二ノ 国 ひどい。 映画 #二ノ国 ネタバレ感想~ドラクエ並なんて笑えない酷いアニメ

【悲報】アニメ映画『二ノ国』、酷評される「障害者差別を感じた今年一番残念な作品」

二ノ 国 ひどい

【映画二ノ国】内容・結末のネタバレ感想 あらすじ・ストーリー 公式サイトでは以下のあらすじが公開されているんですが、物語全体を通して キャッチコピーと内容の不一致が気になりました。 ある日突然ユウとハルが迷い込んだ見知らぬ場所、そこは想像を超えた魔法の世界「二ノ国」。 現実(一ノ国)と隣合わせにあるこの美しく不思議な世界で、2人はコトナにそっくりなアーシャ姫に会う。 そしてに二ノ国ではアーシャ姫が、一ノ国ではコトナが、死の呪いにかけられていた。 出展 一ノ国と二ノ国ではどちらかの命しか救えないという設定だと言われておりキャッチコピーも「命をえらべ」ですが、 この物語の中盤くらいで二ノ国で救った命は一ノ国でも救われるんだろうなとすぐ分かります。 結局 「命はえらばない」ことになるので、このキャッチコピーで煽るのは間違いだったのでは・・・と思わずにはいられなかった。 順に物語の展開を感想交えつつ解説していきます。 【導入部】異世界への転移が唐突 3人は仲良く高校生活を満喫していましたが、ハルとコトナは付き合っており、足の不自由なユウはコトナへの思いを隠しつつ暮らしていました。 そんなある日、コトナが通り魔により死にかけたことがきっかけで二ノ国へと転生することになるんですが・・・まずちょっとこの転移シーンが急すぎてポカーンでした。 出展 なんで転移したのか全くわからなかった。 後から転移の仮説みたいなものは提示されるんですが、結局その仮説も正しかったのか分からずじまいだったんですよね。 【中間部】ユウとハルの対立が強引 異世界・二ノ国のことを徐々に知っていくユウとハル。 いろんな成り行きもあってアーシャ姫のことを救うことになり、一ノ国のコトナの通り魔被害もなかったことになります。 ここまではいいんですが、その後すぐにコトナが命の危険のある病気にかかるんですね。 コトナの病気がきっかけでユウとハルに考え方の対立が生まれてしまう。 ここがどうしても強引に感じました。 おれは戻ってアーシャを討つ• 病気になったのはアーシャにまた新たな危機が迫っているために違いない 通り魔事件がなかったことになっていた以上ユウの仮説が正しいのは明らかなんですが・・・視聴者も大部分この時点で気づいていたので余計にハルが滑稽に見える。 ハルは本当に違和感を感じるぐらいに頭悪い。 親友の言うことは信じないのに明らかに悪役の言葉は信じて突然暗黒騎士になるし・・・。 そもそもハルは全体的に嫌なやつとしてしか描かれていなくて、どうしても感情移入できなかった。 【最終部】敵ボスの背景の描写不足 物語終盤でユウは王宮内の要人が裏切り者であることを看破します。 刺客がサキ姉のことを「お前がサキ姉か」と呼んだこと• 呪いの短剣と同じ匂いがしたこと これらから、 黒幕・裏切り者だと気づいたとのこと。 正直「えっ匂い・・・?」と思いました。 匂いとか言われても映画として観てる視聴者には全く伝わらない伏線だし、いきなり「同じ匂いだと思ってたんだ」と言われても・・・という感じです。 せめて事前に「あいつなんかどっかで嗅いだ匂いがする」とか言わせる伏線くらい仕込んでおいてもよかったんじゃないですかね。 さらに黒幕は、 「バレたからには仕方がない。 自分は王の兄であり、本当はこの国の第一王子であったのだ。 」と語り始めます。 ここで登場人物は一様に「なにい!?」みたいな反応をするんですが、 視聴者側からしたら王の兄とか名前がチラっと出てきただけだったので置いてけぼり感が半端なかった・・・。 ここで裏切り者の正体に視聴者を驚かせたいなら、王の兄という存在をもっと前からたくさん語っておくべきでした。 今からその存在を事後説明されても・・・という感じで登場人物達と感情のギャップを感じてしまうラストバトルだった。 【結末】最後のオチの明かし方が勿体ない ユウはこちらの二ノ国に残る選択をします。 愛するアーシャ姫もいますし、一ノ国では足も不自由・好きな人と親友は付き合ってるんですからまあそうだよね、ここは私はユウの選択に共感しました。 ただどうしても気になったのは、最後に一ノ国に帰ったハルが急に「気づいた」と言って、 ユウとハルは同一人物だと語り始めるんです。 ユウは元々二ノ国の住人だったという事実です。 えーそこ登場人物に直接解説させちゃうんかい!しかも物語が終結した後に! 「親友だと思ってたら同一人物だった」という設定自体はいいアイデアだったとは思うんですよ。 ただそれは視聴者が自分達で「もしかして・・・!?」となっちゃうような展開を用意して欲しかった。 そしたら衝撃のラストになっただろうになと思います。 この点はひじょーにもったいなかった! その他感想:主演3人の声優演技がひどい 後はどうしても気になってしまったのが主演3人の声優演技です。 (脇役の本業声優陣は本当に上手でした) 山崎賢人さんと新田真剣佑さんに関しては、 日常会話程度なら意外と大丈夫 でした。 ただ、 大事な場面や繊細な表現が要求される場面では力不足で棒読み感があったので物語に入り込めず、その点は非常に残念でした。 永野さんに関しては8割棒読みです・・・脇役ならまだ流せるんですが主役なので常に気になってしまって仕方がなかった。 SNSでも同様の声が多く見られました。 宣伝効果とかあるのも分かるんですが・・・ 脇役に本業声優さんとか入れるとさらに差が気になってしまうので、宣伝効果が欲しいのなら主役:声優、脇役:俳優でもいいんじゃないかと思います。 評価:おすすめできる出来ではなかった 二ノ国は 矛盾を感じる点や、ストーリーが勿体ないと感じる点が非常に多いというのが私の正直な感想です。 恐らくゲームの脚本と映画の脚本では要求されるスキルが違うんだろうなと思います。 あとは私はけっこう伏線考察など緻密に考え抜かれた作品が好きなタイプなのもあるかもしれません。 (SNSでは面白いと言っている方もけっこういるようでしたので) 音楽は久石譲さんで流石のクオリティですし、王道ファンタジーという雰囲気は楽しめるので深く考えずに見れる方は楽しめると思います。

次の

ネタバレ『二ノ国』結末やどっちの命を助けたのか、黒幕やユウの正体は何だったのか徹底まとめ

二ノ 国 ひどい

あらすじ 現実世界の自分と命がつながっている、もう一人の自分がいる世界「二ノ国」。 車いす生活をおくる高校生のユウは、学校でトップクラスの成績を誇る秀才。 バスケ部の人気者ハルと、ハルの彼女コトナとは幼馴染。 ある日、事件に巻き込まれたコトナを助けようとしたユウとハルは、現実世界と並行する魔法の国「二ノ国」に迷い込んでしまった。 そこにはもうひとりのコトナであり、二ノ国の姫「アーシャ」がいた。 ユウはアーシャに惹かれていくが、 コトナを救うためにはアーシャの命を奪わなければならなかった。 ユウとハルは究極の選択を迫られる__。 『二ノ国』結末(ラスト)はどうなったの? 『スポンサーリンク』 『二ノ国』では、一ノ国であるユウとハル、コトナの世界とアーシャ姫たちが暮らす二ノ国が存在します。 ひょんなことからユウとハルはアーシャ姫たちが暮らす二ノ国に迷いこみ、呪いがかかってしまったアーシャ姫を助けることになりました。 しかし、アーシャ姫を助けたことで一ノ国ではアーシャ姫と姿かたちがそっくりなコトナが死にかけてしまい、アーシャかコトナどちらかしか助けられない可能性があるとして命の選択を迫られることに。 コトナの恋人であるハルはコトナを助けるため、一度はアーシャ姫を殺そうとしますが、映画終盤で一ノ国と二ノ国で同じ姿をした人物は運命を共にしていることが判明します。 そのため、二ノ国でアーシャが死ねば一ノ国でもそっくりな人物であるコトナも死ぬことがわかり、ユウとハルはアーシャを助けるために共闘し、黒幕に立ち向かうことになりました。 映画ラストでは、二人が協力して悪玉を何とか撃破。 アーシャ姫に魅せられたユウは二ノ国にとどまり、ハルはコトナが待つ一ノ国に帰り、ハッピーエンドとなりました。 アーシャとコトナのどっちの命を選んだのか うっかり上述してしまいました汗 予告動画では命の選択を迫られ、 アーシャを守りたいユウとコトナを守りたいハルが対決するような触れ込みでしたが…… 一度二人はバチバチやり合うものの、悪玉が現れて真相が明らかになるなり、共闘してその人物を撃破。 結局アーシャ、コトナどちらかを助けるというわけではなく、どちらも助けるという形で映画自体はハッピーエンドになりました。 管理人は二人の争いが主軸となって物語が進行していくものと思っていたので、ちょっと予想していたものとは違いました(笑 黒幕は誰だったのか 映画の 黒幕は「ヨキ」という王家につかえる錬金術師です。 登場当初からあやしい雰囲気や言動をとってきたヨキ。 子どもでも「こいつ、もしかしたら悪いやつなんじゃないか」と感づいてしまうくらいわかりやすい黒幕でしたが、実はヨキには同情できるかわいそうな過去がありました。 ヨキの過去~本当はアーシャ姫の兄だった?~ 映画中盤では現在の王の兄が王時代、バデロニアという国を滅ぼした過去が描かれます。 このバデロニア、実はヨキが養子に出された国でした。 また、劇中、ヨキは二ノ国の王子(現王の兄の息子)でありながら、バデロニアに人質という形で養子に出されたことが判明。 父に捨てられてバデロニアに養子に出された挙句、ヨキはバデロニアで結婚して子供をもうけ、ようやく幸せになったその時に実父に国(バデロニア)事滅ぼされてしまいました。 ヨキはこの戦いで一度死にますが、 錬金術の力でよみがえり、 二ノ国の王家につかえることで王族に復讐しようと計画を練っていたわけです。 「そりゃまぁ恨みもするよな……」 という描写がされたわけですが、 ヨキ自体は本当は死んでいるのに錬金術でよみがえったせいなのか、黒幕であることを白状した瞬間、ドラゴンなのかとげとげのうになのかわからない気色の悪い怪物にトランスフォーム。 アーシャ姫が引き継いだ魔力をわがものにしたいという思いを遂げられないまま、ユウとハルに撃破されてしまうのでした。 いやいやいや、いくらなんでもかわいそすぎます。 一ノ国に戻ったハルは、元気になったコトナと話し、コトナやユウとかかわりのあった人物の中からユウの記憶が消えていっているのに気づきます。 そして、ユウが実は一ノ国の人間であったことにハルは気づくのでした。 ユウは赤ん坊の頃、 飛行機事故で両親を亡くし、 孤児になったと語っていましたが、 実は、ユウは一ノ国と二ノ国を行き来できるトラベラー(本人に自覚なし)であり、二ノ国からきたもう一人のハルでした。 同じ人物(コトナ)を好きになったことからハルはこのことに気づき、ユウの記憶がコトナたちからなくなっていくことに寂しさを覚えながらも、ユウの存在を以前よりも強く自分の中に感じるようになったようでした。 ちょっとこじつけ感がないわけではないですが…… あんまり深く考えずに流し見する程度であれば 「お、そうなのか、あっぱれな設定だな」 と納得できるいいお話といった具合で鑑賞者は満足できますね。 個人的なアニメ映画『二ノ国』の感想 正直に書いてしまうと主軸になる3人の声が気になってこころからは楽しめませんでした。 ただ、映画自体の脚本はまとまりがあって簡潔だったため、年齢層広く楽しめる作品だと思います。 また、2時間ほどの上映時間だったので細かい設定などの描写が簡単すぎてよめない部分もあり、物語自体も割と走り気味で少し残念ではありました。 もうちょっと尺があってもよかったのかなと思うのと、キャラクターの言動が理解できないと思う部分もあり、矛盾点も多々あった作品かと思います。 キャラクターが突き動かされる理由のソースが信用できない懐疑的なものであることからも、少し考えればその考えには至らないだろうとつっこみたくなる人物の動きも多々。 また、予告動画を見た当初は好きになった人物を守るために二人の少年が争うのかと予想されましたが、ばちばちする描写が主軸といったわけではなく、テーマが散らばって絞り切れていないイメージが払しょくできないと思ってしまいました。 勢いはあったので、何も考えずに見るなら良い映画です。 ただ、管理人のようにいろいろと考えてしまったりうがった見方をしてしまう人には向かない可能性が高いです。 年齢層は広く楽しめる映画だとは思いますが、どちらかというと中高生向きではないかとおもいます。 ゲームをプレイしてきて作品を追う大人世代はそこまで楽しめないかもしれません。。。 ちなみに、 二ノ国はちゃっかり小説もでちゃってたりするので、活字で読みたい方は手に取ってみるのもありです! まとめ 以上が『二ノ国』結末(ラスト)、コトナとアーシャどちらが助かったのか、黒幕、ユウの正体などなどネタバレでした。 いかがだったでしょうか。 少しでもお役に立てたのであれば幸いです。 映画自体は少し矛盾点もありましたが、全体的にまとまりがあって面白かったので、気になっている方はぜひみにいってみてくださいませ。 ではでは、映画を観るよー!という方も、そうではない方も、良い映画ライフをお過ごしくださいませ。 『スポンサーリンク』.

次の

映画『二ノ国』本編映像(アーシャ姫ダンス編)【HD】2019年8月23日(金)公開

二ノ 国 ひどい

ぼくもそう思う。 映画『ドラクエ』を下回る理由 豪華俳優陣を使った結果の、低レベル声優陣 今回の主なキャストはこの三人!• ユウ役山崎賢人(声優初挑戦)• ハル役新田真剣佑(声優初挑戦)• コトナ・アーシャ役永野芽郁(『キングオブエジプト』で吹き替え初挑戦) 始まった初っぱなからひどかったような印象です。 特に梶裕貴が演じるダンパとの共演するシーンでは、まるで演技力がコントラストのように、慣れてない感が引き立って聞こえました。 梶裕貴さんとかプロの声優さんのすごさを改めて感じます。 やっぱ声優がよくないと冷めちゃうよ。 感情移入できない登場人物と、引き込まれない脚本 『二ノ国』でキャラに感情移入できた人っているのかな。 魅力を全く感じませんでした。 明らかに悪役の顔してるやつの言葉を鵜呑みにするハルはもう論外ですよ。 ただの何も考えていない短絡的な馬鹿っていう印象しかない。 そしてその性格を活かそうともしない、脚本。 予告編を見ても、ユウとハルの二人が対立するところが魅せるポイントだと思うのですが、それって二人に感情移入してるから観客側も心を揺さぶられるものでしょう? でも二人を好きになれなかったら、観てる人にとっては「殺し合おうが勝手にどうぞ」じゃないですか。 『コードギアス』のルルーシュとスザクのようにお互い譲れないものがあって、それのために友達でもぶつかり合うっていう構図が全く作れていないように感じました。 「?」を残す全くしっくりこないオチ オチがだめだともう救いようがない気がします。 実はユウが二ノ国側の人間だったというオチ。 しかもハルと命が繋がっていると。 外見が似ていないことや、どうやってやってきたのか、ユウが引き取られた経緯など、多くの謎を残すラストでした。 「後は想像にお任せします」って作品じゃないと思うんですけどねー。 『天気の子』とか観た後だとなおさら、物足りなさや違和感を感じてしまうかもね笑。 「せめてオチはどんでん返し来いっ!」って祈りながら観てたんですけどねー。 だめでした笑。 まとめ ここまで『二ノ国』の感想を書いてきましたが、いかがだったでしょうか?.

次の