ほうれい線 エクササイズ。 ほうれい線に効果的!簡単にできるエクササイズ

ほうれい線を消す簡単ペットボトルエクササイズでゴルゴ線改善!

ほうれい線 エクササイズ

ほうれい線を消す対策1:大ブームの「シワ改善美容液」 ほうれい線ができる原因はいくつかありますが、大きな原因はお肌の深部(真皮)の劣化。 真皮内のコラーゲンとエラスチンが、加齢や紫外線などで減少したり劣化して、ハリ・弾力を失って垂れてくるのです。 結果、ほうれい線という深いシワが刻まれてしまいます。 このシワのメカニズムを研究した「シワ改善美容液」が、ここ数年大ブームです。 これが超ヒットとなり、シワ改善ブームが巻き起こりました。 ポーラが、真皮成分の劣化を抑えてシワを改善する有効成分「ニールワン」を発見。 普通のコスメは角質層までしか届かないところ、「リンクルショット」は真皮まで届く処方で、コスメ界が騒然としたものです。 ほうれい線を消す対策3:顔のエクササイズ「ほうれい線プレス」 ほうれい線ができる原因には、お肌内部の問題のほか、「顔の筋肉(表情筋)の衰え」もあります。 表情筋が劣化すると、顔がたるんで下がってくるのです(ボディの筋肉が衰えると全身がたるんでくるのと同じですね)。 まずは、「顔ヨガ」を提唱してたくさんの著書がある間々田佳子先生直伝のエクササイズ「ほうれい線プレス」をご紹介しましょう。 「ほうれい線は、顔にしわが刻まれたことでできた線です。 しわを消すイメージで舌を3回程度上下させる。 (2)左のほうれい線も同様に。 何回行なってもいいので、気がついた時にするといいでしょう」とのこと。 ぜひ試してみてくださいね。 ちなみに、マスクをしっぱなしだと、ほうれい線や、唇の横に入るマリオネット線ができやすくなるそう。 「マスクをしている安心感からか表情筋を使わなくなって、マスクで隠れた部分を衰えさせる原因になりやすいんです。 この顔筋のコリを放っておくと、シワやほうれい線が深く刻まれてしまう原因になるというのです。 そこで、顔筋をほぐすのが「顔筋コーディネート(R 」。 どのようにほぐすのか、4ステップを覚えていきましょう。 1:耳の横のリンパを刺激 人差し指と中指で耳を挟み、ごしごしと上下にマッサージ。 耳下腺を刺激しながら顔面神経束も刺激します。 10回ほどこすりましょう。 一日何度でも行ってよいそうです。 そして、頬骨から下顎骨に向かって垂直に下へ流すイメージでマッサージ。 頬骨から耳のつけねまで5回流しましょう。 これを3セット~5セット行います。 3:頬骨の下をほぐす こぶしを頬骨の下にあてて、ぐるぐると小さく回すようにマッサージします。 こぶしの第二間接を骨の下にしっかりとつけて痛気持ちよいほどの強さで小刻みに回しましょう。 小鼻の横から耳のほうまでこぶしを移動しながら行います。 これも3セットから5セットマッサージしましょう。 4:口角を上げる 人差し指をコの字に曲げ、指で口角のお肉を頬骨までぎゅっと持ち上げて下から上に3回、内側から外側へ3回、指をぴったりと頬骨の下にくっつけて動かしましょう。 即効で口角が上がります! 3セットから5セット行いましょう。 ポイントは指を頬骨下にしっかり固定することと、目の下にシワが寄らない程度の力です。

次の

ほうれい線が気になる女子へ!原因からケアやマッサージ方法まで紹介

ほうれい線 エクササイズ

記事の目次• ほうれい線の原因について ほうれい線は鼻、小鼻の脇から口にかけて出来る線で、笑ったりすると若い人でもほうれい線が見えます。 しかし年齢を重ねるごとに、表情を変えなくても見えるようになるのです。 ほうれい線が目立っていると感じるのは、表情を変えて出てくるのではなく、表情を変えなくても存在する線に気が付くから・・ということになります。 年齢を重ねると水分を維持する成分自体が減少し、お肌のハリが失われたるみが出てくるのです。 シワが出来ているというよりも、顔の筋肉の境目がたるみなどによって顕著に見えるといった方が正解となります。 顔の皮膚がたるみ元々表情を変えるとあらわれるほうれい線がそのまま出てしまう、これが加齢によるほうれい線です。 皮下脂肪がたるんで影となりほうれい線 ほうれい線が目につくようになると見た目年齢をひどく下げることになります。 ほうれい線は加齢とともに目につくようになりますが、いくつから目立つようになるか、それは個人で違いがあるのです。 特に年齢を重ねて皮下脂肪が付き始めるとそこがたるみ影となってほうれい線が目立つようになるといわれています。 普段から人と接する機会が多く、表情が変わる瞬間が多い、よく話し笑い、快活に過ごしている人ほど、ほうれい線は目立ちにくいといわれますが、表情筋をよく利用するからです。 あまり人と接する機会がないという人は、表情筋を動かす顔のトレーニング等を行うと格段にほうれい線が目立ちにくくなるといわれています。 スマートフォンにより姿勢が悪くなりほうれい線 最近は年齢をとらずスマートフォンを利用していますが、このスマホもほうれい線の原因になるといわれているのです。 スマホでネットを長時間みていたり、ゲームをしている時、鏡でその姿勢をみてみるとよくわかります。 背が曲がり、首を曲げてスマホに集中しているのです。 するとどうしても顔の筋肉が緩み、たるみが前方向に向かいます。 これによって既にお顔の筋肉に衰えが始まり、水分量が少なくなっているため、下を向いている事で重さが下に向かってほうれい線が目立つようになるのです。 年齢を重ねると背筋力が減少し、どうしても前かがみになりやすいという人が多くなります。 これも、実はほうれい線を作る要因となり、スマホの長時間利用によって、より一層顔のたるみを助長することになってしまうのです。 紫外線でと乾燥で肌がダメージを受けてほうれい線 お肌にとって害となる紫外線の影響はほうれい線にも出てきます。 紫外線というとシミ、そばかすなどが出来る要因と考える人が多いのですが、害はそれだけではないのです。 実は、UV-Aという長い波長の紫外線は、肌の奥の真皮層と呼ばれる部分にまでおよび、皮膚の弾力や水分の維持に深い関係のあるコラーゲン等を減少させます。 水分を維持するコラーゲンやエラスチンといった成分はもともとお肌に備わっているものですが、実は20代を境に少しずつ減少し40代、50代ともなるとかなり少なくなっています。 そこに紫外線を浴びることでより一層、コラーゲンやエラスチンを減少させあることになり、皮膚の弾力が少なくなってしまうのです。 紫外線による老化の進行を著しく進めてしまう要因となり、結果、ほうれい線が顕著になります。 ほうれい線のほかにも、シミ、しわ、たるみ、そばかすなどの原因ともなりますので、なるべく紫外線から肌を防御する事が必要なのです。 表情筋が衰えてたるみになりその影がほうれい線 若い時にはオイリー肌に悩んでいたのに、いつのまにか乾燥肌になって秋、冬などは乾燥がひどくなって化粧のりも悪いという人が多くなります。 年齢を重ねるとコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの水分保持の成分がお肌から減少してしまうのです。 これ尾放置してしまう事で、たるみができやすくなります。 プラス、年齢を重ねて表情が乏しくなると表情筋をしっかり使う事が出来なくなり顔の筋肉が衰えるのです。 これによりほうれい線、しわなどが深くなり非常に目立つようになります。 保湿することはお肌の健康のために必須となりますが、ほうれい線防止のためにも必要な事です。 睡眠不足と運動不足で肌の環境が悪くなりほうれい線 睡眠不足はお肌のターンオーバーを乱す要因となります。 お肌のターンオーバーというのは、成長サイクルの事でお肌の細胞が生まれ、次の細胞にタッチしていく仕組みです。 このターンオーバーが乱れて遅くなると、次第に肌の状態も悪くなり、シワ等もできやすくなります。 ほうれい線がひどく目立つようになったという要因に睡眠不足も大いに関係しているのです。 また年齢を重ねるとどうしても運動不足になります。 運動すると血液の循環がよくなり、皮膚に必要な栄養素、水分、それに酸素などがしっかり届きお肌の細胞が正常に成長してくれるようになるのです。 しかし、運動が少なくなると血液の巡りが悪くなり、代謝が落ちてしまうので結果、お肌のターンオーバーが遅れ、シワ、シミ、それにほうれい線等も造りやすくなります。 ほうれい線を予防する方法 ほうれい線が将来なるべく目立たなくなるように、また今ほうれい線が目立っていると思っている方も、これ以上進行せず、改善できるように、ほうれい線を予防、改善する方法を理解しておくべきです。 特に難しい事ではなく、日々のケア、簡単なトレーニング等で予防できます。 水分保持や日々の基本的なケアをしっかり行うという事はもちろんですが、ほうれい線の予防になること、しておくべきことを理解し実行すれば、将来、見た目年齢をぐっと低くすることもできるのです。 今からでも決して遅くない、誰でも簡単に行う事が出来るほうれい線予防、改善方法を理解しておくと見た目年齢をさげる事も可能になります。 簡単な顔ストレッチで表情筋を鍛える 顔の筋肉を鍛えること、これはほうれい線を予防するために非常に有効的な手段です。 ストレッチといっても難しい事ではなく、顔の表情をいろいろ変化させ、顔の筋肉を鍛えるというストレッチになります。 口を閉じ、舌で葉の裏側をなぞる、この時、ぐるっと反時計周りに回すように20回同じ動作を繰り返すのです。 逆回りも20回行います。 次に口を大きく開けて「あ」の口をしながら10秒ほど「あー」といっているつもりで口を大きく開けるのです。 次は「いー」で、これも10秒ほど行い、この動作を5回ほど実行です。 これによって表情筋が大きく動き、普段使わない顔の筋肉もしっかり使えるようになります。 ほうれい線を予防することのほかにも、二重あごや肌のたるみが気になる方は、このストレッチを行うことで、お顔のシェイプアップにつながるはずです。 このくらいのトレーニングなら、食事を作り長でもちょっと出来ると思います。 紫外線や乾燥のダメージが肌に来ないように予防 紫外線を浴びてしまったなと思う時、また最近乾燥がひどいなと思う時もありますが、日々、紫外線と乾燥を予防するケアを行うことで、ほうれい線予防ができるのです。 最近は保湿効果の高い化粧水、美容液などが多数販売されているので、そうしたものを利用して、お顔の水分保持、ハリを保持できるようにケアします。 ほうれい線を予防する成分といえば、水分保持の成分、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン、セラミド、コエンザイムQ10などです。 こうした成分が配合されている化粧水や美容液などを日々のケアへ継続的に利用する事で、ほうれい線の予防となります。 姿勢を正しく保つ 仕事をする時、デスクに向かっていると背中が曲がっていることに気が付きハッとする事もありますし、スマホなどに集中しているとお腹がポッコリ出ているように感じる人も多いはずです。 これは、常に姿勢が悪い事で背筋や腹筋が少なくなるからといわれています。 姿勢をよくたもちたいと思っても、背中を伸ばしたままでいることが苦痛になるのです。 でもここで姿勢を常によくするという事を意識すると、徐々に背筋がついていき、脂性をしっかり保つことができるようになっていきます。 ウォーキングなどで背筋を伸ばして歩く等心がけることも、ほうれい線を作らない、たるまない自分でいられる方法です。 食生活や生活習慣の改善 毎日のスキンケアも大切な事ですが、食生活もとても重要な要素となります。 ハリのあるお肌を維持する、実現するためには、バランスのいい食事をリズムよく食べることがのぞまれるのです。 ミネラル、ビタミン、必須アミノ酸や必須脂肪酸、これらの成分は現代人がもっとも不足しているといわれる栄養素となります。 もし食事でこうした栄養を補給できないという事なら、サプリメントで補う事も重要です。 皮膚の細胞に必要な栄養素、水分をしっかり取り込むためにも、バランスのいい食事を行う事は大切ですし、良質な酸素を取り込むことも必要となるので、バランスのいい食事、さらに適度な運動、そして良質な深い睡眠がとれるように生活を工夫します。 ほうれい線を隠すメイクのポイント ほうれい線を隠すメイク、実はこれかなり難しい事です。 厚塗りになると余計にほうれい線が目立つようになりますし、どこをどうすればほうれい線が目立ちにくくなるのか?理解していないと逆に目立たせるメイクになってしまうといいます。 ファンデーションの塗り方やリキッドの使い方、また薄塗にしてそのほかの部分にポイントを置くなど、メイクでほうれい線に「目がいかない様にする」こともできるのです。 ほうれい線の予防ケアと共に、こうしたメイク方法を理解しておくと、見た目年齢をさげずに済むと思います。 ファンデーションは頬の高い部分から塗り始める ほうれい線が気になってしまうと、ほうれい線から最初にファンデーションを塗り始める人も出てくるのです。 でもこれはほうれい線の部分が厚塗りになりかえって目立たせてしまう要因となります。 ファンデーションは頬の高い位置から塗り始めて、おでこ、顎などを塗ってから目、口元、ほうれい線部分に、「新たにファンデーションを足さず」スポンジに残っている分で塗る事がポイントです。 ファンデーションを均一に塗るのではなく、部分的に濃さを変えていくことでほうれい線に目が行きにくくなります。 液体のファンデーションを薄く塗って隠す リキッドコンシーラーがない場合には、液体の一段明るいファンデーションを塗ることで、コンシーラー十内容な役割を果たしてくれるので、これももっていると便利です。 ファンデーションは明るめのものと自分の肌の色にあっているタイプ、さらに暗めのモノをもっていると、陰影を出すことができ、立体的なメイクにできるのでほうれい線が目立たなくなります。 粉タイプのファンデーションは乾燥しがちなエイジング世代には、かさつきを目立ちやすくしてしまうので、リキッドがお勧めです。 小鼻部分などのオイリーが気になる場合には、その部分だけ、粉をはたくようにするとメイクが崩れにくくなります。 シリコン入りのメイクアップベースを使用して対応 シリコン入りのメイクアップベースも立体的なメイクを作るときに役立つので持っていると便利です。 最近は様々なシリコン入りメイクアップベースが登場しています。 シリコンが入っているので毛穴を隠すこともできますし、シミ等もカバーできて日々のメイクの中で活躍してくれるのです。 メイクアップベースもしっかり怠ることなく行うと、ファンデーションを塗った時に立体感が出て、ほうれい線が目立たなくなります。 ほうれい線エクササイズの種類 ほうれい線を出来る限り出さない、これ以上進ませない、改善するために必要な事、それがエクササイズです。 エクササイズを楽に行うグッズなどもありますが、グッズがなくても出来るので、その方法を覚えておくとほうれい線予防ができます。 顔ヨガやリンパマッサージ等、自分に合った方法でちょっとエクササイズを行うだけでも、お顔の肌のハリが違ってくることがわかるはずです。 やり始まると口角もぐっと上がり、若々しい印象の表情が出来ます。 口輪筋を鍛える顔ヨガ 口の周囲の筋肉を口輪筋と呼びますが、この口輪筋を鍛えると口角が上がり若々しい印象となりますし、ほうれい線にも効果がある方法です。 簡単にできる方法ですが、慣れるまでは鏡を見ながらしっかり口が動いているか、確認しつつ行います。 口をぎゅっとすぼめた状態で右にギュッと動かすエクササイズを5回、左に5回、その後、ゆっくりと口をぱあっと開き、笑顔を作るようなイメージです。 このエクササイズを行う時、おでこにしわが折らない様にすることが骨になります。 むくみを解消するリンパマッサージ お顔のむくみは鎖骨のリンパマッサージが効果的です。 小顔効果も抜群なリンパマッサージとなるので覚えておくと、小顔、ほうれい線予防、代謝の向上などが出来ます。 鎖骨の下、そのラインを指の腹で少し押しつつ刺激し、こぶしをグーに握った状態でそのラインを内側から外に流すように刺激するのです。 首と耳の付け根あたりから鎖骨に向けても、指の腹を利用し刺激し、リンパの流れを促します。 べろ回し体操でほうれい線プレス べろ回し体操は誰にでもでき、又いつでもできるほうれい線予防エクササイズです。 舌をあらゆる方向に動かすという運動で、簡単にできます。 顔を少し上向きにして目を大きく開いて、口をしっかり閉じて行うのがコツです。 口を閉じて舌の先を利用し歯茎の「表側」をなぞります。 舌をぐるっと動かすように右に10回、左に10回、慣れてきたら回数を50回まで増やします。 無理に増やす必要はないので、自分の感覚で疲れない程度に行う運動です。 姿勢を正して舌を思いきり前に出します。 口角をぐっと上げた状態で舌を右斜め下に向けて5秒、左斜めを5秒、思い切り舌を出した状態で動かすこの運動を5回繰り返して終了です。 割り箸を使用して表情筋エクササイズ 割り箸を利用して表情筋を鍛えることもできます。 割り箸を上下の歯で挟むように咥え、そのままの状態で口の端、口角をぐっと持ち上げます。 この時割り箸よりも口角が上になるように意識するのです。 この状態で1分程度キープしますが、最初は難しいので自分のペースで、10秒、慣れてきたら20秒、最終的に1分キープできるように頑張ります。 エクササイズに慣れてくると割り箸を利用しなくても口角をぐっと上げることができるようになるはずです。 慣れるまではコツをつかむために割り箸が一番楽なので、利用しつつ、エクササイズをしていくといいと思います。 ほうれい線の美顔器の種類 ほうれい線を予防する、また改善するために美顔器も登場しているので、こうした美顔器やグッズを利用しても予防に効果的です。 美顔器も色々な種類がありますし、簡単に利用出来るグッズもあるので、自分に合ったもの、「継続できそうな物」を選択するといいと思います。 イオン導入やEMS機能のあるものなど、様々な商品があるのでまずは種類を理解すべきです。 その後、自分が利用するならどれが継続できるかを考えて購入するほうが自分に合ったものを選択できます。 イオン導入で乾燥やたるみを改善 イオン導入というとほうれい線予防というよりもお肌の状態をよくする美肌効果のために利用すると考えている方が多いです。 しかし、イオン導入を行う事で保湿効果の高い西武難度を、バリアゾーンの奥にまで浸透できるので、お肌のハリが生まれほうれい線にも効果が出てくるといわれています。 プラセンタ、コラーゲン、ヒアルロン酸などのお肌に必要な美容成分をイオン導入で利用することで、通常届きにくいお肌の奥まで効率よく浸透させ、お肌の新陳代謝の向上にもつながるようです。 乾燥はほうれい線を作る要因ともなるので、イオン導入もほうれい線予防と考える事が出来ます。 フェイスローラーで表除筋を引き締める 表情筋を引き締める効果があるフェイスローラーは気軽に利用出来るグッズです。 テレビを見ながら、本を読みながら肌の上でゴロゴロ・・・実に手軽で面倒くさがりの方にもおすすめできる方法となります。 ただ、同じ個所に過度にゴロゴロすると、それが刺激となってメラニンが過剰に分泌されてしまう事もあるようなので、表情筋を鍛えるということに利用する時も、お顔全体に利用し、同じ場所に使いすぎない事を考えておく必要があるのです。 また力を入れすぎないことも重要となります。 EMS機能で表情筋を鍛える EMS昨日知己の美顔器も表情筋を刺激するタイプで、利用するとお肌にハリが出てくることが実感できるようです。 このEMSというのは、特殊な電気信号の事でこの電気信号を筋肉に伝えることで意思と関係なく筋肉を動かすという仕組みになっています。 加齢によって衰えてしまいがちな表情筋に強く働きかけ、頬のたるみによるほうれい線を予防してくれるのです。 ほうれい線の主な原因が、表情筋の衰えという人は、EMSタイプの美顔器を利用されると効果的だと思います。 超音波で血液やリンパの流れを良くする 超音波で血液やリンパの流れをよくするという美顔器もお肌のつやをアップし、肌の深部まで代謝がよくなるので、ほうれい線に効果が期待できるようです。 血液やリンパ液の流れがよくなることで、お顔の色もよくなりますし、お肌に必要な栄養素が届き、ターンオーバーも正常化します。 肌の深部を温めて活性化してくれる、RF機能、ラジオ波を利用した美顔器もあります。 ほうれい線の原因によって、こうした美顔器を利用することでほうれい線の予防、改善につながるのです。 ほうれい線を予防するヒアルロン酸サプリを紹介 ほうれい線を予防、改善するためにはお肌を乾燥させないこと、みずみずしいお肌でいることが不可欠となります。 食事からもヒアルロン酸等、水分保持機能のある成分を摂取できますが、お肌のターンオーバーが活性化するほどの成分を食事だけでとりこむことは難しいのです。 加齢によってヒアルロン酸やコラーゲン等は勝手に体内から減少します。 食事だけでは補いにくくなっていくので、サプリメントなどを併用する事がもとめられるのです。 フィッシュコラーゲンとヒアルロン酸に加え得て、ビタミンB群も配合、ヒアルロン酸を必要とする箇所に必要な栄養素を補うサポートサプリです。 ビタミンCはコラーゲンの形成をサポート、それにヒアルロン酸が加えられている事で、エイジング世代にピッタリのサプリとなります。 フィッシュコラーゲンは2000mg、ヒアルロン酸は20mg、ビタミンCは40mgとたっぷり入っているサプリです。 2粒の中にコラーゲンが200mg、ヒアルロン酸が1mg、さらにプラセンタエキスが5mg配合されているサプリです。 サプリメントも薬の様に飲むタイプだと、いつの間にか忘れて飲まなくなっている事もありますが、オフィスなどでもちょっとおやつとしてポリポリいただけるものなら、長続きします。 おいしいピーチ味のおやつ利用出来るタブレットです。 小林製薬の栄養補助食品 コラーゲン ヒアルロン酸 ビタミンC ほうれい線を体の内側からもサポートできるように、サプリメントを利用されている方が多くなっています。 そんな人に人気となっているのが小林製薬の栄養補助食品 コラーゲン ヒアルロン酸 ビタミンCです。 美容に、ほうれい線予防と改善に人気のある3成分、ヒアルロン酸にコラーゲン、ビタミンCが配合されている美容サプリとなっています。 ほうれい線が気になってきた、見た目年齢が下がっているみたいと悩みをお持ちの女性に人気の美容サプリです。 ディアナチュラ ヒアルロン酸 年齢を重ねていよいよ私にもほうれい線が?と悩む方も多いのですが、そんな時に利用してほしいサプリに「ディアナチュラ ヒアルロン酸」があります。 いつの間にかほうれい線が出来ていた、友達のほうれい線をみて自分も?と気になった等、ほうれい線の予防や改善に利用出来るサプリメントです。 2粒の中にお肌のハリの元となるヒアルロン酸が60mg、その他に、水分維持に必要な低分子コラーゲン、セラミド、ビタミンC、さびない身体にしてくれるビタミンEが配合されています。 潤いが失われてきた・・と思ったら、飲んでおきたいサプリです。 まとめ ほうれい線があるととたんに老けて見えるので、特に女性にとってほうれい線はなるべく避けたいことになります。 でも、一度出来るともう改善しないとあきらめてしまう人も多いのです。 ここであきらめてしまったら?そう、ほうれい線はドンドン深くなるばかりになります。 美容液や美顔器、またサプリメントなども有効活用して、ほうれい線を予防する、また改善する対策を持っておくと安心です。 マッサージやトレーニング方法を理解し、また、年齢を重ねエイジング世代になったら、日々の食事、生活等もしっかり考えていくことがもとめられます。

次の

ほうれい線解消エクササイズ|ほうれい線のケアに効果的なエクササイズ&グッズまとめ

ほうれい線 エクササイズ

ペットボトルでほうれい線が消える? ほうれい線ができる原因は顔にある表情筋の衰えから来ていることが多いのです。 つまり表情筋(顔にある筋肉)が加齢とともに衰えてきて頬などのお肉が重力によってたるんできてしまうという訳です。 若い時はパンパンに張っていた頬の肉が垂れ下がり、まるでブルドッグのような顔になってしまいます。 中年になると皮膚に潤いが少なくなりたるんだ頬のお肉も張りがなくなります。 深いしわのようなほうれい線は実年齢よりあきらかに老けて見えます。 ほうれい線を消すためには、頬にヒアルロン酸の注射を打つ事や頬肉を引っ張り上げる美容整形などの方法があります。 しかし病院に行くのは大変だし経済的にも厳しいですよね。 化粧品でごまかすのにも限界がありますしもっと手軽な方法はないのでしょうか? 実は何処のご家庭にもあるペットボトルを使えば費用も掛かりませんし、簡単お手軽にほうれい線を消す効果も期待できるのです。 そこでペットボトルを使ってほうれい線を消すエクササイズ方法をご紹介します。 どのような方法? おすすめ方法1• 500ミリリットルのペットボトルに少量水を入れ蓋する。 ペットボトルをくわえて上下左右に振ります。 徐々に水の量を増やし最終的には満タンにして行うようにしましょう。 ペットボトルは歯で持ち上げるのではなく唇の力だけで持ち上げましょう。 慣れないうちは顔が筋肉痛のようになってしまうかもしれませんが継続は力なり! 毎日ペットボトルエクササイズを行うことでほうれい線が薄くなっていきます。 ペットボトルなら費用はかかりませんしテレビでも見ながら隙間時間に行うことができますので続けやすいですよね。 ほうれい線が改善されるメカニズム ほうれい線と言うのは表情筋の衰えで頬のお肉を支えることができなくて垂れ下がってしまうことです。 太っている人は頬のお肉が多いのでほうれい線が目立ちやすくはなりますが、痩せているから大丈夫と言うものではありません。 顔に肉がついている限りほうれい線の恐怖から逃れることは難しいということです。 逆に言えば筋肉を鍛えるだけでほうれい線を消すことができるとも言えます。 70歳や80歳の人でもマッチョな体になることが可能なように、筋肉を鍛えることに年齢制限はありません。 しかもペットボトルなら家で一人でもできますし、ジムなどに行く必要もありません。 筋肉を鍛えることは1回や1日行っただけでは意味がありません。 毎日、続けるようにするのがとても大事な事です。 まとめ 美容オタクもビックリ「いよいよ老けない時代がやってきたかも 笑 」 ・ほうれい線 ・マリオネットライン ・目尻のシワ ・目元のシワ ・首元のシワ ・眉間のシワ これらは中高年の女性にとって避けては通れない強大な敵です。 色々な美容液やクリームを試してみたけど効果が感じられない・・ もうあきらめるか・・・・ それとも最終手段として美容整形しかない? と悩んでいる方はちょっと待ってください。 50歳なのに27歳の娘と姉妹に間違われた美肌の専門家も使う 、 オールインワンジェルが美容整形注射と同等のシワ改善効果!! 今だけ 毎月先着500名様82%OFFキャンペーン実施中 もちろん 安心の30日間返金保証付き 「おばあちゃん」可愛い!と孫から言われる秘密は公式ページへ.

次の