ねずこと善逸。 鬼滅の刃続編~カップリング物語~ねずこと善逸編(4)善逸の作戦

鬼滅の刃続編~カップリング物語~ねずこと善逸編(1)

ねずこと善逸

概要 『』に登場する、とのカップリング。 鬼殺隊所属の善逸が16歳、鬼である禰豆子が14歳。 本来、鬼殺隊の隊士である善逸は鬼を殺さなければいけない立場ではあるが、禰豆子のことを殺そうとは(それこそ「出会う」以前から)ただの一度も考えたことがない。 惚れっぽい善逸だが禰豆子への好意は明確かつ一途。 鼓屋敷編 鬼狩の任務のためにと行き合った善逸。 二人は山中の屋敷の前で、鬼に兄をさらわれたという正一・てる子兄妹を見つける。 他にも複数人が連れ込まれたと思しき屋敷を調べるにあたって、炭治郎は兄妹を守るために背負っていた「箱」を置いていく。 善逸はこの時点で既に、箱の中から「鬼の音」がすることを承知しており、それでも炭治郎の人柄と、彼が「大事なもの」と呼んだ箱の中の鬼に、納得するに足る事情があるものと信じて、気にする素振りさえ見せなかった。 炭治郎が屋敷の主と死闘を繰り広げる間、正一と共に一足先に屋敷を出た善逸は、同じく屋敷から出てきたと遭遇する。 屋敷の外に置き去りにされていた箱から鬼の気配を嗅ぎつけて躊躇なく斬りかかる伊之助を、善逸は制止する。 中の鬼のことは自分が炭治郎に問い質す、手を出すなと啖呵を切った善逸は、箱にかじりついたままろくに抵抗もせず、伊之助の猛攻を耐え忍んでみせた(数々の情けない言動でいいところのない善逸が株を上げた、 貴重な場面でもあった)。 果たして箱の中の鬼は炭治郎の妹である禰豆子だったのだが、初めて彼女を目にした善逸は、傷だらけになって守ったものが 炭治郎の彼女だったと誤解して、嫉妬のあまり激昂することになる。 那田蜘蛛山編 禰豆子に一目惚れした善逸は炭治郎に対してあからさまに低姿勢になる。 禰豆子に花をあげるなど懸命にアピールしている様子。 善逸の禰豆子への花渡しはここから始まっている(アニメでは禰豆子がカットされ箱に花を差し出す善逸の絵に差し替えられている)。 また、禰豆子を連れて戦闘に向かう炭治郎の行動に対して 「俺の大切な禰豆子ちゃん」と発言し、禰豆子が心配な一心で尻込みしていた蜘蛛山に突入している。 蝶屋敷(機能回復訓練)編 機能回復訓練でのことを、箱ごしに禰豆子に伝える善逸。 禰豆子も箱の中からカリカリと音を立てて応えている。 花を手に取り、今日の夜はこの花が咲いていた場所に連れていくよと話しかけている(アニメでは残念ながら全カット)。 またおまけページでは、善逸が持ってきた金魚鉢を見て、禰豆子がそれを興味深そうに眺めるイラストが登場した(ただしの部屋から無断で持ち出していたため、この後善逸はアオイに叱られることとなる)。 無限列車編 鬼の罠にかかった善逸は、禰豆子と手を繋いでデートする夢を見ている。 白詰草の花の輪っかをプレゼントするという。 泳げないから川は渡れないという禰豆子に、善逸は抱っこしてつま先まで濡らさないと約束する。 単行本では禰豆子を背負って幸せの跳躍をする善逸が描き下ろされている。 善逸には真っ暗な無意識領域があることが判明する。 意識が強く異常に我が強い場合のみ無意識領域に人が存在するが、そこには口が悪く目つきも悪い剪定鋏を持った攻撃的な善逸がいた。 「 ここに入ってきていいのは禰豆子ちゃんだけなんだよ殺すぞ」 戦闘が始まると敵に絡まれ身動きが取れなくなった禰豆子の前に、1ページ丸ごと使ってドンっと善逸が助けに現れる。 霹靂一閃六連を決めて「 禰豆子ちゃんは俺が守る」。 禰豆子からホワッとした描写が入るが、善逸が鼻ちょうちんを出して寝ていたため、禰豆子も目が点になってしまった。 列車から脱出する時には、禰豆子と乗客の親子を庇ったらしく3人を抱いたまま頭から出血し、意識を失っている。 単行本では禰豆子が意識のない善逸を膝枕する描写が入る。 3巻で「起きたとき禰豆子ちゃんの膝枕だったらもうすごい頑張る」と言っていた善逸の夢が叶った瞬間でもある。 戦闘後は、朝日から守るために善逸が必死に禰豆子を箱に入れようとしている。 その後は禰豆子の入った箱を善逸が背負ったまま炭治郎たちと合流した。 (2020年5月時点での最新刊は20巻) 無惨が死に、全てが終わった後。 人間へと戻れた炭治郎と禰豆子は善逸と伊之助と共に実家で暮らし始め、楽しい日々を送った。 その他 描き下ろし 作者本人による描き下ろしまとめ。 4巻で禰豆子を探し回る善逸、6巻では2人で金魚鑑賞、7巻で善逸が禰豆子を背負った幸せの跳躍、8巻では禰豆子が善逸を膝枕する、などが単行本で描き下ろされている。 カレンダーの特典ブロマイドではが、コロナ対策のイラストではが描き下ろされている。 作者公式の現代を舞台にした学園パロ。 フランスパンをくわえてフガフガ喋る禰豆子を見て、善逸は少女漫画のヒロインのように可憐だと思っている。 夏は禰豆子の水着姿に興奮し奇声を上げながら死亡、来世も夫婦になって添い遂げようと遺言を残す。 冬にはクリスマスパーティーに禰豆子を呼び、2人きりで過ごし、あわよくばそのまま結婚式をあげようとタキシードを着て待ち構えている。 鬼滅ラジヲ 鬼滅の公式ラジオ(YouTubeの公式チャンネルにて全アーカイブ配信中)。 パーソナリティを務める善逸役のが禰豆子をとにかく可愛がりぜんねずに優しい。 第1回から「(禰豆子は)善逸のものだから」、第28回では「善逸は禰豆子一筋ですから」、第39回ではアニメ23話の柱合会議の感想で禰豆子がに刺されたことに対し「善逸があの場にいたら実弥嫌いだもん。 実弥なんか禰豆子連れてガン無視」など、その他にもいろいろぜんねずに優しい発言をする。 関連イラスト.

次の

鬼滅の刃善逸はねずこと結婚する?恋人になる可能性は?

ねずこと善逸

鬼滅の刃で炭治郎以外のキャラの名言・名シーンってどんなのがあったかな?もう一度感動を味わいたい。 という人のために煉獄の最後 伊之助・善逸・ねずこの名言や名場面をまとめてみました。 この記事を読んでいただくと「この場面、すごく感動したな。 よかったな~」と楽しんでいただくことができます。 このシーンのどういうところに感動するのかっていうことの考察もしていますので、より深く鬼滅の刃という物語を味わうことができるようになりますよ。 名言・名画面がコミック何巻の何ページか書いているので、すぐに読み返すことができます。 僕は鬼滅の刃14巻まで読んでいるので、どういうところに感動するのかくわしく考察することができていると思います。 それでは鬼滅の刃 煉獄の最後 伊之助・善逸・ねずこの名言名場面ベスト5お楽しみください!• 鬼滅の刃 煉獄の最後 伊之助・善逸・ねずこの名言名場面ベスト5 煉獄の最後の言葉「胸を張っていきろ。 己の弱さや不甲斐なさにどれだけ打ちのめされようと心を燃やせ。 歯を喰いしばって前を向け」 8巻94ページ第66話「黎明に散る」で煉獄が炭治郎や伊之助らに残した言葉ですね。 第66話「黎明に散る」の黎明とは明け方・夜明けのこと。 この場面が明け方の時間帯だったことだけでなく、煉獄がいなくなるからといって終わりではなく炭治郎や伊之助・善逸たち若手がこれから育っていく=希望の光が差し込んでいるんだという意味も込められているのでしょう。 上弦の鬼の猗窩座 あかざ にやられてしまった煉獄は炭治郎たちかまぼこ隊に言葉を残します。 「胸を張って生きろ。 」 「己の弱さや不甲斐なさにどれだけ打ちのめされようと心を燃やせ。 歯を喰いしばって前を向け。 」 と伝えます。 煉獄は瀕死の状態だけれど炭治郎たちを励ますんですね。 この煉獄のセリフの後がさらに感動します。 「君が足を止めて蹲っても時間の流れは止まってはくれない。 共に寄り添って悲しんではくれない。 煉獄の最後のこの名シーンでは煉獄がたおされてしまって落ち込む炭治郎らに向けた言葉なんですが読者へのエールにも聞こえます。 人生のなかで打ちのめされるようなことがあって、ずっと落ち込んだままだったとしても、時間はどんどんと過ぎていきます。 この世で時間は不変の存在。 落ち込んでいたとしても、ただただ時間が過ぎていくだけ、ただそれだけです。 時間が経てば打ちのめされたことが癒されていくかもしれませんが、ずっと落ち込んだままだと、ほんとただそれだけで時間は過ぎていきます。 煉獄は心を燃やして歯を喰いしばって前を向けと励ましてくれてるんですね。 時間は冷徹にただ過ぎていくだけだから落ち込んでいる時間がもったいないともいえそうです。 いつまでも落ち込んでいても仕方がないと煉獄は伝えてくれているんです。 読者のなかで落ち込んでいた人は、この煉獄の言葉で勇気づけられたのではないでしょうか。 一読者である自分のことに置き換えることもできるのが、感動する名場面の条件の1つだと思います。 ただ前を向けと励ますだけじゃなくて、時間はただ過ぎていくだけ落ち込んでいる間だけ時が止まるわけじゃないと教えてくれたように思います。 落ち込んでいる暇があったら、今自分にできる精一杯のことを歯を喰いしばってでもやっていくことが大事ですよね。 もう一度煉獄の言葉を載せておきます。 「胸を張っていきろ。 己の弱さや不甲斐なさにどれだけ打ちのめされようと心を燃やせ。 歯を喰いしばって前を向け」 「君が足を止めて蹲っても時間の流れは止まってはくれない。 共に寄り添って悲しんではくれない。 」 この場面での炭治郎のセリフもグッときます。 そのセリフを含めた炭治郎語録の記事も書いています。 前を向こう。 一緒にがんばろうよ。 戦おう。 」 11巻76ページ第92話「虫ケラボンクラのろまの腑抜け」で堕姫の帯の攻撃を受けて意識を失った炭治郎が心の中で見たねずことの会話でのねずこのセリフです。 ねずこが人間だったときの昔の思い出なのかは定かではありません。 人間のときのねずこと鬼化しているねずこ両方出ていますから。 でも昔の貧しいときにねずこに炭治郎があやまるっていうことはあったのではないでしょうか。 そんなとき人間のねずこは「幸せかどうかは自分で決める」と言ったことがあったのではないでしょうか。 妓夫太郎(ぎゅうたろう)と堕姫(だき)との戦いで追い込まれた炭治郎はあきらめそうになっていたのでしょう。 前を向こう。 一緒にがんばろうよ。 戦おう。 」 というセリフがねずこの言葉として出てきたのかなって思います。 先ほどの煉獄のセリフ「君が足を止めて蹲っても時間の流れは止まってはくれない。 共に寄り添って悲しんではくれない。 」と同じように読者をも励ましてくれるねずこの言葉です。 過去をふりかってばかり、あのときこうしておけば良かったとか、そういう後悔ばかりして落ち込んで蹲っていても、ただ冷酷に時間が過ぎていくだけです。 炭治郎が意識を失った時のねずことの会話では、こんなねずこのセリフもあります。 「精一杯頑張っても駄目だったんだから仕方ないじゃない」 「人間なんだから誰でも…何でも思い通りにいかないわ。 」 このねずこの言葉は後悔して過去をふりかえってばかりいる人の心に響きます。 そうあの時はあれで精一杯だったんだ。 人間なんだから、なんでも思い通りににはいかない。 もう一度ねずこの言葉を載せておきます。 前を向こう。 一緒にがんばろうよ。 戦おう。 」 ねずこのかわいいとこについての記事も書いています。 「痛くても苦しくても楽な方へ逃げるな。 じいちゃんにぶっ叩かれる。 」 4巻181ページ第34話「強靭な刃」での善逸の心の中の声です。 蜘蛛の鬼との戦いと時での名場面ですね。 人面蜘蛛と戦うことになった善逸は人面蜘蛛に毒を盛られて気絶して眠りに落ちます。 眠りに落ちた善逸はいつものように本当の強さを発揮して人面蜘蛛をやっつけます。 しかし善逸は体に毒が回ってきていて力つきようという状態。 諦めかけていた善逸でしたが、意識が朦朧とするなか鬼殺隊になるために育ててくれた元柱のじいちゃんのことを思い出します。 目が覚めているときは弱気な善逸を、じいちゃんは厳しいながらも決して見捨てることなく剣士として育ててくれました。 人面蜘蛛の毒で朦朧としている善逸は、 「痛くても苦しくても楽な方へ逃げるな。 じいちゃんにぶっ叩かれる。 」 と自分に言い聞かせて、なんとか諦めずに呼吸によって毒がまわるのを遅くするんです。 目が覚めているときは剣士として弱気すぎる善逸ですが、じいちゃんのおかげでなんとか耐えることができました。 「楽な方へ逃げるな」という言葉は読者にも響くセリフですよね。 なにか成し遂げたいことがある時、受験勉強とかをしているときについゲーム始めたりYouTube見たりして、勉強が進まないなんてことはよくあることです。 そういう時は善逸の心の声 「痛くても苦しくても楽な方へ逃げるな。 じいちゃんにぶっ叩かれる。 」 を思い出せば勉強に集中しやすくなりそうですね。 ただときには逃げることも大事かなと思います。 命が脅かされるようなときとか、精神的につぶれてしまいそうなときとかですね。 ただこの善逸の場合は命かかってますから、意地でも諦めてはいけなかったので、じいちゃんを思い出すことができて善逸は助かった面もあるのでしょう。 善逸が呼吸で毒のまわりを遅くしたからこそ、しのぶが助けに来たタイミングで元の体に戻れるとこまでなんとか毒がまわらずに済んだかもしれません。 「だけど、ずーっと蹲ってたって仕方ないから、傷ついた心を叩いて叩いて立ち上がる。 」 8巻124ページ第67話「さがしもの」での善逸の心の中の声です。 猗窩座 あかざ にたおされてしまった煉獄。 炭治郎のような素直で前向きな人でも煉獄がやられてしまったことが悔しくて仕方がなく落ち込んでしまいました。 そしてあの負けず嫌いな伊之助がギャン泣きしてしまいます。 みんな落ち込んでしまっているだろうけれど、でも善逸は、 「ずーっと蹲ってたって仕方がないから、傷ついた心を叩いて叩いて立ち上がる」 とたぶん自分に言い聞かせます。 弱気で泣いてばかりいる善逸ですが、だんだんと成長しているのかなって思うセリフですよね。 そのうち寝ていなくても強い善逸になれるのかな?でも、それだと面白さがなくなってしまうから寝ているほうが強い設定はずっと残るのかも 笑 「どんなに惨めでも恥ずかしくても生きていかなきゃならねえんだぞ。 」 8巻104ページ第66話「黎明に散る」での伊之助のセリフです。 煉獄の最後、煉獄は母の姿を見て笑顔で亡くなってしまいます。 かまぼこ隊の炭治郎・善逸・伊之助みんな悔しくて泣いてしまうんですが、伊之助は「泣くんじゃねえ」と言いながらも猪のかぶりものから涙があふれるほど泣いてしまいます。 炭治郎は「煉獄さんみたいになれるのかなぁ…」と落ち込んでいるんですが、伊之助は「弱気なこと言ってんじゃねぇ!!」と言うんですね。 さすが伊之助は人一倍負けず嫌いな性格です。 煉獄がたおされてしまった悔しさから涙は流しても前を向いて進もうとしています。 炭治郎・善逸・伊之助の3人のなかで一番気が強いのは、やはり伊之助ですね。 炭治郎はなかなか強くなれない、目の前に分厚い壁があると落ちこみ惨めな気持ちになっています。 でも伊之助は、 「どんなに惨めでも恥ずかしくても生きていかなきゃならねえんだぞ。 」 と泣きながらも気合を入れようとするんですね。 煉獄は最後に炭治郎・善逸・伊之助の3人が強くなることを「信じる」という言葉を残しました。 その煉獄の言葉に応えること以外考えることはないんだと、伊之助は炭治郎や善逸に言うんです。 善逸がたおされてしまったことが悔しくて悔しくてしょうがないことが伝わってくる伊之助の言葉ですね。 そして、この伊之助の言葉「どんなに惨めでも恥ずかしくても生きていかなきゃならねえんだぞ。 」は読者へのメッセージでもあるのでしょう。 鬼滅の刃の作者吾峠呼世晴から読者への応援メッセージだと思います。 生きていくなかで惨めで恥ずかしいことがあったとしても、落ち込んでばかりではなくて生きていかなきゃならない、前を向いて進んでいくんだっていう吾峠呼世晴の想いが込められている伊之助のセリフではないでしょうか。 まとめ ということで炭治郎以外のキャラ、煉獄・伊之助・善逸・ねずこの名言・名場面ベスト5でした。 これからも名言だな名シーンだなっていうのがあれば追加していきます。 まとめると、• 「胸を張っていきろ。 己の弱さや不甲斐なさにどれだけ打ちのめされようと心を燃やせ。 歯を喰いしばって前を向け」(煉獄)• 前を向こう。 一緒にがんばろうよ。 戦おう。 」(ねずこ)• 「痛くても苦しくても楽な方へ逃げるな。 じいちゃんにぶっ叩かれる。 」(善逸)• 「だけど、ずーっと蹲ってたって仕方ないから、傷ついた心を叩いて叩いて立ち上がる。 」(善逸)• 「どんなに惨めでも恥ずかしくても生きていかなきゃならねえんだぞ。 」(伊之助) でした。 鬼滅の刃はギャグも面白いですが感動させてくれるような深いセリフも多いです。 鬼滅の刃の作者吾峠呼世晴先生、かなり苦労して漫画家になられたのかな~なんて思いますね。 だからこそ読者の心に届くような深い感動する言葉を書けるんでしょう。 鬼滅の刃の泣けるシーンベスト6ランキングの書いています。 鬼滅の刃の漫画を無料で獲得できるポイントを使ってお得に安く読む方法.

次の

【鬼滅の刃】ぜんねず公式エピソードを原作から紹介!善逸禰豆子の運命は…【鬼滅の刃】

ねずこと善逸

鬼滅一のヘタレキャラ!我妻善逸とは? 我妻善逸は『週刊少年ジャンプ』に連載されている漫画 『鬼滅の刃』のメインキャラクターで、主人公の竈門炭治郎たちとは最終選抜試験で出会いました。 その後は鬼を討伐するための組織「鬼殺隊」の一員として炭治郎たちと共に日々鬼達と闘っています。 金髪のざんばら髪に太い下がり眉が特徴で、三角形の羽織を着た16歳の少年です。 好きになった女性に、別の男とのかけおちのためのお金を貢がされ、借金に苦しんでいたところを元柱で育手の老人に助けられたことから、剣士を目指すことになりました。 そのため、ほとんどの剣士が抱えている 鬼に対する憎しみなどもなく、鬼と対峙する時には 如何なくそのヘタレっぷりを発揮しています。 ピンチに陥った際に 「俺はな ものすごく弱いんだぜ 舐めるなよ」と啖呵を切ったり、炭治郎が骨を折った状態で戦っていることを知って 「何折ってんだよ骨 折るんじゃないよ骨 折れてる炭治郎じゃ俺を守りきれないぜ!」と怒り出したり、ビビリで情けない性格を隠そうともしません。 はたまた人面蜘蛛を見つけた際には これが夢であってくれと願い、夢であったなら 「畑を耕します 一反でも二反でも耕して見せる!!」と謎の気概を見せたり、より巨大な人面蜘蛛を見た時には 「俺、お前みたいな奴とは口利かないからな!!」と可愛い拒絶の仕方をしています。 また、心音を聞き取って人柄や心理状態を把握したり、 嘘を見抜くこともできるんだとか。 さらに、善逸は 人と鬼では音が違うと発言しています。 恐らくは、鬼舞辻無惨を鋭い嗅覚で嗅ぎ分けて発見することができた炭治郎のように 人の中に潜伏した鬼を発見することなどもできるのかもしれません。 実際に、善逸は炭治郎と出会った当初から 禰豆子が鬼であることに気づいていましたが、 「泣きたくなるような優しい音」の炭治郎を信じて、この事にはあえて言及していませんでした。 ヘタレでビビリな善逸ですが、とても優しい心の持ち主であることがわかるエピソードですよね。 ちなみに、こちらはあとで詳しく説明しますが 善逸は絶対音感も持っているようで、楽器の演奏も得意としています。 特に響凱という鼓を操る鬼との戦いで、一緒に逃げていた一般人の正一君が話しかけた際には 「合図 合図 合図 合図をしてくれよ 話しかけるなら急に来ないでくれよ 心臓が口からまろび出る所だった」とブチ切れ。 挙句の果てに 恐怖と責任感が弾け、善逸は眠りに落ちてしまいました。 ヘタレもここまで極まるといっそ清々しい!しかし、実は ここからが善逸の本領発揮なのです。 また、命の危機を感じ、 緊張や恐怖が極限まで達すると失神するように眠りに落ち、本来の力を発揮できるようになります。 ちなみに、遊郭編では 独特の女装姿のまま眠りに落ちて技を繰り出し、鬼を一撃で倒すことに成功しました。 この「眠ることで本来の力が発揮できる」特性が発動してしばらくは、眠りに落ちると同時に無言で鬼を倒していましたが 回を重ねるごとに周りとの会話が可能になっていきます。 遊郭編では他にも、上弦の鬼に対して 「謝れよ」と迫ったり(鼻提灯は出ていますが)、伊之助との連携で 冷静で的確な指示を出す(やっぱり鼻提灯は出ていますが)など、かっこいい善逸の姿がたくさん登場します。 覚醒した善逸は、いつものヘタレ具合が嘘のように頼りになるので、伊之助からは 「お前はずっと寝てた方がいいんじゃねえか」と言われるほど…そのくらい、本領を発揮した善逸はかっこいいんですよね。 合わせて読みたいオススメ記事 我妻善逸の知識その5:使える型は1つだけど… 1. 我妻善逸 鬼滅の刃 普段のヘタレモードも気絶した時のしっかりモードも好きです。 善逸の使う雷の呼吸は、他の呼吸と同じく六つの型が存在していますが、善逸は 修行の過程でたった1つの型しか習得することができませんでした。 善逸が習得したのは 「壱ノ型 霹靂一閃」という技で、神速の踏み込みからの居合い一閃。 人間には勿論の事、鬼の目ですら捉えられず、ただ腰の 柄に手を置いた善逸が瞬間移動したようにしか見えないほどの早さを誇ります。 しかし、善逸はこの技を極め、6回連続で技を繰り出す 「壱ノ型 霹靂一閃 六連」、それを2回増やした 「八連」、さらに足の速さが上がるのに加え斬撃の早さも格段に上昇させた 「壱ノ型 霹靂一閃 神速」を生み出します。 1つの技を突き詰める根性と努力で、善逸は強い鬼とも戦えるようになっていきました。 我妻善逸の知識その6:寝ていなくても実はかっこいい 何度見てもこの時の善逸はカッコイイので禰豆子が将来お母さんになったとき「お父さんはね…初めて会った時、顔も知らないお母さんのことを必死で守ってくれたんだよ」とか言って「えー、うそだー!あのかっこ悪いお父さんがー?」と娘に言われてほしい — はちべえ hatibee 覚醒した善逸のかっこよさにばかり目がいってしまいますが、実は寝ていない善逸にもカッコいいところがあります。 そもそも基本的にはヘタレですが、 心根はとても優しく真っ直ぐであり、どんなに恐怖に駆られても人を見捨てることはありません。 また、炭治郎が背負っている箱に鬼である禰豆子が入っていることに気づきながらも、炭治郎が「俺の命よりも大切なもの」と言っていたことから、伊之助に箱を狙われた際、 どんなに攻撃を受けても身を挺して箱を守り抜きました。 嘘を見抜く出来る能力を持ちながらも、それに頼らず 「自分が信じたいと思ったものを信じる」という善逸の信条が最も現れている、鬼滅の刃の中でも 屈指の名場面です。 我妻善逸の知識その7:髪の色は雷で変化した! 「善逸は雷に打たれて髪色があ変わった」というオマケネタ本誌来週号で出よった 黒髪なのも爺ちゃんっ子なのも可愛いし 木に登ってメソメソしてる善逸超可愛い — もさめ mosaimegane 善逸と言えば、そのヘタレな性格の他にも、日本人離れした髪の色が印象的です。 初めて見る人にとっては海外の血が入っているのかな?と思われそうですが、善逸は純粋な日本人であり、 昔は黒髪でした。 しかし、ある日剣士になるための修業に耐え切れず、木に登って泣きわめきながら、育手である元柱の老人に謝っていたところ、 登っていた木に偶然雷が落ちた衝撃で髪が金髪になってしまったのでした。 こちらも善逸らしい面白いエピソードですね。 我妻善逸の知識その8:びっくりするほどの女好き! 鬼滅の刃がどういう漫画か知ってもらうためにもとりあえず善逸の名言貼っておきますね — きまりん homarinn 善逸は 美人に弱いという典型的な女好き。 炭治郎との初対面時にも、具合が悪そうだった善逸に声をかけただけの女の子に 泣いて追い縋りながら求婚し、あの仏のように心優しい炭治郎にドン引きされていました。 また、炭治郎の背負っている箱に入っているのが 美少女の禰豆子であることを知ると、一緒に旅をしている炭治郎に 「いいご身分だな・・・!!!」とブチ切れて夜明けまで追い回します。 ちなみにその後、禰豆子が炭治郎の妹だと分かると態度を一変させ、たびたび炭治郎に媚を売るシーンも…。 さらに、蝶屋敷で機能回復訓練を受けた際には、女の子に体を揉みほぐされるという理由だけで、伊之助が涙が出るほど痛いと感じたマッサージを 激痛を感じても笑いながら受け続けるという、サイコパス並みの執着心を女性に寄せています。 「 女の子一人につきおっぱい二つお尻二つ太もも二つついてんだよ すれ違えばいい匂いがするし見ているだけでも楽しいじゃろがい!!」は、一度聞いたら忘れられない、善逸の名言ですね。 我妻善逸の知識その9:禰豆子に恋する善逸がかわいい! 照れながらねずこに花を贈る善逸が見られただけで僕はもう満足です… 鬼になって表情が乏しくなってしまったねずこが少しだけ目をぱちくりさせてるのも、ねずこなりに驚いているのが伝わってきてすごく幸せになれる一枚だ — コウ? また、禰豆子の顔を見てからは、その美しさに一目惚れしており、 禰豆子に花をプレゼントするなど健気なアピールを繰り返しています。 蜘蛛山編では、善逸は当初鬼に怯え、山の中に入っていくことを拒否しましたが、炭治郎が禰豆子を連れて蜘蛛山へ入ってしまったことに気づき 「俺の大切な禰豆子ちゃん」と発言し、禰豆子を助けるために慌てて蜘蛛山へと入っていきました。 機能回復訓練を行った蝶屋敷編では、訓練の内容を箱越しによく話していたようで、 花の咲いている場所に、夜連れて行くと約束もしています。 ちなみにこの話に対して禰豆子は「カリカリ・・・」と爪で箱をひっかく音で応えており、仲の良さ(?)が伺えます。 覚醒した善逸にときめく禰豆子・・・? 鬼滅の刃さーー!!善逸とねづこが可愛くてさーー!!! 近年稀に見る可愛いノマカプなんですけどーーー!?すき!!!!!! — 秤月 hakariduki それ以外にも、善逸は夢を操る鬼・魘夢から見せられた夢の中で 禰豆子と楽しそうにデートをしたり、戦いが終わり夜が明けた時に慌てて禰豆子を箱に戻したりと、常に禰豆子が心の中にいることが分かります。 また、夢を操る鬼・魘夢との戦いでは魘夢の夢から覚めないまま覚醒しており、鬼に襲われた禰豆子を救い出しています。 この時に善逸は 「禰豆子ちゃんは俺が守る」とカッコいいセリフを放ち、それに 禰豆子がときめいたような描写も見られました。 しかし、その直後に善逸が 鼻提灯を出しながら「ふがふが」言ってしまったことから、寝言なのか本気なのか判別がつかず、禰豆子も目を点にして拍子抜けした様子。 善逸と禰豆子の関係性が発展するのかも、鬼滅の刃の見どころかもしれません。 関連記事をご紹介! 我妻善逸の知識その10:女装した姿「善子」もかわいい? 善子かわいすぎ。 女装させられたことよりも天元さんが男前やったことに怒ってるところとか、ブレへんな〜って関心した。 相手が上弦の鬼ってわかってても女の子が手出されそうになってるのをシラフで止めに入る善逸はサイコーに男前やのに、通常時は恥を晒し続ける善逸、、、そこがまたサイコーに好き。 3人はそれぞれ別の店へと潜入するのですが、その過程で善逸は中々貰い手が見つからず、天元に 「便所掃除でも何でもいい」「タダでもいい」と強引に売り飛ばされてしまいました。 これに怒った善逸ならぬ「善子」は、恐ろしい形相で三味線をかき鳴らし、耳の良さを生かして音楽の才能を開花させます。 そして、 「見返してやるあの男・・・!!アタイ吉原一の花魁になる!!」と心に誓うのでした。 その後、善逸はようやく我に返り本来の任務をこなしていくのですが、 女装をした途端に女性口調になってしまったり、一瞬でも 本気で吉原一の花魁を目指してしまうノリの良さが善逸らしくてとてもかわいいですね。 我妻善逸役・下野紘さんの演技力がスゴイ!映画化にも期待 アニメ・鬼滅の刃で我妻善逸を演じた 下野紘さん。 善逸の十八番である 汚い高音の絶叫なども難なくこなし、ファンからも「ピッタリすぎる」「善逸を演じ切れるのは下野さんしかいない」など、大絶賛されていました。 そんな下野さんは、鬼滅の刃のイベント中「 叫びが多い善逸について最初は不安だったが、最近では自分の喉がどこまで絶叫に耐えられるかを考えて楽しんでいる」と発言しており、ご本人もかなり愛情を持って善逸を演じていらっしゃる様子。 劇場版「 鬼滅の刃 無限列車編」 の公開も今年中と発表され、下野さん演じる善逸の活躍がますます楽しみですね! 関連記事をご紹介!.

次の