スピンロトム。 スピンロトム育成論 : 積みアタッカー+DM枯らし+受け崩し|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ロトム (スピンロトム)

スピンロトム

7月からのシーズンのレギュレーションが発表! 鎧の孤島の情報をチェック! ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド におけるスピンロトムの育成論と対策について掲載しています。 スピンロトムのおすすめ技や性格、もちものについてなども記載しているので参考にしてください。 スピンロトムの特徴 ダイマックスで大幅強化 ロトムのフォルムの中でもかなりマイナーなスピンロトムですが、 ダイマックスとの相性がよく強力です。 ダイマックス後のダイジェットは素早さを1段階上げる効果を持っており、 最速にすることで全抜き性能を高めることができます。 他のロトムと違い「かたやぶり」を持つポケモンにじめんタイプの攻撃を受けないという優位点があります。 持ち物と型が豊富 ロトムは持ち物の種類と型がとても豊富で、 選出画面で読まれづらく、それぞれのパーティに合わせた持ち物を持たせられることが特徴です。 サイクル性や対面性を重視したこだわりメガネやこだわりスカーフ、ダイマックス時に抜き性能を向上させる命の珠、耐久力を高める回復木の実、とつげきチョッキなど読まれづらい豊富な戦い方をすることができます。 わるだくみ・みがわりで耐久ポケモンにも強く、有利な対面でわるだくみを積むことができればダイマックスすることで相手に大ダメージを与えることができます。 火力を底上げできる命の珠や耐久力を高めて場持ちをよくすることができるたべのこしや回復木の実が持ち物の候補となります。 高い素早さからのボルトチェンジはとても強力で、対面不利なポケモンから交代することや、相手の交代に合わせて使うことで再び有利な対面を作り出すことができます。 また、こだわりスカーフトリックはとても強力で相手の受けポケモンの行動を制限させることができます。 ボルトチェンジで攻撃しながら裏のポケモンに交代するなど サイクル性や対面性を重視した型となっています。 こだわりメガネを持たせることで相手に多くの負荷を与えることもできます。 より耐久力を高めることができる回復木の実やとつげきチョッキを持ち物の候補にすることができ、裏のサポートをする場合にはおにびやほうでんなどを採用することもできます。 スピンロトムのおすすめ技考察 おすすめ技と詳細一覧 わざ 考察 ・で習得 ・攻撃と交代を同時に行える便利な技 ・により習得 ・タイプ一致のひこう技 ・で習得 ・居座りながら攻撃ができる電気技 ・レベル50で習得 ・10まんボルトより威力が下がる代わりに3割で麻痺にできる。 おにびとの同時習得は非推奨 ・で習得 ・環境に多いミミッキュやドラパルトへの有効打 ・で習得 ・おにびを採用する際の選択技 ・45Lvで習得 ・こだわりスカーフなどを受けポケモンにトリックすることで機能を制限できる ・で習得 ・で習得 スピンロトムのおすすめもちもの おすすめもちもの一覧 もちもの 考察 特殊アタッカー型で相手に高負荷を与える スカーフ型で相手の上を取るため。 トリック用にも 体力を回復させて場持ちを良くする 特殊アタッカー型で採用。 特殊攻撃に対して強くなる スピンロトムの対策 注意点 豊富な型により選出画面での判断が難しいことに加え、ボルトチェンジによるサイクル性能やダイマックスによる抜き性能が非常に強力であるため、でんき・ひこうを今ひとつにできるポケモンやこだわりスカーフ、きあいのタスキを持ったポケモンを選出するなどして対策をしましょう 対策方法 おすすめ対策ポケモン ポケモン 詳細 一致技を両方半減にすることができるため有利に攻撃し合うことができます。 こちらのロトムの型次第では相手のトリックが痛手になりづらいです。 臆病ロトムのダイジェットを耐えることができ、スカーフを持ったヒヒダルマであれば上から氷タイプの技を撃つことでダイマックス後のロトムでも倒すことができます。 型によって厳選する性格や特性が異なる場合がありますので、上記の育成論の型ごとの表を目安の一つにしてください。 個体値に関して、理想は攻撃を除く5V。 複数ステータスがVの個体は比較的入手しやすく、厳選のハードルは以前と比較してもかなり低めとなりますので、理想個体を目指して孵化厳選を進めましょう。

次の

スピンロトム

スピンロトム

特性は共通してふゆうだが、タイプ相性によってじめん技が効かないため、特性はあってないようなもの。 (みずびたしを受けてもじめん技が効かない、かたやぶりじしんを受けない等、些細な違いはある) また、FC時に習得する技も他のFCロトムが威力100超の大技を習得するのに対してエアスラッシュと軽装備。 第七世代ではZクリスタルの登場により、他ロトムとの火力差は更に広がってしまった。 一方でエアスラッシュはZワザ化しなくても使い勝手が良く、耐久型でも採用しやすいメリットがある。 でんじはとの相性も良い。 でんき・ひこうタイプとしてみるとトリックやおにびなど独自性の強い技がいくつかあり、 特性の差だけで同タイプのやの劣化になることはない。 エアスラッシュはやも覚えるが特攻で勝る。 最新世代の考察はに、 前世代の考察はにあります。 性能安定。 雨やZクリスタルとあわせて。 攻撃しつつ麻痺撒き。 ボルトチェンジ 電 70 105 100 自分交代 タイプ一致技。 攻撃しつつ撤退可能。 スカーフなら怯みを狙える。 おにびやでんじはとあわせて。 スカーフなら怯みを狙える。 タスキ潰しなどへ。 相手の変化技に注意。 めざめるパワー - 60 100 - 4倍狙いで炎・氷など。 変化技 タイプ 命中 備考 おにび 炎 85 物理アタッカー対策。 同族では自身のみ。 でんじは 電 90 サポート用。 地面は呼びにくいが、電気やひらいしん等に注意。 エアスラッシュと相性が良い。 トリック 超 100 メガネやスカーフとあわせて。 メガストーン・Zクリスタルには無効。 リフレクター 超 - サポート用。 味方の物理耐久を強化。 ひかりのかべ 超 - サポート用。 味方の特殊耐久を強化。 ねらいのまとを地面タイプに押し付けてやれ! をでんじはで麻痺させたり、を10万ボルトで抜群を取れたり出来るぞ! あとは、を毒毒で弱らせたり、にいたみわけも出来るぞ! ねらいのまとのおかげで、めざぱ氷でなくとも地面とやりあえるのもメリットか さあ、みんなもねらいのまとを持たせたスピンロトムで、ランダムマッチに潜ろう! あれ…? これ……ネタ? ねらいのまとは、無効タイプがなくても普通に持てる。 あしからず。 残念ながらねらいのまとの使い勝手は他のロトムでも変わらない 浮遊で地面無効、トリック+電気 あえてスピンでやる理由を挙げるなら「エアスラより10万のほうが火力がある 電気が最大ウエポンになりやすい 」ことと、「地面相手にまひるみ出来る 岩技飛んでくるけど 」ことだけ。 対スピンロトム• 注意すべき点 他の電気・飛行と違いおにびやトリック等でトリッキーに動いてくる。 フォルムチェンジで習得するエアスラッシュも、威力は低いが命中率や追加効果は優秀。 こだわりスカーフを持たせたりでんじはと併用したりで行動不能を狙える強力な一致技に。 対策方法 他のFCロトムと違いかたやぶりじしんは通らないが、岩や氷の特殊技ならかなり楽に落とせる。 物理アタッカーで対処する場合はラムのみ持ちだと確実性が増す。 覚える技 レべルアップ 4th 5th 6th SM 技 威力 命中 タイプ 分類 PP - - 1 ほうでん 80 100 でんき 特殊 15 - - 1 じゅうでん - - でんき 変化 20 1 1 1 トリック - 100 エスパー 変化 10 1 1 1 おどろかす 30 100 ゴースト 物理 15 1 1 1 でんじは - 90 でんき 変化 20 1 1 1 でんきショック 40 100 でんき 特殊 30 1 1 1 あやしいひかり - 100 ゴースト 変化 10 8 8 8 さわぐ 90 100 ノーマル 特殊 10 15 15 15 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15 22 22 22 でんげきは 60 - でんき 特殊 20 29 29 29 あやしいかぜ 60 100 ゴースト 特殊 5 36 36 36 みがわり - - ノーマル 変化 10 - 43 43 エレキボール - 100 でんき 特殊 10 - 50 50 たたりめ 65 100 ゴースト 特殊 10 43 57 57 じゅうでん - - でんき 変化 20 50 64 64 ほうでん 80 100 でんき 特殊 15 技マシン No.

次の

スピンロトム育成論 : 積みアタッカー+DM枯らし+受け崩し|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

スピンロトム

基礎データ 図鑑 No. 479 英語名 Rotom 分類 プラズマポケモン 高さ 0. 3m 重さ 0. 小さな丸い身体にとんがった頭頂部を持ち、を思わせる薄緑と白のオーラ状のもので体中が覆われ、両側からは手の様な形で雷マークが飛び出している。 移動する際には、青い軌跡を描くのが特徴。 分類の通り 100%で構成された身体を持ち、の中を移動したり、あらゆるの中に潜り込んで操作する事が出来るというとんでもない能力を持っている。 頭の軽い者が多い種族であり、特に家電品に入り込んで故障や暴走等のトラブルを起こす悪さを好んでいる。 第8世代の図鑑によれば、、、、と中々シャレにならないイタズラをしでかす事もあるらしい。 2019年9月には公式サイトすら標的とし、情報の開示を数日間遅らせるという相当変わった演出が成された。 電化製品のある、廃屋や粗大ゴミ置き場などに住み着いている事が多い。 まぶたが無いらしく、瞬きもしないし眠らせても目を閉じない……と、思われていたが「」にて普通に目を閉じたり目つきを変えたりできる事が判明。 しかしゲーム内で戦わせられるロトムの目は依然として変化しない。 の個体は赤っぽい体色。 通常個体ではフォルムに依ってプラズマの色が違うが、色違い個体は一様にオレンジ色である。 ゲーム上の特徴 フォルム HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計 通常形態 50 50 77 95 77 91 440 その他形態 50 65 107 105 107 86 520 上昇値 0 15 30 10 30 -5 80 特攻と素早さがやや高めな所以外は、全体的に低めのステータスである。 でんきタイプでは珍しくを無効化できる。 タイプの組み合わせから、飛行技と格闘技をメインにするやを安定して受けられる数少ないポケモン。 しかしHPはかなり低いので、特攻か素早さに振る努力値の分を回して耐久を高めたい。 補助技に長けており「」「」「」「」「」などが有力候補。 攻撃技は「」「」「」辺りが有力。 当初はしか入手できなかった為、その時の戦闘BGMもあって勘違いするユーザーもいるが、 ロトムはではない。 事実は未発見ではなく 不定形であり、 タマゴでロトムを増やすこともできる。 なのでメタモンが必要だが。 第5世代ではとある場所でと交換して入手できる他、『』では「あれはてホテル」で毎週火曜日にゴミ箱を漁ると野生が出現する。 『剣盾』では逆鱗の湖の向こう側に豪雨の日に姿を現す(非固定シンボル)。 要は 複数匹同時出現もありえるということで、ばりの高速移動でわらわら迫ってくることもある。 では、と共に強力なポケモンと言われている。 その理由はレベルアップが早く、さらに早い段階で強力なタイプ一致技が使えること、通過移動が出来ること、攻撃範囲の広いタイプ一致技 、 を自力で覚える点が挙げられる。 また、ポケダンではタイプ相性の無効が大幅減に軽減されているが、特性による無効化はそのままなので、うまく立ち回れば 相手がであろうが無双できる。 総じて通称FCロトム。 アニポケでは潜り込む家電製品に準じてサイズもそれなりに大きくなっているが、ゲームでは0. 3mのまま変わっていないので家電製品としてはかなり小さい。 XY以降戦闘に繰り出した時にその小ささにびっくりした人も多いのでは? なお、どんな電化製品に潜り込んでもフォルムチェンジできるわけではなく、や、実験用の機械等では変化しない事が判明している。 ちなみに第8世代に登場する「ロトムのカタログ」によれば、通常の形態は電球がモチーフらしい。 バトル用 フォルムに応じた技を1つ覚えるが、戻したり別のフォルムに変えたりすると忘れてしまう。 能力も攻撃面と防御面が上昇するが、HPは変わらず、素早さは若干下がってしまう。 ちなみに能力は全フォルム共通で、特性も変わっていない。 『プラチナ』では2008年9月28日~2008年11月4日および2009年1月16日~2009年3月2日の期間限定で、Wi-Fiコネクションなどで配信された 「ひみつのカギ」を使い、ハクタイビルのひみつのへやを開ける必要があった。 『』ではの部屋で自由にフォルムチェンジ出来るようになったが、ユニオンルームやに入ったりするとフォルムが戻ってしまうため実用性が薄かった。 『』ではR9の家電置き場の段ボールを調べるとフォルムチェンジ出来る。 更に、フォルムチェンジで第2タイプが変わる仕様となり、ランダムマッチなどでも使用が解禁された。 『』ではの研究所に連れて行けばフォルムチェンジ可能なほか、前述した野生のロトムがごくまれに フォルムチェンジした状態で出現する。 『』『』では野生のロトムは出現しないが、同様に博士の研究所でフォルムチェンジが可能。 『』ではフォルムチェンジ専用のアイテム「ロトムのカタログ」が登場。 またフォルムチェンジ形態もごくまれにだがに出現する。 対戦では断トツで弱点の少ないウォッシュロトムが人気。 次いでヒートロトムやカットロトムがよく使われる。 「」と融合し、水流を放出できるようになった形態。 体を覆うオーラや目の色はになり、腕を思わせる部分は洗濯バサミ状になっている。 こおり技は覚えないので欲しいなら「」を粘ろう。 浮遊のおかげで弱点がくさのみな上、体重が軽いので「」では対策にならない。 第7世代では環境の変化により技に耐性を持っていないのが地味に痛く、に使用率1位の座を譲っている。 剣盾では使用率1位を奪還した。 唯一最大の弱点はみず技が命中率不安定の「ハイドロポンプ」のみな所。 外れても泣かない。 BW2では強化後のが使用する。 「」と融合し、突風を放出できるようになった形態。 体を覆うオーラや目の色はになり、腕を思わせる部分はつむじ風状になっている。 フォルムチェンジしたロトムが使える技の中では際立って威力が低く、第5世代でイメージにもピッタリな「」が登場しても差し替えられることはなかった。 このようにネタ感がやや強めと見なされる形態だったが、剣盾でドリュウズが流行すると、他の形態のロトムでは「ふゆう」を打ち消されてじめん技を受けてしまうところをこいつだけタイプの関係で無効のままにすることができ、更に「エアスラッシュ」を技にすることで必中高威力かつすばやさ1段階上昇技にすることができ、評価が急上昇した。 それでも今後実装されるであろうが壁。 便利な補助技を活かそう。 「」と融合し、葉っぱの刃を放出できるようになった形態。 体を覆うオーラや目の色はになり、腕を思わせる部分はバリカン状になっている。 が効きにくい(特にウォッシュロトム)に「リーフストーム」が刺さるのが最大の強み。 とはいえ弱点は他の形態より多く、でんきの癖にが半減できない、やが抜群になってしまうなど守りの弱さが目立つ。 ただし前出のドリュウズの流行により「ふゆう」が消されてもこいつは1倍でじめん技を受けることができるため、決してくさタイプがマイナスに働いているとは言い切れない。 サポート用 第7世代『』からは、 ロトムとの融合を想定した特殊なが各地の研究機関で開発されるようになった。 それらに入り込んだロトムは人間の言葉を話せる様になり、トレーナーを様々な面でサポートしてくれる。 第8世代『』ではよりバリエーションが増え、ロトムの中でも素直な性格の個体たちがデジタル的分野で働くようになっている。 一応「ロトム」の新フォルムであり、人の言葉でポケモンとしての自覚を伝えてくれるものの、いずれも バトルでは使えず、タイプも特に設定されていない。 設定上はロトムでありながら、ゲーム上の立ち位置はアイテムやマップ上の装置に留まっている。 『ソード・シールド』で追加された、 「」と融合したロトム。 図鑑などを兼ねている為、事実上上記の発展系であり、より小型化・多機能化が進み洗練されているように感じられる。 ロトミ 『ソード・シールド』から登場。 地方ののパソコンと一体化しているロトム。 正式名はロトムインフォメーション ROTOM iでロトミだと思われる。 ボックスやIDくじ、新機能「ポケジョブ」などを管轄している。 白いボディとまつげがロトムにしては珍しいが、海外版サイトでの書き方から察するにスマホ等と違い メス(性別不明なのに?)である模様。 ドローンロトム 『ソード・シールド』から登場。 ガラル地方のポケモンジムで試合の中継をしているロトム。 2019年10月4から5日にかけてルミナスメイズの森の様子を中継した「ポケモンライブカメラ」にはロトムを仕込んだカメラが使われていたが、それがこのドローンロトムと同一なのかは不明。 アニポケ新無印でも18話より登場する。 ロトム自転車 『ソード・シールド』から登場。 ガラル地方で使う自転車はモーター部分にロトムが入っており、一定距離走行すると電力がチャージされてBボタンでダッシュが可能。 その他 後述のノートには、ロトムがロボットの玩具に入り込んだ様子が記されている。 またによれば、昔ロボットの玩具に入り込んだままのポケモンを新ポケモンとして認めるかどうかが議論になったことがあり、それがロトムだったのではないかと言われているらしい。 アニポケではポケモンセンターそのものと一体化してしまったことがある。 ふるいノート プラチナでのフォルムチェンジの部屋にはかつてロトムと交友があった少年のものと思わしいノートが存在し、そのノートには少年が芝刈り機から飛び出してきたロトムと出会い、友達になってゆく過程が綴られている。 また、「ロトム」という名前の名付け親はこの少年であるという事がわかる。 「たんじゅん なんだけど ロトムは しばかりきの モーターから その すがたを あらわしたからね モーターと ロトム なんだか わかるでしょ」とのこと。 モーター:Motor ロトム:Rotom また、第8世代のポケモン図鑑では、「ある 少年の 発明から ロトムを 活かした いろいろな 機械が 作られ始めた」とある。 現在ロトムがさまざまな電化製品にフォルムチェンジを行えるのは、この少年の発明品がきっかけだったのだと考えられる。 そしてこの「ある少年」とは、過去作での描写的に若き日の"某人物"である可能性が非常に高い。 詳細はの記事も参照。 「」にてがゲット。 声はが担当。 のミニコーナーではラストでひどい目に遭うオーキド博士を見てロトロト笑うのがお約束となっている。 「」では知的好奇心の旺盛な個体が「」となって、アローラでのスク-ルライフを始めたをナビゲートする事に。 声はが担当。 詳細は該当項目を参照。 関連イラスト.

次の