メタノール チェコ。 【EU発!Breaking News】メタノール混入の密造酒による被害続出。小売店でのスピリッツ類販売が禁止に。(チェコ)

Amazonプライム・ビデオで観られるチェコのドラマ

メタノール チェコ

毒性があり、飲用すると最悪の場合死に至るというメタノールが混入された酒の飲用が原因で、健康被害や死亡したという報告がチェコで相次いでいる。 そのためチェコ政府は、ウォッカやラムといったスピリッツ類の販売を当分禁止する決定を公布した。 アルコールの一種であるメタノールは、ヒトが少量摂取しただけでも視力低下や失明など健康への深刻な影響を与え、最悪の場合死に至らしめるという劇物である。 だがチェコでは最近、このメタノールが混入された密造ウォッカやラムを飲み健康を害したという報告が相次いでいる。 これらの密造酒はいかにもそれらしい状況下で販売されていたものではなく、偽造された有名メーカーの商品ラベルが瓶に貼られ、あたかも正規の商品であるという様子で普通の小売店に出回っていたものがほとんどであった。 そのため、それと知らずに購入、飲用し被害に遭うケースが続出しており、これまでに19人が死亡、また多くの被害者が病院に運ばれるなどの報告がされている。 今回のこうした状況について、専門家はこの30年の間でもっともひどいものであると説明しているほどだ。 ドイツの週刊誌『Spiegel』のウェブサイトは15日、この非常事態を受けチェコのLeos Heger厚生大臣がスピリッツ類の販売を当分禁止するという決定を14日に公布したと報じている。 その期限は明らかとなっていないが、騒ぎが沈静化するまで数週間は続くものと見られている。 警察はこれまでの捜索で、有名メーカーの商品の偽造ラベルが貼られた密造酒約500本をチェコ東部の都市ズリーンで発見し押収している。 また密造酒製造の容疑で約20名を逮捕したが、首謀者と見られる者はこの中には含まれていないという。 (TechinsightJapan編集部 椎名智深).

次の

メタノール混入の密造酒による被害続出。小売店でのスピリッツ類販売が禁止に。(チェコ) (2012年9月17日)

メタノール チェコ

男性は仕事上でメタノールを扱う機会はなく、自殺する動機もなかった。 事件とみて捜査を始めた県警が〝ホシ〟と疑ったのは、「一見物静かでおとなしそう」(捜査員)という11歳年下の妻だった。 「夫が飲むと分かっていた酒に燃料用アルコールを混ぜました」 妻は県警の事情聴取に、意外にもあっさりと犯行を認めた。 県警は9日、殺人未遂容疑で妻を逮捕。 県警の発表によれば、男性はこの時点で、治療の施しようがない「全治不能の急性メタノール中毒」だった。 そして翌10日、中毒が原因の多臓器不全で死亡した。 県警は11日、妻を殺人容疑に切り替えて送検。 その後、神戸地検が妻を傷害致死罪で起訴した。 殺意が立証できないと判断したためとみられる。 夫婦生活は思わぬ形で終焉(しゅうえん)を迎えたが、妻は捜査員から夫の死を告げられた際も取り乱した様子を見せず、反省も口にしなかったという。 「目散るアルコール」 一般的に燃料用アルコールは成分の約50~90%がメタノールからできているとされる。 県警によると、妻は3月2日ごろ、夫が日常的に好んで飲んでいた紙パックの日本酒(2リットル)に燃料用アルコールを混入。 夫はその後、複数回にわたって妻から差し出された日本酒を飲み、6日午後に急性メタノール中毒を発症したとみられる。 酒にメタノールが混ざっていることに夫はなぜ気づけなかったのか。 昭和大の沼沢聡教授(毒物学)によると、メタノールは無味無臭で、酒に入れても色や味にほとんど変化はなく、飲んだ瞬間に酒とは違うと自覚することは困難という。 飲むと頭痛や嘔吐(おうと)といった症状が出始め、最悪の場合は失明や死に至ることもある。 飲んでから40分~72時間は無症状のケースが多く、症状が発現するまでの時間には個人差がある。

次の

pix.crash.net: メタノール: Lukás Vaculík, David Máj, Tomás Bambusek, Kristýna Podzimková, Tereza Kopácová: generic

メタノール チェコ

製法 [ ]• 由来によるの("木精"という名の由来)。 メタノール産生菌による。 現代の工業製法はコスト面の事情により2. の製法で天然ガスからの製造が主流である。 主要な用途 [ ]• 化学用途 や接着剤、およびの合成原料。 さまざまな化学反応ののため、中間製品として多様な産業で用いられる。 燃料用途 石油代替自動車燃料としてはエタノールより安価でと並ぶ価格競争力がある(詳細:)。 また、などのモバイル機器を長時間稼動させるため、 DMFC が期待されている。 主な化学反応 [ ]• 燃焼時の反応でとが生成する。 熱した Cu と反応して酸化すると HCHO が生成する。 Na と反応して、 CH 3ONa と H 2 が生成する。 が高く、メタノールの入った容器を直接にかけるとするため、保管場所・使用場所における火気や電気火花について念入りに注意しなければならない。 特に使用する場所では十分な換気と、容器を倒さないこと、液をこぼさないことに留意されたい。 換気は防火上有効であるとともに、後述する中毒の防止にも有効である。 一般的な油火災(B火災)同様に引火して炎上した際は、粉末の、、を用いる。 噴霧注水は差し支えないが、注水消火は、薄められたメタノールが溢れ火災が広がる可能性があり、極少量の火災以外には用いない。 泡消火は泡がメタノールに吸収されてしまうので、泡消火薬剤を用いる場合は特に耐アルコール性の泡消火薬剤を用いる。 メタノールのは薄青色であるが、特に昼間は視認しにくい。 用品として販売されている木炭用のは状物質にメタノールが含まれている。 特に復元性を持つ樹脂容器に充填された製品は着火後に継ぎ足すと、容器内の空洞に生じた可燃性混合気に引火・破裂拡散し火のついたゲル状燃料を撒き散らす危険があるので決して着火後に継ぎ足してはならない。 この種の事故が相次いだ為に使いかけの製品でも容器内に空洞を生じない製品も多い。 金属製チューブ・使い切りのパック入りの製品ではこの危険は無い。 また、適正な使用であっても、炎が見難いために火傷を負う事故がある。 飲用毒性 [ ] も参照 は、取り扱い時の吸入、故意の摂取、誤飲などで起こる。 メタノールのに関しては様々な報告があり、個人差が大きいと考えられるが、ヒト、での最小致死量は0. 3-1. を含むの場合、メタノールはによってにされ、さらにによってに代謝される。 ホルムアルデヒドの体内半減期はおよそ一分であり、ホルムアルデヒドからギ酸への代謝は迅速に行われるため、ホルムアルデヒドによる毒性はほとんど問題にならない。 メタノールの毒性はギ酸による代謝性とへの毒性によるものである。 ギ酸の代謝能力は種によって異なっており、に比べてギ酸の代謝能力に劣る霊長類はメタノールの毒性が強く出ることが知られている。 メタノール中毒による症状としては、のを損傷することによるがよく知られている。 これは次の網膜でのメカニズムによる。 が鎖の真ん中で切断されると2分子ののという型のを生成する。 このレチノールは酸化されてというになるが、このトランス型のレチナールはのレチナールに変化してというに収納される。 このレチナールとオプシンの複合体がである。 ロドプシンにが当たり、シス型だったレチナールが安定なトランス型に戻ると、レチナール分子はオプシンに収まらず外れてしまう。 この変化が内を伝わり化学的に増幅され、「光が当たった」という信号となってに伝播する。 トランス型レチナールは再びの働きでシス型に折り曲げられてオプシンに収納されるが、やがてレチナールは消耗し不足してゆく。 そして、この不足した分はレチノールから酸化して補われる。 網膜にはレチノールをレチナールに酸化するためのが豊富に存在するため、メタノールを飲んだ場合には網膜でが大量に作られ、そのホルムアルデヒドの毒性が視細胞に悪影響を及ぼし、その結果として失明することになる。 ホルムアルデヒドは短時間でギ酸に代謝される(上記参照)。 ギ酸は、10-ホルミルテトラヒドロ葉酸合成酵素によりからを経て代謝、分解される。 ヒトではこの反応速度が遅いためギ酸が残留して毒性を示すこととなる。 メタノール中毒による視力障害は、ギ酸の直接傷害によるの脱髄が原因と考えられるが、の損傷も示唆する報告がある。 またギ酸がミトコンドリアの電子伝達系に関わるシトクロムオキシダーゼを阻害するために視神経毒性が現れるとする意見もある。 メタノールとギ酸はともににより効率よく除去することができる。 また、生体内でのギ酸分解を促進するために活性型の投与が推奨される。 日本ではエタノールを混合していないメタノールはであり、購入時の毒劇物譲受書への署名捺印を義務付けられている。 各国の中毒における事例 [ ] 日本 [ ] 戦前のにメタノールで増嵩ししたの飲用から30名以上の死者が出たほか、後の混乱期には安価なを用いたによるメタノール中毒もしばしば起きた。 はの課税対象となるが、エタノールにメタノールなどを加えたは非課税であり、これらは安価であった。 このエタノールにメタノールが混入された変性アルコールを蒸留して、すなわち、"メタノールとエタノールの沸点は異なるので、適切な温度で蒸留したら分離できるだろう"という目論見で、変性アルコールを加熱・蒸留してエタノールを分離しようとしたものを密造酒として供することが横行した。 者が多く出たことから、メタノールの別称である「メチール」を当てて「目散る」や 、その危険性を象徴して『バクダン』と呼ばれた。 イタリア [ ] 1986年、メタノール入りのワインを飲んで22人が死亡した。 ケニア [ ] で一般的に飲まれているのは、製造時にメタノールを添加し、アルコール度数を高める手法が密かに行われている。 このため、しばしば中毒事件が発生する。 2000年には、「チャンガー」と呼ばれるにより134人が死亡、1000人以上がに収容される大事件が発生したほか、2005年にも30人程度の死亡者が発生するなど事件は後を絶たない。 中国 [ ] 1998年の直前に、でメタノールが入ったによる中毒死事件が起きた。 約400人が入院し、約30人が死亡した。 韓国 [ ] 1988年のの際に、のオリンピック協会職員が、薬局でエタノールを購入しようとしたところ(当時のソ連の財政難と暴落のため、通常の酒が購入できなかった)、誤ってメタノールを購入して飲んでしまい、死亡する事故が起こった。 ベトナム [ ] 零細な酒造メーカーにおいては、のアルコール度数を増やすために、安価な燃料用メタノールを混入することが常習的に行われていることがある。 2008年にもにおいて20人程度の死亡者が出た。 インドネシア [ ] 2009年5月、でメタノールが混じった酒を飲んで中毒を起こす人が続出。 外国人を含む20人以上が死亡、多数が入院する事態となった。 地元の酒造業者が(米やヤシの実が原料の蒸留酒)にメタノールを混ぜて製造した酒が原因とみられる。 ウガンダ [ ] 2010年4月、の南西の、において、メタノールが混入した(東アフリカの蒸留酒)によるが原因となり、3週間で89人が死亡、100人以上が入院するという事件が起きた (も参照)。 インド [ ] 2011年12月、で違法に醸造されたメタノール入りの酒を飲んだ労働者がメタノール中毒を起こし、140人以上の死者、100人以上の入院患者を出した。 チェコ [ ] 2012年9月、北東部で違法に醸造されたメタノール入りの酒が市場に多数出回り、長期にわたり被害を出した。 詳細は「」を参照 リビア [ ] 2013年3月、首都のにてメタノール入りの密造酒による中毒が原因で50人以上が死亡、400人近くが病院で手当を受けた。 ロシア [ ] 2014年3月、東シベリア・ザバイカル地方の村で、住民らがメタノール入りのを飲んだ後に、14人が死亡、12人が重症となった。 2016年12月、ロシア・地方ので、人体に有害なメタノール入りのを安い酒代わりに飲んだ住民49人が死亡した。 背景には、2010年からの最低小売価格が2倍になったことにあり、ロシア国内で年間1万3,000人以上が死亡していると見られている。 イラン [ ] 2020年3月、イランでアルコール摂取が治療の一助となる噂の後、密造酒を飲んでメタノール中毒で死亡する者が続出。 同年4月27日、イラン保健省は2月以降にメタノール中毒で病院に運ばれた者が5000人以上、うち525人が死亡したことを明らかにした。 出典 [ ] []• Weissermel, H. Arpe『工業有機化学 第5版』東京化学同人、2004年。 2014年5月9日閲覧。 「続・身のまわりの毒」Anthony T. Tu著、東京化学同人、1993年• 160-167, 日本救急医学会, :。 "", , April 25 2010. (AFP. NEWS 2011年12月16日)同日閲覧• 2020年5月閲覧。 AFP 2013年3月12日• NEWSポストセブン(2017年4月22日)2017年4月23日閲覧• AFPBBNews 2020年3月10日• 読売新聞 2020年4月27日. 2020年4月28日閲覧。 関連項目 [ ]• (化学)• C 1• C 2• C 3• C 4• C 5• C 6• C 7• C 8• C 9• C 10• C 11• C 12• C 13• C 14• C 15• C 16• C 17• C 18• C 19• C 20• C 21• C 22• C 23• C 24• C 25• C 26• C 27• C 28• C 29• C 30• 2-メチル: C 4•

次の