ご無沙汰しております 意味。 「ご無沙汰しております」の意味と使い方!ビジネスや目上への例文

「ご無沙汰しております」のお勧め文例20選とNG例

ご無沙汰しております 意味

「ご無沙汰しております」の意味とは、どのような意味が込められているのでしょうか。 まず、「ご無沙汰しております」の「沙汰」という言葉に注目してみましょう。 「沙汰」というのは、「便り」や「知らせ」という意味があります。 また、「ご無沙汰しております」には「無」という言葉も使用しているので、意味としては「便りや知らせがなかったですが、お久しぶりです」という一言に直すことができます。 しかし、「わざわざ便りも知らせもなく、お久しぶりです」という言葉では長くて伝えづらいため、「ご無沙汰」という言葉が生まれました。 また、ご無沙汰の「ご」は相手を敬う謙譲語を使っているため、相手を立てて、自分を下にしている表現となります。 どれくらいの期間で使える? 「ご無沙汰しております」は、会ってからどれくらいの期間を空けて使うのがいいのでしょうか。 さすがに2~3日や1週間程度では、不自然な使い方ですので、相手と自分にとって久しぶりではない限りは、多用しないほうがいいでしょう。 「ご無沙汰しております」は、しばらく連絡をしておらず、久しぶりの気持ちを伝えたいので、だいたい2~3ヶ月以上の期間が空いているのであれば、「ご無沙汰しております」を使うのにはちょうどいい期間でしょう。 また、1年や5年、半年など期間が空いた場合は「大変ご無沙汰しております」と使うのが一般的です。 さらに別の言い方では「長い間、ご無沙汰しております」という言葉でもいいでしょう。 メールでの「ご無沙汰しております」 いかがでしたでしょうか。 「ご無沙汰しております」使う相手を選ばないのもこの敬語のいいところです。 もし、久しく会っていない目上の方や上司に会ったら「ご無沙汰しております」と挨拶をしてみましょう。 基本的に「ご無沙汰しております」は、目上の方に使うことが多いため、目上の人のみにしか使えないというわけではありません。 「ご無沙汰しております」は、目上の人だけでなく友人や同僚に対してもスタンダードに使えますので、長く連絡をとっていない久しい相手がいたら挨拶として使ってみることをおすすめします。 ぜひ、「ご無沙汰しております」の正しい使い方をマスターして、ビジネスシーンや挨拶の場で使ってみてはいかがでしょうか。

次の

ご無沙汰しておりますの意味は?ビジネスメールの例文や目上への返事も

ご無沙汰しております 意味

話し言葉でも書き言葉でも頻繁に使われており、目上の相手に対しても使うことができます。 「ご無沙汰しています」と言った後は、「お変わりありませんか?」「どうお過ごしですか?」など、連絡をとっていない期間への配慮の言葉を続けるといいでしょう。 話し方や前後の言葉で相手への伝わり方が変わってくる言葉だといえます。 私生活においては、長らく会っていなかった相手と久しぶりの再会をしたときや、しばらく連絡が途絶えていた相手に連絡をするときなどに使います。 (1)「お久しぶりです」 前回、会ったり連絡をとってから長い時間が経過しているときに使います。 【例文】 ・ お久しぶりです。 たまには一緒にご飯でもいかがかと思い連絡いたしました。 【例文】 ・ずいぶんと 久方ぶりです。 義理と人付き合いの道理から考えれば、連絡をとるべきだったのにそうしてこなかったというお詫びの気持ちを全面に押し出すときに使うことがあります。 【例文】 ・ずいぶん前にご連絡を頂いたにもかかわらず、 不義理をしてしまい申し訳ございませんでした。

次の

「しており」の意味と使い方・敬語・書き言葉・類語

ご無沙汰しております 意味

入社したばかりの新入社員は、ビジネスの場での言葉づかいには注意が必要です。 同期の社員同士ならまだしも、先輩社員や上司、取引先、顧客にタメ口では相手に失礼となります。 急な場面では学生時代に使い慣れている言葉づかいが出てしまいがちです。 就活を始めたという方も、この春から新入社員であるという方も、日頃から敬語を使う練習をしておくでしょう。 ビジネスの場で誤った敬語を使わないよう気を付けましょう。 「ご無沙汰しております」は敬語の謙譲語にあたる 敬語には、大まかにわけて尊敬語、謙譲語、丁寧語の3つがあります。 「ご無沙汰しております」の「おります」の部分は謙譲語にあたります。 では、この「ご無沙汰」とはどういう意味なのでしょうか。 まずはこの意味の成り立ちから見てみましょう。 「沙汰」は「便り・知らせ」という意味 「沙汰」とは「便り、知らせ」という意味です。 「すっかり音沙汰がない」の「沙汰」ですね。 「ご無沙汰」とは「便り」が「無い」つまりしばらく連絡していない、という意味になります。 それでは、この「ご無沙汰しております」は、電話やメール、打ち合わせなどビジネスの場でも使ってよいものでしょうか。 「ご無沙汰しております」は目上の人にも失礼なく使える敬語 「ご無沙汰しております」は、打ち合わせなどよく顔を合わせる人や、日頃から同じ社内で働いている人に対しては使いません。 社外の取引先や顧客など、ある程度の期間があいてから顔を合わせたときに使います。 「ご無沙汰しております」は敬語として使ってよいのか迷うかもしれませんが、目上の人にも問題なく使える敬語です。 失礼にはあたりません。 2~3か月以上の期間があいたら使おう ところで、最後に会ってからどれくらいの期間が経てば、この「ご無沙汰しております」を使うべきシーンといえるでしょうか。 2~3日といったあまりにも短期間で使うのはやはり不自然です。 使うべき期間に明確な決まりはありませんが、2~3か月以上の期間があいたら使うようにしましょう。 もちろんケースによっては、1か月で使っても問題ありません。 逆に半年、1年といったように大きな期間があいた場合には「大変ご無沙汰しております」などとつけるとよいでしょう。 「ご無沙汰しております」に一言付け加えて使うとよい 「ご無沙汰しております」の使い方として、相手を気遣う一言などを付け加えるのもよいでしょう。 ビジネスの場所で失礼なく話を進めるために最初にすべき重要な挨拶と言えるでしょう。 「ご無沙汰しております」は返事で使ってもOK では、メールなどで「ご無沙汰しております」と挨拶を受け取った場合には、どのように返信すればよいでしょうか。 この場合、返信する側も「ご無沙汰しております」を使って問題ありません。 「こちらこそご無沙汰して申し訳ありません」といった使い方がよいでしょう。 また、稀に目上の人から「ご無沙汰しております」と声をかけられることがあります。 このとき慣れていないと返答の仕方に困ってしまいますが、「こちらこそご無沙汰しております」という返答でOKです。 目上の人からの「久しぶり」にも「ご無沙汰しております」で返事 打ち合わせなどの場で、目上の人から「お久しぶり」と声をかけられたときは、そのまま返すのではなく、「こちらこそご無沙汰しております」と言い換えるようにすれば、失礼なくお返事ができます。 「ご無沙汰しております」と「お久しぶりです」の違いは使う相手 「ご無沙汰しております」とほとんど同じ意味として、「お久しぶりです」と言う言葉づかいがあります。 ビジネスシーンにおけるこれらの言葉にはどのような違いがあるでしょうか。 使い方を間違えると失礼にあたってしまうので注意してください。 「ご無沙汰しております」と「お久しぶりです」の使い分けのポイントは、使う相手です。 「お久しぶりです」は基本的にビジネスの場では使わない 「お久しぶり」ですは「ご無沙汰しております」とは違い、くだけた表現ですから、ビジネスの場では避けるのがベターです。 仲の良い同僚同士で使ったり、目上の人が目下の人に使う場面でなければ「ご無沙汰しております」を使いましょう。 社外の方に会う場合など、基本的にビジネスの場では「ご無沙汰しております」を使うのがよいでしょう。 「ご無沙汰しております」の例文 それでは、「ご無沙汰しております」を使う場合の例文をいくつかご紹介します。 お元気でいらっしゃいますか。 おかわりございませんか。 「お世話になっております」と併用するのは不自然 長らく連絡を取っていない相手に対してメール、電話などをして、「ご無沙汰しております」と挨拶するときの注意点として「お世話になっております」との併用があります。 「お世話になっております」は、ビジネスシーンでは定番の挨拶ですが、「ご無沙汰しております」の後に続けると、「無沙汰なのにお世話になっている」という意味になり、不自然な表現になってしまいます。 もちろん、ケースによっては「いつもお世話になっております。 ご無沙汰いたしまして、申し訳ございません」と使う場合もあるかもしれませんが、基本的には「ご無沙汰しておりまして、失礼いたしました」などと使うのが無難でしょう。 敬語を正しく使いこなしてビジネスの場に活かそう 「ご無沙汰しております」のような敬語を正しく使えれば、目上の人からの印象も良くなります。 打ち合わせなどの場で、敬語がきちんと使えることで「礼儀正しい」「気遣いができる」「常識のある」人だと思われるなどいろいろなメリットがあります。 正しい敬語を、ビジネスの場で使いこなしましょう。 敬語を身に着けるには普段から使う意識が重要 敬語には他にもいろいろありますが、敬語を身に着けたいときには練習するのが一番です。 なめらかに、自然に口にできるよう慣れていけるよう、普段から使う意識を持っておきましょう。 社内での上司との関係がフランクな場合でも、肝心なシーンで違和感なく使えるように敬語で話す癖をつけておくとよいでしょう。 「ご無沙汰しております」はビジネスの場で目上の人にも使える!「お久しぶりです」は避けよう.

次の