メルカリ 値段 交渉 コメント。 メルカリで売れる値段のつけ方はコレ!3ステップで希望の金額に!

メルカリのバラ売り交渉のコメント例文/セット売りを変更

メルカリ 値段 交渉 コメント

2016. 18更新 メルカリに出品していて値下げや取り置き(専用)交渉コメントへの対応が大変で困った経験はありませんか? 「交渉を断る方法が知りたいけど、失礼じゃない返事をするにはどうしたらいいんだろう?」 「希望価格で取り置きしないで購入してもらいたいのに交渉コメントが来てしまった。 どうしよう?」 そんな時に、 返信コメントの文章を少し工夫するだけで、値下げも取り置きもすることなく希望価格ですぐに購入されることが多いことがわかりました。 返信コメントでさりげなく値下げや取り置き(専用)を断りつつ、購入を検討している人に「この商品やっぱり欲しいな」と思ってもらえれば、購入される確率がぐんとアップします。 あらかじめ対応方法を知っていれば、迷うこと無くすぐにコメントに返信できますのでおすすめですよ。 今回は、値下げ交渉コメントがついた時に使える、すぐに売れる確率がアップする返信コメント例文集をご紹介したいと思います。 【値下げ交渉編】値下げ交渉コメントがついた時に書いてしまいがちなNG返信コメント例文。 購入を検討していた人があきらめる瞬間 例えば、11,990円でブランド物のコートを販売するとします。 ほとんど着用していなくて綺麗な状態のコートです。 昨シーズンのもので、定価4万円で購入したコートを出品したとします。 コメント(Aさん)「9,900円に値下げしていただけませんか?」 この時に返信コメントで書いてしまいがちなのが、 「値下げ対応しておりません。 」「今のところ値下げは考えておりません。 」などの断りの文章です。 出品した人にとって値下げしたくないのは事実ではあるものの、コメントを書いたAさんは「やっぱりなぁ。 ダメもとで書いてみたけど、なんだか失礼なことを聞いてしまったかな」と気持ちが下がり、はっきり断られたことで「別の人が出品した時でいいかな」と気持ちが揺らいであきらめる確率が高いんです。 「~しません」「~は考えておりません」などの否定文を使ってしまうと相手にとっては少しきつく聞こえることもあります。 特にメルカリはネットでのやり取りなので相手の顔の表情が見えないやり取りです。 否定文を目にすると「気を悪くしたかも。 」と思ってしまうこともありますよね。 こんな時に使えるのがこんなコメント返信文です。 「コメントありがとうございます。 良い状態のコートで、この状態のものとしては最大限格安出品しております。 送料込にしておりますので、このままのお値段でご検討いただけますと幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。 」 値下げコメントに返信する時に心がけたい6つのポイント 先程ご紹介したコメント返信文には6つのポイントがあります。 出品者も優しそうだし欲しかったから買おう!」と思う可能性が高く、 本当に欲しかった商品ならすぐに購入ボタンを押して買いたいという気持ちになります。 今までに何度かこういったケースがあったのですが、 否定的な文章を使わないように心がけるだけで印象が柔らかくなり、自分(出品者)側の希望もすっと伝わったようで、すぐに購入してもらえました。 値下げ交渉をしている人はダメもとで交渉コメントを入れる人が多いので、断り方がきつくなりさえしなければ、その後はスムーズに希望価格で商品を販売できることも多いんです。 この例のように、コメント返信の文章に少し工夫をしてみるのがおすすめです。 購入を検討している人は 商品を「欲しい!」と思ってコメントを残している瞬間が欲しい気持ちのピークで、取り置きをOKしてもらって自分専用の商品に変更されてからは徐々に欲しい気持ちが下がっていくものなんです。 出品者が取り置きをOKしてしまうと、意外とそこから連絡が取れなくなったりすることも多いんです。 実はメルカリではこういった独自ルール(マイルール)は推奨しておらず、公式サイトの「よくある質問」にはこのように書かれています。 購入者がすぐ購入できない場合、取り置きを相談されることがあります。 メルカリは最初に購入した方と取引する仕組みです。 取り置きや専用出品によるトラブルはサポートできませんので、お断りいただくことをお勧めします。 つまり、 メルカリでは断ることを推奨していて、出品者にとっても不安になるだけで良いことはないんですね。 トラブルになった時に損をするのは出品者のみとなってしまうので何のメリットもないことになります。 そんな時に上手に断りつつ、本当にその商品を欲しいと思っている方にすぐに購入してもらいやすい返信コメント例文をご紹介します。 購入ボタンを押してくださるのが早い順番で優先となりますので、どうぞよろしくお願いいたします。 」 すごくシンプルなのですが、これだけで大丈夫です。 否定的な文章は入れていないので柔らかい印象になりつつ、コメントを書いた人にも「早い者順なんだ!すごく欲しいからすぐ買おう」と思ってもらいやすいと思います。 メルカリのルール上でも購入ボタンを早く押した順番で購入できることになっていますので、メルカリのルールもコメントでさりげなく伝えることができます。 中には購入しない人もいるかもしれませんが、そういう場合は残念ですが、実はそんなに欲しくはなかったというケースですね。 私の今までの経験でも、メルカリで出品する時に取り置きはしないことを商品説明に書いてはいるのですが、時々交渉のコメントが入ります。 その時は先程ご紹介した文章を書くようにしています。 すると、すぐに購入ボタンを押してくれる方が多く取引もスムーズに進みました。 【失敗ケース】一度だけ取り置きOKして失敗。 連絡が途絶えてしまった 一度だけ取り置きをOKしてしまって失敗したことがあります。 しかし、残念ながら連絡は途絶えてしまいました。 「やっぱり取り置きはNGにしておいたほうが良いんだなぁ」と学んだケースでもありました。 「欲しい!」と思ったピークに購入しないということは、それほど欲しいものではなかったということなんだと思います。 その商品は再出品したので私自身が何か損したわけではないのですが、 なんとなくモヤモヤした気持ちが残ってしまいました。 取り置き交渉コメントが届いたら、上記の例文のように断ってメルカリのルールどおりに「最初に購入した人と取引する」ようにする方がスッキリ楽しめると思います。 まとめ:コメント返信文を工夫すればすぐ売れるのでメルカリが楽しくなる メルカリの値下げ交渉コメントや取り置き(専用)交渉コメントへの対応は難しいとも言われていますが、コメント返信文を少しだけ工夫することで、すぐに売れやすくなるという例文をご紹介しました。 お互いに相手が見えない取引ですので、言葉のちょっとした言い回しに気をつけるだけで印象が柔らかくなり、スムーズにコミュニケーションが取れるようになります。 特に、否定文を使わないでコメントをやり取りするのがおすすめです。 文章に少し工夫を加えるだけで、売れる速度もアップしてメルカリを楽しく利用することができますので、是非使ってみてくださいね。 最初からメルカリで300円分の買い物が出来るポイント 300pt が付与されますので、購入する際にお使いいただけます。

次の

メルカリで売れる値段のつけ方はコレ!3ステップで希望の金額に!

メルカリ 値段 交渉 コメント

フリマアプリのメルカリでは、値段交渉(価格交渉)をすることが当たり前のようになっています。 そんな価格交渉では、ユーザーから様々な質問や要求をされることがあり、中には「こんな値段交渉困る・・・」と思ってしまうような謎の値引き交渉をされるケースもあります。 あまり出品者を困らせるような値段交渉は価格交渉を断られてしまったり、場合によっては出品者からブロックをされてしまうこともあるので、購入者は注意です。 そんな実際にあった、出品者が困る値段交渉のコメント例についてご紹介します。 実際にあったメルカリで値段交渉を断られるコメント例とは? メルカリはフリマアプリであるため、購入者が気軽に出品者に値段の交渉ができるようになっています。 またこの値段交渉はメルカリのルールでも認められているため、特にがあるわけではありません。 ですが、メルカリではこの値段交渉が当たり前となっていることから、「この人からの価格交渉は絶対に受けたくない・・・」と思ってしまうような、謎の値引き交渉が来ることがあります。 これは実際に私が体験した値段交渉の例ですので、他にも経験したことのある出品者も多いかもしれません。 そんな実際にあった、出品者が困る値引き交渉のコメント例をご紹介します。 例えば、1000円で販売している商品に対して「700円なら即決します」「700円なら買います」などと言われるパターンです。 そしてその後に「値引きは可能でしょうか?」「お願いできますか?」などの言葉もなく、その一言だけなのです。 このようなコメントが来た場合、出品者側としては「上からだな・・・」と思ってしまうのが本音です。 値段交渉はあくまで交渉です。 出品者にも値段交渉を引き受けるか受けないかを選ぶ権利があり、あまりにも態度が悪い・上から物を言われてしまうと、やはり引き受けたくはありません。 もちろん出品者も購入者に対して低姿勢で接するべきですが、このような値引き交渉をする場合は 「700円への値引きは可能でしょうか?」「700円でお願いできないでしょうか?」など、購入者側も値引きをお願いしている立場であることは忘れてはいけません。 amazonと同じ価格にして欲しい 以前メルカリで商品を出品・販売していたところ、ある男性ユーザーから謎の値引き交渉コメントが入りました。 それと同じ価格にしてください」 「こんな人本当にいるの?」と思うかもしれませんが、本当にいます。 実際に私は、このような「amazonと同じ価格にして」というコメントを3人くらいから言われたことがありますし、しかもそれは全て別のユーザーでした。 家電量販店での買い物でネットの最安値を提示して値段交渉をする人がいるのと同じで、メルカリでもネットの最安値を提示して値下げ交渉しようという考えなのでしょうか・・・ もちろんこの謎の値段交渉は断りましたが、出品者側からすれば「・・・じゃあAmazonでご購入ください」と思うしかありませんでした。 2段階で値引き交渉をされる また、以前メルカリで出品している商品に対して、このようなコメントが入ったこともあります。 この軽い感じの「あともう一息!」はかなりイラっとしました・・・ しかもこの場合は、最初にユーザーが値引きの希望額を提示しておいて、出品者がOKを出したらさらにそこから値下げ交渉をしてくるパターンなのです。 つまり、2段階で値引き交渉をしてきたのです。 恐らくこのユーザーの場合は、一度値引き交渉をして出品者のコメントの反応を見て「まだイケる!」と判断して、さらに値引きを要求するのだと思われます。 半額以上の値引きを要求する これも意外と多いですが、驚くほどの額の値引きを要求されるケースもあります。 例えば10,000円で出品しているものに対して「5,000円になりますか?」「3,000円になりますか?」などの要求です。 もはや現在の販売価格があってないようなものになってしまうほど、ユーザーが勝手に決めた金額を提示されることもあります。 もちろんこのような度が過ぎている値段交渉は断るべきですし、 出品者が納得できない金額では絶対に取引はしない方が良いです。 また、私の経験上あまり度が過ぎている値段交渉をする人は、評価を見てみると悪い評価が多くついていたり、プロフィール文の内容が信用できなかったりと、やはりどこか引っかかる部分がある人は多いです。 非常識な額を提示する・大きな値引きを要求するユーザーには、注意した方が良いでしょう。 出品者によっては値引き交渉の内容でブロックも メルカリで頻繁に行われる値引き交渉ですが、出品者によっては値段交渉のコメント内容によっては取引を断るだけでなく、ブロックまでしてしまう人も多くいます。 メルカリのブロック機能とは「取引をしたくない」「関わりたくない」「購入されたくない」「もうコメントが来ないようにしたい」などの理由から、そのユーザーとの接触を拒否できる機能です。 ブロックをするとそのユーザーからのいいね・購入・コメントなどができないようにできるため、予め取引がしたくないユーザーは購入をされる前にブロックしておくこともできます。 もし出品者からブロックをされてしまうと、出品者が自分をブロック解除するまでその出品者の商品を購入ができなくなってしまうため、購入者側は値段交渉のコメントの内容には気をつけるようにしましょう。 ・ ・ 値引きコメントではなくオファー機能もおすすめ メルカリで値下げ交渉が当たり前になってから、やはり値引きコメントが来ることへのストレスや手間から「値引きコメントがいちいち来るのが嫌」と思う出品者は多くいます。 そのため、今ではメルカリにはオファー機能が使えるようになっています。 (ただし現在は 「インテリア・住まい・小物」「家電・スマホ・カメラ」「スポーツ・レジャー」カテゴリー商品のみです) このオファー機能とは、値引きができるかを聞きたい商品に対して、自分が希望する価格を入力するだけで出品者に価格交渉をするができます。 これを使うことで、出品者とわざわざコメント欄で文章のやり取りをしなくても良くなり、ユーザーにとっても希望金額を入力するだけで後は値下げの可否を待てば良いので、お互いにとって楽になっています。 値引きコメントを嫌がる出品者も多いので、その場合はオファー機能も活用してみましょう。 メルカリの値引き交渉は内容が大事!出品者に承諾されるコメントを 以上が、私が実際に言われて困ったメルカリでの値引き交渉ついてでした。 このような出品者が不快に思い、結果値切り交渉を断られてしまうケースのコメントは多いです。 本当にその商品を欲しいと思うのなら、 購入者側はやはり丁寧な言葉遣いで低姿勢でコメントをすることが大事です。 また、出品者も「自分は売ってあげている側」とは思わずに、納得ができる場合は値下げにも対応しましょう。 ですが中には「この人とは取引したくない」と思ったら、きちんと断ることが大事です。 中にはトラブルに発展しやすい人もいるので、怪しい人・取引したくないと少しでも思う人の交渉には乗らないのが無難です。 購入者・出品者ともに気持ちの良い取引ができるように、お互いが納得できる値引き交渉を行うようにしましょう。

次の

メルカリの値下げのやり方 !出品者が金額変更する方法と4つの手順

メルカリ 値段 交渉 コメント

シャーロット 29歳 わかる、 プレミアついてるから値段上げて売ってたらこれ定価で買いたいんですけど。 では定価販売しているところでどうぞって感じ。 リホ 30歳 そうですよね! その値段で書いたきゃその値段で買えるところ行けよってなりますよねぇ ーー; 「私に言うな」って感じですね。 ミシェル 20歳 メルカリ使った事がないので気になったのですが、 値下げ不可ボタンないのですか? オタマートはあるので、あるものだと思ってたんですけど…• ティナ 22歳 ショッピーズ昔やってましたが商品説明欄に 「必ずプロフィール読んでください。 読んでなさそうな人は返事しません」って書いてあってプロフィールに「値下げ不可」とか入ってる人いるんですがメルカリはそういうのできないんですかね?• リホ 30歳 そうですねぇ。 プロフィールには記載しますが、効果は半々ですねぇ。。 確かに書いておいた方が中には事前に読んでくれる人もいるのである程度の対策にはなります。 でもやっぱり• 値切ってなんぼ• ダメもとで聞いたれ〜• 無視無視!• リホ 30歳 ほんまそれ!です。 売ってる人だいたいの事情分かっているはずですよねぇ! 姑息とは、ぴったりな言葉。 やっぱり遠のきましたか…• アドリアナ 32歳 わかるわかる!!! 前にこっちも恥をしのんで値下げしてるんです!って半ば逆ギレ状態の人いましたし -. マーガレット 99歳 メルカリはやったことないけど、ヤフオク、楽オクではしょっちゅう質問から値下げ交渉ありますねー。 凄く迷惑なので、 「ガイドライン違反で通報します」毎回これでやり過ごしてます。 そこまでして値切るって…. すごい執念ですよねー(笑)おカネが無いなら購入しなきゃいいのにー。 自己紹介に「値引き交渉迷惑です」と書いててもしつこいしつこい(笑)で、簡単に値引きに応じると、足元見られるので値引き不可にして絶対応じないのがいいですよ。 リホ 30歳 その通り!お金ないなら買わないが当たり前の流れですよね。 しつこいのはほんまに不快ですよね。 正直そんなのを相手にしたくないけど絡んでくる。。 困った困った。。。 リホ 30歳 もう一回は…くるなっ!ですね。 間違った方向へ向かってしまう。 オデット 19歳 ある商品に関して、うわあすごいかわいいです! 出品者様はメルカリに精通しているようですがメルカリでごはんは食べていけますか?とコメントされている方がいてごはん食えるほど儲からないよ!と心の中でつっこんでしましました 笑 また、 メンズとレディースパーカー二枚セットで出品されていて説明欄に彼女とペアルックで購入しましたが別れたので売ります。 新品未使用です。 と書かれていたのはすこし切なくなりました、、• リホ 30歳 も〜 「お値下げお値下げ営業妨害被害者の会」 ダァ〜!!!• リホ 30歳 笑 最近はヘンな日本語を使う人も多い わたしは ヤフオクはよく使うけどメルカリはあんまり使ってないなあ~ ヤフオクとメルカリを比べるとヤフオクの方が圧倒的に利用者が多いし、そもそも ヤフオクはオークションでメルカリはフリマなので、ヤフオクは相場が自然に形成されて取引価格の目安がつきやすいけど、メルカリはリアルなフリーマーケットのように 取引が場当たり的で相場もあるようでないようなアバウトです。 売る方も買う方も気軽に取引できる分、交渉も気軽に気安いかんじでする人が多く、なかには常識的な取引ではありえないような とんでもない交渉をしてくる人もけっこういそうです。 リアルなフリマだと面と向かって交渉するので 「空気」「落とし所」を読みやすいのですが、ネットだとそうはいかないのでその分双方とも神経使いそう、というか本当は使うべきなんですよね(; ̄ー ̄A.

次の