夜 は み じ かしこい せよ おとめ。 【にゃんこ大戦争】攻略バクスイ娘 極ムズ 絶・夜は短し夢みよ乙女

斎藤茂吉 万葉秀歌

夜 は み じ かしこい せよ おとめ

バクスイ娘 極ムズ 絶・夜は短し夢みよ乙女攻略のキャラ構成 【キャラ制限】 基本 レア 超激レア 伝説レア 主力のEXと激レアが使用できないため、中々難易度が高いステージになっています。 一番最初にゆめみちゃんと戦ったころを思い出しました。 今回の攻略で非常に重要なことは・・・ カメカーを使用しないことです。 カメカーは最前線でしぶとく生き残るので、ユメミちゃんに攻撃感知されてしまい、他のキャラが近寄れなくなります。 基本とレアキャラだけで戦うならカメカーは使わないほうがいいぐらいです。 変わりですが・・・イノシャシ戦にはサホリを使ってもいいです! 【にゃんコンボ】 ・恋の季節 めっぽう強い 中 ・獅子王 めっぽう強い 小 ・3匹の王 体力 小 【使用キャラの強化値】 サホリ30 ネコ島+80 マキシマム45+49 魔剣士45+40 ロボット41+28 囚人45 その他のキャラレベルMAX 【本能解放キャラ】 特に利用していません 【使用にゃんこ砲】 キャノンブレイク バクスイ娘 極ムズ 絶・夜は短し夢みよ乙女攻略の目安 バクスイ娘 極ムズ 絶・夜は短し夢みよ乙女の 敵の分布図は以下の通りです。 ユメミちゃん カ・ンガリュ イノシャシ カベわんこ カンバン娘 城へ攻撃でユメミちゃんが出現します。 城を攻撃するとイノシャシが2体出現しますので、そいつらを撃破するのが攻略成功の目安です。 バクスイ娘 極ムズ 絶・夜は短し夢みよ乙女攻略に必要なアイテム 【使用アイテム】 ・ネコボン 序盤に一気にキャラを生産するのでできればネコボンがあったほうがいいです。 ギリギリまで自城に引き付けて・・マキシマムと魔剣士を貯めていきます。 マキシマムと魔剣士の生産に余裕が出てきたら島など他の下段のキャラも生産していきます。 イノシャシが倒れるころにはそれなりに貯まってくれます。 このまま敵城攻撃までキャラを貯めれるだけ貯めます。 ユメミちゃんは、イノシャシやカベワンコがいると攻撃がほぼ通らないので、まずは取り巻きを全力で撃破していきます。 冒頭でも書きましたが、カメカーを使うとユメミちゃんの攻撃を誘発しまくってピンチになるので、サホリぐらいの壁で我慢します。 ただ魔剣士の数もいるので2体目はそこまできつくないです。 カベワンコを攻撃している最中にユメミちゃんの攻撃感知されると非常にまずいです。 そのままハメていきます。

次の

樹木希林映画『命みじかし、恋せよ乙女』あらすじネタバレと感想。名女優最後の出演作となった男女と幽玄の物語

夜 は み じ かしこい せよ おとめ

かかる筋はた、いとすぐれて、世になき色あひ、匂ひを染めつけたまへば、 かかる筋はた、いとすぐれて、世になき色あひ、匂ひを染めつけたまへば、ありがたしと思ひきこえたまふ。 ここかしこの擣殿より参らせたる擣物ども御覧じ比べて、濃き赤きなど、さまざまを選らせたまひつつ、御衣櫃、衣筥どもに入れさせたまうて、おとなびたる上臈どもさぶらひて、「これは、かれは」と取り具しつつ入る。 上も見たまひて、 「いづれも、劣りまさるけぢめも見えぬものどもなめるを、着たまはむ人の御容貌に思ひよそへつつたてまつれたまへかし。 着たる物のさまに似ぬは、ひがひがしくもありかし」 とのたまへば、大臣うち笑ひて、 「つれなくて、人の御容貌推し量らむの御心なめりな。 さては、いづれをとか思す」 と聞こえたまへば、 「それも鏡にては、いかでか」 と、さすが恥ぢらひておはす。 紅梅のいと紋浮きたる葡萄染の御小袿、今様色のいとすぐれたるとは、 紅梅のいと紋浮きたる葡萄染の御小袿、今様色のいとすぐれたるとは、かの御料。 桜の細長に、つややかなる掻練取り添へては、姫君の御料なり。 浅縹の海賦の織物、織りざまなまめきたれど、匂ひやかならぬに、いと濃き掻練具して、夏の御方に。 曇りなく赤きに、山吹の花の細長は、かの西の対にたてまつれたまふを、上は見ぬやうにて思しあはす。 「内の大臣の、はなやかに、あなきよげとは見えながら、なまめかしう見えたる方のまじらぬに似たるなめり」と、げに推し量らるるを、色には出だしたまはねど、殿見やりたまへるに、ただならず。 「いで、この容貌のよそへは、人腹立ちぬべきことなり。 よきとても、物の色は限りあり、人の容貌は、おくれたるも、またなほ底ひあるものを」 とて、かの末摘花の御料に、柳の織物の、よしある唐草を乱れ織れるも、いとなまめきたれば、人知れずほほ笑まれたまふ。 梅の折枝、蝶、鳥、飛びちがひ、唐めいたる白き小袿に、濃きがつややかなる重ねて、明石の御方に。 思ひやり気高きを、上はめざましと見たまふ。 空蝉の尼君に、青鈍の織物、いと心ばせあるを見つけたまひて、御料にある梔子の御衣、聴し色なる添へたまひて、同じ日着たまふべき御消息聞こえめぐらしたまふ。 げに、似ついたる見むの御心なりけり。 皆、御返りどもただならず。 御使の禄、心々なるに、 皆、御返りどもただならず。 御使の禄、心々なるに、末摘、東の院におはすれば、今すこしさし離れ、艶なるべきを、うるはしくものしたまふ人にて、あるべきことは違へたまはず、山吹の袿の、袖口いたくすすけたるを、うつほにてうち掛けたまへり。 御文には、いとかうばしき陸奥紙の、すこし年経、厚きが黄ばみたるに、 「いでや、賜へるは、なかなかにこそ。 着てみれば恨みられけり唐衣 返しやりてむ袖を濡らして」 御手の筋、ことに奥よりにたり。 いといたくほほ笑みたまひて、とみにもうち置きたまはねば、上、何ごとならむと見おこせたまへり。 御使にかづけたる物を、いと侘しくかたはらいたしと思して、御けしき悪しければ、すべりまかでぬ。 いみじく、おのおのはささめき笑ひけり。 かやうにわりなう古めかしう、かたはらいたきところのつきたまへるさかしらに、もてわづらひぬべう思す。 恥づかしきまみなり。 「古代の歌詠みは、『唐衣』、『袂濡るる』かことこそ離れねな。 「古代の歌詠みは、『唐衣』、『袂濡るる』かことこそ離れねな。 まろも、その列ぞかし。 さらに一筋にまつはれて、今めきたる言の葉にゆるぎたまはぬこそ、ねたきことは、はたあれ。 人の中なることを、をりふし、御前などのわざとある歌詠みのなかにては、『円居』離れぬ三文字ぞかし。 昔の懸想のをかしき挑みには、『あだ人』といふ五文字を、やすめどころにうち置きて、言の葉の続きたよりある心地すべかめり」 など笑ひたまふ。 まろも、その列ぞかし。 さらに一筋にまつはれて、今めきたる言の葉にゆるぎたまはぬこそ、ねたきことは、はたあれ。 人の中なることを、をりふし、御前などのわざとある歌詠みのなかにては、『円居』離れぬ三文字ぞかし。 昔の懸想のをかしき挑みには、『あだ人』といふ五文字を、やすめどころにうち置きて、言の葉の続きたよりある心地すべかめり」 など笑ひたまふ。 「よろづの草子、歌枕、よく案内知り見尽くして、 「よろづの草子、歌枕、よく案内知り見尽くして、そのうちの言葉を取り出づるに、詠みつきたる筋こそ、強うは変はらざるべけれ。 常陸の親王の書き置きたまへりける紙屋紙の草子をこそ、見よとておこせたりしか。 和歌の髄脳いと所狭う、病去るべきことろ多かりしかば、もとよりおくれたる方の、いとどなかなか動きすべくも見えざりしかば、むつかしくて返してき。 よく案内知りたまへる人の口つきにては、目馴れてこそあれ」 とて、をかしく思いたるさまぞ、いとほしきや。 上、いとまめやかにて、 「などて、返したまひけむ。 書きとどめて、姫君にも見せたてまつりたまふべかりけるものを。 ここにも、もののなかなりしも、虫みな損なひてければ。 見ぬ人はた、心ことにこそは遠かりけれ」 とのたまふ。 「姫君の御学問に、いと用なからむ。 すべて女は、立てて好めることまうけてしみぬるは、さまよからぬことなり。 何ごとも、いとつきなからむは口惜しからむ。 ただ心の筋を、漂はしからずもてしづめおきて、なだらかならむのみなむ、めやすかるべかりける」 などのたまひて、返しは思しもかけねば、 「返しやりてむ、とあめるに、これよりおし返したまはざらむも、ひがひがしからむ」 と、そそのかしきこえたまふ。 情け捨てぬ御心にて、書きたまふ。 いと心やすげなり。 「返さむと言ふにつけても片敷の 夜の衣を思ひこそやれ ことわりなりや」 とぞあめる。 朝のほどは人びと参り混みて、もの騒がしかりけるを、 朝のほどは人びと参り混みて、もの騒がしかりけるを、夕つ方、御方々の参座したまはむとて、心ことにひきつくろひ、化粧じたまふ御影こそ、げに見るかひあめれ。 「今朝、この人びとの戯れ交はしつる、いとうらやましく見えつるを、上にはわれ見せたてまつらむ」 とて、乱れたる事どもすこしうち混ぜつつ、祝ひきこえたまふ。 「薄氷解けぬる池の鏡には 世に曇りなき影ぞ並べる」 げに、めでたき御あはひどもなり。 「曇りなき池の鏡によろづ代を すむべき影ぞしるく見えける」 何事につけても、末遠き御契りを、あらまほしく聞こえ交はしたまふ。 今日は子の日なりけり。 げに、千年の春をかけて祝はむに、ことわりなる日なり。 姫君の御方に渡りたまへれば、童女、下仕へなど、 姫君の御方に渡りたまへれば、童女、下仕へなど、御前の山の小松引き遊ぶ。 若き人びとの心地ども、おきどころなく見ゆ。 北の御殿より、わざとがましくし集めたる鬚籠ども、破籠などたてまつれたまへり。 えならぬ五葉の枝に移る鴬も、思ふ心あらむかし。 「年月を松にひかれて経る人に 今日鴬の初音聞かせよ 『音せぬ里の』」 と聞こえたまへるを、「げに、あはれ」と思し知る。 言忌もえしあへたまはぬけしきなり。 「この御返りは、みづから聞こえたまへ。 初音惜しみたまふべき方にもあらずかし」 とて、御硯取りまかなひ、書かせたてまつりたまふ。 いとうつくしげにて、明け暮れ見たてまつる人だに、飽かず思ひきこゆる御ありさまを、今までおぼつかなき年月の隔たりにけるも、「罪得がましう、心苦し」と思す。 「ひき別れ年は経れども鴬の 巣立ちし松の根を忘れめや」 幼き御心にまかせて、くだくだしくぞあめる。 夏の御住まひを見たまへば、時ならぬけにや、いと静かに見えて、 夏の御住まひを見たまへば、時ならぬけにや、いと静かに見えて、わざと好ましきこともなくて、あてやかに住みたるけはひ見えわたる。 年月に添へて、御心の隔てもなく、あはれなる御仲なり。 今は、あながちに近やかなる御ありさまも、もてなしきこえたまはざりけり。 いと睦ましくありがたからむ妹背の契りばかり、聞こえ交はしたまふ。 御几帳隔てたれど、すこし押しやりたまへば、またさておはす。 「縹は、げに、にほひ多からぬあはひにて、御髪などもいたく盛り過ぎにけり。 やさしき方にあらぬと、葡萄鬘してぞつくろひたまふべき。 我ならざらむ人は、見醒めしぬべき御ありさまを、かくて見るこそうれしく本意あれ。 心軽き人の列にて、われに背きたまひなましかば」など、御対面の折々は、まづ、「わが心の長きも、人の御心の重きをも、うれしく、思ふやうなり」 と思しけり。 こまやかに、ふる年の御物語など、なつかしう聞こえたまひて、西の対へ渡りたまひぬ。 まだいたくも住み馴れたまはぬほどよりは、けはひをかしくしなして、 まだいたくも住み馴れたまはぬほどよりは、けはひをかしくしなして、をかしげなる童女の姿なまめかしく、人影あまたして、御しつらひ、あるべき限りなれど、こまやかなる御調度は、いとしも調へたまはぬを、さる方にものきよげに住みなしたまへり。 正身も、あなをかしげと、ふと見えて、山吹にもてはやしたまへる御容貌など、いとはなやかに、ここぞ曇れると見ゆるところなく、隈なく匂ひきらきらしく、見まほしきさまぞしたまへる。 もの思ひに沈みたまへるほどのしわざにや、髪の裾すこし細りて、さはらかにかかれるしも、いとものきよげに、ここかしこいとけざやかなるさましたまへるを、「かくて見ざらましかば」と思すにつけても、えしも見過ぐしたまふまじ。 かくいと隔てなく見たてまつりなれたまへど、なほ思ふに、隔たり多くあやしきが、うつつの心地もしたまはねば、まほならずもてなしたまへるも、いとをかし。

次の

「夜は短し歩けよ乙女」星野源が先輩役で声優に?アニメでの実力はない?

夜 は み じ かしこい せよ おとめ

古事記物語 古事記物語 鈴木三重吉 目次 一 世界ができたそもそものはじめ。 まず天と地とができあがりますと、それといっしょにわれわれ日本人のいちばんご先祖の、天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)とおっしゃる神さまが、天の上の高天原(たかまのはら)というところへお生まれになりました。 そのつぎには高皇産霊神(たかみむすびのかみ)、神産霊神(かみむすびのかみ)のお二方(ふたかた)がお生まれになりました。 そのときには、天も地もまだしっかり固(かた)まりきらないで、両方とも、ただ油を浮(う)かしたように、とろとろになって、くらげのように、ふわりふわりと浮かんでおりました。 その中へ、ちょうどあしの芽(め)がはえ出るように、二人の神さまがお生まれになりました。 それからまたお二人、そのつぎには男神(おがみ)女神(めがみ)とお二人ずつ、八人の神さまが、つぎつぎにお生まれになった後に、伊弉諾神(いざなぎのかみ)と伊弉冉神(いざなみのかみ)とおっしゃる男神女神がお生まれになりました。 天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)はこのお二方の神さまをお召(め)しになって、 「あの、ふわふわしている地を固めて、日本の国を作りあげよ」 とおっしゃって、りっぱな矛(ほこ)を一ふりお授(さず)けになりました。 それでお二人は、さっそく、天(あめ)の浮橋(うきはし)という、雲の中に浮かんでいる橋の上へお出ましになって、いただいた矛(ほこ)でもって、下のとろとろしているところをかきまわして、さっとお引きあげになりますと、その矛の刃先(はさき)についた潮水(しおみず)が、ぽたぽたと下へおちて、それが固(かた)まって一つの小さな島になりました。 お二人はその島へおりていらしって、そこへ御殿(ごてん)をたててお住まいになりました。 そして、まずいちばんさきに淡路島(あわじしま)をおこしらえになり、それから伊予(いよ)、讃岐(さぬき)、阿波(あわ)、土佐(とさ)とつづいた四国の島と、そのつぎには隠岐(おき)の島、それから、そのじぶん筑紫(つくし)といった今の九州と、壱岐(いき)、対島(つしま)、佐渡(さど)の三つの島をお作りになりました。 そして、いちばんしまいに、とかげの形をした、いちばん大きな本州をおこしらえになって、それに大日本豊秋津島(おおやまととよあきつしま)というお名まえをおつけになりました。 これで、淡路の島からかぞえて、すっかりで八つの島ができました。 ですからいちばんはじめには、日本のことを、大八島国(おおやしまぐに)と呼(よ)び、またの名を豊葦原水穂国(とよあしはらのみずほのくに)とも称(とな)えていました。 こうして、いよいよ国ができあがったので、お二人は、こんどはおおぜいの神さまをお生みになりました。 それといっしょに、風の神や、海の神や、山の神や、野の神、川の神、火の神をもお生みになりました。 ところがおいたわしいことには、伊弉冉神(いざなみのかみ)は、そのおしまいの火の神をお生みになるときに、おからだにおやけどをなすって、そのためにとうとうおかくれになりました。 伊弉諾神(いざなぎのかみ)は、 「ああ、わが妻の神よ、あの一人の子ゆえに、大事なおまえをなくするとは」とおっしゃって、それはそれはたいそうお嘆(なげ)きになりました。 そして、お涙(なみだ)のうちに、やっと、女神のおなきがらを、出雲(いずも)の国と伯耆(ほうき)の国とのさかいにある比婆(ひば)の山にお葬(ほうむ)りになりました。 女神は、そこから、黄泉(よみ)の国という、死んだ人の行くまっくらな国へたっておしまいになりました。 伊弉諾神(いざなぎのかみ)は、そのあとで、さっそく十拳(とつか)の剣(つるぎ)という長い剣を引きぬいて、女神の災(わざわい)のもとになった火の神を、一うちに斬(き)り殺してしまいになりました。 しかし、神のおくやしみは、そんなことではお癒(い)えになるはずもありませんでした。 神は、どうかしてもう一度、女神に会いたくおぼしめして、とうとうそのあとを追って、まっくらな黄泉(よみ)の国までお出かけになりました。 二 女神(めがみ)はむろん、もうとっくに、黄泉(よみ)の神の御殿(ごてん)に着いていらっしゃいました。 すると、そこへ、夫の神が、はるばるたずねておいでになったので、女神は急いで戸口へお出迎えになりました。 伊弉諾神(いざなぎのかみ)は、まっくらな中から、女神をお呼(よ)びかけになって、 「いとしきわが妻の女神よ。 おまえといっしょに作る国が、まだできあがらないでいる。 どうぞもう一度帰ってくれ」とおっしゃいました。 すると女神は、残念そうに、 「それならば、もっと早く迎えにいらしってくださいませばよいものを。 私はもはや、この国のけがれた火で炊(た)いたものを食べましたから、もう二度とあちらへ帰ることはできますまい。 しかし、せっかくおいでくださいましたのですから、ともかくいちおう黄泉(よみ)の神たちに相談をしてみましょう。 どうぞその間は、どんなことがありましても、けっして私の姿(すがた)をご覧(らん)にならないでくださいましな。 後生(ごしょう)でございますから」と、女神はかたくそう申しあげておいて、御殿(ごてん)の奥(おく)へおはいりになりました。 伊弉諾神(いざなぎのかみ)は永(なが)い間戸口にじっと待っていらっしゃいました。 しかし、女神は、それなり、いつまでたっても出ていらっしゃいません。 伊弉諾神(いざなぎのかみ)はしまいには、もう待ちどおしくてたまらなくなって、とうとう、左のびんのくしをおぬきになり、その片(かた)はしの、大歯(おおは)を一本欠(か)き取って、それへ火をともして、わずかにやみの中をてらしながら、足さぐりに、御殿の中深くはいっておいでになりました。 そうすると、御殿のいちばん奥に、女神は寝ていらっしゃいました。 そのお姿をあかりでご覧になりますと、おからだじゅうは、もうすっかりべとべとに腐(くさ)りくずれていて、臭(くさ)い臭いいやなにおいが、ぷんぷん鼻へきました。 そして、そのべとべとに腐ったからだじゅうには、うじがうようよとたかっておりました。 それから、頭と、胸と、お腹(なか)と、両ももと、両手両足のところには、そのけがれから生まれた雷神(らいじん)が一人ずつ、すべてで八人で、怖(おそ)ろしい顔をしてうずくまっておりました。 伊弉諾神(いざなぎのかみ)は、そのありさまをご覧になると、びっくりなすって、怖ろしさのあまりに、急いで遁(に)げ出しておしまいになりました。 女神はむっくりと起きあがって、 「おや、あれほどお止め申しておいたのに、とうとう私のこの姿(すがた)をご覧になりましたね。 まあ、なんという憎(にく)いお方(かた)でしょう。 人にひどい恥(はじ)をおかかせになった。 ああ、くやしい」と、それはそれはひどくお怒りになって、さっそく女の悪鬼(わるおに)たちを呼(よ)んで、 「さあ、早く、あの神をつかまえておいで」と歯がみをしながらお言いつけになりました。 女の悪鬼たちは、 「おのれ、待て」と言いながら、どんどん追っかけて行きました。 伊弉諾神(いざなぎのかみ)は、その鬼どもにつかまってはたいへんだとおぼしめして、走りながら髪(かみ)の飾(かざ)りにさしてある黒いかつらの葉を抜(ぬ)き取っては、どんどんうしろへお投げつけになりました。 そうすると、見る見るうちに、そのかつらの葉の落ちたところへ、ぶどうの実がふさふさとなりました。 女鬼どもは、いきなりそのぶどうを取って食べはじめました。 神はその間に、いっしょうけんめいにかけだして、やっと少しばかり遁(に)げのびたとお思いになりますと、女鬼どもは、まもなく、またじきうしろまで追いつめて来ました。 神は、 「おや、これはいけない」とお思いになって、こんどは、右のびんのくしをぬいて、その歯をひっ欠いては投げつけ、ひっ欠いては投げつけなさいました。 そうすると、そのくしの歯が片(かた)はしからたけのこになってゆきました。 女鬼(おんなおに)たちは、そのたけのこを見ると、またさっそく引き抜いて、もぐもぐ食べだしました。 伊弉諾神(いざなぎのかみ)は、そのすきをねらって、こんどこそは、だいぶ向こうまでお遁(に)げになりました。 そしてもうこれならだいじょうぶだろうとおぼしめして、ひょいとうしろをふりむいてご覧になりますと、意外にも、こんどはさっきの女神のまわりにいた八人の雷人(らいじん)どもが、千五百人の鬼の軍勢をひきつれて、死にものぐるいでおっかけて来るではありませんか。 神はそれをご覧になると、あわてて十拳(とつか)の剣(つるぎ)を抜きはなして、それでもってうしろをぐんぐん切りまわしながら、それこそいっしょうけんめいにお遁げになりました。 そして、ようよう、この世界と黄泉(よみ)の国との境(さかい)になっている、黄泉比良坂(よもつひらざか)という坂の下まで遁げのびていらっしゃいました。 三 すると、その坂の下には、ももの木が一本ありました。 神はそのももの実を三つ取って、鬼どもが近づいて来るのを待ち受けていらしって、その三つのももを力いっぱいお投げつけになりました。 そうすると、雷神たちはびっくりして、みんなちりぢりばらばらに遁(に)げてしまいました。 神はそのももに向かって、 「おまえは、これから先も、日本じゅうの者がだれでも苦しい目に会っているときには、今わしを助けてくれたとおりに、みんな助けてやってくれ」とおっしゃって、わざわざ大神実命(おおかんつみのみこと)というお名まえをおやりになりました。 そこへ、女神は、とうとうじれったくおぼしめして、こんどはご自分で追っかけていらっしゃいました。 神はそれをご覧になると、急いでそこにあった大きな大岩をひっかかえていらしって、それを押(お)しつけて、坂の口をふさいでおしまいになりました。 女神は、その岩にさえぎられて、それより先へは一足も踏(ふ)み出すことができないものですから、恨(うら)めしそうに岩をにらみつけながら、 「わが夫の神よ、それではこのしかえしに、日本じゅうの人を一日に千人ずつ絞(し)め殺してゆきますから、そう思っていらっしゃいまし」とおっしゃいました。 神は、 「わが妻の神よ、おまえがそんなひどいことをするなら、わしは日本じゅうに一日に千五百人の子供を生ませるから、いっこうかまわない」とおっしゃって、そのまま、どんどんこちらへお帰りになりました。 神は、 「ああ、きたないところへ行った。 急いでからだを洗ってけがれを払(はら)おう」とおっしゃって、日向(ひゅうが)の国の阿波岐原(あわきはら)というところへお出かけになりました。 そこにはきれいな川が流れていました。 神はその川の岸へつえをお投げすてになり、それからお帯やお下ばかまや、お上衣(うわぎ)や、お冠(かんむり)や、右左のお腕(うで)にはまった腕輪(うでわ)などを、すっかりお取りはずしになりました。 そうすると、それだけの物を一つ一つお取りになるたんびに、ひょいひょいと一人ずつ、すべてで十二人の神さまがお生まれになりました。 神は、川の流れをご覧になりながら、 上(かみ)の瀬(せ)は瀬が早い、 下(しも)の瀬は瀬が弱い。 とおっしゃって、ちょうどいいころあいの、中ほどの瀬におおりになり、水をかぶって、おからだじゅうをお洗いになりました。 すると、おからだについたけがれのために、二人の禍(わざわい)の神が生まれました。 それで伊弉諾神(いざなぎのかみ)は、その神がつくりだす禍をおとりになるために、こんどは三人のよい神さまをお生みになりました。 それから水の底へもぐって、おからだをお清めになるときに、また二人の神さまがお生まれになり、そのつぎに、水の中にこごんでお洗いになるときにもお二人、それから水の上へ出ておすすぎになるときにもお二人の神さまがお生まれになりました。 そしてしまいに、左の目をお洗いになると、それといっしょに、それはそれは美しい、貴(とうと)い女神(めがみ)がお生まれになりました。 伊弉諾神(いざなぎのかみ)は、この女神さまに天照大神(あまてらすおおかみ)というお名前をおつけになりました。 そのつぎに右のお目をお洗いになりますと、月読命(つきよみのみこと)という神さまがお生まれになり、いちばんしまいにお鼻をお洗いになるときに、建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)という神さまがお生まれになりました。 伊弉諾神(いざなぎのかみ)はこのお三方(さんかた)をご覧になって、 「わしもこれまでいくたりも子供を生んだが、とうとうしまいに、一等よい子供を生んだ」と、それはそれは大喜びををなさいまして、さっそく玉の首飾(くびかざ)りをおはずしになって、それをさらさらとゆり鳴らしながら、天照大神(あまてらすおおかみ)におあげになりました。 そして、 「おまえは天へのぼって高天原(たかまのはら)を治めよ」とおっしゃいました。 それから月読命(つきよみのみこと)には、 「おまえは夜の国を治めよ」とお言いつけになり、三ばんめの須佐之男命(すさのおのみこと)には、 「おまえは大海(おおうみ)の上を治めよ」とお言いわたしになりました。 一 天照大神(あまてらすおおかみ)と、二番目の弟さまの月読命(つきよみのみこと)とは、おとうさまのご命令に従って、それぞれ大空と夜の国とをお治めになりました。 ところが末のお子さまの須佐之男命(すさのおのみこと)だけは、おとうさまのお言いつけをお聞きにならないで、いつまでたっても大海(おおうみ)を治めようとなさらないばかりか、りっぱな長いおひげが胸(むね)の上までたれさがるほどの、大きなおとなにおなりになっても、やっぱり、赤んぼうのように、絶えまもなくわんわんわんわんお泣(な)き狂いになって、どうにもこうにも手のつけようがありませんでした。 そのひどいお泣き方といったら、それこそ、青い山々の草木も、やかましい泣き声で泣き枯(か)らされてしまい、川や海の水も、その火のつくような泣き声のために、すっかり干(ひ)あがったほどでした。 すると、いろんな悪い神々たちが、そのさわぎにつけこんで、わいわいとうるさくさわぎまわりました。 そのおかげで、地の上にはありとあらゆる災(わざわい)が一どきに起こってきました。 伊弉諾命(いざなぎのみこと)は、それをご覧(らん)になると、びっくりなすって、さっそく須佐之男命(すさのおのみこと)をお呼(よ)びになって、 「いったい、おまえは、わしの言うことも聞かないで、何をそんなに泣き狂ってばかりいるのか」ときびしくおとがめになりました。 すると須佐之男命(すさのおのみこと)はむきになって、 「私(わたし)はおかあさまのおそばへ行きたいから泣(な)くのです」とおっしゃいました。 伊弉諾命(いざなぎのみこと)はそれをお聞きになると、たいそうお腹立(はらだ)ちになって、 「そんなかってな子は、この国へおくわけにゆかない。 どこへなりと出て行け」とおっしゃいました。 命(みこと)は平気で、 「それでは、お姉上さまにおいとま乞(ご)いをしてこよう」とおっしゃりながら、そのまま大空の上の、高天原(たかまのはら)をめざして、どんどんのぼっていらっしゃいました。 すると、力の強い、大男の命(みこと)ですから、力いっぱいずしんずしんと乱暴(らんぼう)にお歩きになると、山も川もめりめりとゆるぎだし、世界じゅうがみしみしと震(ふる)い動きました。 天照大神(あまてらすおおかみ)は、その響(ひび)きにびっくりなすって、 「弟があんな勢いでのぼって来るのは、必ずただごとではない。 きっと私(わたし)の国を奪(うば)い取ろうと思って出て来たに相違(そうい)ない」 こうおっしゃって、さっそく、お身じたくをなさいました。 女神はまず急いで髪(かみ)をといて、男まげにおゆいになり、両方のびんと両方の腕(うで)とに、八尺(やさか)の曲玉(まがたま)というりっぱな玉の飾(かざ)りをおつけになりました。 そして、お背中には、五百本、千本というたいそうな矢をお負(お)いになり、右手に弓を取ってお突きたてになりながら、勢いこんで足を踏(ふ)みならして待ちかまえていらっしゃいました。 そのきついお力ぶみで、お庭の堅(かた)い土が、まるで粉雪(こなゆき)のようにもうもうと飛びちりました。 二 まもなく須佐之男命(すさのおのみこと)は大空へお着きになりました。 女神はそのお姿(すがた)をご覧(らん)になると、声を張りあげて、 「命(みこと)、そちは何をしに来た」と、いきなりおしかりつけになりました。 すると命は、 「いえ、私はけっして悪いことをしにまいったのではございません。 おとうさまが、私の泣いているのをご覧(らん)になって、なぜ泣くかとおとがめになったので、お母上のいらっしゃるところへ行きたいからですと申しあげると、たいそうお怒(おこ)りになって、いきなり、出て行ってしまえとおっしゃるので、あなたにお別れをしにまいったのです」とお言いわけをなさいました。 でも女神はすぐにはご信用にならないで、 「それではおまえに悪い心のない証拠(しょうこ)を見せよ」とおっしゃいました。 命(みこと)は、 「ではお互(たが)いに子を生んであかしを立てましょう。 生まれた子によって、二人の心のよしあしがわかります」とおっしゃいました。 そこでごきょうだいは、天安河(あめのやすのかわ)という河(かわ)の両方の岸に分かれてお立ちになりました。 そしてまず女神(めがみ)が、いちばん先に、命(みこと)の十拳(とつか)の剣(つるぎ)をお取りになって、それを三つに折って、天真名井(あめのまない)という井戸で洗って、がりがりとおかみになり、ふっと霧(きり)をお吹きになりますと、そのお息の中から、三人の女神がお生まれになりました。 そのつぎには命(みこと)が、女神の左のびんにおかけになっている、八尺(やさか)の曲玉(まがたま)の飾(かざ)りをいただいて、玉の音をからからいわせながら、天真名井(あめのまない)という井戸で洗いすすいで、それをがりがりかんで霧をお吹き出しになりますと、それといっしょに一人の男の神さまがお生まれになりました。 その神さまが、天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)です。 それからつぎには、女神の右のびんの玉飾(たまかざ)りをお取りになって、先(せん)と同じようにして息をお吹きになりますと、その中からまた男の神が一人お生まれになりました。 天照大神(あまてらすおおかみ)は、 「はじめに生まれた三人の女神は、おまえの剣(つるぎ)からできたのだから、おまえの子だ。 あとの五人の男神は私(わたし)の玉飾りからできたのだから、私の子だ」とおっしゃいました。 命は、 「そうら、私が勝った。 私になんの悪心(あくしん)もない印(しるし)には、私の子は、みんなおとなしい女神ではありませんか。 どうです、それでも私は悪人ですか」と、それはそれは大いばりにおいばりになりました。 そして、その勢いに乗ってお暴(あば)れだしになって、女神がお作らせになっている田の畔(あぜ)をこわしたり、みぞを埋(う)めたり、しまいには女神がお初穂(はつほ)を召(め)しあがる御殿(ごてん)へ、うんこをひりちらすというような、ひどい乱暴(らんぼう)をなさいました。 ほかの神々は、それを見てあきれてしまって、女神に言いつけにまいりました。 しかし女神はちっともお怒(おこ)りにならないで、 「何、ほっておけ。 けっして悪い気でするのではない。 きたないものは、酔(よ)ったまぎれに吐(は)いたのであろう。 畔(あぜ)やみぞをこわしたのは、せっかくの地面を、そんなみぞなぞにしておくのが惜(お)しいからであろう」 こうおっしゃって、かえって命(みこと)をかばっておあげになりました。 すると命は、ますます図(ず)に乗って、しまいには、女たちが女神のお召物(めしもの)を織っている、機織場(はたおりば)の屋根を破って、その穴(あな)から、ぶちのうまの皮をはいで、血まぶれにしたのを、どしんと投げこんだりなさいました。 機織女(はたおりおんな)は、びっくりして遁(に)げ惑(まど)うはずみに、梭(ひ)で下腹(したはら)を突(つ)いて死んでしまいました。 女神は、命のあまりの乱暴さにとうとういたたまれなくおなりになって、天(あめ)の岩屋(いわや)という石室(いしむろ)の中へお隠(かく)れになりました。 そして入口の岩の戸をぴっしりとおしめになったきり、そのままひきこもっていらっしゃいました。 すると女神は日の神さまでいらっしゃるので、そのお方がお姿(すがた)をお隠(かく)しになるといっしょに、高天原(たかまのはら)も下界の地の上も、一度にみんなまっ暗(くら)がりになって、それこそ、昼と夜との区別もない、長い長いやみの世界になってしまいました。 そうすると、いろいろの悪い神たちが、その暗がりにつけこんで、わいわいとさわぎだしました。 そのために、世界じゅうにはありとあらゆる禍(わざわい)が、一度にわきあがって来ました。 そんなわけで、大空の神々たちは、たいそうお困(こま)りになりまして、みんなで安河原(やすのかわら)という、空の上の河原(かわら)に集まって、どうかして、天照大神に岩屋からお出ましになっていただく方法はあるまいかといっしょうけんめいに、相談をなさいました。 そうすると、思金神(おもいかねのかみ)という、いちばんかしこい神さまが、いいことをお考えつきになりました。 みんなはその神のさしずで、さっそく、にわとりをどっさり集めて来て、岩屋の前で、ひっきりなしに鳴かせました。 それから一方では、安河(やすのかわ)の河上から固(かた)い岩をはこんで来て、それを鉄床(かなどこ)にして、八咫(やた)の鏡(かがみ)というりっぱな鏡を作らせ、八尺(やさか)の曲玉(まがたま)というりっぱな玉で胸飾(むなかざ)りを作らせました。 そして、天香具山(あめのかぐやま)という山からさかきを根抜(ぬ)きにして来て、その上の方の枝(えだ)へ、八尺(やさか)の曲玉(まがたま)をつけ、中ほどの枝へ八咫(やた)の鏡(かがみ)をかけ、下の枝へは、白や青のきれをつりさげました。 そしてある一人の神さまが、そのさかきを持って天の岩屋に立ち、ほかの一人の神さまが、そのそばでのりとをあげました。 それからやはり岩屋の前へ、あきだるを伏(ふ)せて、天宇受女命(あめのうずめのみこと)という女神に、天香具山(あめのかぐやま)のかつらのつるをたすきにかけさせ、かつらの葉を髪飾(かみかざ)りにさせて、そのおけの上へあがって踊りを踊らせました。 宇受女命(うずめのみこと)は、お乳(ちち)もお腹(なか)も、もももまるだしにして、足をとんとん踏(ふ)みならしながら、まるでつきものでもしたように、くるくるくるくると踊(おど)り狂(くる)いました。 するとそのようすがいかにもおかしいので、何千人という神たちが、一度にどっとふきだして、みんなでころがりまわって笑いました。 そこへにわとりは声をそろえて、コッケコー、コッケコーと鳴きたてるので、そのさわぎといったら、まったく耳もつぶれるほどでした。 天照大神は、そのたいそうなさわぎの声をお聞きになると、何ごとが起こったのかとおぼしめして、岩屋の戸を細めにあけて、そっとのぞいてご覧(らん)になりました。 そして宇受女命(うずめのみこと)に向かって、 「これこれ私(わたし)がここに、隠れていれば、空の上もまっくらなはずだのに、おまえはなにをおもしろがって踊っているのか。 ほかの神々たちも、なんであんなに笑いくずれているのか」とおたずねになりました。 すると宇受女命は、 「それは、あなたよりも、もっと貴(とうと)い神さまが出ていらっしゃいましたので、みんなが喜んでさわいでおりますのでございます」と申しあげました。 それと同時に一人の神さまは、例の、八咫(やた)の鏡(かがみ)をつけたさかきを、ふいに大神の前へ突き出しました。 鏡には、さっと、大神のお顔がうつりました。 大神はそのうつった顔をご覧になると、 「おや、これはだれであろう」とおっしゃりながら、もっとよく見ようとおぼしめして、少しばかり戸の外へお出ましになりました。 すると、さっきから、岩屋のそばに隠(かく)れて待ちかまえていた、手力男命(たぢからおのみこと)という大力の神さまが、いきなり、女神のお手を取って、すっかり外へお引き出し申しました。 それといっしょに、一人の神さまは、女神のおうしろへまわって、 「どうぞ、もうこれからうちへはおはいりくださいませんように」と申しあげて、そこへしめなわを張りわたしてしまいました。 それで世界じゅうは、やっと長い夜があけて、再び明るい昼が来ました。 神々たちは、それでようやく安心なさいました。 そこでさっそく、みんなで相談して、須佐之男命(すさのおのみこと)には、あんなひどい乱暴(らんぼう)をなすった罰(ばつ)として、ご身代をすっかりさし出させ、そのうえに、りっぱなおひげも切りとり、手足の爪(つめ)まではぎとって、下界へ追いくだしてしまいました。 そのとき須佐之男命(すさのおのみこと)は、大気都比売命(おおけつひめのみこと)という女神に、何か物を食べさせよとおおせになりました。 大気都比売命(おおけつひめのみこと)は、おことばに従って、さっそく、鼻の穴(あな)や口の中からいろいろの食べものを出して、それをいろいろにお料理してさしあげました。 すると須佐之男命(すさのおのみこと)は大気都比売命(おおけつひめのみこと)のすることを見ていらしって、 「こら、そんな、お前の口や鼻から出したものがおれに食えるか。 無礼なやつだ」と、たいそうお腹立(はらだ)ちになって、いきなり剣を抜(ぬ)いて、大気都比売命(おおけつひめのみこと)を一うちに切り殺しておしまいになりました。 そうすると、その死がいの頭から、かいこが生まれ、両方の目にいねがなり、二つの耳にあわがなりました。 それから鼻にはあずきがなり、おなかに、むぎとだいずがなりました。 それを神産霊神(かみむすびのかみ)がお取り集めになって、日本じゅうの穀物(こくもつ)の種になさいました。 須佐之男命(すさのおのみこと)は、そのまま下界へおりておいでになりました。 一 須佐之男命(すさのおのみこと)は、大空から追いおろされて、出雲(いずも)の国の、肥(ひ)の河(かわ)の河上(かわかみ)の、鳥髪(とりかみ)というところへおくだりになりました。 すると、その河(かわ)の中にはしが流れて来ました。 命(みこと)は、それをご覧(らん)になって、 「では、この河の上の方には人が住んでいるな」とお察しになり、さっそくそちらの方へ向かって探(さが)し探しおいでになりました。 そうすると、あるおじいさんとおばあさんとが、まん中に一人の娘(むすめ)をすわらせて三人でおんおん泣(な)いておりました。 命は、おまえたちは何者かとおたずねになりました。 おじいさんは、 「私は、この国の大山津見(おおやまつみ)と申します神の子で、足名椎(あしなずち)と申します者でございます。 妻の名は手名椎(てなずち)、この娘の名は櫛名田媛(くしなだひめ)と申します」とお答えいたしました。 命は、 「それで三人ともどうして泣いているのか」と、かさねてお聞きになりました。 おじいさんは涙をふいて、 「私たち二人には、もとは八人の娘(むすめ)がおりましたのでございますが、その娘たちを、八俣(やまた)の大蛇(おろち)と申します怖(おそ)ろしい大じゃが、毎年出てきて、一人ずつ食べて行ってしまいまして、とうとうこの子一人だけになりました。 そういうこの子も、今にその大じゃが食べにまいりますのでございます」 こう言って、みんなが泣いているわけをお話しいたしました。 「いったいその大じゃはどんな形をしている」と、命(みこと)はお聞きになりました。 「その大じゃと申しますのは、からだは一つでございますが、頭と尾(お)は八つにわかれておりまして、その八つの頭には、赤ほおずきのようなまっかな目が、燃えるように光っております。 それからからだじゅうには、こけや、ひのきやすぎの木などがはえ茂(しげ)っております。 そのからだのすっかりの長さが、八つの谷と八つの山のすそをとりまくほどの、大きな大きな大じゃでございます。 その腹(はら)はいつも血にただれてまっかになっております」と怖ろしそうにお話しいたしました。 命は、 「ふん、よしよし」とおうなずきになりました。 そして改めておじいさんに向かって、 「その娘はおまえの子ならば、わしのお嫁(よめ)にくれないか」とおっしゃいました。 「おことばではございますが、あなたさまはどこのどなただか存じませんので」とおじいさんは危(あや)ぶんで怖る怖るこう申しました。 命は、 「じつはおれは天照大神(あまてらすおおかみ)の同じ腹(はら)の弟で、たった今、大空からおりて来たばかりだ」と、うちあけてお名まえをおっしゃいました。 すると、足名椎(あしなずち)も手名椎(てなずち)も、 「さようでございますか。 これはこれはおそれおおい。 それでは、おおせのままさしあげますでございます」と、両手をついて申しあげました。 命は、櫛名田媛(くしなだひめ)をおもらいになると、たちまち媛をくしに化けさせておしまいになりました。 そして、そのくしをすぐにご自分のびんの巻髪(まきがみ)におさしになって、足名椎(あしなずち)と手名椎(てなずち)に向かっておっしゃいました。 「おまえたちは、これからこめをかんで、よい酒をどっさり作れ。 それから、ここへぐるりとかきをこしらえて、そのかきへ、八(や)ところに門をあけよ。 そしてその門のうちへ、一つずつさじきをこしらえて、そのさじきの上に、大おけを一つずつおいて、その中へ、二人でこしらえたよい酒を一ぱい入れて待っておれ」とお言いつけになりました。 二人は、おおせのとおりに、すっかり準備をととのえて、待っておりました。 そのうちに、そろそろ大じゃの出て来る時間が近づいて来ました。 命は、それを聞いて、じっと待ちかまえていらっしゃいますと、まもなく、二人が言ったように、大きな大きな八俣(やまた)の大蛇(おろち)が、大きなまっかな目をぎらぎら光らして、のそのそと出て来ました。 大じゃは、目の前に八つの酒(さか)おけが並(なら)んでいるのを見ると、いきなり八つの頭を一つずつその中へつっこんで、そのたいそうなお酒を、がぶがぶがぶがぶとまたたくまに飲み干(ほ)してしまいました。 そうするとまもなくからだじゅうによいがまわって、その場へ倒れたなり、ぐうぐう寝(ね)いってしまいました。 須佐之男命(すさのおのみこと)は、そっとその寝息(ねいき)をうかがっていらっしゃいましたが、やがて、さあ今だとお思いになって、十拳(とつか)の剣(つるぎ)を引き抜(ぬ)くが早いか、おのれ、おのれと、つづけさまにお切りつけになりました。 そのうちに八つの尾(お)の中の、中ほどの尾をお切りつけになりますと、その尾の中に何か固(かた)い物があって、剣の刃先(はさき)が、少しばかりほろりと欠けました。 命(みこと)は、 「おや、変だな」とおぼしめして、そのところを切り裂(さ)いてご覧になりますと、中から、それはそれは刃の鋭い、りっぱな剣が出て来ました。 命は、これはふしぎなものが手にはいったとお思いになりました。 その剣はのちに天照大神(あまてらすおおかみ)へご献上(けんじょう)になりました。 命はとうとう、大きな大きな大じゃの胴体をずたずたに切り刻(きざ)んでおしまいになりました。 そして、 「足名椎(あしなずち)、手名椎(てなずち)、来て見よ。 このとおりだ」とお呼(よ)びになりました。 二人はがたがたふるえながら出て来ますと、そこいら一面は、きれぎれになった大じゃの胴体から吹き出る血でいっぱいになっておりました。 その血がどんどん肥(ひ)の河(かわ)へ流れこんで、河の水もまっかになって落ちて行きました。 命はそれから、櫛名田媛(くしなだひめ)とお二人で、そのまま出雲(いずも)の国にお住まいになるおつもりで、御殿(ごてん)をおたてになるところを、そちこちと、探(さが)してお歩きになりました。 そして、しまいに、須加(すが)というところまでおいでになると、 「ああ、ここへ来たら、心持がせいせいしてきた。 これはよいところだ」とおっしゃって、そこへ御殿をおたてになりました。 そして、足名椎神(あしなずちのかみ)をそのお宮の役人の頭(かしら)になさいました。 命にはつぎつぎにお子さまお孫さまがどんどんおできになりました。 その八代目のお孫さまのお子さまに、大国主神(おおくにぬしのかみ)、またの名を大穴牟遅神(おおなむちのかみ)とおっしゃるりっぱな神さまがお生まれになりました。 一 この大国主神(おおくにぬしのかみ)には、八十神(やそがみ)といって、何十人というほどの、おおぜいのごきょうだいがおありになりました。 その八十神(やそがみ)たちは、因幡(いなば)の国に、八上媛(やがみひめ)という美しい女の人がいると聞き、みんなてんでんに、自分のお嫁(よめ)にもらおうと思って、一同でつれだって、はるばる因幡へ出かけて行きました。 みんなは、大国主神が、おとなしいかたなのをよいことにして、このかたをお供(とも)の代わりに使って、袋(ふくろ)を背おわせてついて来させました。 そして、因幡の気多(けた)という海岸まで来ますと、そこに毛のないあか裸(はだか)のうさぎが、地べたにころがって、苦しそうにからだじゅうで息をしておりました。 八十神(やそがみ)たちはそれを見ると、 「おいうさぎよ。 おまえからだに毛がはやしたければ、この海の潮(しお)につかって、高い山の上で風に吹かれて寝(ね)ておれ。 そうすれば、すぐに毛がいっぱいはえるよ」とからかいました。 うさぎはそれをほんとうにして、さっそく海につかって、ずぶぬれになって、よちよちと山へのぼって、そのまま寝ころんでおりました。 するとその潮水(しおみず)がかわくにつれて、からだじゅうの皮がひきつれて、びりびり裂(さ)け破れました。 うさぎはそのひりひりする、ひどい痛(いた)みにたまりかねて、おんおん泣き伏(ふ)しておりました。 そうすると、いちばんあとからお通りかかりになった、お供の大国主神がそれをご覧(らん)になって、 「おいおいうさぎさん、どうしてそんなに泣いているの」とやさしく聞いてくださいました。 うさぎは泣き泣き、 「私は、もと隠岐(おき)の島におりましたうさぎでございますが、この本土へ渡(わた)ろうと思いましても、渡るてだてがございませんものですから、海の中のわにをだまして、いったい、おまえとわしとどっちがみうちが多いだろう、ひとつくらべてみようじゃないか、おまえはいるだけのけん族をすっかりつれて来て、ここから、あの向こうのはての、気多(けた)のみさきまでずっと並(なら)んでみよ、そうすればおれがその背(せ)中の上をつたわって、かぞえてやろうと申しました。 すると、わにはすっかりだまされまして、出てまいりますもまいりますも、それはそれは、うようよと、まっくろに集まってまいりました。 そして、私の申しましたとおりに、この海ばたまでずらりと一列に並びました。 私は五十八十と数をよみながら、その背なかの上をどんどん渡って、もう一足でこの海ばたへ上がろうといたしますときに、やあいまぬけのわにめ、うまくおれにだまされたァいとはやしたてますと、いちばんしまいにおりましたわにが、むっと怒(おこ)って、いきなり私をつかまえまして、このとおりにすっかりきものをひっぺがしてしまいました。 そこであすこのところへ伏(ふ)しころんで泣(な)いておりましたら、さきほどここをお通りになりました八十神(やそがみ)たちが、いいことを教えてやろう、これこれこうしてみろとおっしゃいましたので、そのとおりに潮水(しおみず)を浴びて風に吹かれておりますと、からだじゅうの皮がこわばって、こんなにびりびり裂(さ)けてしまいました」 こう言って、うさぎはまたおんおん泣きだしました。 大国主神(おおくにぬしのかみ)は、話を聞いてかわいそうだとおぼしめして、 「それでは早くあすこの川口へ行って、ま水でからだじゅうをよく洗って、そこいらにあるかばの花をむしって、それを下に敷いて寝(ね)ころんでいてごらん。 そうすれば、ちゃんともとのとおりになおるから」 こう言って、教えておやりになりました。 うさぎはそれを聞くとたいそう喜んでお礼を申しました。 そしてそのあとで言いました。 「あんなお人の悪い八十神(やそがみ)たちは、けっして八上媛(やがみひめ)をご自分のものになさることはできません。 あなたは袋(ふくろ)などをおしょいになって、お供(とも)についていらっしゃいますけれど、八上媛はきっと、あなたのお嫁(よめ)さまになると申します。 みていてごらんなさいまし」と申しました。 まもなく、八十神たちは八上媛のところへ着きました。 そして、代わる代わる、自分のお嫁になれなれと言いましたが、媛(ひめ)はそれをいちいちはねつけて、 「いえいえ、いくらお言いになりましても、あなたがたのご自由にはなりません。 私は、あそこにいらっしゃる大国主神のお嫁にしていただくのです」と申しました。 八十神たちはそれを聞くとたいそう怒(おこ)って、みんなで大国主神を殺してしまおうという相談をきめました。 みんなは、大国主神を、伯耆(ほうき)の国の手間(てま)の山という山の下へつれて行って、 「この山には赤いいのししがいる。 これからわしたちが山の上からそのいのししを追いおろすから、おまえは下にいてつかまえろ。 へたをして遁(に)がしたらおまえを殺してしまうぞ」と、言いわたしました。 そして急いで、山の上へかけあがって、さかんにたき火をこしらえて、その火の中で、いのししのようなかっこうをしている大きな石をまっかに焼いて、 「そうら、つかまえろ」と言いながら、どしんと、転(ころ)がし落としました。 ふもとで待ち受けていらしった大国主神は、それをご覧になるなり、大急ぎでかけ寄って、力まかせにお組みつきになったと思いますと、からだはたちまちそのあか焼けの石の膚(はだ)にこびりついて、 「あッ」とお言いになったきり、そのままただれ死にに死んでおしまいになりました。 二 大国主神の生みのおかあさまは、それをお聞きになると、たいそうお嘆(なげ)きになって、泣(な)き泣き大空へかけのぼって、高天原(たかまのはら)においでになる、高皇産霊神(たかみむすびのかみ)にお助けをお願いになりました。 すると、高皇産霊神(たかみむすびのかみ)は、蚶貝媛(きさがいひめ)、蛤貝媛(うむがいひめ)と名のついた、あかがいとはまぐりの二人の貝を、すぐに下界へおくだしになりました。 二人は大急ぎでおりて見ますと、大国主神(おおくにぬしのかみ)はまっくろこげになって、山のすそに倒(たお)れていらっしゃいました。 あかがいはさっそく自分のからを削(けず)って、それを焼いて黒い粉をこしらえました。 はまぐりは急いで水を出して、その黒い粉をこねて、おちちのようにどろどろにして、二人で大国主神のからだじゅうへ塗(ぬ)りつけました。 そうすると大国主神は、それほどの大やけどもたちまちなおって、もとのとおりの、きれいな若い神になってお起きあがりになりました。 そしてどんどん歩いてお家(うち)へ帰っていらっしゃいました。 八十神(やそがみ)たちは、それを見ると、びっくりして、もう一度みんなでひそひそ相談をはじめました。 そしてまたじょうずに大国主神をだまして、こんどは別の山の中へつれこみました。 そしてみんなで寄ってたかって、ある大きなたち木を根もとから切りまげて、その切れ目へくさびをうちこんで、その間へ大国主神をはいらせました。 そうしておいて、ふいにポンとくさびを打ちはなして、はさみ殺しに殺してしまいました。 大国主神のおかあさまは、若い子の神がまたいなくなったので、おどろいて方々さがしておまわりになりました。 そして、しまいにまた殺されていらっしゃるところをおみつけになると、大急ぎで木の幹を切り開いて、子の神のお死がいをお引き出しになりました。 そしていっしょうけんめいに介抱(かいほう)して、ようようのことで再びお生きかえらせになりました。 おかあさまは、 「もうおまえはうかうかこの土地においてはおかれない。 どうぞこれからすぐに、須佐之男命(すさのおのみこと)のおいでになる、根堅国(ねのかたすくに)へ遁(に)げておくれ、そうすれば命(みこと)が必ずいいようにはからってくださるから」 こう言って、若(わか)い子の神を、そのままそちらへ立ってお行かせになりました。 大国主神は、言われたとおりに、命のおいでになるところへお着きになりました。 すると、命のお娘(むすめ)ごの須勢理媛(すぜりひめ)がお取次をなすって、 「お父上さま、きれいな神がいらっしゃいました」とお言いになりました。 お父上の大神(おおかみ)は、それをお聞きになると、急いでご自分で出てご覧になって、 「ああ、あれは、大国主という神だ」とおっしゃいました。 そして、さっそくお呼(よ)びいれになりました。 媛(ひめ)は大国主神のことをほんとに美しいよい方だとすぐに大すきにお思いになりました。 大神には、第一それがお気にめしませんでした。 それで、ひとつこの若い神を困(こま)らせてやろうとお思いになって、その晩、大国主神を、へびの室(むろ)といって、大へび小へびがいっぱいたかっているきみの悪いおへやへお寝(ね)かせになりました。 そうすると、やさしい須勢理媛(すぜりひめ)は、たいそう気の毒にお思いになりました。 それでご自分の、比礼(ひれ)といって、肩(かた)かけのように使うきれを、そっと大国主神におわたしになって、 「もしへびがくいつきにまいりましたら、このきれを三度振(ふ)って追いのけておしまいなさい」とおっしゃいました。 まもなく、へびはみんなでかま首を立ててぞろぞろとむかって来ました。 大国主神(おおくにぬしのかみ)はさっそく言われたとおりに、飾(かざ)りのきれを三度お振(ふ)りになりました。 するとふしぎにも、へびはひとりでにひきかえして、そのままじっとかたまったなり、一晩じゅう、なんにも害をしませんでした。 若(わか)い神はおかげで、気らくにぐっすりおよって、朝になると、あたりまえの顔をして、大神(おおかみ)の前に出ていらっしゃいました。 すると大神は、その晩はむかでとはちのいっぱいはいっているおへやへお寝(ね)かせになりました。 しかし媛(ひめ)が、またこっそりと、ほかの首飾りのきれをわたしてくだすったので、大国主神は、その晩もそれでむかでやはちを追いはらって、また一晩じゅうらくらくとおやすみになりました。 大神は、大国主神がふた晩とも、平気で切りぬけてきたので、よし、それではこんどこそは見ておれと、心の中でおっしゃりながら、かぶら矢(や)と言って、矢じりに穴(あな)があいていて、射(い)るとびゅんびゅんと鳴る、こわい大きな矢を、草のぼうぼうとはえのびた、広い野原のまん中にお射こみになりました。 そして、大国主神に向かって、 「さあ、今飛んだ矢を拾って来い」とおおせつけになりました。 若い神は、正直(しょうじき)にご命令を聞いて、すぐに草をかき分けてどんどんはいっておいでになりました。 大神はそれを見すまして、ふいに、その野のまわりへぐるりと火をつけて、どんどんお焼きたてになりました。 大国主神は、おやと思うまに、たちまち四方から火の手におかこまれになって、すっかり遁げ場を失っておしまいになりました。 それで、どうしたらいいかとびっくりして、とまどいをしていらっしゃいますと、そこへ一ぴきのねずみが出て来まして、 「うちはほらほら、そとはすぶすぶ」と言いました。 それは、中は、がらんどうで、外はすぼまっている、という意味でした。 若い神は、すぐそのわけをおさとりになって、足の下を、とんときつく踏(ふ)んでごらんになりますと、そこは、ちゃんと下が大きな穴になっていたので、からだごとすっぽりとその中へ落ちこみました。 それで、じっとそのままこごまって隠れていらっしゃいますと、やがてま近まで燃えて来た火の手は、その穴の上を走って、向こうへ遠のいてしまいました。 そのうちに、さっきのねずみが大神のお射になったかぶら矢をちゃんとさがし出して、口にくわえて持って来てくれました。 見るとその矢の羽根のところは、いつのまにかねずみの子供たちがかじってすっかり食べてしまっておりました。 三 須勢理媛(すぜりひめ)は、そんなことはちっともご存じないものですから、美しい若い神は、きっと焼け死んだものとお思いになって、ひとりで嘆(なげ)き悲しんでいらっしゃいました。 そして火が消えるとすぐに、急いでお弔(とむら)いの道具を持って、泣(な)き泣(な)きさがしにいらっしゃいました。 お父上の大神も、こんどこそはだいじょうぶ死んだろうとお思いになって、媛のあとからいらしってごらんになりました。 すると大国主神(おおくにぬしのかみ)は、もとのお姿(すがた)のままで、焼けあとのなかから出ていらっしゃいました。 そしてさっきのかぶら矢をちゃんとお手におわたしになりました。 大神(おおかみ)もこれには内々(ないない)びっくりしておしまいになりまして、しかたなくいっしょに御殿(ごてん)へおかえりになりました。 そして大きな広間へつれておはいりになって、そこへごろりと横におなりになったと思うと、 「おい、おれの頭のしらみを取れ」と、いきなりおっしゃいました。 大国主神はかしこまって、その長い長いお髪(ぐし)の毛をかき分けてご覧になりますと、その中には、しらみでなくて、たくさんなむかでが、うようよたかっておりました。 すると、須勢理媛(すぜりひめ)がそばへ来て、こっそりとむくの実と赤土とをわたしてお行きになりました。 大国主神は、そのむくの実を一粒(ひとつぶ)ずつかみくだき、赤土を少しずつかみとかしては、いっしょにぷいぷいお吐(は)き出しになりました。 大神はそれをご覧になると、 「ほほう、むかでをいちいちかみつぶしているな。 これは感心なやつだ」とお思いになりながら、安心して、すやすやと寝いっておしまいになりました。 大国主神は、この上ここにぐずぐずしていると、まだまだどんなめに会うかわからないとお思いになって、命(みこと)がちょうどぐうぐうおやすみになっているのをさいわいに、その長いお髪(ぐし)をいく束(たば)にも分けて、それを四方のたる木というたる木へ一束ずつ縛(しば)りつけておいたうえ、五百人もかからねば動かせないような、大きな大きな大岩を、そっと戸口に立てかけて、中から出られないようにしておいて、大神(おおかみ)の太刀(たち)と弓矢(ゆみや)と、玉の飾りのついた貴(とうと)い琴(こと)とをひっ抱(かか)えるなり、急いで須勢理媛(すぜりひめ)を背なかにおぶって、そっと御殿をお逃(に)げ出しになりました。 するとまの悪いことに、抱えていらっしゃる琴が、樹(き)の幹にぶつかって、じゃらじゃらじゃらんとたいそうなひびきを立てて鳴りました。 大神はその音におどろいて、むっくりとお立ちあがりになりました。 すると、おぐしがたる木じゅうへ縛りつけてあったのですから、大力(おおぢから)のある大神がふいにお立ちになるといっしょに、そのおへやはいきなりめりめりと倒(たお)れつぶれてしまいました。 大神は、 「おのれ、あの小僧(こぞう)ッ神め」と、それはそれはお怒(いか)りになって、髪(かみ)の毛をひと束ずつ、もどかしく解きはなしていらっしゃるまに、こちらの大国主神はいっしょうけんめいにかけつづけて、すばやく遠くまで逃げのびていらっしゃいました。 すると大神は、まもなくそのあとを追っかけて、とうとう黄泉比良坂(よもつひらざか)という坂の上までかけつけていらっしゃいました。 そしてそこから、はるかに大国主神を呼びかけて、大声をしぼってこうおっしゃいました。 「おおいおおい、小僧ッ神。 その太刀と弓矢をもって、そちのきょうだいの八十神(やそがみ)どもを、山の下、川の中と、逃げるところへ追いつめ切り払(はら)い、そちが国の神の頭(かしら)になって、宇迦(うか)の山のふもとに御殿を立てて住め。 わしのその娘(むすめ)はおまえのお嫁(よめ)にくれてやる。 わかったか」とおどなりになりました。 大国主神(おおくにぬしのかみ)はおおせのとおりに、改めていただいた、大神(おおかみ)の太刀(たち)と弓矢(ゆみや)を持って、八十神(やそがみ)たちを討(う)ちにいらっしゃいました。 そして、みんながちりぢりに逃(に)げまわるのを追っかけて、そこいらじゅうの坂の下や川の中へ、切り倒(たお)し突(つ)き落として、とうとう一人ももらさず亡(ほろ)ぼしておしまいになりました。 そして、国の神の頭(かしら)になって、宇迦(うか)の山の下に御殿(ごてん)をおたてになり、須勢理媛(すぜりひめ)と二人で楽しくおくらしになりました。 四 そのうちに例の八上媛(やがみひめ)は、大国主神をしたって、はるばるたずねて来ましたが、その大国主神には、もう須勢理媛(すぜりひめ)というりっぱなお嫁(よめ)さまができていたので、しおしおと、またおうちへ帰って行きました。 大国主神はそれからなお順々に四方を平らげて、だんだんと国を広げておゆきになりました。 そうしているうちに、ある日、出雲(いずも)の国の御大(みお)の崎(さき)という海ばたにいっていらっしゃいますと、はるか向こうの海の上から、一人の小さな小さな神が、お供の者たちといっしょに、どんどんこちらへ向かって船をこぎよせて来ました。 その乗っている船は、ががいもという、小さな草の実で、着ている着物は、ひとりむしの皮を丸はぎにしたものでした。 大国主神は、その神に向かって、 「あなたはどなたですか」とおたずねになりました。 しかし、その神は口を閉(と)じたまま名まえをあかしてくれませんでした。 大国主神はご自分のお供の神たちに聞いてご覧になりましたが、みんなその神がだれだかけんとうがつきませんでした。 するとそこへひきがえるがのこのこ出て来まして、 「あの神のことは久延彦(くえびこ)ならきっと存じておりますでしょう」と言いました。 久延彦というのは山の田に立っているかかしでした。 久延彦(くえびこ)は足がきかないので、ひと足も歩くことはできませんでしたけれど、それでいて、この下界のことはなんでもすっかり知っておりました。 それで大国主神は急いでその久延彦(くえびこ)にお聞きになりますと、 「ああ、あの神は大空においでになる神産霊神(かみむすびのかみ)のお子さまで、少名毘古那神(すくなびこなのかみ)とおっしゃる方でございます」と答えました。 大国主神はそれでさっそく、神産霊神(かみむすびのかみ)にお伺(うかが)いになりますと、神も、 「あれはたしかにわしの子だ」とおっしゃいました。 そして改めて少名毘古那神に向かって、 「おまえは大国主神ときょうだいになって二人で国々を開き固(かた)めて行け」とおおせつけになりました。 大国主神は、そのお言葉に従って、少名毘古那神(すくなびこなのかみ)とお二人で、だんだんに国を作り開いておゆきになりました。 ところが、少名毘古那神(すくなびこなのかみ)は、あとになると、急に常世国(とこよのくに)という、海の向こうの遠い国へ行っておしまいになりました。 大国主神(おおくにぬしのかみ)はがっかりなすって、私(わたし)一人では、とても思いどおりに国を開いてゆくことはできない、だれか力を添(そ)えてくれる神はいないものかと言って、たいそうしおれていらっしゃいました。 するとちょうどそのとき、一人の神さまが、海の上一面にきらきらと光を放(はな)ちながら、こちらへ向かって近づいていらっしゃいました。 それは須佐之男命(すさのおのみこと)のお子の大年神(おおとしのかみ)というお方でした。 その神が、大国主神に向かって、 「私をよく大事にまつっておくれなら、いっしょになって国を作りかためてあげよう。 おまえさん一人ではとてもできはしない」と、こう言ってくださいました。 「それではどんなふうにおまつり申せばいいのでございますか」とお聞きになりますと、 「大和(やまと)の御諸(みもろ)の山の上にまつってくれればよい」とおっしゃいました。 大国主神はお言葉(ことば)のとおりに、そこへおまつりして、その神さまと二人でまただんだんに国を広げておゆきになりました。 一 そのうちに大空の天照大神(あまてらすおおかみ)は、お子さまの天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)に向かって、 「下界に見える、あの豊葦原水穂国(とよあしはらのみずほのくに)は、おまえが治めるべき国である」とおっしゃって、すぐにくだって行くように、お言いつけになりました。 命(みこと)はかしこまっておりていらっしゃいました。 しかし天(あめ)の浮橋(うきはし)の上までおいでになって、そこからお見おろしになりますと、下では勢いの強い神たちが、てんでんに暴(あば)れまわって、大さわぎをしているのが見えました。 命は急いでひきかえしていらしって、そのことを大神にお話しになりました。 それで大神と高皇産霊神(たかみむすびのかみ)とは、さっそく天安河(あめのやすのかわ)の河原に、おおぜいの神々をすっかりお召(め)し集めになって、 「あの水穂国(みずほのくに)は、私たちの子孫(しそん)が治めるはずの国であるのに、今あすこには、悪強い神たちが勢い鋭く荒れまわっている。 あの神たちを、おとなしくこちらの言うとおりにさせるには、いったいだれを使いにやったものであろう」とこうおっしゃって、みんなにご相談をなさいました。 すると例のいちばん考え深い思金神(おもいかねのかみ)が、みんなと会議をして、 「それには天菩比神(あめのほひのかみ)をおつかわしになりますがよろしゅうございましょう」と申しあげました。 そこで大神は、さっそくその菩比神(ほひのかみ)をおくだしになりました。 ところが菩比神(ほひのかみ)は、下界へつくと、それなり大国主神(おおくにぬしのかみ)の手下になってしまって、三年たっても、大空へはなんのご返事もいたしませんでした。 それで大神と高皇産霊神(たかみむすびのかみ)とは、またおおぜいの神々をお召(め)しになって、 「菩比神(ほひのかみ)がまだ帰ってこないが、こんどはだれをやったらよいであろう」と、おたずねになりました。 思金神(おもいかねのかみ)は、 「それでは、天津国玉神(あまつくにたまのかみ)の子の、天若日子(あめのわかひこ)がよろしゅうございましょう」と、お答え申しました。 大神はその言葉(ことば)に従って、天若日子(あめのわかひこ)にりっぱな弓(ゆみ)と矢(や)をお授けになって、それを持たせて下界へおくだしになりました。 するとその若日子は大空にちゃんとほんとうのお嫁(よめ)があるのに、下へおり着くといっしょに、大国主神(おおくにぬしのかみ)の娘(むすめ)の下照比売(したてるひめ)をまたお嫁にもらったばかりか、ゆくゆくは水穂国(みずほのくに)を自分が取ってしまおうという腹(はら)で、とうとう八年たっても大神の方へはてんでご返事にも帰りませんでした。 大神と高皇産霊神(たかみむすびのかみ)とは、また神々をお集めになって、 「二度めにつかわした天若日子もまたとうとう帰ってこない。 いったいどうしてこんなにいつまでも下界にいるのか、それを責(せ)めただしてこさせたいと思うが、だれをやったものであろう」とお聞きになりました。 思金神(おもいかねのかみ)は、 「それでは名鳴女(ななきめ)というきじがよろしゅうございましょう」と申しあげました。 大神たちお二人はそのきじをお召(め)しになって、 「おまえはこれから行って天若日子(あめのわかひこ)を責めてこい。 そちを水穂国(みずほのくに)へおくりだしになったのは、この国の神どもを説き伏せるためではないか、それだのに、なぜ八年たってもご返事をしないのか、と言って、そのわけを聞きただしてこい」とお言いつけになりました。 名鳴女は、はるばると大空からおりて、天若日子のうちの門のそばの、かえでの木の上にとまって、大神からおおせつかったとおりをすっかり言いました。 すると若日子のところに使われている、天佐具売(あめのさくめ)という女が、その言葉を聞いて、 「あすこに、いやな鳴き声を出す鳥がおります。 早く射(い)ておしまいなさいまし」と若日子にすすめました。 若日子は、 「ようし」と言いながら、かねて大神からいただいて来た弓(ゆみ)と矢(や)を取り出して、いきなりそのきじを射殺してしまいました。 すると、その当たった矢が名鳴女の胸(むね)を突(つ)き通して、さかさまに大空の上まではねあがって、天安河(あめのやすのかわ)の河原(かわら)においでになる、天照大神(あまてらすおおかみ)と高皇産霊神(たかみむすびのかみ)とのおそばへ落ちました。 高皇産霊神(たかみむすびのかみ)はその矢を手に取ってご覧(らん)になりますと、矢の羽根に血がついておりました。 高皇産霊神は、 「この矢は天若日子(あめのわかひこ)につかわした矢だが」とおっしゃって、みんなの神々にお見せになった後、 「もしこの矢が、若日子が悪い神たちを射たのが飛んで来たのならば、若日子にはあたるな。 もし若日子が悪い心をいだいているなら、かれを射殺せよ」とおっしゃりながら、さきほどの矢が通って来た空の穴(あな)から、力いっぱいにお突きおろしになりました。 そうするとその矢は、若日子がちょうど下界であおむきに寝(ね)ていた胸のまん中を、ぷすりと突き刺(さ)して一ぺんで殺してしまいました。 若日子のお嫁(よめ)の下照比売(したてるひめ)は、びっくりして、大声をあげて泣(な)きさわぎました。 その泣く声が風にはこばれて、大空まで聞こえて来ますと、若日子の父の天津国玉神(あまつくにたまのかみ)と、若日子のほんとうのお嫁と子供たちがそれを聞きつけて、びっくりして、下界へおりて来ました。 そして泣き泣きそこへ喪屋(もや)といって、死人を寝かせておく小屋をこしらえて、がんを供物(くもつ)をささげる役に、さぎをほうき持ちに、かわせみをお供(そな)えの魚(さかな)取りにやとい、すずめをお供えのこめつきに呼(よ)び、きじを泣き役につれて来て、八日(ようか)八晩(よばん)の間、若日子の死がいのそばで楽器をならして、死んだ魂(たましい)を慰(なぐさ)めておりました。 そうしているところへ、大国主神(おおくにぬしのかみ)の子で、下照比売(したてるひめ)のおあにいさまの高日子根神(たかひこねのかみ)がお悔(くや)みに来ました。 そうすると若日子(わかひこ)の父と妻子(つまこ)たちは、 「おや」とびっくりして、その神の手足にとりすがりながら、 「まあまあおまえは生きていたのか」 「まあ、あなたは死なないでいてくださいましたか」と言って、みんなでおんおんと嬉(うれ)し泣(な)きに泣きだしました。 それは高日子根神(たかひこねのかみ)の顔や姿(すがた)が天若日子(あめのわかひこ)にそっくりだったので、みんなは一も二もなく若日子だとばかり思ってしまったのでした。 すると高日子根神は、 「何をふざけるのだ」とまっかになって怒(おこ)りだして、 「人がわざわざ悔(くや)みに来たのに、それをきたない死人などといっしょにするやつがどこにある」とどなりつけながら、長い剣(つるぎ)を抜(ぬ)きはなすといっしょに、その喪屋(もや)をめちゃめちゃに切り倒し、足でぽんぽんけりちらかして、ぷんぷん怒って行ってしまいました。 そのとき妹の下照比売(したてるひめ)は、あの美しい若い神は私のおあにいさまの、これこれこういう方だということを、歌に歌って、誇(ほこ)りがおに若日子の父や妻子に知らせました。 二 天照大神(あまてらすおおかみ)は、そんなわけで、また神々に向かって、こんどというこんどはだれを遣(つか)わしたらよいかとご相談をなさいました。 思金神(おもいかねのかみ)とすべての神々は、 「それではいよいよ、天安河(あめのやすのかわ)の河上(かわかみ)の、天(あめ)の岩屋(いわや)におります尾羽張神(おはばりのかみ)か、それでなければ、その神の子の建御雷神(たけみかずちのかみ)か、二人のうちどちらかをお遣(つかわ)しになるほかはございません。 しかし尾羽張神は、天安河の水をせきあげて、道を通れないようにしておりますから、めったな神では、ちょっと呼(よ)びにもまいれません。 これはひとつ天迦久神(あめのかくのかみ)をおさしむけになりまして、尾羽張神がなんと申しますか聞かせてご覧になるがようございましょう」と申しあげました。 大神はそれをお聞きになると、急いで天迦久神(あめのかくのかみ)をおやりになってお聞かせになりました。 そうすると尾羽張神(おはばりのかみ)は、 「これは、わざわざもったいない。 その使いには私でもすぐにまいりますが、それよりも、こんなことにかけましては、私の子の建御雷神(たけみかずちのかみ)がいっとうお役に立ちますかと存じます」 こう言って、さっそくその神を大神のご前(ぜん)へうかがわせました。 大神はその建御雷神に、天鳥船神(あめのとりふねのかみ)という神をつけておくだしになりました。 二人の神はまもなく出雲国(いずものくに)の伊那佐(いなさ)という浜にくだりつきました。 そしてお互(たが)いに長い剣(つるぎ)をずらりと抜(ぬ)き放(はな)して、それを海の上にあおむけに突(つ)き立てて、そのきっさきの上にあぐらをかきながら、大国主神(おおくにぬしのかみ)に談判をしました。 「わしたちは天照大神(あまてらすおおかみ)と高皇産霊神(たかみむすびのかみ)とのご命令で、わざわざお使いにまいったのである。 大神はおまえが治めているこの葦原(あしはら)の中(なか)つ国(くに)は、大神のお子さまのお治めになる国だとおっしゃっている。 そのおおせに従って大神のお子さまにこの国をすっかりお譲(ゆず)りなさるか。 それともいやだとお言いか」と聞きますと、大国主神(おおくにぬしのかみ)は、 「これは私からはなんともお答え申しかねます。 私よりも、むすこの八重事代主神(やえことしろぬしのかみ)が、とかくのご返事を申しあげますでございましょうが、あいにくただいま御大(みお)の崎(さき)へりょうにまいっておりますので」とおっしゃいました。 建御雷神(たけみかずちのかみ)はそれを聞くと、すぐに天鳥船神(あめのとりふねのかみ)を御大(みお)の崎(さき)へやって、事代主神(ことしろぬしのかみ)を呼(よ)んで来させました。 そして大国主神に言ったとおりのことを話しました。 すると事代主神は、父の神に向かって、 「まことにもったいないおおせです。 お言葉(ことば)のとおり、この国は大空の神さまのお子さまにおあげなさいまし」と言いながら、自分の乗って帰った船を踏(ふ)み傾(かたむ)けて、おまじないの手打ちをしますと、その船はたちまち、青いいけがきに変わってしまいました。 事代主神はそのいけがきの中へ急いでからだをかくしてしまいました。 建御雷神(たけみかずちのかみ)は大国主神に向かって、 「ただ今事代主神はあのとおりに申したが、このほかには、もうちがった意見を持っている子はいないか」とたずねました。 大国主神は、 「私の子は事代主神のほかに、もう一人、建御名方神(たけみなかたのかみ)というものがおります。 もうそれきりでございます」とお答えになりました。 そうしているところへ、ちょうどこの建御名方神(たけみなかたのかみ)が、千人もかからねば動かせないような大きな大きな大岩を両手でさしあげて出て来まして、 「やい、おれの国へ来て、そんなひそひそ話をしているのはだれだ。 さあ来い、力くらべをしよう。 まずおれがおまえの手をつかんでみよう」と言いながら、大岩を投げだしてそばへ来て、いきなり建御雷神(たけみかずちのかみ)の手をひっつかみますと、御雷神(みかずちのかみ)の手は、たちまち氷の柱になってしまいました。 御名方神(みなかたのかみ)がおやとおどろいているまに、その手はまたひょいと剣(つるぎ)の刃(は)になってしまいました。 御名方神はすっかりこわくなっておずおずとしりごみをしかけますと、御雷神(みかずちのかみ)は、 「さあ、こんどはおれの番だ」と言いながら、御名方神の手くびをぐいとひっつかむが早いか、まるではえたてのあしをでも扱うように、たちまち一握(にぎ)りに握りつぶして、ちぎれ取れた手先を、ぽうんと向こうへ投げつけました。 御名方神は、まっさおになって、いっしょうけんめいに逃(に)げだしました。 御雷神(みかずちのかみ)は、 「こら待て」と言いながら、どこまでもどんどんどんどん追っかけて行きました。 そしてとうとう信濃(しなの)の諏訪湖(すわこ)のそばで追いつめて、いきなり、一ひねりにひねり殺そうとしますと、建御名方神(たけみなかたのかみ)はぶるぶるふるえながら、 「もういよいよおそれいりました。 どうぞ命ばかりはお助けくださいまし。 私はこれなりこの信濃(しなの)より外へはひと足も踏(ふ)み出しはいたしません。 また、父や兄の申しあげましたとおりに、この葦原(あしはら)の中つ国は、大空の神のお子さまにさしあげますでございます」と、平たくなっておわびしました。 そこで建御雷神(たけみかずちのかみ)はまた出雲(いずも)へ帰って来て、大国主神(おおくにぬしのかみ)に問いつめました。 「おまえの子は二人とも、大神のおおせにはそむかないと申したが、おまえもこれでいよいよ言うことはあるまいな、どうだ」と言いますと、大国主神は、 「私にはもう何も異存はございません。 この中つ国はおおせのとおり、すっかり、大神のお子さまにさしあげます。 その上でただ一つのおねがいは、どうぞ私の社(やしろ)として、大空の神の御殿(ごてん)のような、りっぱな、しっかりした御殿をたてていただきとうございます。 そうしてくださいませば私は遠い世界から、いつまでも大神のご子孫にお仕え申します。 じつは私の子は、ほかに、まだまだいくたりもありますが、しかし、事代主神(ことしろぬしのかみ)さえ神妙にご奉公いたします上は、あとの子たちは一人も不平を申しはいたしません」 こう言って、いさぎよくその場で死んでおしまいになりました。 それで建御雷神(たけみかずちのかみ)は、さっそく、出雲国(いずものくに)の多芸志(たぎし)という浜にりっぱな大きなお社(やしろ)をたてて、ちゃんと望みのとおりにまつりました。 そして櫛八玉神(くしやたまのかみ)という神を、お供(そな)えものを料理する料理人にしてつけ添(そ)えました。 すると八玉神(やたまのかみ)は、う[#「う」に傍点]になって、海の底(そこ)の土をくわえて来て、それで、いろんなお供えものをあげるかわらけをこしらえました。 それからある海草の茎(くき)で火切臼(ひきりうす)と火切杵(ひきりぎね)という物をこしらえて、それをすり合わせて火を切り出して、建御雷神(たけみかずちのかみ)に向かってこう言いました。 「私が切ったこの火で、そこいらが、大空の神の御殿のお料理場のように、すすでいっぱいになるまで欠かさず火をたき、かまどの下が地の底の岩のように固(かた)くなるまで絶えず火をもやして、りょうしたちの取って来る大すずきをたくさんに料理して、大空の神の召しあがるようなりっぱなごちそうを、いつもいつもお供えいたします」と言いました。 建御雷神(たけみかずちのかみ)はそれでひとまず安心して、大空へ帰りのぼりました。 そして天照大神(あまてらすおおかみ)と高皇産霊神(たかみむすびのかみ)に、すっかりこのことを、くわしく奏上(そうじょう)いたしました。 一 天照大神(あまてらすおおかみ)と高皇産霊神(たかみむすびのかみ)とは、あれほど乱(みだ)れさわいでいた下界を、建御雷神(たけみかずちのかみ)たちが、ちゃんとこちらのものにして帰りましたので、さっそく天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)をお召(め)しになって、 「葦原(あしはら)の中つ国はもはやすっかり平(たい)らいだ。 おまえはこれからすぐにくだって、さいしょ申しつけたように、あの国を治めてゆけ」とおっしゃいました。 命(みこと)はおおせに従って、すぐに出発の用意におとりかかりになりました。 するとちょうどそのときに、お妃(きさき)の秋津師毘売命(あきつしひめのみこと)が男のお子さまをお生みになりました。 忍穂耳命(おしほみみのみこと)は大神のご前(ぜん)へおいでになって、 「私たち二人に、世嗣(よつぎ)の子供が生まれました。 名前は日子番能邇邇芸命(ひこほのににぎのみこと)とつけました。 中つ国へくだしますには、この子がいちばんよいかと存じます」とおっしゃいました。 それで大神は、そのお孫さまの命(みこと)が大きくおなりになりますと、改めておそばへ召して、 「下界に見えるあの中つ国は、おまえの治める国であるぞ」とおっしゃいました。 命は、かしこまって、 「それでは、これからすぐにくだってまいります」とおっしゃって、急いでそのお手はずをなさいました。 そしてまもなく、いよいよお立ちになろうとなさいますと、ちょうど、大空のお通り道のある四つじに、だれだか一人の神が立ちはだかって、まぶしい光をきらきらと放ちながら、上は高天原(たかまのはら)までもあかあかと照らし、下は中つ国までいちめんに照り輝(かがや)かせておりました。 天照大神(あまてらすおおかみ)と高皇産霊神(たかみむすびのかみ)とはそれをご覧になりますと、急いで天宇受女命(あめのうずめのみこと)をお呼びになって、 「そちは女でこそあれ、どんな荒(あら)くれた神に向かいあっても、びくともしない神だから、だれをもおいておまえを遣(つかわ)すのである。 あの、道をふさいでいる神のところへ行ってそう言って来い。 大空の神のお子がおくだりになろうとするのに、そのお通り道を妨(さまた)げているおまえは何者かと、しっかり責(せ)めただして来い」とお言いつけになりました。 宇受女命(うずめのみこと)はさっそくかけつけて、きびしくとがめたてました。 すると、その神は言葉(ことば)をひくくして、 「私は下界の神で名は猿田彦神(さるたひこのかみ)と申します者でございます。 ただいまここまで出てまいりましたのは、大空の神のお子さまがまもなくおくだりになると承りましたので、及(およ)ばずながら私がお道筋(すじ)をご案内申しあげたいと存じまして、お迎えにまいりましたのでございます」とお答え申しました。 大神はそれをお聞きになりましてご安心なさいました。 そして天児屋根命(あめのこやねのみこと)、太玉命(ふとだまのみこと)、天宇受女命(あめのうずめのみこと)、石許理度売命(いしこりどめのみこと)、玉祖命(たまのおやのみこと)の五人を、お孫さまの命(みこと)のお供の頭(かしら)としておつけ添(そ)えになりました。 そしておしまいにお別れになるときに、八尺(やさか)の曲玉(まがたま)という、それはそれはごりっぱなお首飾(くびかざ)りの玉と、八咫(やた)の鏡(かがみ)という神々(こうごう)しいお鏡と、かねて須佐之男命(すさのおのみこと)が大じゃの尾の中からお拾いになった、鋭い御剣(みつるぎ)と、この三つの貴(とうと)いご自分のお持物を、お手ずから命(みこと)にお授けになって、 「この鏡は私の魂(たましい)だと思って、これまで私に仕えてきたとおりに、たいせつに崇(あが)め祀(まつ)るがよい」とおっしゃいました。 それから大空の神々の中でいちばんちえの深い思金神(おもいかねのかみ)と、いちばんすぐれて力の強い手力男神(たぢからおのかみ)とをさらにおつけ添(そ)えになったうえ、 「思金神(おもいかねのかみ)よ、そちはあの鏡の祀(まつ)りをひき受けて、よくとり行なえよ」とおおせつけになりました。 邇邇芸命(ににぎのみこと)はそれらの神々をはじめ、おおぜいのお供の神をひきつれて、いよいよ大空のお住まいをおたちになり、いく重(え)ともなくはるばるとわき重なっている、深い雲の峰(みね)をどんどんおし分けて、ご威光(いこう)りりしくお進みになり、やがて天浮橋(あめのうきはし)をもおし渡(わた)って、どうどうと下界に向かってくだっておいでになりました。 そのまっさきには、天忍日命(あめのおしひのみこと)と、天津久米命(あまつくめのみこと)という、よりすぐった二人の強い神さまが、大きな剣(つるぎ)をつるし、大きな弓と強い矢とを負(お)い抱(かか)えて、勇ましくお先払いをして行きました。 命たちはしまいに、日向(ひゅうが)の国の高千穂(たかちほ)の山の、串触嶽(くしふるだけ)という険(けわ)しい峰の上にお着きになりました。 そしてさらに韓国嶽(からくにだけ)という峰へおわたりになり、そこからだんだんと、ひら地へおくだりになって、お住まいをお定めになる場所を探し探し、海の方へ向かって出ておいでになりました。 そのうちに同じ日向(ひゅうが)の笠沙(かささ)の岬(みさき)へお着きになりました。 邇邇芸命(ににぎのみこと)は、 「ここは朝日もま向きに射(さ)し、夕日もよく照って、じつにすがすがしいよいところだ」とおっしゃって、すっかりお気にめしました。 それでとうとう最後にそこへお住まいになることにおきめになりました。 そしてさっそく、地面のしっかりしたところへ、大きな広い御殿(ごてん)をおたてになりました。 命(みこと)は、それから例の宇受女命(うずめのみこと)をお召(め)しになって、 「そちは、われわれの道案内をしてくれた、あの猿田彦神(さるたひこのかみ)とは、さいしょからの知り合いである。 それでそちがつき添って、あの神が帰るところまで送って行っておくれ。 それから、あの神のてがらを記念してやる印に、猿田彦(さるたひこ)という名まえをおまえが継(つ)いで、あの神と二人のつもりで私(わたし)に仕えよ」とおっしゃいました。 宇受女命(うずめのみこと)はかしこまって、猿田彦神を送ってまいりました。 猿田彦神は、その後、伊勢(いせ)の阿坂(あざか)というところに住んでいましたが、あるときりょうに出て、ひらふがいという大きな貝に手をはさまれ、とうとうそれなり海の中へ引き入れられて、おぼれ死にに死んでしまいました。 宇受女命(うずめのみこと)はその神を送り届(とど)けて帰って来ますと、笠沙(かささ)の海ばたへ、大小さまざまの魚(さかな)をすっかり追い集めて、 「おまえたちは大空の神のお子さまにお仕え申すか」と聞きました。 そうすると、どの魚も一ぴき残らず、 「はいはい、ちゃんとご奉公申しあげます」とご返事をしましたが、中でなまこがたった一人、お答えをしないで黙(だま)っておりました。 すると宇受女命(うずめのみこと)は怒って、 「こゥれ、返事をしない口はその口か」と言いざま、手早く懐剣(かいけん)を抜(ぬ)きはなって、そのなまこの口をぐいとひとえぐり切り裂(さ)きました。 ですからなまこの口はいまだに裂けております。 二 そのうちに邇邇芸命(ににぎのみこと)は、ある日、同じみさきできれいな若い女の人にお出会いになりました。 「おまえはだれの娘(むすめ)か」とおたずねになりますと、その女の人は、 「私は大山津見神(おおやまつみのかみ)の娘の木色咲耶媛(このはなさくやひめ)と申す者でございます」とお答え申しました。 「そちにはきょうだいがあるか」とかさねてお聞きになりますと、 「私には石長媛(いわながひめ)と申します一人の姉がございます」と申しました。 命(みこと)は、 「わたしはおまえをお嫁(よめ)にもらいたいと思うが、来るか」とお聞きになりました。 すると咲耶媛(さくやひめ)は、 「それは私からはなんとも申しあげかねます。 どうぞ父の大山津見神(おおやまつみのかみ)におたずねくださいまし」と申しあげました。 命(みこと)はさっそくお使いをお出しになって、大山津見神(おおやまつみのかみ)に咲耶媛(さくやひめ)をお嫁にもらいたいとお申しこみになりました。 大山津見神(おおやまつみのかみ)はたいそう喜んで、すぐにその咲耶媛(さくやひめ)に、姉の石長媛(いわながひめ)をつき添(そ)いにつけて、いろいろのお祝いの品をどっさり持たせてさしあげました。 命(みこと)は非常にお喜びになって、すぐ咲耶媛とご婚礼をなさいました。 しかし姉の石長媛は、それはそれはひどい顔をした、みにくい女でしたので、同じ御殿(ごてん)でいっしょにおくらしになるのがおいやだものですから、そのまますぐに、父の神の方へお送りかえしになりました。 大山津見(おおやまつみ)は恥(は)じ入って、使いをもってこう申しあげました。 「私が木色咲耶媛(このはなさくやひめ)に、わざわざ石長媛(いわながひめ)をつき添いにつけましたわけは、あなたが咲耶媛(さくやひめ)をお嫁になすって、その名のとおり、花が咲(さ)き誇(ほこ)るように、いつまでもお栄えになりますばかりでなく、石長媛(いわながひめ)を同じ御殿にお使いになりませば、あの子の名まえについておりますとおり、岩が雨に打たれ風にさらされても、ちっとも変わらずにがっしりしているのと同じように、あなたのおからだもいつまでもお変わりなくいらっしゃいますようにと、それをお祈り申してつけ添えたのでございます。 それだのに、咲耶媛(さくやひめ)だけをおとめになって、石長媛(いわながひめ)をおかえしになったうえは、あなたも、あなたのご子孫のつぎつぎのご寿命(じゅみょう)も、ちょうど咲いた花がいくほどもなく散りはてるのと同じで、けっして永(なが)くは続きませんよ」と、こんなことを申し送りました。 そのうちに咲耶媛(さくやひめ)は、まもなくお子さまが生まれそうになりました。 それで命にそのことをお話しになりますと、命はあんまり早く生まれるので変だとおぼしめして、 「それはわしたち二人の子であろうか」とお聞きになりました。 咲耶媛(さくやひめ)は、そうおっしゃられて、 「どうしてこれが二人よりほかの者の子でございましょう。 もし私たち二人の子でございませんでしたら、けっして無事にお産はできますまい。 ほんとうに二人の子である印(しるし)には、どんなことをして生みましても、必ず無事に生まれるに相違ございません」 こう言ってわざと出入口のないお家をこしらえて、その中におはいりになり、すきまというすきまをぴっしり土で塗(ぬ)りつぶしておしまいになりました。 そしていざお産をなさるというときに、そのお家へ火をつけてお燃(も)やしになりました。 しかしそんな乱暴(らんぼう)な生み方をなすっても、お子さまは、ちゃんとご無事に三人もお生まれになりました。 媛(ひめ)は、はじめ、うちじゅうに火が燃え広がって、どんどん炎(ほのお)をあげているときにお生まれになった方を火照命(ほてりのみこと)というお名まえになさいました。 それから、つぎつぎに、火須勢理命(ほすせりのみこと)、火遠理命(ほおりのみこと)というお二方(ふたかた)がお生まれになりました。 火遠理命(ほおりのみこと)はまたの名を日子穂穂出見命(ひこほほでみのみこと)ともお呼(よ)び申しました。 一 三人のごきょうだいは、まもなく大きな若(わか)い人におなりになりました。 その中でおあにいさまの火照命(ほてりのみこと)は、海でりょうをなさるのがたいへんおじょうずで、いつもいろんな大きな魚(さかな)や小さな魚をたくさんつってお帰りになりました。 末の弟さまの火遠理命(ほおりのみこと)は、これはまた、山でりょうをなさるのがそれはそれはお得意で、しじゅういろんな鳥や獣をどっさりとってお帰りになりました。 あるとき弟の命(みこと)は、おあにいさまに向かって、 「ひとつためしに二人で道具を取りかえて、互(たが)いに持ち場をかえて、りょうをしてみようではありませんか」とおっしゃいました。 おあにいさまは、弟さまがそう言って三度もお頼(たの)みになっても、そのたんびにいやだと言ってお聞き入れになりませんでした。 しかし弟さまが、あんまりうるさくおっしゃるものですから、とうとうしまいに、いやいやながらお取りかえになりました。 弟さまは、さっそくつり道具を持って海ばたへお出かけになりました。 しかし、つりのほうはまるでおかってがちがうので、いくらおあせりになっても一ぴきもおつれになれないばかりか、しまいにはつり針(ばり)を海の中へなくしておしまいになりました。 おあにいさまの命(みこと)も、山のりょうにはおなれにならないものですから、いっこうに獲物(えもの)がないので、がっかりなすって、弟さまに向かって、 「わしのつり道具を返してくれ、海のりょうも山のりょうも、お互(たが)いになれたものでなくてはだめだ。 さあこの弓矢を返そう」とおっしゃいました。 弟さまは、 「私はとんだことをいたしました。 とうとう魚を一ぴきもつらないうちに、針を海へ落としてしまいました」とおっしゃいました。 するとおあにいさまはたいへんにお怒(おこ)りになって、無理にもその針をさがして来いとおっしゃいました。 弟さまはしかたなしに、身につるしておいでになる長い剣(つるぎ)を打ちこわして、それでつり針を五百本こしらえて、それを代わりにおさしあげになりました。 しかし、おあにいさまは、もとの針でなければいやだとおっしゃって、どうしてもお聞きいれになりませんでした。 それで弟さまはまた千本の針をこしらえて、どうぞこれでかんべんしてくださいましと、お頼みになりましたが、おあにいさまは、どこまでも、もとの針でなければいやだとお言いはりになりました。 ですから弟さまは、困(こま)っておしまいになりまして、ひとりで海ばたに立って、おいおい泣(な)いておいでになりました。 そうすると、そこへ塩椎神(しおつちのかみ)という神が出てまいりまして、 「もしもし、あなたはどうしてそんなに泣いておいでになるのでございます」と聞いてくれました。 弟さまは、 「私(わたし)はおあにいさまのつり針を借りてりょうをして、その針を海の中へなくしてしまったのです。 だから代わりの針をたくさんこしらえて、それをお返しすると、おあにいさまは、どうしてももとの針を返せとおっしゃってお聞きにならないのです」 こう言って、わけをお話しになりました。 塩椎神(しおつちのかみ)はそれを聞くと、たいそうお気の毒に思いまして、 「それでは私がちゃんとよくしてさしあげましょう」と言いながら、大急ぎで、水あかが少しもはいらないように、かたく編んだ、かごの小船(こぶね)をこしらえて、その中へ火遠理命(ほおりのみこと)をお乗せ申しました。 「それでは私が押(お)し出しておあげ申しますから、そのままどんどん海のまんなかへ出ていらっしゃいまし。 そしてしばらくお行きになりますと、向こうの波の間によい道がついておりますから、それについてどこもでも流れておいでになると、しまいにたくさんのむねが魚のうろこのように立ち並(なら)んだ、大きな大きなお宮へお着きになります。 それは綿津見(わたつみ)の神という海の神の御殿(ごてん)でございます。 そのお宮の門のわきに井戸(いど)があります。 井戸の上にかつらの木がおいかぶさっておりますから、その木の上にのぼって待っていらっしゃいまし。 そうすると海の神の娘(むすめ)が見つけて、ちゃんといいようにとりはからってくれますから」と言って、力いっぱいその船を押し出してくれました。 二 命(みこと)はそのままずんずん流れてお行きになりました。 そうするとまったく塩椎神(しおつちのかみ)が言ったように、しばらくして大きな大きなお宮へお着きになりました。 命はさっそくその門のそばのかつらの木にのぼって待っておいでになりました。 そうすると、まもなく、綿津見神(わたつみのかみ)の娘(むすめ)の豊玉媛(とよたまひめ)のおつきの女が、玉の器(うつわ)を持って、かつらの木の下の井戸(いど)へ水をくみに来ました。 女は井戸の中を見ますと、人の姿(すがた)がうつっているので、ふしぎに思って上を向いて見ますと、かつらの木にきれいな男の方がいらっしゃいました。 命は、その女に水をくれとお言いになりました。 女は急いで玉の器にくみ入れてさしあげました。 しかし命はその水をお飲みにならないで、首にかけておいでになる飾(かざ)りの玉をおほどきになって、それを口にふくんで、その玉の器の中へ吐(は)き入れて、女にお渡しになりました。 女は器を受け取って、その玉をとり出そうとしますと、玉は器の底に固(かた)くくっついてしまって、どんなにしても離(はな)れませんでした。 それで、そのままうちの中へ持ってはいって、豊玉媛にその器ごとさし出しました。 豊玉媛(とよたまひめ)は、その玉を見て、 「門口(かどぐち)にだれかおいでになっているのか」と聞きました。 女は、 「井戸のそばのかつらの木の上にきれいな男の方がおいでになっています。 それこそは、こちらの王さまにもまさって、それはそれはけだかい貴(とうと)い方でございます。 その方が水をくれとおっしゃいましたから、すぐに、この器へくんでさしあげますと、水はおあがりにならないで、お首飾りの玉を中へお吐き入れになりました。 そういたしますと、その玉が、ご覧(らん)のように、どうしても底から離れないのでございます」と言いました。 媛(ひめ)は命(みこと)のお姿を見ますと、すぐにおとうさまの海の神のところへ行って、 「門口にきれいな方がいらしっています」と言いました。 海の神は、わざわざ自分で出て見て、 「おや、あのお方は、大空からおくだりになった、貴い神さまのお子さまだ」と言いながら、急いでお宮へお通し申しました。 そしてあしかの毛皮を八枚(まい)重(かさ)ねて敷(し)き、その上へまた絹の畳(たたみ)を八枚重ねて、それへすわっていただいて、いろいろごちそうをどっさり並(なら)べて、それはそれはていねいにおもてなしをしました。 そして豊玉媛をお嫁(よめ)にさしあげました。 それで命(みこと)はそのまま媛(ひめ)といっしょにそこにお住まいになりました。 そのうちに、いつのまにか三年という月日がたちました。 すると命はある晩、ふと例の針(はり)のことをお思い出しになって、深いため息をなさいました。 豊玉媛(とよたまひめ)はあくる朝、そっと父の神のそばへ行って、 「おとうさま、命(みこと)はこのお宮に三年もお住まいになっていても、これまでただの一度もめいったお顔をなさったことがないのに、ゆうべにかぎって深いため息をなさいました。 なにか急にご心配なことがおできになったのでしょうか」と言いました。 海の神はそれを聞くと、あとで命に向かって、 「さきほど娘(むすめ)が申しますには、あなたは三年の間こんなところにおいでになりましても、ふだんはただの一度も、ものをお嘆(なげ)きになったことがないのに、ゆうべはじめてため息をなさいましたと申します。 何かわけがおありになるのでございますか。 いったいいちばんはじめ、どうしてこの海の中なぞへおいでになったのでございます」こう言っておたずね申しました。 命はこれこれこういうわけで、つり針(ばり)をさがしに来たのですとおっしゃいました。 海の神はそれを聞くと、すぐに海じゅうの大きな魚(さかな)や小さな魚を一ぴき残さず呼(よ)び集めて、 「この中にだれか命の針をお取り申した者はいないか」と聞きました。 すると魚たちは、 「こないだから雌(め)だいがのどにとげを立てて物が食べられないで困(こま)っておりますが、ではきっとお話のつり針をのんでいるに相違ございません」と言いました。 海の神はさっそくそのたいを呼んで、のどの中をさぐって見ますと、なるほど、大きなつり針を一本のんでおりました。 海の神はそれを取り出して、きれいに洗って命にさしあげました。 すると、それがまさしく命のおなくしになったあの針でした。 海の神は、 「それではお帰りになって、おあにいさまにお返しになりますときには、 いやなつり針、 わるいつり針、 ばかなつり針。 とおっしゃりながら、必ずうしろ向きになってお渡しなさいまし。 それから、こんどからはおあにいさまが高いところへ田をお作りになりましたら、あなたは低いところへお作りなさいまし。 そのあべこべに、おあにいさまが低いところへお作りになりましたら、あなたは高いところへお作りになることです。 すべて世の中の水という水は私が自由に出し入れするのでございます。 おあにいさまは針のことでずいぶんあなたをおいじめになりましたから、これからはおあにいさまの田へはちっとも水をあげないで、あなたの田にばかりどっさり入れておあげ申します。 ですから、おあにいさまは三年のうちに必ず貧乏(びんぼう)になっておしまいになります。 そうすると、きっとあなたをねたんで殺しにおいでになるに相違ございません。 そのときには、この満潮(みちしお)の玉を取り出して、おぼらしておあげなさい。 この中から水がいくらでもわいて出ます。 しかし、おあにいさまが助けてくれとおっしゃられておわびをなさるなら、こちらのこの干潮(ひしお)の玉を出して、水をひかせておあげなさいまし。 ともかく、そうして少しこらしめておあげになるがようございます」 こう言って、そのたいせつな二つの玉を命(みこと)にさしあげました。 それからけらいのわにをすっかり呼(よ)び集めて、 「これから大空の神のお子さまが陸の世界へお帰りになるのだが、おまえたちはいく日あったら命をお送りして帰ってくるか」と聞きました。 わにたちは、お互いにからだの大きさにつれてそれぞれかんじょうして、めいめいにお返事をしました。 その中で六尺(しゃく)ばかりある大わには、 「私は一日あれば行ってまいります」と言いました。 海の神は、 「それではおまえお送り申してくれ。 しかし海を渡るときに、けっしてこわい思いをおさせ申してはならないぞ」とよく言い聞かせた上、その首のところへ命をお乗せ申して、はるばるとお送り申して行かせました。 すると、わにはうけあったとおりに、一日のうちに命をもとの浜までおつれ申しました。 命はご自分のつるしておいでになる小さな刀をおほどきになって、それをごほうびにわにの首へくくりつけておかえしになりました。 命はそれからすぐに、おあにいさまのところへいらしって、海の神が教えてくれたとおりに、 いやなつり針(ばり)、 悪いつり針、 ばかなつり針。 と言い言い、例のつり針を、うしろ向きになってお返しになりました。 それから田を作るにも海の神が言ったとおりになさいました。 そうすると、命の田からは、毎年どんどんおこめが取れるのに、おあにいさまの田には、水がちっとも来ないものですから、おあにいさまは、三年の間にすっかり貧乏(びんぼう)になっておしまいになりました。 するとおあにいさまは、あんのじょう、命のことをねたんで、いくどとなく殺しにおいでになりました。 命はそのときにはさっそく満潮(みちしお)の玉を出して、大水をわかせてお防ぎになりました。 おあにいさまは、たんびにおぼれそうになって、助けてくれ、助けてくれ、とおっしゃいました。 命はそのときには干潮(ひしお)の玉を出してたちまち水をおひかせになりました。 そんなわけで、おあにいさまも、しまいには弟さまの命にはとてもかなわないとお思いになり、とうとう頭をさげて、 「どうかこれまでのことは許しておくれ。 私はこれからしょうがい、夜昼おまえのうちの番をして、おまえに奉公するから」と、かたくお誓(ちか)いになりました。 ですから、このおあにいさまの命のご子孫は、後の代(よ)まで、命が水におぼれかけてお苦しみになったときの身振(みぶ)りをまねた、さまざまなおかしな踊(おど)りを踊るのが、代々きまりになっておりました。 三 そのうちに、火遠理命(ほおりのみこと)が海のお宮へ残しておかえりになった、お嫁(よめ)さまの豊玉媛(とよたまひめ)が、ある日ふいに海の中から出ていらしって、 「私はかねて身重(みおも)になっておりましたが、もうお産をいたしますときがまいりました。 しかし大空の神さまのお子さまを海の中へお生み申してはおそれ多いと存じまして、はるばるこちらまで出てまいりました」とおっしゃいました。 それで命(みこと)は急いで、うぶやという、お産をするおうちを、海ばたへおたてになりました。 その屋根はかやの代わりに、うの羽根を集めておふかせになりました。 するとその屋根がまだできあがらないうちに、豊玉媛は、もう産けがおつきになって、急いでそのうちへおはいりになりました。 そのとき媛(ひめ)は命に向かって、 「すべての人がお産をいたしますには、みんな自分の国のならわしがありまして、それぞれへんなかっこうをして生みますものでございます。 それですから、どうぞ私がお産をいたしますところも、けっしてご覧(らん)にならないでくださいましな」と、かたくお願いしておきました。 命は媛(ひめ)がわざわざそんなことをおっしゃるので、かえって変だとおぼしめして、あとでそっと行ってのぞいてご覧になりました。 そうすると、たった今まで美しい女であった豊玉媛が、いつのまにか八ひろもあるような恐ろしい大わにになって、うんうんうなりながらはいまわっていました。 命はびっくりして、どんどん逃(に)げ出しておしまいになりました。 豊玉媛はそれを感づいて、恥ずかしくて恥ずかしくてたまらないものですから、お子さまをお生み申すと、命に向かって、 「私はこれから、しじゅう海を往来して、お目にかかりにまいりますつもりでおりましたが、あんな、私の姿をご覧になりましたので、ほんとうにお恥ずかしくて、もうこれきりおうかがいもできません」こう言って、そのお子さまをあとにお残し申したまま、海の中の通り道をすっかりふさいでしまって、どんどん海の底へ帰っておしまいになりました。 そしてそれなりとうとう一生、二度と出ていらっしゃいませんでした。 お二人の中のお子さまは、うの羽根の屋根がふきおえないうちにお生まれになったので、それから取って、鵜茅草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)とお呼(よ)びになりました。 媛(ひめ)は海のお宮にいらしっても、このお子さまのことが心配でならないものですから、お妹さまの玉依媛(たまよりひめ)をこちらへよこして、その方の手で育てておもらいになりました。 媛は夫の命が自分のひどい姿をおのぞきになったことは、いつまでたっても恨(うら)めしくてたまりませんでしたけれど、それでも命のことはやっぱり恋しくおしたわしくて、かたときもお忘(わす)れになることができませんでした。 それで玉依媛にことづけて、 赤玉は、 緒(お)さえ光れど、 白玉(しらたま)の、 君が装(よそお)し、 貴(とうと)くありけり。 という歌をお送りになりました。 これは、 「赤い玉はたいへんにりっぱなもので、それをひもに通して飾(かざ)りにすると、そのひもまで光って見えるくらいですが、その赤玉にもまさった、白玉のようにうるわしいあなたの貴いお姿(すがた)を、私はしじゅうお慕(した)わしく思っております」という意味でした。 命(みこと)はたいそうあわれにおぼしめして、私もおまえのことはけっして忘(わす)れはしないという意味の、お情けのこもったお歌をお返しになりました。 命は高千穂(たかちほ)の宮というお宮に、とうとう五百八十のお年までお住まいになりました。 一 鵜茅草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)は、ご成人の後、玉依媛(たまよりひめ)を改めてお妃(きさき)にお立てになって、四人の男のお子をおもうけになりました。 この四人のごきょうだいのうち、二番めの稲氷命(いなひのみこと)は、海をこえてはるばると、常世国(とこよのくに)という遠い国へお渡りになりました。 ついで三番めの若御毛沼命(わかみけぬのみこと)も、お母上のお国の、海の国へ行っておしまいになり、いちばん末の弟さまの神倭伊波礼毘古命(かんやまといわれひこのみこと)が、高千穂(たかちほ)の宮にいらしって、天下をお治めになりました。 しかし、日向(ひゅうが)はたいへんにへんぴで、政(まつりごと)をお聞きめすのにひどくご不便でしたので、命(みこと)はいちばん上のおあにいさまの五瀬命(いつせのみこと)とお二人でご相談のうえ、 「これは、もっと東の方へ移ったほうがよいであろう」とおっしゃって、軍勢を残らずめしつれて、まず筑前国(ちくぜんのくに)に向かっておたちになりました。 その途中、豊前(ぶぜん)の宇佐(うさ)にお着きになりますと、その土地の宇佐都比古(うさつひこ)、宇佐都比売(うさつひめ)という二人の者が、御殿(ごてん)をつくってお迎え申し、てあつくおもてなしをしました。 命はそこから筑前(ちくぜん)へおはいりになりました。 そして岡田宮(おかだのみや)というお宮に一年の間ご滞在になった後、さらに安芸(あき)の国へおのぼりになって、多家理宮(たけりのみや)に七年間おとどまりになり、ついで備前(びぜん)へお進みになって、八年の間高島宮(たかしまのみや)にお住まいになりました。 そしてそこからお船をつらねて、波の上を東に向かっておのぼりになりました。 そのうちに速吸門(はやすいのと)というところまでおいでになりますと、向こうから一人の者が、かめの背なかに乗って、魚(さかな)をつりながら出て来まして、命(みこと)のお船を見るなり、両手をあげてしきりに手招(てまね)きをいたしました。 命はその者を呼(よ)びよせて、 「おまえは何者か」とお聞きになりますと、 「私はこの地方の神で宇豆彦(うずひこ)と申します」とお答えいたしました。 「そちはこのへんの海路を存じているか」とおたずねになりますと、 「よく存じております」と申しました。 「それではおれのお供につくか」とおっしゃいますと、 「かしこまりました。 ご奉公申しあげます」とお答え申しましたので、命はすぐにおそばの者に命じて、さおをさし出させてお船へ引きあげておやりになりました。 みんなは、そこから、なお東へ東へとかじを取って、やがて摂津(せっつ)の浪速(なみはや)の海を乗り切って、河内国(かわちのくに)の、青雲(あをぐも)の白肩津(しらかたのつ)という浜へ着きました。 するとそこには、大和(やまと)の鳥見(とみ)というところの長髄彦(ながすねひこ)という者が、兵をひきつれて待ちかまえておりました。 命は、いざ船からおおりになろうとしますと、かれらが急にどっと矢を射(い)向けて来ましたので、お船の中から盾(たて)を取り出して、ひゅうひゅう飛んで来る矢の中をくぐりながらご上陸なさいました。 そしてすぐにどんどん戦(いくさ)をなさいました。 そのうちに五瀬命(いつせのみこと)が、長髄彦(ながすねひこ)の鋭い矢のために大きずをお受けになりました。 命(みこと)はその傷をおおさえになりながら、 「おれたちは日の神の子孫でありながら、お日さまの方に向かって攻めかかったのがまちがいである。 だからかれらの矢にあたったのだ。 これから東の方へ遠まわりをして、お日さまを背なかに受けて戦おう」とおっしゃって、みんなをめし集めて、弟さまの命といっしょにもう一度お船におめしになり、大急ぎで海のまん中へお出ましになりました。 その途中で、命はお手についた傷の血をお洗いになりました。 しかしそこから南の方へまわって、紀伊国(きいのくに)の男(お)の水門(みなと)までおいでになりますと、お傷の痛(いた)みがいよいよ激しくなりました。 命は、 「ああ、くやしい。 かれらから負わされた手傷で死ぬるのか」と残念そうなお声でお叫びになりながら、とうとうそれなりおかくれになりました。 二 神倭伊波礼毘古命(かんやまといわれひこのみこと)は、そこからぐるりとおまわりになり、同じ紀伊(きい)の熊野(くまの)という村にお着きになりました。 するとふいに大きな大ぐまが現われて、あっというまにまたすぐ消えさってしまいました。 ところが、命(みこと)もお供の軍勢もこの大ぐまの毒気にあたって、たちまちぐらぐらと目がくらみ、一人のこらず、その場に気絶してしまいました。 そうすると、そこへ熊野(くまの)の高倉下(たかくらじ)という者が、一ふりの太刀(たち)を持って出て来まして、伏(ふ)し倒(たお)れておいでになる伊波礼毘古命(いわれひこのみこと)に、その太刀をさしだしました。 命はそれといっしょに、ふと正気(しょうき)におかえりになって、 「おや、おれはずいぶん長寝(ながね)をしたね」とおっしゃりながら、高倉下(たかくらじ)がささげた太刀(たち)をお受けとりになりますと、その太刀に備わっている威光でもって、さっきのくまをさし向けた熊野の山の荒くれた悪神(わるがみ)どもは、ひとりでにばたばたと倒(たお)れて死にました。 それといっしょに命の軍勢は、まわった毒から一度にさめて、むくむくと元気よく起きあがりました。 命はふしぎにおぼしめして、高倉下(たかくらじ)に向かって、この貴(とうと)い剣(つるぎ)のいわれをおたずねになりました。 高倉下(たかくらじ)は、うやうやしく、 「実はゆうべふと夢を見ましたのでございます。 その夢の中で、天照大神(あまてらすおおかみ)と高皇産霊神(たかみむすびのかみ)のお二方(ふたかた)が、建御雷神(たけみかずちのかみ)をおめしになりまして、葦原中国(あしはらのなかつくに)は、今しきりに乱(みだ)れ騒(さわ)いでいる。 われわれの子孫たちはそれを平らげようとして、悪神(わるがみ)どもから苦しめられている。 あの国は、いちばんはじめそちが従えて来た国だから、おまえもう一度くだって平らげてまいれとおっしゃいますと、建御雷神(たけみかずちのかみ)は、それならば、私がまいりませんでも、ここにこの前あすこを平らげてまいりましたときの太刀(たち)がございますから、この太刀をくだしましょう。 それには、高倉下(たかくらじ)の倉(くら)のむねを突きやぶって落としましょうと、こうお答えになりました。 それからその建御雷神(たけみかずちのかみ)は、私に向かって、おまえの倉(くら)のむねを突きとおしてこの刀を落とすから、あすの朝すぐに、大空の神のご子孫にさしあげよとお教えくださいました。 目がさめまして、倉へまいって見ますと、おおせのとおりに、ちゃんとただいまのその太刀(たち)がございましたので、急いでさしあげにまいりましたのでございます」 こう言って、わけをお話し申しました。 そのうちに、高皇産霊神(たかみむすびのかみ)は、雲の上から伊波礼毘古命(いわれひこのみこと)に向かって、 「大空の神のお子よ、ここから奥(おく)へはけっしてはいってはいけませんよ。 この向こうには荒(あ)らくれた神たちがどっさりいます。 今これから私が八咫烏(やたがらす)をさしくだすから、そのからすの飛んで行く方へついておいでなさい」とおさとしになりました。 まもなくおおせのとおり、そのからすがおりて来ました。 命(みこと)はそのからすがつれて行くとおりに、あとについてお進みになりますと、やがて大和(やまと)の吉野河(よしのがわ)の河口(かわぐち)へお着きになりました。 そうするとそこにやなをかけて魚(さかな)をとっているものがおりました。 「おまえはだれだ」とおたずねになりますと、 「私はこの国の神で、名は贄持(にえもち)の子と申します」とお答え申しました。 それから、なお進んでおいでになりますと、今度はおしりにしっぽのついている人間が、井戸(いど)の中から出て来ました。 そしてその井戸がぴかぴか光りました。 「おまえは何者か」とおたずねになりますと、 「私はこの国の神で井冰鹿(いひか)と申すものでございます」とお答えいたしました。 命(みこと)はそれらの者を、いちいちお供(とも)におつれになって、そこから山の中を分けていらっしゃいますと、またしっぽのある人にお会いになりました。 この者は岩をおし分けて出て来たのでした。 「おまえはだれか」とお聞きになりますと、 「わたしはこの国の神で、名は石押分(いわおしわけ)の子と申します。 ただいま、大空の神のご子孫がおいでになると承りまして、お供に加えていただきにあがりましたのでございます」と申しあげました。 命は、そこから、いよいよ険(けわ)しい深い山を踏(ふ)み分けて、大和(やまと)の宇陀(うだ)というところへおでましになりました。 この宇陀には、兄宇迦斯(えうかし)、弟宇迦斯(おとうかし)というきょうだいの荒(あら)くれ者がおりました。 命はその二人のところへ八咫烏(やたがらす)を使いにお出しになって、 「今、大空の神のご子孫がおこしになった。 おまえたちはご奉公申しあげるか」とお聞かせになりました。 すると、兄の兄宇迦斯(えうかし)はいきなりかぶら矢を射(い)かけて、お使いのからすを追いかえしてしまいました。 兄宇迦斯(えうかし)は命がおいでになるのを待ち受けて討(う)ってかかろうと思いまして、急いで兵たいを集めにかかりましたが、とうとう人数(にんずう)がそろわなかったものですから、いっそのこと、命をだまし討ちにしようと思いまして、うわべではご奉公申しあげますと言いこしらえて、命をお迎え申すために、大きな御殿(ごてん)をたてました。 そして、その中に、つり天じょうをしかけて、待ち受けておりました。 すると弟の弟宇迦斯(おとうかし)が、こっそりと命(みこと)のところへ出て来まして、命を伏(ふ)し拝みながら、 「私の兄の兄宇迦斯(えうかし)は、あなたさまを攻(せ)め亡(ほろ)ぼそうとたくらみまして、兵を集めにかかりましたが、思うように集まらないものですから、とうとう御殿の中につり天じょうをこしらえて待ち受けております。 それで急いでおしらせ申しにあがりました」と申しました。 そこで道臣命(みちおみのみこと)と大久米命(おおくめのみこと)の二人の大将が、兄宇迦斯(えうかし)を呼(よ)びよせて、 「こりゃ兄宇迦斯(えうかし)、おのれの作った御殿にはおのれがまずはいって、こちらの命(みこと)をおもてなしする、そのもてなしのしかたを見せろ」とどなりつけながら、太刀(たち)のえをつかみ、矢をつがえて、無理やりにその御殿の中へ追いこみました。 兄宇迦斯(えうかし)は追いまくられて逃げこむはずみに、自分のしかけたつり天じょうがどしんと落ちて、たちまち押(お)し殺されてしまいました。 二人の大将は、その死がいを引き出して、ずたずたに切り刻(きざ)んで投げ捨(す)てました。 命は弟宇迦斯(おとうかし)が献上(けんじょう)したごちそうを、けらい一同におくだしになって、お祝いの大宴会(えんかい)をお開きになりました。 命はそのとき、 「宇陀(うだ)の城(しろ)にしぎなわをかけて待っていたら、しぎはかからないで大くじらがかかり、わなはめちゃめちゃにこわれた。 ははは、おかしや」という意味を、歌にお歌いになって、兄宇迦斯(えうかし)のはかりごとの破れたことを、喜びお笑(わら)いになりました。 それからまたその宇陀(うだ)をおたちになって、忍坂(おさか)というところにお着きになりますと、そこには八十建(やそたける)といって、穴(あな)の中に住んでいる、しっぽのはえた、おおぜいの荒(あら)くれた悪者どもが、命(みこと)の軍勢を討(う)ち破ろうとして、大きな岩屋の中に待ち受けておりました。 命はごちそうをして、その悪者たちをお呼びになりました。 そして前もって、相手の一人に一人ずつ、お給仕につくものをきめておき、その一人一人に太刀(たち)を隠(かく)しもたせて、合い図の歌を聞いたら一度に切ってかかれと言い含(ふく)めておおきになりました。 みんなは、命が、 「さあ、今だ、うて」とお歌いになると、たちまち一度に太刀を抜(ぬ)き放って、建(たける)どもをひとり残さず切り殺してしまいました。 しかし命は、それらの賊たちよりも、もっともっとにくいのはおあにいさまの命(みこと)のお命を奪(うば)った、あの鳥見(とみ)の長髄彦(ながすねひこ)でした。 命はかれらに対しては、ちょうどしょうがを食べたあと、口がひりひりするように、いつまでも恨(うら)みをお忘(わす)れになることができませんでした。 命は、畑のにらを、根も芽(め)もいっしょに引き抜くように、かれらを根こそぎに討ち亡ぼしてしまいたい、海の中の大きな石に、きしゃごがまっくろに取りついているように、かれらをひしひしと取りまいて、一人残さず討ち取らなければおかないという意味を、勇ましい歌にしてお歌いになりました。 そして、とうとうかれらを攻め亡ぼしておしまいになりました。 そのとき、長髄彦(ながすねひこ)の方に、やはり大空の神のお血すじの、邇芸速日命(にぎはやひのみこと)という神がいました。 その神が命(みこと)のほうへまいって、 「私は大空の神の御子がおいでになったと承りまして、ご奉公に出ましてございます」と申しあげました。 そして大空の神の血筋(ちすじ)だという印(しるし)の宝物を、命に献上(けんじょう)しました。 命はそれから兄師木(えしき)、弟師木(おとしき)というきょうだいのものをご征伐になりました。 その戦(いくさ)で、命の軍勢は伊那佐(いなさ)という山の林の中に盾(たて)を並(なら)べて戦っているうちに、中途でひょうろうがなくなって、少し弱りかけて来ました。 命はそのとき、 「おお、私(わし)も飢(う)え疲(つか)れた。 このあたりのうを使う者たちよ。 早くたべ物を持って助けに来い」という意味のお歌をお歌いになりました。 命(みこと)はなおひきつづいて、そのほかさまざまの荒(あら)びる神どもをなつけて従わせ、刃(は)向かうものをどんどん攻(せ)め亡(ほろ)ぼして、とうとう天下をお平らげになりました。 それでいよいよ大和(やまと)の橿原宮(かしはらのみや)で、われわれの一番最初の天皇のお位におつきになりました。 神武天皇(じんむてんのう)とはすなわち、この貴(とうと)い伊波礼毘古命(いわれひこのみこと)のことを申しあげるのです。 三 天皇は、はじめ日向(ひゅうが)においでになりますときに、阿比良媛(あひらひめ)という方をお妃(きさき)に召(め)して、多芸志耳命(たぎしみみのみこと)と、もう一方(ひとかた)男のお子をおもうけになっていましたが、お位におつきになってから、改めて、皇后としてお立てになる、美しい方をおもとめになりました。 すると大久米命(おおくめのみこと)が、 「それには、やはり、大空の神のお血をお分けになった、伊須気依媛(いすけよりひめ)と申す美しい方がおいでになります。 これは三輪(みわ)の社(やしろ)の大物主神(おおものぬしのかみ)が、勢夜陀多良媛(せやだたらひめ)という女の方のおそばへ、朱塗(しゅぬ)りの矢に化けておいでになり、媛(ひめ)がその矢を持っておへやにおはいりになりますと、矢はたちまちもとのりっぱな男の神さまになって、媛のお婿(むこ)さまにおなりになりました。 伊須気依媛(いすけよりひめ)はそのお二人の中にお生まれになったお媛さまでございます」と申しあげました。 そこで天皇は、大久米命をおつれになって、その伊須気依媛(いすけよりひめ)を見においでになりました。 すると同じ大和(やまと)の、高佐士野(たかさじの)という野で、七人の若い女の人が野遊びをしているのにお出会いになりました。 するとちょうど伊須気依媛(いすけよりひめ)がその七人の中にいらっしゃいました。 大久米命はそれを見つけて、天皇に、このなかのどの方をおもらいになりますかということを、歌に歌ってお聞き申しますと、天皇はいちばん前にいる方を伊須気依媛(いすけよりひめ)だとすぐにおさとりになりまして、 「あのいちばん前にいる人をもらおう」と、やはり歌でお答えになりました。 大久米命は、その方のおそばへ行って、天皇のおおせをお伝えしようとしますと、媛は、大久米命が大きな目をぎろぎろさせながら来たので、変だとおぼしめして、 あめ、つつ、 ちどり、ましとと、 など裂(さ)ける利目(とめ)。 とお歌いになりました。 それは、 「あめ[#「あめ」に傍点]という鳥、つつ[#「つつに傍点」]という鳥、ましとと[#「ましとと」に傍点]という鳥やちどりの目のように、どうしてあんな大きな、鋭い目を光らせているのであろう」という意味でした。 大久米命は、すぐに、 「それはあなたを見つけ出そうとして、さがしていた目でございます」と歌いました。 媛(ひめ)のおうちは、狹井川(さいがわ)という川のそばにありました。 そこの川原(かわら)には、やまゆりがどっさり咲いていました。 天皇は、媛のおうちへいらしって、ひと晩とまってお帰りになりました。 媛はまもなく宮中におあがりになって、貴(とうと)い皇后におなりになりました。 お二人の中には、日子八井命(ひこやいのみこと)、神八井耳命(かんやいみみのみこと)、神沼河耳命(かんぬかわみみのみこと)と申す三人の男のお子がお生まれになりました。 天皇は、後におん年百三十七でおかくれになりました。 おなきがらは畝火山(うねびやま)にお葬(ほうむ)り申しあげました。 するとまもなく、さきに日向(ひゅうが)でお生まれになった多芸志耳命(たぎしみみのみこと)が、お腹(はら)ちがいの弟さまの日子八井命(ひこやいのみこと)たち三人をお殺し申して、自分ひとりがかってなことをしようとお企(くわだ)てになりました。 お母上の皇后はそのはかりごとをお見ぬきになって、 「畝火山(うねびやま)に昼はただの雲らしく、静かに雲がかかっているけれど、夕方になれば荒(あ)れが来て、ひどい風が吹き出すらしい。 木の葉がそのさきぶれのように、ざわざわさわいでいる」という意味の歌をお歌いになり、多芸志耳命(たぎしみみのみこと)が、いまに、おまえたちを殺しにかかるぞということを、それとなくおさとしになりました。 三人のお子たちは、それを聞いてびっくりなさいまして、それでは、こっちから先に命(みこと)を殺してしまおうとご相談なさいました。 そのときいちばん下の神沼河耳命(かんぬかわみみのみこと)は、中のおあにいさまの神八井耳命(かんやいみみのみこと)に向かって、 「では、あなた、命(みこと)のところへ押(お)しいって、お殺しなさい」とおっしゃいました。 それで神八井耳命(かんやいみみのみこと)は刀(かたな)を持ってお出かけになりましたが、いざとなるとぶるぶるふるえ出して、どうしても手出しをなさることができませんでした。 そこで弟さまの神沼河耳命(かんぬかわみみのみこと)がその刀をとってお進みになり、ひといきに命を殺しておしまいになりました。 神八井耳命(かんやいみみのみこと)はあとで弟さまに向かって、 「私はあのかたきを殺せなかったけれど、そなたはみごとに殺してしまった。 だから、私は兄だけれど、人のかみに立つことはできない。 どうぞそなたが天皇の位について天下を治めてくれ、私は神々をまつる役目をひき受けて、そなたに奉公をしよう」とおっしゃいました。 それで、弟の命はお二人のおあにいさまをおいてお位におつきになり、大和(やまと)の葛城宮(かつらぎのみや)にお移りになって、天下をお治めになりました。 すなわち第二代、綏靖天皇(すいぜいてんのう)さまでいらっしゃいます。 天皇はご短命で、おん年四十五でお隠(かく)れになりました。 一 綏靖天皇(すいぜいてんのう)から御(おん)七代をへだてて、第十代目に崇神天皇(すじんてんのう)がお位におつきになりました。 天皇にはお子さまが十二人おありになりました。 はじめて伊勢(いせ)の天照大神(あまてらすおおかみ)のお社(やしろ)に仕えて、そのお祭りをお司(つかさど)りになりました。 また、皇子(おうじ)倭日子命(やまとひこのみこと)がおなくなりになったときに、人がきといって、お墓のまわりへ人を生きながら埋(う)めてお供(とも)をさせるならわしがはじまりました。 この天皇の御代(みよ)には、はやり病(やまい)がひどくはびこって、人民という人民はほとんど死に絶えそうになりました。 天皇は非常にお嘆(なげ)きになって、どうしたらよいか、神のお告げをいただこうとおぼしめして、御身(おんみ)を潔(きよ)めて、慎(つつし)んでお寝床(ねどこ)の上にすわっておいでになりました。 そうするとその夜のお夢に、三輪(みわ)の社(やしろ)の大物主神(おおものぬしのかみ)が現われていらしって、 「こんどのやく病はこのわしがはやらせたのである。 これをすっかり亡(ほろ)ぼしたいと思うならば、大多根子(おおたねこ)というものにわしの社(やしろ)を祀(まつ)らせよ」とお告げになりました。 天皇はすぐに四方へはやうまのお使いをお出しになって、そういう名まえの人をおさがしになりますと、一人の使いが、河内(かわち)の美努村(みぬむら)というところでその人を見つけてつれてまいりました。 天皇はさっそくご前にお召(め)しになって、 「そちはだれの子か」とおたずねになりました。 すると大多根子(おおたねこ)は、 「私は大物主神(おおものぬしのかみ)のお血筋(ちすじ)をひいた、建甕槌命(たけみかづちのみこと)と申します者の子でございます」とお答えいたしました。 それというわけは、大多根子(おおたねこ)から五代(だい)もまえの世に、陶都耳命(すえつみみのみこと)という人の娘(むすめ)で活玉依媛(いくたまよりひめ)というたいそう美しい人がおりました。 この依媛(よりひめ)があるとき、一人の若い人をお婿(むこ)さまにしました。 その人は、顔かたちから、いずまいの美しいけだかいことといったら、世の中にくらべるものもないくらい、りっぱな、りりしい人でした。 媛(ひめ)はまもなく子供が生まれそうになりました。 しかしそのお婿さんは、はじめから、ただ夜だけ媛のそばにいるきりで、あけがたになると、いつのまにかどこかへ行ってしまって、けっしてだれにも顔を見せませんし、お嫁さんの媛にさえ、どこのだれかということすらも、うちあけませんでした。 媛のおとうさまとおかあさまとは、どうかして、そのお婿さんを、どこの何びとか突きとめたいと思いまして、ある日、媛(ひめ)に向かって、 「今夜は、おへやへ赤土をまいておおき、それからあさ糸のまりを針(はり)にとおして用意しておいて、お婿(むこ)さんが出て来たら、そっと着物のすそにその針をさしておおき」と言いました。 媛はその晩、言われたとおりに、お婿さんの着物のすそへあさ糸をつけた針をつきさしておきました。 あくる朝になって見ますと、針についているあさ糸は、戸のかぎ穴(あな)から外へ伝わっていました。 そして糸のたまは、すっかり繰りほどけて、おへやの中には、わずか三まわり輪(わ)に巻けた長さしか残っておりませんでした。 それで、ともかくお婿さんは、戸のかぎ穴から出はいりしていたことがわかりました。 媛はその糸の伝わっている方へずんずん行って見ますと、糸はしまいに、三輪山(みわやま)のお社(やしろ)にはいって止まっていました。 それで、はじめて、お婿さんは大物主神(おおものぬしのかみ)でいらしったことがわかりました。 大多根子(おおたねこ)はこのお二人の間に生まれた子の四代目の孫でした。 天皇は、さっそくこの大多根子を三輪の社の神主(かんぬし)にして、大物主神のお祭りをおさせになりました。 それといっしょに、お供えものを入れるかわらけをどっさり作らせて、大空の神々や下界の多くの神々をおまつりになりました。 その中のある神さまには、とくに赤色の盾(たて)や黒塗(くろぬり)の盾をおあげになりました。 そのほか、山の神さまや川の瀬(せ)の神さまにいたるまで、いちいちもれなくお供えものをおあげになって、ていちょうにお祭りをなさいました。 そのために、やく病はやがてすっかりとまって、天下はやっと安らかになりました。 二 天皇はついで大毘古命(おおひこのみこと)を北陸道(ほくろくどう)へ、その子の建沼河別命(たけぬかわわけのみこと)を東山道(とうさんどう)へ、そのほか強い人を方々へお遣(つかわ)しになって、ご命令に従わない、多くの悪者どもをご征伐になりました。 大毘古命(おおひこのみこと)はおおせをかしこまって出て行きましたが、途中で、山城(やましろ)の幣羅坂(へらざか)というところへさしかかりますと、その坂の上に腰(こし)ぬのばかりを身につけた小娘(こむすめ)が立っていて、 これこれ申し天子さま、 あなたをお殺し申そうと、 前の戸に、 裏(うら)の戸に、 行ったり来たり、 すきを狙(ねら)っている者が、 そこにいるとも知らないで、 これこれ申し天子さま。 と、こんなことを歌いました。 大毘古命(おおひこのみこと)は変だと思いまして、わざわざうまをひきかえして、 「今言ったのはなんのことだ」とたずねました。 すると小娘(こむすめ)は、 「私はなんにも言いはいたしません。 ただ歌を歌っただけでございます」と答えるなり、もうどこへ行ったのか、ふいに姿(すがた)が見えなくなってしまいました。 大毘古命(おおひこのみこと)は、その歌の言葉(ことば)がしきりに気になってならないものですから、とうとうそこからひきかえしてきて、天皇にそのことを申しあげました。 すると天皇は、 「それは、きっと、山城(やましろ)にいる、私(わし)の腹(はら)ちがいの兄、建波邇安王(たけはにやすのみこ)が、悪だくみをしている知らせに相違あるまい。 そなたはこれから軍勢をひきつれて、すぐに討(う)ちとりに行ってくれ」とおっしゃって、彦国夫玖命(ひこくにぶくのみこと)という方を添(そ)えて、いっしょにお遣(つかわ)しになりました。 二人は、神々のお祭りをして、勝利を祈って出かけました。 そして、山城(やましろ)の木津川(きつがわ)まで行きますと、建波邇安王(たけはにやすのみこ)は案のじょう、天皇におそむき申して、兵を集めて待ち受けていらっしゃいました。 両方の軍勢は川を挟(はさ)んで向かい合いに陣取(じんど)りました。 彦国夫玖命(ひこくにぶくのみこと)は、敵に向かって、 「おおい、そちらのやつ、まずかわきりに一矢(や)射(い)てみよ」とどなりました。 敵の大将の建波邇安王(たけはにやすのみこ)は、すぐにそれに応じて、大きな矢をひゅうッと射放しましたが、その矢はだれにもあたらないで、わきへそれてしまいました。 それでこんどはこちらから国夫玖命(くにぶくのみこと)が射かけますと、その矢はねらいたがわず建波邇安王(たけはにやすのみこ)を刺(さ)し殺してしまいました。 敵の軍勢は、王(みこ)が倒れておしまいになると、たちまち総くずれになって、どんどん逃(に)げだしてしまいました。 国夫玖命(くにぶくのみこと)の兵はどんどんそれを追っかけて、河内(かわち)の国のある川の渡しのところまで追いつめて行きました。 すると賊兵のあるものは、苦しまぎれにうんこが出て下ばかまを汚(よご)しました。 こちらの軍勢はそいつらの逃げ道をくいとめて、かたっぱしからどんどん切り殺してしまいました。 そのたいそうな死がいが川に浮かんで、ちょうど、うのように流れくだって行きました。 大毘古命(おおひこのみこと)は天皇にそのしだいをすっかり申しあげて、改めて北陸道(ほくろくどう)へ出発しました。 そのうちに大毘古命(おおひこのみこと)の親子をはじめ、そのほか方々へお遣(つかわ)しになった人々が、みんなおおせつかった地方を平らげて帰りました。 そんなわけで、もういよいよどこにも天皇におさからいする者がなくなって、天下は平らかに治まり、人民もどんどん裕福(ゆうふく)になりました。 それで天皇ははじめて人民たちから、男から弓端(ゆはず)の調(みつぎ)といって、弓矢でとった獲物(えもの)の中のいくぶんを、女からは手末(たなすえ)の調(みつぎ)といって、紡(つむ)いだり、織ったりして得たもののいくぶんを、それぞれ貢物(みつぎもの)としておめしになりました。 天皇はまた、人民のために方々へ耕作用の池をお作りになりました。 天皇の高いお徳は、後の代(よ)からも、いついつまでも永(なが)くおほめ申しあげました。 一 崇神天皇(すじんてんのう)のおあとには、お子さまの垂仁天皇(すいにんてんのう)がお位をお継(つ)ぎになりました。 天皇は、沙本毘古王(さほひこのみこ)という方のお妹さまで沙本媛(さほひめ)とおっしゃる方を皇后にお召(め)しになって、大和(やまと)の玉垣(たまがき)の宮にお移りになりました。 その沙本毘古王(さほひこのみこ)が、あるとき皇后に向かって、 「あなたは夫と兄とはどちらがかわいいか」と聞きました。 皇后は、 「それはおあにいさまのほうがかわゆうございます」とお答えになりました。 すると王(みこ)は、用意していた鋭い短刀をそっと皇后にわたして、 「もしおまえが、ほんとうに私(わし)をかわいいと思うなら、どうぞこの刀で、天皇がおよっていらっしゃるところを刺(さ)し殺しておくれ。 そして二人でいつまでも天下を治めようではないか」と言って、無理やりに皇后を説き伏(ふ)せてしまいました。 天皇は二人がそんな怖(おそ)ろしいたくらみをしているとはご存じないものですから、ある晩、なんのお気もなく、皇后のおひざをまくらにしてお眠(ねむ)りになりました。 皇后はこのときだとお思いになって、いきなり短刀を抜(ぬ)き放して、天皇のお首をま下にねらって、三度までお振(ふ)りかざしになりましたが、いよいよとなると、さすがにおいたわしくて、どうしてもお手をおくだしになることができませんでした。 そしてとうとう悲しさに堪(た)えきれないで、おんおんお泣(な)きだしになりました。 その涙(なみだ)が天皇のお顔にかかって流れ落ちました。 天皇はそれといっしょに、ひょいとお目ざめになって、 「おれは今きたいな夢を見た。 沙本(さほ)の村の方からにわかに大雨が降って来て、おれの顔にぬれかかった。 それから、にしき色の小さなへびがおれの首へ巻きついた。 いったいこんな夢はなんの兆(しるし)であろう」と、皇后に向かっておたずねになりました。 皇后はそうおっしゃられると、ぎくりとなすって、これはとても隠(かく)しきれないとお思いになったので、おあにいさまとお二人のおそれ多いたくらみをすっかり白状しておしまいになりました。 天皇はそれをお聞きになると、びっくりなすって、 「いやそれは危くばかな目を見るところであった」とおっしゃりながら、すぐに軍勢をお集めになって、沙本毘古(さほひこ)を討(う)ちとりにおつかわしになりました。 すると沙本毘古(さほひこ)のほうでは、いねたばをぐるりと積みあげて、それでとりでをこしらえて、ちゃんと待ち受けておりました。 天皇の軍勢はそれをめがけて撃ってかかりました。 皇后はそうなると、こんどはまたおあにいさまのことがおいたわしくおなりになって、じっとしておいでになることができなくなりました。 それで、とうとうこっそり裏口(うらぐち)のご門から抜(ぬ)け出して、沙本毘古(さほひこ)のとりでの中へかけつけておしまいになりました。 皇后はそのときちょうど、お腹(なか)にお子さまをお持ちになっていらっしゃいました。 天皇は、もはや三年もごちょう愛になっていた皇后でおありになるうえに、たまたまお身持ちでいらっしゃるものですから、いっそうおかわいそうにおぼしめして、どうか皇后のお身におけががないようにと、それからは、とりでもただ遠まきにして、むやみに攻め落とさないように、とくにご命令をおくだしになりました。 二 そんなことで、かれこれ戦(いくさ)も長びくうちに、皇后はおあにいさまのとりでの中で皇子をお生みおとしになりました。 皇后はそのお子さまをとりでのそとへ出させて、天皇の軍勢の者にお見せになり、 「この御子(みこ)をあなたのお子さまとおぼしめしてくださるならば、どうぞひきとってご養育なすってくださいまし」と、天皇にお伝えさせになりました。 天皇はそのことをお聞きになりますと、ついでにどうかして皇后をもいっしょに取りかえしたいとお思いになりました。 それは、兄の沙本毘古(さほひこ)に対しては、刻(きざ)み殺してもたりないくらい、お憤(いきどお)りになっておりますが、皇后のことだけは、どこまでもおいたわしくおぼしめしていらっしゃるからでした。 それで味方の兵士の中で、いちばん力の強い、そしていちばんすばしっこい者をいく人かお選びになって、 「そちたちはあの皇子を受け取るときに、必ず母の后(きさき)をもひきさらってかえれ。 髪でも手でも、つかまりしだいに取りつかまえて、無理にもつれ出して来い」とお言いつけになりました。 しかし皇后のほうでも、天皇がきっとそんなお企(くわだて)をなさるに違いないと、ちゃんとお感づきになっていましたので、そのときの用意に、前もってお髪(ぐし)をすっかりおそり落としになって、そのお毛をそのままそっとお被(かぶ)りになり、それからお腕先(うでさき)のお玉飾(たまかざ)りも、わざと、つなぎの緒(ひも)を腐(くさ)らして、お腕へ三重(みえ)にお巻きつけになり、お召物(めしもの)もわざわざ酒で腐らしたのをおめしになって、それともなげに皇子を抱(かか)えて、とりでの外へお出ましになりました。 待ちかまえていた勇士たちは、そのお子さまをお受け取り申すといっしょに、皇后をも奪い取ろうとして、すばやく飛びかかってお髪(ぐし)をひっつかみますと、髪はたちまちすらりとぬげ落ちてしまいました。 「おや、しまった」と、こんどはお手をつかみますと、そのお手の玉飾りの緒(ひも)もぷつりと切れたので、難(なん)なくお手をすり抜(ぬ)いてお逃(に)げになりました。 こちらはまたあわてて追いすがりながら、ぐいとお召物をつかまえました。 すると、それもたちまちぼろりとちぎれてしまいました。 その間に皇后は、さっと中へ逃げこんでおしまいになりました。 勇士どもはしかたなしに、皇子一人をお抱(かか)え申して、しおしおと帰ってまいりました。 天皇はそれらの者たちから、 「お髪(ぐし)をつかめばお髪がはなれ、玉の緒(ひも)もお召物(めしもの)も、みんなぷすぷす切れて、とうとうおとりにがし申しました」とお聞きになりますと、それはそれはたいそうお悔(くや)みになりました。 天皇はそのために、宮中の玉飾りの細工人(さいくにん)たちまでお憎(にく)みになって、それらの人々が知行(ちぎょう)にいただいていた土地を、いきなり残らず取りあげておしまいになりました。 それから改めて皇后の方へお使いをお出しになって、 「すべて子供の名は母がつけるものときまっているが、あの皇子は、なんという名前にしようか」とお聞きかせになりました。 皇后はそれに答えて、 「あの御子(みこ)は、ちょうどとりでが火をかけられて焼けるさいちゅうに、その火の中でお生まれになったのでございますから、本牟智別王(ほむちわけのみこ)とお呼び申したらよろしゅうございましょう」とおっしゃいました。 そのほむちというのは火のことでした。 天皇はそのつぎには、 「あの子には母がないが、これからどうして育てたらいいか」とおたずねになりますと、 「ではうばをお召(め)し抱(かか)えになり、お湯をおつかわせ申す女たちをもおおきになって、それらの者にお任(まか)せになればよろしゅうございます」とお答えになりました。 天皇は最後に、 「そちがいなくなっては、おれの世話はだれがするのだ」とお聞きになりました。 すると皇后は、 「それには、丹波(たんば)の道能宇斯王(みちのうしのみこ)の子に、兄媛(えひめ)、弟媛(おとひめ)というきょうだいの娘(むすめ)がございます。 これならば家柄(いえがら)も正しい女たちでございますから、どうかその二人をお召(め)しなさいまし」とおっしゃいました。 天皇はもういよいよしかたなしに、一気にとりでを攻め落として、沙本毘古(さほひこ)を殺させておしまいになりました。 皇后も、それといっしょに、えんえんと燃えあがる火の中に飛びこんでおしまいになりました。 三 お母上のない本牟智別王(ほむちわけのみこ)は、それでもおしあわせに、ずんずんじょうぶにご成長になりました。 天皇はこの皇子のために、わざわざ尾張(おわり)の相津(あいず)というところにある、二またになった大きなすぎの木をお切らせになって、それをそのままくって二またの丸木船(まるきぶね)をお作らせになりました。 そして、はるばると大和(やまと)まで運ばせて、市師(いちし)の池という池にお浮(う)かべになり、その中へごいっしょにお乗りになって、皇子をお遊ばせになりました。 しかしこの皇子は、後にすっかりご成人(せいじん)になって、長いお下ひげがお胸先(むねさき)にたれかかるほどにおなりになっても、お口がちっともおきけになりませんでした。 ところがあるとき、こうの鳥が、空を鳴いて飛んで行くのをご覧(らん)になって、お生まれになってからはじめて、 「あわわ、あわわ」とおおせになりました。 天皇は、さっそく、山辺大鷹(やまべのおおたか)という者に、 「あの鳥をとって来てみよ」とおいいつけになりました。 大鷹(おおたか)はかしこまって、その鳥のあとをどこまでも追っかけて、紀伊国(きいのくに)、播磨国(はりまのくに)へとくだって行き、そこから因幡(いなば)、丹波(たんば)、但馬(たじま)をかけまわった後、こんどは東の方へまわって、近江(おうみ)から美濃(みの)、尾張(おわり)をかけぬけて信濃(しなの)にはいり、とうとう越後(えちご)のあたりまでつけて行きました。 そして、やっとのことで和那美(わなみ)という港でわな網(あみ)を張って、ようやく、そのこうの鳥をつかまえました。 そして大急ぎで都(みやこ)へ帰って、天皇におさし出し申しました。 天皇は、その鳥を皇子にお見せになったら、おものがおっしゃれるようにおなりになりはしないかとおぼしめして、わざわざとりにおつかわしになったのでした。 しかし皇子は、やはりそのまま一言(ひとこと)もおものをおっしゃいませんでした。 天皇はそのために、いつもどんなにお心をおいためになっていたかしれませんでした。 そのうちに、ある晩、ふと夢の中で、 「私(わし)のお社(やしろ)を天皇のお宮のとおりにりっぱに作り直して下さるなら王(みこ)は必ず口がきけるようにおなりになる」と、こういうお告げをお聞きになりました。 天皇は、どの神さまのお告げであろうかと急いで占(うらな)いの役人に言いつけて占わせてごらんになりますと、それは出雲(いずも)の大神(おおかみ)のお告げで、皇子はその神のおたたりでおしにお生まれになったのだとわかりました。 それで天皇は、すぐに皇子を出雲へおまいりにお出しになることになさいました。 それにはだれをつけてやったらよかろうと、また占わせてごらんになりますと、曙立王(けたつのみこ)という方が占いにおあたりになりました。 天皇は、その曙立王(けたつのみこ)にお言いつけになって、なお念のために、うかがいのお祈りを立てさせてごらんになりました。 王(みこ)はおおせによって、さぎの巣(す)の池のそばへ行って、 「あの夢のお告げのとおり、出雲の大神を拝(おが)んでおしるしがあるならば、その証拠(しょうこ)にこの池のさぎどもを死なせて見せてくださるように」とお祈りをしますと、そのまわりの木の上にとまっていた池じゅうのさぎが、いっせいにぱたぱたと池に落ちて死んでしまいました。 そこでこんどは祈りを返して、 「あのさぎがことごとく生きかえりますように」と言いますと、いったん死んだそれらのさぎが、またたちまちもとのとおりに生きかえりました。 そのつぎには古樫(ふるがし)の岡(おか)という岡の上に茂(しげ)っている、葉の大きなかしの木も、曙立王(けたつのみこ)の祈りによって、同じように枯(か)れたりまた生きかえったりしました。 そんなわけで、お夢のこともまったく出雲の大神(おおかみ)のお告げだということがいよいよたしかになりました。 天皇はすぐに曙立王(けたつのみこ)と兎上王(うがみのみこ)との二人を本牟智別王(ほむちわけのみこ)につけて、出雲へおつかわしになりました。 そのご出立(しゅったつ)のときにも、どちらの道を選べばよいかとお占(うらな)わせになりました。 すると、奈良街道(ならかいどう)からでは、途中でいざりやめくらに会うし、大阪口(おおさかぐち)から行っても、やはりめくらやいざりに会うので、どちらとも旅立ちには不吉(ふきつ)である、脇道(わきみち)の紀井街道(きいかいどう)をとおって行けば、必ずさい先(さき)がよいと、こう占いに出ました。 一同はそのとおりにして立っておいでになりました。 天皇は皇子のお名前を永(なが)く後の世までお伝えになるために、その途中のいたるところに、本牟智部(ほむちべ)という部族をおこしらえさせになりました。 皇子は、いよいよ出雲にお着きになって、大神(おおかみ)のお社(やしろ)におまいりになりました。 そしてまた都(みやこ)へお帰りになろうとなさいますと、その出雲の国をおあずかりしている、国造(くにのみやつこ)という、いちばん上の役人が、肥(ひ)の河(かわ)の中へ仮(かり)のお宮をつくり、それへ、細木(ほそき)を編(あ)んだ橋を渡して、その宮で、皇子を、ごちそうしておもてなし申しあげました。 そのとき川下の方には、皇子のお目を慰(なぐさ)めるために、青葉で、作りものの山がこしらえてありました。 皇子はそれをご覧(らん)になって、 「あの川下に、山のように見えている青葉は、あれはほんとうの山ではないだろう。 神主(かんぬし)たちが大国主神(おおくにぬしのかみ)のお祭りをする場所ででもあるのか」と突然こうお聞きになりました。 お供の曙立王(けたつのみこ)や兎上王(うがみのみこ)たちは、皇子がふいにおものをおっしゃれるようになったので、びっくりして喜んで、すぐに早うまのお使いを立てて、そのことを天皇にお知らせ申しました。 皇子はそれからほかのお宮へお移りになって、肥長媛(ひながひめ)という人をお妃(きさき)におもらいになりました。 ところがあとでご覧(らん)になりますと、それはへびが女になって出て来たのだとわかりました。 皇子はびっくりなすって、みんなとごいっしょに船に乗ってお逃(に)げになりました。 するとへびの媛(ひめ)は、皇子のおあとを慕(した)って、急いで別の船をしたてて、海の上をきらきらと照らしながら、どんどん追っかけて来ました。 皇子はいよいよ気味(きみ)が悪くおなりになって、あわてて船をひきあげさせて、それをひっぱらせて山の間をお越(こ)えになり、またその船をおろして海をお渡(わた)りになったりなすって、やっと無事に都(みやこ)へ逃げておかえりになりました。 曙立王(けたつのみこ)は天皇におめみえをして、 「おおせのとおりに大神をお拝(おが)みになりますと、まもなく、急にお口がおきけになるようになりましたので、一同でお供をして帰ってまいりました」と申しあげました。 天皇は、それはそれは言うに言われないほどお喜びになりました。 そしてすぐに兎上王(うがみのみこ)をまた再(ふたた)び出雲(いずも)へおくだしになって、大神のお社(やしろ)をりっぱにご造営(ぞうえい)になりました。 四 天皇はそれですっかりご安心になったので、こんどはご不自由がちな、おそばのご用をおいいつけになるために、かねて皇后がおっしゃってお置きになったように、丹波(たんば)から兄媛(えひめ)たちのきょうだい四人をおめしよせになりました。 しかし下の二人はたいそうみにくい子でしたので、天皇は兄媛(えひめ)とそのつぎの弟媛(おとひめ)とだけをお抱(かか)えになって、あとの二人はそのまま家へかえしておしまいになりました。 すると、いちばん下の円野媛(まどのひめ)は、四人がいっしょにおめしに会って伺(うかが)いながら、二人だけは顔が汚(きた)ないためにご奉公ができないでかえされたと言えば、近所の村々への聞こえも恥ずかしく、とても生きてはいられないと言って、途中の山城(やましろ)の乙訓(おとくに)というところまでかえりますと、あわれにも、そこの深いふちに身を投げて死んでしまいました。 それから天皇はある年、多遅摩毛理(たじまもり)という者に、常世国(とこよのくに)へ行って、香(かおり)の高いたちばなの実(み)を取って来いとおおせつけになりました。 多遅摩毛理(たじまもり)はかしこまって、長い年月(としつき)の間いっしょうけんめいに苦心して、はてしもない大海(おおうみ)の向こうの、遠い遠いその国へやっとたどり着きました。 そしておおせのたちばなの実の、枝葉(えだは)のままついたのを八つ、実ばかりのを八つもぎ取って、また長い間かかって、ようよう都へ帰って来ました。 しかし天皇はその前に、もうとっくにおかくれになっていました。 多遅摩毛理(たじまもり)はそのことを承ると、それはそれはがっかりして、葉つきの実を四つと、葉のないのを四つとを、天皇のおそばにお仕え申していた兄媛(えひめ)にさしあげたうえ、あとの四つずつを天皇のお墓にお供え申しました。 そして泣(な)き泣き大声を張りあげて、 「ご覧(らん)くださいまし。 このとおりおおせの実を取ってまいりました。 どうぞご覧くださいまし」とそのたちばなを両手にさしあげて、繰(く)りかえし繰りかえし、いつまでもそのお墓の前で叫び続けて、とうとうそれなり叫び死にに死んでしまいました。 一 第十二代景行天皇(けいこうてんのう)は、お身の丈(たけ)が一丈(じょう)二寸(すん)、おひざから下が四尺(しゃく)一寸もおありになるほどの、偉大なお体格でいらっしゃいました。 それからお子さまも、すべてで八十人もお生まれになりました。 天皇はその中で、後におあとをお継(つ)ぎになった若帯日子命(わかたらしひこのみこと)と、小碓命(おうすのみこと)とおっしゃる皇子(おうじ)と、ほかにもう一方(ひとかた)とだけをおそばにお止めになり、あとの七十七人の方々(かたがた)をことごとく、地方地方の国造(くにのみやつこ)、別(わけ)、稲置(いなぎ)、県主(あがたぬし)という、それぞれの役におつけになりました。 あるとき天皇は、美濃(みの)の、神大根王(かんおおねのみこ)という方の娘(むすめ)で、兄媛(えひめ)弟媛(おとひめ)という姉妹(きょうだい)が、二人ともたいそうきりょうがよい子だという評判をお聞きになって、それをじっさいにお確(たし)かめになったうえ、さっそく御殿(ごてん)にお召使(めしつか)いになるおつもりで、皇子の大碓命(おおうすのみこと)にお言いつけになって、二人を召(め)しのぼせにお遣(つか)わしになりました。 すると、大碓命(おおうすのみこと)は、その二人の者をご自分のお召使いに取っておしまいになり、別に二人の姉妹(きょうだい)の女を探(さが)し出して、それを兄媛(えひめ)、弟媛(おとひめ)だといつわって、天皇にお目通りをおさせになりました。 天皇はそれがほかの女であるということを、ちゃんとお見抜きになりました。 しかしうわべでは、あくまでだまされていらっしゃるようにお見せかけになって、二人をそのまま御殿(ごてん)にお置きになりました。 その代わりお手近(てぢか)のご用は、わざとほかの者にお言いつけになって、それとなく二人をおこらしめになりました。 大碓命(おおうすのみこと)はそんな悪いことをなすってからは、天皇の御前(ごぜん)へお出ましになるのをうしろぐらくおぼしめして、さっぱりお顔をお見せになりませんでした。 天皇はある日、弟さまの皇子(おうじ)の小碓命(おうすのみこと)に向かって、 「そちが兄は、どういうわけで、このせつ朝夕の食事のときにも出て来ないのであろう。 おまえ行って、よく申し聞かせよ」とおっしゃいました。 しかし、それから五日もたっても、大碓命(おおうすのみこと)は、やっぱりそのままお顔出しをなさらないものですから、天皇は小碓命(おうすのみこと)を召(め)して、 「兄はどうして、いつまでも食事(しょくじ)に出て来ないのか。 おまえはまだ言わないのではないか」とお聞きになりました。 「いいえ、申し聞かせました」と命(みこと)はお答えになりました。 「では、どういうふうに話したのか」 「ただ朝早く、おあにいさまがかわやにはいりますところを待ち受けて、つかみくじき、手足をむしりとって、死体をこもにくるんでうッちゃりました」と、命(みこと)はまるでむぞうさにこう言って、すましていらっしゃいました。 天皇はそれ以来、小碓命(おうすのみこと)のきつい荒(あら)いご気性(きしょう)を怖(おそ)ろしくおぼしめして、どうかしてそれとなく命をおそばから遠ざけようとお考えになりました。 それでまもなく命を召(め)して、 「実は西の方に熊襲建(くまそたける)という者のきょうだいがいる。 二人とも私の命令に従わない無礼なやつである。 そちはこれから行って、かれらを打ちとってまいれ」とおおせになりました。 それで命は、急いで伊勢(いせ)におくだりになって、大神宮(だいじんぐう)にお仕えになっている、おんおば上の倭媛(やまとひめ)にお別れをなさいました。 するとおば上からは、ご料(りょう)のお上着(うわぎ)と、おはかま着(ぎ)と、懐剣(かいけん)とを、お別れのお印(しるし)におくだしになりました。 命はそれからすぐに、今の日向(ひゅうが)、大隅(おおすみ)、薩摩(さつま)の地方へ向かっておくだりになりました。 そのとき命は、まだお髪(ぐし)をお額(ひたい)にお結(ゆ)いになっている、ただほんの一少年でいらっしゃいました。 二 命は、その土地にお着きになり、熊襲建(くまそたける)のうちへ近づいて、ようすをおうかがいになりますと、建(たける)らは、うちのまわりへ軍勢をぐるりと三重(じゅう)に立て囲(かこ)わせて、その中に住まっておりました。 そして、たまたまちょうどその家ができあがったばかりで、近々にそのお祝いの宴会(えんかい)をするというので、大さわぎでしたくをしているところでした。 命(みこと)はそのあたりをぶらぶら歩きまわって、その宴会(えんかい)の日が来るのを待ちかまえていらっしゃいました。 そして、いよいよその日になりますと、今までお結(ゆ)いになっていたお髪(ぐし)を、少女のようにすきさげになさり、おんおば上からおさずかりになったご衣裳(いしょう)を召(め)して、すっかり小女(こおんな)の姿(すがた)におなりになりました。 そして、ほかの女たちの中にまじって、建(たける)どもの宴会(えんかい)のへやへはいっておいでになりました。 すると熊襲建(くまそたける)きょうだいは、命をほんとうの女だとばかり思いこんでしまいまして、その姿のきれいなのがたいそう気にいったので、とくに自分たち二人の間にすわらせて、大喜びで飲みさわぎました。 命は、みんながすっかり興(きょう)に入ったころを見はからって、そっと懐(ふところ)から剣(つるぎ)をお取り出しになったと思いますと、いきなり片手で兄の建(たける)のえり首をつかんで、胸(むね)のところをひと突(つ)きに突き通しておしまいになりました。 弟の建(たける)はそれを見ると、あわててへやの外へ逃げ出そうとしました。 命(みこと)は、それをもすかさず、階段(かいだん)の下に追いつめて、手早く背中(せなか)をひっつかみ、ずぶりとおしりをお突き刺(さ)しになりました。 建(たける)はそれなりじたばたしようともしないで、 「どうぞその刀をしばらく動かさないでくださいまし。 一言(ひとこと)申しあげたいことがございます」と、言いました。 それで命(みこと)は刀をお刺(さ)しになったなり、しばらく押(お)し伏(ふ)せたままにしていらっしゃいますと、建(たける)は、 「いったいあなたはどなたでございます」と聞きました。 「おれは、大和(やまと)の日代(ひしろ)の宮(みや)に天下(てんか)を治めておいでになる、大帯日子天皇(おおたらしひこてんのう)の皇子(おうじ)、名は倭童男王(やまとおぐなのみこ)という者だ。 なんじら二人とも天皇のおおせに従わず、無礼なふるまいばかりしているので、勅命(ちょくめい)によって、ちゅう伐(ばつ)にまいったのだ」と、命(みこと)はおおしくお名乗りになりました。 建(たける)はそれを聞いて、 「なるほど、そういうお方に相違ございますまい。 この西の国じゅうには、私ども二人より強い者は一人もおりません。 それにひきかえ大和(やまと)には、われわれにもまして、すばらしいお方がいられたものだ。 おそれながら私がお名まえをさしあげます。 これからあなたのお名まえは倭建命(やまとたけるのみこと)とお呼(よ)び申したい」と言いました。 命は建(たける)がそう言いおわるといっしょに、その荒(あら)くれ者を、まるで熟(じゅく)したまくわうりを切るように、ずぶずぶと切り屠(ほふ)っておしまいになりました。 それ以来、だれもかれも命のご武勇をおほめ申して、お名まえを倭建命(やまとたけるのみこと)と申しあげるようになりました。 命は、それから大和(やまと)へおひきかえしになる途中で、いろんな山の神や川の神や、穴戸(あなど)の神と称(とな)えて、方々の険阻(けんそ)なところにたてこもっている悪神(わるがみ)どもを、片(かた)はしからお従えになった後、出雲(いずも)の国へおまわりになって、そのあたりで幅(はば)をきかせている、出雲建(いずもたける)という悪者をお退治(たいじ)になりました。 命(みこと)はまずその建(たける)の家へたずねておいでになって、その悪者とごこうさいをお結びになりました。 そして、そのあとで、こっそりといちいという木を刀のようにお削(けず)りになり、それをりっぱな太刀(たち)のように飾(かざ)りをつけておつるしになって、建(たける)をさそい出して、二人で肥(ひ)の河(かわ)の水を浴びにいらっしゃいました。 そして、いいかげんなころを見はからって、ご自分の方が先におあがりになり、ごじょうだんのように建(たける)の太刀をお身におつけになりながら、 「どうだ、二人でこの刀のとりかえっこをしようか」とおっしゃいました。 建(たける)はあとからのそのそあがって来て、 「よろしい取りかえよう」と言いながら、うまくだまされて命のにせの刀をつるしました。 命は、 「さあ、ひとつ二人で試合をしよう」とお言いになりました。 そして二人とも刀を抜(ぬ)き放すだんになりますと、建(たける)のはにせの刀ですから、いくら力を入れても抜けようはずがありません。 命は建(たける)がそれでまごまごしているうちに、すばやくほんものの刀を引き抜いて、たちまちその悪者を切り殺しておしまいになりました。 そして、そのあとで、建(たける)が抜けない刀を抜こうとして、まごまごとあわてたおかしさを、歌につくってお笑(わら)いになりました。 三 命(みこと)はこんなにして、お道筋(みちすじ)の賊(ぞく)どもをすっかり平(たい)らげて、大和(やまと)へおかえりになり、天皇にすべてをご奏上(そうじょう)なさいました。 すると天皇は、またすぐにひき続いて、命に、東の方の十二か国の悪い神々や、おおせに従わない悪者どもを説(と)き従えてまいれとおおせになって、ひいらぎの矛(ほこ)をお授(さず)けになり、おつけ添(そ)えになりました。 命はお言いつけを奉じて、またすぐにおでかけになりました。 そして途中で伊勢(いせ)のお宮におまいりになって、おんおば上の倭媛(やまとひめ)に再度(さいど)のお別れをなさいました。 そのとき命はおんおば上に向かっておっしゃいました。 「天皇は私を早くなくならせようとでもおぼしめすのでしょう。 でも、こないだまで西の方の賊を討(う)ちにまいっておりまして、やっと、たった今かえったと思いますと、またすぐに、こんどは東の方の悪者どもを討ちとりにお出しになるのはどういうわけでございましょう。 それもほとんど軍勢(ぐんぜい)というほどのものもくださらないのです。 こんなことからおして考えてみますと、どうしても私を早く死なせようというお心持としか思われません」命はこうおっしゃって涙(なみだ)ながらにお立ちになろうとしました。 おんおば上は、命のそのお恨(うら)みをおやさしくおなだめになったうえ、もと神代(かみよ)のときに、須佐之男命(すさのおのみこと)が大(だい)じゃの尾の中からお拾いになった、あの貴(とうと)いお宝物(たからもの)の御剣(みつるぎ)と、ほかに袋(ふくろ)を一つお授けになり、まん一、急なことが起こったら、この袋(ふくろ)の口をお解(と)きなさい、とおおせになりました。 命はそれから尾張(おわり)へおはいりになって、そこの国造(くにのみやつこ)の娘(むすめ)の美夜受媛(みやずひめ)のおうちにおとまりになりました。 そして、かえりにはまた必(かなら)ず立ち寄(よ)るからとお言いのこしになって、さらに東の国へお進みになり、山や川に住んでいる、荒(あら)くれ神や、そのほか天皇にお仕えしない悪者どもをいちいちお説(と)き従えになりました。 そしてまもなく相模(さがみ)の国へお着きになりました。 するとそこの国造(くにのみやつこ)が、命をお殺し申そうとたくらんで、 「あすこの野中に大きな沼(ぬま)がございます。 その沼の中に住んでおります神が、まことに乱暴(らんぼう)なやつで、みんな困(こま)っております」と、おだまし申しました。 命はそれをまにお受けになって、その野原の中へはいっておいでになりますと、国造(くにのみやつこ)は、ふいにその野へ火をつけて、どんどん四方から焼きたてました。 命ははじめて、あいつにだまされたかとお気づきになりました。 その間(ま)にも火はどんどんま近に迫(せま)って来て、お身が危(あやう)くなりました。 命はおんおば上のおおせを思い出して、急いで、例の袋のひもをといてご覧(らん)になりますと、中には火打(ひうち)がはいっておりました。 命はそれで、急いでお宝物(たからもの)の御剣(みつるぎ)を抜(ぬ)いて、あたりの草をどんどんおなぎ払いになり、今の火打(ひうち)でもって、その草へ向かい火をつけて、あべこべに向こうへ向かってお焼きたてになりました。 命はそれでようやく、その野原からのがれ出ていらっしゃいました。 そしていきなり、その悪い国造(くにのみやつこ)と、手下(てした)の者どもを、ことごとく切り殺して、火をつけて焼いておしまいになりました。 それ以来そのところを焼津(やいず)と呼びました。 それから、命(みこと)が草をお切りはらいになった御剣(みつるぎ)を草薙(くさなぎ)の剣(つるぎ)と申しあげるようになりました。 命はその相模(さがみ)の半島(はんとう)をおたちになって、お船で上総(かずさ)へ向かってお渡(わた)りになろうとしました。 すると途中で、そこの海の神がふいに大波(おおなみ)を巻(ま)きあげて、海一面を大荒(おおあ)れに荒れさせました。 命の船はたちまちくるくるまわり流されて、それこそ進むこともひきかえすこともできなくなってしまいました。 そのとき命がおつれになっていたお召使(めしつかい)の弟橘媛(おとたちばなひめ)は、 「これはきっと海の神のたたりに相違ございません。 私があなたのお身代わりになりまして、海の神をなだめましょう。 あなたはどうぞ天皇のお言いつけをおしとげくださいまして、めでたくあちらへおかえりくださいまし」と言いながら、すげの畳(たたみ)を八枚(まい)、皮畳(かわだたみ)を六枚に、絹畳(きぬだたみ)を八枚重(かさ)ねて、波の上に投げおろさせるやいなや、身をひるがえして、その上へ飛びおりました。 大波(おおなみ)は見るまに、たちまち媛(ひめ)を巻(ま)きこんでしまいました。 するとそれといっしょに、今まで荒れ狂っていた海が、ふいにぱったりと静まって、急に穏(おだや)かななぎになってきました。 命はそのおかげでようやく船を進めて、上総(かずさ)の岸へ無事にお着きになることができました。 それから七日目に、橘媛(たちばなひめ)のくしがこちらの浜へうちあげられました。 命はそのくしを拾わせて、あわれな媛(ひめ)のためにお墓をお作らせになりました。 橘媛(たちばなひめ)が生前に歌った歌に、 さねさし、 さがむの小野(おの)に、 もゆる火の、 火中(ほなか)に立ちて、 問いしきみはも。 これは、相模(さがみ)の野原で火攻めにお会いになったときに、その燃える火の中にお立ちになっていた、あの危急なときにも、命(みこと)は私のことをご心配くだすって、いろいろに慰(なぐさ)め問うてくだすった、ほんとに、お情け深い方よと、そのもったいないお心持を忘(わす)れない印(しるし)に歌ったのでした。 命はそこから、なおどんどんお進みになって、いたるところで手におえない悪者どもをご平定(へいてい)になり、山や川の荒(あら)くれ神をもお従えになりました。 それでいよいよ、再(ふたた)び大和(やまと)へおかえりになることになりました。 そのお途中で、足柄山(あしがらやま)の坂の下で、お食事をなすっておいでになりますと、その坂の神が、白いしかに姿をかえて現われて、命を見つめてつっ立っておりました。 命(みこと)は、それをご覧(らん)になると、お食べ残しのにらの切(きれ)はしをお取りになって、そのしかをめがけてお投げつけになりました。 すると、それがちょうど目にあたって、しかはばたりと倒(たお)れてしまいました。 命はそれから坂の頂上へおあがりになり、そこから東の海をおながめになって、あの哀(あわ)れな橘媛(たちばなひめ)のことを、つくづくとお思いかえしになりながら、 「あずまはや」(ああ、わが女よ)とお嘆(なげ)きになりました。 それ以来そのあたりの国々をあずま[#「あずま」に傍点]と呼(よ)ぶようになりました。 四 命は、そこから甲斐(かい)の国へお越(こ)えになりました。 そして酒折宮(さかおりのみや)という御殿(ごてん)におとまりになったときに、 にいばり、つくばを過ぎて、 いく夜(よ)か寝(ね)つる。 とお歌いになりますと、あかりのたき火についていた一人の老人が、すぐにそのおあとを受けて、 かかなべて、 夜(よ)には九夜(ここのよ)、 日には十日(とおか)を。 と歌いました。 それは、 「蝦夷(えびす)どもをたいらげながら、常陸(ひたち)の新治(にいばり)や筑波(つくば)を通りすぎて、ここまで来るのに、いく夜寝たであろう」とおっしゃるのに対して、 「かぞえて見ますと、九夜(ここのよ)寝て十日目(とおかめ)を迎えましたのでございます」という意味でした。 命はその答えの歌をおほめになって、そのごほうびに、老人を東国造(あずまのくにのみやつこ)という役におつけになりました。 それから信濃(しなの)へおはいりになり、そこの国境(くにざかい)の地の神を討(う)ち従えて、ひとまずもとの尾張(おわり)までお帰りになりました。 命はお行きがけにお約束をなすったとおり、美夜受媛(みやずひめ)のおうちへおとまりになりました。 そして草薙(くさなぎ)の宝剣(ほうけん)を媛(ひめ)におあずけになって近江(おうみ)の伊吹山(いぶきやま)の、山の神を征伐(せいばつ)においでになりました。 命はこの山の神ぐらいは、す手でも殺すとおっしゃって、どんどんのぼっておいでになりました。 すると途中で、うしほどもあるような、大きな白いいのししが現われました。 命は、 「このいのししに化(ば)けて出たのは、まさか山の神ではあるまい。 神の召使(めしつかい)の者であろう。 こんなやつは今殺さなくとも、かえりにしとめてやればたくさんである」とおいばりになって、そのままのぼっておいでになりました。 そうすると、ふいに大きなひょうがどッと降りだしました。 命(みこと)はそのひょうにお襲(おそ)われになるといっしょに、ふらふらとお目まいがして、ちょうどものにお酔(よ)いになったように、お気分が遠くおなりになりました。 それというのは、さきほどの白いいのししは、山の神の召使ではなくて、山の神自身が化けて出たのでした。 それを命があんなにけいべつして広言(こうげん)をお吐(は)きになったので、山の神はひどく怒(おこ)って、たちまち毒気(どくき)を含(ふく)んだひょうを降らして、命をおいじめ申したのでした。 命は、ほとんどとほうにくれておしまいになりましたが、ともかく、ようやくのことで山をおくだりになって、玉倉部(たまくらべ)というところにわき出ている清水(しみず)のそばでご休息をなさいました。 そして、そのときはじめて、いくらかご気分がたしかにおなりになりました。 しかし命はとうとうその毒気のために、すっかりおからだをこわしておしまいになりました。 やがて、そこをお立ちになって、美濃(みの)の当芸野(たぎの)という野中までおいでになりますと、 「ああ、おれは、いつもは空でも飛んで行けそうに思っていたのに、今はもう歩くこともできなくなった。 足はちょうど船のかじのように曲がってしまった」とおっしゃって、お嘆(なげ)きになりました。 そしてそのまままた少しお歩きになりましたが、まもなくひどく疲(つか)れておしまいになったので、とうとうつえにすがって一足(ひとあし)一足(ひとあし)お進みになりました。 そんなにして、やっと伊勢(いせ)の尾津(おつ)の崎(さき)という海ばたの、一本まつのところまでおかえりになりますと、この前お行きがけのときに、そのまつの下でお食事をお取りになって、つい置(お)き忘(わす)れていらしった太刀(たち)が、そのままなくならないで、ちゃんと残っておりました。 命(みこと)は、 「おお一つまつよ、よくわしのこの太刀(たち)の番をしていてくれた。 おまえが人間であったら、ほうびに太刀をさげてやり、着物を着せてやるのだけれど」と、こういう意味の歌を歌ってお喜びになりました。 それからなおお歩きになって、ある村までいらっしゃいました。 命は、そのとき、 「わしの足はこんなに三重(みえ)に曲がってしまった。 どうもひどく疲(つか)れて歩けない」とおっしゃいました。 しかしそれでも無理にお歩きになって、能褒野(のぼの)という野へお着きになりました。 命は、その野の中でつくづくと、おうちのことをお思いになり、 あの青山(あおやま)にとりかこまれた、 美しい大和(やまと)が恋しい。 しかし、ああ私(わたし)は、 その恋しい土地へも、 帰りつくことはできない。 命(いのち)あるものは、 これからがいせんして、 あの平群(へぐり)の山の、 くまがしの葉を、 髪(かみ)に飾(かざ)って祝い楽しめよ。 という意味をお歌いになり、 はしけやし、 わぎへの方(かた)よ、 雲いたち来(く)も。 (おおなつかしや、 わが家(や)のある、 はるかな大和(やまと)の方から、 雲が出て来るよ。 ) と、お歌いになりました。 そして、それといっしょにご病勢(びょうせい)もどっとご危篤(きとく)になってきました。 命(みこと)は、ついに、 おとめの、 床(とこ)のべに、 わがおきし、 剣(つるき)の太刀(たち)。 その太刀はや。 と、あの美夜受媛(みやずひめ)のおうちにおいていらしった宝剣(ほうけん)も、とうとう再(ふたた)び手にとることもできないかとお歌いになり、そのお歌の終わるのとともに、この世をお去りになりました。 早うまのお使いは、このことを天皇に申しあげにかけつけました。 大和(やまと)からは、命のお妃(きさき)やお子さまたちが、びっくりしてくだっておいでになりました。 そして、命のご陵(りょう)をお作りになって、そのぐるりの田の中に伏(ふ)しまろんで、おんおんおんおんと泣いていらっしゃいました。 するとおなくなりになった命は、大きな白い鳥になって、お墓の中からお出ましになり、空へ高くかけのぼって、浜辺(はまべ)の方へ向かって飛んでおいでになりました。 お妃(きさき)やお子さまたちは、それをご覧(らん)になると、すぐに泣き泣きそのあとを追いしたって、ささの切り株(かぶ)にお足を傷つけて血だらけにおなりになっても、痛(いた)さを忘(わす)れて、いっしょうけんめいにかけておいでになりました。 そしてしまいには、海の中にまではいって、ざぶざぶと追っかけていらっしゃいました。 白い鳥はその人々をあとにおいて、海の中のいそからいそにと伝わって飛んで行きました。 お妃(きさき)は潮(しお)の中を歩きなやみながら、おんおんお泣きになりました。 その鳥は、とうとう伊勢(いせ)から河内(かわち)の志紀(しき)というところへ来てとまりました。 それで、そこへお墓を作って、いったんそこへお鎮(しず)め申しましたが、しかし鳥は、あとにまた飛び出して、どんどん空をかけて、どこへともなく逃(に)げ去ってしまいました。 五 命(みこと)には、お子さまが男のお子ばかり六人おいでになりました。 その中の、帯中津日子命(たらしなかつひこのみこと)とおっしゃる方は、後にお祖父上(そふうえ)の天皇のおつぎの成務天皇(せいむてんのう)のおあとをお継(つ)ぎになりました。

次の