スバル レヴォーグ。 【スバル・レヴォーグ】現在の口コミや評価・評判はいかに?

【先行予約は8月20日に延長!】フルモデルチェンジ版・スバル新型レヴォーグの最新情報をディーラーにて聞いてきた!今年間違いなく売れるステーションワゴンだぞ!

スバル レヴォーグ

ご存知の方も多いと思いますが、新型車は発売の1~2ヶ月前から生産を開始します。 いつから生産ラインに流し始めるかを決めるため、早めに現行車の生産計画を立てておきたいということなんだと思います。 WRX S4も、実はすでにオーダーストップしたWRX STIより、レヴォーグと兄弟関係なのです。 この2車種のオーダーストップ、スバルから300馬力級の高性能エンジンが無くなることを意味します。 それにばかりか、7月20日に200馬力のBRZもカタログから消えてしまいます。 「アメリカで販売している260馬力の2. 4リッターターボを日本でも売ればいい」と思うかもしれませんが、後述の通り日本は2020年から厳しい燃費規制が適用されます。 漏れ伝わる話によると、新型レヴォーグは1. 8リッター直噴ターボ仕様になるようだけれど、どちらかといえば燃費重視となる模様。 最高出力も200馬力程度のようです。 考えようによっては初代レガシィの2リッターターボは200馬力でしたから、イメージ的にはそこから再スタートということかもしれません。 しかも燃費は2020年規制をクリアするべくJC08モード燃費の20. ちなみにWRX S4絶版の理由は、燃費規制のためです。 地球温暖化ガスを減らすため、日本もCAFEと呼ばれる自動車メーカー毎の平均燃費基準を作りました。 それがJC08モード燃費で20. スバル全ての車種の平均でクリアしなければダメなのです。 WRX S4のJC08モード燃費は13. 逆に考えれば、今後は燃費の悪い高性能エンジン車を販売出来ない、ということになります。 アメリカで2. 4リッター260馬力エンジンを販売出来るのは、燃費規制が緩いからです。 日本と同じく厳しい燃費総量規制を始めるヨーロッパも、スバルの高性能エンジンは絶版になります。 水平対向の限界だろね、ボクサーディーゼルが退いた第一の理由は実は排ガス規制以前に片バンクの剛性不足?なんて話も聞いたし それと疑わしい低重心?レオーネやスバル1000時代はエンジンルームのスペースを利用してボンネット下にスペアタイヤを搭載していたし、スバルのエンジニアも然して低重心とも思ってなかったのが本心だろね。 スバルの登録車は他にジャスティとかドミンゴとか何れも軽の延長線上の車だったけど逆に自社製のCVTとか軽に登録車並みのコストを注いだ製品開発が本来のスバルだと思うけどね。 何かとAWDが話題のスバルだけど水平対向のFFも基本的には縦置きレイアウトのFFなので前輪駆動とは本来はこうあるべきではないか?とも思わせてくれるし、初代ターセルやカローラ2なども縦置きレイアウトのFFで、同じ横置きでもエンジンの真下にミッションを配置したチェリーとか悪い癖も妙に憎めない心地好い癖と言うか?今の時代は車両諸元がすっかりカタログの後書きのような角に追いやられてしまってるが一体誰の責任なんでしょうかね〜?W• ?その環境性能も陸運支局に提出する審査用諸元には明記されてんですけどね。 環境重視でエコカーを買う人は少数でしょうね、諸元、構造を重んじない証にレクサスのLSやセルシオより小回りが効かない大衆車が出回るのも当たり前のも話ですよね。 因みに2代目プリウス以降は諸元では最小回転半径はセルシオと同等か以下ですが実際の小回り性能はセルシオが勝りますね、これが3代目セルシオの30系とアルファードでは諸元でもセルシオが勝ります、アルファードと諸元で並ぶのはレクサスLS600ですが実際はLS600のほうが小回り性能は上ですね。 昔の話ですがFFの後軸にチェーンを巻いている人がいましたが構造を知らずに安物に飛び付く典型ですね、早い話が良い品物には投資すればいいだけなんですね。 税金逃れを目的にエコカーで環境大義になんてチャンチャラ笑える話で、最近多いブレーキとアクセルの踏み間違いが本当だとしたら踏み間違いの原因って高齢者ではなく諸元構造を無視した買い物が原因なのではないですかね?•

次の

スバル レヴォーグ!STIと通常グレードの違いは?

スバル レヴォーグ

6 GT 4WD• 6 GT アイサイト 4WD• 6 GT アイサイト Sスタイル 4WD• 6 GT アイサイト Vスポーツ 4WD• 6 GT アイサイト スマート エディション 4WD• 6 GT アイサイト プラウド エディション 4WD• 6 GT-S アイサイト 4WD• 6 GT-S アイサイト アドバンテージ ライン 4WD• 6 GT-S アイサイト プラウド エディション 4WD• 6 STI スポーツ アイサイト 4WD• 6 STI スポーツ アイサイト ブラック セレクション 4WD• 0 GT アイサイト 4WD• 0 GT アイサイト Vスポーツ 4WD• 0 GT-S アイサイト 4WD• 0 STI スポーツ アイサイト 4WD• 0 STI スポーツ アイサイト ブラック セレクション4WD.

次の

スバル新型「レヴォーグ」の開発車両がまたまた登場。今回は最も気になるフロントフェイスが明らかに

スバル レヴォーグ

概要 [ ] 、第43回において、。 富士重工業(当時)社長の自らがプレゼンテーションを行い、その中で日本市場向け車種として投入することを明かした。 ボディサイズは、5代目より全長/ホイールベースともに100mm短縮し、全高を50mm低く設定。 なお、全幅のみ1,780mmと変化はない。 日本の交通環境で取り回しのしやすいボディサイズとした。 エクステリアは、ルーフ後端を低く抑えたシルエットと、スバルのモチーフである「ヘキサゴングリル」や「ホークアイヘッドランプ」を採用。 インテリアは、ピアノブラック調パネルを中心に、金属調アクセントやメッキパーツを要所に採用。 また、ステアリングには、Dシェイプステアリングを採用した。 エンジンはを搭載。 新開発の1. 5kgf・m。 レギュラーガソリン仕様とした。 また、レガシィツーリングワゴン「GT・DIT」にも搭載されていた2. 0Lエンジンの「」型は221kW 300PS の最高出力と、400N・m 40. 8kgf・m の最大トルクをもつ。 トランスミッションは「リニアトロニック(マニュアルモード付)」を採用。 特に2. 0車用は高出力に対応した「スポーツリニアトロニック(マニュアルモード付)」を搭載。 「SI-DRIVE」の「S 」モードを選択時は、通常時の6段変速から8段クロスレシオ変速に切り替わる制御を採用した。 駆動方式は、AWDのみ。 6L車には、前60:後40のトルク配分を基本に、路面や走行状況に応じて前後輪のトルク配分をコントロールする「アクティブトルクスプリットAWD」(電子制御AWD を、また、2. 0L車には前45:後55と後輪へのトルク配分を増やした「VTD-AWD」(不等&可変トルク配分電子制御AWD)をそれぞれ採用する。 運転支援システムは改良型の「Ver. 3」を搭載。 加えて、操舵支援機能である「アクティブレーンキープ」、「AT誤後進抑制制御」などの新機能、プリクラッシュブレーキや全車速追従機能付クルーズコントロールの性能向上を果たしている。 また、2015年には「アドバンスドセイフティパッケージ」、2017年には「」といった機能を追加している。 (詳細は下記「年表」を参照) なお、レヴォーグは発売当初はであったが 、ステーションワゴンの需要が高い欧州市場にも投入することとなり、2015年3月に開催される第85回にて欧州仕様車を出展。 これに先立ち、2015年1月にはスバルUKが同年秋から英国市場で発売開始することを発表し 、その後販売を開始した。 6GT EyeSight: 1,485mm (2014年4月-2017年7月) 1,495mm (2017年7月-) 1. 6GT-S EyeSight: 1,490mm (2014年4月-2017年7月) 1,500mm (2017年7月-) 2. 6GT) (2014年4月-2015年4月) 後:ベンチレーテッドディスク(1. 6GT以外) 先代 2013年11月20日 第43回東京モーターショー2013に「LEVORG(レヴォーグ)」(参考出品)を世界で初めて公開する、と発表。 の車両画像と主な仕様・諸元・グレード構成も公開された。 2013年12月27日 先行予約の開始を発表。 2014年1月4日より先行予約を開始し、同年5月より順次発売を開始すると発表。 具体的な発売予定時期は「1. 6GT」と2. 0L車は2014年5月、「1. 6GT EyeSight」と「1. 6GT-S EyeSight」は同年6月から、とアナウンスされた。 2014年4月15日 「レヴォーグ」を発表。 (6月20日発売) グレード構成は、1. 6Lターボエンジンを搭載する「1. 6GT」、「1. 6GT EyeSight」、「1. 6GT-S EyeSight」、2. 0ターボエンジンを搭載する「2. 0GT EyeSight」、「2. 0GT-S EyeSight」の5グレード。 ボディカラーは、新色「スティールブルーグレー・メタリック」に加え、「クリスタルホワイト・パール(有料色)」、「アイスシルバー・メタリック」、「ダークグレー・メタリック」、「クリスタルブラック・シリカ」、「ライトニングレッド」、「ギャラクシィブルー・シリカ」の全7色を設定。 なお、EyeSight(ver. 3)ユニットの量産体制を万全に期するため、2013年12月27日の先行予約開始時に発表した発売日を全グレードとも延期し、「6月20日一斉発売」に変更したことが同時に発表された。 2014年10月1日 2014年度を受賞。 スバル車での受賞は、2012年の及び、2013年のに続いて3年連続となった。 2014年12月11日 特別仕様車「1. 6GT EyeSight S-style」を設定。 (2015年1月13日発売) 「1. 6GT EyeSight」をベースに、18インチアルミホイール(シルバー塗装)、4灯ロービーム+ハロゲンハイビームヘッドランプ(光輝タイプ)、運転席8ウェイパワーシート(前後スライド/前チルト/リフター/リクライニング)、クリアビューパック(フロントワイパーデアイサー、リヤフォグランプ)を特別装備とした。 2015年4月16日 一部改良。 (4月21日発売) 「アドバンスドセイフティパッケージ」を新設定(全車にメーカーオプション)。 走行時の後側方検知や後退時の左右後方検知を行う「スバルリヤビークルディテクション」(後側方警戒支援機能)、左側ドアミラーにカメラを搭載し、ドライバーからの死角となる左前方の映像をガイド付でマルチファンクションディスプレイに表示する「サイドビューモニター(自動防眩ルームミラー付)」、ルームミラー一体型の単眼カメラを新採用することで、先行車や対向車を検知して、ヘッドランプのハイビームとロービームを自動で切り替える「ハイビームアシスト」、アイサイトの作動状況や警報に応じて点灯するランプをフロントウィンドウの運転席前に表示する「アイサイトアシストモニター」で構成される。 6GT EyeSight」、「2. 0GT EyeSight」のサスペンションに、乗り心地向上を目的とした新ダンパーを採用。 また、後席まわりに制振材や吸音材を追加し、高速走行時の風切り音やロードノイズを低減した。 6GT EyeSight」の燃費性能が0. サンルーフ(電動チルト&スライド式)をメーカー装着オプションとして設定。 また、ボディカラーは「ライトニングレッド」に替わり「ピュアレッド」、「ギャラクシィブルー・シリカ」に替わり「ラピスブルー・パール」を新設定し、従来通り全7色とした。 最廉価グレードの「1. 6GT」を廃止。 これにより、レヴォーグは全グレードが「EyeSight(アイサイト)」を装備する車種となった。 2015年6月1日 特別仕様車「1. 6GT EyeSight Proud Edition」・「1. 6GT-S EyeSight Proud Edition」を設定。 (6月8日発売) 新設定の「Proud Edition」シリーズは、「1. 6GT EyeSight」、「1. 6GT-S EyeSight」をベースに、17インチアルミホイール(ガンメタリック塗装)、クリアビューパック(フロントワイパーデアイサー、リヤフォグランプ)を特別装備。 6GT-S EyeSight Proud Edition」は、ベースとなる「1. これによりベース車より20kg軽量化。 燃費が1. 2015年12月10日 特別仕様車「1. 6GT EyeSight S-style」を発売。 2015年1月発売した特別仕様車「S-style」を、新装備を加えて再発売。 6GT-S EyeSight」と共通の「メッキ加飾フロントグリル:ダークメッキ+ブラック塗装」と「LEDロービーム+ハロゲンハイビームヘッドランプ(ブラックベゼル)を追加。 2016年4月11日 一部改良。 (6月10日発売) 安全性能を強化し、前面衝突時に瞬時にを巻き取るプリテンショナーを左右リヤにも採用。 また、リアシートのクッションを安全性の高い構造に改良するなど後席の乗員保護性能を向上させたほか、フロントドアにアッパービームを追加し側面衝突への対応も強化した。 エクステリアでは、「1. 6GT EyeSight」に切削光輝とガンメタリック塗装を組み合わせた新デザインの17インチアルミホイールを採用。 インテリアでは、「1. 0GT-S EyeSight」に「ブライトパール内装」を設定(メーカーオプション)。 また、フロントドアガラスの室内側ショルダー部ウェザーストリップを2枚化するとともに、リアクォーターガラスの板厚アップとカーゴルームの吸音材追加などにより、透過音の低減と静粛性を向上を図った。 グレード構成を変更。 0GT EyeSight」が廃止され「2. 0GT-S EyeSight」のみとなった。 また、特別仕様車「1. 6GT EyeSight S-style」はカタログモデル化。 また、特別仕様車「Proud Edition」は廃止された。 併せて、ブランドの最上級グレードを同年夏に発売予定であることも発表した。 2016年5月27日 「STI Sport」の先行予約を開始。 同年夏に発売することを発表したほか、内外装の画像、主要装備やグレード構成を公表した。 2016年6月27日 「STI Sport」を追加。 (7月21日発売) 「STI Sport」 は、(STI)とのコラボレーションによるレヴォーグの最上級グレードとして設定。 ラインアップは、「1. 6STI Sport EyeSight」、「2. 0STI Sport EyeSight」の2グレード構成。 足回りは、操縦安定性の向上・乗り心地の両立を図るため専用チューニングを施したサスペンションを採用。 車体前後にはSTIオーナメントを装着。 ボディカラーはベース車と共通の7色に加え、専用色となる「WRブルー・パール」を追加し全8色。 インテリアは、「STI Sport」専用のテーマカラー「ボルドー」でコーディネート。 STIロゴ付きのマルチインフォメーションディスプレイ付レッドルミネセントメーター、STIロゴ入りステンレス製サイドシルプレート(フロント)を装備。 2016年10月3日 特別仕様車「1. 6GT EyeSight Smart Edition」を設定。 (12月12日発売) 「1. 6GT EyeSight Smart Edition」は、スバル初のBOXER(水平対向)エンジン搭載車「」の発売50周年を記念した特別仕様車の第四弾。 6GT EyeSight」をベースに、「アドバンスドセイフティパッケージ」とクリアビューパックを標準装備としたほか、エクステリアでは、ブラック塗装+切削光輝処理を施した専用17インチアルミホイール、ブラックカラードドアミラー、上級グレードの「1. 6GT-S EyeSight」と同デザインのLED4灯ロービーム+ハロゲンハイビームランプ(ブラックベゼル)、ダークメッキ加飾+ブラック塗装フロントグリルを採用。 インテリアでは、運転席8ウェイパワーシートとアルミパッド付スポーツペダルを特別装備。 ボディカラーは、「クリスタルホワイト・パール(有料色)」、「クリスタルブラック・シリカ」、「ピュアレッド」、「ラピスブルー・パール」の4色を設定。 2017年6月5日 大幅改良し、同年夏に発表することを告知。 併せて、専用サイトをSUBARUウェブサイト上に開設したことを発表。 2017年7月3日 大幅改良モデルを発表。 (8月7日発売) エクステリアは、「STI Sport EyeSight」を除く全グレードでフロントグリル、フロントバンパー、LEDヘッドランプ、LEDフォグランプカバーのデザインを刷新。 また、フロントフォグランプをLED化した。 「STI Sport EyeSight」はLEDヘッドランプ、LEDフォグランプカバーのみデザインを変更した。 また、「1. 6GT EyeSight S-style」、「1. 6GT-S EyeSight」、「2. 0GT-S EyeSight」は18インチアルミホイールを新デザインに変更。 ボディカラーは「スティールブルーグレー・メタリック」に替わり、新色「ストームグレー・メタリック」を設定。 インテリアでは、フロントコンソール、ドアスイッチパネル、ドアグリップを新デザインに変更したほか、「1. 6GT-S EyeSight」、「2. 0GT-S EyeSight」はインパネ加飾パネルのデザインも変更。 センターパネルは新たに8インチのナビゲーションにも対応したデザインに一新した。 また、インパネ中央上部に設置されるマルチファンクションディスプレイは、画面サイズを4. 3インチから5. 9インチに拡大した。 利便性を高めるためリヤシートの分割方式を4:2:4分割に変更したほか、従来は本革シート装着車にのみに設定されていたフロントシートヒーターを「1. 6GT EyeSight」を除く全車に標準装備化(「1. 6GT EyeSight」は「コールドウェザーパッケージ」としてメーカーオプション)した。 運転支援システム「アイサイト」に、全車速域でアクセル・ブレーキ・ステアリングの操作をサポートする新機能「アイサイト・ツーリングアシスト」をSUBARU車として初搭載。 また新たに、後退時自動ブレーキシステムと、従来は「アドバンスドセイフティパッケージ」に含まれていた「アイサイトアシストモニター」を追加した。 「アドバンスドセイフティパッケージ」は構成する機能を変更し「アイサイトセイフティプラス(運転支援)」および「アイサイトセイフティプラス(視界拡張)」に改称。 「運転支援」は従来通り「スバルリヤビークルディテクション」(後側方警戒支援システム)と「ハイビームアシスト(自動防眩ルームミラー付)」で構成。 また、その他の安全装備として、ステアリング連動ヘッドランプ、オートビークルホールドを新採用した。 走行性能では、フロント&リヤサスペンション(「STI Sport」を除く)と電動パワーステアリングを改良し乗り心地や操縦安定性、操舵フィーリングを高めたほか、ボディの各所に振動騒音対策を施すことで走行時の静粛性を向上。 6Lエンジンは制御を最適化し実用燃費を向上させたほか、「1. 2018年4月27日 改良モデルを発表。 (6月1日発売) 「アイサイト」のプリクラッシュブレーキ制御を改良。 認識対象が、車両と同一方向に進行する歩行者や自転車であった場合、減速制御の作動タイミングを早期化することで、衝突回避の可能性を向上させた。 また、低速走行中、前方に障害物がある状態で誤ってアクセルを踏み込んだと判断した場合には、プリクラッシュブレーキを作動させることで、衝突回避をアシストする。 「STI Sport EyeSight」はメッキドアハンドル、ピアノブラック調ステアリングベゼルを新採用。 SUBARU60周年特別記念車として「1. 6GT EyeSight Smart Edition」を追加設定。 2018年11月27日 特別仕様車「1. 6GT EyeSight V-SPORT」を設定 (2019年1月15日発売)。 レヴォーグでは前述の「1. 6GT EyeSight Smart Edition」に続くSUBARU60周年特別仕様車として設定される。 6GT EyeSight」をベースに、「1. また、ビルシュタイン製ダンパー(フロント倒立式)を特別装備し、フロントブレーキを17インチ2ポットベンチレーテッドディスクに変更した。 ボディカラーは特別設定色「WRブルー・パール」を含む4色を設定。 2019年5月7日 改良モデル並びに特別仕様車「STI Sport Black Selection」、「1. 6GT-S EyeSight Advantage Line」が発表された(改良モデル及び「STI Sport Black Selection」は6月27日、「1. 6GT-S EyeSight Advantage Line」は8月29日にそれぞれ発売)。 ボディカラーは「ダークグレー・メタリック」、「ストームグレー・メタリック」の2色に替わり「マグネタイトグレー・メタリック」を追加した(後述する「1. 6GT EyeSight V-SPORT」は未設定)。 また、グレード体系が一部変更され、SUBARU60周年特別記念車として設定されていた「1. 6GT EyeSight Smart Edition」および「1. 6GT EyeSight V-SPORT」をカタログモデルに昇格した一方、「1. 6GT EyeSight S-style」は廃止となった。 「STI Sport Black Selection」は「STI Sport EyeSight(1. 6GT-S EyeSight Advantage Line」は「1. 6GT-S EyeSight」をベースに、エクステリアでは「STI Sport Black Selection」同様にタイヤ・アルミホイールを18インチにサイズアップの上、アルミホイールをブラック塗装に、カラードドアミラー(フットランプ付)とカラードドアハンドルをブラックに、リヤオーナメント(「LEVORG」および「シンメトリカルAWD」)は「ラスターブラック」仕上げにそれぞれ変更。 また、ベース車ではメーカーオプションとなる、アイサイトセイフティプラス(運転支援)および アイサイトセイフティプラス(視界拡張)を標準装備。 ボディカラーは、特別設定色である「クールグレーカーキ」のほか、「クリスタルホワイト・パール(有料色)」、「クリスタルブラック・シリカ」の3色を設定。 2019年11月7日 特別仕様車「2. 0GT EyeSight V-SPORT」が発表された(2020年1月23日発売)。 0GT-S EyeSight」をベースに、外観はアルミホイールをブラック塗装に、リアオーナメント(LEVORG、シンメトリカルAWD)をラスターブラックに、カラードドアミラーをブラックにと黒でコーディネート。 安全面では、ベース車ではメーカーオプション設定となっているハイビームアシスト(自動防眩ルームミラー付)とスバルリアビークルディテクション(後側方警戒支援システム)で構成された「アイサイトセイフティプラス(運転支援)」が標準装備された。 ボディカラーは全5色が設定される。 2代目 [ ]• プレスリリース , 富士重工業株式会社, 2014年4月15日 ,• 2013年11月20日. 2013年11月30日閲覧。 プレスリリース , 富士重工業株式会社, 2014年4月15日 ,• プレスリリース , 富士重工業株式会社, 2014年4月15日 ,• プレスリリース , 富士重工業株式会社, 2014年4月15日 ,• 「スバル レヴォーグ カタログ」27および29ページ、2014年4月発行。 m01EV020• 「スバル レヴォーグ カタログ」27および29ページ、2014年4月発行。 m01EV020• 「スバル レヴォーグ カタログ」33ページ、2014年4月発行。 m01EV020• プレスリリース , 富士重工業株式会社, 2014年4月15日 ,• WorldCarFans. com 2015年2月6日. 2015年2月6日閲覧。 WorldCarFans. com 2015年1月7日. 2015年1月7日閲覧。 プレスリリース , 富士重工業株式会社, 2013年11月20日 ,• プレスリリース , 富士重工業株式会社, 2013年12月27日 ,• プレスリリース , 富士重工業株式会社, 2014年4月15日 ,• プレスリリース , 富士重工業株式会社, 2014年10月1日 ,• プレスリリース , 富士重工業株式会社, 2014年12月11日 ,• プレスリリース , 富士重工業株式会社, 2015年4月16日 ,• プレスリリース , 富士重工業株式会社, 2015年6月1日 ,• プレスリリース , 富士重工業株式会社, 2015年12月10日 ,• プレスリリース , 富士重工業株式会社, 2016年4月11日 ,• プレスリリース , 富士重工業株式会社, 2016年5月27日 ,• プレスリリース , 富士重工業株式会社, 2016年6月27日 ,• 「スバル レヴォーグ STI Sport カタログ」38~39および43ページ、2016年6月発行。 m01GV050• プレスリリース , 富士重工業株式会社, 2016年10月3日 ,• プレスリリース , 株式会社SUBARU, 2017年6月5日 ,• プレスリリース , 株式会社SUBARU, 2017年7月3日 ,• プレスリリース , 株式会社SUBARU, 2018年4月27日 ,• プレスリリース , 株式会社SUBARU, 2018年11月27日 ,• プレスリリース , 株式会社SUBARU, 2019年5月7日 ,• プレスリリース , 株式会社SUBARU, 2019年11月7日 ,• プレスリリース , 株式会社SUBARU, 2019年10月23日 , 2019年10月24日閲覧。 プレスリリース , 株式会社SUBARU, 2020年1月10日 , 2020年1月17日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の