つくば テイクアウト。 つくば市テイクアウト推進支援給付事業(2次募集)|つくば市公式ウェブサイト

つくば駅周辺飲食店テイクアウトマップを作成しました!

つくば テイクアウト

こんにちは、たなこ です。 突然ですが、みなさん毎日ごはん作っていますか。 私は昔は手作りで色々と細々料理をするのが好きだったのですが、最近は時間がなかったりそもそも子どもたちが食べてくれなかったりして、料理することそれ自体がそんなに好きではなくなってしまいました…! ていうことで、「あーもう晩ごはん作りたくないよー!」ていう日が多々あります。 しかも、子連れだから外食もしたくない…ということもよくあります。 そんなときに利用したい テイクアウト! 都内だとテイクアウトも充実していますが、ちょっと田舎のつくばだとあんまりなかったりしますよね。 そこで、本日の記事では我が家がよく利用する美味しい中華のお店 「百香亭」のテイクアウトをご紹介します。 百香亭 つくば本店 11:00~15:30 L. 15:00 17:00~23:00 L. hyakkoutei. こどもが暴れようが、寝転がろうが、家なので「ご自由に〜」と寛大な心で料理をおいしくいただけます。 注文してから出来上がるまでが爆速 「今日はめんどいからテイクアウトにするか」と決断するのって、もう夕方じゃないですか…。 そこから注文するとなると一体どのくらい時間かかるの?という点が気になると思うのですが、百香亭は爆速で料理が完成します。 我が家では、注文してからすぐお店に料理を受け取りに向かうパターンが多いのですが(時間にして15分足らずくらい)、お店に到着すると、もうすでに完成してレジ横に置いてあります。 思い立ってからすぐ料理を受け取れるのは、非常にありがたいです。 子連れで受け取りに行くと、うれしいポイント! これは、お店で食べてもテイクアウトにしても共通なのですが、百香亭のポイントカードは来店した人数でポイントを加算してくれます。 なので、子どもを連れて行くとその分ポイントを押してもらえてお得です〜!(もちろん、子どもじゃなくて大人でも!) ちなみに、ポイントが全て貯まると1000円引きしてもらえます! 百香亭でテイクアウトする方法 電話 029-852-8166 一本で注文可能です。 にメニューがあるので、それをみながら注文すればOK! 料理名の漢字が読めないこともあるかと思いますが、番号が振ってあるのでその番号を伝えれば注文できます。 料理名を伝えたら、受取り時間や、連絡先を伝えて注文完了です! 時間になったら忘れずにお店に料理を受け取りに行きましょう。 ちなみに直近でテイクアウトした料理はこんな感じです。 今日はご飯作りたくないな〜ってときは、美味しい百香亭のごはんゆっくり家でを食べて翌日から頑張りましょ〜!.

次の

つくば市テイクアウト推進支援給付事業(2次募集)|つくば市公式ウェブサイト

つくば テイクアウト

【山口和紀】苦しむ飲食店を救おうと、つくば、土浦でテイクアウトを行っている飲食店をインターネットで紹介するサイトが次々に立ち上がっている。 つくば市の有志が行う「旨がっぺTSUKUBA」、同市商工会青年部の「テイクアウト紹介サイト」、土浦市の酒寄隆弘さんが企画する「おうちdeつちうら名店街」の3サイトがある。 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、密閉空間、密集場所、密接場面の「3密」を避けながら、おいしい料理を味わってもらい、深刻な影響を受けている飲食業界を応援しようという取り組みだ。 飲食業界の苦境について、つくば市商工会青年部は「商工会への融資の相談も増加し、今後も傾向は続く見込み」だと説明する。 3月、4月は歓送迎会などの書き入れ時なのに宴会などのキャンセルが相次いだり、売り上げが下がったりして大変という声が多数だという。 そんな中、多くの店がテイクアウトや、出前などのデリバリーに活路を見いだそうとしている。 しかし「個々の発信では限界があり、有意義な情報も届きにくい」ことから、テイクアウト情報を集約して発信するサイトに着想した。 それぞれのサイトには市内飲食店のテイクアウト情報が集められており、持ち帰りができるおいしそうなメニューが数多く並んでいる。 お客さんも投稿 「旨がっぺTsukuba」のサイトはフェイスブック上に作られた。 飲食店の経営者だけでなく、お客さんも自発的に投稿し、お店を紹介しているのが特徴だ。 「もうすでに、たくさんの方が注文しているよう」だと話すのはサイトの運営者。 「人間関係が希薄になりつつある中、さまざまな人が協力し、地域のために行動してくださることに感謝している」と語った。 つくば市商工会青年部もテイクアウト情報をホームぺージ上にまとめている。 紹介されているのは同会の部員の店が中心だが、外部の情報も増えてきている。 「サイトをきっかけにお店を利用してくれるお客もいるようだ」と語る。 「自粛で疲れてしまっている中、少しでも外食気分を味わってもらえたらうれしい」と呼び掛けた。 収束後にぎやかに 「旨がっぺTsukuba」を見て立ち上がったのが土浦市の酒寄さんだ。 「おうちdeつちうら名店街」のサイトを5日にフェイスブック上に立ち上げた。 「どうにか応援できないか」とずっと思っていたと話す。 土浦市も「飲食店だけでなく卸売業、酒販売業など周辺業種の影響も甚大だ」と語る。 「つちうら名店街」の命名の由来は同市川口1丁目にある「土浦名店街」というアーケード商店街だ。 酒寄さんは土浦生まれ土浦育ち。 子どものころは「名店街」が地域の中心として盛り上がっていた。 「新型コロナが収束した後も実際の店舗に足を運んでいただき、いつかまたにぎやかになってほしい」という思いから命名したという。 つくば、土浦近隣のテイクアウト店紹介サイトは以下の通り。 3サイトとも10日時点で情報提供を受け付けている。 「旨がっぺTsukuba」: 「旨がっぺTsukuba」のトップ画像(「旨がっぺTsukuba」提供) つくば市商工会青年部: おうちDEつちうら名店街:.

次の

テイクアウト飲食店に一律10万円 つくば市が1億6000万の緊急経済対策

つくば テイクアウト

【鈴木宏子】新型コロナウイルスの感染拡大で影響を受けているつくば市の事業者に、同市は20日、総額1億6400万円の緊急経済対策を実施すると発表した。 食事のテイクアウト(持ち帰り)を実施している飲食店に一律10万円を給付するなど4つの対策に取り組む。 同日、市議会全員協議会を開き、五十嵐立青市長が説明した。 5月1日に臨時議会を開き、補正予算案を提案する。 可決されれば5月1日から受け付けを開始する。 財源は財政調整基金を活用するという。 飲食店500店を想定 一律10万円のテイクアウト協力金は、外出自粛要請で外食する客が減る中、密閉空間、密集場所、密接場面の3密を防ぐテイクアウトやデリバリー(出前)の取り組みをしている市内の飲食店を支援する。 店内で飲食を提供しているか、提供を止めているかにかかわらず給付する。 テイクアウト実施店に対してはさらに、市が5月中にホームページを作って各店のテイクアウトメニューや価格などを掲載し宣伝する。 テイクアウト店を一堂に掲載したちらしなども制作し7月1日付けの市広報紙と一緒に各世帯に配布する。 飲食店の店頭に置くのぼり旗やステッカーなども市が制作する。 市内にある飲食店のほぼ半数に当たる計500店を給付対象として想定しているという。 事業費は5400万円。 市が2割上乗せ クラウドファンディングによるチケットの前払いは、新型コロナウイルスの感染拡大で大きな影響を受けている文化芸術、旅客運送、飲食店など5分野程度を想定している。 コンサートや公演、タクシー乗車、飲食など各事業者にメニューを提案してもらい、応援したいという市内外の市民などから広く資金を募る。 詳しい内容は、市と事業者団体などによる実行委員会を5月早々に設立して決める。 チケットを前払いで購入してもらう際、市がチケット料金の2割を上乗せする形で補助し、事業者と利用者双方にお得感がある仕組みを作って前払い購入を促進する。 市が負担する上乗せ分として1分野当たり約880万円、5分野で約4400万円を計上する。 隠させないで支援 従業員などが新型コロナウイルスに感染した場合の最大100万円の給付は、事業休止による売り上げ減少や再開に向けた設備の消毒費用などを支援する。 感染を隠しながら営業したり、働き続けるのを防ぐことも目的の一つ。 売り上げが50%以上減った中小企業に上限200万円、個人事業主に上限100万円を給付する国の持続化給付金を受給した事業者が対象で、同給付金に市が上乗せする形となる。 事業費は1500万円で、中小企業10件、個人10件を想定している。 宿泊者に7000円補助は取り止め ホテルや旅館など宿泊事業者への支援は、売り上げの減少分と客室の規模に応じて最大80万円から300万円の給付となる。 一方、市は3月議会で、市内のホテルや旅館の宿泊者に1人最高7000円(宿泊費5000円割引、食事券2000円交付)を補助することを決めていた()。 新型コロナウイルスが収束すれば取り組むとしていたが、現時点で収束の見通しが立たず事業を開始できる状況にないことから、宿泊者に最高7000円を補助する事業は取り止める。 3月議会で計上した9000万円の予算は組み替えて、宿泊事業者に最大300万円を直接給付する事業に充てる。 事業費は約5100万円。 宿泊費の割引と併せて交付するとしていた1人2000円の食事券についても、収束の見通しが立たず事業を開始できる状況にないことから、こちらも予算を組み替えて、食事券利用対象の申請を受けた飲食店に一律6万円を給付する。 食事券2000円の交付事業には、すでに市内の約240店の飲食店から参加の申し込みがあるという。 3月議会で決めた宿泊者への割引などは、国が旅行商品の2分の1をクーポンなどで付与する消費喚起事業(GoToキャンペーン)を感染収束後に実施することを発表したため、国の事業に代えてもらう。 宿泊者に配布するとしていた食事券についてのみ、感染の収束を見極めて、宿泊者を対象に先着約1万人に2000円の食事券を配布する事業を実施する予定という。

次の