猫 苦情。 近隣住民の猫多頭飼育で迷惑、どうすればいいか?

猫が来なくなる方法とは?庭の猫よけ・糞尿被害対策 [猫] All About

猫 苦情

お隣さん家がどうやら猫屋敷化しているらしい。 敷地内で飼っているらしいが、庭には仔猫がうじゃうじゃ、出入り自由だし、放し飼いと何も変わらない。 そんな様子だから悪臭、鳴き声、庭をうろつかれる、糞や尿もされるしはた迷惑。 でも、注意してトラブルになるのも困るし、怖いし。 以前、注意をしてみたことはあるけど、• 猫は自由にさせてあげるのがいいでしょ• うちで飼っている猫じゃない• 勝手に居付いちゃって。 可哀想だからエサだけあげてるだけだから• 去勢避妊はしてあげたいけどお金がないの と、注意はしてみても聞き入れてはもらえないこともしばしば。 こういった場合、どんなアプローチをしていくのがいいものか、考えてみました。 その調査結果の苦情の部分を見てみると、 全体で1775件。 以下のような内訳でした。 (複数回答)• 1195件「不衛生・悪臭」• 660件「逸走・徘徊」• 616件「鳴き声・騒音」• 268件「不適切な動物取扱業・獣医師」• 146件「その他・不明」• 47件「のらねこ問題」• 15件「動物虐待」 上位の3つの回答で大半を占めており、生活環境の悪化による苦情がほとんどです。 また、10年程前に行われたアンケートの為、今現在ではさらに苦情が増えている可能性が高いと思われます。 崩壊に至る気になるキーワードとして以下が見受けられます。 独居の高齢者が目立つ。 こんなに増えると思わなかった。 (最初は2匹から飼い始め、みるみるうちに増えてしまった)• 去勢・不妊手術は知っていたが、忘れていた、お金がなかった。 飼い主が地域で孤立している。 飼い主の方に直接注意することもできますが、トラブルにもなり兼ねません。 また、注意を聞き入れてもらえないことも往々にしてあることです。 やはり自分だけでどうにかなる問題ではないため、第三者の然るべき対応を取ってもらえる所に頼るのがいいかもしれません。 保健所、動物愛護センターの方からの指導で、事態が収拾されることもありますし、全く聞く耳持たずで改善が一向にされない場合もあります。 自治体に相談する 自治体には「市民課」「生活課」など住民の相談を受け付ける窓口があります。 近隣トラブルももちろん受け付けてくれます。 多頭飼育、動物の事の問題であれば、保健所、動物愛護センターに相談した方が早いかと思いますが、その飼い主の方との問題の方が大きければ、自治体に相談するという手も一つです。 ただし、自治体も一人一人の住民の相談を全て解決するまで責任を持って対処することは難しいので、相談を受けて良い対応方法がないかアドバイスをする。 ということになります。 そして、アドバイスはケースバイケース、様々かと思いますが、保健所や動物愛護センター、猫ボランティアの紹介をしていただけたり、法的な面でアドバイスをいただけたりもします。 どういった対応が取れるものか、色々な手段をお持ちだと思いますので、一度相談をしてみるのはありだと思います。 地域ぐるみでなんとかする 町内会やマンションの理事会など、地域住民のコミュニティを頼るのもいいかもしれません。 町内会やマンションの理事会が動いてくれれば、回覧板を回してくれたり、ペット飼育の注意事項のチラシをポスティングしてくれるなど、何かしらアクションを取ってくれると思います。 また、被害が甚大であったり、複数の方が迷惑しているような実態があれば、会則にペット飼育の条項を設けるなどルール化する場合もあるでしょう。 地域によっては、町内会や理事会の方の腰が重いところもあるかもしれません。 何度も何度も訴えかけたり、迷惑されている方々と一緒になって申し立ててみることも必要かもしれません。 ご近所付き合いの中でなんとかしようとするなら 事を荒立てたくない、穏便に済ませたい、今なら飼育環境の改善ができそう、まだ間に合う。 で、あるならば、飼い主の方とコミュニケーションを取ってみて関係性を築くところから始めてみるのもいいかもしれません。 これで何が解決するのか?と言えば、しないのかもしれませんが、解決の糸口になったり、少なくとも事情を伺い知ることができるのではないでしょうか。 事情を知っていれば、対処の仕方も違ってきます。 持ち家で今後もご近所付き合いが続く、良い関係性でありたい。 と思われるならコミュニケーションを取るところから始めてみるのもいいかもしれません。 管理人のケース 管理人の近所にも猫屋敷があります。 その方は飼い猫ではなく、野良猫にエサを上げている方で、いつも家の周りに猫達がたむろしているようなお宅です。 管理人の家はその近くにあり、糞尿の被害にもれなくあってしまっています。 そして、その方とのコミュニケーションと言えば・・・全く取れていないのが現状です。 その方は、水道局員や電力会社の方が点検に来たとしても居留守を使い、家から出てこないような方なので、ほとんど出くわすことがないのです。 町内会に回覧がありますが、管理人とその方とは受け渡しを直接していないので、そういう時にお話をすることもできず。 こういった状況なので、管理人の場合は、町内会長に野良猫状況をお伝えして、町内会長や役所、福祉職員が訪問の際にお話を間接的に聞いてもらったり伝えてもらったりしているような状況ですね。 以上になります。 多頭飼育の猫達は、人が考える想像以上の恐怖とストレスと苦痛を受けていることでしょう。 自分自身の生活環境を守るための行動が結果的に猫達を救うことになることもあります。

次の

ネコが増えすぎて苦情が来てしまいました・・。

猫 苦情

ネコが増えすぎて苦情が来てしまいました・・。 最初は野良猫1匹から始まったのですが、7年で増えに増え16匹です。 ついに近所からの苦情で保健所がうちに来ることになりました。 外で自由に放し飼いなので隣のうちに行ったりします。 何故今苦情が来たかというと、ここ1年くらいの間に短気な父(64)が売り言葉に買い言葉で近所との関係が険悪ムードになってしまったんです。 それで怒った近所の人が今まで普通に可愛がっていたのに「どうにかしろ!」とか「保健所に連れて行くしかないんじゃないの?」とか言ってくるようになりました。 で、50万円かけて大きいネコの小屋作って夜は全部鍵も閉めて出られないようにしてます。 それで保健所が来ることになったのですが、私は捨てるとか考えられないのでホームページとか作ったり、自分のブログなどでも書いたりしようと考えたのですが 父は「来週来るのにそんなこと言ってる場合か!!」とめっちゃ怒られました。 母も「今じゃ社会情勢的に無理だろうね。 バカなんでしょうか。 何か解決する?って感じです。 去勢はすぐに済むのでやりました。 10匹くらいはまだ何もしていません。 うち、まさに被害者です。 あのですね、猫が増えただけでは苦情言いませんよ。 よほど猫嫌いでなければ。 うちの被害は糞尿です。 最近、子猫が産まれました。 最低です。 うちだけでなく、周辺皆様同様の被害に遭ってます。 専業農家の家なんて商売道具荒らされてたまったもんじゃありません。 いままで可愛がってくださっていたなら、みなさん幸いなことに善人ですね。 おそらく、糞尿被害もあったでしょうに。 ご近所付き合いが悪化しないように我慢してたんですよ。 うちの近所の皆様はいい人ばかりで険悪ムードにならないように我慢してるんです。 おたくの場合は、お父様の言動でご近所の方々の我慢の限界が来たんですよ。 自業自得です。 借金してでも手術してください。 長年、猫を多頭飼いしています。 ペットショップで買った1頭から、子孫が増えていきました。 猫が勝手に増殖したわけではないので、人間の意志で増やした以上は責任が伴います。 もちろん、完全室内飼いです。 御近所に御迷惑をお掛けしないよう、騒音対策や不妊手術も必要ですし、医療費も相当掛かります。 消臭対策のため、各部屋に空気清浄機を設置したり、ゴミの衛生管理や食事管理にも、お金と気を遣います。 苦情が出ないよう(最少限の苦情で済むよう)、日頃から御近所に挨拶や手土産を渡すようにしていますし、ペットを飼う上で「近所付き合い」は、重要なことだと考えています。 なので、質問者さんのケースは「身から出たサビ」のように思えてなりません。 行政関連の方から、お聞きした話ですが、「ペットに関する苦情」の大半は「近所付き合いのトラブル」が発端なのだとか。 寄せられたペットの苦情の内容は「鳴き声がうるさい」とか、「悪臭がする」など様々ですが、近所同士が険悪な関係になった時に「ペット」を理由に、苦情を寄せるケースが多いのだそうですよ。 今までは御近所も我慢なさっていたのか、あるいは「お互い様」と言えるような関係だったようですが、お父様との関係がこじれてしまってから、不満が噴出したようですね。 そうなると、争いに発展することにもなりかねません。 やはり、常識的に考えると、自分の所有しているペットを放し飼いにするという行為は、御近所に迷惑を撒き散らしているかもしれませんし、苦情を言われても仕方ないと思います。 その前に、外出自由にしている猫ちゃんたちは、今までに事故に遭ったり、怪我をしたり、不治の病に感染したことはないのでしょうか? 質問者さんと同様に、猫を愛する者として、私はそちらの方が心配です。 猫ちゃんたちの世話をきちんとできないのであれば、処分されても文句が言えない立場に立たされているのを認識した上で、御近所との関係を修復するしかないですね。 すぐさま引っ越して、関係を断ち切れるのなら話は別ですが…。 猫ちゃんたちを手放したくないのでしたら、外には絶対に出さないこと、不妊手術を徹底して、これ以上、数を増やさないことを、御近所に対しても明言する必要があります。 猫ちゃんの「小屋」の大きさは定かではありませんが、夜だけでなく、24時間、ここで暮らせるよう、臭いや騒音に配慮しつつ、できるだけ快適な空間にしてあげて下さい。 メス猫さんたちも、できるだけ早く避妊手術を施して、これ以上、数が増えないよう、外出禁止にすべきだと思います。 猫ちゃんたちの行く末と御近所関係の修復は、飼い主さんの努力次第だと思います。 頑張って下さい。 一般常識が無く自己中心的で自分達の感情で何の知識も無く無責任に猫を増やして、猫や近所の事を全く考えない迷惑一家ですね。 10匹以上の猫を放し飼いにしてたら近所との関係が険悪になって保健所呼ばれましたがどうすればいいですか?って… 一家揃って頭は確かですか? そりゃ1匹2匹なら許せますよ。 カワイイカワイイだけで猫を飼って無計画に増やし挙げ句の果てにそうなったのです。 あなたがた一家に飼われている猫が可哀想です。 避妊手術する金が無い、猫は手放したく無くない、近所とは仲良くしたい。 よぉーし猫専用の小屋を立てようって…アホですか? 小屋作ったってニャーニャーうるさいんですよ 50万あるなら全ての猫に避妊手術が出来る金額ですよ。 野良猫を保護している自分達に近所の迷惑も省みず、自分達は良いことをしていると酔いしれてませんか? 恥ずかしく無いんですか? 全ての猫に避妊手術をするか、保健所に引き取ってもらうか2つに一つです。 補足読みました。 雌猫優先で避妊手術をしたほうがいいと思います。 雄猫も増やしてしまうことには変わりないですが、 発情した雌猫がいなければ雄猫は発情しません。 里親募集についてですが、猫エイズ・猫白血病の検査はしておくというのが今では一般的です。 完全室内飼育にするほかないのではないでしょうか? ご近所に猫ちゃんが遊びに行くと、やはり苦情の原因になってしまいます。 夜だけではなく、全くお外に出さないようにしてあげることが必要なのだと思います。 保健所の方には外には出さないので。 といい飼育(里親探し)を続けるといったところでしょうか。 ブログに書いたり里親探しをしてみてもいいと思います。 但し、緊急ですなどは書かないようにしましょう。 里親詐欺に遭い易くなってしまいます。 お母様は無理だとおっしゃいますがやってみないことにはわかりません。 色々試してみてください。 そしてできれば保健所に連れて行かれないように努力をお願いします。 ちなみに保健所は野良猫ちゃんを捕獲することはしないはずなので、 質問者様宅の猫ちゃんももしかしたら連れて行かれないかもしれません。 一応行政指導みたいな感じだと思います。

次の

猫の糞に対しての苦情はどうしたらできますか?

猫 苦情

1 野良猫の糞やおしっこの近隣トラブル 野良猫の近隣トラブルでは、 庭の草木を掘り返されたり、庭で糞やおしっこをされる、車に足跡や毛がたくさん落ちていることなどがあります。 いくら猫が好きでも勝手に庭に入られてトイレ代わりに使われるとさすがに嫌になります。 地域で繁殖しどんどん増えていたり、近隣の住民が猫に餌付けしていると野良猫にとって住みやすい街になってしまいます。 野良猫は意外に行動範囲が狭くて、1キロくらいといわれています。 地域で猫の繁殖を抑えることが1番いいのですが、どのように対策したらいいのでしょうか。 2 野良猫の被害対策 野良猫の被害で1番何が嫌かというと、庭に入ってきて糞やおしっこをすることだと思います。 猫の糞は、はっきり言って臭いです。 しかも一度トイレにしてしまったら猫の習性上同じ場所でやるようになってしまいます。 糞やおしっこをさせないように対策することが大事です。 猫が庭をトイレと思ってしまっている場合、トイレではなく猫がそこにきたら嫌なことが起こると思わせるようにしましょう。 2-1嫌なことが起こると思わせる 猫が来たら、大嫌いな水をかけるといいでしょう(動物虐待にならない程度に)。 ただし、体温が低下し命の危険もあるので、あくまでも猫を嫌がらせるしましょう。 猫が来たら水が出てくるようにするのもいいでしょう。 2-2糞の臭いをしっかり消す 糞の匂いがあると、自分のトイレだと猫は思ってしまいます。 面倒ではありますが糞を取った後に漂白剤をかけて臭いがしないようにするといいでしょう。 漂白剤は庭の木や草に優しい成分ではないので、まくときには害がないか気をつけましょう。 2-3嫌いな臭いを庭にまく 猫は、柑橘系や酢の臭いが嫌いです。 苦手な臭いを庭にまくと猫は近寄りたくなくなります。 木酢液を猫がよく来る場所にまいたり、柑橘系の皮をぶらさげたり通り道に置いたりしましょう。 2-4 ゴミを荒らされないようにする 野良猫が生ゴミを漁っている姿はよくみられます。 野良猫の大事なエサとなっているので、ゴミの管理をしっかりしましょう。 エサがあるところによってくるので、ゴミを決められた時間に出す、 ゴミをネットで覆い荒らされない様にする、柵などで囲むなどの方法をとりましょう。 3 野良猫の駆除を保健所に頼む? 野良猫の被害に耐え切れず、野良猫を捕獲してもらいたいと思った場合はどうしたらいいのでしょうか。 2016-06-27 10:29 真っ先に思い浮かぶのが保健所だと思います。 犬の場合は、野良犬だけではなく首輪がついた犬も保健所に連れていかれます。 それは、狂犬病予防法により、狂犬病を防ぐために保護をしているのです。 しかし猫の場合、飼い猫が外に出ているのか野良猫なのかがわかりにくいため基本的に野良猫を保健所で保護や収容はしていないのです。 ただし、歩けないくらいの大怪我をしている猫や、生まれたての子猫で親猫が育てていない場合は保健所が保護します。 4 地域猫活動 最近では野良猫を地域の環境問題とし、野良猫を減らす取り組みが増えてきています。 地域住民、ボランティア、行政が協力することで野良猫の数を減らしていく活動です。 地域猫活動ではこのような取り組みが行われています。 ・繁殖を抑える 野良猫が今以上増えるのを防ぐために、避妊去勢手術を行います。 ・置きエサをしない 野良猫は、エサがある場所に寄ってきます。 エサの臭いに引き付けられてくるので、今まできていた猫だけではなく新しい猫もきてしまうのです。 ・糞被害の対策をする 地域全体で、野良猫の数を減らそうと取り組む場合には、猫のトイレを地域にたくさん増やしてあげると効果がでるでしょう。 プランターに土と、猫の糞、またたびを混ぜて猫のトイレを作ってしまいます。 トイレの場所をしっかり作ることで自宅の庭をトイレに使われることは減っていきます。 5 まとめ 野良猫を保健所に言って駆除してもらうことは難しいです。 まずは自分で野良猫が来ないように対策をとることが大事になります。 地域全体で野良猫を減らし、野良猫による糞やおしっこの被害がなくなるようにしていきたいものです。

次の