妖怪 正伝。 【妖怪正伝】リセマラ当たりランキング&リセマラ方法を徹底解説!

‎「妖怪正伝 ~もののけ山海経~」をApp Storeで

妖怪 正伝

フィールド探索パートでは、周囲のモノ(宝箱)などを調べながらステージをどんどん進んでいくゲーム。 探索は移動とタップで行うことができ、操作面はかなり快適です。 敵とのバトルはエンカウント制であるので、頑張れば避けることもできます。 戦略要素として、動かしたキャラクターが狙ったモンスターと同一モンスターを攻撃できるキャラクターがいれば連携攻撃が発動。 単純に火力があがっていくので、フィールドの位置取りも重要ですよ! 妖怪正伝の見どころはやはり水墨画で描かれる世界観です! ストーリー・UI・バトル全てにおいて本作独特の世界観が貫かれているので、ゲームの雰囲気にはとことんこだわられていました。 和風なゲームが好きで、水墨画の絵と世界観に惹かれて始めました。 世界観が好きと言っている方が多いように、私もすごく好きです。 また、iPhone 8で遊んでますが、落ちたことはないです。 ゲーム性については、スキルや攻撃範囲が決まっていて、仲間と連鎖させるために頭を使って攻めるのは楽しいです。 キャラの強化や装備の強化も効果をしっかり感じられます。 ただ、キャラの攻撃範囲などを増やすには、進化が必要なのに、その進化素材の一つの「供物」が足りません。 同じキャラを集めるか石ダルマが必要みたいですが、srの常駐キャラはともかく、1週間に1キャラずつ(稀に2キャラ)ガチャでピックアップされるssrキャラはまったく進化できる気がしません。 石ダルマも、1週間毎日タスクを約20個ずつこなしてやっと一つ、それと60回他のプレイヤーとの対戦に勝ってやっと一つ、と言った感じです。 進化をしないとLv上限が解放されないので一定のレベルに達しないと使用できない装備を使うことができません。 キャラの強化にも制限がかかるのでせっかく豊富な育成要素を楽しむことができません。 進化は攻撃範囲を増やすだけにして、Lv上限を開放は別の手段にするか、ガチャ2キャラ数を増やして、もっとssrキャラの入手手段を増やして欲しいです。 魅力的なキャラがたくさんいるのに会えないのは残念です。 課金しようにもガチャに欲しいキャラがいないので出来ないです。 ガチャ率については、私はまだ100蓮もしてないのでなんとも言えません。 好きなキャラが来るまで妖銭と召喚付貯めてます。 25です。 改善して欲しいのは ・一つのガチャ内でssrキャラを増やすか、ピックアップする数ssrの数を増やして欲しい。 ・フレンドからの体力の受け取りとプレゼントをスムーズにして欲しい。 石ダルマは、無課金でやるならこのペースでの入手も妥当かと思います。 ですが、キャラクターの入手の機会は増やして欲しいです。 チャットが一日に4、5回ぐらいしか更新されないことや、他プレイヤーとの対戦で同じ人と何度も当たることから察するに、熱を持ってプレイしている人が減っているのだと思いますが、せっかく魅力的な世界観なので運営さんにはプレイヤーの声を聞いて、改善していって欲しいです。 長々と失礼しました。 今後に期待しています。 追記です。 実績の「!」マークとイベントの健康御守りコレクションの欄から「!」マークが消えないのが紛らわしいので直してもらいたいですね。 デベロッパの回答 、 妖怪正伝運営事務局です。 ご意見頂きありがとうございます。 運営スタッフにお伝えし、不具合の解消及び改善を進めて参ります。 今後ともよろしくお願いいたします。 画質良し。 背景良し。 声優良し。 ストーリー良し。 キャラデザ良し。 音楽良し。 無課金ですが、最高に楽しくプレイさせて頂いています。 しかし、最近前よりも落ちやすいです。 特に育成ボタン押した時によく落ちます。 まだ戦闘中に落ちたことはないのですが、いつ落ちるのかとハラハラしてしまいます。 又、あるssrキャラの目から何かが飛び出てくるバグに困っています。 評価の中でも同じようなコメントを見かけました。 せっかく覚醒させたばかりなのに、見る度に不快になります。 早急な対応をお願いします。 これからも楽しくプレイさせていただきます。 引き続きよろしくお願いします。

次の

「妖怪正伝〜もののけ山海経〜」のキャラに扮したコスプレイヤーたちが渋谷と池袋を練り歩く「百鬼夜行フェス」を実施決定

妖怪 正伝

水墨画で和風世界を再現。 雰囲気がすばらしい。 江戸時代に妖怪ブームを起こしたとされる世界最古の地理書「 山海経(せんがいきょう)」を元にした 美しい水墨画風の世界が描かれている。 登場する妖怪も、可愛くもおどろおどろしいデザインに仕上がっていた。 ゲームの流れについても、フィールドを探索して敵とエンカウントする ストーリーRPGらしさを感じられる。 バトルはユニットを1体のずつしか動かせないが、連携攻撃によって 位置を調整する戦略性を感じられた。 ただ、事前登録報酬の受け取りやガチャの排出について気になる点があり、ストアに投稿されているレビューについても 露骨なコメントが多いのは気になった。 妖怪を食べさせてステータスを強化 妖怪を食すことでステータスがアップする。 ユニットには装備やスキルといった概念があり、育成では不要な妖怪を 合成(食べ)させてステータスを上げたり、レベルを上げたりする。 ユニットの入手は主にガチャで行い、表記上ではUR~Nランクまでが排出される(URとSSRの個別確率記載はなし)。 排出率は UR1%、SSR3. 33%。 ゲームの流れ 探索パートは時間経過で回復する饅頭を消費して挑戦する。 ストーリーについては別メニューで選択すると再生される。 探索中はフィールドをタップしてキャラを移動させる。 各所にアイテムや壊せる壷があるので探してみよう。 敵と接触するかタップするとターン制のタクティカルバトルに突入。 1ターンに1体だけユニットを動かし、敵を攻撃して倒していこう。 探索パートを進めるなど条件を満たすとストーリーが開放される。 自称天才道士・江酌月(こうしゃくげつ)が、「天書」を狙う妖怪たちと戦う物語が描かれている。 探索やストーリーの他に、挑戦モードでは決められたユニットを使ってステージをクリアする道場などのモードがある。 プレイヤーレベルを上げて開放しよう。 妖怪正伝 ~もののけ山海経~の序盤攻略のコツ.

次の

【妖怪正伝】リセマラ当たりランキング!ガチャおすすめ最強キャラ一覧

妖怪 正伝

『 妖怪正伝~もののけ山海経~(以下:妖怪正伝)』のプレイレポートをお届けします。 水墨画風で描かれた和風の世界 『妖怪正伝』は、水墨画で描かれた和風の世界を舞台とした育成シミュレーションRPGです。 江戸時代に妖怪ブームを起こしたとされる世界最古の地理書「山海経(せんがいきょう)」を元にした美しい水墨画風の世界が描かれています。 登場する妖怪は今風に描かれており、可愛らしくも妖怪らしさがあります。 今回はライターの「カク」が実際に『妖怪正伝』をプレイしてみました! 水彩画で描かれた魅力のあるストーリー 『妖怪正伝』の魅力でもある水彩画で描かれたストーリー。 和風な世界観に妖怪たちのさまざまな話が繰り広げられます。 マンガのように展開されるストーリーを楽しむことができるので、話が入ってきやすかったです。 和風テイストな話が好きな方にはたまらないお話になっていると思うので、ストーリーが気になる方はぜひプレイしてみてください! バトルシステムは簡単! バトルは1ターンに1回だけユニットを動かすターン制。 敵の近くに味方のユニットを移動させることで攻撃してくれます。 自分のターンになったら味方をスワイプして移動、その後は相手が移動を繰り返す感じです。 敵を倒すとその場でアイテムをドロップ。 これらのアイテムはユニットの育成などに使うことができます。 味方のユニットを移動させた時、2体以上のユニットの攻撃範囲が被っていると協力技を発動します。 この協力技は自動で発動し、通常攻撃よりも大ダメージを与えることができるので、あらかじめどこにユニットを配置しておくのかが重要になってきます。 バトルはオートモードで行うこともできるので、配置を考えるのが苦手な方にはおすすめです。 メインストーリーについて メインストーリーでは、レベルが上がるごとに新しいストーリーが解放されていきます。 レベルは、ストーリーで探索中の敵を倒すことで上がっていくので、プレイすれば自然と上がっていきますよ! ストーリーは探索することができ、好きに移動することができます。 見つけたアイテムをタップして拾ったり、敵と遭遇してバトルなどRPGらしいゲーム性になっています。 ガチャを引いてみた! チュートリアルが終了するとガチャを引けます! ガチャを引くこと新しいユニットを召喚できるので、どんどん引いて召喚していきましょう! 今回は「小青」を召喚しました。 「小青」は中国の四大民話伝説「白蛇伝」に登場する主要人物の1人のようですね。 『妖怪正伝』をプレイしているとさまざまな妖怪が登場してきて、どのような妖怪なのか気になって調べちゃいます(笑)。 昔ながらの妖怪が多数登場するので、皆さんも気になったら調べてみてはいかがでしょうか! 最初は道場で学ぶのがおすすめ ゲームを進める前に、まずは「衝虚道場」でバトルシステムなど学ぶのがおすすめです。 ここでは、1つ1つのバトルシステムを詳しく教えてくれるだけでなく、クリアすることで経験値やガチャ券であるお札を貰うことができます。 リリース記念特典の受け取りについて リリース記念特典は、直接プレゼントされるのではなく、【イベント告知】で表示されている【特典コード(GCYOUKAI2019)】を入力しないと貰えないので注意です! アプリのレビューでも多数のコメントがあるので、もしかすると修正されるかもしれませんね! 『妖怪正伝』をプレイしてみましたが、水墨画風の世界観は魅力的で、面白い試みだと感じました。 ゲーム性もフィールドを探索したり、配置を意識したバトルシステムなどRPGらしい仕上がりになっていました。 皆さんもぜひこの機会に『妖怪正伝』をプレイしてみてください!.

次の