モバイルsuica 機種変更。 【Android】機種変更時にモバイルSuicaのデータを引き継ぐ、残高を移行する方法 ≫ 使い方・方法まとめサイト

【Apple Pay】Suicaを機種変更後の新iPhoneに移行する(引き継ぐ)方法と手順を解説|SIMっちゃお

モバイルsuica 機種変更

iPhoneでSuicaは使えるの? 僕の頭の中のiPhoneは「iPhone5」あたりで止まっていました。 2012年発売なので、もう5年も前に発売されたiPhoneですね。 そこからAndroidに浮気し続けて、先日出戻りしたばかりなので完全な浦島太郎状態。 iPhoneでおサイフケータイは使えないんだろ~と思っていたのですが、いつの間にかiPhoneでSuicaが使える様になっていました。 Edyは使えないらしいので厳密にはおサイフケータイが使えるワケじゃないっぽいのですが、とりあえずSuicaには対応した様子。 まあとりあえずそれでも十分ですね。 Suicaが使えるiPhoneは「iPhone7以降のiPhone」ということみたいです。 とりあえず、僕のiPhone7 Plusは対応しているみたいです。 良かった。 Androidで使っていたSuicaのデータをiPhone7 Plusに移行してみた iPhoneでSuicaが使える様になったという事が分かったので、早速Androidで使っていたSuicaのデータを、今使っているiPhone7 Plusに移行してみたいと思います。 Suicaの機種変更作業は、現在Suicaが入っている端末で「機種変更する」の手続きをする必要があります。 なので、必ず「機種変更する」の手続きを現在のAndroidスマホで行う様にして下さい。 Androidスマホでの「機種変更する」の手続きは、以下の手順で行います。 まずはAndroidスマホの「モバイルSuica」を起動します。 「その他」のメニューをタップします。 「会員メニュー」をタップします。 「会員メニュー」をタップします。 「携帯情報端末の機種変更」をタップします。 「機種変更する」をタップします。 ちょっと待ちます・・・。 これでSuicaをAndroidからiPhoneに移行する準備が出来ました。 あとはiPhoneでの作業になります。 iPhoneでの手順 ここからはiPhoneの手順となります。 元のSuicaが入っているAndroidスマホでの手順がまだ完了していない場合は、そちらを先に終わらせる様にして下さい。 iPhoneにSuicaをインストールして(初めからインストールされてたかな?)、起動します。 「機種変更」をタップします。 注意事項を確認して、右上の「次へ」タップします。 「同意する」をタップします。 メールアドレスを入力します。 ここで入力するメールアドレスは、前のスマホで使っていた携帯メールアドレスなので注意して下さい。 パソコンのメールアドレスを入れてもエラーになるだけです。 僕の場合は、すでに使えなくなったドコモのメールアドレスですが入力し、先に進むことが出来ました。 僕の場合モバイルSuicaのパスワードが分からなかったので、以下の記事にある手順でパスワードの再登録をしました。 【関連】 「機種変更する」をタップします。 「実行する」をタップします。 右上の「次へ」をタップします。 「次へ」をタップします。 カードを追加中・・・となるので、少し待ちます。 「利用条件」を確認し、「同意する」をタップします。 再度「カードを追加中」となるので、待ちます。 「次へ」をタップします。 「完了」をタップします。 ログイン画面となるので「モバイルSuica」か「My JR-EAST」のパスワード(上のタブで選択)を入力して、「完了」をタップします。 これでSuicaのデータ移行が完了です! 上の画像で、Suicaの残高が表示されているのが分かりますね。 色々つまづくところも多かったのですが、無事にデータ移行出来て良かったです。

次の

GooglePayがSuica対応でモバイルSuicaは不要に!

モバイルsuica 機種変更

Androidで機種変更した時におサイフケータイやGoogle Payに登録しているモバイルSuicaを移行、残高を引き継ぐ方法です。 メインのAndroidをGoogle Pixel 3からPixel 4に機種変更しました。 Pixelへのデータ移行自体は、Pixelに同梱されている付属品の変換アダプタを使うことで超簡単に移行できます。 モバイルSuicaのデータ移行はケーブル転送には対応していない が、おサイフケータイやGoogle Payに登録している支払い情報やモバイルSuicaなどの残高は、ケーブル接続によるデータ転送のコピーの対象外となっています。 なのでAndroidを機種変更する時に移行前の機種でGoogle PayやおサイフケータイでSuicaを使っている場合は、手動で引き継ぎ処理を行って残高含めデータを移行する必要があります。 この記事では、 Android機種変更時にモバイルSuicaのデータを引き継ぐ、残高を移行する方法を紹介しています。 あんまりやる人はいないと思いますが、モバイルSuicaを使用している途中の状態(改札通った後のホームや電車の中)では、引き継ぎ処理を行わないようにご注意を。 降りる時に改札が通れなくなります。 関連記事: 【Android】機種変更時にGoogle PayやおサイフケータイのモバイルSuicaのデータを新端末に引き継ぐ、残高を移行する方法 移行前のAndroidスマホのモバイルSuicaアプリから機種変更手続きを行う 移行前スマホ(今回の例だとPixel 3)でモバイルSuicaアプリを起動します。 上部のタブで「その他」を選択して「会員メニュー」をタップします。 モバイルSuicaとパスワードを入力してログインします。 相変わらずガラケー寄りのサイト表示だなぁ… お知らせページの下部にある「会員メニュー」をタップします。 「携帯情報端末の機種変更」をタップします。 「機種変更する」をタップします。 携帯情報端末の機種変更処理中です…と表示されます。 Suicaのペンギンを見ながらちょっと待ちます。 表示されている下院登録メールアドレスが、新端末に引き継ぐ時にIDとなるのでチェックしておきます。 この状態で移行先のAndroidスマホ(今回の例だとPixel 4)の操作に移ります。 既に新端末でモバイルSuicaのセットアップが完了しているという人は、このステップは飛ばしてください。 新端末にSIMを挿してからのセットアップをどうぞ。 「同意する」をタップします。 画面の案内に沿って進んでいけばOKです。 おサイフケータイのセットアップ完了後にモバイルSuicaの初期化などを行います。 右上の「再発行・機種変更の方はこちら」をタップします。 「モバイルSuica会員の方」の部分にIDとパスワードを入力して「モバイルSuicaログイン」をタップします。 「初期設定する」をタップします。 「実行する」をタップします。 携帯情報端末の機種変更処理中です…と表示されます。 Suicaのペンギンを見ながらちょっと待ちます。 モバイルSuicaの機種変更処理完了です。 移行前のAndroidスマホに残っていたSuica残高が表示されていることを確認します。 Google PayからもSuica残高を確認 移行処理は完了していますが、いちおうGoogle PayでもモバイルSuicaが使えるようになっているか、残高が移行されているかを確認しておくことをオススメします。 ただ、おサイフケータイやGoogle PayのSuicaで電車に乗っている、買い物に使うという人も多いと思います。 カテゴリ• usedoorについて• usedoorをフォロー.

次の

iPhoneの機種変更で「Suica」を移行する方法 残高などを新しいiPhoneに引き継ぐ手順

モバイルsuica 機種変更

iPhoneの機種変更時、Apple PayのSuicaは旧端末から削除しておく必要あり Suica以外のクレジットカードは、複数のiPhoneのApple Payに重複して追加できます。 つまり、旧iPhoneのApple Payにクレジットカードを追加したまま、新iPhoneのApple Payにも同じクレジットカードを追加して利用できるというわけです。 ところがSuicaの場合、1枚のSuicaは1つの端末にしか追加できない仕組みになっています。 そのため、新しく購入してきたiPhoneをアクティベートしてApple PayにSuicaを追加しようとしても、旧iPhone側のApple Payで利用中のSuicaは追加できないのです。 旧iPhoneでSuicaを削除していないと、新規追加を求められる そこで、Suicaを旧iPhoneから削除しておく必要が出てきます。 「削除」と聞くとデータが消失してしまいそうで不安になりますが、安心してください。 Apple Payから削除されたSuicaは、Apple ID(iCloud)に紐付いてJR東日本のサーバーに退避されるので、Suicaにチャージ済みの残高や各種利用データが消えてしまうことはありません。 Suicaを旧iPhoneのApple Payから削除する4つの方法• 旧iPhoneでiCloudからサインアウトする(方法B)• なかでも一番わかりやすいのは、 旧iPhoneを操作してSuicaだけを削除する方法(A)です。 新iPhoneにSuicaを追加できずに困っているなら、まずはこの方法を最初に試してみてください。 すでに手元に旧iPhoneがない、故障して操作できないといった場合、(C)(D)のように他デバイスから旧iPhoneのApple Pay(Suicaを含むカード)を削除する方法も用意されています。 詳しい手順はします。 旧iPhoneでSuicaを手動削除する手順(方法A) 旧iPhoneが手元にある場合、Suicaだけを旧iPhoneのApple Payから手動で削除できます。 手早くSuicaの引き継ぎだけをおこないたければ、この方法がおすすめです。 旧iPhoneで「Wallet」アプリを起動し、登録カードからSuicaを選択してください。 右上の[ ]をタップ。 次の画面で最下部にある[このカードを削除]をタップすると確認を求められるので、再度[削除]をタップします。 これで、旧iPhoneからSuicaの削除が完了です。 旧iPhoneでiCloudからサインアウトしてSuicaを削除(方法B) iCloudから旧iPhoneをサインアウトさせることでもSuicaを削除できます。 しかし、SuicaだけではなくiCloud関連のデータも同時に端末から削除される点に注意が必要です(再びサインインすれば復元されます)。 旧iPhoneをiCloudと同期したまま使い続けたいのであれば、この方法は推奨できません。 旧iPhoneをiCloudにサインインしない状態で使い続ける場合か、譲渡・売却する予定がある場合などに利用するとよいでしょう(後者の場合であれば、むしろやを使ったデータ消去をおこなうべきです)。 (2)Suicaを新しいiPhoneに追加(移行)する 旧iPhoneでSuicaを削除できたら、あとは同じSuicaを新しいiPhoneに追加するだけです。 ここで注意しておきたいのは、 新旧iPhoneが同じApple IDで管理されている必要があるという点。 普通は新iPhoneへの機種変更時に旧iPhoneと同一のApple IDでサインインするはずなので、新しいApple IDで新端末を利用するような場合でなければ特に気にしなくても構いません。 左:Walletアプリでカードを追加する 中:Apple Payの案内画面 右:Suicaを追加する まず新しいiPhoneの「Wallet」アプリを起動し、右上の[+](もしくは[カードを追加])をタップし、次に表示されるApple Payの案内画面で[続ける]をタップします。 続けて、カードの種類を選択する画面で[Suica]を選びます。 左:旧iPhone側で削除したSuicaが表示された 中・右:Suicaの復元が完了 JR東日本のサーバーに退避されていたSuicaが表示されるので、[次へ]をタップします(複数枚あれば1枚ずつ選択)。 これで、新iPhoneへのSuicaの引き継ぎが完了します。 古いiPhoneが手元にない・操作できない場合 古いiPhoneが手元にない、故障や紛失などで操作できないといったケースでは、またはから旧iPhoneのApple Pay(Suicaを含むカード)を削除することが可能です。 削除さえ済めば、でSuicaを新しいiPhoneに追加(移行)すれば、問題なく引き継げます。 新iPhoneを使って旧iPhoneのApple Payを削除する(方法C) 新iPhoneの「設定」アプリから旧iPhoneのApple Pay(Suica)を削除することができます。 新iPhoneで「設定」アプリを起動して[(ユーザー名)]をタップし、画面下部で旧iPhoneのデバイス情報を選択。 「デバイス情報」画面で[すべてのカードを削除]をタップします。 これで、旧iPhoneのApple PayからSuicaを含むすべてのカードが削除されます。 iCloud. comを使って旧iPhoneのApple Payを削除する(方法D) 旧iPhoneと新iPhoneの両方が手元になくても、iCloud. comから旧iPhoneのApple Pay(Suicaを含むカード)を削除することもできます。 Apple Payを削除する端末を選択 まず、にWebブラウザでログインし、[設定]をクリックします。 「設定」画面では、自分のApple IDと紐付けられているデバイスの一覧が表示されるので、Suicaを削除したい旧iPhoneを選択してください。 [すべてを削除]をクリックして旧iPhoneのカードをすべて削除 Apple Payの項目にある[すべてを削除]をクリックすれば、Suicaを含むすべてのカードが旧iPhoneから削除されます。

次の