目白 ファッション & アート カレッジ。 目白ファッション&アートカレッジの詳細と口コミ・評判|ファッション専門学校比較【東京版】

目白ファッション&アートカレッジ

目白 ファッション & アート カレッジ

【注意事項】• ・正確な金額や詳細は資料請求の上、ご確認ください• ・各学科ごとの学費情報は各学科の基本情報をご確認ください• ・小数点以下は切り捨てとなります• ・「その他」は入学金と授業料以外の卒業までにかかる学費すべて(教科書代や教材費など)です 奨学金 以下の学科は日本学生支援機構 独立行政法人 の奨学金制度の対象です。 ・ファッションクリエイト科• ・ファッションビジネス科• ・ファッションアドバイザー科• ・アパレル産業科• ・ビジネス専攻科•

次の

理事長挨拶

目白 ファッション & アート カレッジ

留学生向けの入学制度のご紹介。 留学生の方は、「学校推薦」と「一般入学」をご利用いただけます。 こちらではそれらの条件などご説明いたします。 学校推薦・一般入学の入学条件 一般入学• 高度ファッションデザイン科• ファッションクリエイト科• ファッションビジネス科• ファッションアクセサリー科• ファッションアドバイザー科• 一般入学の条件に加え、日本国内の日本語学校を卒業・卒業見込の者• 学校長の推薦書 入学許可者には入学金の内100,000円を本学基金より充当します。 出願書類と出願期間 出願書類• 入学願書• 本国の最終学校卒業証明書または卒業証書の写し (日本語学校を除く最終学校のもので日本語または英文のもの)• 以下1~3の中からいずれか一つ 1. 日本語学校の卒業(見込)証明書 2. 日本語能力試験N2以上の認定証 3. 日本留学試験日本語得点200点以上の証明書• 日本語学校の成績証明書・出席証明書• 健康診断書(本校指定用紙)• 写真3枚• (うち1枚は願書に貼付してください。 裏面に志望学科名と氏名を記入してください。 パスポートの写し(国籍・氏名・生年月日・写真等があるページ)• 住民票• 選考料20,000円• (本校のオープンキャンパスに参加された方にお配りしている「体験入学参加カード」を出願書類とともに提出された方は、選考料が免除されます) 学校推薦をご利用の方は、上記の書類に加えて 日本語学校長の推薦書を提出してください。 出願期間• 一般入学 2019年11月1日 金 〜 2020年3月31日 火• 学校推薦• 2019年10月1日 火 〜2020年1月31日 金 詳しくは、 また、書類の書き方など、出願に際しての質問は、本校事務局までご連絡ください。 TEL:03-3951-3958 MAIL: あなたの「ファッション」を 「仕事」にする。 その第一歩を、目白から。

次の

目白ファッション&アートカレッジ

目白 ファッション & アート カレッジ

ファッションアクセサリーの知識と技術を習得 バッグ・靴・帽子・指輪・ネックレスなど主要なアイテムを製作します。 図面、パターン(型紙)作成、素材選びなどの実習を通して、縫製や金属類の加工技術などを学習。 ただ作品を製作するだけではなく、相手に伝えるための企画書の作り方やプレゼンテーションまでの一連の流れを理解します。 生産・販売・流通・貿易などを幅広く学習 卒業後すぐに現場で活躍するため、製作だけでなく業界のバックヤードの理解を深めます。 商品がお客様の手に届くまでにはさまざまな工程があります。 特に店舗での販売、流通、商品や材料の輸出入に関して豊富な知識を持つことは重要。 幅広い専門知識を得ることが可能です。 作品を発表し評価を受けるチャンスも! ファッションショーでは作品を発表し、イベント展では個々にブランドを企画し作品製作、一般客に展示・販売します。 また外部のコンペや企画展、ファッションショーなどにも積極的にチャレンジ。 レザーを使ったバッグや靴、帽子などを製作します。 他にもレザーメーカーやバッグ会社の見学、また2年次にはニューヨーク海外研修旅行に参加します。 ファッションアクセサリー科で学べるスキル• ビジネスマネージメント• バッグデザイン製作実習• 靴デザイン製作実習• ファッションアクセサリーを取り巻く全体像を理解する ファッションアクセサリーの商品構成や基礎知識、商品企画、流通、歴史、流行などについて学ぶ。 ファッションアクセサリービジネスの全体像をとらえることが目的。 オリジナルのバッグを製作 企画・デザイン、型紙作成、素材選択、そして実際の製作実習を通して、バッグについての基礎的な知識を得られる科目。 現場を経験したバッグメーカーの講師から、技術を身につける。 オリジナルの靴を実際に製作する 靴に関する基礎知識として構造、工法、素材の特性などを学習する。 各自でのオリジナル製作では道具や工具の使用法から学び、クラフトの要素を多く取り入れながら手作業で作り上げる。

次の