世界 地図 中東。 中東 : 人口増加率(%)

9枚の地図で見る、世界のLGBTQの現状

世界 地図 中東

Song• Artist• MOSAIC. WAV• Writers• Susumu Kayamori, Hajime Kanasugi• Licensed to YouTube by• Lantis Company, Limited; Muserk Rights Management, and 4 Music Rights Societies• Song• も、妄想マシーン。 (off vocal)• Artist• 田村ひより(清水香里)• Licensed to YouTube by• Lantis Company, Limited; Muserk Rights Management• Song• ウサテイ• Artist• IOSYS• Album• 東方萃翠酒酔• Licensed to YouTube by• IOSYS on behalf of IOSYS• Song• 最終鬼畜妹フランドール・S• Artist• Album• 東方ストライク• Licensed to YouTube by• Rightsscale on behalf of 東方同人音楽流通 Show more Show less.

次の

中東

世界 地図 中東

シナイ半島とは? シナイ半島 (Sinai Peninsula)は、エジプトの北東部との南西部の端を繋ぐように位置し、北は地中海、南は紅海に面する半島。 エジプト側にスエズ運河が作られる前は、アフリカ大陸と西アジアのアラビア大陸を繋げる地峡であった場所で、 紅海側へ栓抜きの蓋のような形で 突き出した三角形の形をしているのが特徴的です。 不毛な砂漠地帯が広がり、その大きさは おおよそ6万㎢。 一方で、シナイ半島はエジプトで最も気温の低い地域の一つとしても知られ、その理由は この半島が山の多い地形をしているから。 例えば、冬には気温が氷点下まで下がる都市や町もあります。 そしてシナイ半島は行政上、エジプト・アラブ共和国に属し、現在の 人口は約140万で、 エジプトの観光名所の一つとしても有名。 このことがまた、シナイ半島を観光名所の一つにしています。 ちなみに、1960年に実施されたエジプトによる人口調査では、シナイ半島の人口は約5万人ほどでしたが、現在は主に観光業の発展によって、その人口が増えています。 またその結果、元々この半島の人口の多数派を占めていた (アラブ系の砂の民と呼ばれる人々)達は現在では少数派になっています。 シナイ半島の場所を地図で確認 シナイ半島は北を地中海、南を紅海、南東をアカバ湾、東をイスラエル、西をスエズ湾に隣接している半島ですが、実際にその場所を地図上で確認してみましょう。 半島の東側がイスラエル(ISRAEL)と隣接し、下側が紅海(Red Sea)に向かって突き出した三角形になっているのが分かります。 また、西側はスエズ湾(Gulf of Suez)に隣接しており、もっと西側へ目を向けるとエジプトの首都カイロ(CAIRO)が確認出来ます。 ちなみに、シナイ半島の中心部からカイロまではおよそ280kmの距離です。 さらに、スエズ運河の場所や地域周辺を確認したい人向けに、拡大・縮小可能な地図を以下へ掲載しておきます。 シナイ半島の歴史ダイジェスト シナイ半島には先史時代から人が暮らし、アフリカとアジアを結ぶ通商ルートとして使われてきました。 紀元前3100年頃の第一王朝時代から現在まで、 基本的にはエジプトに属してきた長い歴史を持つ場所です。 しかし、途中で合計すると500年ほど他の国によって実質的な支配が行われたことがあります。 これは地政学的に見て非常に重要な場所であったことが理由で、例えば、古代にはアケメネス朝ペルシャや古代ローマ帝国などが、近代においても年の (1517〜1867年)や (1882〜1956年)がシナイ半島を支配したことがあります。 加えて、1956〜1957年の第二次中東戦争、1967年の第三次中東戦争、1973年の第四次中東戦争は、どれもシナイ半島が主な舞台となりました。 このように、地政学的な理由から各国の思惑が交錯して、争いが幾度となく起きてきた歴史を持つシナイ半島ですが、1979年3月29日にエジプトとイスラエルの間で平和条約が結ばれてからは平和で安定しています。 自然環境• 海の豊かなサンゴ礁• 聖書に登場する歴史 の3つ。 パステルカラーの崖や峡谷、不毛な谷や鮮やかな緑色のオアシス、砂漠と輝く海との間にあるビーチ、そして、色とりどりのサンゴ礁には豊かな海の生物が群がっていて、多くの観光客がリゾート目的で訪れます。 例えば、シャルム・エル・シェイク、ダハブ、ヌウェイバ、などのビーチリゾートは有名です。 また、シナイ半島で最も人気のある目的地として、モーゼが神の啓示を受けた シナイ山と、現在活動している修道院としては世界最古と考えられる 聖カタリナ修道院 (シナイ山の近くにある)を忘れてはいけません。 ちなみに、ほとんどの観光客は、イスラエルのエイラートを経由してシャルム・エル・シェイク国際空港に降り立つか、カイロから陸路で、あるいはヨルダンのアカバからフェリーでやって来ます。 エジプトのシナイ半島に関して知っておきたい5つのこと シナイ半島に関する基本事項を抑えてきましたが、ここからはもう少しシナイ半島に関する知識を深めるために、5つの雑学を紹介していきます。 4月25日はエジプトのシナイ半島にとって大切な日 シナイ半島がエジプトの行政地区である限り、4月25日というのはとっても重要な日。 1967年に起きた第三次中東戦争は、6月5日から6月10日までの六日間続きましたが、この六日間の戦闘が終結した時には、 シナイ半島はイスラエルによって占領されてしまいました。 そして、エジプト・イスラエル平和条約が結ばれた結果、1982年にターバを除く全ての地域からイスラエル軍が撤退したことで、 イスラエルの15年に渡るシナイ半島の支配は終了を告げました。 この 1982年にイスラエルの手からエジプトの手にシナイ半島が返還された日というのが4月25日で、エジプトの人々にとってはシナイ半島返還の大切な記念日なのです。 エジプト人にとって毎年4月はシナイ半島返還の日だけではない 4月は、シャルキーヤ県の小さな村、バハル・エル・バカール (Bahr Al-Baqar)に住む多くのエジプト人家庭にとって、痛ましい出来事を思い起こさせる月でもあります。 というのも、1970年4月8日、 イスラエル軍の戦闘機による襲撃で、村の多くの子供たちが無残にも殺されてしまったから。 イスラエルが喉から手が出るほど手に入れたかったシナイ半島 歴史の部分でも記載した通り、 シナイ半島を舞台にして数々の戦争がイスラエルとエジプトの間で起こりました。 1948〜1949年の第一次中東戦争 (戦争の主な舞台はシナイ半島ではないが)の直後、イスラエルはシナイ半島北部の一部を占領。 この時は、エジプトを影響圏としていたイギリスと、その後ろにつくアメリカの圧力によってイスラエル軍はシナイ半島から撤退する形となります。 1956年には第2次中東戦争が勃発し、イスラエル、イギリスそしての3ヶ国によるエジプト攻撃が開始されました。 戦争の直後、イスラエル側はシナイ半島のほとんどを獲得しますが、その後すぐに、またしてもアメリカの圧力に直面してそれを撤回しています。 そして、 1967年に発生した第三次中東大戦後、 シナイ半島はついにイスラエルの占領下に置かれることになってしまうのです。 ちなみに、 イスラエルがシナイ半島をどうしても手に入れたかった理由というのが、まさに 地政学的な重要性。 これに関しては、1973年に起こった第四次中東戦争において、シナイ半島が イスラエルにとって戦略的緩衝地帯の役割を果たしていたことからも良く分かります。 モーゼの十戒とシナイ山 とシナイ山については何度挙げても十分でないぐらい、シナイ半島を語る上では重要でしょう。 古代イスラエルの民族的指導者だったモーゼは、エジプトで奴隷同様に扱われていたヘブライ人達を救い出すために、多くのヘブライ人を引き連れて約束の地を求めてエジプト脱出を企てます (出エジプト)。 そしてその道中、シナイ半島にあるシナイ山の上に現れた神が現れ、10の戒律が書かれた二つの石板がモーゼに託されるのです。 モーゼの十戒はその後、旧約聖書の出エジプト記と申命記に記され、特にユダヤ教徒とキリスト教徒にとっては、神の意思が示された守るべき戒律として大切な存在となり、またこの出来事が起こったシナイ山も、宗教的に重要な場所になっています。 ターコイズの国 古代エジプト人はシナイ半島を「 マフカット (Mafkat)」、「 ターコイズ (トルコ石) の国」と呼んでいました。 これは、シナイ半島でターコイズが良く取れるというのがその理由で、特にワディ・マガラ (Waki Magharah)とセラビト・エル・カディム (Serabit El Khadim)と現在呼ばれる地域の鉱山で、ターコイズが採取されていました。 また、この二つの鉱山における採掘は断続的に行われたため、過去何千年にも渡ってターコイズ採掘の拠点として機能してきましたが、現在では埋蔵量も減っているため、採掘したとしても利益は出ないと考えられています。 合わせて読みたい世界雑学記事• シナイ半島は歴史上でも非常に重要な地域であった場所で、現在は観光地としても人気を博しています。 エジプトへ行った際には訪れてみると良いかもしれません。

次の

世界地図を最速で丸暗記する方法

世界 地図 中東

MENU MENU• メソポタミアとエジプトでは、大規模な灌漑農耕に依拠する高度な都市文明が発達した。 では、周辺地域からセム語系やインド・ヨーロッパ語系の民族が相ついで侵入し、国家の興亡をくりかえした。 文化的には、楔形文字や六十進法、太陰暦などが発達した。 他方、ナイル川流域の エジプトは、地形から周辺民族の侵入は少なく、エジプト語系民族の文明が長期に渡り存続した。 文化的には、神聖文字などの象形文字やパピルス(紙)、太陽暦などが発達した。 地中海東岸のシリア・パレスチナ地方では、セム語系アラム人・フェニキア人・ヘブライ人が特色ある活動を展開した。 は内陸商業に活躍し、 フェニキア人は地中海貿易で活躍し、彼らの使用文字から各地の文字体系が作り出された。 また、ヘブライ人の生み出した一神教(ユダヤ教)は、のちのキリスト教やイスラーム教の母体となった。 オリエント世界は、紀元前7世紀に に、のち のもとで統一され、帝国がきずかれた。 西アジアでは、アレクサンドロス帝国の分裂後、ギリシア系のセレウコス朝、バクトリアがおこった。 ついでイラン系の がおこり、東西貿易の利益を独占して繁栄した。 パルティアを倒して成立したイラン系の は、ゾロアスター教を国教と定めイランの文化的伝統の復活を目指すとともに、インドやギリシア・ローマ文化の影響をうけ高度な国際的文化を形成した。 その文化は7世紀以後のイスラーム文化にも影響を与えた。 地中海世界ではオリエントの影響下に、紀元前2000年ころより強大な王建をもつ が花開いた。 その崩壊後、 ギリシア人はポリスと呼ばれる都市国家を発達させ、紀元前5世紀にはアテネに民主政を実現した。 ギリシア人はオリエントとことなる人間中心の明るい合理的な文化を生み出した。 ギリシアのポリスは、やがて相互の対立をへて衰退し、アレクサンドロス3世の遠征によりオリエントに伝えられたギリシア文化はヘレニズム文化として発展した。 紀元前6世紀末イタリア半島の中部におこったローマは、共和政のもとで積極的に征服・植民活動をおこない、法や土木建築など実用的な文化を発達させた。 ローマは紀元前1世紀には帝政を採用して地中海を内海とする大帝国を樹立した。 ローマ帝国の統治のもとで発達した普遍的な法と、4世紀にローマの国教となったキリスト教はローマが後世に残した最大の遺産である。 メソポタミアの文化 メソポタミアでは、各地・各都市の守護神や自然をまつる 多神教がおこなわれたが、優勢な民族の交替が頻繁であったため、その時々によって崇拝される最高神もかわった(古バビロニア王国では、バビロン市の守護神マルドゥクが国家神としてまつられた)。 またシュメールで発達したすぐれた宗教文学(神話や叙事詩)は、セム語系諸民族の間にも伝わって大きな影響を与えた。 メソポタミアでは、のちの文明のもとになる各種の技術や文化も生み出された。 文字はシュメール人が創始した 楔形文字が、言語系統のことなるセム語系やインド・ヨーロッパ語系の民族の間でも使用され、アケメネス朝にいたるまで人々はこの文字を 粘土板に記した。 また占星術を行なったり農作業の時期を正しく知る必要から、 天文・暦法が発達した。 六十進法にもとづく時間の観念や方位の観念、7日をもって1週間とすることなどは、今日まで引き継がれているメソポタミア文明の遺産である。 このほか、ハンムラビ法典にみられるような法の体系化がなされたことも重要である。 メソポタミア文明の一般的特徴としては、実用的な分野での文化が発達した反面、実用性をこえて真の科学を生み出す、原理的・理論的な面での発達があまりみられなかったことがあげられる。 楔形文字 楔形文字の解読 『ギルガメシュ叙事詩』が書かれた粘土板 部分 前7世紀,ニネヴェ出土 ザグロス山中のベヒストゥーンの磨崖に、アケメネス朝のダレイオス1世が楔形文字で刻んだ、ペルシア・・バビロニアの3語併記の碑文がある。 イギリスのローリンソンは、危険を冒して自ら手写したこの碑文の研究をつうじて、ドイツのグローテフェントがベルセポリス碑文をもとに進めていた楔形文字の解読を、さらにいっそう前進させた。

次の