月に沈む ネタバレ あらすじ。 韓国ドラマ

【天気の子】あらすじネタバレと感想!『君の名は。』瀧・三葉など新海キャラも登場!

月に沈む ネタバレ あらすじ

ザ・キング:永遠の君主-韓国ドラマ-あらすじネタバレ-最終回まで感想あり-14話~15話-全16話-出演イ・ミンホやギム・ゴウン-演出ベクサンフン&チョン・ジヒョン-脚本キム・ウンスク-相関図やキャスト-動画もあります 잘 오셨습니다. 次元の門を閉めようとする理系型の大韓帝国皇帝イ・ゴンと...。 誰かの人生、人、愛を守ろうとする文系型の刑事チョン・テウルが両世界を行き来しながら生まれる別次元のファンタジーラブストーリーを描いた作品です。 さらに大韓帝国第3代皇帝のイ・ゴンを俳優イ・ミンホが、同級生が「白雪姫」や「人魚姫」に夢中になっている時、父親と「警察庁の人たち」に夢中になっていたチョン・テウルを女優キム・ゴウンが演じます。 そして、理系型の大韓帝国の皇帝です。 私たちはそれをデジャヴといい、現代医学はデジャヴを知覚障害の一種だとする。 移民したい。 生まれ変わりたい。 人生終わった。 誰でも一度くらいは思うこと。 私もあんな車に乗ってみたい。 私もあんな家に住んでみたい。 私もあんな財閥一家に生まれていたら。 そんなあなたの耳元に誰かが囁く。 私よりマシな人生を歩んでいるもう一つの世界の私とあなたを変えることができたら、あなたはその人と人生を変えられますか? 私の人生。 私の人。 私の愛。 その全てを捨てる選択。 もちろん自分自身すらも。 平行世界の自分がどうなるのかは絶対に聞いてはいけない。 神は人間の世の中に悪魔を放ち、その悪魔は並行世界の門を開けてしまった。 さあ、あなたはどんな選択をするのか。 露骨な質問と邪悪な答え。 だから魅惑的な本作は、平行世界からこの世界に来た次元の門を閉めようとするイ・ゴンと誰かの人生。 人を…愛を守ろうとする刑事テウルの協力が時にはドキドキ、時にはクールな次元の違うロマンスファンタジー。 【スポンサードリンク】 【ザ・キング:永遠の君主】13話の前回のあらすじは... 大韓帝国の尚宮ノ・オクナムは、皇后内定のテウルに大韓民国の朝鮮戦争について聴いた。 分断も戦争も歴史になかって大韓帝国の人としては分からない事だ。 ノ尚宮は、過去を告白した。 「戦争で親を失って茫然としていたのだが、戦争がない世の中に行かないかと聞かれたので、この本を一冊だけ持って故郷(大韓民国)を離れた。 陛下の祖父であるヘジョン皇帝だった。 」と言い、実は、大韓民国に生まれた!と告白した。 皇帝イ・ゴンは、総理ク・ソリョンにテウルに対する愛情を告げた。 怒ったク・ソリョンは、イ・ゴンに「陛下の反対側」に立ちたいと宣戦布告した。 イ・ゴンは「これ以上の線を越えるな」と警告した。 総理ク・ソリョンは「私は世界で一番低い所から一番高い皇帝のあなたの為に歩んできたが、全てを持っているあなただから愛なんかに動くんだ。 今、私の心臓は何に向かって動くのか。 正直と忠誠は違う」と話した。 その時、雷に反応してク・ソリョンは突然の苦痛を感じた。 この瞬間を逃さなかって皇帝イ・ゴンは、総理ク・ソリョンが次元の門を越えた事を確認した。 皇帝の執務室を出たク・ソリョンとノ尚宮の部屋を出たテウル。 居で再会した2人はお互いに対立した。 テウルは、帝国の総理ク・ソリョンが大韓民国にいたことを確認した。 テウルは「私たちクァンファムン(光化門)で会いましたよね~ク・ウンアさん、靴を買ってから何をしたかな?」 「心が重いでしょう。 罪悪感というものは重い」と話した。 テウルもこの瞬間の雷でク・ソリョンが次元の門を越えた証拠を確認した。 皇帝イ・ゴンは、総理ク・ソリョンが、逆賊イ・リム側に立った!ということを確信した。 イ・ゴンは、テウルに全ての問題を解決する!と言って、帝国の国立科学の捜査研究院(国科捜)に向った。 イ・ゴンは。 国科捜で、次元の門を越えた3人が持っている傷について聞いた。 次元の門を越えてきた彼らの共通点は、尊属殺人を犯した犯罪者たちだった。 顔の同じ他人に対して、気付きやすいのは家族である!と気付いた皇帝。 皇帝は、研究員に更なる調査を命じた。 一方、大韓民国から来たチョ・ヨンソプは、イ・ゴンを助けて自分を殺そうとした犯罪者を逮捕した。 イ・ゴンは、ヨンソプに感謝の気持ちを表した。 しかし、ヨンソプは、次元の門を越えたのにイ・リムの部下や総理ク・ソリョンが持っている雷に反応する傷を持っていなかった。 総理ク・ソリョンは、逆賊イ・リムと会った時を振り返る。 ク・ソリョンは、イ・リムの正体と自分とそっくりな女性の正体について聞いた。 イ・リムは、ク・ソリョンに大韓民国というパラレルワールドがあると述べた。 頭の回転の速いク・ソリョンは「私が出した答えが間違いなら、この女性が私の席に代わるのか」とイ・リムに聞いた。 ク・ソリョンは、イ・リムに、大韓民国に連れて行ってみてと言った。 帝国皇后に内定された民国の女刑事テウルは、自分が拉致された場所探しに乗り出した。 テウルは、護衛のチャン・ミルクから~自分が拉致された場所の跡を知った。 ノ尚宮は。 毒殺を試みた刺客を捕まえたとイ・ゴンに報告した。 その刺客はイ・ゴンとの単独面談を要求した。 刺客の正体は、テウルの先輩刑事カン・シンジェの実母ミン・ファヨンだった。 ミン・ファヨンは、イ・ゴンにイ・リムから指示を受けて殺害を試みたと告白した。 ミン・ファヨンは「陛下に毒を盛る代わりに私が毒を飲んだ。 死んだらそのまま罪を償うつもりだったが、生きれば単独面談を求めるつもりだった。 (大韓民国で育った)息子に罪はない。 生かしてほしい」と哀願した。 一方、民国にいる帝国の犯罪者ルナは、テウルの父チョン・ドインとテウルの家で遭遇した。 ルナはテウルの家を見学した。 ルナはテウルのベッドに横になって「ふたご座ね。 ついてない」と言った。 イ・ゴンの亡くなった母親と同じ顔の大韓民国ソン・ジョンへ! ソン・ジョンへは、シンジェの母に再会した。 チョ・ヨンは、この様子を見守っていた。 ソン・ジョンヘは、幼い時に植物状態だったシンジェの近況と写真を見て驚いた。 それは、亡くなった息子の墓を訪ねて来ていた男だったからだ。 手持ちの莫大なお金を残して席を立ったソン・ジョンへ。 ソン・ジョンへを追って、チョ・ヨンは同じエレベーターに乗った。 テウルは、皇帝イ・ゴンに逆賊イ・リムの竹林が見つかりそうだと言った。 イ・ゴンは、テウルに次元の門を開けると時間が止まるという事実を知らせた。 テウルは「時間が止まるその時間の間、あなたは一人ね」「私たちにこれを戻す方法があるかな」と励ました。 イ・ゴンは「時間が止まることは万波息笛が半分になって足りない力を使うようになり、そうなるようだ。 万波息笛が1つになったら防げるようだ」と話した。 皇帝イ・ゴンは次元の門から空間だけでなく、時間を移動できる可能性について言及した。 イ・ゴンは「次元の門には空間だけでなく、時間を動かすものもある」 「それでこそ25年前のこの身分証を拾ったことが説明される。 扉の中を走ってみたが、どれだけ長く走っても果てに達していなかった。 私がコインを浮かべてみたところ、コインは浮く。 種子のように命があるものは沈む」と説明した。 皇帝イ・ゴンとテウルとチョ・ヨンソプは再び大韓民国に戻った。 テウルは、ルナが父に会ったということを悟った。 そこでテウルは、父の携帯電話でルナが持っている自分の携帯に電話をかけた。 暫く大韓民国にいた大韓帝国のチョ・ヨンは、民国の刑事カン・シンジェから帝国での名前がカン・ヒョンミンだということを知った。 チョ・ヨンは、カン・シンジェに「なぜ片想いのチョン・テウルに告白しないか」と聞いた。 カン・シンジェは「同じ世界にいても、他の世界よりもっと遠い関係もある」と言いながらチョン・テウルを好きだという事実を認めた。 民国でテウルのふりをしているルナは、先輩刑事カン・シンジェにいきなりキスをした。 テウルは、カン・シンジェにルナと会ったことを聞いてみた。 テウルは「本当にそう。 あいつの顔は私と一緒なの」と話した。 カン・シンジェはルナが身分証を持っていることを明らかにした。 ルナは大胆にもテウルの電話を受けた。 ルナは「今、あんたは私に会ったら死ぬ。 会わなかったことを感謝しなさい。 (テウルの周りの人たちに)触れるのならお前がいない時にした。 私はあんたに会いに来たのだ。 すぐに会おう。 携帯電話はよく使った」と通話を終えた。 皇帝イ・ゴンは、総理ク・ソリョンの元旦那であるKU会長から謀反に関する証拠を受け取った。 そして、その証拠が、総理の私邸で発見されたという事実も聞いた。 総理ク・ソリョンは、謀反に関わる録音ファイルが報じられ、全ての権限を失って追い出された。 皇帝イ・ゴンは民国でテウルの家を訪れた。 テウルは、父に「イ・ゴンが彼氏だ」と紹介した。 イ・ゴンは「娘さんを好きでいるイ・ゴンだ。 どうぞ宜しくお願いします」とあいさつした。 テウルは、イ・ゴンに「1日だけもっと大韓民国にいろ」と言った。 テウルはイ・ゴンに服をプレゼントした。 イ・ゴンは「ところでこの服、どこかで見たようだ」と話した。 民国の刑事に復帰したテウル! テウルは、先輩刑事カン・シンジェに「帝国総理と同じ顔のク・ウンアを探す事を助けてほしい」と要請した。 しかし、ク・ウンアの家は空いていた。 同時刻、ク・ウンアの失踪届が受理された。 テウルとカン・シンジェは、2Gフォンに残った指紋を調査した。 過去のイ・リムと同じ顔であるイ・ソンジェが死亡した「ヤンソン療養院」にク・ウンアがいるということを推理した。 ヤンソン療養院を訪れると、事務長は、カン・シンジェの顔を見て何故か驚いた。 イ・ゴンは、自分の民国宿舎に訪ねてきたテウルを見て喜んだ。 しかし、その時間テウルは、ヤンソン療養院でク・ウンアを探していた。 テウルは、死体安置室でク・ウンアの死体を発見した。 イ・ゴンは、ルナと酒を飲んだ。 ルナは相思花についての話をイ・ゴンにした。 イ・ゴンは、ルナがテウルではない!ということに気づいた。 そんなイ・ゴンは「騙されないと思ったのに、この顔にお手上げだ。 君の目の中に不安がある。 君はチョン・テウルではない。 君がルナだな」と明らかにした。 この瞬間。 イ・ゴンは窓に映った自分で気付いた。 テウルにプレゼントしてもらった服を見て、25年前の夜に、自分を救った人が自分自身だった!という事に気づいて倒れた。 逆賊イ・リムもその事実を知った。 ザ・キング:永遠の君主-14話あらすじ 入院したイ・ゴン! イ・ゴンを見て、チョ・ヨンは「よく耐えました、陛下。 もう宮に戻らなければなりません。 この世界では陛下を守る方法がありません」と話したのです。 するとイ・ゴンは「僕を救ったのは僕だった」と答え、笛の音が鳴り始めたのだった。 ヨーヨー少年によると、1つになった万波息笛は自らを救いたい瞬間に連れて行くという。 イ・ゴンにも、イ・リムは、その瞬間は、逆謀の瞬間だったのです。 過去に戻って逆謀を図る自分に会ったイ・リム。 イ・リムは「君を救うためにきた。 愚かな自分自身を」と話した。 「どうして僕の顔をしているのか」という質問には...。 「見ても分からないのか。 僕は君だ。 2020年から来た君。 君はすでに答えを知っている。 振り返ってみればそうだった。 この逆謀の理由もそうだし」と答えた。 続いて幼いイ・ゴンを殺して、まともな万波息笛を持ってこい!と言いながら...。 「僕が持つのものが、君が持つのものだ」と話した。 だが、過去のイ・リムは、歳をとっても愚かだとからかい、将来の自分を害した。 その瞬間万波息笛は消え、イ・リムは逆謀を強行した。 しかし、覆面をかぶって現れた将来のイ・ゴンに止められて、イ・リムの逆謀は失敗した。 過去に閉じ込められたイ・ゴン。 イ・ゴンは、テウルに会って「僕は君に向かって行っている」と切なく言ったのです。 現在のテウルは「覚えてる。 私が5歳の時にあの人が来てたの」と涙を流した。 この記憶を通じてイ・ゴンが過去に止まっていることを知り、「どこまで来たの? 私、どこで待てばいいの?」とやるせない気持ちを示した。 その間、イ・ゴンは2016年に行って大人になったテウルに会った。 疑問に思うテウルに「僕が着くまでお願いだから疲れないでほしい。 僕たちは光化門(クァンファムン)で再会するようになる。 だからその時は僕にもう少し優しくしてくれる? そして僕にもう少し時間を割いてくれ」とお願いした。 「どうして再会するの?」と聞くテウル。 テウルには「それが僕たちの運命だから」ときちんと答えた。 大韓民国に残っているルナはテウルのふりをしている。 本当のテウルが登場すると、ルナは「警告したはず。 私たちが再会したら君は終わりだと」と言いながら彼女を攻撃したのだった。 ザ・キング:永遠の君主-15話あらすじ イ・ゴンが運命を変えるため、再び、26年前の謀反の日に向かった。 2020年で再び出会ったイ・ゴンとチョン・テウル。 電話を受けて大韓帝国の逆賊イ・リムと会った、先輩刑事カン・シンジェ。 カン・シンジェは、幼い頃に大韓帝国で会ったイ・リムの顔がそのままであるということに衝撃を受けた。 イ・リムは、カン・シンジェに「もう君の人生を変えてあげた恩を返してくれなければならない。 君の両方 大韓帝国と大韓民国 の母の生死が君の手にかかっている」と、イ・ゴンの鞭を持ってくるよう脅迫した。 そんなイ・リムは、チョン・テウルの家主ミョン・ナリのカフェで、チョ・ウンソプと会った。 イ・リムは、チョ・ウンソプに「イ・ゴンがどこに隠れて私の目につかないのか知らないが、母の命日に是非会えたらいいなと伝えろ。 追悼ミサに出席するつもりだ」と話した。 一方、チョン・テウルは、ルナの襲撃を受けて気を失った。 ルナはカン・シンジェによって正体が発覚! そして、チョ・ヨンはイ・ゴンの毒殺を指示した人物が誰かと追及した。 チョン・テウルがルナと対座した頃、イ・ゴン26年の時間を待ってが2020年の大韓民国に渡って来た。 病院の前でついに2020年のチョン・テウルと会うことになった。 2人は涙の抱擁をして再会した。 イ・ゴンは「運命は変わらなかった。 運命は本当に変えることはできないのか」と述べた。 そしてチョン・テウルは「運命がそんなに手薄な訳がない。 大きな運命であるほど、もっとたくさん歩いてこそ到着するんじゃないか。 私たちはまだ全部到着することができなかっただけだ」と慰めた。 護衛隊長チョ・ヨンはカン・シンジェの助けを受けて、亡き上皇后 イ・ゴンの母親 と同じ顔のソン・ジョンヘを訪ねた。 ソン・ジョンヘはイ・ゴンの正体に気づき....。 「 息子の ジフンが生きていればあなたのように大きくなったんですね。 ところであなたのせいで死んだんだ。 あなたは私のせいで死にそうで」と、涙を浮かべた。 イ・ゴンは「もうすぐ私の母の命日だ。 イ・リムはその日、あなたをあちらに連れて行くようだ。 あちらに行けば帰って来られない」と、自分が助けると述べた。 そんなイ・ゴンは、チョン・テウルの側で最善を尽くして、看病しながら大韓帝国に渡る日をずっと延ばした。 チョン・テウルは、イ・ゴンが離れようとすると....。 「見送らない。 世界なんか救わずにいよう。 そのまま行ったり来たりして今日だけを生きよう。 2つの世界が今と違って流れれば、私はあなたを知らないまま生きるようになる」と涙を流した。 イ・ゴンは「2つの世界が既にとてもたくさん外れている。 戻すべき理由があまりにも多いのに、方法はそのただひとつだ。 だから僕を見送ると言って欲しい。 君が僕を止めれば、僕は行けない」 「全ての宇宙の扉を開く。 そして君の元に必ず戻ってくる」と約束した。 大韓帝国に帰ってきた皇帝イ・ゴンは、逆賊イ・リムを捕まえる為に計画を立てた。 イ・リムは、追悼ミサで、大韓民国と大韓帝国が共存するという事実を公開しようとした。 だが、イ・ゴンが一足早かった。 ソン・ジョンヘは、毒を飲んで自殺した。 怒ったイ・リムとイ・ゴンは止まった時間の中、街で出会った。 その頃、逆賊イ・リムは、皇帝イ・ゴンを撃とうとした。 だが、時間が止まっているから銃は無用。 また時間が流れ始まり銃が使えるようになって、イ・ゴンが狙われた。 しかし、時間が止まる前から待機していた大韓帝国の警護隊長チョ・ヨンと大韓民国の先輩刑事カン・シンジェが現れ、イ・リムは彼らに逮捕された。 逆賊イ・リムから、万波息笛の半分を奪った皇帝イ・ゴン。 あとは一つになって、万波息笛を使って、26年前の謀反の日に帰って、2つの世界の捻られた歴史を修正するだけ。 しかし、それは不可能だった。 既に半分の万波息笛に逆賊イ・リムの血が染まった結果、笛が一つになったとしてもイ・リムが一緒にいる必要があるのだ。 チョ・ヨンとカン・シンジェは、お互いに自分がイ・リムを連れて次元の扉に入ると言い、イ・ゴンは悩みに陥った。 逆賊イ・リムは「完全な万波息笛を手に入れ2つの世界と永遠を得られたのに、どうしてそれをたかが謀反の夜に戻るために使おうとするのか」とイ・ゴンを手懐けようとした。 しかし、「お前はその空間を持つことすらできないだろう」と警告された。 結局、大韓民国の刑事カン・シンジェが、逆賊イ・リムに手錠をかけたまま半分の万波息笛を使って大韓民国に戻った。 26年前に再び戻ろうとするイ・ゴンの計画を知っているチョン・テウルは、2度とイ・ゴンを独りにしない事を決心する。 チョン・テウルは、逮捕された状態の逆賊イ・リムと一緒に次元の扉に入ろうと計画を立てる。 ルナを解き、彼女に自分のふりをさせた。 イ・リムの万波息笛がカン・シンジェにあるということに気付いていたチョン・テウル。 カン・シンジェに万波息笛を要求したが、カン・シンジェは、テウルに自分の心を告白して引き止めた。 しかし、チョン・テウルは丁寧に半分の笛をお願いした。 イ・ゴンはチョ・ヨンと共に、26年前の謀反の日に再び帰るために、馬に乗って次元の扉「幢竿支柱」を通過した。 逆賊イ・リムの謀反を鎮圧し、万波息笛を守ることは2つの世界の捻られた歴史を正す事。 そして、数多い人々の不幸を正す事。 しかし、その場合はチョン・テウルとの記憶は消えてしまうのだが....。 246• 226• 193• 133•

次の

「トリプルヘッド・ジョーズ」ネタバレ・あらすじ・陸まで上がる3つの頭を持つジョーズ(感想・キャスト)

月に沈む ネタバレ あらすじ

ザ・キング:永遠の君主-韓国ドラマ-あらすじネタバレ-最終回まで感想あり-14話~15話-全16話-出演イ・ミンホやギム・ゴウン-演出ベクサンフン&チョン・ジヒョン-脚本キム・ウンスク-相関図やキャスト-動画もあります 잘 오셨습니다. 次元の門を閉めようとする理系型の大韓帝国皇帝イ・ゴンと...。 誰かの人生、人、愛を守ろうとする文系型の刑事チョン・テウルが両世界を行き来しながら生まれる別次元のファンタジーラブストーリーを描いた作品です。 さらに大韓帝国第3代皇帝のイ・ゴンを俳優イ・ミンホが、同級生が「白雪姫」や「人魚姫」に夢中になっている時、父親と「警察庁の人たち」に夢中になっていたチョン・テウルを女優キム・ゴウンが演じます。 そして、理系型の大韓帝国の皇帝です。 私たちはそれをデジャヴといい、現代医学はデジャヴを知覚障害の一種だとする。 移民したい。 生まれ変わりたい。 人生終わった。 誰でも一度くらいは思うこと。 私もあんな車に乗ってみたい。 私もあんな家に住んでみたい。 私もあんな財閥一家に生まれていたら。 そんなあなたの耳元に誰かが囁く。 私よりマシな人生を歩んでいるもう一つの世界の私とあなたを変えることができたら、あなたはその人と人生を変えられますか? 私の人生。 私の人。 私の愛。 その全てを捨てる選択。 もちろん自分自身すらも。 平行世界の自分がどうなるのかは絶対に聞いてはいけない。 神は人間の世の中に悪魔を放ち、その悪魔は並行世界の門を開けてしまった。 さあ、あなたはどんな選択をするのか。 露骨な質問と邪悪な答え。 だから魅惑的な本作は、平行世界からこの世界に来た次元の門を閉めようとするイ・ゴンと誰かの人生。 人を…愛を守ろうとする刑事テウルの協力が時にはドキドキ、時にはクールな次元の違うロマンスファンタジー。 【スポンサードリンク】 【ザ・キング:永遠の君主】13話の前回のあらすじは... 大韓帝国の尚宮ノ・オクナムは、皇后内定のテウルに大韓民国の朝鮮戦争について聴いた。 分断も戦争も歴史になかって大韓帝国の人としては分からない事だ。 ノ尚宮は、過去を告白した。 「戦争で親を失って茫然としていたのだが、戦争がない世の中に行かないかと聞かれたので、この本を一冊だけ持って故郷(大韓民国)を離れた。 陛下の祖父であるヘジョン皇帝だった。 」と言い、実は、大韓民国に生まれた!と告白した。 皇帝イ・ゴンは、総理ク・ソリョンにテウルに対する愛情を告げた。 怒ったク・ソリョンは、イ・ゴンに「陛下の反対側」に立ちたいと宣戦布告した。 イ・ゴンは「これ以上の線を越えるな」と警告した。 総理ク・ソリョンは「私は世界で一番低い所から一番高い皇帝のあなたの為に歩んできたが、全てを持っているあなただから愛なんかに動くんだ。 今、私の心臓は何に向かって動くのか。 正直と忠誠は違う」と話した。 その時、雷に反応してク・ソリョンは突然の苦痛を感じた。 この瞬間を逃さなかって皇帝イ・ゴンは、総理ク・ソリョンが次元の門を越えた事を確認した。 皇帝の執務室を出たク・ソリョンとノ尚宮の部屋を出たテウル。 居で再会した2人はお互いに対立した。 テウルは、帝国の総理ク・ソリョンが大韓民国にいたことを確認した。 テウルは「私たちクァンファムン(光化門)で会いましたよね~ク・ウンアさん、靴を買ってから何をしたかな?」 「心が重いでしょう。 罪悪感というものは重い」と話した。 テウルもこの瞬間の雷でク・ソリョンが次元の門を越えた証拠を確認した。 皇帝イ・ゴンは、総理ク・ソリョンが、逆賊イ・リム側に立った!ということを確信した。 イ・ゴンは、テウルに全ての問題を解決する!と言って、帝国の国立科学の捜査研究院(国科捜)に向った。 イ・ゴンは。 国科捜で、次元の門を越えた3人が持っている傷について聞いた。 次元の門を越えてきた彼らの共通点は、尊属殺人を犯した犯罪者たちだった。 顔の同じ他人に対して、気付きやすいのは家族である!と気付いた皇帝。 皇帝は、研究員に更なる調査を命じた。 一方、大韓民国から来たチョ・ヨンソプは、イ・ゴンを助けて自分を殺そうとした犯罪者を逮捕した。 イ・ゴンは、ヨンソプに感謝の気持ちを表した。 しかし、ヨンソプは、次元の門を越えたのにイ・リムの部下や総理ク・ソリョンが持っている雷に反応する傷を持っていなかった。 総理ク・ソリョンは、逆賊イ・リムと会った時を振り返る。 ク・ソリョンは、イ・リムの正体と自分とそっくりな女性の正体について聞いた。 イ・リムは、ク・ソリョンに大韓民国というパラレルワールドがあると述べた。 頭の回転の速いク・ソリョンは「私が出した答えが間違いなら、この女性が私の席に代わるのか」とイ・リムに聞いた。 ク・ソリョンは、イ・リムに、大韓民国に連れて行ってみてと言った。 帝国皇后に内定された民国の女刑事テウルは、自分が拉致された場所探しに乗り出した。 テウルは、護衛のチャン・ミルクから~自分が拉致された場所の跡を知った。 ノ尚宮は。 毒殺を試みた刺客を捕まえたとイ・ゴンに報告した。 その刺客はイ・ゴンとの単独面談を要求した。 刺客の正体は、テウルの先輩刑事カン・シンジェの実母ミン・ファヨンだった。 ミン・ファヨンは、イ・ゴンにイ・リムから指示を受けて殺害を試みたと告白した。 ミン・ファヨンは「陛下に毒を盛る代わりに私が毒を飲んだ。 死んだらそのまま罪を償うつもりだったが、生きれば単独面談を求めるつもりだった。 (大韓民国で育った)息子に罪はない。 生かしてほしい」と哀願した。 一方、民国にいる帝国の犯罪者ルナは、テウルの父チョン・ドインとテウルの家で遭遇した。 ルナはテウルの家を見学した。 ルナはテウルのベッドに横になって「ふたご座ね。 ついてない」と言った。 イ・ゴンの亡くなった母親と同じ顔の大韓民国ソン・ジョンへ! ソン・ジョンへは、シンジェの母に再会した。 チョ・ヨンは、この様子を見守っていた。 ソン・ジョンヘは、幼い時に植物状態だったシンジェの近況と写真を見て驚いた。 それは、亡くなった息子の墓を訪ねて来ていた男だったからだ。 手持ちの莫大なお金を残して席を立ったソン・ジョンへ。 ソン・ジョンへを追って、チョ・ヨンは同じエレベーターに乗った。 テウルは、皇帝イ・ゴンに逆賊イ・リムの竹林が見つかりそうだと言った。 イ・ゴンは、テウルに次元の門を開けると時間が止まるという事実を知らせた。 テウルは「時間が止まるその時間の間、あなたは一人ね」「私たちにこれを戻す方法があるかな」と励ました。 イ・ゴンは「時間が止まることは万波息笛が半分になって足りない力を使うようになり、そうなるようだ。 万波息笛が1つになったら防げるようだ」と話した。 皇帝イ・ゴンは次元の門から空間だけでなく、時間を移動できる可能性について言及した。 イ・ゴンは「次元の門には空間だけでなく、時間を動かすものもある」 「それでこそ25年前のこの身分証を拾ったことが説明される。 扉の中を走ってみたが、どれだけ長く走っても果てに達していなかった。 私がコインを浮かべてみたところ、コインは浮く。 種子のように命があるものは沈む」と説明した。 皇帝イ・ゴンとテウルとチョ・ヨンソプは再び大韓民国に戻った。 テウルは、ルナが父に会ったということを悟った。 そこでテウルは、父の携帯電話でルナが持っている自分の携帯に電話をかけた。 暫く大韓民国にいた大韓帝国のチョ・ヨンは、民国の刑事カン・シンジェから帝国での名前がカン・ヒョンミンだということを知った。 チョ・ヨンは、カン・シンジェに「なぜ片想いのチョン・テウルに告白しないか」と聞いた。 カン・シンジェは「同じ世界にいても、他の世界よりもっと遠い関係もある」と言いながらチョン・テウルを好きだという事実を認めた。 民国でテウルのふりをしているルナは、先輩刑事カン・シンジェにいきなりキスをした。 テウルは、カン・シンジェにルナと会ったことを聞いてみた。 テウルは「本当にそう。 あいつの顔は私と一緒なの」と話した。 カン・シンジェはルナが身分証を持っていることを明らかにした。 ルナは大胆にもテウルの電話を受けた。 ルナは「今、あんたは私に会ったら死ぬ。 会わなかったことを感謝しなさい。 (テウルの周りの人たちに)触れるのならお前がいない時にした。 私はあんたに会いに来たのだ。 すぐに会おう。 携帯電話はよく使った」と通話を終えた。 皇帝イ・ゴンは、総理ク・ソリョンの元旦那であるKU会長から謀反に関する証拠を受け取った。 そして、その証拠が、総理の私邸で発見されたという事実も聞いた。 総理ク・ソリョンは、謀反に関わる録音ファイルが報じられ、全ての権限を失って追い出された。 皇帝イ・ゴンは民国でテウルの家を訪れた。 テウルは、父に「イ・ゴンが彼氏だ」と紹介した。 イ・ゴンは「娘さんを好きでいるイ・ゴンだ。 どうぞ宜しくお願いします」とあいさつした。 テウルは、イ・ゴンに「1日だけもっと大韓民国にいろ」と言った。 テウルはイ・ゴンに服をプレゼントした。 イ・ゴンは「ところでこの服、どこかで見たようだ」と話した。 民国の刑事に復帰したテウル! テウルは、先輩刑事カン・シンジェに「帝国総理と同じ顔のク・ウンアを探す事を助けてほしい」と要請した。 しかし、ク・ウンアの家は空いていた。 同時刻、ク・ウンアの失踪届が受理された。 テウルとカン・シンジェは、2Gフォンに残った指紋を調査した。 過去のイ・リムと同じ顔であるイ・ソンジェが死亡した「ヤンソン療養院」にク・ウンアがいるということを推理した。 ヤンソン療養院を訪れると、事務長は、カン・シンジェの顔を見て何故か驚いた。 イ・ゴンは、自分の民国宿舎に訪ねてきたテウルを見て喜んだ。 しかし、その時間テウルは、ヤンソン療養院でク・ウンアを探していた。 テウルは、死体安置室でク・ウンアの死体を発見した。 イ・ゴンは、ルナと酒を飲んだ。 ルナは相思花についての話をイ・ゴンにした。 イ・ゴンは、ルナがテウルではない!ということに気づいた。 そんなイ・ゴンは「騙されないと思ったのに、この顔にお手上げだ。 君の目の中に不安がある。 君はチョン・テウルではない。 君がルナだな」と明らかにした。 この瞬間。 イ・ゴンは窓に映った自分で気付いた。 テウルにプレゼントしてもらった服を見て、25年前の夜に、自分を救った人が自分自身だった!という事に気づいて倒れた。 逆賊イ・リムもその事実を知った。 ザ・キング:永遠の君主-14話あらすじ 入院したイ・ゴン! イ・ゴンを見て、チョ・ヨンは「よく耐えました、陛下。 もう宮に戻らなければなりません。 この世界では陛下を守る方法がありません」と話したのです。 するとイ・ゴンは「僕を救ったのは僕だった」と答え、笛の音が鳴り始めたのだった。 ヨーヨー少年によると、1つになった万波息笛は自らを救いたい瞬間に連れて行くという。 イ・ゴンにも、イ・リムは、その瞬間は、逆謀の瞬間だったのです。 過去に戻って逆謀を図る自分に会ったイ・リム。 イ・リムは「君を救うためにきた。 愚かな自分自身を」と話した。 「どうして僕の顔をしているのか」という質問には...。 「見ても分からないのか。 僕は君だ。 2020年から来た君。 君はすでに答えを知っている。 振り返ってみればそうだった。 この逆謀の理由もそうだし」と答えた。 続いて幼いイ・ゴンを殺して、まともな万波息笛を持ってこい!と言いながら...。 「僕が持つのものが、君が持つのものだ」と話した。 だが、過去のイ・リムは、歳をとっても愚かだとからかい、将来の自分を害した。 その瞬間万波息笛は消え、イ・リムは逆謀を強行した。 しかし、覆面をかぶって現れた将来のイ・ゴンに止められて、イ・リムの逆謀は失敗した。 過去に閉じ込められたイ・ゴン。 イ・ゴンは、テウルに会って「僕は君に向かって行っている」と切なく言ったのです。 現在のテウルは「覚えてる。 私が5歳の時にあの人が来てたの」と涙を流した。 この記憶を通じてイ・ゴンが過去に止まっていることを知り、「どこまで来たの? 私、どこで待てばいいの?」とやるせない気持ちを示した。 その間、イ・ゴンは2016年に行って大人になったテウルに会った。 疑問に思うテウルに「僕が着くまでお願いだから疲れないでほしい。 僕たちは光化門(クァンファムン)で再会するようになる。 だからその時は僕にもう少し優しくしてくれる? そして僕にもう少し時間を割いてくれ」とお願いした。 「どうして再会するの?」と聞くテウル。 テウルには「それが僕たちの運命だから」ときちんと答えた。 大韓民国に残っているルナはテウルのふりをしている。 本当のテウルが登場すると、ルナは「警告したはず。 私たちが再会したら君は終わりだと」と言いながら彼女を攻撃したのだった。 ザ・キング:永遠の君主-15話あらすじ イ・ゴンが運命を変えるため、再び、26年前の謀反の日に向かった。 2020年で再び出会ったイ・ゴンとチョン・テウル。 電話を受けて大韓帝国の逆賊イ・リムと会った、先輩刑事カン・シンジェ。 カン・シンジェは、幼い頃に大韓帝国で会ったイ・リムの顔がそのままであるということに衝撃を受けた。 イ・リムは、カン・シンジェに「もう君の人生を変えてあげた恩を返してくれなければならない。 君の両方 大韓帝国と大韓民国 の母の生死が君の手にかかっている」と、イ・ゴンの鞭を持ってくるよう脅迫した。 そんなイ・リムは、チョン・テウルの家主ミョン・ナリのカフェで、チョ・ウンソプと会った。 イ・リムは、チョ・ウンソプに「イ・ゴンがどこに隠れて私の目につかないのか知らないが、母の命日に是非会えたらいいなと伝えろ。 追悼ミサに出席するつもりだ」と話した。 一方、チョン・テウルは、ルナの襲撃を受けて気を失った。 ルナはカン・シンジェによって正体が発覚! そして、チョ・ヨンはイ・ゴンの毒殺を指示した人物が誰かと追及した。 チョン・テウルがルナと対座した頃、イ・ゴン26年の時間を待ってが2020年の大韓民国に渡って来た。 病院の前でついに2020年のチョン・テウルと会うことになった。 2人は涙の抱擁をして再会した。 イ・ゴンは「運命は変わらなかった。 運命は本当に変えることはできないのか」と述べた。 そしてチョン・テウルは「運命がそんなに手薄な訳がない。 大きな運命であるほど、もっとたくさん歩いてこそ到着するんじゃないか。 私たちはまだ全部到着することができなかっただけだ」と慰めた。 護衛隊長チョ・ヨンはカン・シンジェの助けを受けて、亡き上皇后 イ・ゴンの母親 と同じ顔のソン・ジョンヘを訪ねた。 ソン・ジョンヘはイ・ゴンの正体に気づき....。 「 息子の ジフンが生きていればあなたのように大きくなったんですね。 ところであなたのせいで死んだんだ。 あなたは私のせいで死にそうで」と、涙を浮かべた。 イ・ゴンは「もうすぐ私の母の命日だ。 イ・リムはその日、あなたをあちらに連れて行くようだ。 あちらに行けば帰って来られない」と、自分が助けると述べた。 そんなイ・ゴンは、チョン・テウルの側で最善を尽くして、看病しながら大韓帝国に渡る日をずっと延ばした。 チョン・テウルは、イ・ゴンが離れようとすると....。 「見送らない。 世界なんか救わずにいよう。 そのまま行ったり来たりして今日だけを生きよう。 2つの世界が今と違って流れれば、私はあなたを知らないまま生きるようになる」と涙を流した。 イ・ゴンは「2つの世界が既にとてもたくさん外れている。 戻すべき理由があまりにも多いのに、方法はそのただひとつだ。 だから僕を見送ると言って欲しい。 君が僕を止めれば、僕は行けない」 「全ての宇宙の扉を開く。 そして君の元に必ず戻ってくる」と約束した。 大韓帝国に帰ってきた皇帝イ・ゴンは、逆賊イ・リムを捕まえる為に計画を立てた。 イ・リムは、追悼ミサで、大韓民国と大韓帝国が共存するという事実を公開しようとした。 だが、イ・ゴンが一足早かった。 ソン・ジョンヘは、毒を飲んで自殺した。 怒ったイ・リムとイ・ゴンは止まった時間の中、街で出会った。 その頃、逆賊イ・リムは、皇帝イ・ゴンを撃とうとした。 だが、時間が止まっているから銃は無用。 また時間が流れ始まり銃が使えるようになって、イ・ゴンが狙われた。 しかし、時間が止まる前から待機していた大韓帝国の警護隊長チョ・ヨンと大韓民国の先輩刑事カン・シンジェが現れ、イ・リムは彼らに逮捕された。 逆賊イ・リムから、万波息笛の半分を奪った皇帝イ・ゴン。 あとは一つになって、万波息笛を使って、26年前の謀反の日に帰って、2つの世界の捻られた歴史を修正するだけ。 しかし、それは不可能だった。 既に半分の万波息笛に逆賊イ・リムの血が染まった結果、笛が一つになったとしてもイ・リムが一緒にいる必要があるのだ。 チョ・ヨンとカン・シンジェは、お互いに自分がイ・リムを連れて次元の扉に入ると言い、イ・ゴンは悩みに陥った。 逆賊イ・リムは「完全な万波息笛を手に入れ2つの世界と永遠を得られたのに、どうしてそれをたかが謀反の夜に戻るために使おうとするのか」とイ・ゴンを手懐けようとした。 しかし、「お前はその空間を持つことすらできないだろう」と警告された。 結局、大韓民国の刑事カン・シンジェが、逆賊イ・リムに手錠をかけたまま半分の万波息笛を使って大韓民国に戻った。 26年前に再び戻ろうとするイ・ゴンの計画を知っているチョン・テウルは、2度とイ・ゴンを独りにしない事を決心する。 チョン・テウルは、逮捕された状態の逆賊イ・リムと一緒に次元の扉に入ろうと計画を立てる。 ルナを解き、彼女に自分のふりをさせた。 イ・リムの万波息笛がカン・シンジェにあるということに気付いていたチョン・テウル。 カン・シンジェに万波息笛を要求したが、カン・シンジェは、テウルに自分の心を告白して引き止めた。 しかし、チョン・テウルは丁寧に半分の笛をお願いした。 イ・ゴンはチョ・ヨンと共に、26年前の謀反の日に再び帰るために、馬に乗って次元の扉「幢竿支柱」を通過した。 逆賊イ・リムの謀反を鎮圧し、万波息笛を守ることは2つの世界の捻られた歴史を正す事。 そして、数多い人々の不幸を正す事。 しかし、その場合はチョン・テウルとの記憶は消えてしまうのだが....。 246• 226• 193• 133•

次の

キングダム647話のネタバレと感想!新たな動き|漫画ウォッチ

月に沈む ネタバレ あらすじ

以前一緒に働いていた里中主任は課長に、クルクルパーマの東海林も旭川支社長補佐に出世していました。 懐かしいメンバーに加え、中堅派遣の亜紀と新人派遣の小夏が加わり、頭の固い宇野部長、そして社員ファーストの宮部社長が登場した第1話。 春子は以前と変わらぬ活躍で、大きな契約をまとめ、更に会社内のセクハラ問題も解決した第1話でした。 そんなハケンの春子の活躍を良く思わない宮部社長との関係と、第1話の最後に春子が言い残した言葉、「このままでは日本は沈みます」の意味は? 気になる第2話のあらすじです。 ハケンの品格2020の第2話ネタバレ! 業務開始前に自己紹介するのは、営業事業部に配属されることになった新入社員の三田貴士と井手裕太郎です。 三田は新入社員らしく、はつらつとやる気に満ちた挨拶をしますが、一方の井手は一言発しただけで挨拶を終えてしまいます。 この日のグリーフィングのお題は、2020年『いま食すべき名店100』日本版に選ばれた、老舗蕎麦屋の京橋庵とコラボ商品を開発する、というものでした。 小夏は、「お蕎麦大好きなんです!京橋庵とのコラボなんて面白そう!私頑張って企画書きます!」とウキウキしています。 そんな小夏をみて、春子は、「天、真、爛、漫!!!」と言い捨てます。 ウキウキする小夏に亜紀は、派遣は企画書などは作らず、あくまで社員の補助の仕事をするのだと教えます。 2人は京橋庵の社史をまとめる仕事をすることに。 ** 食堂でお昼を食べていると、そこに宮部社長一行が現れます。 食堂にいる社員全員が立ち上がり恐縮していると、宮部社長は亜紀に新入社員か?と尋ねます。 亜紀が堂々と派遣社員だと名乗ると、興味がなさそうにする宮部社長。 彼は新入社員の三田と井手を隣に座らせ、「会社は船で、社員は家族だ」と話します。 さらに「社員ファーストの会社を目指します」と宣言する社長と、盛り上がり拍手する社員。 その様子を眺め居心地の悪い思いをする派遣の亜紀と小夏です。 ** 亜紀と小夏は仕事帰りに京橋庵に行くと、そこに営業事業部の人達もコラボ企画の参考の為にお蕎麦を食べにきていました。 店内は混雑しており、蕎麦のうんちくを話す宇野部長の席と離れて座る井手と亜紀と小夏。 蕎麦の企画なんて、興味ない、蕎麦もすすれない、という井手に、社員になれなかった小夏はイラつき、これみよがしに井手の前で蕎麦をすすって食べてみせます。 ** 京橋庵はケチだ、ワサビもついてこなかった、と言う宇野部長に、春子は、ケチではない!業務用練りワサビではなく、高価な本わさびを提供しているため、使う人には注文してもらうシステムでコスト削減をしているのだ!と言います。 その発言から、春子が京橋庵で以前ハケンで働いていたことを知った浅野が無理やり京橋庵への挨拶に春子を連れていきます。 しかし、京橋庵の磯川専務は春子をにらみつけ、機嫌が悪くなってしまいました。。。 春子を連れていくことを提案した浅野は、罰として、企画書を人の3倍提出するように言われ困っていると、小夏が自分の企画の提出の許可を求めます。 小夏は蕎麦つゆの味を変えられる蕎麦、というアイディアを思い付き、浅野の企画の数合わせに出させてもらうことにしたのです。 ** 小夏の企画は浅野の企画として社内選考を通り、京橋庵へ送られます。 しかし、京橋庵から小夏の企画書の中身に重大なミスがあることを指摘されます。 宇野に叱られる浅野をかばい、自分が企画書を書いたと謝罪する小夏。 小夏に、公の場で派遣はわが社、弊社と言ってはならない、会社の代表として意見を言いきれるのは社員だけだ、と怒る宇野部長です。 何の責任も取れない派遣の分際で、と言葉を続ける宇野部長に、部外者である派遣に責任は取れませんが、仕事のできない社員に分際呼ばわりされる筋合いはない!と言い放つ春子でした。 小夏の企画は破棄されます。 ** プレゼン当日。 京橋庵の磯川専務が小夏の企画書『あなたのおソバ』のプレゼンを希望したため、慌てる宇野部長と浅野。 ササっと企画書を完成させる春子。 里中課長は小夏に企画書を届けさせます。 が、なんと道路が大渋滞!万事休すと思われたその時、ネット出前業者のための自転車安全運転指導員の資格を持つ春子が自転車で爆走し、京橋庵本社に企画書を届けます。 京橋庵の本社に無事についた春子は、会長と面識があることも、芭蕉庵でも伝説を作っていたことも判明します。 磯川専務とも、同志のような関係だったのです。 プレゼンを春子に頼む宇野部長。 大事な仕事なのにいいのか?ハケンは責任も取れず、会社の意見を代表して言い切ることもできませんが、言う春子。 責任は自分がとる、自分が言い切る!と言う浅野。 プレゼンが開始され、文末を決して最後まで言い切らない春子! 弊社も、へい。。。 までしか言わない春子を浅野が代わりに文末を締め、弊社と述べ、2人でプレゼンを成功させます。 ** 出勤時にエレベーター待ちをしていると、社員だけ先に乗せる宮部社長。 取り残された春子に、短い間だけど、会社のためにせいぜい頑張って、と告げ不敵に笑う宮部社長。。。 ハケンの品格2020の第2話あらすじ 2 2020年6月24日 S&F社が老舗の人気蕎麦店「京橋庵」とコラボ商品を開発することになった。 斬新な企画を考えようと張り切る新人ハケンの小夏 山本舞香。 そんな中、大前春子(篠原涼子)が「京橋庵」の実情にやたらと詳しいことに疑問を持つ里中 小泉孝太郎。 「もしかして以前『京橋庵』で働いていたとか?」と尋ねる浅野 勝地涼 に「はい、ハケンとして働いてましたが、何か?」と春子。 きっとそこでも伝説を残しているはずだと、浅野は、断る春子を無理に「京橋庵」での会議につれていく。 しかしそれが裏目に出てしまい・・・。 一方、宮部新社長 伊東四朗 の「社員偏重主義」に逆に闘志を燃やした小夏は、周囲が止めるのも聞かず浅野の提出企画の中に、数合わせで自分の企画をまぎれこませてもらうことに成功。 小夏の企画は捨てられてしまい「ハケンに責任なんか取れないから」と叱責される。 ところがプレゼン本番の最中に捨てられた小夏の企画が先方に気に入られていたことが後になってわかり…。 (引用:) また、こちらの記事で、『ハケンの品格』の全話を無料で視聴できる方法をご紹介しています。 ハケンの品格2020の第2話感想 まだまだハケンになりたての小夏が仕事にモチベーションを求めて奮闘する姿が初々しく、話に引き込まれました。 宮部社長はじめ、宇野部長や他の社員にさげすまれながらも、良い企画を思い付き、企画書を仕上げ、その企画が選ばれるのに、ハケンだからと報われない。 自社の名前を間違えるなんてミスあるわけない!という問題点は無視しておくことにして、ハケンは責任取れないくせに、ハケンの分際で、と罵られるのはかわいそうでした。 そこは、春子がバシっと、言い返してくれて、さらに、またスーパーハケンぶりを発揮して、プレゼンも成功させてくれるので、視聴者としてはスッキリです。 社員しか会社の意見を言いきれない、弊社と言えない、と言われたことを根に持って、大事なプレゼンでも、語尾を発せず、プレゼンの重要用語弊社も言わない春子に笑えました。 現実的に語尾を言わないプレゼンなんて、大事な商談ではしないですもんね。 しかし、最後には勝地涼さん演じる浅野と、篠原涼子さん演じる春子との掛け合いのようなプレゼンに感動しました。 ハケンの仕事はやりがいなく、与えられた仕事をこなすだけ。 言葉にしてしまえば、それまでなのですが、小夏は里中に褒められたことによりモチベーションが上がり、ハケンの仕事を頑張ることを決意します。 ハケンは会社に責任は持てないけれど、自分に責任はある、と小夏に告げた春子の言葉にも、なるほど、と思いました。 小夏の企画は良かったですよね。 味が変えられるお蕎麦。 私も食べてみたいです。 まとめ またまたスーパーハケン、大前春子の活躍により、事件解決となった第2話。 最初の顔合わせで春子がまたもや活躍を?と思わせて、今回はどうやら違う、スーパーハケンではなかったのか?と思わせて、最後はどんでん返し。 やはり大前春子、おそるべし!といった内容でした。 山本舞香さん演じる小夏が初々しくてとてもかわいいです。 高飛車が売りの女優さんだと思っていたので意外な役で驚きました。 春子の資格も流行りのウーバーイーツを連想させるものでしたし、馴染みのお蕎麦屋さんが時代の流れで閉店してしまった、という描写もありました。 宮部社長に春子が放った、沈むね、という言葉もこの先に暗雲が立ち込めている予感で、第3話がとても気になることろです。

次の