発表 緊張 する。 緊張しても失敗しない!8つのプレゼンテクニック│オフィス×IT 株式会社ISID

プレゼンで緊張する3つの要因|KEE'S

発表 緊張 する

スポンサーリンク 人前で緊張して声が震えるのはなぜ? 自分のことは自分が一番理解しているつもりでも、自分をコントロールするのは難しいもの。 緊張すると声が震えたり、声が出なくなるなどの症状は、わかっていても自分ではどうすることもできないものです。 これは人に接するときや人前に立つときに極度に緊張してしまう 「あがり症 緊張症 」のせいだと考えられます。 この「あがり症 緊張症 」は、声の震え、声が出なくなるなどの症状の他、手足の震え、顔が赤くなる、どもる、汗をかくなどの症状がでることもあります。 これらの症状の出方は人によってさまざまで、声が震えるだけの人もいれば、複数の症状が一度に現れてしまうこともあります。 しかし、 緊張して声が震えたりすることは決して異常なことではありません。 人は誰しも緊張するもの。 多かれ少なかれ、誰にでも起きていることなのです。 声が震える原因は? 緊張すると声が震えてしまうという症状は、特に日本人に多い心の問題だそうです。 日本の学校教育は、小さいころから集団行動を重視する傾向にあるので、周りに合わせて動こうとする癖が付いてしまっているんでしょうね。 そしてその集団に馴染めないと、社会的に認められないといった風潮があるようで、それが不安の原因になり、緊張を煽ってしまいます。 欧米のように、小さい頃から学校で議論や発表の場が設けられていると、自己主張がハッキリして自分の個性にも自信を持つ人が多くなるんでしょうが、それでもやはり人それぞれ持った性格もあるので、一概には言えませんけどね。 その他にも声が震える原因は• 先のことを考えすぎて不安になる• 人前に出ることに対する不安• 相手が自分のことをどう思うか気になる• 自分に自信が持てない• 声が震えてしまうことに対しての恐怖心 などが考えられます。 主に対人恐怖の面が強いですね。 やはり、周りの目を気にしない、楽観的で前向きなタイプの人は、このような症状はあまりみられないです。 逆に真面目すぎる人やプライドの高い人、何でも完璧にこなしたい完璧主義者などの人が陥りやすい傾向があるようです。 私はどちらかというと前者のタイプですが、それでも全く緊張しないというわけではなく、症状が他人から分かりにくいというだけで内心は落ち着きがなかったり、心臓もドキドキして声がいつもより出しにくかったりします。 労宮 ろうきゅう 手のひらのほぼ真ん中、手を開いてから薬指を軽く曲げて指先がつく場所にあります。 この労宮を10回、ゆっくりと押したり離したりしましょう。• 神門 しんもん 手首の横じわの小指側の窪みにある神門。 ここを円を描くように親指で指圧しましょう。• 内関 ないかん 手首から指3本分下の腕の中央にある内関。 この内関を親指で強く押すと動悸が治まりリラックスできます。 普段から、こまめにツボを押してリラックスする感覚を掴みましょう。 「ツボを押せばリラックスできる」と体が覚えれば、いざというときにツボを押すだけで緊張を緩めることができるようになります。 ツボ以外にも 「斜め上を見上げて息を吐く」という行為も緊張緩和に効果的です。 息を吐く行為は、心をリラックスさせる副交感神経の働きを強くします。 単純な動作ですがとても効果的ですので試してみて下さい。 どちらも「これで必ず治まる」と暗示を掛けておくと相乗効果が期待できますよ。 まとめ さまざまなマニュアルや薬などの克服方法がありますが、まずは自分に合った、緊張の少ない環境を作ることも大事なことです。 緊張の少ない環境でマニュアルに沿った方法を実践したり、どうしてもという時だけ薬に頼ったりすることで、改善することもあります。 また、ツボ押しのような「リラックスの儀式」を作っておくのも良いでしょう。 プラシーボ効果(=偽薬効果。 実際に効果が無いものでもそう思うことで効果が出ること)も手伝って、声の震えを止めることが期待できますよ。

次の

初対面や人前で「緊張する人」と「緊張しない人」の違いとは?

発表 緊張 する

もくじ• 緊張すると震えるのはなぜ?? そもそもなぜ緊張すると声や身体が震えるのでしょうか。 緊張やプレッシャーで精神的ストレスを感じたとしても、なぜそれが震えに繋がるのか疑問に思う人も多いはず。 原因を知ることで震えを止める方法が見えてきます。 克服方法の前に、まずは緊張で震える時に身体でいったい何が起きているのかを見ていきましょう! 緊張による震えは自律神経の乱れが関係している! まず「自律神経」とは、私たちが自分の意志でコントロール出来ない部分の活動を担ってくれている神経のことです。 難しく聞こえるかもしれませんが、例として自律神経の仕事を挙げると、就寝中の呼吸・体温調節・内臓の働きのコントロール・発汗・血管の収縮・血液量の調整などです。 私たちは自分の意志で手足を動かすことは出来ても、身体の中身まで動かすことは出来ません。 このような人間の意識が届かない部分を、自律神経が24時間無休で働いて自動コントロールくれるおかげで、就寝中も心臓の動きや呼吸が止まることなく生命活動を続けることが出来ているのです。 自律神経は「交感神経」と「副交感神経」の2つで成り立っています。 人間の身体が活動する時(主に勉強・運動・労働をする時や、緊張感・危機感・恐怖感を感じた時)に交感神経が働き、安静時や夜などリラックスしている時に副交感神経が働くのです。 この2つの神経が完全にスイッチする訳ではなく、どちらかが少し優位になるというシーソーのような状態でバランスが保たれていると言われています。 しかし強いストレスを感じたり緊張状態が続くと交感神経ばかりが働き、副交感神経はお休み状態になってしまいます。 その結果自律神経のバランスが乱れてしまうのです。 自律神経が乱れると、身体には以下のような症状が表れます。 血圧の上昇• 手足の震え• 心拍数の増加• 声の震え• 身体に力が入る• 体温上昇• 呼吸が浅くなる ストレスは多過ぎても少な過ぎても身体に不調が表れます。 人前に立ったり初対面の人と話す時に緊張感・危機感・恐怖感を感じると交感神経が過剰に働き、自律神経が乱れて震えに繋がると考えられます。 副交感神経の働きを促すには、緊張を和らげリラックスすると効果的。 考え方ひとつ変えるだけで震えが止まる人もいれば、身体を動かすことで緊張が和らぐという人もいます。 これからご紹介する11の克服方法の中で、自分に合いそうなものがあれば是非試してみてくださいね! 震え克服方法1「深呼吸をする」 自律神経は私たちが意識できない部分を自動調整してくれる神経だとご紹介しましたが、自律神経が自動調整しているものの中で、唯一自分でもコントロール出来るものがあります。 それが「呼吸」です。 緊張で震える時は無意識に呼吸が浅くなっています。 人前で「あ~緊張する…」「震える…」と思った時に意識的にゆっくり大きく呼吸することで、副交感神経の働きを促すことが出来ます。 深呼吸にはリラックス効果もあるので、緊張を和らげて気持ちを落ち着かせることが出来るでしょう。 深呼吸のポイントは2つ…• お腹を凹ませながら口からゆっくり息を吐く• お腹を膨らませながら鼻から空気を吸う 深呼吸と言うと空気を大きく吸い込むイメージがありますが、緊張状態にある時の深呼吸で大切なのはまず息をしっかり吐くこと。 息を吐かずに酸素を取り込み過ぎると過呼吸になり、逆に苦しくなってしまいます。 また、息を吐く時も吸う時もお腹を意識することで自然と腹式呼吸をすることが出来ます。 緊張で震えを感じた時は、深呼吸で気持ちを切り替えましょう。 自分が話す前や、相手の話を聞きながらでも出来るのでオススメです。 震え克服方法2「ゆっくり話す」 緊張で震えると精神的な 余裕が無くなり、無意識に話すスピードが早くなります。 緊張で震える時ほどゆっくり話すことを心掛けましょう。 早口は相手が聞き取りにくいだけでなく、落ち着きの無い印象を与えてしまいます。 話すスピードを意識的に遅くすると落ち着きを取り戻して震えを抑えることが出来ますし、自分が何を話しているのか把握する余裕も生まれます。 ゆっくり話すことにデメリットはありません。 話すスピードを遅くすると呼吸も自然とゆっくりになり副交感神経の働きが高まる為、震えの克服にも繋がります。 冷静で落ち着いた印象を与えることが出来る上に、話に説得力と信頼感が生まれるでしょう。 震えるほど緊張している時は、自分の中で「ゆっくり過ぎるかな?」と思うくらいのスピードで話してやっと聞き手が聞き取りやすいスピードになります。 震え克服方法3「声を大きくする」 緊張で声が震えたり、なぜか裏返るような高い声が出て恥ずかしい思いをしたことはありませんか?これは、緊張で喉の筋肉に無意識に力が入っていることが原因として考えられます。 喉の筋肉に力が入ると空気の出口が狭くなり、声が高くなったり震えやすくなるのです。 克服するには喉を開ける必要があるのですが、意識すべきポイントは「声を大きくする」「低い声を意識する」この2つです。 「緊張で強張った喉の筋肉を解す」と聞くと難しく感じるかもしれませんが、2つのポイントを意識するだけで自然と筋肉の緊張が解れて喉が開きます。 なぜなら大きな声や低い声は、喉が開いていないと出すことが出来ないから。 気持ちひとつで喉の筋肉をコントロールすることは出来ませんが、声のボリュームを上げることと低い声を意識することで半強制的に喉の筋肉の緊張を解くことが出来るのです。 声の上ずりや震えの克服にも繋がるので是非試してみてくださいね。 震え克服方法4「背筋を伸ばす」 緊張するとつい身体に力が入り、無意識に姿勢が悪くなりがち。 丸まった背中はあなたを小さく見せ、相手の目には自信が無さそうに映るでしょう。 緊張で震える時ほど意識的に背筋を伸ばして、美しい姿勢を保つことをオススメします。 内面がどんなに焦っていても、震えるほどの緊張状態にあったとしても、見た目は演じることが出来ます。 姿勢が良いと堂々としているように見えますし、背筋を伸ばすと不思議なことに本当に自信が湧いてくるのです。 良い姿勢を意識して損をすることはありません。 お腹に力が入りハリのある声が出やすくなるだけでなく、空気の通り道も真っ直ぐ保てるので楽に呼吸をすることが出来ます。 呼吸が楽になれば副交感神経の働きが高まり、震え克服にも繋がるでしょう。 しかし意識した一瞬は姿勢が良くなっても、すぐ元に戻ってしまうの注意。 特に現代人の多くはスマートフォンやパソコンに向き合う時間が長く、知らず知らずのうちに猫背になり首が前に出た状態で凝り固まってしまっています。 習慣で身に付いた姿勢を、人前に出る時だけ良い状態でキープするには相当強く意識する必要がありますし、何より疲れてしまいますよね…。 大切なのは普段から意識して背筋を伸ばすこと。 普段から心掛けることで、自然に姿勢維持に必要な筋肉が鍛えられます。 綺麗な姿勢が身に付けば、緊張状態でも難なく維持することが出来るようになりますよ。 震え克服方法5「動きを大きくする」 震えている時に動くと余計に震えが目立ってしまいそうですが、実は緊張で震える時ほどボディーランゲージがオススメです。 震えは筋肉が強張っている時に起こりやすく、身振り手振りなどのボディーランゲージで身体を動かすと上手く筋肉の緊張を解すことが出来ます。 血行が良くなりリラックスする効果もあるので、緊張が緩和されて震えも抑えられるのです。 震えが止まるだけでなく、話に身振り手振りを加えることで表現力が高まり、聞き手が引き込まれる様な分かりやすい話し方になるので一石二鳥です。 震え克服方法6「口角を上げる」 緊張した時ほど笑ってください!…と言っても、震えるほど緊張している時に笑う余裕なんてなかなかありません。 そんな時は、ただ口角を上げるだけでOK。 緊張状態で自然に笑うことが出来なくても、口角を上げるだけで脳は笑っていると勘違いし、楽しくなる・気分が上がるホルモンを分泌してくれるのです。 偽で作った笑顔が本当の笑顔に変わるだけでなく、リラックス効果もあるので自律神経のバランスを整えることが出来ます。 緊張で震える時ほど、無理矢理にでも口角を上げましょう! 震え克服方法7「落ち着こうと思わないこと」 震えを止めようと落ち着こうとすると、逆に焦りが増して震えが悪化したという経験はありませんか?心の中で「落ち着いて…落ち着いて…」と言い聞かせるのは逆効果。 落ち着こうと言い聞かせることは、自分は緊張しているということを繰り返し確認しているようなもの。 これでは益々緊張して震えが止まらなくなってしまいます。 無理に落ち着こうとするのはやめて、まずは緊張を受け入れることが大切です。 自分以外の人が上手くやっているように見えたとしても、人前で緊張するのは絶対にあなただけではありません。 「緊張するのは仕方ない」と自分の緊張を受け入れて、深呼吸などリラックス効果のある行動を取りましょう。 ボディーランゲージや姿勢を良くしたりと具体的に緊張を解す行動を取る方が、「落ち着け」「震えよ止まれ」と言い聞かせるよりも確実に気持ちを落ちるかせることが出来ます。 緊張を一旦受け入れて行動を起こし、 積極的に震えを止めにかかりましょう。 震え克服方法8「すぐに震えが止まらなくても気にしない」 たとえすぐに震えが止まらなくても気にしないようにしましょう。 緊張で震えることは悪いことばかりではありません。 相手に心配されることもあるかもしれませんが、一生懸命さが伝わります。 緊張したことのない人なんていません。 緊張しても震えても、胸を借りるつもりで思い切って話すことが大切です。 震えが止まらないことを気に病んで、暗い雰囲気を纏う方がよっぽど印象を悪くしてしまいます。 震えながらも一生懸命話そうとするうちに場の空気に慣れ、自然と震えが止まっていることに気が付くでしょう。 まとめ もし緊張で震えたとしても、副交感神経の働きを促す効果のある行動が分かっていればその場で震えを抑えることが出来ます。 今回ご紹介した克服方法8つは難しいものではありません。

次の

緊張する理由と、2つの対応法

発表 緊張 する

1.練習すれば、人前で話すときの緊張は克服できる 練習するためには時間が必要 「発表課題の練習が足りない……」激しい緊張は 練習不足が原因になりがちです。 自信が持てない行動は、できるかどうか不安なため、 劣等感を刺激しますよね。 「バカにされたくない」と感じてしまったら、必要以上に 他者の視線が気になりだす。 他者の視線を気にしすぎると、 雑念に心を支配される。 結果として集中するべきタイミングで 注意力が散漫になってしまうでしょう。 練習不足を解消するために、いちばん大切なことってなんでしょうか? 十分に練習することですよね(当然ですが)。 そのためには 時間の確保が必要なのです。 時間の確保のためにできることをいくつか例に出してみましょう。 重要度の低い仕事はしない• 効率の良い時間運用を心がける• 計画的に遊ぶ 重要度の低い仕事はしない 仕事や課題を多く抱えることが悪いとは思いません。 しかし それほど重要ではない仕事に時間を取られてしまうと、集中すべき課題を練習する時間がなくなる。 自分にとって重要でない仕事は、やる気を出すのが難しく、 不満の原因になるでしょう。 結果としてストレスがたまり、 精神状態が悪化してしまいます。 自分の仕事量を自己管理し、他の人でもできる仕事は、 手が空いている人に振り分けるなどの対応を取りたいところです。 効率の良い時間運用を心がける 人に与えられた時間は誰しも平等に24時間あります。 つまり時間を増やす努力はできない。 よって練習をたくさんするためには 効率的な時間の運用を意識すればいいですよね。 今日も先延ばしをしてしまった。 期限は刻々と迫っている。 「やらなきゃ」と気持ちは焦り、できない自分の不甲斐なさを憎む……。 本当に多くの人が課題を先延ばしにする悪癖に悩んでいます。 もちろん早く取り掛かっ... 計画的に遊ぶ もし時間があっても、するべきことをないがしろにしては意味がありません。 確かに遊びで得られる快感は、ストレスを減らしてくれるでしょう。 しかし「薬も過ぎれば毒となる」というように、遊び過ぎは練習時間を減らすどころか、 ストレスをためる原因になる。 僕は小学生の頃「ゲームは一日一時間」と母に決められていましたが、大人になった今は誰かが律してくれるわけではありません。 「遊ぶ」という行動を自己コントロール下で制御してストレスを解消すれば、生産的な活動のエネルギーにできます。 しかし 無理に遊ぶ必要は決してない。 そのぶん練習したほうがもちろん適切でしょう。 と思うのだが、仕事帰りのだるさに負けて今日も先延ばしをする。 わざわざ初めたことなのに中途半端に止めてしまうのは情けなく感じる。 そして自分を信じられなくなった……。 初めから負担が強いチャレンジをする... 2.不安に慣れる練習をし、緊張を克服する 実際にあなたが傷つくわけではない そもそも緊張はターゲットに対して 一点集中するために、余計な情報を遮断する効果を持ちます。 一点に集中できると行動の精度が高まるので、やはり 緊張は必要なことなのです。 しかし不安という雑念が思考を支配すると、集中できなくなる。 「集中しなきゃ」と 焦ってしまうと、さらに思考が混乱する……。 結果として頭は真っ白になり、体がぎこちなくなる状態、 過緊張におちいってしまいます。 つまり緊張が悪いのではなく、 不安に心を奪われるのが問題なのです。 不安は心を落ち着けることにより、いくらかは軽減できる。 他の記事で心を落ち着ける方法をいくつかご案内しました。 本番前に緊張をほぐす方法• しかし対処療法では限度があります。 根幹的に焦りを生まない心を育むためには、 不安に慣れる習慣を持ちましょう。 ではどうしたら不安に慣れられるのか? 積極的に不安と接していけばいいのです。 実のところ不安というのは 取り越し苦労である場合が多い。 例えば多くの幼児はオリの中にいるライオンから威嚇されると、恐怖を感じて泣き出してしまいます。 一方で大人は多少の恐怖を感じるでしょうが、おびえて逃げ出すことはありません。 大人はオリの 安心感を知っているため、安定した精神を保てますよね。 つまり不安に慣れるというのは 「この問題では自分が傷つくことはない」と理解することです。 不安を受け入れるイメージトレーニング 大勢の人に向けて、スピーチをすると考えてください。 あなた一点を見据える1000以上の目、無表情の500の顔。 想像するだけで手に汗を握り、胸が苦しくなる。 しかしここは想像の中です。 あなたが 本当に傷つくことはない。 カンペを持ち、落ち着いて課題を発表してください。 大事なポイントに抑揚をつけて、言葉を紡ぐ。 次第に1000の目は2つずつ目尻が下がり、500の表情が笑顔に変わる。 自分の言葉に集中して、思いを告げた結果、なんと共感を得られたのです。 一方で顔を背けてつまらなそうにしている人が、ちらほらいます。 そんな人を見てどう感じるのか? 「この人には合わない内容だったんだな」と諦めらめればいい。 だって自分のメッセージがすべての人に通じるわけがないと分かっていますよね。 このように 本番をイメージして練習に取り組むだけで、不安の取り越し苦労を理解できます。 またイメージトレーニングよりも、 模擬練習の方が効果は高い。 数人の頼れる人に向けて発表の練習をするだけで、現実的な反応が確かめられます。 発表の内容やテクニックに対してもフィードバックをもらえれば、技術の向上につながるので、一石二鳥ですよね。 むやみに練習しても効果が低い。 本番を想定して課題の練習に取り組みましょう。 「……が問題なんですね。 ……あっ、B(私)さん、これについては意見がありますか?」 そう 前触れなく名指しされると「えっ私?」と驚きはしますが、とりあえず答えるしかありません。 がんばって言葉を探し、なんとか発言を終えてホッと一息つけます。 つまり発表を予期したら緊張して、 予期しなかったら緊張しにくいわけです(中には予期せず当てられて急激に緊張する人もいるでしょうが)。 発表を予期していないときは、 講義に意識が向いています。 自意識はなく、学びに向かう姿勢になっているんですね。 発表の対策をせず自然体でいる 一方で 発表を予期すると自意識過剰になってしまい、緊張が高まってしまう。 では誰かに当てるような空気感になったとき、 身構えないためにはどうすればいいのでしょうか? 発表の対策をしなければいい。 行き当たりばったりの 自然体を意識すれば、緊張は防げるんです。 自然体と言われてもなかなか難しいですよね。 また準備しないと 失敗しそうで怖いでしょう。 しかし以下の2つのことを意識すれば、自意識過剰にならず、自然体でいられます。 「分かりません」と言う選択肢を持つ• 意識を他者に向ける 「分かりません」と言う選択肢を持つ いきなり当てられるのですから、 分からなくて当たり前なのです。 確かに質問されてすぐ内容の深い答えを言えれば、かっこよいと思えます。 しかし熟考してから答えを出しても、アイデアは見つかる。 すぐに答えることではなく、 アイデアを思い浮かべる結果が重要なのです。 つまり分かっていないなら、 無理してかっこつけようとせずに、「分かりません」といえばいい。 周りの受講生や講師が分からないことをバカにするような人なら、「精神的に未熟な人たちに遭遇して運が悪いな」くらいに考えます。 古代ギリシャの賢人ソクラテスは「分かっていないのに分かっているというのは愚かだ」という旨を信念として持っていました。 その意味で捉えると、分からないという答えは、1つの 正解かもしれません。 もちろん意見交換の場では発言したほうが議論は活発になるので、なにか言ったほうがいいかもしれません。 その場合は「まだよく分かっていないのですが……」と前置きした上で、 頭に浮かんだ気づきをそのまま話せばいいでしょう。 ズバッと確信を付く必要はありません。 ふとした一言から問題解決が進展することは、しょっちゅうあります。 見落としが多い 気づかいができない 発想力が貧困 ……これらはすべて気づきが少ないから発生する問題です。 しかし 注意深いけれど、発想力がない人 おっちょこちょいだけれど、気が利く人 のように得意な気... 意識を他者に向ける 前述したように、自分に意識が向いていると激しく緊張しやすいですよね。 よって 意識を他者に向けていれば、緊張しにくいという仕組みがあります。 他者に意識を向けるためにはどうしたらいいのでしょうか? 深呼吸をしながら、他者の様子を観察すればいい。 つまり落ち着いて、 対象に一点集中するのです。 名指しされるような空気感が漂い始めたら、まずは自分の呼吸を意識します。 息を吐ききり、おなかと胸がいっぱいになるまで鼻から息を吸い、吸った息を2倍の時間をかけてゆっくりと鼻から(または口をすぼめて)吐ききります。 詳しい深呼吸の方法: 深呼吸を続けながら、 他者の様子を観察してください。 講師の様子でもいいし、先に当てられて答えている人の話に聞き入ってもいい。 そうして 意識を一点に集中します。 人は同時に一つのことしか考えられません。 心を落ち着かせながら他者への集中を維持できれば、 自分の意識は不安に向かなくなるでしょう。 おさらい もし「練習をしよう、でも時間がないから明日にしよう」と 先延ばしをしていたら、自分のパフォーマンスに自信が持てない。 そのため緊張だけではなく、うまくできない焦りも生まれ、 結果は散々になるでしょう。 しかし無計画に練習しても緊張はほぐれません。 不安があるから緊張が激しくなる。 心に居付いた不安を治めるためにも、 本番さながらのシミュレーションをしたほうがよい。 シミュレーションでも1つの経験です。 経験豊富な行動をするときは、それほど緊張しません。 また講師が「さあ発表してもらおうかな」と空気を変えたら、あがり症の人は耐えられないほどの緊張を感じる。 しかし前触れがなく指名されたら、案外あがらないものです。 つまり 自然体でいれば緊張しません。 自然体でいるためには、 12月31日まで無料!傾聴サービスはじめました 理解されない苦しさに、耳を傾けてお話しを聴きます。 なぜ愚痴を言いたくなってしまうの? 私の苦しみをわかってほしい!そう無意識で感じているかも。 一方で身の回りの人には愚痴を話す気になれないと感じていませんか。 そのもやもやは受け止めてもらえない「もどかしさ」 寂しい。 話がしたい。 苦しみを理解してほしい。 私を認めてほしい……そんな願いは不適切なの? 安心して話ができる場所 認められることで人は安らぎ、意欲がわき、前向きな行動が増える。 そして精神的成長に繋がります。 人が成長すれば社会も成熟に向かいます。 認め合うことは社会的に正しくあるのです。 しかし他者を理解し認められる人は思った以上に少ない。 安心して心を開ける相手が、欲しいのではないでしょうか。 カウンセラーができること 辛い思いを抱える人の声を聴き力になりたい。 そう思って私は電話相談室を開設しました。 私も過去にメンタル不調を抱え、理解されずに長いあいだ辛く感じていました。 しかし新しい出会いを経て私は立ち直っていく。 私を立ち上がらせてくれた要因はなんでしょうか? 仲間がありのままの私を認めてくれたことでしょう。 この経験がきっかけとなり心理学に目覚め、傾聴のトレーニングを積み、話を聴くプロになれました。 自分の深いところまで理解されたと感じられたら、心が浄化した感覚が生まれます。 私はあなたが伝えたいことに積極的に耳を傾け、科学的に証明された技法を用いて本気で理解に取り組みます。 あなたという存在を無条件に認めて、心のありようを、裏表のない態度で傾聴します。 どんなサービス? 私の電話相談室は、カウンセリングではありません。 気軽に話してみたいというお気持ちに答えるサービスです。 もちろん複数回の利用は可能ですし、必要なら継続的な心理カウンセリングに移行できます。 私の傾聴サービスは、話し手(あなた)が伝えたいこと(無意識的なものも含めて)に焦点を当てて聴いていきます。 占いなどのスピリチュアルな手法ではありません。 産業カウンセリングで培った科学的な傾聴手法でお話を伺います。 人間関係の悩みや愚痴を聴いてほしい• 将来への不安• やる気がわかない• 理想の自分と現実のギャップが苦しい• 誰かと話したい カウンセラーには守秘義務があります。 話したことは他言しませんので、ご安心ください。 申込みフォーム.

次の