うつ 病 仕事 休職。 うつ病の診断書があれば休職できる?休職期間の給料は?

ついにメンタルクリニックへ。あっという間に休職となる|U2部(うつぶ)

うつ 病 仕事 休職

自分が上司の立場であるとき、部下の社員がうつ病になってしまったら、会社を巻き込んだ責任問題に発展することもあります。 日頃から部下とコミュニケーションを取ったり、部下の負担を緩和してうつ病を予防するように努めましょう。 それでももし部下がうつ病になってしまったら、会社の責任でもあるので接し方に注意してください。 上司として適切な対処法で信頼を獲得し、部下が問題なく仕事ができるようにサポートする体制を作ると良いでしょう。 社員がうつ病にならないように努力するのも会社の責任 最近、多くの会社でうつ病による労働力の低下が問題になっています。 そのうえ、業務や環境が原因で社員がうつになってしまったと認知された場合、企業側に賠償などを求められる際もあるのです。 そのため企業側も社員がうつにならないよう、接し方を配慮したり努力する必要があります。 それらも会社の責任の一つなのです。 社員のうつ病は会社全体で対応すべき問題 うつ病は自己管理不足だという意見もあります。 しかし、うつは本来「心も含めた健康管理」を企業側が努力するべきなのです。 従業員の健康管理は「安全配慮義務」「労働安全衛生法」等の法律が適用されます。 企業には従業員の健康を守る法的義務が課されているのです。 自己管理不足ではなく、会社の責任ということになります。 そのためには、社員と接する上司や同僚も、「正しい対応」を身に着けておくべきと言えるでしょう。 部下がうつ病になった時の上司の「良くない接し方」とは? 職場の環境が原因で部下がうつ病になったとしたら、少なからず上司・会社の責任もあることになります。 ただ、病気が判明してからの対応によって双方の関係は違ってくるでしょう。 まずは良くない接し方について見ていきます。 もともと頑張り屋なのに、結果が出ない患者に「頑張れ」とかけてはいけません。 当人は、「まだ頑張りが足りないのか」と非難されているように感じてしまうでしょう。 説得や無理解な励ましは、さらにうつの患者を落ち込ませるだけです。 そのため、患者を追い込まない接し方が重要。 上司から「薬は飲まないほうがいい」「気の持ちようで良くなる」と言われると、うつの社員は余計に追い込まれてしまうようです。 寛容な接し方で病気を受け入れるのが大事です。 部下がうつ病になった時の「上手な対処方法」とは? では、次に部下がうつ病になったとき、上司として取るべき対処方法について考えていきましょう。 部下がうつ病になったら、上司としては接し方にも悩みますよね。 接し方をまちがえると、うつ病が進行してしまう場合も。 そうならないための対処方法をご紹介します。 以下、リストをチェックしてください。 ・勤務時間は適切か ・仕事内容は能力に合うか ・仕事を相談できる環境か ・休憩時間は適切か ・仕事量は適切か ・人間関係は上手くいっていたか ・得意先等との関係で悩まなかったか このリストを見て行ったときに、少しでも引っかかる項目があるとするなら、企業側の原因を追究される可能性があります。 原因が分かったら、対処法を見つけましょう。 うつの部下は、どうしても担当を外れたくないこともあります。 「仕事したいのにできない自分」に、うつの部下が病んでしまっている場合もあるからです。 その場合、仕事をフォローしつつ一緒にやって行くスタイルをとりましょう。 まずはマイペースに行動させてください。 うつの症状は多種多様です。 何も考えずに相手に主導権を与えて、聞き手に徹するのが大事です。 ひとまずは、相手の立場を変えるところから始めてください。 部下が休職している時の対応法について 部下がうつ病になってしまった場合、長期の休養など落ち着く時間が必要です。 そういったときの部下への対処方法を考えなくてはなりません。 上司として、休職中の部下への対処方法について以下、考えて行きましょう。 うつ病は心の病です。 できるだけストレスの対象を避ければ、改善されます。 うつの部下の負担を増やさないためにも、なるべくうつの部下には関わらない方がお互いの為になります。 必要なのは上手な対応です。 部下の分の仕事を抱え込めば、自分も病気になりかねません。 人員を補充して気持ちのゆとりを持ちましょう。 面談の機会を沢山作るのも良いこころがけでしょうね。 部下がうつ病になった時に上司は「病気の理解」と「追い込まないこと」の二点を注意! 部下がうつ病になった場合の上司として、正しい対処方法について紹介きましたが参考になりましたでしょうか?上司の立場で部下がうつになってしまったら、会社を巻き込んだ責任問題に発展することもあります。 会社の責任は、思っている以上に大きいという事が分かりましたね。 その際にはうつ病という病気を理解して、本人を追い込まない接し方にしてください。 そして、日頃から部下とコミュニケーションを取って困ったことや悩みを聞きましょう。 とにかく良くない接し方をしないように注意してください。 上司として適切な対処方法で信頼を獲得し、部下が問題なく仕事ができるようにサポートする体制を作ると良いでしょう。

次の

鬱(うつ)病で休職者が出る会社は危険!早期転職などを検討した方が良い!

うつ 病 仕事 休職

うつ病を主因として休職した社員は、職場に復帰しても50%が再発して再び休職してしまうという。 2回目の復職では70%、3回目では90%といわれる。 なぜ、休職すると抜け出せなくなるのだろうか。 完治しない状態で復職するからか、会社側に受け入れるシステムがないからか。 職場の産業医を務め、外来患者も診ている吉野聡医師に復職の問題と現代型うつについて聞いた。 吉野 聡(よしの・さとし) 1978年神奈川県生まれ。 2003年筑波大学医学専門群卒業。 07年同大学院人間総合科学研究科博士課程修了。 同大学院生命システム医学専攻(社会医学系)助教を経て、12年産業医事務所を開設。 専門は産業精神医学とメンタルヘルス関連法規。 主な著書に(日本法令)など。 医学博士(筑波大学)、法務博士(成蹊大学)。 とくに休職者が復職する場合、主治医と産業医の判断が分かれることが多いと聞きますが、実態はどうなのでしょうか。 吉野:東京都庁、大企業からベンチャー企業まで28の職場で産業医を勤めています。 業種、経営環境などが違えば、職場の考え方が異なります。 多くの職場に関わることは、産業医としての質の向上につながると考えています。 一方、週に一日は外来を受け持ち、直接、患者さんと接しています。 この立場の違いは大きいといえます。 主治医であれば、患者さんにとって最良の方向を見出すことを第一に考えます。 例えば診断書にも、出来る限り患者さんがうつ病を再発させないように、職場でのストレスを減らすこと、現在の職場は不適であり異動を勧める、などと書くことがあります。 患者さんにとってベストな方法を探るから職場での配慮を求めます。 これに対し産業医の立場では、会社で働く全社員の健康を第一に考えなくてはなりません。 主治医の求める異動が可能であればよいのですが、うつ状態であることを理由に異動に応じられることは少ない。 うつを理由にした異動は、職場全体のバランスを考えながら慎重に行う必要があります。 つまり、産業医と主治医は、診ている対象が違うということです。

次の

ついにメンタルクリニックへ。あっという間に休職となる|U2部(うつぶ)

うつ 病 仕事 休職

休職とは 休職する 休職とは、会社を休む、お休みの申請をすること。 会社を休む理由 例えば、何らかのケガや病気を起こしてしまった。 または精神的に困難をきたしている。 現代病の一つとも言える「うつ病」になってしまい、通常の業務や勤務ができなくなってしまった。 つまり、病気 うつ病 やケガで通常勤務が出来ない事を伝え、休職願いを申請する。 会社は、その休職願いを受け、申請提出した社員を会社在籍扱いとして、ある一定期間会社を休んでいて良いと許可すること。 休職者の本音 例えば、体調不良が続き病院の診察を受けてみた。 診察結果としてうつ病を患っていると診断された。 しかし、うつ病と診断されても会社には言えないし、言ったら弱い人間と思われてしまうかも。 まして人手が現状で不足しているのに休ませてほしいなどと言えない。 上記の様な事が重なって余計と精神的に追い込まれて行くのです。 つまり、先延ばしは重度の病に発展しかねません。 一刻も早く伝え、早く治療した方が結果的に職場復帰を早める事になるし、短期で治療できれば同僚や会社にも結果として良いと言う事になります。 考えている間に重度になり休職そして退職と言うケースも少なくないのが現状なのです。 休職の手続き 休職を決意した時の手順• 先輩や上司、社長に時間の都合を取って貰う• 先輩や上司、社長に病状を伝え休職の旨を伝える• 必要な書類などを用意する• 先輩や上司、社長に書類などを提出する• 1.先輩や上司、社長に時間の都合を取って貰う ココは時間の都合だけなので、回りくどい言い方はせず、単刀直入に伝えると良いです。 その方が、上司や社長も都合が付けやすく時間を開けて貰えます。 例えば、• お話しが御座いますので、お時間を取って頂けますか?• 2.先輩や上司、社長に病状を伝え休職の旨を伝える 上司や社長に伝えるは、何気ない事でも緊張したりしますね。 まして自分事となると尚更です。 しかし言いにくいからと言って黙ってる訳には行きませんし嘘つく訳にも行きませんね。 いきなり社長にと心が重たい様でしたら、上司から先に話して見ると良いです。 例えば• 病院の診察を受け、精神的なうつ病と診断されたこと• ケガの為に体が思う様に動けないこと• 動けない身体での勤務は精神的に辛いこと• 同僚や先輩方に迷惑をかけてしまうこと 自分が今どの様な状態にあるのかを、シッカリとした意思表示を持って伝える事です。 伝える時に、医師の診断書を持参し医師からも指導されている事などを伝えると効果的に作用しますので診断書がある場合は必ず持っていきましょう。 3.必要な書類などを用意する• 休職願い• 医師の診断書• その他 会社指定の書類など• 4.先輩や上司、社長に書類などを提出する• 上司、社長に書類など提出• または上司、社長に指定された提出先 上記の様な手順に従って休職の手続きを行って貰えば大丈夫ですよ。 休職の許可 会社が休職の申請を受理し許可が出たら完了です。 その時に• 休職開始日• 休職期間• 復帰の概要• 休職中の給与 などの詳細を確認します。 補足 やはり、休職すると言う事は会社からしたら個人の勝手な都合と判断されても仕方ありませんね。 少しでも心象を良くする為にもワープロ打ちで無く手書きで休職願いを書くと良いと思います。 提出する方も受理する方も心が伝わる方がお互いに良いに決まっています。 傷病手当給付 休職の間、会社から給料が出ない場合など生活に艱難をきたしますし、収入が無ければ治療どころではありませんね。 実は健康保険の加入者は、という制度を利用することができます。 傷病手当金支給の条件• 病気などの療養のため、休職する• 4日以上、勤務を休んだとき• 会社からの給与や手当が無い• 支給期間• 最大で1年6か月間給付できます。 支給額• 給料の約6割が給付金額となります。

次の