かぐや様は告らせたい 166。 最新ネタバレ『かぐや様は告らせたい』166

最新ネタバレ『かぐや様は告らせたい』166

かぐや様は告らせたい 166

2020年1月30日発売の週刊ヤングジャンプ2020年9号で、『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』166話が掲載されました。 かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜166話は、翌日行われるクラスマッチに向けてバレーボールの練習を放課後に行う石上。 その理由は自由登校になっている3年生のつばめに、良いところを見せたかったのです。 かぐやによる猛特訓を受けた石上はクラスマッチに臨みますが、果たして特訓の成果は出てかつつばめに良いところを見せつけることが出来るのでしょうか。 本記事では、かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜166話『石上優は見せつけたい』のあらすじと感想を紹介していきます。 かぐや様は告らせたい166話のあらすじネタバレ ある日の体育館では、石上が一人でバレーボールの練習をしていました。 秀知院の体育では科目の後半にクラス合同のトーナメントが行われ、決勝戦となると放課後までずれ込みますので石上が練習している時間帯には多くの人が来るのです。 石上は自由登校になっているつばめが来るイベントと言えばこれしかなく、ここで良いところを見せようとしていました。 そうしたら突然千花が現れたので、驚く石上。 彼女は忘れ物をしたから体育館に来たのですが、同時に何らかのデジャヴを感じていました。 石上の事情を知った千花は協力しようとしますが、急にトラウマを思い出してしまうのでした。 そのトラウマは以前白銀との練習の際に植え付けられたもので、彼女はそれを振り切るために自らの自己暗示をかけて何とかなりました。 そして人間の瞳が前にあるのは未来を見るためにあると、人間が生きるのは弱かった自分を乗り越えるためだと名言を言って立ち上がったのです。 石上が苦手なのはジャンプサーブであり、中々安定して打つ事が出来ません。 その事を聞いて再びトラウマが呼び起こされそうになる千花だったが、何とか立ち直ると白銀の時の事を思い出して目を開けたままジャンプする練習をしようと言ったのです。 しかし、石上は目を開けたまま普通にジャンプ出来ていたので、天才かと言いました。 そしてこれくらい誰でも出来ると言ってジャンプ無しのサーブを打って決める事で、千花を驚かせたのです。 石上が白銀程下手糞では無かったので千花はする事が無くなってしまい、石上のためにボールを持ってこようとして倉庫へと向かいます。 入れ替わるように白銀がやって来て、事情を知るとあの時の自分と同じかと感慨深い表情をすると、どや顔をしながら教えてやると言ってきたのです。 しかし、石上はそれを断り、それでも教えたい白銀は頼み込みますが石上は断り続けました。 それでも笑いながらコツを掴めば簡単だと、最初は余り得意じゃなかったが少し練習すれば上手くなったと、自分は2年のクラスマッチで優勝に導いたと豪語する白銀。 その後ろで戻ってきた千花が死んだ目をしながら聞いていました。 一通り話が終わったので千花は白銀に話しかけ、全部自分の手柄みたいに言うんですねと辛辣な言葉を述べたのです。 これに対して白銀は自分は与えられるのではなく、与えたいのだと反論します。 そして口論になってしまったので、石上は揉めるのなら別の場所でしてほしいと言い、千花は白銀を連れて何処かへと行ったのでした。 同時に日没に男子と会うような女子と思われたくないという理由でステージの裏に隠れていたかぐやが出てきました。 かぐやは石上にもうつばめに連絡したからもう後には引けないと、自分はスパルタしかやり方を知らないと言って彼を鍛えたのでした。 クラスマッチ当日、石上はかぐやの特訓の成果を発揮して勝ち進んでいきます。 そして試合を見に来ていたつばめに勝ったらデートしてくれと頼み、彼女は了承したのです。 そのおかげか、石上のチームは無事に優勝しました。 かぐや様は告らせたい166話の感想と考察 正直、私も千花と同じように石上が普通に出来ている事には驚きましたね。 石上は正直言って地味ですし、根が暗そうですし、ゲームとかが好きなので運動は不向きな感じだと思っていたのです。 それは千花も今回の話からそう思っていたはずですが、普通に上手かったので驚きました。 そして白銀が来て、石上に教えようとしているのを見ていた千花はどの口が言っているんだと、何様のつもりなんだと思っていたのではないでしょうかね。 石上よりも下手糞だったから教えたのに自分一人で頑張って上手くなったみたいに白銀は言っていたので、千花が怒っても無理ないですね。 そんなこんなで試合を迎えて無事に勝利しましたが、ワンシーンワンシーンで基本的なプレーも上手かったように見えましたので、ここら辺もかぐやに鍛えられたのだと思いましたね。 次回は石上とつばめのデート回になるのではないでしょうか。 今回の話で石上は彼女に試合に勝利出来たら付き合ってほしいと頼み込んでおり、彼女も話を聞いて了承しました。 勝てばデートだと燃えたであろう石上が活躍してチームは優勝出来ましたので、約束を果たした事になるのです。 それ故に休日の日にデートするのではないかと思います。 その裏で千花達が尾行するのではないでしょうか。

次の

かぐや様は告らせたいの三期ってあると思いますか?

かぐや様は告らせたい 166

さてと。 かぐや様は告らせたい 166話 の感想(かぐ活)です。 前回は四宮さんと会長の イチャイチャに当てられた読者諸兄,いかがお過ごしでしょうか。 戦場は体育館へ... ここしばらく生徒会室の攻防が繰り広げられていたのですけれど,今回は初っ端から「体育館」。 おお,ついに生徒会室を離れた!? 生徒会室のやりとりも面白かったですけれど,やはり世界を広く使ったほうがお話も膨らむかもしれませんからね。 今後が楽しみである。 さて,今回のお話は 石上優が主役。 石上と言えばミコ。 ミコと言えば石上。 そんな流れが既に来ているというか,読者意識では多分そんな感じー!なのは 過去調査からも見えてきているんですけれど,さて肝心要の石上はどうなのよっていう話でもある。 戦争始まる 「あなたは」 — ayumie ayumie というわけで,今回は石上優の 恋の行方を占う一話です(そうなの?)。 最新コミックス 石上優は好かれたい さてその石上ですが,なぜ体育館なのか。 それは体育の授業で行われる「クラスマッチ」対策であります。 クラス対抗のバレーボールとならば,当然衆目を集めるところ。 いや,石上にとって周囲の反応なんてどうでもいい。 重要なのは つばめ先輩にいいところを見せるというところですよ。 石上の気持ちは変わらず「つばめ先輩」 ふむ。 関連記事 石上はつばめ先輩に告白して。 でもつばめ先輩は信じていたものに裏切られることを恐れて「お付き合い」することができなくて。 じゃあ石上が嫌いなのかというと,むしろ胸がキュンするくらい好意を抱いているのである。 そのつばめ先輩に対して, いつか自分に振り向かせる。 できれば 相手から告白させる。 そんな意気込みで自分の身を磨き続ける石上が格好いい。 筋トレもした。 バレーボールの練習もする。 全ては恋する子安つばめ先輩に好いてもらうため。 いや,これまでのお話の流れからすれば,石上の気持ちはつばめ先輩から一ピコも動いていないので当然といえば当然なのですが。 藤原千花は鍛えたい そんな好きな人に格好いいところを見せて惚れさせよう... などという中学生男子並みの純情ボーイに近づく影があった。 ていうか, 藤原千花だった。 体育館... バレーボールの練習... 異性の先輩と後輩... 何も起こらないはずもなく... 藤原ママの特訓! 脳内に溢れ出した,存在した記憶ーーー 瞬間,藤原の脳内に溢れ出した存在した記憶 全てはここから始まった,という伝説の藤原ママのバレーボール特訓回が思い起こされる。 一読者としては笑っちゃいますけれど, 藤原ママとしてはちっとも笑えない。 思わず過呼吸になるくらいの 心理的外傷 トラウマが襲っているんです! にも関わらず,頼まれてもいないのに石上の特訓に入ろうとする藤原さんマジぱねぇ。 何がそこまで藤原書記を駆り立てるのか うーむ。 これは何なんでしょうか。 単に面倒見が良いとか,実はマゾだからとか,そういうものじゃないですよね。 石上に対する感情とか抜きにして。 だって絶対そうですよ。 こんな 戯けたこと言っているくらいだもの。 確かに白銀会長のようなポンコツ教材として藤原さんを苦しめたりはしないでしょうけれど,そこにいるソイツは言葉のジャックナイフで散々ぶった切ってきた人ですよ? 殴りやすいボディとか言われたの,もう忘れたか...? そんなことも見えなくなっているくらい,自分を追い込んで酔いしれる藤原さんはとっても頭がおかしい人ですが,これが 会長の引力に囚われた人の Sa・ Ga(性)ってやつなんですかね...。 おかしい人を亡くした(死んでない) 白銀御行は与えたい からーの,白銀御行の登場! 藤原といい,白銀といい,一体どうなっているの...。 体育館なんて ぶらり一人旅で訪れる場所じゃないですよ。 なんだろう... 話の展開で登場した感はあるけれど,これは裏でなにか別のことが進行しているんじゃないか。 そのポジションis何? しかしまあ,それは置いておいてこの白銀御行くんですよ。 藤原ママに特訓してもらったおかげで化物からそれなりに上手に進化しているみゆきち君。 もうページを捲るまでもないですよね。 この後能面のような顔をした藤原千花が背後にみえるの... あンた... 背中が煤けて見えらあ...! 千花っと千花・近! 晴れやかな顔をして禁止ワードを連発するみゆきち君の背中でどんどんとソウルジェムが濁っていく藤原書紀がとっても愛おしい。 これは全日本ぼっけなすー党・党首である藤原千花も 怒り心党に改名ですわ。 「おにの目もレ眼」ですわ。 先程とは別の意味でお前は一体何を言っているんだ... っていう感じである。 冷静に問い詰める藤原書紀のそれは「部下の手柄」を横取りした上司に詰め寄るキャリアウーマン... の構図のはずなのに,なぜでしょう。 浮気した夫と静かに問い詰める藤原ママの様相に見えるのは...。 これは藤原ママも静ギレ そんな東出某ばりにグウの音もでない状況において開き直って思いの丈をシャウトする白銀会長がいっそ清々しい。 なまじどちらの言っていることも正しいからこそなおのことである。 実際に努力したのは白銀だし,さりとてそこまで育ててあげたのは藤原ママだし。 共同作品(意味深) あれは全部私達の 共同作品 と叫ぶ藤原ママの主張もうなずけるんですけれど,それよりもどうなんでしょうかね。 恋人である白銀御行の手を引っ張りながら,浮気夫を問い詰めるがごとく場を離れた藤原千花を見送った 四宮かぐやの気持ちとは。 もとより,知らないところで自分とは違う女の色に染め上げられるのは 「浮気」認定だった四宮さんですからね。 この後修羅場編に続くのでしょうか。 気になります。 関連記事 四宮かぐやは磨きたい しかしまあ,この場は「イーブン」で収めたのは他ならぬ自分自身が石上優の特訓に付き合ってあげていたからなんですかね...。 さすが やることたっぷりやっている妻の身となった今は余裕ですね,かぐやさん。 四宮かぐやは磨きたい なるほど。 こうやって弟の面倒を見るがごとく,子安つばめを手に入れるために石上磨きに徹するそれは,まさに 義姉の心境である。 なるほどな... いや,ここで気になるのは四宮さんは伊井野さんの気持ちをどう捉えているのかなって点ですよ。 藤原書紀ですら勘付いているミコちゃんの気持ちである。 敏い四宮さんが気づかないはずがないのである。 十中八九気づいている。 にも関わらず,四宮さんは一貫して子安つばめと石上の間柄を取り持とうとする。 考えてみれば当然のことである。 「子安つばめを手に入れろ」と言ったのは他ならぬかぐやですし,石上優が好きなのは子安つばめ先輩である。 合理的に見てしまえば,そこに伊井野ミコの気持ちを 考慮する余地はない。 関連記事 だから,かぐやは伊井野さんの気持ちに気づいていても無視をする。 石上の気持ちがつばめ先輩に向いている以上,それを手に入れることが第一目標となるのは当然のこと。 合理的かつ客観的思考に基づく四宮家の人間らしい判断である。 真の鬼による特訓の成果 その結果。 石上,まさに鬼神のごとき働きぶりである。 さすがは出来なければ鞭を打つ,そんな四宮流スパルタ教育の権化・氷かぐやモードのなせる技である。 実際にこなした石上も大したものですが...。 かくして磨き上げられた石上優という原石は,子安つばめ先輩とのデートを勝ち取るのであった。 「うん,いいよ」と応えるつばめ先輩の気持ちは変わらず石上を加点評価し続けている模様。 思わず本気の眼になる石上の様相からいっても, 石上の気持ちは全く動いていなかった。 動き始めた戦争 ほくそ笑む 大仏。 意味深な表情を浮かべる 小野寺。 能面のような顔の 伊井野。 ここでタイトル回収か。 バレーボールでの活躍を見せつけると同時に,己の恋心が子安つばめにあることを改めて伊井野ミコに示すという。 まさに 「石上優は見せつけたい」である。 いま,伊井野ミコの心はどんな嵐が吹きすさんでいるのか。 次回,石上xつばめデート編。 戦争が始まる。 現実逃避のご案内 Google検索で記事が出なくなったら、検索語に「現実逃避」を付け足すと見つかりやすいです。 もっと簡単なのはブックマーク登録。

次の

かぐや様は告らせたい【185話】最新話ネタバレ感想|秀知院はバレンタイン後編

かぐや様は告らせたい 166

2020年1月30日発売日の週刊ヤングジャンプ2020年9号、最新話! かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~【第166話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。 ちなみに165話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はまずこちらから。 これからかぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~のネタバレを含む内容をご紹介します。 もし文章のネタバレではなく絵付きで「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」の最新話166話を読みたい場合は U-NEXTで今すぐに週刊ヤングジャンプの2020年9号が無料で読めますよ。 かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~【第166話】のネタバレ ネットにボールが引っかかり、苦い顔を浮かべる石上。 実は彼は、 クラスマッチに向けて、バレーの練習をかさねていたのだった。 石上優は見せつけたい ちなみに秀知院の体育は、科目の終盤に クラス合同でのトーナメントが行わるのがテッパン。 そして その決勝戦は放課後までずれ込むことが多く、 授業を終えた生徒が押し寄せるのが通例となっていた。 それを狙ったのは石上。 というのも、現在 3年生のつばめは自由登校期間に入っており 、学校に来るのはこういったイベントがあるときぐらいで、となると この日は石上の見せ場なのだ。 だからこそ 練習をかさねていた石上だが、その時 突然体育館に藤原が現れ、声をかけられる。 ただ、 藤原は去年の白銀との特訓がかなりトラウマになっていて、 石上に練習を持ち掛けただけでフラッシュバックする、 深刻な症状におそわれていた。 しかしとにかく 前に向きに捕らえながら、遠慮する石上に特訓してやると言ってきかない藤原。 すると、石上は観念したように ジャンプサーブが上手く出来ないというので、 藤原は フラッシュバックにふるえながらも、 「基礎」から始めると言って、 目を開けたままジャンプする練習をすすめてきたのだった。 石上は藤原ほど出来ないこともなく、目を開けたままジャンプだってできるし、なんなら ジャンプしなければサーブは入る実力の持ち主。 そこで、 教えることのなくなった藤原は、 石上にボールを持ってくる雑用を任命されてしまった。 それに困りつつ、また練習を再開しようとした石上だが、 そこに 今度は白銀が顔を出し、昔を思い出しつつも、 自分が教えてやると提案。 しかし石上は、 しつこい白銀の提案を必死に断り続け、最終的に 藤原に冷めた目で見られて白銀はケンカし始めたので、 石上はふたりを追い出したのだった。 そして、 静かになった体育館。 すると、 壇上に身を隠していたかぐやが現れた。 ということで、かぐやは特訓を開始しようとする。 しかも、既にかぐやは つばめが当日来るよう根回しまで行っており、 必ずいいところを見せるために、 スパルタで教えこんでやった。 本日の勝敗 そして迎えた、クラスマッチ当日。 石上は、 見に来ていたつばめに、ボールを取りに行くフリをして「 この試合に勝ったらデートしてほしい」と提案する。 それを、 一緒に見ていたミコたちはそれぞれの思惑をかかえた顔で見ていたが、 何も気づかないつばめは、石上の提案を受け入れるのだった。 結果、 本日のクラスマッチは石上チームの優勝。 U-NEXTを使えば週刊ヤングジャンプ2020年9号も電子書籍で今すぐ無料で読むことができます。 今回のかぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~の最新話を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください! 31日間無料お試し期間がありますし、登録直後に600ポイントもらえますので。 次回、デート回に向けての準備の回になるのかな? 石上がかぐやにスパルタ指導されたり、白銀に相談したりして、かぐやたちの恋愛事情を他人側から知ることが出来たりするのかも。 次回も楽しみですね! 次回のかぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~【第167話】掲載のヤングジャンプ発売日は2月6日になります! まとめ 以上、かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~【第166話】のネタバレ・感想を紹介しました。 漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。 無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!.

次の