メガドンキ ユニー 伊勢崎。 アピタ長久手は閉店しない?!メガドンキに改装するか?検証してみた

ドンキ、ついにユニーを買収!――「世界展開」目指すドンキ、その思惑とは?

メガドンキ ユニー 伊勢崎

アピタ長久手の閉店の噂 ファミリーマートとの経営統合で、不採算店を占めるとのことで、アピタ長久手も閉店する?との噂もあったみたいですね。 イオンモール長久手もオープンしましたので、お客を取られたことは間違いないと思います。 ユニーグループホールディングスは、ファミリーマートとの経営統合にともない総合スーパ「アピタ」「ピアゴ」などの約25店舗を閉店、コンビニエンスストア「サークルK」「サンクス」などの約1000店舗を閉店、もしくは店舗移転・統合させることを正式に発表した。 このほか、ユニーではホームセンター「ユーホーム」の全店を閉店させることを発表している。 そのため、結果的にアピタ・ピアゴ・ユーホームの店舗を合わせたユニー全体での閉店数は、約40店舗ほどになると考えられる。 アピタ長久手の改装 アピタ長久手は少しずつ改装はしているものの、フードコートなどはガラガラの状態です。 アピタ長久手とイオンモール長久手 イオンモール長久手が出来た当初のアピタ長久手は、確かに空いてはいたのですが、最近では持ち直しているようにみえます。 というのもいつ行っても割と混んでいるのです。 理由として考えられるのは、• イオン長久手は駐車場が混んでいて、空いている時間だとしても停めにくい• アピタの方が名古屋よりに立地している• 食料品売り場はアピタの方が広くて品ぞろえが多そう (あくまでも主観・イオンはプレイべートブランドが多いイメージ)• アピタの方が慣れている(特にお年寄りにこの意見が多い)• アピタの方がこじんまりしている• イオンモール長久手はどちらかといえば、若い人向けの展開 アピタ長久手店はイオンとは差別化を図って、独自路線をいけば活路はありそうですね。 ファミマの偉い方は、アピタの衣料品にダメ出しをして、『温泉施設でもあった方がまし』と言ったそうですね。 アピタがどんな進化をするか楽しみですね。 消費者にとっては、選択肢が増えた方が嬉しいですから。 メガドンキのリストにアピタ長久手はなし ユニー・ファミリーマートホールディングスとドンキホーテホールディングスは2018年11月20日、2019年夏季にダブルネーム業態「MEGAドン・キホーテUNY」に業態転換する6店舗を発表しました。 5月上旬 「ピアゴ気噴」(愛知県春日井市) 「ピアゴ大和」(愛知県一宮市) 6月下旬 「アピタ鈴鹿」(三重県鈴鹿市) 「アピタ伊勢崎東」(群馬県伊勢崎市) 7月中旬 「ピアゴ勝幡」(愛知県愛西市) 8月上旬 「ピアゴ藤岡」(群馬県藤岡市) 6店舗をリニューアルオープンすると発表しましたが、アピタ長久手は上がりませんでした。 2107年1月29日 地下一階に100円ショップのセリアが出来ました。 エレベーターの横から突き当りまで全部セリアです。 二階にあった雑貨屋さんが一階に移動して、売り場が広くなりました。 一階の子供服売り場が、中央に集約されました。 メゾピアノなどがあります。 同じ一角にベビー服ブランドも集約されています。 100均も出来たし、郵便は出せるし、銀行や郵便局のATMもあるし、駐車場は止めやすいし、食料品は何でも揃うし・・・。 MEGAドンキ東海通店び行ったことがありますが、始めは抵抗があるかもしれないといった店舗です。 受け入れられない人もいそう…。 続報が入ったら追記していきますね。 2019年5月清水屋が進化 清水屋がリニューアルしましたね! マツモトキヨシ、セリア、フィットネスジムが入り、スーパーがマックスバリューになりました。 アピタ長久手もこのままでは、厳しい状況が続きそうですね!テコ入れは必要かもしれないし、発表はさてていませんが、閉店もやむなしかもしれません。 そんな気がしてきます。

次の

MEGAドン・キホーテUNY伊勢崎東店 テナント一覧、地図、店舗概要

メガドンキ ユニー 伊勢崎

アピタ長久手の閉店の噂 ファミリーマートとの経営統合で、不採算店を占めるとのことで、アピタ長久手も閉店する?との噂もあったみたいですね。 イオンモール長久手もオープンしましたので、お客を取られたことは間違いないと思います。 ユニーグループホールディングスは、ファミリーマートとの経営統合にともない総合スーパ「アピタ」「ピアゴ」などの約25店舗を閉店、コンビニエンスストア「サークルK」「サンクス」などの約1000店舗を閉店、もしくは店舗移転・統合させることを正式に発表した。 このほか、ユニーではホームセンター「ユーホーム」の全店を閉店させることを発表している。 そのため、結果的にアピタ・ピアゴ・ユーホームの店舗を合わせたユニー全体での閉店数は、約40店舗ほどになると考えられる。 アピタ長久手の改装 アピタ長久手は少しずつ改装はしているものの、フードコートなどはガラガラの状態です。 アピタ長久手とイオンモール長久手 イオンモール長久手が出来た当初のアピタ長久手は、確かに空いてはいたのですが、最近では持ち直しているようにみえます。 というのもいつ行っても割と混んでいるのです。 理由として考えられるのは、• イオン長久手は駐車場が混んでいて、空いている時間だとしても停めにくい• アピタの方が名古屋よりに立地している• 食料品売り場はアピタの方が広くて品ぞろえが多そう (あくまでも主観・イオンはプレイべートブランドが多いイメージ)• アピタの方が慣れている(特にお年寄りにこの意見が多い)• アピタの方がこじんまりしている• イオンモール長久手はどちらかといえば、若い人向けの展開 アピタ長久手店はイオンとは差別化を図って、独自路線をいけば活路はありそうですね。 ファミマの偉い方は、アピタの衣料品にダメ出しをして、『温泉施設でもあった方がまし』と言ったそうですね。 アピタがどんな進化をするか楽しみですね。 消費者にとっては、選択肢が増えた方が嬉しいですから。 メガドンキのリストにアピタ長久手はなし ユニー・ファミリーマートホールディングスとドンキホーテホールディングスは2018年11月20日、2019年夏季にダブルネーム業態「MEGAドン・キホーテUNY」に業態転換する6店舗を発表しました。 5月上旬 「ピアゴ気噴」(愛知県春日井市) 「ピアゴ大和」(愛知県一宮市) 6月下旬 「アピタ鈴鹿」(三重県鈴鹿市) 「アピタ伊勢崎東」(群馬県伊勢崎市) 7月中旬 「ピアゴ勝幡」(愛知県愛西市) 8月上旬 「ピアゴ藤岡」(群馬県藤岡市) 6店舗をリニューアルオープンすると発表しましたが、アピタ長久手は上がりませんでした。 2107年1月29日 地下一階に100円ショップのセリアが出来ました。 エレベーターの横から突き当りまで全部セリアです。 二階にあった雑貨屋さんが一階に移動して、売り場が広くなりました。 一階の子供服売り場が、中央に集約されました。 メゾピアノなどがあります。 同じ一角にベビー服ブランドも集約されています。 100均も出来たし、郵便は出せるし、銀行や郵便局のATMもあるし、駐車場は止めやすいし、食料品は何でも揃うし・・・。 MEGAドンキ東海通店び行ったことがありますが、始めは抵抗があるかもしれないといった店舗です。 受け入れられない人もいそう…。 続報が入ったら追記していきますね。 2019年5月清水屋が進化 清水屋がリニューアルしましたね! マツモトキヨシ、セリア、フィットネスジムが入り、スーパーがマックスバリューになりました。 アピタ長久手もこのままでは、厳しい状況が続きそうですね!テコ入れは必要かもしれないし、発表はさてていませんが、閉店もやむなしかもしれません。 そんな気がしてきます。

次の

ドンキ、ついにユニーを買収!――「世界展開」目指すドンキ、その思惑とは?

メガドンキ ユニー 伊勢崎

ドン・キホーテの本店格の店舗「渋谷本店」。 渋谷唯一の「総合スーパー」として地域住民からの指示も集める ついに「流通再編の切り札」といわれる企業が動いた。 ディスカントストア大手の「ドンキホーテHD」(目黒区、以下ドンキHD、社名変更予定)は、業務資本提携している「ユニー・ファミリーマートHD」(東京都豊島区、以下ユニー・ファミマHD)の子会社である大手総合スーパー「ユニー」(名古屋市)の全株式を取得することを10月11日に発表。 合わせて、ユニー・ファミマHDはドンキHDの株式を株式公開買い付け(TOB)で最大約20パーセント取得することも発表した。 かつて大手スーパー「長崎屋」やダイエーの海外店舗を買収、この8月にも西友買収への興味を示すなど、流通再編の立役者となりつつあるドン・キホーテ。 ドン・キホーテは1978年にディスカウントストア「泥棒市場」として西荻窪で創業。 1989年に「ドン・キホーテ」1号店を東京都府中市に出店して以降、急速に店舗網を拡大し、2017年11月の「MEGAドン・キホーテ山科店」開店により総店舗数は400店舗を突破している。 ドンキHDは、2017年11月にユニー・ファミマHDと業務資本提携を実施し、ユニー・ファミマHDの100パーセント子会社となっていた総合スーパー「ユニー」株式の40パーセントを取得。 さらに「UDリテール」を設立し、2018年2月からはユニーの既存店6店舗をドンキ主導型のユニーとドンキのダブルネーム店舗「MEGAドン・キホーテUNY」へと転換していた。 今回、ドンキは残るユニー株60パーセントについても取得することを発表。 ユニーはドンキの完全子会社となる。 譲渡時期は2019年1月、取得額は約282億円。 この額は、仮にユニーが展開しているショッピングセンター業態「ウォークモール」の新築費用に換算すると僅か3~4店舗分でしかない。 ユニーの店舗に長く親しんだ人にとってみれば「年商7000億円規模のユニーが格安で買収されてしまった」という事実にショックを受ける人も少なくないであろう。

次の