元気を出して コード。 竹内まりやさんの〜元気を出して〜を弾き語りました。約半年前に...

元気を出して〜初心者向け簡単Ver.〜(竹内まりや) / コード譜 / ギター

元気を出して コード

こんにちは。 お元気ですか! コード@ね~むです。 やる気さえ出せる事が出来れば、オレは出来るのに!! やる気が出ない事は生まれつき才能の問題なのか? 集中力が足りないのか? 頭が悪いのか? やっぱりオレには無理なのか? なぜこんなにも自分はダメなヤツなんだ!! こんな事を思った事ありませんか?? 僕は毎日思っていました。 が!!しかし!! 今は全く思っていません。 むしろ逆です。 なぜこんなにもやる気が溢れてくるのか? このモチベーションの高さ抑えたい!! オレは別人に生まれ変わったのか?? と思うぐらい、やる気に満ち溢れています!! どうしたら、やる気に満ち溢れるかを秘伝をお伝えます。 そう答えは、ドーパミンを分泌する事がやる気を出す方法です。 やる気=ドーパミンとの関係性。 そもそもドーパミンとは何ぞや? ドーパミンは脳内物質の一つであり、ドーパミンが分泌されると 幸せな気分になります。 ドーパミンは別名=幸福物質とも呼ばれています。 目標を達成した時や物事がうまくいった時、仕事で達成した時に 『やったぞ!!』と思うときにドーパミンは分泌されます。 もっというと、目標を達成する為に計画を立案している時や目標を達成するイメージをした時でもドーパミンは分泌されます。 何かに挑戦をしようとしてワクワクしてモチベーションが上がるのもその為です。 ドーパミンが分泌されると快感になります。 そして快感を覚える事で更なる快感を得ようとし更なる目標を追いかけるのです。 さらなる快感を得ようとモチベーションが上がり、行動してしまうのです。 『行動してしまう?』 『行動してしまう!!』 どうですか? サイコーじゃないですか? 僕は今までモチベーションを無理やり上げて、無理やり行動していましたが、長続きしませんでした。 無理やり頑張って行動するのではなく、このメカニズムを活用する事が出来れば気づいたら行動してしまうのです。 夢のような話ですね 笑 ドーパミンは人間の行動や学習に密接に関わっているのです。 『より多くの快感を得る=より多くのドーパミンを出す』だからこそ、更なる高みを目指すのです。 少し話は変わりますが、2つの例を出します。 【登山家】 登山家はより高い山を目指して挑戦し続けるのもうなずけますね。 【パワーリフター】 ウエイトトレーニング(筋トレ)をする人が、より重い重量に挑戦し続けるのも、なんとなく分かりますね。 ちなみに僕は筋トレにハマっています 笑 色々説明しましたが、ようはドーパミンを出しながら何かに挑戦する事は楽しいというです。 自分に報酬をプレゼントしよう 自分に報酬をプレゼントするという事はニューロンくんにプレゼントするという事なのです。 ニューロンくん? そうニューロンの事です 笑 分かりやすく擬人化して話します 笑 ニューロンくんはあなたの体の中にいっぱい存在します。 ニューロンくんは報酬を受けて喜んだ時に、友達のニューロンくんを喜ばし、 友達のニューロンくんは更に友達のニューロンくんを喜ばし、結果的にあなたを刺激して興奮させてくれるのです 笑 何かを達成した時や、人からホメられた時や人から、愛された時、うれしい時、たのしい時にニューロンくんは興奮するのです。 ドーパミンはガソリンのようなもので、ドーパミンがでないと行動を起こしづらくなります。 だからこそ、ドーパミンを出して脳(ニューロン)に報酬を与えると良いのです。 どういうことかと言うと行動することにより報酬がもらえることを学習すると ニューロンくんはさらなる報酬を得ようとするのです。 分かりやすく点数で話します。 例えば、目標を達成する事により、10点の快感がもらえたとします。 2回目はニューロンくんは10点の快感では満足しにくくなり、結果的に20点の 快感を得ようと努力します。 20点の快感を味わうと、今度は30点の快感を探し求めます。 こうして快感を求めて行動をくりかえすわけですから、成長していきますし、 文明が発達し続けている事もうなずけますね。 まとめ このメカニズムすごくないですか?? 100万円以上の価値ある情報だと思いますよ 笑 おおマジです!! ドーパミンの性質をしり、上手に活用する事により、 人間が本来もっている能力を発揮する事が出来ます。 世の中で結果出している人は本能的に気づいているのかも知れませんね。

次の

元気を出して〜初心者向け簡単Ver.〜(竹内まりや) / コード譜 / ギター

元気を出して コード

解説: 竹内まりやの癒し系楽曲No1の曲です。 失恋した人への慰めSongとして昭和世代の方々に絶大なる支持を得ています。 失恋だけでなくて心折れた人すべてへの応援歌ですね。 世の中の半分の人は何かしら心折れてる最中かその直後ぐらいの人だと思うので絶対ヒットしますよね〜 悲しみのどん底に突き落とす訳でもなく、また無理やり元気にさせる訳でもなくという感じがこのコード進行に現れていますね。 メジャー系で泣ける曲を作るというテーマの教科書みたいな曲です。 若い頃、失恋して自殺未遂した友人がどうしたら立ち直るのかを若い自分なりに熟考した結果、この曲をカセットテープに目一杯何度も録音して届けたことがありました。 それが功を奏したのかはわかりませんが彼はその後違う女性と巡り会い結婚して幸せに暮らしています。 昭和世代の人はこの曲に関して皆こんなような思い出話しが一つや二つあるのではないでしょうか。 歌詞の内容は、恋するフォーチュンクッキーにも何か通じるものを感じます。 Aメロの E7 Am の次が最初とその後とが少し違うところにも味があります。 この曲はギターのアルペジオとストロークを混ぜたバッキングで弾き語りするとカッコ良いと思います。 最近の若い人が歌っても全く違和感なく聴けると思うので是非若い方にカバーして欲しい楽曲であります。

次の

元気を出して

元気を出して コード

こんにちは。 お元気ですか! コード@ね~むです。 やる気さえ出せる事が出来れば、オレは出来るのに!! やる気が出ない事は生まれつき才能の問題なのか? 集中力が足りないのか? 頭が悪いのか? やっぱりオレには無理なのか? なぜこんなにも自分はダメなヤツなんだ!! こんな事を思った事ありませんか?? 僕は毎日思っていました。 が!!しかし!! 今は全く思っていません。 むしろ逆です。 なぜこんなにもやる気が溢れてくるのか? このモチベーションの高さ抑えたい!! オレは別人に生まれ変わったのか?? と思うぐらい、やる気に満ち溢れています!! どうしたら、やる気に満ち溢れるかを秘伝をお伝えます。 そう答えは、ドーパミンを分泌する事がやる気を出す方法です。 やる気=ドーパミンとの関係性。 そもそもドーパミンとは何ぞや? ドーパミンは脳内物質の一つであり、ドーパミンが分泌されると 幸せな気分になります。 ドーパミンは別名=幸福物質とも呼ばれています。 目標を達成した時や物事がうまくいった時、仕事で達成した時に 『やったぞ!!』と思うときにドーパミンは分泌されます。 もっというと、目標を達成する為に計画を立案している時や目標を達成するイメージをした時でもドーパミンは分泌されます。 何かに挑戦をしようとしてワクワクしてモチベーションが上がるのもその為です。 ドーパミンが分泌されると快感になります。 そして快感を覚える事で更なる快感を得ようとし更なる目標を追いかけるのです。 さらなる快感を得ようとモチベーションが上がり、行動してしまうのです。 『行動してしまう?』 『行動してしまう!!』 どうですか? サイコーじゃないですか? 僕は今までモチベーションを無理やり上げて、無理やり行動していましたが、長続きしませんでした。 無理やり頑張って行動するのではなく、このメカニズムを活用する事が出来れば気づいたら行動してしまうのです。 夢のような話ですね 笑 ドーパミンは人間の行動や学習に密接に関わっているのです。 『より多くの快感を得る=より多くのドーパミンを出す』だからこそ、更なる高みを目指すのです。 少し話は変わりますが、2つの例を出します。 【登山家】 登山家はより高い山を目指して挑戦し続けるのもうなずけますね。 【パワーリフター】 ウエイトトレーニング(筋トレ)をする人が、より重い重量に挑戦し続けるのも、なんとなく分かりますね。 ちなみに僕は筋トレにハマっています 笑 色々説明しましたが、ようはドーパミンを出しながら何かに挑戦する事は楽しいというです。 自分に報酬をプレゼントしよう 自分に報酬をプレゼントするという事はニューロンくんにプレゼントするという事なのです。 ニューロンくん? そうニューロンの事です 笑 分かりやすく擬人化して話します 笑 ニューロンくんはあなたの体の中にいっぱい存在します。 ニューロンくんは報酬を受けて喜んだ時に、友達のニューロンくんを喜ばし、 友達のニューロンくんは更に友達のニューロンくんを喜ばし、結果的にあなたを刺激して興奮させてくれるのです 笑 何かを達成した時や、人からホメられた時や人から、愛された時、うれしい時、たのしい時にニューロンくんは興奮するのです。 ドーパミンはガソリンのようなもので、ドーパミンがでないと行動を起こしづらくなります。 だからこそ、ドーパミンを出して脳(ニューロン)に報酬を与えると良いのです。 どういうことかと言うと行動することにより報酬がもらえることを学習すると ニューロンくんはさらなる報酬を得ようとするのです。 分かりやすく点数で話します。 例えば、目標を達成する事により、10点の快感がもらえたとします。 2回目はニューロンくんは10点の快感では満足しにくくなり、結果的に20点の 快感を得ようと努力します。 20点の快感を味わうと、今度は30点の快感を探し求めます。 こうして快感を求めて行動をくりかえすわけですから、成長していきますし、 文明が発達し続けている事もうなずけますね。 まとめ このメカニズムすごくないですか?? 100万円以上の価値ある情報だと思いますよ 笑 おおマジです!! ドーパミンの性質をしり、上手に活用する事により、 人間が本来もっている能力を発揮する事が出来ます。 世の中で結果出している人は本能的に気づいているのかも知れませんね。

次の