ユーカリ 自然 発火。 オーストラリアの山火事(森林火災)原因は?なぜ被害が広がるのか理由を調査

自然発火はどんな植物でもあるのはなぜ?自然発火するゴジアオイとは?

ユーカリ 自然 発火

オーストラリアでコアラ絶滅危機!山火事はいつから起きている?過去にもあった? 現在、オーストラリアの山火事がとても深刻な状況になっています。 一度に90もの火災が発生して、そのうち約半分はまだおさまっていないそうです。 大規模な山火事が発生したのは、2019年10月28日頃。 なんと約2か月以上燃え続けているのです!! 実はオーストラリアには過去にも大規模な山火事の経験があります。 2009年2月に記録的な熱波が起こり、各地で同時多発的に山火事が発生しました。 死者は209人以上となり、オーストラリア史上最悪の山火事と言われています。 オーストラリアは過去に大規模な山火事を経験しているにもかかわらず、 2019年に再度山火事が発生しました。 むしろ、今回の山火事のほうが史上最悪になるのでは??との声も上がっています。 スポンサーリンク オーストラリアでコアラ絶滅危機!山火事原因はユーカリ葉の自然発火!?水を求める姿も・・・ シドニーでは非常事態宣言が出されるなど、 現在のオーストラリアの山火事は過去最悪レベルとなっています。 この中で、コアラをはじめとした野生動物にも大きな被害が出ています・・・ 今回、最も被害が大きいと言われているのが、 シドニーがあるニューサウスウェールズ州です。 165万ヘクタールが焼失し、住宅600戸以上が燃えました。 アメリカのCNNは2019年10月30日の時点で、 ニューサウスウェールズ州でコア350頭が死んだ可能性があると報道しました。 イギリスのデイリーメールでは1000頭以上死んだ可能性もあるとしており、 絶滅の危機が近づいたと警鐘を鳴らしています。 ぐったりした姿で手足を冷やしている姿が痛々しいです・・・ 野生動物として生きているコアラにとって、山火事とは常に隣り合わせかもしれませんが、それでもできるだけ被害にはあってほしくないものです。 そもそも自然発火とは、どういう状態を指すのでしょうか? 自然発火・・・人為的に火をつけることなく出火する現象のこと。 つまり、放火などの人為的な原因ではないということですね。 オーストラリアではしばしば山火事が発生するのですが、 山火事の発生原因の大半はユーカリの葉と言われています。 ユーカリの葉とは、コアラがもぐもぐ食べている葉っぱですね。 ユーカリの葉は自然発火??についてみていくと、ユーカリの葉には青く見える成分である 『テルペン』が含まれており、このテルペンが引火性の物質!! 夏になると太陽の熱などにより、テルペンの濃度が高くなって、 自然の発火してしまうそうです。 そしてユーカリが自生している森全体に火が広がって、 あっという間に山火事となってしまうわけです。 よって、オーストラリアの夏に山火事に発生率は高くなるので、 時期としては10月~3月が多くなります。 ちなみにオーストラリアの観光名所の1つに「ブルーマウンテン」という 世界遺産があります。 山が青っぽく見えるのは、ユーカリの葉に含まれる『テルペン』の青さによるものです。 キレイな絶景ではありますが、引火性物質であることを考えると、 このブルーマウンテンは山火事発声の確率が極めて高いということになりますね・・・ また、テルペンが原因のユーカリの葉による自然発火以外にも、 落雷による火災・送電線が損傷したことによる火災なども 自然発火の原因として考えられています。 オーストラリアでコアラ絶滅危機!山火事原因はユーカリ葉の自然発火!?ネットの反応は? 今回のオーストラリア山火事について、ネットでの反応をみてみました! オーストラリアの山火事。 強烈な熱波が広大な土地を襲い、4億8000の動物が死亡、三分の一のコアラが焼死。 なぜ日本で報道しないんだ。 悲しすぎる… 一地域の山火事と思ったら、オーストラリア全土でこんなに燃えてるのか。 3分の1のコアラ焼死とかも想像出来ひん。 — べーやん 。• 現地で最善を尽くしてくれている方々に感謝しつつ、一刻も早い鎮静を祈ります。 オーストラリアでコアラ絶滅危機!山火事原因はユーカリ葉の自然発火!?:まとめ いかがでしたか? オーストラリアの山火事が2か月以上燃え続けていることに驚きです。 そしてコアラは絶滅危機と言われるほど死んでしまい、 他の動物たちも大きな被害を受けています。 今後もオーストラリアの山火事に注目していき、一刻も早い鎮静を願います。 ここまでお読みいただきありがとうございました!.

次の

ユーカリ

ユーカリ 自然 発火

ブログマラソン240日目。 ユーカリに学ぶ「生きるための知恵」-自然発火による山火事の要因を紐解く もう1週間も前の話になりますが、クリスマスの日にグレートオーシャンロード近辺で大規模な山火事が発生して大きなニュースになりました。 オーストラリア南部の夏は高温で乾燥するので、山火事は毎年大きな自然災害として問題になります。 山火事の原因は落雷などの自然現象や、人的な要因もありますが、自然発火で起こることも多くあります。 その大きな要因となっているのがコアラの食物で有名なユーカリです。 下記ウィキペディアからの参照になりますが、ユーカリが原因による自然発火について説明されています。 オーストラリアでは自然発火による山火事が多いが、ユーカリがその一因である。 ユーカリの葉はテルペンを放出するが、気温が高いとその量が多くなるので、夏期にはユーカリ林のテルペン濃度はかなり上昇する。 テルペンは引火性であるため、何かの原因で発火した場合、燃え広がり山火事になるのである[2]。 樹皮が非常に燃えやすく、火がつくと幹から剥がれ落ちるので、幹の内側は燃えずに守られる[3]。 根に栄養をたくわえており、火事の後も成長し続けることができ、新しい芽をつけることもできる[3]。 更に、 ユーカリの種は、山火事を経験した後の降雨により発芽すると言われている。 とあります。 何だかこれってすごくないですか? 要するにユーカリは自然発火を起こすことで成長している 生き残っている わけです。 まさに熱帯乾燥地帯だからこそ生き続けてきた種であり、日本では考えられないですよね。 この話を知ったときに感じたのは、ユーカリという植物の生命力の強さです。 他の木々がどうなろうと自分が生き残るために自然発火を起こしているわけですから、「何てやつだ! 」と思わなくもないですが、植物の世界も弱肉強食というわけですね。 見方を変えると、そうやって生きるための知恵を身につけたからこそユーカリはオーストラリアの森林を支配するに至ったわけです。 高温・乾燥という気候条件に見事に適合したユーカリという植物はもう見事というしかありません。 「火災は森林を破壊するもの」という常識を、「火災は森林を守るもの」という考え方に変えてしまったユーカリ。 常識で凝り固まった発想を打ち破る知恵を、ユーカリから学べるような気がします。 kyohei071.

次の

オーストラリア山火事の原因はユーカリの自然発火!現在の状況や募金先は?

ユーカリ 自然 発火

ユーカリの生態・山火事への適応 オーストラリアと言えば コアラ、コアラと言えば ユーカリ、というわけでユーカリの隠された?生態を紹介したいと思います。 ちょっと専門的な話になってしまいますがご容赦を。 オーストラリアでは人間が住むようになるはるか以前から(アポリジニーは4~ 12万年前に来たと言われている)乾燥化が進み、落雷等による山火事が夏に頻発するようになりました。 この厳しい環境に耐えるためにユーカリは独特の進化を遂げました。 そしてそれは樹種によって 2グループに別れます。 山火事に耐えるユーカリ 第一は「耐える」事によって生延びる類で、おしんユーカリと呼ばれています(ウソ)。 まず樹皮が厚くなり、外側が焦げても簡単には死なないようになっています。 通常の芽は鱗片等で守られておらず簡単にダメージを受けますが、これがやられるとすぐ脇に隠してある?accessory bud と呼ばれる普段は何もしていない予備の芽が成長を始めます。 これがやられても今度は幹から直接 epicomic shootと 呼ばれる枝を発生します。 幹が死んでも根際から萌芽する事ができます。 木が死んでも土の中で光があたるのを待っていた ligno-tuber という地下茎に似た組織が成長を始め、また枝についていた種も実(これも厚い殻で守られている)が熱によって乾燥する事によって一時にまかれ、成長を始めます。 山火事で生まれ変わるユーカリ 第二は「死ぬ」事によって生まれ変わる宗教的な?類です。 このグループは山地等比較的雨が多い地域に分布しています。 樹皮が薄く簡単に火で死んでしまいます。 また乾燥した樹皮が枝から垂れ下がり、火が樹冠に登りやすくなっています。 この類は他のユーカリと違って幹が死ぬと根元から新しい芽を出して再生することができません。 また ligno-tuber を形成する事もできません。 光が不足すると若木は簡単に枯れてしまいます。 そこで必用なのが火事です。 火が入るとユーカリ自身が油を含んでいますし、大規模の山火事になりやすく、森林全体が簡単に死んでしまいます。 そうすると林床に光が入り、また灰が溜り種子には発芽に絶好の条件になります。 また火事の後には自然乾燥を待っていては何年もかかる種子の自然散布が一斉に起こります。 発芽した若木は非常に成長が速く他の木や草に覆われる前に上層を形成します。 こうしてできた林は木の大きさがそろっていてまるで日本の杉林のようです。 もし火事が無いと、光が無いと成長できないユーカリ林は次第に他の耐陰性の高い木に取って代わられて消滅してしまいます。 このためユーカリ林は fire climax forests と呼ばれています。

次の