ネオ コーポラ ティズム。 9:スウェーデンの労働運動ーその実績と試練<1/2>

コーポラティズム

ネオ コーポラ ティズム

龍谷大学法学部教授 渡辺 博明 はじめに スウェーデンの労働運動は、その組織力や社会民 主労働党(以下、社民党)との協力関係を通じて、 直接的な労働条件のみならず、労働市場政策や社会保障政策にも影響を与えながら広く労働者の生活条件を改善してきており、世界で最も成功した事例の一つに数えられよう。 しかし、そのような労働運動も、その後の社会経済構造の変化の中で厳しい 試練を受けながら現在に至っている。 本稿では、ス ウェーデンの労働運動の歴史を概観した後、現在の状況を、国内の政治情勢と欧州統合の影響に着目して見ていく。 1.組織化と政治的影響力 スウェーデンでは19世紀半ば以降、各地で労働運動が起こり、1998年には社民党の指導の下に労働組合の全国組織LOが結成された。 20世紀に入り、森林、鉄鉱石、水力などの資源を生かして工業化が進む中、LOおよび各加盟労組が、その組織力を背景にしばしばストライキに訴え、使用者側もロックアウトで対抗するという大規模な労使紛争につな がっていた。 当初は、たとえば1909年のゼネストのように、激しい闘争の末に組合側が敗れて解雇者を出し、組合員の離脱を招くこともあったが、増え続ける産業労働者や自治体職員の組織化を経てLOは 力を強めていった。 1930年代に入ると、失業保険の運営に組合が関わる方式(ゲント制)が導入され、失業保険への加入と組合への加入とが事実上重なるようになり、その組織力はさらに増した。 こうした中でスウェーデンの労働運動は、しだいに闘争よりも交渉による労働条件改善を志向するようになり、その力を認めた経営者側にも産業平和を求める気運が高まった。 その結果、1938年にLOと経 営者団体中央組織S A Fとの間で協定が結ばれ、 以後、労働者側が経営権を尊重する一方、賃金その他の条件については労使当事者間の交渉によって決めていくことが確認された(サルトシェーバーデン 協定)。 他方で、社会経済的諸政策については、社民党 の長期政権の下で、政・労・使の三者交渉を通じてその基本枠組みが決められる「ネオ・コーポラティズ ム」の傾向が強まった。 特に1950年代から60年代 にかけては、三者間で定期的な協議がもたれた他、 政策形成において重要な役割を果たす議会外の調査委員会や、各省庁の下で諸政策の実施にあたる行政委員会に労使の代表が加わる体制が発達した。 またその間、LOと社民党は、前者の議長が後者の意思決定中枢である執行委員会のメンバーを兼ねることが慣例化されており、組織的にも深く結びつ いていた。 労働組合としては、1944年に事務労働 者組合の全国組織TCO、1947年に大卒専門職の 中央組織S A C Oも結成されたが、規模の面では産 業労働者を中心としたLOが圧倒的に大きく、その後 もスウェーデンの労働運動はLOを中心に展開された。 2.「レーン=メイドナー・モデル」と経済民主 主義への挑戦 第二次世界大戦の戦禍を免れたスウェーデンは、 1970年代に入るまで比較的安定した経済成長を続 け、その間に基礎的社会保障の確立にとどまらず、 中間層をも含めた多くの人々に権利として社会保障 や社会サービスを提供する普遍主義的福祉国家を 築き上げた。 その一方で労働運動は、完全雇用と産 業発展とを同時に実現しようとする独自の戦略を展開していった。 それはL Oの2人のエコノミストの名に ちなみ「レーン=メイドナー・モデル」と呼ばれ、「連帯 賃金政策」と「積極的労働市場政策」の組み合わ せからなっていた。 前者は主に「同一労働・同一賃 金」の原則を徹底させることであり、後者は生産性 の低い産業部門を保護せずに解体するとともに、その労働力を職業訓練や住宅供給によって支えながら高生産性部門へと移動させ、全体として産業構造 を高度化しながら、雇用を維持し、経済成長を進めようとするものであった。 また、小規模開放型のスウェーデン経済にとっては輸出産業の競争力維持 が不可欠であるため、経営者側も、労働条件や社会 保険料負担で譲歩しつつ、連帯賃金政策による賃上げ圧力の抑制を期待することができた。 もちろん、 新たな技能の習得を迫られたり、職を求めて転居したりする労働者の負担は小さくなかったし、すべてが 狙いどおりに進んだわけではないが、労働運動が、 高い組織率を背景に政策決定に影響力をもち、かつ、産業発展と雇用・福祉を両立させるための明確な戦略をもって活動していたことは特筆されるべきであろう。 他方、より直接的な労使関係をめぐっては、1960 年代後半にLOと社民党が「産業民主主義」を求めてさらなる攻勢に出た。 1972年には「労働者重役法」が成立し、従業員50人以上の企業では2人以 上の重役を労働者から選出することとなった。 また、74年には「職場代表法」が制定され、労働者側の代表が参加して労働条件や安全基準等を整備していく体制が確立された。 さらに77年には、従来の職 場協議会制度を発展させる形で「共同決定法」が定められ、企業が業務内容を変更する際には、労組から選ばれる従業員代表との間で事前に協議する ことが義務づけられた。 こうして自らの立場を強めていた労働運動が次に 追求したのが、企業の超過利潤に課税してつくった基金によってその株を買い増していき、最終的に経営権をも握ろうとする「労働者基金」の構想であっ た。 それは、サルトシェーバーデン協定から共同決定法に至るまで、従来は労働者側が企業の経営権には踏み込まないことを前提としていた点からすると 極めて野心的な試みであったが、その分当然ながら経営者側や右派政党からの激しい反発を招いた。 それは数年にわたる論争を経て1982年に一応の 成立を見たが、その内容は当初の意図とは異なり、 経営権の制限という点では実質的な意味をもたないものとなった。 この経験は労働運動の限界を示すものともなったが、それでも70年代までのスウェーデンの労働運動は、産業政策全体への影響力の点で大きな成果を残したといえよう。 しかし、1980年代以降は、賃金形成をめぐって産業部門ごとに分離交渉が行われたり、90年代初頭までにS A Fが行政委員会から代表を引き揚げたり するなど、集権的な労使関係に基づくネオ・コーポラ ティズム的体制に変化が生じるとともに、労働運動が社会経済的な影響力を強めてきた流れも反転し始めた。 そして、90年代初頭の経済危機を経て完全雇用の維持が難しくなると、ポスト産業化やグローバ ル化というより大きな構造変化の中で、労働運動は厳しい試練を迎えることとなった。 世界の労働運動 の他の最新記事.

次の

コーポラティズムとは

ネオ コーポラ ティズム

アメリカ新保守主義の呼称 [ ] 「 Neoconservatism」の直訳として「 」が使用されている。 この言葉はであるが、元祖ネオコン思想家の一人であるによれば、「ネオコンは元来でな人々がにしたからネオなのだ」として、などを提唱する旧来の保守派である「PaleoConservatism(ペイリオコンサヴァティズム。 旧保守主義)」と区別している。 当初はだった新保守主義者を初めて自称したのはネオコンのゴッドファーザー的存在とされるとされる。 略称として近年では「 Neocon(ネオコン)」と呼ばれる事が多い。 新保守主義者の歴史 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年11月) 起源 [ ] の新保守主義の源流は、後に「」と呼ばれるようになる、にとして活動したたちにまで遡る。 彼らの多くは、アメリカの公立大学の中で最も歴史のある大学の一つ、(CCNY)に学んでいる。 これは当時、をはじめとするの私立学校が、を優先し大多数のやたちに関し排他的な入試制度を持っていたからである。 当代のニューヨーク知識人には、、、、 ()(出身。 左翼から保守に移行した知識人を批判的に「新保守主義」を名付けたのは、彼といわれている。 )、政治学者、の ()などがおり、こうした人の中に、のちにアメリカ新保守主義の創設者( founder)と考えられている文芸批評家の、その妻でありの ()、 ()、 ()らがいた。 したがってニューヨーク知識人の中で新保守主義へと転向したのは、一部に過ぎない。 また、重要な人物として ()が挙げられる。 である彼はの党派 ー から、締結とによる侵攻を期に、ソ連の国家性格やその「からの防衛」の是非をめぐってらと論争し、社会主義労働者党から分裂して (: )を結成する。 ハリントンやハウは、彼に魅了され左翼になった(後に転向)。 後、シャハトマンのグループはの統一執行部を掌握してへの統合を主張し、民主党に入り込むと、党内最左派として(UAW)やの派閥などを基盤に活動していく。 人数的には少数派だったが(AFL-CIO)の会長や政府高官にメンバーを送り込んでいた。 に入るとさらに保守化し、シャハトマンの死後このグループは分解の方向に向かった。 このシャハトマン・グループ傘下の ()に入っていたのがなどである。 シャハトマンの新保守主義への貢献は、戦前にはトロツキスト・グループを形成し青年ユダヤ人に知的公共空間を提供したこと、はユダヤ人たちが米国の現実政治のなかで影響力を与えていく回路をつくりあげたことだろう。 なお、左翼からネオコンに至ったことで、両者に通底する何らかの部分があったとする ()は、新保守主義の「民主主義の輸出」というコンセプトは彼らが青年期に信奉したトロツキズムの「革命の輸出」の焼き直しであるとしているが、これはが創設された当時左翼からの転向者が幹部に居たことから指摘されていたものである。 新左翼及びソ連との緊張緩和(デタント)への反対 [ ] 最初の批評家の重要なグループがから出現したのち、元祖ネオコン(当時この言葉はまだ存在しなかった)たちは、基本的に者か者であった。 彼らはを強く支持した。 元祖ネオコン思想家こと、やは、『 ()』誌に関係していた。 初期ネオコンたちはであり、 - 初頭の時期に・を強く支持していた。 しかし、彼らは政権のいう「 ()」に幻滅を感じ、1960年代のを軽蔑した。 そして彼らは、の間、とりわけや運動の中に主義が広がっているのを感じた。 アーヴィング・クリストル(『コメンタリー』元編集長、 ()上級、雑誌『』の出版者)によれば、ネオコンは、「リアリティに襲われたリベラル」である。 ネオコンとイスラエルの関係 [ ] ネオコンを支えているのはの親()政策を支持するアメリカ国内在住の(イスラエル)・である。 アメリカのユダヤ系市民はアメリカの総人口3億人に対して600万人に満たないが、その内富裕層の割合が多くアメリカの・に深く関わっている。 歴史的に数多くの差別を受けてきた経緯からかつてはリベラル派の民主党支持者が多かったが、民主党の政権が進めた政策に対する不満から、共和党に鞍替えしている有権者が多い。 共和党の掲げる中東の政策が結果的にはイスラエルを利することになるからである。 また、同時にイスラエルの政党も共和党と利害が一致しているため手を結ぶことが多い。 このような経緯から、に登場した共和党政権には数多くのネオコンが参入しており、以降の強硬政策を推し進めた。 アメリカ合衆国の保守合同 [ ] ウィリアム・バックリィ(左)とロナルド・レーガン大統領(1986年撮影) アメリカ合衆国の保守の立場を採る組織や個人の間では、必ずしも利害が共通しているわけではなかった。 特に伝統主義とはしばしば対立する。 例えば、精神に重点を置く伝統主義者やと、完全なるを唱えるリバタリアニズムの間で、政治的対立を引き起こした。 しかしリバタリアニズムを信奉する人物がキリスト教の・反対に賛同していることからもわかるように、必ずしも両者が激しい意見の相違があると決め付けるのは誤りである。 また、外交政策や安全保障政策に重大な関心を払わない(やを提唱する)伝統主義者や、リバタリアニズムの対外不干渉主義は、の積極介入主義との間で、極めて深刻な政治対立を引き起こした。 この保守思想の分裂を1つの大きな「保守主義」としてまとめあげることに成功したのが、に創刊された『 ()』という雑誌である。 この雑誌は伝統的な保守派だけでなく、リバタリアンや ()、 ()、、 ()のような元共産主義者や元左翼も集結させた点が特徴であった。 この雑誌の編集者のは、上記3つの保守派に対し、それぞれの問題の起因はにあると主張した。 「リベラリズムは反共主義者の嫌うを容認し、リベラリズムは伝統主義者の嫌う伝統の破壊者であり、リベラリズムはリバタリアニズムの嫌う大きな政府の支持者である。 」とし、リベラリズムと対立する3つの異なる保守の合同に成功したのである。 この試みは、1960年代のアメリカの保守主義運動と連動して、1つの潮流を作り出した。 、共和党大統領候補の有名な演説が行われた。 「自由を守るためのは、いかなる意味においても悪徳ではない。 そして、正義を追求しようとする際の主義は、いかなる意味においても美徳ではない」 保守派はこの演説を大歓迎した。 そして、このゴールドウォーター演説に影響された多くの保守派の政治家が、アメリカの次代を担うことになる。 また重要な指摘として、それまでの共和党は、現在のような保守主義ではなかったという点がある。 共和党が保守派を利用したのではなく、保守派が共和党を利用したというのである。 これにより、共和党の保守化が進み、の政権誕生へとつながっていくこととなる。 2001年、それらの政治勢力に後押しされる形で元共産主義者で「思いやりのある保守主義の父」 と呼ばれる ()を顧問にしていたブッシュ大統領が登場し、前述のような背景、思想を持つ人物がブッシュ政権の中枢を担った。 ネオコンの軍事・外交政策 [ ] 現在のネオコンの代表的人物とされるウォルフォウィッツとそれに理解があるとされるブッシュ大統領 ネオコンは、・・()を理想に掲げ、は人類普遍の価値観であると考え、その啓蒙と拡大に努めている。 その例として、旧ソ連へのや中東のと呼ばれるへの関与があげられる。 また、での勢力回復を目指して ()と呼ばれるでの反米左派政権がドミノ現象で倒れた ()を支持しており、中南米の右派勢力とのつながりも指摘されている。 また、ネオコンはにおいて、元トロツキストでの重鎮のやなどの議論に強い影響を受けている。 「緊急事(など)にはアメリカの国防に何ら寄与しない」として、ネオコンのなどは唯一の超大国アメリカはそれ自体が「世界の警察」(Globocop )であるとし、のようなの措置に批判的である。 による事前承認のない行使での単独のと予防戦争を主張しているが()、 ()的であると批判されることも多い。 「」は、ではなくてを根拠としてに基づいたとして注目されたが、アメリカ合衆国はこの有志連合を恒久的に維持する姿勢を現時点では見せていない。 対ロシア政策 [ ] 詳細は「」を参照 など俗に旧ソ連圏で「」と呼ばれるドミノ現象もネオコンの援助があったと言われる。 特にネオコンにとって敵国だったソ連の後継国である、とりわけ、を悲劇と断じて旧ソ連圏を勢力圏として維持すべく以降アメリカの一極支配体制に異議を唱えるロシアの政権に対しては批判的である。 また、終結時に氏と約束したの東方拡大の抑制を破り、NATOへの東方拡大を実現させ、ロシアを念頭にした等の設置も進めている。 ネオコンは、や等の周辺の感情の強い国への支援を行ってきた。 ロシアの近隣国であり、歴史的なつながりもより深い、、、には反露同盟としてのを結成してネオコンが関与しているとされる。 また、ネオコンの出自には時代のだったヘンリー・M・ジャクソンのような ()やらの ()に所属した者が多く、ロシア系や系をルーツに持つ人が多いことからにも攻撃的な姿勢を持っている。 に起きたにもら共和党のネオコンが深く関与しているとされており、ロシア側がに至った経緯として、であるにNATO軍の基地が設置され対露牽制の拠点とされることへの懸念があったとされる。 また、民主党の政権、陣営にもやらのようなネオコンに類似もしくはほぼ同一とされると呼ばれるタカ派勢力が存在し、冷戦リベラルの流れを汲むリベラルホークはネオコンと共にを厳しく追及しているなど反露強硬姿勢を貫いている。 ただし、トランプ政権でもジョン・ボルトンのような旧ブッシュ政権でネオコンとされた人物もなどに起用されており、に起きたの政権への軍事攻撃もボルトンの影響とされ 、イランへの攻撃計画準備を国防総省に指示した際は物議を醸し 、一時トランプ大統領が対イラン軍事行動を決定した際も後押しした。 ネオコンと深い関連のあるとされている著名人 [ ] 政治家 [ ]• - 、元、前会長• - 米国副大統領、共和党下院議員• - 、元共和党員• - 、元共和党員• - 共和党• - 共和党• - 元上院議員、東欧系ユダヤ人• () - 共和党上院議員、元テキサス州司法長官• - 共和党下院議員• - 共和党上院議員• - 共和党、元知事• - 共和党上院議員• - 共和党、元大統領首席補佐官、元国防長官• - 共和党• - 元国務長官、民主党上院議員• - 共和欧、元国防長官• - 共和党下院議員• - 共和党下院議員。 CIA 長官。 第70代アメリカ合衆国国務長官。 - 共和党• - 共和党、知日派の軍人、元国務副長官• - 共和党上院議員 官僚・役人 [ ]• () - 外交官、ユダヤ人• - 共和党、元民主党、哲学者、元教育長官• - 共和党• - 外交官、政治学者、反共産主義者• - 元国務次官補、元大使、トランプ政権で国家安保担当大統領補佐官 国務省最右派・強硬派• () - 前国防次官、ユダヤ人• - 外交官、元チェイニー氏外交アドバイザー、ロシア系ユダヤ人• - 総裁、元、ポーランド系ユダヤ人• - 外交官• - 共和党、国家防衛政策委員長、政治家、ユダヤ人• - 弁護士、政治家、チェイニー副大統領の首席補佐官、ユダヤ人 学者・公共知識人・ジャーナリスト [ ]• - ネオコンの創始者と考えられている。 東欧系ユダヤ人• - アーヴィング・クリストルの子、東欧系ユダヤ人• - 政治学者でネオコンのイデオローグの一人とされた、日系アメリカ人• () - 研究者、イラク人• - イタリアのジャーナリスト• - イギリス出身の解説者• - ラジオ・パーソナリティ、コメンテーター• - 政治学者、ロシア系ユダヤ人• - 歴史家、政治評論家、ポーランド系ユダヤ人• - 社会学者、「」論。 東欧系ユダヤ人• - コラムニスト• - カナダ出身の記者、「」という単語を考案した。 ユダヤ人• - 歴史学者、リトアニア系ユダヤ人• - の拡大中東構想に影響を与えた、ウクライナ出身のイスラエル人• - 政治学者、ウクライナ系ユダヤ人• - 研究者• () - 輸出入銀行会長• - の政治学者• () - 研究者• () - 歴史学者、哲学者• - ラジオ・パーソナリティ、コメンテーター• - 政治史家、ユダヤ系• () - スペイン系ユダヤ人• - チェイニー元副大統領夫人、反ネオコン学者の評論家• - 政治評論家、の夫、リトアニア系ユダヤ人• () - 法学教授 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• Goldberg, Jonah 20 May 2003. "The Neoconservative Invention". National Review. "A 1987 article in The New Republic described these developments as a Trotskyist takeover of the Reagan administration" wrote , p. Grann, David. "Where W. Got Compassion. " The New York Times Magazine, 12 September 1999. 2018年4月15日. 2019年1月13日閲覧。 2019年1月14日. 2019年2月15日閲覧。 2019年6月21日. 2019年6月22日閲覧。 2013年8月4日. 2016年11月14日閲覧。 出典(世界の警察) [ ].

次の

9:スウェーデンの労働運動ーその実績と試練<1/2>

ネオ コーポラ ティズム

アメリカ新保守主義の呼称 [ ] 「 Neoconservatism」の直訳として「 」が使用されている。 この言葉はであるが、元祖ネオコン思想家の一人であるによれば、「ネオコンは元来でな人々がにしたからネオなのだ」として、などを提唱する旧来の保守派である「PaleoConservatism(ペイリオコンサヴァティズム。 旧保守主義)」と区別している。 当初はだった新保守主義者を初めて自称したのはネオコンのゴッドファーザー的存在とされるとされる。 略称として近年では「 Neocon(ネオコン)」と呼ばれる事が多い。 新保守主義者の歴史 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年11月) 起源 [ ] の新保守主義の源流は、後に「」と呼ばれるようになる、にとして活動したたちにまで遡る。 彼らの多くは、アメリカの公立大学の中で最も歴史のある大学の一つ、(CCNY)に学んでいる。 これは当時、をはじめとするの私立学校が、を優先し大多数のやたちに関し排他的な入試制度を持っていたからである。 当代のニューヨーク知識人には、、、、 ()(出身。 左翼から保守に移行した知識人を批判的に「新保守主義」を名付けたのは、彼といわれている。 )、政治学者、の ()などがおり、こうした人の中に、のちにアメリカ新保守主義の創設者( founder)と考えられている文芸批評家の、その妻でありの ()、 ()、 ()らがいた。 したがってニューヨーク知識人の中で新保守主義へと転向したのは、一部に過ぎない。 また、重要な人物として ()が挙げられる。 である彼はの党派 ー から、締結とによる侵攻を期に、ソ連の国家性格やその「からの防衛」の是非をめぐってらと論争し、社会主義労働者党から分裂して (: )を結成する。 ハリントンやハウは、彼に魅了され左翼になった(後に転向)。 後、シャハトマンのグループはの統一執行部を掌握してへの統合を主張し、民主党に入り込むと、党内最左派として(UAW)やの派閥などを基盤に活動していく。 人数的には少数派だったが(AFL-CIO)の会長や政府高官にメンバーを送り込んでいた。 に入るとさらに保守化し、シャハトマンの死後このグループは分解の方向に向かった。 このシャハトマン・グループ傘下の ()に入っていたのがなどである。 シャハトマンの新保守主義への貢献は、戦前にはトロツキスト・グループを形成し青年ユダヤ人に知的公共空間を提供したこと、はユダヤ人たちが米国の現実政治のなかで影響力を与えていく回路をつくりあげたことだろう。 なお、左翼からネオコンに至ったことで、両者に通底する何らかの部分があったとする ()は、新保守主義の「民主主義の輸出」というコンセプトは彼らが青年期に信奉したトロツキズムの「革命の輸出」の焼き直しであるとしているが、これはが創設された当時左翼からの転向者が幹部に居たことから指摘されていたものである。 新左翼及びソ連との緊張緩和(デタント)への反対 [ ] 最初の批評家の重要なグループがから出現したのち、元祖ネオコン(当時この言葉はまだ存在しなかった)たちは、基本的に者か者であった。 彼らはを強く支持した。 元祖ネオコン思想家こと、やは、『 ()』誌に関係していた。 初期ネオコンたちはであり、 - 初頭の時期に・を強く支持していた。 しかし、彼らは政権のいう「 ()」に幻滅を感じ、1960年代のを軽蔑した。 そして彼らは、の間、とりわけや運動の中に主義が広がっているのを感じた。 アーヴィング・クリストル(『コメンタリー』元編集長、 ()上級、雑誌『』の出版者)によれば、ネオコンは、「リアリティに襲われたリベラル」である。 ネオコンとイスラエルの関係 [ ] ネオコンを支えているのはの親()政策を支持するアメリカ国内在住の(イスラエル)・である。 アメリカのユダヤ系市民はアメリカの総人口3億人に対して600万人に満たないが、その内富裕層の割合が多くアメリカの・に深く関わっている。 歴史的に数多くの差別を受けてきた経緯からかつてはリベラル派の民主党支持者が多かったが、民主党の政権が進めた政策に対する不満から、共和党に鞍替えしている有権者が多い。 共和党の掲げる中東の政策が結果的にはイスラエルを利することになるからである。 また、同時にイスラエルの政党も共和党と利害が一致しているため手を結ぶことが多い。 このような経緯から、に登場した共和党政権には数多くのネオコンが参入しており、以降の強硬政策を推し進めた。 アメリカ合衆国の保守合同 [ ] ウィリアム・バックリィ(左)とロナルド・レーガン大統領(1986年撮影) アメリカ合衆国の保守の立場を採る組織や個人の間では、必ずしも利害が共通しているわけではなかった。 特に伝統主義とはしばしば対立する。 例えば、精神に重点を置く伝統主義者やと、完全なるを唱えるリバタリアニズムの間で、政治的対立を引き起こした。 しかしリバタリアニズムを信奉する人物がキリスト教の・反対に賛同していることからもわかるように、必ずしも両者が激しい意見の相違があると決め付けるのは誤りである。 また、外交政策や安全保障政策に重大な関心を払わない(やを提唱する)伝統主義者や、リバタリアニズムの対外不干渉主義は、の積極介入主義との間で、極めて深刻な政治対立を引き起こした。 この保守思想の分裂を1つの大きな「保守主義」としてまとめあげることに成功したのが、に創刊された『 ()』という雑誌である。 この雑誌は伝統的な保守派だけでなく、リバタリアンや ()、 ()、、 ()のような元共産主義者や元左翼も集結させた点が特徴であった。 この雑誌の編集者のは、上記3つの保守派に対し、それぞれの問題の起因はにあると主張した。 「リベラリズムは反共主義者の嫌うを容認し、リベラリズムは伝統主義者の嫌う伝統の破壊者であり、リベラリズムはリバタリアニズムの嫌う大きな政府の支持者である。 」とし、リベラリズムと対立する3つの異なる保守の合同に成功したのである。 この試みは、1960年代のアメリカの保守主義運動と連動して、1つの潮流を作り出した。 、共和党大統領候補の有名な演説が行われた。 「自由を守るためのは、いかなる意味においても悪徳ではない。 そして、正義を追求しようとする際の主義は、いかなる意味においても美徳ではない」 保守派はこの演説を大歓迎した。 そして、このゴールドウォーター演説に影響された多くの保守派の政治家が、アメリカの次代を担うことになる。 また重要な指摘として、それまでの共和党は、現在のような保守主義ではなかったという点がある。 共和党が保守派を利用したのではなく、保守派が共和党を利用したというのである。 これにより、共和党の保守化が進み、の政権誕生へとつながっていくこととなる。 2001年、それらの政治勢力に後押しされる形で元共産主義者で「思いやりのある保守主義の父」 と呼ばれる ()を顧問にしていたブッシュ大統領が登場し、前述のような背景、思想を持つ人物がブッシュ政権の中枢を担った。 ネオコンの軍事・外交政策 [ ] 現在のネオコンの代表的人物とされるウォルフォウィッツとそれに理解があるとされるブッシュ大統領 ネオコンは、・・()を理想に掲げ、は人類普遍の価値観であると考え、その啓蒙と拡大に努めている。 その例として、旧ソ連へのや中東のと呼ばれるへの関与があげられる。 また、での勢力回復を目指して ()と呼ばれるでの反米左派政権がドミノ現象で倒れた ()を支持しており、中南米の右派勢力とのつながりも指摘されている。 また、ネオコンはにおいて、元トロツキストでの重鎮のやなどの議論に強い影響を受けている。 「緊急事(など)にはアメリカの国防に何ら寄与しない」として、ネオコンのなどは唯一の超大国アメリカはそれ自体が「世界の警察」(Globocop )であるとし、のようなの措置に批判的である。 による事前承認のない行使での単独のと予防戦争を主張しているが()、 ()的であると批判されることも多い。 「」は、ではなくてを根拠としてに基づいたとして注目されたが、アメリカ合衆国はこの有志連合を恒久的に維持する姿勢を現時点では見せていない。 対ロシア政策 [ ] 詳細は「」を参照 など俗に旧ソ連圏で「」と呼ばれるドミノ現象もネオコンの援助があったと言われる。 特にネオコンにとって敵国だったソ連の後継国である、とりわけ、を悲劇と断じて旧ソ連圏を勢力圏として維持すべく以降アメリカの一極支配体制に異議を唱えるロシアの政権に対しては批判的である。 また、終結時に氏と約束したの東方拡大の抑制を破り、NATOへの東方拡大を実現させ、ロシアを念頭にした等の設置も進めている。 ネオコンは、や等の周辺の感情の強い国への支援を行ってきた。 ロシアの近隣国であり、歴史的なつながりもより深い、、、には反露同盟としてのを結成してネオコンが関与しているとされる。 また、ネオコンの出自には時代のだったヘンリー・M・ジャクソンのような ()やらの ()に所属した者が多く、ロシア系や系をルーツに持つ人が多いことからにも攻撃的な姿勢を持っている。 に起きたにもら共和党のネオコンが深く関与しているとされており、ロシア側がに至った経緯として、であるにNATO軍の基地が設置され対露牽制の拠点とされることへの懸念があったとされる。 また、民主党の政権、陣営にもやらのようなネオコンに類似もしくはほぼ同一とされると呼ばれるタカ派勢力が存在し、冷戦リベラルの流れを汲むリベラルホークはネオコンと共にを厳しく追及しているなど反露強硬姿勢を貫いている。 ただし、トランプ政権でもジョン・ボルトンのような旧ブッシュ政権でネオコンとされた人物もなどに起用されており、に起きたの政権への軍事攻撃もボルトンの影響とされ 、イランへの攻撃計画準備を国防総省に指示した際は物議を醸し 、一時トランプ大統領が対イラン軍事行動を決定した際も後押しした。 ネオコンと深い関連のあるとされている著名人 [ ] 政治家 [ ]• - 、元、前会長• - 米国副大統領、共和党下院議員• - 、元共和党員• - 、元共和党員• - 共和党• - 共和党• - 元上院議員、東欧系ユダヤ人• () - 共和党上院議員、元テキサス州司法長官• - 共和党下院議員• - 共和党上院議員• - 共和党、元知事• - 共和党上院議員• - 共和党、元大統領首席補佐官、元国防長官• - 共和党• - 元国務長官、民主党上院議員• - 共和欧、元国防長官• - 共和党下院議員• - 共和党下院議員。 CIA 長官。 第70代アメリカ合衆国国務長官。 - 共和党• - 共和党、知日派の軍人、元国務副長官• - 共和党上院議員 官僚・役人 [ ]• () - 外交官、ユダヤ人• - 共和党、元民主党、哲学者、元教育長官• - 共和党• - 外交官、政治学者、反共産主義者• - 元国務次官補、元大使、トランプ政権で国家安保担当大統領補佐官 国務省最右派・強硬派• () - 前国防次官、ユダヤ人• - 外交官、元チェイニー氏外交アドバイザー、ロシア系ユダヤ人• - 総裁、元、ポーランド系ユダヤ人• - 外交官• - 共和党、国家防衛政策委員長、政治家、ユダヤ人• - 弁護士、政治家、チェイニー副大統領の首席補佐官、ユダヤ人 学者・公共知識人・ジャーナリスト [ ]• - ネオコンの創始者と考えられている。 東欧系ユダヤ人• - アーヴィング・クリストルの子、東欧系ユダヤ人• - 政治学者でネオコンのイデオローグの一人とされた、日系アメリカ人• () - 研究者、イラク人• - イタリアのジャーナリスト• - イギリス出身の解説者• - ラジオ・パーソナリティ、コメンテーター• - 政治学者、ロシア系ユダヤ人• - 歴史家、政治評論家、ポーランド系ユダヤ人• - 社会学者、「」論。 東欧系ユダヤ人• - コラムニスト• - カナダ出身の記者、「」という単語を考案した。 ユダヤ人• - 歴史学者、リトアニア系ユダヤ人• - の拡大中東構想に影響を与えた、ウクライナ出身のイスラエル人• - 政治学者、ウクライナ系ユダヤ人• - 研究者• () - 輸出入銀行会長• - の政治学者• () - 研究者• () - 歴史学者、哲学者• - ラジオ・パーソナリティ、コメンテーター• - 政治史家、ユダヤ系• () - スペイン系ユダヤ人• - チェイニー元副大統領夫人、反ネオコン学者の評論家• - 政治評論家、の夫、リトアニア系ユダヤ人• () - 法学教授 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• Goldberg, Jonah 20 May 2003. "The Neoconservative Invention". National Review. "A 1987 article in The New Republic described these developments as a Trotskyist takeover of the Reagan administration" wrote , p. Grann, David. "Where W. Got Compassion. " The New York Times Magazine, 12 September 1999. 2018年4月15日. 2019年1月13日閲覧。 2019年1月14日. 2019年2月15日閲覧。 2019年6月21日. 2019年6月22日閲覧。 2013年8月4日. 2016年11月14日閲覧。 出典(世界の警察) [ ].

次の