メルペイ ポイント 優先 利用。 メルペイポイントの使い方・有効期限の確認方法

メルペイポイントの使い方とは?支払い方法や有効期限について徹底解説!

メルペイ ポイント 優先 利用

メルペイ残高:1,200円• メルペイポイント:500ポイント を持っている状態で、「1,000円分の商品」をメルペイ残高で購入する場合、• メルペイポイント:-500ポイント• メルペイ残高:-500円 として支払いが行われる形となります。 メルペイ後払い スマート払い :自動的に使われない 気をつけてほしいのが、メルペイ後払い スマート払い での支払いの場合です。 メルペイ後払い スマート払い を利用して支払いを行う場合、自動的にポイントは使われません。 メルペイ後払い スマート払い の場合、今月利用分の清算は翌月に行います。 その清算の際に、意図的にポイントを利用しなければなりません。 メルペイ後払い スマート払い でポイントを使う方法 メルペイ後払い スマート払い では、以下2つの方法で清算をすることができます。 メルペイ残高払い• 上記を設定することで、メルペイ残高で清算する際、メルペイポイントが優先的に利用されます。 MEMO メルペイのコード払い・iD払いについては、以下で解説しています。 メルペイ後払い スマート払い で利用 メルペイ後払い スマート払い の清算でメルペイポイントを利用することができます。 前章で注意点も説明していますが、メルペイ後払い スマート払い の場合、メルペイポイントを利用するかは自分で指定する必用があります。 Suicaへのチャージ メルペイを利用して「Suicaにチャージする」ことも可能です。 モバイルSuicaにチャージする際、チャージ元としてメルペイを設定することができます。 その時に支払いを方法をメルペイ残高に設定しておけば、ポイントを使ってチャージすることが可能になっています。 なお、メルペイを使ってSucaへチャージする詳しい方法は、 で解説しています。 メルカリで使用 メルカリを利用している方であれば、メルペイポイントをメルカリの買い物で利用することができます。

次の

メルペイのポイントが使えない原因は?ポイント使用時の3つの注意点

メルペイ ポイント 優先 利用

メルペイは、メルカリのアプリをスマホにダウンロードして使います。 実店舗の支払いは「メルペイコードでの決済」または「電子マネーiD決済」が主流です。 財布を出す手間が省け、スピーディーに支払いができる点がメリットでしょう。 アプリと銀行口座を連携させ、口座からメルペイに金額をチャージして使うのが基本ですが「メルカリの売上」をそのまま使うことも可能です。 チャージ用の銀行口座を登録せず「メルカリの売上金のみ」を使ってメルペイを使いたい場合は、売上金でポイントを購入してポイント払いをする形になります。 メルカリ内や支払先の店舗によっては、購入代金を翌月にまとめて清算する「メルペイスマート払い」にも対応しており利便性の向上が図られているところです。 具体的には、キャンペーンでもらえる「無償ポイント」と、メルペイの売上金で購入した「有償ポイント」に大別されます。 有償ポイントの有効期限は購入日から1年間ですが、無償ポイントは獲得日から180日間です。 「メルペイ残高」は、銀行口座やATMを経由してチャージしたお金やメルカリの売り上げを指します。 有効期限が設定されていないため、自分のペースで使えるでしょう。 「支払い用銀行口座の登録」やアプリでの「本人確認」が完了していない場合は、売上金でメルペイポイントを購入し支払いに充てます。 登録が済んだ時点でポイントの交換はできなくなり、売り上げはそのままメルペイ残高として自動チャージされる仕組みです。 いったん登録すれば交換の手間がなくなるうえ、ポイントのように期限もないため早めに登録しましょう。 残高よりもポイント優先で決済される メルペイでの支払時は、残高よりもポイントが優先的に使われます。 自分で「ポイントの優先利用の設定」をする必要はなく、自動的に優先される仕様です。 「いつの間にか失効していた」というケースは、少ないでしょう。 ただ、メルペイを使う機会が少ない人は、ポイントの有効期限をこまめにチェックしておいたほうが安心です。 有効期限はアプリ内の「ポイント」の「有効期限」から確認できます。 なお、支払方法を「メルペイスマート払い」に設定している場合は、メルカリ内の購入であれば支払い選択時のポイント充当が可能です。 ほかの店の場合は、翌月の請求時にキャンペーンなどで付与された「無償ポイントのみ」併用できます。 メルペイの還元率 現在のところ、メルペイ決済による独自のポイントの還元はありません。 メルペイ決済をする際に「楽天ポイントカード」や「Tカード」などのポイントカードを提示すれば、それぞれの提携店でポイントは付与されます。 しかし、あくまでもポイントカードに対する付与であり、メルペイ自体の決済ポイントは付きません。 ただし、2019年10月1日~20年6月末までの「キャッシュレス・消費者還元事業」において、メルカリは「キャッシュレス決済事業者」として登録されています。 毎月のポイント還元上限額は、最大3万ポイントです。 「メルペイコード払い」と「メルペイ電子マネー(iD)」を併用している場合は、それぞれ1万5000ポイントまでとなる点に注意しましょう。 フィーバーと呼ばれる還元キャンペーンで大幅アップも 決済によるポイント還元がないメルペイは「利用するメリットが少ない」と感じる人もいるでしょう。 メルカリでは独自の「還元キャンペーン」を不定期に実施しており、タイミングがあればまとまったポイントが獲得できるかもしれません。 これまでには、対象店舗でのポイントが最大50%にまでアップする「メルペイフィーバー」や、日曜限定で最大20%が還元される「メルペイサンデー」などが実施されています。 今後もさまざまなキャンペーンが行われる可能性は十分です。 キャンペーンの情報は、メルペイのサイトやアプリ内の「キャンペーン」に表示されます。 チャンスを逃さないように、チェックしておきましょう。 また、メルカリは「メルカリからのお知らせ」というタイトルで、公式ブログを配信しています。 その中の「メルペイ」カテゴリでも、キャンペーン情報が確認可能です。 お得にメルペイを使うには メルペイでは商品が割安で購入できる「クーポン券」を定期的に発行しています。 アプリ下のメニュー「メルペイ」から「クーポン」をタップし、今すぐ使えるおトクなクーポンの一覧をチェックしてみましょう。 クーポンには、支払時に値引きが受けられる「割引クーポン」と支払いの翌日にポイントが還元される「ポイント還元クーポン」の2種類があります。 使用時は、使いたいクーポンを選択し「クーポンを使う」をタッチします。 クーポンの種類によって使い方が異なるため、画面の指示に従いましょう。 フードがメルペイ価格になるクーポンやドリンクの50%引きクーポンなど、その都度内容は変わります。 何度も繰り返し使えるタイプもあり、賢く使えば日々のランチ代やおやつ代の節約になるでしょう。 クーポンには有効期限があり、配布枚数も限られています。 見つけ次第、早めにゲットしましょう。 iD決済なら電子マネーとして使える 「iD」とは「NTTドコモ」が発行する電子マネーの一種です。 後払い型・プリペイド型・デビット型など、支払い方法が自由に選べます。 スマホやカードをレジにかざすだけで決済が完了する便利さが魅力です。 「Apple」の決済サービス「Apple Pay」を利用している人は、メルペイのアプリ内で「iDの電子マネーカード」を作成してからiPhoneの「Wallet」アプリに追加しましょう。 メルカリ内の残高やポイントが、電子マネーとして使えるようになります。 iDは「iDロゴ」のある店舗のみで、利用が可能です。 会計時に「iDで支払います」と伝え、Apple Payに追加した電子マネーカードを表示しましょう。 指定された端末にスマホをタッチするだけで、支払いが完了します。 チャージしていくなら銀行口座登録 メルペイは「セブン銀行ATM」でのチャージも可能ですが、銀行口座をアプリに登録しておくと、いつでもどこでもチャージができるようになります。 メルカリ利用者の場合、売上金を出金するための「振込申請用銀行口座」をすでに登録していますが、アプリにお金をチャージする「支払い用銀行口座」の登録は別途必要です。 登録は、メルペイの画面下部にある「使い方」の「お支払い用銀行口座を登録」から行います。 登録する銀行を選択後「同意して次へ」を押し、「銀行口座の登録」で必要情報を入力します。 銀行サイトで所定の登録を行い、最後に「4桁のパスコード」を設定すれば完了です。 メルペイに登録できる金融機関は、メガバンク・ゆうちょ・ネット銀行・外国銀行・地方銀行・信用金庫と多岐にわたります。 くわしくはメルカリのWebページで確認しましょう。 ジャパネット銀行は「PayPay」「Google Pay」「LINE Pay」・メルペイなどのあらゆるスマホ決済に対応しています。 「チャージ専用」として開設し、スマホ決済に使うお金をまとめて管理すると便利です。 口座への出入金は、提携のATMで行えます。 3万円以上の出入金であれば、時間や回数にかかわらず無料です。 ネット上で頻繁に取引をする人にとっては、利便性が高いといえます。 3万円未満の手数料は165円(税込)ですが、毎月最初の1回は入金・出金ともに0円です。 口座を開設すると、キャッシュカードに「Visaデビット機能」が付いたカードが発行されます。 Visaデビット利用で1000円が進呈される新規特典なども、見逃さないようにしましょう。

次の

メルペイポイントの疑問をすべて解決!|ポイント還元制度と使い方

メルペイ ポイント 優先 利用

前提:ポイントでメルペイ残高のチャージはできない ポイントは、メルペイ残高へのチャージには利用できません。 また、する必要もありません。 というのも、 ポイントを所有している状態で、通常どおりiDやメルペイコード支払いをすれば、ポイントが自動的に消費されるからです。 ただし、ポイントはメルペイ残高よりも優先的に使われるので、使用するポイント数の指定はできないようになっています。 iD/メルペイコード支払いで実店舗で利用する 実店舗でポイントを使うにあたって、チャージや特別な設定は必要ありません。 ただ、 支払い方法が「スマート払い」の状態だとポイントでの支払いができないので、必ず「メルペイ残高」での支払いに切り替えておきましょう。 メルペイ残高支払いに設定されていると「ポイント優先利用」と表記される なお、購入金額に対してポイントが足りない場合には、ポイントとメルペイ残高の併用ができます。 メルペイコード払い メルペイコード払いは、ローソンなど上掲のマークがあるお店で利用できるQRコード/バーコード決済です。 iDのように初期設定は必要なく、また「メルカリ」アプリのインストールさえできていれば、どの端末でも利用できます。 使うときは購入金額分のポイントがあるかどうか確認し、メルペイ画面から[コード払い]をタップ。 パスコードやFace IDなどで本人確認をしてコードを表示します。 支払い方法がメルペイ残高とポイント支払いになっていることを確認したら、店員にコードを読み取ってもらえば完了です。 メルカリ内での支払いに利用する ポイントは、もちろんメルカリ内での買い物の支払いにも利用できます。 ポイントが金額分貯まっていればポイントだけでの購入もでき、足りない場合はメルペイ残高やクレジットカードなど、その他の支払い方法との併用もできます。 ただ、実店舗での利用と同じく、使うポイント数は指定できません。 購入したい品を選んだら、[購入手続きへ]をタップ。 支払い画面で「ポイントを使用する」にチェックを入れればポイントが使われます。 Suicaへのチャージに利用する(iOSのみ) 現状では iOSのみの機能となりますが、ポイントからApple Payを通して「モバイルSuica」へチャージが可能です。 メルペイ加盟店に加え、交通電子系マネーが使える店舗での決済や、普段の電車・バスの支払いにもポイントが活用できるので、iOSユーザーであればなにかとに便利に使えるでしょう。 メルペイポイントでチャージするには、Apple PayからモバイルSuicaを開き、残高の隣にある[チャージ]ボタンをタップ。 チャージしたい金額を入力し、[チャージ]を押します。 チャージ金額は1円単位で指定可能です。 なお、Suicaへのチャージするには、事前にiDの初期設定を済ませておく必要があります。 支払画面が表示されるので、カードの選択でメルペイ電子マネーを選びます。 あとはFace IDや指紋認証、パスコードなどで本人確認を済ませれば、Suicaへのチャージは完了です。 ポイントの有効期限• 売上金で購入したポイント:獲得日から365日間• キャンペーンで得たポイント:キャンペーンごとに設定• キャッシュレス・消費者還元事業で得たポイント:獲得日から90日間 有効期限を過ぎると、ポイントは失効して使えなくなってしまうので注意が必要です。 メルペイTOP画面の[ポイント]から、ポイントの獲得履歴と有効期限を確認できます。 ポイントは自動的に有効期限が近い順に消費されるようになっていますが、キャンペーンで獲得したポイントは特に有効期限が短いので、できるだけ早めに消費しましょう。 ポイントとメルペイ残高の違い ポイントもメルペイ残高も、iDやQRコードを通して実店舗で使えることに変わりありません。 ただ、「メルペイ残高=ポイント」というわけでもありません。 少々分かりづらいそれぞれの相違点を下表にまとめました。 ポイントとメルペイ残高の相違点 ポイント メルペイ残高 取得方法• キャンペーンでGETする• 還元事業の対象店舗でメルペイ支払いをする(2020年6月まで)• 売上金取得と同時に自動チャージされる• 銀行口座から指定した金額をチャージする 使い道• iD/メルペイコード払い• メルカリ内での支払い• Suicaへのチャージ(iOSのみ)• あと払いの精算(キャンペーンで獲得したポイントのみ)• 銀行口座への出金• iD/メルペイコード払い• メルカリ内での支払い• Suicaへのチャージ(iOSのみ)• あと払いの精算 利用条件 なし 銀行口座の登録もしくは本人確認を済ませる 有効期限• 売上金で購入したポイント:獲得日から365日間• キャンペーンで得たポイント:獲得日から180日間• 還元事業で得たポイント:獲得日から90日間 なし ポイントは有効期限があり、銀行口座への出金ができません。 ポイントは有効期限の近いものから優先的に使用されるようになっていますが、有効期限が切れると失効してしまうので注意しましょう。 売上金から購入したポイントとは メルカリの売上金を、出金せずにメルペイとしてiD決済やQRコード支払いで利用するには、売上金をポイントもしくはメルペイ残高に交換する必要があります。 左:「ポイント購入」ボタンをタップして購入ポイント数を入力する 右:ポイント購入に手数料はかからない 銀行口座の登録、もしくは「アプリでかんたん本人確認」を済ませたアカウントは、売上金を「メルペイ残高」に自動変換させて実店舗の支払いに利用できます。 それに対し、これらの登録をしていないアカウントは、1P=1円として売上金でポイントを購入することで、メルペイ残高と同じように実店舗での支払いに利用できるようになるのです。 つまり、売上金から購入したポイントは、メルペイ残高を利用できない人のために用意されているものだといえます。 キャンペーンで付与されたポイントとは ポイント還元キャンペーンや、ポイントバックキャンペーンで獲得できるポイントは、銀行口座登録などの有無にかかわらず、キャンペーンに参加した全員に付与されます。 左:口座登録が済んでいないアカウント 右:口座登録済のアカウント ただ、銀行口座登録や本人確認を済ませたアカウントとそうでないアカウントで、ポイントの表示形式が若干異なります。 これらの登録を済ませたアカウントは、「メルペイ残高」と「キャンペーンで付与されたポイント」が別枠で表示されます。 一方、済ませていないアカウントでは、「売上金で購入したポイント」と「キャンペーンで獲得したポイント」が合算されたポイント数が表示されます。

次の