歌詞 別の人の彼女になったよ。 別の人の彼女になったよ ~Piano ver.~

wacci 別の人の彼女になったよ

歌詞 別の人の彼女になったよ

MVのコメント欄に自分のストーリーを書き綴る人が続出 wacciは2012年にメジャーデビューした日本のバンド。 バンド名には「わたしたち」という意味が込められており、聞く人全ての「暮らし」の中にそっと入り込んでいけるようなポップスを目指している。 「別の人の彼女になったよ」、通称「ベツカノ」は、そんなwacciが2018年7月から行った4カ月連続配信シングルの第2弾として、2018年8月にリリースされたもの。 真夏に配信されたこの曲だが、季節がめぐりまた夏が来ようとしている今も多くの人に聴かれ続けている。 2019年の3月には、YouTubeでMVが公開。 再生回数は350万回を突破し現在も伸び続けているが、この曲のコメント欄ではある変わった現象が起きている。 それは、曲を聴いたリスナーが、自身の過去の恋愛体験をコメント欄に書き綴るということ。 コメントは短いものから長いものまであるが、その数は6月5日時点で3300件以上。 他のwacciの動画と比べてみると、2015年にリリースされた『大丈夫』という曲は、再生回数は1000万回近いが、コメント数は2000件ほど。 このことからも、『別の人の彼女になったよ』のコメント数の多さがうかがえる。 それはwacciの曲が「わたしたち」の「暮らし」に入り込んでいる証拠といえる。 では、こうしてリスナーが自分のことを語りたくなってしまうのは何故だろうか。 その理由はこの曲の歌詞にあるだろう。 前の彼氏はフェスで大はしゃぎするし、映画を見ていると自分よりも号泣している。 一方、今の彼氏はそんなことはなく、余裕があって優しくて、色んなことに詳しくて尊敬できる。 最初に歌われるのはそんな内容だ。 しかし、曲が展開していくにつれて、どこか無理して良いところを探しているような、そんなできすぎた彼氏に息苦しさを感じているような雰囲気が漂う。 そして最後には、本当はまだ「あなた」に未練があることが明らかになるのだ。 この曲を作詞作曲した橋口洋平は、楽曲のリリース時に次のようにコメントしている。 忘れられない恋愛より自分のための恋愛を選んだ人の少しだけ後ろを振り返る歌です。 前の彼氏はこういう人。 今の彼氏はこういう人。 書いたのはそれだけ。 最後は少し気持ちを吐露してますが、このシチュエーションの奥にある心理描写はあなたに委ねます。 wacci初の、女性目線で描いた一曲。 是非聞いてみてください。 前の彼氏はこういう人。 今の彼氏はこういう人。 書いたのはそれだけ——。 等身大のディテールを積み重ねて人物を描きながら、ストーリーを展開していく歌詞は、多くのファンに支持された西野カナのラブソングを彷彿とさせる。 彼氏や彼女とフェスや映画に行ったことがある人は多いだろう。 西野カナはそれを熟知したラブソングの名手だったが、「別の人の彼女になったよ」もその好例と言えそうだ。 いしわたり淳治も絶賛した、コピーライティングとしての素晴らしさ また、「別の人の彼女になったよ」は作詞家、音楽プロデューサーのいしわたり淳治にも絶賛されている。 いしわたり淳治は自身が出演したテレビ番組『関ジャム 完全燃SHOW』で、この曲を「2018年のベストソング」として紹介。 聞き慣れない言葉なのに、誰もが瞬時に意味が分かって、登場人物たちを取り巻く環境や心情までをも勝手に想像してしまう。 コピーライティングとしても素晴らしい一言である。 たしかに、言われてみれば「別の人の彼女になったよ」とはまわりくどい表現だ。 普通であれば「新しい彼氏ができたよ」と言うかもしれない。 いしわたり淳治も記事の中で書いている通り、この言い方は「別れた彼女が元彼に言う意外にはあり得ない一言」だ。 それはロマンチックで悲しい。 もう恋人同士ではないのに、二人の間でしか通じない新たな言葉が生まれているのだから。 そして、この印象的なフレーズがタイトルに冠されたことにも触れておきたい。 タイトルに掲げられていることで、この曲は新しい彼氏の歌でも、別れた彼氏の歌でもなく、まぎれもない「別の人の彼女になった私の歌」になっている。 自分自身にフォーカスすることで、完璧な彼を愛せずにいる自分や、前の彼氏への思いを捨てきれないエゴが一番にフォーカスされているのだ。 『ベツカノ』が証明する、クリーンなだけじゃない私たちのリアル この曲はwacciのこれまでの楽曲とは異なる作風で、橋口のデモを聴いたメンバーやスタッフの間では賛否両論が巻き起こったという。 付き合っている人がいるのに、前の彼氏のことを忘れられないという恋愛観は、たしかにクリーンではない。 だけどこの曲がヒットしている事実は、私たちのリアルはクリーンなだけではないということを示している。 そしてそういう人のほうが、「別れてしまったけど出会いに感謝! 新しい彼氏は最高!」みたいに前向きなことしか言わない人よりも、ずっと人間くさくて魅力的ではないだろうか。 この曲の主人公が、完璧な今の彼氏より前の彼氏に惹かれたように。 最後に、この曲について語られる場所がTwitterなどのSNSではなく、YouTubeのコメント欄だったことも考えてみたい。 好きな音楽について自分の感想を書いたり、体験と結びつけて語ったりするならTwitterのほうがメジャーな気がするが、試しにTwitterで「別の人の彼女になったよ」と検索してみると、楽曲をオススメするツイートや「歌ってみた」の動画は見つかっても、YouTubeのように自身の体験を綴ったものはほとんど見当たらなかった。 これには文字数の関係や、一度書き込む流れができたから書き込んでみた、という人もたくさんいると思うのだけど、「SNSってそんなに匿名じゃないよね」という点もあるように思う。 Twitterは日常のことを断片的に綴っているから、その人の人となりがなんとなく見えてしまう。 友人や、それこそ今の彼氏、前の彼氏と繋がっていることもあるかもしれない。 そうすると、「別の人の彼女になったよ」を聴いて思いだした人のことを書けない場合も多いだろう。 YouTubeのコメント欄は、そんな人たちの受け皿になったのかもしれない。 YouTubeもそれぞれにアカウントはあるけれど、Twitterほど私生活は見えてこないし、必ずしも友人とも繋がっていない。 SNSよりも匿名性が高いのだ。 友人には言えないけれど、誰かに聴いてほしい未練や、自分でもしみったれていると思うぐずついた気持ち。 それを吐露する場所として、「別の人の彼女になったよ」のコメント欄は機能しているのではないだろうか。 「別の人の彼女になったよ」のコメント欄には、今もそんな顔の見えないストーリーが綴られている。 気になる人は、ぜひをチェックしてみよう。 作品情報 wacci 『別の人の彼女になったよ』 2018. 07 Release 3rdalbum「群青リフレイン」収録曲 通常盤[CD] ESCL-5129 ¥3,000(税込).

次の

wacci 別の人の彼女になったよ 歌詞&動画視聴

歌詞 別の人の彼女になったよ

皆さんは『wacci』の『別の人の彼女になったよ』を聴いたことあるだろうか?私はYouTubeで活動している「しらスタ」というチャンネルで歌い方解説動画を観た時に初めて聴いた。 その時はもうめちゃくちゃに良い曲だなぁ〜って思って、ああ〜良い曲だなぁ〜って。 歌詞の内容としては昔付き合っていた彼氏と別れて新しい彼氏と付き合い始めた女性の視点でのストーリーになっている。 今彼と元彼を比べて今の彼氏はこんなところがいいの、でもあなたのことは嫌いじゃないよ。 みたいな感じで進んでって結局最後には元彼に未練タラタラみたいな歌詞で終わっていく曲である。 私はそんな曲を聴き いや〜元カノも俺のこと思い出して未練タラタラとまでは行かなくても、良い思い出の存在となっていて欲しいモンだねぇ〜... とか感傷に浸りながらタバコを吸うなどをしていた、感傷に浸りながら吸うタバコはオナニーより気持ちいいからみんなやってみ。 まあ何はともあれ歌詞がいいから僕がそんな気分になったりしたし、彼女や彼氏が出来た事ない可哀想なオタクくん達も僕の様な感傷的な気分に浸れるんじゃないだろうか。 しらスタや歌ってみたばかりじゃなくて本家の方聴いてみるか〜さぞかしハマってしまうんだろうなぁ〜...。 それが終わりだったのである。 ホント意味わからん男がアレ作詞して自分で歌う訳?メンタル強...。 それって結局男の妄想で元カノがこんな風に思っていてくれたらいいな〜みたいな風に聴き取れちゃうじゃん?感じ取れちゃうじゃん?キモい!ホンマキモい! え?みんな私が何をキモいと騒いでいるかわかってますよね... ? まあわからん人は別にいいです、感性が違うっぽいので え? 今回のキモいの感情が同族嫌悪的なモノから来てる奴なのでどう転がってもキモいんすよね... back numberとか共感出来すぎて一生聴けなくなったモン... わかるでしょ... ? 恋愛ってさ... 人のこうなんていうか感情の1番奥から来るものでこう... アレじゃん?人によると思うけど... だから自分の1番素直なとこであって汚い部分じゃん?わかる?だからもう共感出来すぎるのはホントキモいし一生好きになれないと思う...。 これ書くために曲名ググったけど割と賛否両論みたい、みんなはどう思いますか... 是非教えてください。 ダルくなったので終わります。

次の

wacci 新曲「別の人の彼女になったよ」を聴いた感想

歌詞 別の人の彼女になったよ

別の人の彼女になったよ 今度はあなたみたいに 一緒にフェスで大はしゃぎとかはしないタイプだけど 余裕があって大人で 本当に優しくしてくれるの 別の人の彼女になったよ 今度はあなたみたいに 映画見てても私より泣いてることなんてないし どんなことにも詳しくて 本当に尊敬できる人なの キスや態度だけで 終わらせたりせずに ちゃんと「好きだ」という 言葉でくれるの 怒鳴りあいはおろか 口喧嘩もなくて むしろ怒るとこが どこにもないの だからもう会えないや ごめんね だからもう会えないや ごめんね あなたも早くなってね 別の人の彼氏に 別の人の彼女になったよ あなたの時みたいに すっぴんだって笑っていられる私ではなくて 一生懸命お洒落して なるべくちゃんとしてるの 別の人の彼女になったよ あなたの時みたいに 大きな声で愚痴を言うような私ではなくて それをすると少しだけ 叱られてしまうから 夢や希望とかを 語ることを嫌って ちゃんと現実をね 見つめていて 正しいことだけしか 言わないから ずっとさらけ出せず おとなしくしてるの だからもう会えないや ごめんね だからもう会えないや ごめんね あなたも早くなってね だけど私はズルいから だからもう会いたいや ごめんね だからもう会いたいな ずるいね あなたも早くなってね 別の人の彼氏に 私が電話をしちゃう前に 目次• はじめに 『別の人の彼女になったよ』とは2018年8月22日リリース及びショートバージョン配信された楽曲です。 2019年3月17日フルバージョン配信され半年以上経過しても未だ人気を伸ばしている注目のナンバーです。 考察サイトや動画コメントが豊富でありファンの間でもさまざまな見解が飛び交っている、言い換えれば物議を醸しだした作品でもあります。 恋愛においてのタブーである「一途さの欠如」「不純さ」を包含したような意見を多数目にし、実際歌詞の内容にもそのような表現が見られています。 それでも半数以上のコメントがタイトルのわりに感動的であることや過去を振り返ることは自然であるとの評価となっています。 芽生さん演じる主人公の女性は藤江琢磨さん演じる男性と交際していました。 交際中の二人は旅行に食事に触れ合いなど幸せを満喫していました。 しかしMVでは別の男性が登場してきます。 そしてMV最後では交際していた二人がデートの帰りに別々の道を歩む、さらに 女性は携帯を切ない表情を浮かべて握りしめるという意味深なシーンがありまし た。 二人の恋にどのような変化が生じたのでしょうか。 また別の人との絡みがどんな仕方で影響してくるのでしょうか。 さっそく歌詞の考察をはじめていくことにいたしましょう。 タイトル『別の人の彼女になったよ』とは 多くのファンやリスナーにさまざまな種類の衝撃を与え賛否両論を 引き起こしてしまったタイトルです。 文字通り解釈するのであれば「別の男性を好きになり交際した」と いうことになりますね。 忘れられない恋愛より 自分のための恋愛を選んだ人の 少しだけ後ろを振り返る歌です。 前の彼氏はこういう人。 今の彼氏はこういう人。 書いたのはそれだけ。 最後は少し気持ちを吐露してますが、 このシチュエーションの奥にある心理描写は あなたに委ねます。 wacci初の、女性目線で描いた一曲。 是非聞いてみてください。 youtube. しかし現状「幸せ」とは呼べないようで「元彼」を懐かしく思い出して 現在の彼氏と比較してしまうのでしょう。 心理描写はあなたに委ねるというコメントからもこうした気持ちになる 方がとても多いこと、そしてそのような気持ちを当人を代表して語りた くはないという心情が伝わってくるのではないでしょうか。 人は十人十色であるように気持ちの種類も無限大でしょう。 それを一人の人間が特定のものに限定するのは難しいことでしょうね。 前述で賛否両論と記載しましたが具体的に動画コメント欄では「女性目 線の気持ちを押しつけている」「まっすぐな歌詞を歌ってきたwacciら しくない」などの意見が見られています。 それでも筆者は歌詞の自然さや純粋さが曲全体のイメージとなっている と思いました。 恋愛経験者であれば誰しもが抱く感情を忠実に再現した歌詞であると強 く感じました。 なぜ「今の彼氏」「新しい彼氏」という言葉を使用しないので しょうか。 現在の彼氏になんらかの不満があるのかもしれません。 この点については後ほど詳しく取り上げたいと思います。 さて彼女は現在の彼氏の長所について述べています。 フェスという興奮し盛り上がらずにはいられないシーンでも「は しゃいだりしない」冷静沈着な男性像が浮かんできます。 「余裕があり優しい」という点から包容力があるようです。 上記の点を裏付けるかのようにさらに歌詞は現在の彼の特徴を綴っ ていきます。 「映画を見ても泣かない」とあり感情をあまり表に出さないのです。 どんなことにも詳しく尊敬できる大人な存在なのです。 「あなたみたいに」というフレーズから彼氏の長所は元彼との比較 であるということが読み取れると思います。 元彼はMVの若く垢抜けた男性であり子供っぽくどちらかと言えば世 間知らずで頼りない男性だったのかもしれません(結構言った 笑) 彼は感動的な映画を見ると決まって彼女より泣いてしまう情に脆い タイプだと理解できます。 しっかり「好きだ」と恥ずかしがらずに伝えてくれます。 元彼はその場の雰囲気で誤魔化したり押し通したりする 子供っぽさや強引さがあったのかもしれません。 元彼とはよく些細なことで喧嘩になってしまい怒鳴ると いう感情を爆発させることも何度かあったようです。 そのたびにお互いを尊敬することはなく子供っぽさの残 る恋愛だと評価していたのでしょう。 しかし今の彼との恋愛はまるで別物です。 喧嘩はおろか気に入らない点が見当たらず彼女のすべて を包み込み許容してくれるように感じていました。 ですからもう元彼に逢うことはできません。 過去の恋愛を忘れ今の恋愛に集中したいと願っています。 今の彼女の心境は子供の頃、決して手に入らなかったブラ ンド商品を入手して自分が輝いて見えていました。 大きく背伸びをして大人の男性との恋愛を満喫していました。 心境の変化は徐々に違和感へと形をゆっくり変えていったのです。 「すっぴんで笑っていられない」のは大人な彼氏と釣り合うこと で必死になっていることを描写しているように思えます。 またMVでは今の彼が都会の第一線の会社で働いており彼女もそれ を支える立場にあることを感じさせるシーンがありました。 社会的立場や住んでいる場所を考慮しても「すっぴん」ではいられ なかったと結論することができます。 さらに違和感はやがて不満へと変化していきました。 「愚痴や夢」を語ることもできない冷めた環境になっていたのです。 現実を見据える大人が犠牲にするものが彼女にとっては酷くかけがえ のないものに思え、その行為に理解を示すことができませんでした。 背伸びして手に入れたブランド品のような大人の恋愛は彼女にフィッ トしませんでした。 背伸びした足の指先は徐々に疲れ初め、そして痛みを生じさせました。 彼女も元彼の恋愛を投げ売り大人の恋愛を選びました。 それでもまだ子供であった自分には大人の恋愛はサイズ 感が合わず着心地が良いものではありませんでした。 大人の彼と肩を並べて歩くには常に「良く魅せる」必要 があったので彼女は疲れてきました。 あるとき彼女の脳裏にはズルい考えが浮かんできます。 そう、元彼の長所を思い返しそれを欲しがりました。 先が見えた良くも悪くも代わり映えの無い元彼との恋愛 が長年後にした実家のように懐かしく思えたのです。 気を抜けば元彼に電話をかけて今の彼の愚痴をたくさん 吐き出したいと思っています。 それでも自分のズルさにもあきれ果て、そんな権利はも う自分にはないのだと悟ったようです。 MVでも元彼に電話をかけようとして思い留まるシーンが ありました。 今の彼女が大人になるか今の彼氏が歩み寄るかしない限り 彼女の気持ちはこれからもずっと揺れ動いていくのです。 決して前進しない前後に動くことしかできない揺りかごの ように、過去と現在を交互に振り返りながら。 まとめ 複数の恋愛経験を持つ方であれば「比較」は避けられない のかもしれません。 それでも現在の相手にとって比較はたいへん傷つける行為 になってしまう場合があります。 相手に悟られないように過去を回想し長所や短所を探して 懐かしんだり羨んだりする気持ちが歌詞の中でリアルに表 現されていましたね。 筆者の個人的な意見ですが「比較」は時として大切ですが 消極的な比較が癖づくと「満足できない」性格へと発展す る危険性も感じました。 常に相手の長所に焦点を合わせ短所が背景としてぼやける ような見方を持てたら幸せな日々を過ごせそうですよね。 wacciさんの今後の活動と次回作にも期待し注目していき たいと思います。

次の