宇野 昌 磨 コーチ 不在 理由。 宇野昌磨がコーチ不在の3つの理由とは?山田満智子(樋口美穂子)コーチからの助言とは?

羽生結弦と宇野昌磨の4回転ジャンプの比較データにファンが啞然とした理由がとんでもなかった!!なぜ平昌五輪直前に羽生と昌磨のデータを比較しなければならなかったのか…#yuzuruhanyu

宇野 昌 磨 コーチ 不在 理由

11月1日から3日にかけて行われた、フィギュアスケートのグランプリシリーズ第3戦・フランス大会。 開幕前は、平昌五輪で銀メダルを獲得した宇野昌磨と、昨シーズンの世界選手権王者でアメリカ代表のネイサン・チェンの一騎打ちになると思われていたのだが……。 「宇野選手は、後半のフリーでジャンプのミスが響いてまさかの8位に終わり、シニア5年目で初めて、グランプリシリーズの表彰台を逃すこととなりました。 1位のネイサン選手には80点以上の差をつけられる完敗でしたね」(スポーツ紙記者) ショートプログラムで4位と出遅れ、巻き返しをねらう宇野はフリー演技の冒頭、今シーズン初めて4回転サルコウに挑んだ。 しかし、回転不足に加え、着氷ではバランスを崩す。 続く4回転フリップも手をつくミスとなり、トリプルアクセルも転倒してしまう。 後半も立て直せず、ミスが続いてしまう結果となった。 海外記者は「胸が張り裂けそう」 「演技の採点結果を待つキス・アンド・クライ。 本来であればコーチと選手が寄り添い、喜びや悲しみを分かち合うなか、宇野選手がひとり涙を浮かべながら結果を待つ姿が話題になりました。 羽生結弦はカナダ大会で2位の選手に59点差をつけ、堂々の優勝。 「第1戦のスケートアメリカからの3大会、女子は今季からシニアに上がったロシア選手がいずれも優勝。 カナダ大会に出場した紀平選手は会心の演技を披露したものの、やっと2位という状態です。 4回転を跳べるのが当たり前となっているロシア勢に勝つには、日本女子選手も4回転で応戦しなければ難しいでしょう」(同・スポーツ紙記者).

次の

宇野昌磨の筋肉がすごい!低身長の原因は遺伝と筋トレのやりすぎ?

宇野 昌 磨 コーチ 不在 理由

最近は振付も相談しながら2人で決めている。 一方の樋口コーチは、優しく微笑みながら次のように語った。 「昌磨も大人になってきたので、意見交換することが本当に多くなりました。 もともとはしゃべるタイプではなかったのですが。 今はすごく自分の意思がはっきりしてきましたね。 シニア1年目の世界選手権、あれがやっぱりよかったかなと(2016年の世界選手権はフリーで転倒などのミスがあり、7位に終わった)。 あの経験からはっきりと変わり、さらに昌磨を成長させたかなと感じてます。 自分の課題を見つけて、こうしたい、こうして行きたいと意見を言うようになりました」 そうして今では、振り付けについても2人で相談しながら作り上げているという。 「最近、振付師は私と昌磨です。 自分から『こうしたいんだけど、どう思う?』って感じで聞いてきます。 あの子は理屈っぽいところがあるんで、あれこれこうしたいと言ってくる。 私は『なるほどね。 でもちょっと変だからこうしよう』と伝えたり、『いいじゃん、それ』と取り入れたりもします。 それで一度、『昌磨さ、振付師できるかもね』って言ったら、『絶対無理です。 たぶん、自分のやりたいことばかりやってるから』って(笑)」 取材はリンクの横にある混雑したラウンジスペースで行ったのだが、樋口コーチが「ここで取材をするから」というと、子供たちは「いいよー」と言って、置いていた荷物を次々とどかしてくれた。 取材中もかまわずに、周囲を駆け回っている。 こうした家庭的な温かい環境があったからこそ、宇野は素直な心をそのままに、自身の才能を伸び伸びと花開かせることができたのだろう。 母性に包まれた宇野は、ある意味で無敵かもしれない。 山田コーチは宇野の性格について、こう見ている。 「昌磨は、あんまり人とベタベタするとか、上手に振舞ったりするのが得意ではない。 人と付き合うのは嫌いではないけれど、でもおべっか使ってまでは嫌みたいで、割とストレートですね。 でも向かってる先は間違ってないと私は思っています。 彼なりに今の素直な気持ちのままで行けば、人間的にきっといい方向に行くんじゃないかなと。 今の昌磨に関して、ここをちょっと直さなきゃ、っていうのはまったくないですね。 性格の面でも、練習に対しても、すべて、いいんじゃないかなっていうふうに思っています。 真央や佳菜子にも思っていたんですけど、昌磨も立派なスケーターというより、やっぱりみんなに愛されるスケーターになってほしいですね」 そして宇野と二人三脚で平昌五輪へと駆け抜けていく樋口コーチに、「今シーズンを楽しんでいますか」と聞くと、こう答えてくれた。 「楽しみたいな、と思っています。 楽しいと感じるときは、やっぱり気持ちよく滑ってくれてるときですね。 だいたい、気持ちよく滑ってるときって、ジャンプが跳べるんですよね。 こないだ(フランス杯)みたいなつらそうな滑り方してると、ジャンプも跳べないんで。

次の

宇野昌磨の筋肉がすごい!低身長の原因は遺伝と筋トレのやりすぎ?

宇野 昌 磨 コーチ 不在 理由

最近は振付も相談しながら2人で決めている。 一方の樋口コーチは、優しく微笑みながら次のように語った。 「昌磨も大人になってきたので、意見交換することが本当に多くなりました。 もともとはしゃべるタイプではなかったのですが。 今はすごく自分の意思がはっきりしてきましたね。 シニア1年目の世界選手権、あれがやっぱりよかったかなと(2016年の世界選手権はフリーで転倒などのミスがあり、7位に終わった)。 あの経験からはっきりと変わり、さらに昌磨を成長させたかなと感じてます。 自分の課題を見つけて、こうしたい、こうして行きたいと意見を言うようになりました」 そうして今では、振り付けについても2人で相談しながら作り上げているという。 「最近、振付師は私と昌磨です。 自分から『こうしたいんだけど、どう思う?』って感じで聞いてきます。 あの子は理屈っぽいところがあるんで、あれこれこうしたいと言ってくる。 私は『なるほどね。 でもちょっと変だからこうしよう』と伝えたり、『いいじゃん、それ』と取り入れたりもします。 それで一度、『昌磨さ、振付師できるかもね』って言ったら、『絶対無理です。 たぶん、自分のやりたいことばかりやってるから』って(笑)」 取材はリンクの横にある混雑したラウンジスペースで行ったのだが、樋口コーチが「ここで取材をするから」というと、子供たちは「いいよー」と言って、置いていた荷物を次々とどかしてくれた。 取材中もかまわずに、周囲を駆け回っている。 こうした家庭的な温かい環境があったからこそ、宇野は素直な心をそのままに、自身の才能を伸び伸びと花開かせることができたのだろう。 母性に包まれた宇野は、ある意味で無敵かもしれない。 山田コーチは宇野の性格について、こう見ている。 「昌磨は、あんまり人とベタベタするとか、上手に振舞ったりするのが得意ではない。 人と付き合うのは嫌いではないけれど、でもおべっか使ってまでは嫌みたいで、割とストレートですね。 でも向かってる先は間違ってないと私は思っています。 彼なりに今の素直な気持ちのままで行けば、人間的にきっといい方向に行くんじゃないかなと。 今の昌磨に関して、ここをちょっと直さなきゃ、っていうのはまったくないですね。 性格の面でも、練習に対しても、すべて、いいんじゃないかなっていうふうに思っています。 真央や佳菜子にも思っていたんですけど、昌磨も立派なスケーターというより、やっぱりみんなに愛されるスケーターになってほしいですね」 そして宇野と二人三脚で平昌五輪へと駆け抜けていく樋口コーチに、「今シーズンを楽しんでいますか」と聞くと、こう答えてくれた。 「楽しみたいな、と思っています。 楽しいと感じるときは、やっぱり気持ちよく滑ってくれてるときですね。 だいたい、気持ちよく滑ってるときって、ジャンプが跳べるんですよね。 こないだ(フランス杯)みたいなつらそうな滑り方してると、ジャンプも跳べないんで。

次の