オランダ 入国 コロナ。 II.フィンランド政府による新型コロナウイルス感染対策措置

【重要】新型コロナウイルス対策(入国制限を設ける国等における入国拒否 事案の多発)

オランダ 入国 コロナ

政府公式および大使館サイト• オランダ政府公式サイトは• 駐日オランダ大使館は• 在オランダ日本国大使館は 現在の渡航状況 日本からオランダへの渡航について レベル3 渡航中止勧告 : どのような目的であれ渡航の自粛を要請しています。 3月19日以降、英国とEU加盟国の市民、シェンゲン協定加盟国の市民およびその家族、オランダでの滞在許可を有する外国人以外は原則として入国禁止となります。 オランダへの入国制限措置は幾度の延長を繰り返し6月末日までとしていましたが、7月1日より一部の欧州域外に限り入国制限を解除。 日本を含む14か国からの渡航が可能となりました。 渡航が認められる対象国は定期的に更新されますので、オランダへの渡航を計画している方は渡航前に最新情報をご確認ください。 現在、日本はオランダが定めるハイリスク領域から除外されています。 日本からの渡航者は健康診断書の提出と入国後14日間の自己隔離措置が不要となりますが、社会的距離の保持や公共交通機関利用時におけるマスク着用義務は渡航者も対象となります。 オランダ政府は入国するすべての方に対し、滞在地域で施行中の規制を遵守するよう要請しています。 7月1日より入国可能な欧州域外の国と地域• アルジェリア• オーストラリア• カナダ• ジョージア• モンテネグロ• モロッコ• ニュージーランド• ルワンダ• セルビア• チュニジア• ウルグアイ オランダから日本への渡航について 各航空会社は需要の減少と入国時の検疫体制の強化に伴い航空運航便について一部の運休や減便などを実施しています。 日本への入国に際して、日本政府はオランダを含む欧州52の国と地域を対象として入国制限に関する措置を実施しています。 詳しくはをご確認ください。 入国に関する最新情報 7月1日以降の行動制限について 7月1日より施行 ルッテ首相は市民に向けて会見を開き、7月1日以降も引き続き実施を求める防疫措置の内容を発表しました。 7月1日より施行される主な規制は以下の通りです。 映画館や飲食店、セレモニーホールなど席を固定した屋内外の施設は人数制限が撤廃されますが、今後利用する際は事前予約が必要となります。 屋外の飲食店では飛沫防止スクリーン等を設置することで1. 5メートルの社会的距離の保持が免除されます。 店舗、博物館、図書館、遊園地、動物園などは、1. 5メートルの社会的距離の保持を条件として人数制限なく営業が認められます。 マスク着用を前提としてバス、電車、路面電車、地下鉄の全ての座席の使用が認められます。 ナイトクラブやディスコなどのダンス施設は引き続き禁止となります。 可能な限りの社会的距離の保持を条件として屋内外における全てのスポーツ活動が認められます。 観客を動員する試合や競技会は予防措置の遵守を条件として開催が認められます。 その際、大声での応援や集団での歌唱は禁止となります。 公共交通機関を利用する13歳以上の全ての方は引き続きマスク着用義務の対象となります。 ルッテ首相は社会的距離の保持の必要性を強く訴え、屋内外で徹底することを求めています。 新型コロナウイルスに対する有効なワクチンや治療法が確立されるまでは継続して行うよう市民に対し要請しました。 【訂正】サマーホリデー期間中の自己隔離 日本からの渡航者は不要 6月16日配信 サマーホリデー期間中における自己隔離を日本からの渡航者に対し要請するとしていましたが、これを不要とすることを発表しました。 日本からの渡航者は検疫措置を義務付けるハイリスク領域から除外されており、健康診断書の提出と14日間の自己隔離措置は不要となっています。 しかし、6月15日からのサマーホリデー期間中に限り自己隔離を再度要請するとしていましたが、対象となるのはオランダ在住の方が他国へ渡航しオランダへ帰国する場合のみに変更されました。 なお、EU域外やシェンゲン域外のハイリスク地域より訪れる渡航者は、引き続き入国後14日間の自己隔離が求められます。 サマーホリデー期間中におけるオランダ入国時の隔離措置を発表 6月15日より施行 オランダ政府は会見を行い6月15日からのサマーホリデー期間中における新たな方針を発表。 日本を含む入国を制限している国からの渡航者に対し、オランダ入国後14日間の自己隔離を要請することを発表しました。 オランダ政府は5月29日より検疫措置を義務付けるハイリスク領域から日本を除外し、健康診断書の提出と14日間の自己隔離措置を不要とすることを発表しています。 防疫に関する各種制限措置を緩和 6月1日より施行 ルッテ首相は19日に会見を行い、6月1日より施行される制限緩和措置の具体的な内容を発表しました。 オランダでは新型コロナウイルスの防疫措置として各種の制限措置を導入しています。 ルッテ首相は先日6日に行った会見の中で、国内外の状況を慎重に見極めたうえで制限措置の緩和を進める方針を示しました。 6月1日より施行される主な緩和措置は以下の通りです。 レストラン等の飲食店は客数制限や営業時間など、条件付きで再開が許可されます。 映画館や劇場、美術館等は客数制限や営業時間などの条件付きで再開が認められます。 公共交通機関は必要な場合に限り利用するよう要請していますが、6月1日より13歳以上のすべての乗客にマスクの着用が義務付けられます。 ルッテ首相は「段階的な緩和措置は新型コロナウイルスの防疫に必要である」との見解を改めて示し、市民に対し理解を呼びかけました。 KLMオランダ航空がマスク着用を義務化 5月11日より施行 KLMオランダ航空は、5月11日より運航するすべてのフライトでフェイスマスクの着用を義務付けることを発表しました。 オランダと近隣諸国は新型コロナウイルスの防疫を目的として移動制限措置を5月より緩和することを発表。 新規感染者の増加防止策としてベルギーでは5月4日から、フランスでは5月11日から公共交通機関においてフェイスマスクの着用が義務化されました。 高速国際列車のユーロスターおよびタリスでも5月4日から乗客に対してマスクの着用を義務付けており、KLMオランダ航空もそれに伴う措置を導入しました。 この措置は8月31日まで実施されます。 使用するマスクは搭乗者自身で用意する必要があるとしてKLMオランダ航空は注意を呼び掛けています。 詳しい内容についてはをご確認ください。 制限措置の延長と一部緩和を発表 4月28日より施行 ルッテ首相は会見において、オランダ国内で導入されている新型コロナウイルスに対する制限措置の多くを5月19日まで延長すると発表。 その一方で4月28日より子供を対象とした措置は慎重に緩和する方針であることを4月21日の会見で明らかにしました。 現在オランダ国内では新規感染者数が減少し、ICUにおけるベッド占有率も減少に転じています。 その一方、医療現場では負担が増加しており、社会活動再開の基準と計画を示す必要があると述べました。 オランダ政府が東京の空港をハイリスク領域とすることを発表 4月17日配信 オランダ政府は国外からの渡航者に対し検疫措置を実施しています。 日本国民もオランダ入国の際は検疫の対象となりますが、東京におけるすべての空港を新型コロナウイルスのハイリスク領域として設定する方針を明らかにしました。 ハイリスク領域の空港から訪れる渡航者は搭乗前に健康診断書の提出とオランダ到着後に14日間の自己隔離が求められます。

次の

オランダ)日本を含む14か国からの渡航者に対する入国制限措置の解除(2020年7月1日~)

オランダ 入国 コロナ

増加している感染者数は、週次の数値になります。 すべての人が汚染の可能性についてテストされているわけではないためです。 2月26日までオランダでの 新型コロナウイルス感染者は、報告されていませんでしたが、27日にオランダで初の感染者について発表がありました。 KLMの中国便を停止するなどアジアからの感染対策をしてきたオランダですが、爆発的に感染者が増えたイアリア経由での感染者が続々と報告されています。 2月27日時点 1名 感染者が多数出ているイタリア北部ロンバルディア州から最近戻ったばかりのLoon op Zand ローン・オプ・ザント に住む56歳の男性で、ティルブルフの病院に入院し隔離されているとの事です。 日本語のニュースでは「オランダでコロナウイルスの感染者が出た」という事実のみですが、以下の英語サイト、オランダ語サイトで詳しく掲載があります。 ただ、オランダはじめヨーロッパでは、感染予防のためマスクをするという習慣がほとんどありません。 マスクをしていることで、職務質問を受けたという例もあるそうです。 日本と違いマスクを着用していることがかなり珍しい環境なので、アジア人である日本人がマスク着用していることでコロナ感染者かと恐れられてしまう可能性もあります。 また、マスクを普段つける習慣がないため、オランダのドラッグストアなどではなかなかマスクの取り扱いが見つからないかもしれません。 ただ、長引くコロナの影響で、オランダでもマスクをしている人を多く見かけるようになるなど変化がありました。 オランダの通販サイトでは日本のようなマスクの取り扱いもありました。 売り切れが増えてきているようです。 ヨーロッパ諸国で発表されているコロナウイルス感染情報 ヨーロッパ諸国ではコロナウイルスの感染者が多く発表されています。 イタリアが特に感染者と死亡者の数が多く、ヨーロッパ諸国も中国便の停止などしたものの、イタリア経由で感染者が増えているようです。 3月15日時点で感染者は 中国が8万844人、 イタリアが2万1157人、 イランが1万2729人、 韓国が8162人、 スペインが5753人、 フランスが4500人、 ドイツが3795人 となっており、上位7か国のうち4か国がヨーロッパ欧州となっています。 ヨーロッパではレストランや美術館、娯楽施設の閉鎖、外出制限など厳しい政策をしている国もあり、レストランが営業していないので食事が出来ない、観光施設が閉鎖しているなど、観光どころではない国が出てきています。 イタリア イタリアでは14日時点で感染者数2万1157人死者1441人を超えるなど、ヨーロッパ最大の新型コロナウイルスの感染国になっています。 イタリア政府は、全土で不要不急の外出を控えるよう求めているほか、生活に必要な物を取り扱う店を除いて、すべての商店の営業を禁止する異例の措置が出ています。 ヨーロッパ諸国からもイタリアへの渡航が禁止されるなどしています。 イタリアでは1月30日に、中国湖北省からイタリアに観光で訪れている中国人夫婦2人が、新型のコロナウイルスに感染していることを確認したと発表がされています。 その後、2月23日までに150人を超えるなど欧州最大の感染拡大がニュースになっています。 3月5日時点で3858人を超える感染者、 148人の死亡が報告されていました。

次の

新型コロナウイルス関連情報

オランダ 入国 コロナ

オランダ政府は、現在行われているEU・シェンゲン域外からオランダに来る渡航者に対する入国制限措置について、昨6月30日(火)に欧州理事会が共通の入国制限措置の解除対象国リストに基づいて入国制限を段階的に解除するよう関係国に対して勧告したことを受け、同リストに掲載された日本を含む14か国からの渡航者に対する入国制限措置を本日7月1日(水)付で解除することを決定しました。 7月1日(水)時点では、以下の14か国と中国がリストに掲載されています(中国については、中国側のEU市民の受け入れが条件)。 アルジェリア、オーストラリア、カナダ、ジョージア、日本、モンテネグロ、モロッコ、ニュージーランド、ルワンダ、セルビア、韓国、タイ、チュニジア、ウルグアイ 上記リストは、欧州理事会において、新型コロナウイルスの感染状況等を踏まえて2週間ごとに更新されるほか、急激に状況が変わった場合には速やかに変更されることになっており、今後の状況次第では、日本が再び入国制限措置の対象となる可能性もありますので、オランダに渡航される方は、渡航前に最新の情報を確認するようにしてください。 なお、日本の外務省は、現在もオランダを含む欧州地域への渡航に対して、感染症危険情報レベル3(渡航は止めてください。 (渡航中止勧告))を維持しておりますのでご留意ください。 また、日本からオランダに渡航する場合は、オランダ入国後に自己隔離等の検疫措置は特段要請されていませんが、オランダから日本に渡航する場合については、入国に際し、PCR検査と14日間の自己隔離が要請されております(7月1日(水)現在)。 2020. 2020. 22 ビザ申請• オススメ航空券•

次の