荒野行動 対象年齢。 「荒野行動」コアユーザーは10代男子、次に多い年代は?あの生配信アプリの同時所持率が高い

‎「荒野行動

荒野行動 対象年齢

クロスボウの評価・性能 種類 評価点数 5. 1 防弾ベストLv. 2 防弾ベストLv. 3 73. 5 63 47. 25 装備なし ヘッドギアLv. 1 ヘッドギアLv. 2 ヘッドギアLv. 3 262. 5 183. 75 157. 5 118. 125 クロスボウの立ち回り 高威力が特徴の武器 クロスボウは非常に高いダメージを出せるサブ武器です。 射程の短さや連射速度が低い点で扱いづらいので、エイムに自身がない方は注意しましょう。 遊びたい時に使おう クロスボウは敵に当てるのが難しい武器です。 威力は高いですが、キルを稼ぐことは難しく安定しないので、上位を狙わない時などの余裕がある際に使いましょう。 クロスボウのアタッチメント(部品) サイト&スコープ なし マズルアタッチメント 銃口 なし グリップ なし マガジン なし クロスボウのスキン(塗装) キューピットの矢 荒野行動関連記事 クロスボウ - -.

次の

フォートナイトは小学生やらせますか?年齢制限について

荒野行動 対象年齢

人気記事ランキング• 81 小中学生の間で流行しているスマートフォンゲーム「荒野行動」を介して、福岡県粕屋郡内に住む中学生が大麻購入の勧誘を受ける被害に遭っていたことが24日、「あなたの特命取材班」への情報提供で分かった。 同郡内の小中学校が注意喚起のメールを保護者に送ったほか、県警も注意を呼び掛けている。 荒野行動は中国の大手ゲーム企業が運営し、無人島を舞台に100人程度のプレーヤーが戦うオンラインゲーム。 プレーヤー同士は音声や文字のチャットでやりとりできる。 スマホ搭載の衛星利用測位システム(GPS)機能を使い、自分の近くにいるプレーヤーを探すこともできるという。 県警や各町教育委員会によると、19日に「中学生がゲームの中で大麻の購入を誘われた」と県警に相談があった。 すぐに粕屋郡7町の学校教育担当者らで情報を共有したという。 粕屋、須恵、宇美、篠栗各町は小中学校を通じ、保護者にメールで注意を呼び掛けた。 志免町は24日の終業式で、会員制交流サイト(SNS)やゲームの使い方について用心するよう児童生徒に説明したという。 粕屋郡内に住む女性は「荒野行動は学校でも人気。 位置情報を使って相手を探したり、個別にメッセージをやりとりしたりできるので、保護者は見つけにくい」と話した。 県警は「事案は把握している。 絶対に誘いに乗らないで、被害に遭ったら相談してほしい」としている。

次の

荒野行動

荒野行動 対象年齢

荒野行動 TesTee Labの「」(2018年10月)によると、もっともハマっているゲームアプリランキングで、荒野行動は全体の6. 1%を占め3位にランクイン。 10代男性では12. 高校生などと会話すると、プレイしているゲームに荒野行動を挙げる生徒が増えてきた。 普段ゲームで遊ばない層にも人気が高いようだが、なぜ特に10代に人気が高いのか。 利用上の問題点までを見ていきたい。 「荒野行動」はなぜ10代に人気が高いのか? InstagramやTwitterなどで、「#荒野行動」などのハッシュタグで検索すると、多数の投稿が見つかる。 Instagramで「#荒野行動」は10. 1万件投稿されている。 ゲームのキャプチャやプレイ動画などが多数投稿されており、「#荒野行動フレンド募集」「#荒野行動してる人とつながりたい」などのハッシュタグで、ゲーム友だちを募集している例も多い。 「#荒野女子」などで検索すれば、女性プレイヤーも見つかる。 「荒野行動」関連のハッシュタグ 荒野行動で遊んでいる10〜20代ユーザーを対象としたTesTee Labの「」(2018年11月)によると、直近の1カ月以内に同ゲームをプレイした割合は10代の23. 同アプリのユーザーは、プレイ頻度、課金経験率、プレイ時間も高い数値となっている。 プレイ環境は、1位こそ「1人でプレイする」(72. 同アプリダウンロードのきっかけも、1位は「家族・友人の紹介」(59. きっかけとして「YouTubeゲーム実況」(39. (引用)TesTee Lab「荒野行動に関する調査」 いつでもどこでも友だちと無料で遊べる 男子高校生プレイヤーに聞いたところ、「ボイスチャットができるので、友だちと同時間にプレイできるのが楽しい」という。 LINE通話で話しながらプレイすることもあるそうだ。 協力してチームプレイをすれば楽しいし、やり取りで盛り上がるという。 スマホアプリなので、自宅など場所に縛られることなく、放課後の教室などで集まってのプレイできるところも人気の理由のようだ。 ゲーム機やゲームソフトなどを買う必要もないため、ライトユーザーが無料でお試しプレイができる点も敷居を下げている。 武器や防具などが現地調達となっているため、「課金しなくても勝てる」のも支持されている理由だ。 「課金できるほどお金がないし、課金しなくても勝てるのは嬉しい。 ストレス発散にもなるし」。 The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc. , San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News. com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright c CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News. com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.

次の