猫 お腹 たるみ。 猫のお腹の膨らみが大きいのは病気?たるみの場合はルーズスキンかも。

猫のお腹のたるみ「ルーズスキン」

猫 お腹 たるみ

お腹のたるみがある時の病気の見分け方 猫のお腹のたるみが病気かどうか見分けるには、やはり 直接猫のお腹を触ってみるとわかりやすいですね。 おなかに何か張りやしこり、その他の違和感がある場合は病気が原因の可能性が高いと言えます。 また、猫ちゃんがお腹をさわると痛がる場合も、病気が隠れていそうです。 やっかいなのが、 お腹をさわってもわかりにくい場合があります。 この場合は猫ちゃんの様子が 普段と違う、例えばおしっこやうんちが出にくい、元気がない、動かないなどの症状を見逃さない事が大切です。 まれに 病気が悪化するまで症状が現れにくい場合もあります。 猫も普段と様子は変わらず、重症化するまでまったく気づかない場合も。 次の項目で説明している、病気が原因ではないお腹のたるみに該当しないのであれば、定期健診も兼ねて獣医さんに相談しましょう。 病気が原因ではないお腹のたるみ 病気がではないのに猫のお腹にたるみがある理由は• ルーズスキン• 肥満 以上の3つがあります。 詳しく見て行きましょう。 妊娠 これはそのまんまですね。 妊娠が原因で猫のお腹にたるみが出ている場合は、すでにつわりも終わっている頃なのですぐ分かりますね。 また、避妊手術後には切開したお腹をつなぎ合わせた部分にたるみが出る場合があります。 ルーズスキン ルーズスキンとは、ネコ科特有のお腹のたるみの事です。 実はこの ルーズスキンはすべての猫はもちろん、肉欲獣のライオン・チーター・トラ、ネコ科の動物すべてにあるものです。 猫の種類によって、目立つ猫、目立たない猫がいます。 ルーズスキンの役割は二つあると考えられています。 一つは、走ったりジャンプしたりする時のために、皮ふに余裕を持たせるためにルーズスキンがあると考えられています。 この理由を聞くと「なるほど」って思いますよね^^ 二つ目は、争いや外敵から身を守るための鎧(よろい)のような役割があるとされています。 よく腹を見せると言いますが、お腹は動物にとっては弱点なんですよね。 肥満 肥満が原因の場合は一安心かと思われがちですが、肥満はそのままにしておくと様々な病気の引き金になってしまう事も。 猫をダイエットさせるには、人間と同じように、食事と運動です。 猫にエサをねだられると、ついつい多めにあげたくなりますよね。 そこをぐっとこらえて、猫ちゃんのためにも適量のエサを与えるように心がけましょう。 そして時間が許す限り、猫ちゃんの遊び相手になるのも大切です。 それはお腹のたるみの部分をつまんでみるとわかりやすいですよ。 つまんで完全に皮だとルーズスキンで、人間と同じようにぜい肉感があるなら肥満です。 そして肥満だとお腹のたるみだけでなく、全体的にふっくらします。 スポンサードリンク 病気が原因のお腹のたるみ お腹のたるみの原因が病気の場合、早急に獣医の診察が必要になってきます。 病気が原因の場合、• 寄生虫• ウィルス感染• ストレス になります。 詳しく見て行きましょう。 寄生虫 寄生虫と言えば代表的なのが回虫でしょうか。 回虫は土の中にいたり、回虫に感染したネズミや鳥から感染します。 まれに母猫の母乳から観戦する場合もあります。 正直、回虫ってかなりうざいです 笑 まあ、彼らも生きるために進化してきたから、敵ながらあっぱれとでも言っておきましょうか。 回虫は猫のおしりの穴からにょきにょきと出てくる事もよくあり、猫用の飲み薬で駆除する事が出来ます。 ウィルス感染 ウィルス感染は猫どうしのケンカや交尾で感染します。 ウィルス感染はにはいろんな病気を誘発し、一番怖い原因と言えるかもしれません。 ウィルス感染で心臓や肝臓が侵される場合もあります。 そしてこのウィルス感染は 人間に移る事もあり、猫ちゃんにひっかかれたり、噛まれた場合は要注意です。 ストレス ストレスは軽視しがちですが、猫はストレスにとても弱い動物です。 しっぽを引っ張るようないたづらなどは厳禁です。 小さいお子さんがいるお家は注意しましょう。 ストレスの影響で便秘になり、うんちやおしっこがまったく出なくなる事もあります。 また、尿路結石も猫がかかりやすい病気です。 尿路結石は水をあまり飲まない猫に多いですが、ストレスも影響している場合がほとんどです。

次の

猫がお腹を見せる本当の理由5つ!お腹を撫でる時はここに注意!

猫 お腹 たるみ

スポンサーリンク しかし、これらに当てはまらず、 お腹だけが 膨らんできているの であれば、それは 何らかの 病気である可能性が非常に高いです。 猫のお腹が膨らんでくる原因 肥満・妊娠・食べ過ぎによる 腹部膨満ではない場合で考えられるのは、 *何らかの原因によって、 腹部内の臓器が大きくなる。 *何らかの原因によって、 腹部内に水が溜まる。 *腹部の筋肉がたるんできたり、 薄くなってきた ときに大きく見えるようになる。 などが挙げられます。 腹部内の臓器が大きくなる要因 としては、 内臓の腫瘍や水腫、肥大、 また 子宮に膿がたまる、 便秘などの 病気が考えられます。 腹部内に水が溜まる 腹水 要因 としては、症状として 腹水を伴う病気が考えられます。 腹部の筋肉がたるんだり、 薄くなってくる要因としては、 主に 加齢が挙げられます。 また、子猫などの場合も、 お腹の膨らみは目立ちます。 また、おなかが膨れてくる 進行具合によってもさまざま ですが、その多くは ゆっくりと 進行することが多いため、 極端な症状は出にくいとも言えます。 急速にお腹が膨れてくるような 場合は、緊急を 要する病気の 可能性が高いため、早急に病院に 連れていきましょう。 また、いずれにしても他に何か 気にかかる 症状がないかを 注意深く観察することが大事です。 そして、 早めに病院を受診しましょう。 スポンサー リンク 考えられる病気 <猫の伝染性腹膜炎> 猫の難治性3大疾病の一つです。 原因は コロナウイルスです。 この コロナウイルスが猫の体内で 突然変異した ものが 猫伝染性腹膜炎 FIP ウイルスです。 腹膜炎や胸膜炎を起こし 腹水や胸水が溜まってきます。 <猫の尿石症による尿道閉塞> 腎臓や尿管、膀胱に 結石ができる 病気でこの結石が尿道につまり、 尿道を閉塞、オシッコの排泄が できなくなることで、 尿毒症・急性腎不全となります。 膀胱にオシッコがパンパンに 詰まってしまうので腹部も膨れてきます。 一刻を争う、 緊急治療を要する病気です。 <猫の胃拡張・胃捻転> 胃が ガスや食べ物で拡張 膨れあがる し、 捻転 ねじれ を起こした状態です。 放置していると胃の内部で 発生したガスによって胃はさらに 拡張し、門脈や大動脈が圧迫され、 心臓や胃に血液が行き渡らなくなり 全身に悪影響を及ぼし 、 数時間で死に至ります。 一刻を争う、 緊急治療を要する病気です。 <猫の便秘・巨大結腸症> 巨大結腸症は、 結腸が異常に拡張し 排便困難 となり、重度の便秘を 引き起こす病気です。 何らかの原因で便秘になり、 直腸の手前の結腸に 便が溜まり、 結腸が巨大化します。 <猫の肝炎・肝硬変> 猫の肝炎は、何らかの原因で 肝臓が炎症を 起こす病気です。 慢性化すると肝硬変になり、 危険な状態になります。 末期になると 重度の黄疸や腹水 が見られます。 <猫の脂肪肝(肝リピドーシス)> 猫の脂肪肝 肝リピドーシス は、 脂質代謝異常 によって、肝臓の 細胞のほとんどが、脂肪になって しまい、正常な働きができなく なってしまう病気です。 そのほとんどが、 重度の肥満猫に発症します。 <猫のリンパ腫> リンパ腫とは、体中のリンパ球 が腫瘍(がん)になってしまったものです。 10歳前後の高齢で発症すること が多いですが、 猫白血病ウイルス(Felv)に 感染していると 若齢でも発症します。 腸間膜などに 腫瘍ができます。 <猫の子宮蓄膿症> 発情後の黄体期には、免疫力が 低下したり、細菌が子宮内に侵入 しやすい状態になります。 このときに、 子宮内に細菌感染が 起こって 膿が溜まってきて、 子宮蓄膿症を起こします。 *未避妊のメス猫にのみ起きる病気です その他、 内臓 肝臓・腎臓・膀胱 など の 腫瘍が挙げられます。 お腹の膨らみは放置すると悪化し、 呼吸が苦しく なったり、 食欲がなくなったりします。 また、場合によっては、 手遅れに なってしまうこともあります。 早めに病院に連れて行って 原因をつきとめ、治療してあげましょう。

次の

猫のお腹に余ってる皮の名前と、たるんでいる理由

猫 お腹 たるみ

スポンサーリンク しかし、これらに当てはまらず、 お腹だけが 膨らんできているの であれば、それは 何らかの 病気である可能性が非常に高いです。 猫のお腹が膨らんでくる原因 肥満・妊娠・食べ過ぎによる 腹部膨満ではない場合で考えられるのは、 *何らかの原因によって、 腹部内の臓器が大きくなる。 *何らかの原因によって、 腹部内に水が溜まる。 *腹部の筋肉がたるんできたり、 薄くなってきた ときに大きく見えるようになる。 などが挙げられます。 腹部内の臓器が大きくなる要因 としては、 内臓の腫瘍や水腫、肥大、 また 子宮に膿がたまる、 便秘などの 病気が考えられます。 腹部内に水が溜まる 腹水 要因 としては、症状として 腹水を伴う病気が考えられます。 腹部の筋肉がたるんだり、 薄くなってくる要因としては、 主に 加齢が挙げられます。 また、子猫などの場合も、 お腹の膨らみは目立ちます。 また、おなかが膨れてくる 進行具合によってもさまざま ですが、その多くは ゆっくりと 進行することが多いため、 極端な症状は出にくいとも言えます。 急速にお腹が膨れてくるような 場合は、緊急を 要する病気の 可能性が高いため、早急に病院に 連れていきましょう。 また、いずれにしても他に何か 気にかかる 症状がないかを 注意深く観察することが大事です。 そして、 早めに病院を受診しましょう。 スポンサー リンク 考えられる病気 <猫の伝染性腹膜炎> 猫の難治性3大疾病の一つです。 原因は コロナウイルスです。 この コロナウイルスが猫の体内で 突然変異した ものが 猫伝染性腹膜炎 FIP ウイルスです。 腹膜炎や胸膜炎を起こし 腹水や胸水が溜まってきます。 <猫の尿石症による尿道閉塞> 腎臓や尿管、膀胱に 結石ができる 病気でこの結石が尿道につまり、 尿道を閉塞、オシッコの排泄が できなくなることで、 尿毒症・急性腎不全となります。 膀胱にオシッコがパンパンに 詰まってしまうので腹部も膨れてきます。 一刻を争う、 緊急治療を要する病気です。 <猫の胃拡張・胃捻転> 胃が ガスや食べ物で拡張 膨れあがる し、 捻転 ねじれ を起こした状態です。 放置していると胃の内部で 発生したガスによって胃はさらに 拡張し、門脈や大動脈が圧迫され、 心臓や胃に血液が行き渡らなくなり 全身に悪影響を及ぼし 、 数時間で死に至ります。 一刻を争う、 緊急治療を要する病気です。 <猫の便秘・巨大結腸症> 巨大結腸症は、 結腸が異常に拡張し 排便困難 となり、重度の便秘を 引き起こす病気です。 何らかの原因で便秘になり、 直腸の手前の結腸に 便が溜まり、 結腸が巨大化します。 <猫の肝炎・肝硬変> 猫の肝炎は、何らかの原因で 肝臓が炎症を 起こす病気です。 慢性化すると肝硬変になり、 危険な状態になります。 末期になると 重度の黄疸や腹水 が見られます。 <猫の脂肪肝(肝リピドーシス)> 猫の脂肪肝 肝リピドーシス は、 脂質代謝異常 によって、肝臓の 細胞のほとんどが、脂肪になって しまい、正常な働きができなく なってしまう病気です。 そのほとんどが、 重度の肥満猫に発症します。 <猫のリンパ腫> リンパ腫とは、体中のリンパ球 が腫瘍(がん)になってしまったものです。 10歳前後の高齢で発症すること が多いですが、 猫白血病ウイルス(Felv)に 感染していると 若齢でも発症します。 腸間膜などに 腫瘍ができます。 <猫の子宮蓄膿症> 発情後の黄体期には、免疫力が 低下したり、細菌が子宮内に侵入 しやすい状態になります。 このときに、 子宮内に細菌感染が 起こって 膿が溜まってきて、 子宮蓄膿症を起こします。 *未避妊のメス猫にのみ起きる病気です その他、 内臓 肝臓・腎臓・膀胱 など の 腫瘍が挙げられます。 お腹の膨らみは放置すると悪化し、 呼吸が苦しく なったり、 食欲がなくなったりします。 また、場合によっては、 手遅れに なってしまうこともあります。 早めに病院に連れて行って 原因をつきとめ、治療してあげましょう。

次の