中国 虫 大量発生。 中国大量発生バッタより蛾が危険!?日本も他人事ではない!! ツマジロクサヨトウとは?!

中国大量発生バッタより蛾が危険!?日本も他人事ではない!! ツマジロクサヨトウとは?!

中国 虫 大量発生

大量発生したバッタは日本に来るのか? 中国人まじでヤバいやん! ;゜0゜ — ジェラード将軍 3WWsSEzqeu9MBZH 2020年の2月17日にケニアに来襲したバッタの群れの大きさは <2月17日のバッタの群れの大きさ> 縦:60キロ 横:40キロ 1日で100万食を食べてしまうと言われています。 もしこのまま行くと6月には500倍にもなると言われています。 そのバッタは日本に来るのでしょうか? その可能性は低いと考えれます。 その理由は ・砂漠が主な生息地なので温暖湿潤気候の日本は耐えれない ・上海ー熊本の距離887キロ ・日本という土地を認識できない? ・サバクトビバッタは磁気センサーを持っていない 砂漠が主な生息地なので温暖湿潤気候の日本は耐えれない すでにインドやパキスタンにまで到着しているやんけ!!!!!! — ジェラード将軍 3WWsSEzqeu9MBZH サバクトビバッタの主な生息地はサハラ砂漠やアラビア砂漠、インド北部と言われています。 これらは砂漠気候の地域です。 しかし 日本は殆どの地方が温帯に属していて、その中でも温暖湿潤気候です。 あまりにも生まれた環境と湿度などが違いすぎます。 サバクトビバッタは生息地が砂漠気候の生物なので日本まで来ることは、殆どないと考えられます。 また2007年には関西国際空港の第2滑走路で大量のバッタが発生しましたがこれは、カビの力によって終息しています。 人間にとっては小さな問題の湿度でもバッタにとっては重要な問題です。 上海ー熊本間の距離887キロを飛べない 中国の西側に当たる都市の上海から日本の九州の熊本県まででも直線距離にして887キロあります。 サバクトビバッタは一日に100キロ~200キロ移動できると言われていますが、そのサバクトビバッタでも飛びっぱなしで5日~8日かかります。 その間、休むことも餌を食べることもできません。 サバクトビバッタはこうした長距離を移動する環境で生息していないためにこれほどの期間飛び続けることはできないとかんがえれるので、日本にくることはできないでしょう。 日本をどうやって認識するのか? 海を見てその先に大陸があるとどうやって認識するのでしょうか・・・ そのために 生命をかけて900キロ弱を飛ぶくらいなら北や南に移動して餌を取るほうが虫の習性にあっていると考えられます。 サバクトビバッタは地磁気センサーをもっていない 渡り鳥があれほど性格に自分の位置を把握したり、迷わずに目的地にいけるのには理由があります。 それを可能にしているのは渡り鳥がもっているナビゲーションシステムです。 地球には惑星全体を覆う磁場(地磁気)が存在します。 渡り鳥は精密な地磁気センサーをもっているために方位と自分がいまいる場所の緯度を割りだすことができます。 なので全く別の地に連れて行かれてもすぐに自分場所を特定して元の場所に戻ることができるのです。 クジラや鮭もこのような地磁気センサーを脳にもっているといわれています。 しかしサバクトビバッタはそのようなシステムをもってません。 突然変異ですぐに生まれるようなものでもないので988キロ弱を渡ってくるのは無理だと考えられます。 大量発生したバッタが日本に及ぼす影響・被害は? 大量発生したバッタは中国にまで被害を及ぼすかは関係なく日本に影響を与えると考えられます。 主に考えられるのは <日本に与える影響> ・食料の全体的な値上がり ・砂漠化・黄砂の恐れ ・中国人の来日 が考えられます。 ひとつづつ補足していきます。 食料の全体的な値上がり サバクトビバッタはケニアやエチオピアですでにひどい被害を作っています。 ケニアでは70年に一度と言われているくらいの規模を記録していて、エチオピアでは25年に一度の規模を記録しています。 それらの地方では豆やコーンなどの穀物を中心に作っていました。 コーンなどは家畜の肥料にもなります。 加工しやすい食料になればなるほど、人間の食べ物全体に影響を与えることになります。 なのでコーンや豆と直接関係のない家畜などの値段も上がると考えられます。 また 代替え用品として小麦などの値段も上がると考えれます。 砂漠化・黄砂の恐れ サバクトビバッタが通過した後は何も残らないと言われています。 小さな群れでも一日300万人分の食料を食い荒らします。 それが毎日、こうしている今も人間の食料を食い減らしています。 サバクトビバッタは聖書やコーランにも登場してくるほど昔から恐れられていました。 なので サバクトビバッタが通過したあとは何も残らないために一時的でも砂漠化が進む可能性もあります。 またそうなれば、日本に飛んでくる黄砂の量も増える可能性があります。 中国人の来日 サバクトビバッタが中国にまで来て、中国が被害にあえば、中国人は日本に避難してくることが考えられます。 コロナウィルスでもこれだけ規制していても毎日大量の中国人が来日しています。 また中国と日本の物価の差はどんどん小さくなっています。 日本でカプセルホテルに止まって300円の牛丼でも食べていれば良いのでしたら中国人にとっては昔ほど負担ではありません。 まとめ 中国に大量のバッタが来るかは分かりませんが、来たとしても日本にまで飛んでくる可能性は極めて低いと考えられます。 理由は ・砂漠が主な生息地なので温暖湿潤気候の日本には耐えれない ・上海ー熊本の距離887キロ ・日本という土地を認識できない? ・サバクトビバッタは磁気センサーを持っていない などが理由になっています。 また今回のバッタの大量発生による日本に及ぼす被害は ・食料の全体的な値上がり ・砂漠化・黄砂の恐れ ・中国人の来日 などが考えられます。 最後までお読みいただきましてありがとうございました!.

次の

コバエ大量発生「授業集中できない」換気も不十分

中国 虫 大量発生

バッタ大量発生|東アフリカ過去25年で最悪! エチオピアやソマリアでは 過去25年で最悪のサバクトビバッタ大量発生。 ケニアでは、なんと 過去70年で最悪の状況となっています。 日本でもバッタやイナゴは稲を食べますが、それほど大きな被害にはなりません。 しかし、これほど大量発生すると、農作物に甚大な被害をもたらすことになってしまいます。 そもそもアフリカ東部では深刻な食糧不足という問題を抱えています。 現状で、 1,900万人が飢餓で苦しんでいると言われ、バッタの量が減らなければさらに危機状態に。 雨が降りやすくなる3月頃には種を植え、成長させて貴重な食糧とします。 バッタの発生を抑えることができなければ、深刻さは増していき飢餓で苦しむ人がさらに増える可能性が高くなってしまうのです。 バッタ大量発生の原因 今回のバッタの大量発生をもたらした原因は、「 インド洋ダイポールモード現象(IOD)」と呼ばれるものとされています。 インド洋ダイポールモード現象とは、インド洋西部の海面温度が上昇して引き起こされる気候変動。 1月にオーストラリアでゴルフボール大の雹(ひょう)が降ったり、大きな砂嵐が発生したりしましたが、この原因もインド洋ダイポールモード現象にあるとされているのです。 東アフリカでは、2019年10月~12月に豪雨となり、土砂災害が起こるなど大きな被害をもたらしました。 普段は乾燥している地域に雨が降り続いたことで、草や植物などエサが豊富となりバッタが飛来。 バッタは繁殖力もあり、すぐに数が増えていきます。 毎日のように新しい群れがやってくるため、ケニアでは政府も規模を把握できないほど。 これ以上広がらないために、政府が500万ドル(5億4,500万円)投入するも、減っているのかどうかも分かっていません。 群れは1平方キロメートル~数百平方キロメートルと様々で、その中にそれぞれ8,000万匹いるというのです。 バッタ大量発生の被害 食料の生産地や牧草地では広い範囲にわたって被害を受けてしまっているとされていますが、把握はできていないといいます。 国連食糧農業機関(FAO)は、6月まで続くと予想し、 バッタ制圧に7,000万ドルを投入するとしています。 バッタは、稲や農作物に限らず、紙や綿などの植物から作られているものまで食い尽くします。 大量発生するバッタは、群生相と呼ばれる変異体で身体が茶色く、自分の体重と同じ量の草を食べるというのです。 食べ物を生産できなくなれば、飢餓で苦しむ人が増えてしまいます。 日本では虫を駆歩するために、人には安全な農薬などを田畑にまくことができますが、アフリカでは金銭面でも難しく度々バッタの大量発生に悩まされしまっています。 2019年12月にはインドの北西部でもバッタが大量発生し、こちらも過去25年で最悪と言われるほどに。 5,000ヘクタール以上で作物の被害をもたらした地域もあったといいます。 まとめ アフリカ東部の各国で発生しているサバクトビバッタの大量発生は、6月まで続く見込みで食物に大きな被害をもたらしています。 国連や各国の政府が駆除に乗り出し、多額な資金を投入することが決定。 日本とはあまり縁がない被害かと思いますが、原因となったインド洋ダイポールモード現象は、日本にも影響をもたらしているんですよ。 台風の数が増えたり暖冬になったりと、まさに2019年~2020年の秋冬はすでに影響を受けていると言えるのです。

次の

バッタ大量発生の現在地はどこ?日本に来る?怖い・ヤバイという声多数!

中国 虫 大量発生

そのため、中国も ア10万羽をに 派遣して対抗しようとしたり、に対して 包括的な支援を行ったりと対応を迫られている昨今ですが、実は中国に迫りくる もう一つの大量発生による危機があります。 それが、 『ツマジロクサヨトウ』と言う蛾の大量発生です。 そして、この蛾の大量発生は日本も他人事ではないようなのです。 今回は、この 『ツマジロクサヨトウ』がどのような危険性を持つのかを大量発生している 『』とその生態等を 比較して考察してみとうと思います。 既に今年に入り3カ月程度で昨年全体の被害と同等の被害が出ており、中国も警戒を強めているが、一部の地域ではトウモロコシの生産にかなり深刻な被害をもたらしているようです。 日本も他人事ではない 実はこの 『ツマジロクサヨトウ』による 農業危機は日本にも迫りつつあります。 既に 昨年(令和元年)には鹿児島県の一部でこの蛾の幼虫による被害は確認されており、 今年(令和2年)に入ってからも 沖縄の一部や鹿児島の一部で既に発生が確認されて被害が出ているのです。 そのため、日本のもその対策を検討するなど危機感をつらせているのが現状です。 バッタとの比較 『ツマジロクサヨトウ』はもともとは大陸やアフリカを起源とする蛾で、現在ではアジアの広い地域にも生息する農業害虫です。 それではその生態を世界で猛威を振るっている と比較して見てみましょう。 ツマジロクサヨトウ 体長 5㎝ 3. 新型コロナウィルスで大変なこの時期にバッタや蛾などの害虫まで猛威を振るってくるとか何かもう息が詰まりそうな展開ですね・・・!! 本当、日本も他人事ではないので自分で出来る リスク回避はするに限ると思います。 私は取り合えず今月の 給料すべてでゴールドでも買いますwww それでは今回もお付き合いいただきましてありがとうございます。 また、面白いニュース等ありましたらご紹介しますので、御贔屓にしてやってください!! 人気記事 人気記事 話題の内容 おすすめ記事 やってます。 良ければご覧ください。 コメントやチャンネル登録は大歓迎です。

次の