8 (7月) 29. 1 (7月) 28. 2 (7,8月) 28. 2 (7,8月) 28. 9 (8月) 26. 6 (7月) 26. 8 (7月) 26. 6 (7月) 26. 6 (7月) 22. 8 (7月) 21. 8 (7月) 25. 3 (7月) 23. 1 (7月) 21. 1 (7月) 18. 7 (1月) 3. 5 (1月) 8. 2 (1月) 11. 8 (1月) 11. 6 (1月) 16. 1 (1月) 20. 1 (1月) 3. 6 (1月) 6. 3 (1月) 5. 6 (1月) 2. 5 (1月) 1. 1 (1月) mm 最多月 89. 9 6月) 50. 0 2月) 133. 4 (6月) 122. 2 6月) 115. 9 (5月) 157. 2 (6月) 154. 2 (11月) 192. 1 (6月) 248. 3 (6月) 139. 5 (5月) 136. 0 (7月) 108. 6 (8月) 101. 2 (5月) 110. 3 (6月) 103. 6 (11月) 111. 4 (7月) 113. 9 (3月) 102. 8 (10月) 105. 0 (7月) 最少月 27. 6 (1月) 57. 0 (2月) 62. 7 (2月) 34. 3 (1月) 47. 7 8月) 78. 2 (2月) 93. 5 8月) 55. 0 (2月) 43. 0 (1月) 77. 5 (10月) 83. 7 (10月) 75. 4 (5月) 63. 8 (2月) 57. 9 10月) 63. 1 2月) 67. 8 (2月) 78. 8 (2月) 59. 8 (2月) 54. 5 (2月) アメリカの気候は広い国土のためにきわめて多様である。 最北部がに属するは、年間を通じて冷涼な気候である。 ほぼ全域がに属し、にはのが分布するが、南岸部は暖流の影響でも見られる。 一方、上の諸島であるは温暖な気候で、ビーチリゾートとして人気がある。 本土では、北東部から北にかけてが占め、冬は寒いが、夏はかなり暑い。 東部から中央部はだが、周辺や、との国境部では暑くなる日も多い。 や南岸はアメリカの平野部でもっとも降雪量が多いが、日本の日本海側と比べるとかなり少ない。 南東部から南部はで、フロリダ南端ではが見られる。 西部は一般的に乾燥していてが広く見られ、国境付近ではが確認できる。 さらに、太平洋岸南部はだが、太平洋岸北部へ進むとアラスカ南東端と同じくとなる。 自然災害には、岸の集中豪雨、メキシコ湾岸と岸南部の、中央部の平原に多い、カリフォルニア州の地震、の夏の終わりのと、や東海岸のなどがある。 アメリカ中西部〜南部からメキシコ湾沿岸にかけての地域は、北極からの寒気を遮る山脈がないため、緯度のわりに猛烈な冷え込みを記録することがあり、普段は温暖なフロリダ半島北部やメキシコ湾沿岸地域でも氷点下まで下がることも珍しくない。 自然環境 [ ] 1782年以後、米国の国鳥である アメリカ合衆国では、在来種だけで約1万7,000種の植物が確認されており、だけで5,000種の植物が現存する。 世界でもっとも高い木()、もっとも大きな木()、もっとも古い木()は同州に存在する。 動物界では400種以上の哺乳類、700種以上の鳥類、500種以上の爬虫両生類、9万種以上の昆虫が確認されている。 でと、でとつながっているため、ととは同じ種や近縁の種を共有している。 は低地の生物にとって流動の障害となっており、ロッキー山脈の東と西では異なる種の動植物が分布する。 から北極圏にまたがる国土のため、アメリカは多様な動植物相を持つ。 とカリフォルニア州は世界的なのホットスポットである。 しかし、西部開拓期以降には農場開発など人間の営為の障害となる生物を駆除していったためにアメリカバイソンやオオカミなど多くの種が絶滅の危機に瀕することなった。 、は駆除の結果絶滅した。 約6,500種のが作為的あるいは非作為的に持ち込まれて帰化しており 、少数の的外来種が固有の動植物の生存を脅かし、甚大な経済的被害をもたらしている。 自然保護 [ ] は、アメリカ合衆国の自然破壊と自然保護の象徴的動物である。 白人移住前は6,000万頭いた個体数も西部開拓期に駆除され、1875年には1,000頭にまで減少した。 以降、保護の対象となり国立公園で個体数を回復した。 2016年には「国獣」とされた アメリカにおける動植物の保護の歴史は長い。 1872年にが世界初の国立公園に制定されて以来、連邦政府は57の国立公園とその他の国有地を保護してきた。 一部の地域では、人の影響を受けていない環境を長期的に保存するために保護区としてのが指定されている。 連邦政府は国土の28. 1973年には固有の動植物と生息地を保護するためにが制定された。 この法律に従って絶滅危惧種と絶滅危機種の現状を観察し、種の存続に不可欠な生息地を保護する機関が魚類野生生物局(The )である。 個々の州も独自に種と生態系の保全を行っており、連邦と州の協力を促す制度も存在する。 魚類野生生物局や、森林局などを統括するは大統領に任命されるため、生態系の保全も行政のほかの部門と同じく政権の優先事項に大きく左右される。 2007年現在、アメリカ合衆国のの消費によるの排出量はに次いで世界第2位である が、国民1人あたりの排出量は依然として世界第1位である。 地方行政区分 [ ] 2011年の米国の輸出品目。 米国は世界第2位の輸出国である 大きな経済規模を持ち、その技術開発力と生産力、消費力で世界経済を引っ張る存在である反面、アメリカ文化が資本主義社会の基本である「・大量消費」の側面を強く持っており、ほかの先進国と比べても1人あたりの資源消費量が格段に大きいこともあり、「や問題の深刻化をもたらした」などと批判されることも多い。 アメリカの環境問題と環境状況と環境政策と歴史についてはを参照。 や航空機、、などの開発および販売数は世界トップクラスで、その消費量の多さのため世界中の企業が進出している。 これらの企業が上場するは世界最大の取引高を誇っており、世界経済に与える影響力は非常に大きいものである。 アメリカの経済問題と経済状況と経済政策と歴史についてはを参照。 アメリカ合衆国の軍需産業・軍需経済・軍事政策の関連性と歴史と国の経済に対する比率や影響力についてはを参照。 1981年に大統領となったは、インフレの抑制、減税による投資促進、の促進などにより、経済の供給サイドの強化を図る「」を行った。 抑制は前政権から続いていたマネーサプライに照準を合わせたにより成果をあげたものの、国防費の増大と大幅減税により財政収支が悪化、そして高金利からドルレートが上昇し、経常収支の赤字が拡大した()。 金融が緩和する過程で株価は上昇をはじめがブームとなったが、により株高経済はいったん調整した。 1990年代は、日本の経済が長期低迷に陥り、「」と呼ばれたのとは対照的に、アメリカ経済は非常に良好なパフォーマンスを示すようになり、「」と呼ばれた。 低インフレと高成長を両立し、労働生産性も上昇したことから、アメリカ経済は新たな局面に入ったと言われた。 1991年3月の景気の谷のあと、2001年3月まで10年にわたって景気拡大を続け、世界経済の牽引役となった。 2000年代の初期に入ると、の崩壊によって、好調だったアメリカ経済は減速する。 2001年9月11日には同時多発テロが発生し、アメリカ経済の減速に拍車をかけた。 1980年代から続いている資産膨張を背景にした消費増大はアメリカ経済の根幹となり2007年夏ごろまで安定した成長を続けていたが、問題を発端に、不動産価格の下落から深刻なが起きた。 アメリカ国内の経済も深刻な打撃を受け、2009年にはが経営破綻し、失業率が10パーセントを記録するなど依然厳しい経済状況が続いた。 交通 [ ] のは、米国ならびに自由、民主主義および機会の理想の象徴である アメリカ合衆国はもともと先住民族であるが住んでいた土地に、16世紀からはからの植民者が、17 - 19世紀にはによりからの黒人が、19世紀からはからの移民が入ってきて、さらに人種間で混血が起こったため「」と呼ばれてきたが、実際には異人種が融け合って生活する社会が形成されるよりも、「」と称されるアフリカ系アメリカ人居住地域やが代表するように、むしろ人種による住み分けが起きていることから、近年ではアメリカ合衆国を色々な野菜が入ったサラダに例えて「人種のサラダボウル」と呼ぶことが多くなった。 こうした中で人種差別問題、特にと呼ばれる人種差別主義者による凶悪犯罪が頻繁に発生し、大きな社会問題となっているほか、や中西部を中心になどの人種差別的な団体がいまだ半ば公然と活動している地域も存在する。 の執行率がに比べて極端に高いなど、裁判制度の不公平性も問題となっている。 現在も合法違法を問わず移民が多いことに加え、アメリカの合計特殊出生率は2. 0 - 2. 1前後で横ばいに推移しており非常に安定している。 2005年度のは2. 05と先進国の中ではトップクラスである(移民層の出生率が2. 71と高いが、アメリカ合衆国で生まれた女性の出生率も1. 98、白人女性に限っても1. 85と先進国の中では高い )。 この値は日本の1. 43(2017年)の約1. 4倍である。 以上のことから、人口は自然増、社会増双方の要因により増加し続けている。 2006年には総人口が3億人を超えたと公式に発表された。 人種 [ ] 人種・民族 2013年 人種別: 白人 77. 2010年の人口統計によると、(系、系、系、系、)72. アメリカはであるために系が多いと思われがちだが、もっとも多いのは(17. スコットランド系やウェールズ系なども含めたは13. 歴代大統領にはイングランド系(など多数)以外にスコットランド系(など)、アイルランド系()やドイツ系(など多数)とオランダ系()、そして()が就任している。 いずれにせよ高位政治家のルーツは西欧プロテスタントに集中しており、アジア系、ラテン系、スラブ系、ユダヤ系、ネイティブ・アメリカン系の家系を自身の主要なアイデンティティとして持つ大統領はいまだ誕生していない。 また、以前のは14. 言語 [ ] 詳細は「」および「 ()」を参照• ()82. アメリカ合衆国には法で定められたはないが、建国の歴史から()が事実上の国語となっている。 英語を母語としない国民でもたいていは英語を日常的に使用している。 高齢者を除き、基本的な英語の知識は取得の必須条件である。 長年にわたる先住民のの結果、先住民の言語を話せる人口は非常に少なくなっており、十分な保護政策も取られておらず、多くが消滅の危機に瀕している。 アメリカ人の中には英語を連邦の正式な公用語とすることを希望する者が多く、現在30州が英語を公用語に指定している。 ニューメキシコ、ルイジアナ、メイン、ハワイの4州では行政上英語以外の言語が事実上の第二言語とされている。 では州憲法によりと英語が公用語とされており、とではが行政上の第二言語である。 合衆国加入当時からスペイン(メキシコ)系住民の多いは常にスペイン語を非公式な第二公用語としてきた。 の話者は英語に次いで多く、特に、、、などと隣接する地域ややなどの大都市では日常的に用いられており、国内でもっとも学習者の多い外国語でもある。 近年増加傾向にある中南米スペイン語諸国からの移民であるには、英語を不自由なく喋ることのできない者も多いため、のやのなどではスペイン語が選択できるようになっているものも多い。 2008年のセンサス による人口予測では、2050年にはヒスパニックの人口は1億3,300万人となり、全人口の3割に達する見込みである。 英語以外の言語を州の公用語として認めるかどうかは、単に文化的問題に留まらず州の公文書をその言語で作成する必要があるかどうかという財政的側面があり、選挙でしばしば取り上げられる問題である。 スペイン語話者が多い州 ( )内は州人口比 アメリカセンサス2004年による• (43. 4 非キリスト教の宗教 5. 8 22. 1 無回答 0. キリスト教信仰者の比率は、1990年調査時の86. は18. は全人口の4分の1程度とされる。 も参照。 は国教の制定を禁じている。 しかし、大統領就任式の際にを手に宣誓を行うなど(これまでの大統領がすべてキリスト教徒であったためであり、現在は信ずる宗教によって宣誓の対象を選ぶことが可能である)、米国社会ではキリスト教、特にプロテスタントの存在が非常に大きい。 歴代大統領はカトリックであったケネディを除き、全員がプロテスタントである。 宗教的な理由からを否定する者が多く、「公立校で進化論を教えるならも合わせて教えるべき」とするキリスト教系宗教団体が州の教育委員会を相手取り論争を起こした例が数件ある。 教育 [ ] 「」も参照 合衆国の犯罪発生率は、地域、州によって大きく異なる。 たとえば、凶暴犯罪(殺人、強姦、強盗、加重暴行)の2002年時点の発生件数をみると、人口10万人あたりの合衆国平均は495人だが、州ごとの分布はノースダコタ州の78人から、コロンビア特別区の1,633人まで、20倍以上のばらつきがある。 日本やイギリス、ドイツなどのほかの先進諸国と比べて、都市部、地方にかかわらずやによるが蔓延しているイメージがあるが、統計的にこれは誤りである。 により民間人ものために銃の使用が許可されている国(ただし、この条項は民兵の武装を認めているだけで、ごく普通の一般市民の武装について言及しているわけではないという学説もある)とはいえ、街中に銃砲店が普通にあり比較的簡単に銃を、そしてスーパーマーケットでも実弾が購入できるという現実は「」を助長させている。 歴史的な経緯から(NRA)は強力な政治的発言力を持つ事実上の圧力団体であり、銃規制につながる立法を再三阻止している。 過去数度にわたり何人もの大統領が銃によって暗殺されているほか、銃犯罪による死者の数が、2000年以降に限っても毎年年間1万人を大きく超えるなど、世界でも例を見ない「銃犯罪大国」である。 成年者による銃犯罪だけでなく、やにおいて生徒が銃を乱射し死傷者を出す事件が毎年のように発生する事態を招いている。 このため銃を購入できる年齢を18歳から21歳に引き上げたり、一部の学校では校舎に入る際に金属探知機による保安検査を行ったりしている。 しかし、それでもやなど学内における銃乱射事件は防ぎきれていない。 幼い子供が家族の所有する、安全装置を解除された銃で遊んでいるうちに誤って自分や友人、家族を撃ち殺してしまう事故も後を絶たない。 の抗争による殺人事件や人種差別を元にした殺人事件も多く発生するほか、外国人客や駐在員、などが犯罪に巻き込まれ死亡するケースが毎年のように起きているなど、銃による脅威を受けるのは一時滞在の外国人も例外ではないため、観光客の誘致にも悪影響を与えている。 近年では家庭内における暴力的・性的な過激シーンを含む映画・漫画・ゲームなどが未成年の子供に悪影響を与えているとして規制しようという動きもある。 2008年現在、同国はを採択していない。 保健 [ ] 「」および「」も参照 米国人の平均寿命は2011年では78. 7歳であった。 人口1人あたりの保健支出、医薬品消費額はOECD各国中で1位であった。 低所得者層を中心に、の過剰摂取や運動不足、の知識の欠如によりになっている国民が先進国の中でもっとも多く(2003 - 2004年度には未成年の17. また米国ではを除いて、制度が実現されていない (政権時代にによって提案されたが立ち消えになった)。 国民の31. 高額の保険料は米国の国際競争力にも悪影響を及ぼしている。 しかし、オバマ大統領はを目指し、2010年に医療制度改革法案()が賛成多数で可決された。 これにより、アメリカの医療保険制度は歴史的転換点を迎えた。 所得格差・資産格差 [ ] 1947 - 2009年のおよび実質平均成長率 ほかの先進国と比べて、所得税、贈与税、相続税(遺産税)率の累進性やへの税率が低く、資産格差を拡大させている。 等価可処分所得を基にしたは0. 372(2004年、ルクセンブルク所得研究所調べ)で、主要先進国中最高である。 会社による入会審査の基準が緩く、しばしばなどを対象に強引な勧誘が行われていることもあり、クレジットカードを入手するのが非常に簡単である。 その結果、恒常的にカードローンに依存するが増えている。 逆に然るべき期間のカード利用歴(クレジット・ヒストリー、)がないと商取引で信用されず、いくら現金を持っていても住宅を購入する際などに融資を受けられないことがある。 日本と異なり、100ドル札といった高額紙幣の信用が低いため、現金決済よりもクレジットカード決済が好まれる傾向がある。 よって、信用が低い層は即時払いのを持つことが多い。 高度なであり、を達成できるごく少数の個人を除いて職業や収入、社会的地位は学歴に大きく依存する。 自治体の教育関係の予算は学区の税収と予算案に対する住民投票によって決定され、質の高い教育を提供できる教師の確保にも影響するため、の教育レベルは学区により大きな違いがあり、公立学校で良好な初・中等教育を受けるためには、都市圏の教育に関心が高い裕福層が住む地区に居住する必要がある。 の入学金・授業料は非常に高額で、入学には親の社会的地位や学歴、家柄、寄付金も選考要件となる。 低所得層の子女が私立学校に通学できるようにを支給している自治体もあるが、その効果は激しく議論されている。 このように、良好な教育を受ける機会は親の収入・資産に依存しており、所得・資産格差が学歴社会を通して次の世代の所得格差に受け継がれることになる。 アメリカ合衆国に対する批判 [ ] 大量消費、拝金主義、物質主義 [ ] 第二次世界大戦以前より今日まで、世界を席巻する主要な大衆消費"文化"の母国としてより強く認識されている。 大量に供給され短期間に消費される、、などの、、あるいはやなどの食品などに代表される 大量消費文化が、世界のどの国よりも支配的である。 すでに1830年代から、アメリカ合衆国は 的、 的な風潮が蔓延していると指摘されていた。 アメリカ人が高等教育まで進む場合、「金になる特別の対象にしか向かわない。 ニューヨーク連銀によると、2017年3月末の家計の債務残高は12兆7,250億ドルで、金融危機時の2008年9月末に記録した過去最高水準(12兆6,750億ドル)を500億ドル上回った。 学生ローン残高は3月末時点で1. 34兆ドルに達し、2008年から2倍に膨らんだ。 この事実はアメリカ合衆国の大量消費文化にまったく無関係であるというわけではなく、よくも悪くもアメリカ合衆国は借金文化の定着した国である。 (1892年 - 1967年)は、『The Left Bank』(1931年)において、米国の物質主義から逃避するために国外移住をはかる物語を描いた。 は1975年に『』を出版したが、この本は「アメリカ人の生活にある諸相の中でも消費者主義と物質主義に対する抗議」だったと評されている。 アメリカ合衆国において1980年代以降、かつてないほどに低俗な商業主義()が蔓延していることを、ジョン・カーペンターは1988年の映画『』において戯画的に描いて批判した。 米国の物質主義、拝金主義、は、他国にもさまざまな悪影響を及ぼしている。 たとえば近年においては、国内において禁煙運動が進みの消費量が減ったことから、アメリカのタバコ製造会社が、タバコ規制が緩かったの旧社会主義国や、、などのを中心とした市場開拓を積極的に行っていることや、などの大手衣類メーカーが製造コスト低減のために、同じく発展途上国において未成年の労働者を安価に大量に酷使していたことなどが大きな批判を浴びている。 米国の大衆消費文化、拝金主義、物質主義は、世界中の多くの国でしばしば「 低俗」あるいは「 画一的」として嫌悪されている。 の作家、 ()は『 ()』(1900)において、キャリバンによって象徴される物質主義的なアメリカ合衆国文明を批判し、アリエルによって象徴される精神主義的なラテンアメリカ文明を対置して描いてみせた。 ロドーの「アリエル主義」は瞬く間にラテンアメリカの青年層の広い支持を集めた。 ただし、他国でもやはり拝金主義や物質主義的な考え方に染まった者も多く、そういった論者は「米国の大量消費文化は、よくも悪くも経済活動と密接につながっているため、各国において消費意欲を喚起し、その結果アメリカ経済ひいては各国の経済を牽引する存在となっている」などと、もっぱら経済面・金銭面にだけ着目し、好意的な論調で語ることも多かった。 ただし、2000年を過ぎ、問題、などによって米国流の資本主義、拝金主義がその内部に根本的な欺瞞や問題を抱えていたことが露見し、それが他国民にも深刻な被害をもたらすことが明らかになって以降は、米国流の拝金主義・物質主義を手放しに好意的に扱う論調はかなり減った。 グローバル化の指導役 [ ] アメリカ合衆国は、終結以降急速に進んだを牽引した国としても知られている。 このことに対する批判として、他国の持っていた独自の文化や高いモラルをアメリカ型の資本主義システムが駆逐してしまった、それまでが少なかった国に貧富の差が拡大した、文化面やテクノロジーの面などで画一化が進んだなどがある。 また、グローバル化の一種の到達点ともいえる(TPP)の問題は、関係国に大きな波紋を呼んでいる。 しかし、2017年1月23日にのは、TPPから離脱する大統領令に署名した。 文化 [ ] 詳細は「 ()」を参照 先住民の文化 [ ] 先住民はしばしば開拓者や建国初期のアメリカ人が新大陸で生き延びるのに多大な貢献をしてきた。 、スクァント()、酋長、らはアメリカの建国神話に欠かせない存在である。 初期の開拓者の男性たちは、未知の土地で生存するためにしばしば先住民のサバイバルの知恵を身につけた。 彼らの中には先住民の女性を妻とした者が少なくなく、結果として多くのアメリカ人が先住民の血を引いている。 アメリカの重要な作物である、や、は先住民族が昔から栽培していたものである。 現代の防寒着やパーカはのイヌイットやの防寒着を元にしており、やは現在でも先住民族の使っていたもののデザインを忠実に受け継いでいる。 大平原の先住民族の伝統的な携帯のは世界各国の南極探検隊にも採用された。 のドナルド・A・グリンド・ジュニア博士(Donald A. Grinde Jr. )をはじめとする歴史学者らは、アメリカ合衆国の民主制度はの民主制度がモデルとなっていると主張している。 先住民族はしばしばアメリカのロマンティックなシンボルとして用いられてきた。 先住民族に由来する名前は、アメリカの地名や野生動物の名称によく見られる。 の()というは先住民の言葉を政治に好んで用いた。 近年になって差別的という意見が大多数を占めるまでは、大学や高校などがスポーツチームのマスコットに先住民族のキャラクターを採用することも珍しくなかった。 しかし先住民族の存在が国家の利益の障害であると見なされると、彼らの人権は近代化の名のもとに踏みにじられてきた。 1960年代に入り、を通して人種差別に対する国民の意識が高まり、やに対する関心が高まってようやく、先住民族の文化が再評価されるようになった。 食文化 [ ] 詳細は「」を参照 世界の料理 [ ] アメリカの国民は先住民のほか、世界各国からの移民とその子孫によって構成されているため、都市部では世界各国の料理やそれらをアメリカ風にアレンジしたものを気軽に楽しむことが可能である。 や、()などが非常にポピュラーなものとして日常的に楽しまれているほか、1980年代以降はやをはじめとするが都市部を中心に人気を博しており、日本料理のレストランで食すことができるだけでなく、などでや、などの食材を調達することも可能である。 ファストフード [ ] 高度にマニュアル化されたファストフードチェーンにより提供されるや、などのや、などのが安価かつ手軽な事実上の「国民食」として広く食されているものの、脂肪分や塩分、糖分の多さなどから上記のように低所得者層を中心にやなどの原因となっており、これらのチェーン店の従業員の低賃金と合わせて深刻な社会問題となっている。 菜食主義 [ ] 社会的、宗教的および的な理由からを奨励する運動は19世紀から存在したが、1960年代に環境主義やへの関心が国内で高まるのと同時に菜食主義への関心もかつてない高まりを見せた。 普通米国でベジタリアンというと卵と乳製品は摂るを指すことが多いが、中には動物性の食品を一切摂らないもいる。 ベジタリアンはとに比較的多く、中西部やには比較的少ない。 ベジタリアンの人口は都市部に集中している。 ベジタリアンが多い地域では、ベジタリアン向けの料理をメニューに明記しているレストランやベジタリアン料理専門のレストランも見られる。 有機食品 [ ] 近年、ほかの先進国と同じくアメリカ合衆国でもへの関心が高まっている。 2005年の有機食品の総売上は128億ドルを計上した。 有機農法を用いている農地の増加率はアメリカが世界一である。 文学 [ ]• - 『』(1819年 - 1820年)• - 『』(1826年)• - 『』(1841年)• - 『』(1845年)• - 『』(1850年)• - 『』(1851年)• - 『』(1852年)• - 『』(1868)、『』(1869)、『』(1871)、『』(1886)• - 『』(1886)、『(セーラ・クルー)』(1888)• - 『』(1912年)、『』「1915年)• - 『(少女ポリアンナ)』(1913)、『(ポリアンナの青春)』(1915• - 『』(1963年)• - 『』(1876年)、『』(1885年)• - 『』(1925年)• - 『』(1929年)、『』(1936年)• - 『』(1929年)、『』(1954年)• - 『』(1930年)• - 『』(1939年)• - 『』(1948年)• - 『』(1949)• - 『』(1950年)• - 『』(1951年)• - 『』(1953年)• - 『』(1956年)• - 『』(1956年)• - 『』(1957年)• - 『』(1958年)• - 『』(1959年)、『』(1966年)• - 『』(1959年)• - 『』(1959年)• - 『』(1960年)• - 『』(1966年)• - 『』(1966年)• - 『』(1967年)• - 『』(1968年)• - 『』(1969年)• - 『』(1970年)• - 『』(1974年)、『』(1977年)、『』(1982年)• - 『()』(1976年)• - 『』(1978年)• - 『』(1979年)• - 『』(1981年)• - 『』(1984年)• - 『』(1985年)• - 『』(1990年) 漫画 [ ] 詳細は「」を参照 アメリカの漫画文化は1980年代以降、とくに新聞連載漫画( newspaper strip)、コミックブック( main stream comics)、オルタナティブ・コミック( alternative comics)という三つの分野において顕著な発展を見せた。 新聞連載漫画の分野では、ぬいぐるみのトラと少年の物語を描いた『』()、犬のと飼い主の少年を中心とした日常物語を描いた『』()、成長する家族の物語を描いた『』()、怠け者の社員とその企業を皮肉めいて描き起こした『』()などが人気を博した。 コミックブックの分野では『』()や『』『』(ともに)、『』()といった作品が広く読者の支持を集め、個人出版や小出版社によるオルタナティブ・コミックの『』()、『』()などの作品とともにアメリカのみならず広く世界へ浸透していった。 哲学 [ ] 詳細は「」を参照 植民地時代においてはが多く入植したための伝統が強く、また建国に際しての説などのヨーロッパのが理論的背景となったため、哲学においてもこの両潮流の影響を強く受けている。 独立運動時代の18世紀にはの『』(1776年)や『』(1791年)など的な社会思想が発達した。 19世紀にはや隠遁者、らのと、、、らの哲学がおもな潮流となり、特にウィリアム・ジェームズの『』は日本のの初期西田哲学(『』)に大きな影響を与えている。 20世紀以降はアメリカ合衆国の世界的地位向上とともに多種多様なが発達したが、とりわけ20世紀後半には『』(1971年)で社会契約を再び基礎づけたリベラル派のや、ロールズらリベラル派に対抗してを唱えたコミュニタリアン派のらがを繰り広げた。 そのほかにも、『』(1974年)でロールズの『正義論』を批判したらの(自由至上主義)の伝統もある。 音楽 [ ] 詳細は「」を参照 が創始したによる長編アニメーション映画が世界的に有名で、過去には世界のアニメーターの多くに影響を与えた。 ほかにも、米国製テレビアニメーションのや、は日本でもテレビ放映されている。 ウォルトの死後、長い低迷期を経験したディズニーであったが、1980年後半から1990年代にかけて『』や『』など、アニメーション映画が相次いで商業的成功を収め、世間と評論家の関心を取り戻した。 これはと呼ばれる。 1995年にがディズニーと共同製作し、世界初の長編フルCGアニメーション映画となった『』以降は、を使用したアニメーションが増加し、今日では手書きアニメーションに代わって主流となっている。 世界遺産 [ ] 詳細は「」を参照 アメリカ合衆国国内には、のリストに登録されたが9件、が12件、が1件存在する。 祝祭日 [ ] アメリカ合衆国の祝祭日は、州によって異なる。 下記はもっとも一般的な祝祭日を記載したものである。 日本における祝祭日と比べると、必ずしもすべての祝祭日が休日となるとは限らない傾向にある。 日付 日本語表記 現地語表記 備考 1月1日 New Year's Day 新しい年の始まりを祝う日 1月第3月曜日 Martin Luther King, Jr. Day の指導者のの誕生日(1月15日) 翌年の 1月20日 Inauguration Day の就任式。 4年に一度。 ワシントンD. とメリーランド州およびバージニア州の一部の郡の連邦政府職員のうち大統領就任式に関係しない者は混雑(交通渋滞)を避けるために休日となる。 1月20日が日曜日である場合は翌21日が休日となる。 2月第3月曜日 President's Day 昔の大統領、特にやを称える日。 公式名称は「ワシントンの誕生日 Washington's Birthday 」(2月22日)。 5月最終月曜日 Memorial Day 戦死した軍人を追悼する日。 伝統的に夏の始まりを示す。 7月4日 Independence Day 慣用:「 the 4th of July」 連合13州による全会一致の宣言(通称)を採択した日 9月第1月曜日 Labor Day 労働者の功績を称える日。 伝統的に夏の終わりを示す。 10月第2月曜日 Columbus Day アメリカに「到達」したを称える日。 コロンブスがアメリカ大陸に到着した日(10月12日)にちなむ。 11月11日 Veterans Day アメリカのために働いた軍人を称える日。 を終結させた休戦条約の締結記念日(休戦記念日)。 11月第4木曜日 Thanksgiving Day 秋の収穫に感謝する日。 伝統的に休暇シーズンの冬始まりを示す。 12月25日 Christmas 伝統的にの誕生日とされている日。 イエスの生誕を祝う日。 冬期休暇の初日を祝う日でもある。 スポーツ [ ] 詳細は「」を参照 スポーツマンをアメリカ社会の()と捉える国民性(も参照)もさることながら、多くの地域で学生スポーツにおいて季節ごとに行うスポーツを変えるシーズン制が定着していることなどから、国民がさまざまなスポーツに触れる機会が非常に多くなっており、アメリカ合衆国は世界最大のスポーツ大国となっている [ ]。 産業に占めるの割合も高いため、複数の大規模なリーグが共存・繁栄している世界的にも稀な国である [ ]。 アメリカ国内発祥のスポーツが大衆的人気を得ているのが特徴で、、、、は伝統的に4大スポーツと呼ばれている。 ただ、の人気はアイスホッケーをすでに逆転しており 、アイスホッケーに取って代わり、サッカーを4大スポーツのひとつとする意見も主流になりつつある。 はアメリカンフットボール以外のスポーツをテレビ視聴者数で上回るなど、大いに盛り上がる。 主要なプロリーグは観客動員・収益共に莫大な数字であり、スター選手は高額の年俸を手にしている [ ]。 日程上、常に少なくとも1つのリーグがオンシーズンになっているため、年間を通してスポーツ熱が高い [ ]。 (特にと)もプロリーグに勝るとも劣らない人気がある。 アメリカンフットボール [ ] 詳細は「」を参照 アメリカでは単にフットボールと呼称するのが一般的である [ ]。 全米では野球やバスケットボールなどよりも人気を得ているスポーツである。 プロリーグであるは、レギュラーシーズンの1試合平均観客動員数が6万7,000人を超えており 、 世界のあらゆるプロスポーツリーグの中でもっとも収益が多い [ ]。 リーグ優勝決定戦であるはアメリカ最大のスポーツイベントであり、 毎年テレビ番組の年間最高視聴率を記録している [ ]。 大学リーグであるも 非常に人気が高い [ ]。 2012年のの世論調査によると、カレッジフットボールのファンと回答した者の割合は、プロ野球やプロバスケットボールを上回る。 アメリカ社会では、スポーツマンを主とした「人気者の男性」を総称するの象徴たるスポーツである [ ]。 野球 [ ] 伝統的に「国民的娯楽」と称されており [ ]、1970年ごろにアメリカンフットボールに一番人気スポーツの座を譲ったものの 、バスケットボールとともに高い人気を得ている競技である。 プロリーグとして最上位に位置する(MLB)は、レギュラーシーズンの観客動員数が約7,500万人である。 バスケットボール [ ] プロリーグであるは、1980年代にやなどの活躍もあり 急速に人気が高まり [ ]、その後のの時代に 全盛期を迎えた [ ]。 1990年代には、、がNBA入りしジョーダン引退後の新たな時代を予感させた。 2000年代には、がNBA入りしキングことレブロンの時代が始まった。 レブロンは2019年に35歳となるため次のスター出現に期待されている。 また、レブロンの息子ブロニー・ジェームズが高校バスケで奮闘中である。 アメリカンフットボールに次いで2番目に人気のあるスポーツである。 大学スポーツであるカレッジバスケットボールもNBAに勝るとも劣らない人気がある [ ]。 3月から開催されるは 全米中の注目を集め [ ]、いわゆる「3月の狂乱」(March Madness)と呼ばれている。 サッカー [ ] かつてはサッカー不毛の地と揶揄されることもあったが [ ] [ ]、2017年のやの世論調査によると 、アメリカンフットボール、バスケットボール、野球に次いで、4番目に人気のあるスポーツである。 若年層や中年層の間ではすでに野球を超えており 、2018年1月8日にスポーツコラムニストのフィリップ・ボンディ(英語: Filip Bondy)は「サッカーが近い将来に3番目の人気スポーツになる」と主張した。 競技人口は2,400万人を超えており、に次いで世界で2番目に多い国である。 を開催しており、 大会史上最高の観客動員数を記録した [ ]。 1996年からプロリーグである(MLS)を開始し、 徐々に規模を拡大している [ ]。 は、アメリカ戦のテレビ視聴者数はやを大幅に上回ることもある。 は女子の代表チームで もっとも成功しているチームである [ ]。 で史上最多4回の優勝、で金メダルを史上最多4回獲得している [ ]。 また2026年にはカナダ、メキシコとともにの共同開催国となる [ ]。 アイスホッケー [ ] プロリーグであるは、やアメリカの一部の州では人気が高いものの、全米規模でほかのメジャー競技と比較した場合、人気の面で大きく劣るのが現状である。 NHLの選手に占めるアメリカ人の割合は2割程度と非常に低く、カナダ人や欧州出身者が大半を占める。 リーグ優勝決定戦である・ファイナルの視聴率も2012年には最高3%台に留まっており、のや、の大会より低い水準である。 その他 [ ] は 歴史的に夏季と冬季のどちらも人気が高い [ ]。 2012年のは、NFLとともにもっとも視聴率の高いコンテンツであった。 ()や(・ )、(や)、、なども人気が高い [ ]。 反面、、など、を中心に 世界の広い地域で人気の高いスポーツが大衆的人気を得ていないのが特徴である [ ]。 やといった発祥のチームスポーツは 全般的にマイナースポーツの地位に甘んじている [ ]。 も非常に盛んで、の 生産頭数は世界一である [ ]。 とくにや(BC)は 有名である [ ](詳しくはを参照)。 ハワイ州と西海岸を中心にの 人気も高い [ ]。 特にカリフォルニアには良質の波がたつポイントも多く、多くのサーフィンインダストリーが点在している [ ]。 メディア [ ] 詳細は「」および「 ()」を参照 は約1,500紙が発行されている。 一般的には地方紙が好まれるが、地方紙の地元記事以外の内容は大手新聞から購入したものが多い。 全国紙としては(227万部)、(206万部)が部数競争を繰り広げている。 影響力の大きい新聞としては(112万部)、(69万部)、ウォール・ストリート・ジャーナルの3紙があげられる。 1985年の総発行部数は約6,000万部、2006年が5,000万部である。 人口1,000人あたりの普及率は約270部で、これは先進国では最低レベルである。 、、の3大ネットワークはそれぞれニュース制作に特化した子会社を有し、プライムタイムに放送されるニュース番組に非常に力を入れている。 現在は視聴率の高い順に、、となっている。 などの報道特集番組も人気がある。 インターネット [ ] 「」、「」、「」、および「」も参照 軍や軍需産業による先端技術開発への投資が活発なほか、大学などの研究機関が行う各種研究に対しての企業による寄付なども盛んに行われていることから、先端技術や種々の学問においては世界的に見て1、2を争うものが多い。 前後、ユダヤ人であるために迫害を受けた(など)、あるいは祖国が戦火で荒廃した(など)などの理由でヨーロッパの科学者や技術者が多くアメリカに移住したため、戦後はアメリカがヨーロッパに取って代わり世界の先端的な科学技術や学問の中心になった面もある。 アメリカの大衆・大量消費文化や、先端的な医療、軍事、航空宇宙、情報・通信(IT)などのテクノロジーは、保有する基礎科学・応用科学の力に支えられて実現しているものであり、現代の科学技術文明を牽引する主要な国家であることは特筆すべきことであろう。 アメリカはに加盟しているが、の分野以外では()が広く用いられている。 ヤード・ポンド法を現在も使用している国は、とアメリカだけである。 政権下の1975年にメートル法移行法()が可決されたが、政権が発足すると移行政策は頓挫した。 市販される商品のパッケージなどには、ヤード・ポンド法との並記が普通に行われている。 航空分野などのアメリカが強い力を持つ産業分野では、国際的にもヤード・ポンド法を用いて計量することが多い。 また温度に関してもではなくを用いることが一般的である。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 外務省 Ministry of Foreign Affairs of Japan• The New York Times Guide to Essential Knowledge, Second Edition:A Desk Reference for the Curious Mind. Martin's Press. 2007. 632. Onuf, Peter S. 1983. The Origins of the Federal Republic:Jurisdictional Controversies in the United States, 1775—1787. Philadelphia: University of Pennsylvania Press. Adams, J. ;Strother-Adams, Pearlie 2001. Dealing with Diversity. International Monetary Fund 2014年10月. 2014年11月2日閲覧。 CBS News. 2009年2月11日. 2013年4月23日閲覧。 Alliance for American Manufacturing 2013年. 2012年10月13日時点のよりアーカイブ。 2013年3月12日閲覧。 Dr Nan Tian; Alexandra Kuimova; Dr Aude Fleurant; Pieter D. Wezeman; Siemon T. Wezeman 2019-04 PDF. Report. : STOCKHOLM INTERNATIONAL PEACE RESEARCH INSTITUTE(ストックホルム国際平和研究所). 2020年2月18日閲覧。. Research Trends. 2014年3月16日閲覧。 Open Access Week. 2014年3月16日閲覧。 European Patent Office. 2014年3月16日閲覧。 Greene, Jack P. ;Pole, J. , eds. 2008. A Companion to the American Revolution. 352—361. Bender, Thomas 2006. Carlisle, Rodney P. ; Golson, J. Geoffrey 2007. Turning Points in History Series. ABC-CLIO. 238. Africans in America. Boston, MA: WGBH. 2013年3月26日閲覧。 Britannica Educational Publishing 2009. Wallenfeldt, Jeffrey H.. America at War. Rosen Publishing Group. 264. White, Donald W. 1996年. Yale University Press. 2013年3月26日閲覧。 Maddison, Angus 2006年. The Netherlands: The Groningen Growth and Development Centre, Economics Department of the University of Groningen. 2008年11月6日閲覧。 Tony Judt; Denis Lacorne June 4, 2005. Palgrave Macmillan. Richard J. Samuels December 21, 2005. SAGE Publications. 666. Paul R. Pillar January 1, 2001. Brookings Institution Press. Gabe T. Wang January 1, 2006. University Press of America. 179. DIANE Publishing. Akis Kalaitzidis; Gregory W. Streich 2011. ABC-CLIO. 313. USA Today. Associated Press Washington, D. 2007年4月24日. 2008年11月30日閲覧。 DeLear, Byron July 4, 2013 "Historians have long tried to pinpoint exactly when the name 'United States of America' was first used and by whom. A new find suggests the man might have been George Washington himself. " Christian Science Monitor Boston, MA. "To the inhabitants of Virginia," by A PLANTER. Dixon and Hunter's — April 6, 1776, Williamsburg, Virginia. Letter is also included in 's American Archives Vol. Carter, Rusty 2012年8月18日. 2012年8月22日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年4月30日閲覧。 DeLear, Byron August 16, 2012. Christian Science Monitor Boston, MA. Princeton University 2004年. 2004年8月5日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年4月30日閲覧。 National Archives. 2007年6月20日閲覧。 Mary Mostert 2005. CTR Publishing, Inc. Doug Brokenshire Stanford University 1996. Caxton Press. 孫 建軍「アメリカの漢字表記「米国」の成立をめぐって」『国際基督教大学学報、III-A, アジア文化研究』第25巻、1999年3月30日、 143-167頁、。 Zimmer, Benjamin 2005年11月24日. University of Pennsylvania—Language Log. 2013年1月5日閲覧。 Emerson, The Universalist Quarterly and General Review, Vol. 28 Jan. 1891 , p. 49, quoted in Zimmer paper above. Wilson, Kenneth G. 1993. The Columbia Guide to Standard American English. New York:Columbia University Press, pp. 27—28. 『知られざる日本占領 ウィロビー回顧録』延禎監訳、番町書房、1973年• 外務省 2010年6月• AFP, 2009年08月13日• 週刊金曜日ニュース、2014年5月19日• 2011年11月6日, at the. クリスチャン・サイエンス・モニター、2008年11月24日 [ ]• NewslogUsa,マクレーン末子、April 26, 2011• ADR JAPAN• Dept. of Justice, Bureau of Justice Statistics 2006年5月. 2011年12月7日閲覧。 [USGOVERMENTSPENDING. [USGOVERMENTSPENDING. 1 OUTLAYS BY SUPERFUNCTION AND FUNCTION 1940 〜 2014 2009年5月21日閲覧]• 2 OUTLAYS BY FUNCTION AND SUBFUNCTION:1962 〜 2014 Continued 2009年5月21日閲覧]• 久米邦武 編『米欧回覧実記・1』田中 彰 校注、岩波書店(岩波文庫)1996年• 須藤眞志 ハルノートを書いた男 文藝春秋、1999年、68頁。 2013年5月15日, at the. SAFETY JAPAN 2006年12月5日• 浜田和幸 「大恐慌」以後の世界 光文社、2008年、228頁。 asahi. com 朝日新聞社. 2012年4月19日. の2012年6月11日時点におけるアーカイブ。 東京新聞 中日新聞社. 2012年10月20日. の2012年10月21日時点におけるアーカイブ。 しんぶん赤旗 日本共産党. 2012年9月25日. 村田良平 『村田良平回想録 下巻』 ミネルヴァ書房、2008年、124頁。 NOAA 1981—2010 US Climate Normals NOAA. NOAA. 2011年7月25日閲覧。 Morse, Larry E. , et al, , Our Living Resources, U. Department of the Interior, URL accessed 14 June 2006. (2006年9月25日時点の)• National Biological Service, , URL accessed 14 June 2006. (2006年9月23日時点の)• Raven, Peter H. Berg. Environment, 5th Edition. , Hoboken, NJ, US. National Park Service, , National Park Service News release 28 February 2006 , URL accessed 13 June 2006. Republican Study Committee, , 19 May 2005 , URL accessed 13 June 2006. Vidal, John, and David Adam 2007年6月19日. Guardian. 2007年6月27日閲覧。 World Heritage. UNESCO. 2011年10月20日閲覧。 Census Bureau. 2014年6月27日閲覧。 Census Bureau. 59 pages. 2006年10月16日閲覧。 2010年1月6日, at the. 2007年7月5日, at the. Article XV Section 4, 7 November 1978. , Statistical Abstract of the United States:page 47:Table 47:Languages Spoken at Home by Language:2003• , MLA Fall 2002. US Census Press Release• 2019年4月21日閲覧。 2012年3月5日. 2012年3月5日閲覧。 [ ]• OECD. 2013-11-21. Ogden CL, Carroll MD, Curtin LR, McDowell MA, Tabak CJ, Flegal KM 2006. JAMA 295 13 : 1549—55. ロイター. 2010年3月22日. 2010年3月23日閲覧。 「」「」の項を参照• 著、松本礼二訳『アメリカのデモクラシー』 第一巻 3章 2005年• Hilton, Matthew. "Consumers and the State Since the Second World War. " The ANNALS of the American Academy of Political and Social Science 611, no. 66 2007 :66-81. BBCニュース. BBC 2017年1月24日. 2018年1月19日閲覧。 2007年7月22日, at the. "How Many Vegetarians Are Vegetarian? ", Vegetarian Journal, 2006, Issue Four• Organic World 2007年現在• 622• 1970年代における米国映画産業復活の諸要因に関する一考察 2020年5月20日閲覧。 Carter Vaughn Findley; John Alexander Rothney January 1, 2011. Cengage Learning. Belmont and Belcourt Biographies September 1, 2012. Price World Publishing. Kurt Badenhausen 2016年12月17日. JAPAN. 2020年3月14日閲覧。 Greg Wyshynski Puck DaddyJune 14, 2016 2017年9月18日閲覧。 sankeibiz. jp 2014年7月5日閲覧。 日経ビジネス電子版 2016年7月22日. 2020年3月14日閲覧。 DIAMOND ONLINE. 2017年4月11日. 2020年3月14日閲覧。 com 2018年1月16日閲覧。 bloomberg. com 2015年5月26日閲覧。 ESPN. com 2013年2月18日閲覧。 Gallup. com 2013年2月18日閲覧。 2013年5月13日, at the. Gallup. com December 29, 2008. 2013年2月18日閲覧。 MSN産経ニュース. 共同通信 産経デジタル. 2012年10月5日. の2012年10月5日時点におけるアーカイブ。 Forbes. com 2018年1月16日閲覧。 fifa. com 2014年7月4日閲覧。 businessweek. com 2014年7月4日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 アメリカ合衆国に関連する および があります。 に関連の辞書項目があります。

次の

Twitterでいきなり通話を受けると出てクリックしたらアメリカ合衆国...

アメリカ合衆国 から 電話

今は便利な世の中なので番号を検索しちゃえば大体目星がつきます。 ちょっとホッとしました。 その中で気になる回答がありました。 gmailの2段階承認の電話番号・・・ということはGoogle! よく見るとSMSのメッセージにGoogleから確認コードが二回来ていました。 しかし、このとき私はログアウトもログインもしていないのでこの確認コードがくるのはおかしいです。 ということは・・・ のっとり?!?! それしか考えられません。 危険な香りがしたのですぐさまGoogleアカウントのパスワードを変更しました。 【対処法】Googleアカウントのパスワード変更方法 Googleアカウントのパスワードを強化して不正アクセス防止しましょう。 GmailとかGoogleドキュメントとか取り扱っている方は強度の高いパスワードにされたほうがいいと思います。 へ飛ぶ 2. ログインとセキュリティをクリック 3. Google へのログインをクリック 4. パスワードをクリック 5. 新しいパスワードを入力します。 8文字以上と英数字記号大文字小文字全て使ったほうがいいでしょう。 自分でランダムに決めるのがベストですが、めんどくさい方は以下のサイトを利用してください。 パスワードを自動生成するツールです。 強度は最強、12文字で設定して生成しましょう。 そのまま生成されたものをつかうのもあれなので、生成されたものに自分で何文字か付け加えてセキュリティを強化させたほうがいいです。 生成したら、ちゃんとログインできるか一度ログアウトして確認しましょう。 新しいパスワードはどこかに控えておいてくださいね。 【対処法】Googleアカウントの2段階認証プロセス Googleアカウントが乗っ取られないように2段階認証プロセスを有効にしておきましょう。 通常のログインはアカウントIDとパスワードを入力すればログインできますが、2段階認証にしておけばパスワードを入力した後、Googleから自分の携帯端末に送られてくるコードを入力してログインできるという仕組みです。 こうすれば携帯端末がないとログインできないので不正利用を防ぐことができます。 へ飛ぶ 2. ログインとセキュリティをクリック 3. Google へのログインをクリック 4. 2 段階認証プロセスをクリック。 自分の携帯端末の電話番号を入力してテキストメッセージもしくは音声か選んで試すをクリック。 Googleから携帯端末にSMSで確認コードが届くので届いたコードを入力して次へ。 オンにするをクリックすれば2段階認証プロセスが有効になります。 これでログイン時にパスワードと確認コードが聞かれるようになります。 まとめ ログインした「最近使用した端末」を調べてみましたが自分の以外不審なものはありませんでしたが、怖いので今回パスワードと2段階認証プロセスを有効にしました。 みなさんも海外からの不審な着信があったときはまずは検索でしらべてみましょう。 そして、Googleのパスワードはなるべく強化しておきましょう。

次の