ゆうちょ pay キャンペーン。 ゆうちょPayとは? 登録すべき? メリット・デメリット、そしてキャンペーンについて紹介|まるわかりキャッシュレス

ゆうちょpayのキャンペーン内容まとめ!10万円が当たる?

ゆうちょ pay キャンペーン

ゆうちょPay ゆうちょペイ を使うのに必要なのものは、 「スマホ」と「ゆうちょ銀行の口座」の2つだけです。 スマホにゆうちょPay ゆうちょペイ のアプリをダウンロードし、ゆうちょ銀行口座の情報を入力、そして買い物時には表示されるQRコードを読み取りするだけで、簡単便利にゆうちょPayを使うことができます。 そもそも、ゆうちょPay ゆうちょペイ は「」の仕組みを利用しているサービスです。 銀行Payは、すでに横浜銀行で「」、福岡銀行、熊本銀行、親和銀行で「」として導入されています。 ゆうちょPay ゆうちょペイ が参入したことにより、銀行と郵便局といった垣根を越えて銀行Payが使えるようになりました。 これにより、今後のキャッシュレス決済の利用幅はさらに増えたといえるでしょう。 ゆうちょPay ゆうちょペイ と他のコード決済との特徴の違いとは? ゆうちょPay ゆうちょペイ という名前は、まだあまり聞きなれていない人も多いかもしれません。 「Pay」といえば、やといったサービスの方が普及しているイメージもあります。 では、ゆうちょPay ゆうちょペイ と、の中で代表的なLINE Pay、そしてPayPayとの違いを簡単に比較してみましょう。 ゆうちょPay LINE Pay PayPay 利用店舗 ミニストップ各地方銀行などまだ使える店舗は少ない コンビニやドラッグストア 全国で100万店舗以上 ファミリーマートドラッグストアなど全国で60万店 決済方法 ゆうちょ口座引き落とし ・LINE Pay残高 ・口座引き落とし ・クレジットカード ・PayPay残高 ・Yahoo! マネー ・クレジットカード メリット ・払込取扱票による公共料金等の支払いが可能 ・キャッシュアウトができる ・利用店舗が多い ・LINEを通じ友人同士で送金ができる 100億円あげちゃうキャンペーンなど特典が多い ゆうちょPay ゆうちょペイ は、まだ発足したばかりのサービスとあって、 LINE PayやPayPay の利用店舗に比べると少ないのは否めません。 また、100億円キャンペーンや友人同士の送金が可能といった特典はないでしょう。 ただ、LINE PayやPayPayなどは決済方法が複数あり、よくわからないという方もいるでしょう。 その点ゆうちょPay ゆうちょペイ なら、ゆうちょ銀行の口座があれば自動的に引き落としとなるので、使い方も分かりやすく非常にスムーズです。 またゆうちょPay ゆうちょペイ は駅の券売機でお金を引き出せるキャッシュアウトができるなど、他の決済サービスにはない特徴があります。 初めてキャッシュレス決済サービスを使うのであれば、 ゆうちょ銀行の口座があれば利用できるゆうちょPayのほうが、導入しやすいともいえます。 ゆうちょPay ゆうちょペイ のメリット9つを解説 ここからは、ゆうちょPay ゆうちょペイ のメリットについて詳しく紹介します。 一見、クレジットカードなどと何が違うのか分かりにくいゆうちょPayですが、「使いすぎることがない」「請求書の支払いも可能」といった便利なメリットがたくさんあります。 ゆうちょPayのメリット• ゆうちょ銀行からすぐに引き落としが可能• 使いすぎの心配がない• 支払いが簡単でスピーディー• 未成年でも登録が可能• 請求書の支払いも簡単• お得なクーポンも配信予定• 駅内の券売機でキャッシュアウトができる• 病院で使える可能性大• おサイフケータイやApple Payがないスマホでも便利 それぞれについて詳しく解説していきます。 例えば、ゆうちょPayを使って1000円の買い物をした場合、その瞬間にゆうちょ銀行の口座から1000円が引き落とされるのです。 クレジットカードの場合、カード会社によって引き落とし日が決まっており、利用したその場で口座から現金が引き落とされることはありません。 仮に7月1日に1万円利用した場合、実際に口座から1万円を引き落とされるのは8月の25日、といったことが多いのです。 そのため、 クレジットカードの場合、いつどこでいくらカード払いをしたのか、わかりにくいことも多い でしょう。 翌月末に口座から引き落とされることが多いため、「あれ、なんでこんなに残高が減っているのだろう」といったこともあるのです。 その点ゆうちょPay ゆうちょペイ なら、 使ったその場で現金が口座から引き落とされる ので、家計管理にも役立ちます。 随時残高をチェックすることにより、使い過ぎを防ぎ、計画性を持って利用することができます。 また、使ったお金が口座からすぐに引き落とされるということは 口座に残高がないと買い物はできません。 これは一見不便なように見えますが、使いすぎを予防できるため安心できます。 クレジットカードの場合、残高不足でもカードで買い物をすることは可能です。 しかし、支払日にお金が足りない場合は、状況によって遅延損害金が発生したり、信用情報に傷がついたりする恐れがあります。 ゆうちょPayはそのような心配がないので安心して使うことができます。 そのため、使いすぎる心配はないのです。 例えば、ゆうちょPay ゆうちょペイ における、ひと月の生活費を5万円に設定したとします。 その場合、 口座に5万円だけを入金しておけば、5万円以上使うことはありません。 クレジットカードや一部デビットカードの場合、残高がなくても「貸付」のような形で利用することは可能です。 一見便利なように見えますが、貸付で残高以上のお金をカード利用した場合、その分金利を付けて返済しなくてはならず、返済額が増えてしまいます。 ゆうちょPay ゆうちょペイ なら残高の範囲内でしか使えないシステムとなっているため、 知らないうちに貸付金を利用していた、というトラブルもありません。 あらかじめ入金しておいた残高内での利用となるので、使いすぎてしまう心配もないでしょう。 小銭やお釣りをもらう必要がないため、急いでいるときもスピーディーに支払いを終えることができるでしょう。 また、支払いがすばやく終わるのは、店側にとってもメリットがあります。 例えば、ドラッグストアなどでレジに行列ができ、お客さんへお釣りを渡す必要があると時間が掛かってしまうでしょう。 ゆうちょPayを利用した場合はおつりを渡すことが不要になるので、店側の負担も軽減することができます。 また、ゆうちょPay ゆうちょペイ に対応しているドラッグストアなどでは、コードの読み取り機が設置されているケースが多いです。 店側にコードを読み取ってもらうストアスキャン方式ができれば、決算はさらにスピードアップが可能です。 アプリ画面をコードでサッと読み取ってもらえれば、それだけで支払いは完了できます。 これは、ゆうちょPayの場合、クレジットカードがなくても登録できるため、未成年でも登録が可能なのです。 そもそもゆうちょPay ゆうちょペイ は、ゆうちょ銀行をはじめとする、ゆうちょPay連携銀行の口座があれば利用可能です。 とくに、ゆうちょ銀行は、もらったお年玉などを入れておく口座として、子供でも口座を持っているケースは多いでしょう。 また、スマートフォンの普及率が上がっている子供にこそ、あえてゆうちょPay ゆうちょペイ を使わせることもおすすめです。 今後は、世の中にもっとキャッシュレス決済が普及していくと予想されています。 未成年のうちから、ゆうちょPayを計画性を持って利用することにより、キャッシュレス決済の賢い利用方法を学ぶことにもつながる でしょう。 対象となる払込取扱票は、 ゆうちょPay支払用のQRコードが記載されているもの です。 払込取扱票は、基本的には現金で支払う必要があります。 コンビニまで行く時間がなかったり、現金を持ち合わせていなかったりすると、払い込みすること自体を忘れてしまうかもしれません。 しかし、ゆうちょPay ゆうちょペイ なら、わざわざ払込取扱票をコンビニまで持って行く必要もなく、自宅で簡単に支払いを済ませることができるので、大変便利です。 また、ゆうちょPay ゆうちょペイ で払込取扱票を支払っても、手数料が掛かることは少ないです。 なかには決済手数料として100円程度かかるケースもありますが、わざわざコンビニへ出向いて払うことを考えると、手数料としては安いともいえるでしょう。 2019年5月からおこなわれたキャンペーンでは「登録者先着100万名様、 現金500円プレゼント」といった特典が用意されています。 他社ではポイントをサービスするといったことが多いのですが、現金としてちゃんと500円が指定口座へ振り込まれるのは嬉しいでしょう。 また、2019年8月以降には、 ゆうちょPay ゆうちょペイ のお得クーポンが配布される予定です。 夏休みにゆうちょPayを登録し、お得なクーポンを使っていろいろと買い物をしてみるのもよいでしょう。 キャッシュアウトとはお金を引き出すことです。 まだ東急電鉄に限られたサービスではあるものの、通勤や通学で東急電鉄を利用している人にとっては非常に便利なサービスでしょう。 「PASMOをチャージしたいのにお金がない」「これから向かう飲み会費用が足りない」など、駅構内で現金が不足しているのに気づくことはありませんか。 あわててATMを探しても、対応しているキャッシュカードがなければお金を下すことはできません。 しかし、 ゆうちょPay ゆうちょペイ なら、駅の券売機にあるQRコードを読み取ることで、ゆうちょ銀行 と横浜銀行 の口座に入ったお金を引き出すことができるのです。 このサービスは日本初の試みです。 手数料は1回につき108円です。 預金を引き出す金額は、1万、2万、3万円のいずれかを選択できます。 駅で現金がないと気づいたときに、券売機でお金が引き出せるという非常に画期的なサービスです。 キャッシュアウトをする方法 ゆうちょPay ゆうちょペイ を使ってキャッシュアウトする方法は下記のようになっています。 キャッシュアウトする方法• ゆうちょPayのアプリを開く• メニューを選択し、「キャッシュアウト」を選択• 引き出す金額を選択しスライドする• 取引暗証番号を券売機に入力し、スマホに表示されたコードを券売機の読み取り機にかざす• 読み取りをしてキャッシュアウト完了 キャッシュアウトの手順は簡単なので、難しそうと思って利用しないのはもったいないです。 是非利用してみましょう。 2019年の現時点では、病院会計にキャッシュレス決済ができる医療機関はまだ少ないです。 しかし、今後病院での会計にゆうちょPay ゆうちょペイ が導入された場合、混み合う病院内でも会計がスムーズになるでしょう。 病院の会計というのは、特に大きな病院ほど待たされることが多いです。 ただですら具合が悪い人が多いのに、お金を払うためにまた待たされるのは、患者にとっても負担が大きいでしょう。 しかし、ゆうちょPay ゆうちょペイ での決済が可能になれば、会計時の待ち時間も短縮されるのが予想されます。 病院にゆうちょPay ゆうちょペイ が導入された場合、診察のみならず、入院費や人間ドックの費用なども支払えることになるでしょう。 手持ちの現金が少ないときでも、スマホアプリを使って病院で決済ができるのは、非常に便利です。 また、病院の自動精算機などでキャッシュアウトできるようになったら、急に現金が必要になったときも便利でしょう。 これは、 おサイフケータイやApple Payがないスマホでも対応できる ので、とても便利です。 最新型のスマホやiPhoneには、ほとんどの場合おサイフケータイやApple Payの機能がついています。 しかし、ついていても「使い方が良く分からない」「使いすぎてしまいそうで怖い」といったユーザーも多く、せっかく機能がついているのに利用していない人も多いのです。 その点ゆうちょPay ゆうちょペイ なら、口座にあるお金だけを限定して使うため、使いすぎる心配もありません。 また、アプリをインストールすれば、コードを読み取るだけで会計が終わるので、使い方が難しいといったこともありません。 また、近年人気の格安スマホの場合、おサイフケータイの機能がついていないこともあります。 そのようなスマホでも、 ゆうちょPayのアプリをインストールすれば、すぐにキャッシュレス決済サービスを利用することができる でしょう。 ゆうちょPayのデメリット• ポイント還元がない• たくさんゆうちょPayを使って買い物をしても、 使った分だけ ポイントでキャッシュバックされるといった特典はないのです。 ポイントがもらえる決済サービスとしてクレジットカードがあります。 特に、といったポイント還元率の良いカードは、使えば使うほどお得感があるでしょう。 しかし、クレジットカードのポイントというのは、そもそもユーザーが分割払いをしたときの手数料や、借り入れをした際の金利手数料などから成り立っていることもあります。 その点、ゆうちょPay ゆうちょペイ は残高不足になったら使えないシステムなので、 金利が発生するということはありません。 ポイント還元がないのは一見損にも見えますが、金利手数料といったコストが掛からない分、メリットは高いといえるでしょう。 ちなみに、ポイント還元率の高いクレジットカードを探している方は、こちらを参考にしてください。 ただ、ゆうちょPay ゆうちょペイ は現状使えるお店があまり多くはないですが、銀行Payのシステムを導入しているため、はまPayやYOKA! Payの加盟店でも使うことができます。 今後さらに銀行Payシステムを導入する銀行が増えたら、使えるお店は増えていくでしょう。 また、ゆうちょPay ゆうちょペイ は JPQRと呼ばれるQRコード統一化にも参画しているので、 LINE Payやメルペイなどの加盟店でも使うことができるようになる可能性もあります。 ゆうちょPay ゆうちょペイ を登録しよう ここからは、ゆうちょPay ゆうちょペイ の登録方法について解説します。 ゆうちょPayを登録するのはとても簡単です。 まずは、スマホにゆうちょPayのアプリをダウンロードし、初期設定をおこないましょう。 まずはスマホにアプリをインストールする ゆうちょPay ゆうちょペイ を利用するには、お手持ちのスマホに「ゆうちょPayアプリ」をインストールする必要があります。 ゆうちょPayアプリは、アンドロイド端末でもiPhoneでもダウンロードが可能であり、もちろん 無料で利用できます。 ダウンロードが可能な端末は以下のようになります。 ゆうちょPay ゆうちょペイ の使い方を解説 スマホにゆうちょPay ゆうちょペイ のアプリをインストールし、初期設定が完了したら、いよいよ支払いに使うことができます。 ゆうちょPayは、基本的に ゆうちょ銀行の口座にお金があれば、その範囲内で 便利に使うことが可能です。 ゆうちょPay ゆうちょペイ のチャージ方法 まず、ゆうちょPay ゆうちょペイ を利用する前に、 ゆうちょ銀行、もしくは横浜銀行などの ゆうちょPay連携銀行の口座に現金を入れておきます。 ゆうちょPay ゆうちょペイ の メリットは、口座のお金が無くなると、必然的に利用ができなくなるという点です。 そのため、今月は5万円を限度にしておきたいといった場合は、5万円だけを口座に入れておくと良いでしょう。 ニーズに合わせた金額を、ゆうちょ銀行などの口座に入れておくのがおすすめです。 ゆうちょPay ゆうちょペイ の支払い方法 ゆうちょPay ゆうちょペイ は、提携店での買い物時に、表示されたコードを読み取って簡単に支払うことができるシステムです。 ゆうちょ銀行の口座に現金があることが鉄則であり、口座に残金がない場合は使えません。 また、ゆうちょ銀行の口座だけでなく、横浜銀行といった ゆうちょPayの連携銀行口座でも使うことができます。 いずれにせよ、口座に現金がないと利用できないので注意しましょう。 そして、ゆうちょPay ゆうちょペイ の支払い方法は、 店側がコードを読み取る「ストアスキャン方式」と、ユーザーである 自分がコードを読み取る「ユーザースキャン方式」があります。 まずは、店側がコードを読み取る方法から見ていきましょう。 店側にコードを読み取ってもらう支払い方法 まずは店側にコードを読み取ってもらう「ストアスキャン方式」を見ていきましょう。 はじめにゆうちょPayアプリを立ち上げ、取引暗証番号を入力します。 すると 支払い方法選択画面が表示されるので、左側の コード表示を選択しましょう。 自分が店側のコードを読み取って支払いをする「ユーザースキャン方式」は、多くの店で徐々に取り入れつつあります。 提示されているコードはレジ付近に表記されていることが多く、そのQRコードをスマホアプリのカメラ機能で読み取り、ユーザーが支払い金額を入力します。 店員が金額を確認した後「支払い」ボタンをタップするため、店側がコードを読み取る方法よりも時間が掛かるでしょう。 しかし、 店側としてはコードを読み取る機器を導入する必要がないので、小売店などでも手軽に利用することができます。 キャッシュレス決済の支払い方式としては、このユーザースキャン方式のほうが、徐々に普及しているといえるでしょう。 払込取扱票 請求書 の支払いについて ゆうちょPayでは、各種料金等における「 払込取扱票請求書の支払い」も可能です。 これは他社のPayシステムにはなかなか見られないものなので、とても便利です。 では、振込取扱票をゆうちょPayで支払う方法を見ていきましょう。 支払い完了画面が表示され、完了です。 ゆうちょPayを使った振込取扱票の支払いは、手元に現金がなくてもすぐにできるので、とても便利です。 ゆうちょPay ゆうちょペイ とPay-easy ペイジー の違いとは? ゆうちょ銀行にはPay-easy ペイジー というサービスがあり、ゆうちょPay ゆうちょペイ との違いがいまいちわからないという方は多いのではないでしょうか。 Pay-easyはインターネット上での買い物や公共料金などの払込書や請求書に対して、インターネットバンキングであるゆうちょダイレクトでゆうちょ口座から支払いができるサービスです。 わざわざゆうちょ銀行に行かなくても自宅から支払いが出来るのが特徴です。 Pay-easyは払込書は払込書があってのサービスで、インターネットでの買い物や公共料金などに使うのがメインとなります。 ゆうちょPay ゆうちょペイ は普段の街での支払いで使うことができるサービスなので、全く違うものと思って大丈夫でしょう。 ただ似ているところもあり、ゆうちょPayでも払込書や請求書の支払いをすることができます。 払込書や請求書に ゆうちょPayのマークがついている場合はゆうちょPayで支払いができ、 Pay-easyのマークがついている場合はゆうちょATMまたはゆうちょダイレクトで決済することができます。 ゆうちょPay ゆうちょペイ キャンペーンを利用しよう ゆうちょPayでは、利用者にとってメリットの高いキャンペーンが随時展開されています。 現在おこなわれているキャンペーンもあれば、これから展開するキャンペーンもあるので、ぜひお得に利用しましょう。 デビューキャンペーン ゆうちょPay ゆうちょペイ では、初めてゆうちょPayを利用する人を対象に、 現金500円がもらえるデビューキャンペーンを実施しています。 対象期間は2019年5月8日から、2019年9月30日までです。 もらえる条件としては、ゆうちょPayアプリをダウンロードしたあと、アプリを開いて初期設定をおこなうことです。 アプリをダウンロードしただけではもらないので注意しましょう。 指定口座を設定したあと、先着100万名に現金500円が振り込まれます。 この特典は1人につき1回のみです。 対象人数が達したらキャンペーンは終了となりますが、100万人という人数は相当な数でしょう。 また、現金が振り込まれるので、自分の好きな使い道ができるのは嬉しいですね。 秋までの限定キャンペーンなので、忘れないようにしましょう。 公式Twitterキャンペーン ゆうちょPay ゆうちょペイ は公式Twitterがあります。 ゆうちょPayの公式アカウントをフォローして対象のツイートをリツイートすることにより、 デジタルギフトが当たるキャンペーンがおこなわれています。 もらえるデジタルギフトの詳細は、有名アイスクリーム店や有名コーヒー店などで使えるデジタルギフトです。 Twitterの公式アカウントをフォローして対象をリツイートするだけで、美味しい特典がもらえます。 しかも、毎月2000名を対象としているので、当たる確率も高いでしょう。 この公式Twitterキャンペーンの期間は、2019年5月8日~2020年3月31日までです。 過去におこなわれた同キャンペーンでは、Amazonギフト券が当たるという豪華な内容でした。 対象商品は今後も変わる可能性もあるので、ゆうちょPayを利用したら、ぜひ公式Twitterもチェックしてみましょう。 ゆうちょPay ゆうちょペイ のまとめ ゆうちょPay ゆうちょペイ は、スマホのアプリをコードにかざすだけで簡単に支払うことのできるキャッシュレス決済サービスです。 おつりの受け渡しといった手間も掛からず、払込取扱票に対応していることもあるので、財布いらずの生活も夢ではありません。 しかも、支払った時点ですぐに口座から現金が引き出されるので、使いすぎる心配もありません。 その場で口座の残金がどれくらいあるのかも分かるため、家計管理にも便利でしょう。 現時点では、まだゆうちょPayの対応店舗は少ないものの、これから参入する店は増えていく予定です。 しかも、病院といった公共施設で使える可能性も高いので、アプリをインストールしておけば何かと便利でしょう。 新たな電子決済サービスを検討しているのなら、ぜひゆうちょPayを利用してみてはいかがでしょうか。

次の

ゆうちょPay(ゆうちょペイ)を使えるお店と加盟店のまとめ

ゆうちょ pay キャンペーン

ゆうちょ銀行は、7月1日から「ゆうちょPayポイントプレゼントキャンペーン」を実施する。 本キャンペーンでは、条件を満たしたユーザーへ最大2000ポイントの「ゆうちょPayポイント」をプレゼント。 「ゆうちょPayポイント」は9月に提供予定の新機能で、1ポイント=1円分相当としてゆうちょPayでの支払いに利用できる。 第1弾は7月1日〜8月31日にゆうちょPayを新規でダウンロードし、口座登録を完了したユーザーへ500ポイント(500円分相当)をプレゼント。 第2弾は7月1日〜2021年3月31日に「マイナポイント」のキャッシュレス決済サービスとして「ゆうちょ Pay」を選択し、申し込みを完了したユーザーへ1500ポイント(1500円分相当)をプレゼントする。 関連記事• ゆうちょ銀行のスマホ決済サービス「ゆうちょPay」アプリに、残高確認機能が追加される。 ゆうちょPayにひも付けた普通貯金口座の残高をリアルタイムに表示することが可能だ。 ゆうちょ銀行は、2月下旬にスマートフォンを使って現在高や入出金明細を確認できる「ゆうちょ通帳」アプリを提供開始。 これに伴い、4月30日に「ゆうちょダイレクト残高照会」アプリ のサービス提供を終了する。 ゆうちょ銀行は10月1日、スマホ決済サービス「ゆうちょPay」において、キャッシュレス推進協議会が定めるコート決済用の統一コード「JPQR」に準拠したJCBのコード決済手段「Smart Code」に対応したと発表した。 Smart Codeは、コード決済事業者と各店舗をつなぐ決済情報処理センターの提供や、両社間の加盟店契約を一本化する事業。 ゆうちょ銀行は、9月17日にスマホ決済サービス「ゆうちょPay」へ機能追加を実施。 新たに使えるお店検索機能、クーポン機能、ユーザー入力型静的QRコード決済機能が利用できるようになる。 ゆうちょ銀行が、自社のネットバンキングの生体認証ログインや送金時のPINコード認証を行うためのアプリを公開。 指紋または顔で認証することで、パスワードや合言葉の入力を省略できるようになる。 関連リンク•

次の

「ゆうちょPay」を使ってみた どんなメリットがある? 不満点は? (1/3)

ゆうちょ pay キャンペーン

ゆうちょPay ゆうちょペイ を使うのに必要なのものは、 「スマホ」と「ゆうちょ銀行の口座」の2つだけです。 スマホにゆうちょPay ゆうちょペイ のアプリをダウンロードし、ゆうちょ銀行口座の情報を入力、そして買い物時には表示されるQRコードを読み取りするだけで、簡単便利にゆうちょPayを使うことができます。 そもそも、ゆうちょPay ゆうちょペイ は「」の仕組みを利用しているサービスです。 銀行Payは、すでに横浜銀行で「」、福岡銀行、熊本銀行、親和銀行で「」として導入されています。 ゆうちょPay ゆうちょペイ が参入したことにより、銀行と郵便局といった垣根を越えて銀行Payが使えるようになりました。 これにより、今後のキャッシュレス決済の利用幅はさらに増えたといえるでしょう。 ゆうちょPay ゆうちょペイ と他のコード決済との特徴の違いとは? ゆうちょPay ゆうちょペイ という名前は、まだあまり聞きなれていない人も多いかもしれません。 「Pay」といえば、やといったサービスの方が普及しているイメージもあります。 では、ゆうちょPay ゆうちょペイ と、の中で代表的なLINE Pay、そしてPayPayとの違いを簡単に比較してみましょう。 ゆうちょPay LINE Pay PayPay 利用店舗 ミニストップ各地方銀行などまだ使える店舗は少ない コンビニやドラッグストア 全国で100万店舗以上 ファミリーマートドラッグストアなど全国で60万店 決済方法 ゆうちょ口座引き落とし ・LINE Pay残高 ・口座引き落とし ・クレジットカード ・PayPay残高 ・Yahoo! マネー ・クレジットカード メリット ・払込取扱票による公共料金等の支払いが可能 ・キャッシュアウトができる ・利用店舗が多い ・LINEを通じ友人同士で送金ができる 100億円あげちゃうキャンペーンなど特典が多い ゆうちょPay ゆうちょペイ は、まだ発足したばかりのサービスとあって、 LINE PayやPayPay の利用店舗に比べると少ないのは否めません。 また、100億円キャンペーンや友人同士の送金が可能といった特典はないでしょう。 ただ、LINE PayやPayPayなどは決済方法が複数あり、よくわからないという方もいるでしょう。 その点ゆうちょPay ゆうちょペイ なら、ゆうちょ銀行の口座があれば自動的に引き落としとなるので、使い方も分かりやすく非常にスムーズです。 またゆうちょPay ゆうちょペイ は駅の券売機でお金を引き出せるキャッシュアウトができるなど、他の決済サービスにはない特徴があります。 初めてキャッシュレス決済サービスを使うのであれば、 ゆうちょ銀行の口座があれば利用できるゆうちょPayのほうが、導入しやすいともいえます。 ゆうちょPay ゆうちょペイ のメリット9つを解説 ここからは、ゆうちょPay ゆうちょペイ のメリットについて詳しく紹介します。 一見、クレジットカードなどと何が違うのか分かりにくいゆうちょPayですが、「使いすぎることがない」「請求書の支払いも可能」といった便利なメリットがたくさんあります。 ゆうちょPayのメリット• ゆうちょ銀行からすぐに引き落としが可能• 使いすぎの心配がない• 支払いが簡単でスピーディー• 未成年でも登録が可能• 請求書の支払いも簡単• お得なクーポンも配信予定• 駅内の券売機でキャッシュアウトができる• 病院で使える可能性大• おサイフケータイやApple Payがないスマホでも便利 それぞれについて詳しく解説していきます。 例えば、ゆうちょPayを使って1000円の買い物をした場合、その瞬間にゆうちょ銀行の口座から1000円が引き落とされるのです。 クレジットカードの場合、カード会社によって引き落とし日が決まっており、利用したその場で口座から現金が引き落とされることはありません。 仮に7月1日に1万円利用した場合、実際に口座から1万円を引き落とされるのは8月の25日、といったことが多いのです。 そのため、 クレジットカードの場合、いつどこでいくらカード払いをしたのか、わかりにくいことも多い でしょう。 翌月末に口座から引き落とされることが多いため、「あれ、なんでこんなに残高が減っているのだろう」といったこともあるのです。 その点ゆうちょPay ゆうちょペイ なら、 使ったその場で現金が口座から引き落とされる ので、家計管理にも役立ちます。 随時残高をチェックすることにより、使い過ぎを防ぎ、計画性を持って利用することができます。 また、使ったお金が口座からすぐに引き落とされるということは 口座に残高がないと買い物はできません。 これは一見不便なように見えますが、使いすぎを予防できるため安心できます。 クレジットカードの場合、残高不足でもカードで買い物をすることは可能です。 しかし、支払日にお金が足りない場合は、状況によって遅延損害金が発生したり、信用情報に傷がついたりする恐れがあります。 ゆうちょPayはそのような心配がないので安心して使うことができます。 そのため、使いすぎる心配はないのです。 例えば、ゆうちょPay ゆうちょペイ における、ひと月の生活費を5万円に設定したとします。 その場合、 口座に5万円だけを入金しておけば、5万円以上使うことはありません。 クレジットカードや一部デビットカードの場合、残高がなくても「貸付」のような形で利用することは可能です。 一見便利なように見えますが、貸付で残高以上のお金をカード利用した場合、その分金利を付けて返済しなくてはならず、返済額が増えてしまいます。 ゆうちょPay ゆうちょペイ なら残高の範囲内でしか使えないシステムとなっているため、 知らないうちに貸付金を利用していた、というトラブルもありません。 あらかじめ入金しておいた残高内での利用となるので、使いすぎてしまう心配もないでしょう。 小銭やお釣りをもらう必要がないため、急いでいるときもスピーディーに支払いを終えることができるでしょう。 また、支払いがすばやく終わるのは、店側にとってもメリットがあります。 例えば、ドラッグストアなどでレジに行列ができ、お客さんへお釣りを渡す必要があると時間が掛かってしまうでしょう。 ゆうちょPayを利用した場合はおつりを渡すことが不要になるので、店側の負担も軽減することができます。 また、ゆうちょPay ゆうちょペイ に対応しているドラッグストアなどでは、コードの読み取り機が設置されているケースが多いです。 店側にコードを読み取ってもらうストアスキャン方式ができれば、決算はさらにスピードアップが可能です。 アプリ画面をコードでサッと読み取ってもらえれば、それだけで支払いは完了できます。 これは、ゆうちょPayの場合、クレジットカードがなくても登録できるため、未成年でも登録が可能なのです。 そもそもゆうちょPay ゆうちょペイ は、ゆうちょ銀行をはじめとする、ゆうちょPay連携銀行の口座があれば利用可能です。 とくに、ゆうちょ銀行は、もらったお年玉などを入れておく口座として、子供でも口座を持っているケースは多いでしょう。 また、スマートフォンの普及率が上がっている子供にこそ、あえてゆうちょPay ゆうちょペイ を使わせることもおすすめです。 今後は、世の中にもっとキャッシュレス決済が普及していくと予想されています。 未成年のうちから、ゆうちょPayを計画性を持って利用することにより、キャッシュレス決済の賢い利用方法を学ぶことにもつながる でしょう。 対象となる払込取扱票は、 ゆうちょPay支払用のQRコードが記載されているもの です。 払込取扱票は、基本的には現金で支払う必要があります。 コンビニまで行く時間がなかったり、現金を持ち合わせていなかったりすると、払い込みすること自体を忘れてしまうかもしれません。 しかし、ゆうちょPay ゆうちょペイ なら、わざわざ払込取扱票をコンビニまで持って行く必要もなく、自宅で簡単に支払いを済ませることができるので、大変便利です。 また、ゆうちょPay ゆうちょペイ で払込取扱票を支払っても、手数料が掛かることは少ないです。 なかには決済手数料として100円程度かかるケースもありますが、わざわざコンビニへ出向いて払うことを考えると、手数料としては安いともいえるでしょう。 2019年5月からおこなわれたキャンペーンでは「登録者先着100万名様、 現金500円プレゼント」といった特典が用意されています。 他社ではポイントをサービスするといったことが多いのですが、現金としてちゃんと500円が指定口座へ振り込まれるのは嬉しいでしょう。 また、2019年8月以降には、 ゆうちょPay ゆうちょペイ のお得クーポンが配布される予定です。 夏休みにゆうちょPayを登録し、お得なクーポンを使っていろいろと買い物をしてみるのもよいでしょう。 キャッシュアウトとはお金を引き出すことです。 まだ東急電鉄に限られたサービスではあるものの、通勤や通学で東急電鉄を利用している人にとっては非常に便利なサービスでしょう。 「PASMOをチャージしたいのにお金がない」「これから向かう飲み会費用が足りない」など、駅構内で現金が不足しているのに気づくことはありませんか。 あわててATMを探しても、対応しているキャッシュカードがなければお金を下すことはできません。 しかし、 ゆうちょPay ゆうちょペイ なら、駅の券売機にあるQRコードを読み取ることで、ゆうちょ銀行 と横浜銀行 の口座に入ったお金を引き出すことができるのです。 このサービスは日本初の試みです。 手数料は1回につき108円です。 預金を引き出す金額は、1万、2万、3万円のいずれかを選択できます。 駅で現金がないと気づいたときに、券売機でお金が引き出せるという非常に画期的なサービスです。 キャッシュアウトをする方法 ゆうちょPay ゆうちょペイ を使ってキャッシュアウトする方法は下記のようになっています。 キャッシュアウトする方法• ゆうちょPayのアプリを開く• メニューを選択し、「キャッシュアウト」を選択• 引き出す金額を選択しスライドする• 取引暗証番号を券売機に入力し、スマホに表示されたコードを券売機の読み取り機にかざす• 読み取りをしてキャッシュアウト完了 キャッシュアウトの手順は簡単なので、難しそうと思って利用しないのはもったいないです。 是非利用してみましょう。 2019年の現時点では、病院会計にキャッシュレス決済ができる医療機関はまだ少ないです。 しかし、今後病院での会計にゆうちょPay ゆうちょペイ が導入された場合、混み合う病院内でも会計がスムーズになるでしょう。 病院の会計というのは、特に大きな病院ほど待たされることが多いです。 ただですら具合が悪い人が多いのに、お金を払うためにまた待たされるのは、患者にとっても負担が大きいでしょう。 しかし、ゆうちょPay ゆうちょペイ での決済が可能になれば、会計時の待ち時間も短縮されるのが予想されます。 病院にゆうちょPay ゆうちょペイ が導入された場合、診察のみならず、入院費や人間ドックの費用なども支払えることになるでしょう。 手持ちの現金が少ないときでも、スマホアプリを使って病院で決済ができるのは、非常に便利です。 また、病院の自動精算機などでキャッシュアウトできるようになったら、急に現金が必要になったときも便利でしょう。 これは、 おサイフケータイやApple Payがないスマホでも対応できる ので、とても便利です。 最新型のスマホやiPhoneには、ほとんどの場合おサイフケータイやApple Payの機能がついています。 しかし、ついていても「使い方が良く分からない」「使いすぎてしまいそうで怖い」といったユーザーも多く、せっかく機能がついているのに利用していない人も多いのです。 その点ゆうちょPay ゆうちょペイ なら、口座にあるお金だけを限定して使うため、使いすぎる心配もありません。 また、アプリをインストールすれば、コードを読み取るだけで会計が終わるので、使い方が難しいといったこともありません。 また、近年人気の格安スマホの場合、おサイフケータイの機能がついていないこともあります。 そのようなスマホでも、 ゆうちょPayのアプリをインストールすれば、すぐにキャッシュレス決済サービスを利用することができる でしょう。 ゆうちょPayのデメリット• ポイント還元がない• たくさんゆうちょPayを使って買い物をしても、 使った分だけ ポイントでキャッシュバックされるといった特典はないのです。 ポイントがもらえる決済サービスとしてクレジットカードがあります。 特に、といったポイント還元率の良いカードは、使えば使うほどお得感があるでしょう。 しかし、クレジットカードのポイントというのは、そもそもユーザーが分割払いをしたときの手数料や、借り入れをした際の金利手数料などから成り立っていることもあります。 その点、ゆうちょPay ゆうちょペイ は残高不足になったら使えないシステムなので、 金利が発生するということはありません。 ポイント還元がないのは一見損にも見えますが、金利手数料といったコストが掛からない分、メリットは高いといえるでしょう。 ちなみに、ポイント還元率の高いクレジットカードを探している方は、こちらを参考にしてください。 ただ、ゆうちょPay ゆうちょペイ は現状使えるお店があまり多くはないですが、銀行Payのシステムを導入しているため、はまPayやYOKA! Payの加盟店でも使うことができます。 今後さらに銀行Payシステムを導入する銀行が増えたら、使えるお店は増えていくでしょう。 また、ゆうちょPay ゆうちょペイ は JPQRと呼ばれるQRコード統一化にも参画しているので、 LINE Payやメルペイなどの加盟店でも使うことができるようになる可能性もあります。 ゆうちょPay ゆうちょペイ を登録しよう ここからは、ゆうちょPay ゆうちょペイ の登録方法について解説します。 ゆうちょPayを登録するのはとても簡単です。 まずは、スマホにゆうちょPayのアプリをダウンロードし、初期設定をおこないましょう。 まずはスマホにアプリをインストールする ゆうちょPay ゆうちょペイ を利用するには、お手持ちのスマホに「ゆうちょPayアプリ」をインストールする必要があります。 ゆうちょPayアプリは、アンドロイド端末でもiPhoneでもダウンロードが可能であり、もちろん 無料で利用できます。 ダウンロードが可能な端末は以下のようになります。 ゆうちょPay ゆうちょペイ の使い方を解説 スマホにゆうちょPay ゆうちょペイ のアプリをインストールし、初期設定が完了したら、いよいよ支払いに使うことができます。 ゆうちょPayは、基本的に ゆうちょ銀行の口座にお金があれば、その範囲内で 便利に使うことが可能です。 ゆうちょPay ゆうちょペイ のチャージ方法 まず、ゆうちょPay ゆうちょペイ を利用する前に、 ゆうちょ銀行、もしくは横浜銀行などの ゆうちょPay連携銀行の口座に現金を入れておきます。 ゆうちょPay ゆうちょペイ の メリットは、口座のお金が無くなると、必然的に利用ができなくなるという点です。 そのため、今月は5万円を限度にしておきたいといった場合は、5万円だけを口座に入れておくと良いでしょう。 ニーズに合わせた金額を、ゆうちょ銀行などの口座に入れておくのがおすすめです。 ゆうちょPay ゆうちょペイ の支払い方法 ゆうちょPay ゆうちょペイ は、提携店での買い物時に、表示されたコードを読み取って簡単に支払うことができるシステムです。 ゆうちょ銀行の口座に現金があることが鉄則であり、口座に残金がない場合は使えません。 また、ゆうちょ銀行の口座だけでなく、横浜銀行といった ゆうちょPayの連携銀行口座でも使うことができます。 いずれにせよ、口座に現金がないと利用できないので注意しましょう。 そして、ゆうちょPay ゆうちょペイ の支払い方法は、 店側がコードを読み取る「ストアスキャン方式」と、ユーザーである 自分がコードを読み取る「ユーザースキャン方式」があります。 まずは、店側がコードを読み取る方法から見ていきましょう。 店側にコードを読み取ってもらう支払い方法 まずは店側にコードを読み取ってもらう「ストアスキャン方式」を見ていきましょう。 はじめにゆうちょPayアプリを立ち上げ、取引暗証番号を入力します。 すると 支払い方法選択画面が表示されるので、左側の コード表示を選択しましょう。 自分が店側のコードを読み取って支払いをする「ユーザースキャン方式」は、多くの店で徐々に取り入れつつあります。 提示されているコードはレジ付近に表記されていることが多く、そのQRコードをスマホアプリのカメラ機能で読み取り、ユーザーが支払い金額を入力します。 店員が金額を確認した後「支払い」ボタンをタップするため、店側がコードを読み取る方法よりも時間が掛かるでしょう。 しかし、 店側としてはコードを読み取る機器を導入する必要がないので、小売店などでも手軽に利用することができます。 キャッシュレス決済の支払い方式としては、このユーザースキャン方式のほうが、徐々に普及しているといえるでしょう。 払込取扱票 請求書 の支払いについて ゆうちょPayでは、各種料金等における「 払込取扱票請求書の支払い」も可能です。 これは他社のPayシステムにはなかなか見られないものなので、とても便利です。 では、振込取扱票をゆうちょPayで支払う方法を見ていきましょう。 支払い完了画面が表示され、完了です。 ゆうちょPayを使った振込取扱票の支払いは、手元に現金がなくてもすぐにできるので、とても便利です。 ゆうちょPay ゆうちょペイ とPay-easy ペイジー の違いとは? ゆうちょ銀行にはPay-easy ペイジー というサービスがあり、ゆうちょPay ゆうちょペイ との違いがいまいちわからないという方は多いのではないでしょうか。 Pay-easyはインターネット上での買い物や公共料金などの払込書や請求書に対して、インターネットバンキングであるゆうちょダイレクトでゆうちょ口座から支払いができるサービスです。 わざわざゆうちょ銀行に行かなくても自宅から支払いが出来るのが特徴です。 Pay-easyは払込書は払込書があってのサービスで、インターネットでの買い物や公共料金などに使うのがメインとなります。 ゆうちょPay ゆうちょペイ は普段の街での支払いで使うことができるサービスなので、全く違うものと思って大丈夫でしょう。 ただ似ているところもあり、ゆうちょPayでも払込書や請求書の支払いをすることができます。 払込書や請求書に ゆうちょPayのマークがついている場合はゆうちょPayで支払いができ、 Pay-easyのマークがついている場合はゆうちょATMまたはゆうちょダイレクトで決済することができます。 ゆうちょPay ゆうちょペイ キャンペーンを利用しよう ゆうちょPayでは、利用者にとってメリットの高いキャンペーンが随時展開されています。 現在おこなわれているキャンペーンもあれば、これから展開するキャンペーンもあるので、ぜひお得に利用しましょう。 デビューキャンペーン ゆうちょPay ゆうちょペイ では、初めてゆうちょPayを利用する人を対象に、 現金500円がもらえるデビューキャンペーンを実施しています。 対象期間は2019年5月8日から、2019年9月30日までです。 もらえる条件としては、ゆうちょPayアプリをダウンロードしたあと、アプリを開いて初期設定をおこなうことです。 アプリをダウンロードしただけではもらないので注意しましょう。 指定口座を設定したあと、先着100万名に現金500円が振り込まれます。 この特典は1人につき1回のみです。 対象人数が達したらキャンペーンは終了となりますが、100万人という人数は相当な数でしょう。 また、現金が振り込まれるので、自分の好きな使い道ができるのは嬉しいですね。 秋までの限定キャンペーンなので、忘れないようにしましょう。 公式Twitterキャンペーン ゆうちょPay ゆうちょペイ は公式Twitterがあります。 ゆうちょPayの公式アカウントをフォローして対象のツイートをリツイートすることにより、 デジタルギフトが当たるキャンペーンがおこなわれています。 もらえるデジタルギフトの詳細は、有名アイスクリーム店や有名コーヒー店などで使えるデジタルギフトです。 Twitterの公式アカウントをフォローして対象をリツイートするだけで、美味しい特典がもらえます。 しかも、毎月2000名を対象としているので、当たる確率も高いでしょう。 この公式Twitterキャンペーンの期間は、2019年5月8日~2020年3月31日までです。 過去におこなわれた同キャンペーンでは、Amazonギフト券が当たるという豪華な内容でした。 対象商品は今後も変わる可能性もあるので、ゆうちょPayを利用したら、ぜひ公式Twitterもチェックしてみましょう。 ゆうちょPay ゆうちょペイ のまとめ ゆうちょPay ゆうちょペイ は、スマホのアプリをコードにかざすだけで簡単に支払うことのできるキャッシュレス決済サービスです。 おつりの受け渡しといった手間も掛からず、払込取扱票に対応していることもあるので、財布いらずの生活も夢ではありません。 しかも、支払った時点ですぐに口座から現金が引き出されるので、使いすぎる心配もありません。 その場で口座の残金がどれくらいあるのかも分かるため、家計管理にも便利でしょう。 現時点では、まだゆうちょPayの対応店舗は少ないものの、これから参入する店は増えていく予定です。 しかも、病院といった公共施設で使える可能性も高いので、アプリをインストールしておけば何かと便利でしょう。 新たな電子決済サービスを検討しているのなら、ぜひゆうちょPayを利用してみてはいかがでしょうか。

次の