基本 的 人権。 5分でわかる基本的人権!自由権や社会権など全種類をわかりやすく解説!

基本的人権の尊重とは!その意味は?わかりやすく!

基本 的 人権

関連キーワード• 朝日新聞紙面に掲載されている用語解説から関連するものをお届けします• 日本国憲法 (2014年05月02日 朝刊) 敗戦後、連合国軍総司令部(GHQ)最高司令官マッカーサー元帥から指示を受けた政府がGHQと折衝を重ねて草案を作成。 議会が修正を加えた。 1946年11月3日公布、47年5月3日施行。 のちに公布日は文化の日、施行日は憲法記念日となった。 前文と11章103条で構成。 天皇を象徴とし、国民主権、 基本的人権、戦争放棄、男女平等や表現の自由の保障、憲法が最高法規であることを規定した。 在外選挙制度 (2012年02月10日 朝刊) 在日韓国人らが2004年、国政選挙権が認められないのは 基本的人権の侵害と訴え、07年に韓国の憲法裁判所が違憲と判断。 09年に公職選挙法改正案が可決され、4月の総選挙から導入される。 日本の国立国会図書館の調べによると、在外選挙制度は日本、米国、英国、ドイツ、フランス、カナダ、イタリアなどにも設けられている。 日本の場合、10年7月の参院選比例区では推定有権者約84万9千人に対し、実際に投票したのは3%だった。 風俗業を巡る橋下氏の発言 (2013年05月19日 朝刊) 橋下氏は13日、沖縄県の米軍普天間飛行場で今月初めに司令官に会った際、米兵の性犯罪対策として「法律の範囲内で認められている中で、性的なエネルギーを合法的に解消できる場所は日本にあるわけだから、もっと真正面からそういう所(風俗業)を活用してもらわないと、海兵隊の猛者の性的なエネルギーをきちんとコントロールできないじゃないですか」などと述べたことを明らかにした。 これに対し、米国防総省の報道担当者は「ばかげている」と非難。 橋下氏は16日、「不適切だったことは間違いない。 米国のとらえ方とか宗教的な価値観とかそういうところで、そのワード(風俗業)を出すのは不適切だった」と認めた。 一方で謝罪や発言撤回はせず、「(米国に)沖縄県民の 基本的人権もしっかり認識してもらいたい」などと求めている。

次の

基本的人権(きほんてきじんけん)の意味や定義 Weblio辞書

基本 的 人権

弁護士による法律相談のご予約は 042-512-8890 日本国憲法における基本的人権の保障 憲法原理において最も重要な事項は,いうまでもなく,することです。 人権保障規定・権利章典のない近代憲法はあり得ません。 日本国憲法でも最も重要な原理は基本的人権の保障であり,実際,日本国憲法第三章において詳細な人権のカタログを規定しています。 日本国憲法にも,まだ規定が不足していると言われる部分はありますが,しかしそれでも,近代憲法の基本とされる人権はほぼ全て網羅しており,人権保障条項として非常に充実しているといえるでしょう。 そのため,人権のうちで最も根本的なものは,国家権力による制約を受けずに自由に思想し行動できる権利,すなわち「自由権」です。 この自由権には,精神的自由権,経済的自由権,人身の自由があります。 精神的自由権 精神的自由権とは,個人の内心における精神的活動やその精神的活動の外部的表徴行為の自由を保障する人権です。 最も重要な人権といってよいでしょう。 日本国憲法においても,以下の精神的自由権が保障されています。 思想・良心の自由(19条)• 信教の自由(20条)• 表現の自由,集会・結社の自由(21条1項)• 通信の秘密(21条2項) 経済的自由権 経済的自由権とは,私人の経済活動の自由を保障する人権です。 日本国憲法においても,以下の経済的自由権が保障されています。 職業選択の自由,居住移転の自由(22条1項)• 外国移住の自由,国籍離脱の自由(22条2項)• 財産権(29条) 人身の自由 人身の自由とは,正当な理由なく個人の身体を拘束されないことを保障する人権です。 日本国憲法においても,以下の人身の自由が保障されています。 奴隷的拘束・苦役からの自由(18条)• 適正手続を受ける権利(31条)• 不法な身体拘束からの自由(33条)• 理由の告知・弁護人依頼権を与えられなければ抑留・拘禁されない権利,正当な理由なく拘留されない権利(34条)• 令状がなければ住居侵入・捜索・押収されない権利(35条)• 拷問・残虐な刑を受けない権利(36条)• 公平な裁判所の迅速な公開の刑事裁判を受ける権利,刑事被告人の証人審問権,弁護人依頼権(37条)• 自己に不利益な供述を強制されない権利(38条)• 刑罰を遡及されない権利,二重の危険を受けない権利(39条) 参政権 日本国憲法では,国家権力への自由を認め,国民主権を原理とし,民主主義を採用しています。 参政権は,民主主義の根幹をなす人権です。 すなわち,参政権とは国政に参加する権利のことをいいます。 日本国憲法においても,以下の参政権が保障されています。 選挙権・被選挙権(15条1項)• 最高裁判所裁判官の国民審査権(79条2項)• 地方自治特別法の住民投票権(95条)• 憲法改正の国民投票権(96条1項) 社会権 現代福祉国家においては,国家による自由が保障されなければなりません。 国家による自由を保障したものが社会権です。 すなわち,社会権とは,社会において人間が人間らしく生きるための権利をいいます。 日本国憲法においても,以下の社会権が保障されています。 生存権(25条1項)• 教育を受ける権利(26条1項)• 勤労の権利(27条1項)• 労働基本権(28条) 受益権 受益権とは,国民が国家に対して一定の給付または行為を要求する権利です。 日本国憲法においても,以下の受益権が保障されています。 請願権(16条)• 国家賠償請求権(17条)• 裁判を受ける権利(32条)• 刑事補償請求権(40条) 法の下の平等・平等権 自由を真に保障するためには,平等が保障されていなけれなりません。 そこで,日本国憲法は,14条において「法の下の平等」が保障されています。 同条は,権利としての「平等権」も保障していると解されています。 包括的基本権・新しい人権 前記のとおり,日本国憲法ではさまざまな人権が保障されています。 しかし,時代の変化によって,それまでは人権として保障する必要がなかったものでも,新たに人権として保障すべき必要性が生じる場合もあります。 そこで,日本国憲法13条後段において規定されている幸福追求権を「包括的基本権」を含む権利として捉え,明文のない権利を「新しい人権」として保障するための根拠規定とすることができると解されています。 最高裁判例においても,以下のような権利が,新しい人権として保障されていると解されています。 プライバシー権 基本的人権の保障(尊重)に関連するページ 日本国憲法において保証されている基本的人権の分類・種類についてより詳しく知りたい方は,以下の関連ページもご覧ください。 各種法律問題で弁護士をお探しなら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。 法律相談・ご依頼をご希望の方は【 042-512-8890 】からご予約ください。 当事務所にご来訪いただいてのご相談・ご依頼となります。 あらかじめご了承ください。 アクセス 最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分 駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

次の

生存権(せいぞんけん)とは

基本 的 人権

基本的人権とは? 自由の中で最も基本的であり、だれもが生まれながらにして持つ権利。 人権とは、人間が人間らしく生きる権利の事でそれぞれの幸福を追求する権利とも言えます。 1700年代の18世紀の人権の主な概念を 自由権といいます。 これは国家ができるだけ個人に介入しない、国家の不介入を求める人権です。 この意味で「国家からの自由」と表現しています。 当時のヨーロッパでは絶対王政の下、国王が神に与えられた権利として法を制定する事が可能で、国王が法を自由に利用して国民を支配していました。 これを「」と言います。 国王が統治する国の支配から逃れるために国民は市民革命を起こして、自分たちの自由を手に入れました。 そうしてできあった政治制度がであり、民主主義には人権の尊重という基本原則があります。 参政権とは選挙に参加する事ですが、自分で立候補したり、候補者に投票したりできる権利です。 憲法を改正する時も国民が投票する国民投票の権利なども参政権に当たります。 1,900年代の20世紀の人権の主な概念は 社会権です。 19世紀以降、産業革命により工業化が進み、世界中で貧富の差が拡大しました。 一部の資本家と多数の労働者によって社会が成り立っており、資本家は労働者に重い労働を強いるようになっていました。 この状態を放っておいたら、労働者の権利は保障されません。 そこで、生まれたのが社会権という権利で、国家の個人に一部介入をしてこの社会的な不平等をなくそうと考えたわけです。 国家の介入という点で「国家による自由」と定義できます。 社会権を世界で初めて規定したのが1919年ドイツのワイマール憲法です。 1960年にはアフリカの国々が次々とヨーロッパの国から独立しました。 カメルーンやコンゴなどの国も1960年に独立国になり、一気に26か国が独立しました。 1948年世界人権宣言 1948年の第3回国際連合総会にて世界人権宣言を宣言しました。 しかし、こちらはただの宣言であって、法的拘束力はありませんでした。 『人権を守りましょう』というものだったのです。 1966年国際人権規約 1966年の第21回国際連合総会にて、法的な拘束力がある国際条約が採択されました。 実際に発行されたのは10年後の1976年です。 国際人権規約にはA規約(社会権的内容)とB規約(自由権的内容)、そしてそれぞれの選択議定書から構成されています。

次の