虹谷 イベント。 【パワプロアプリ】[降臨]虹谷誠の評価とレビュー

【パワプロ】降臨虹谷誠は通常バージョンの劣化!?技術ボナは剥奪されたけど強い点もあります!

虹谷 イベント

掲示板• サクセス攻略• パワフル第二高校• 南国リゾート学園• 五竜郭高校• パワフェス• データベース• 選手データ• セ・リーグ• パ・リーグ• 栄冠ナイン• 攻略情報• データベース• マイライフ• ランキング• 選手ランキング• 彼女・マネージャー• 咲須かのん• 榎下舞那美• 若菜初美• 市枝いちご• その他モード• データベース•

次の

【パワプロアプリ】[降臨]虹谷誠の評価とレビュー

虹谷 イベント

SS ・現環境で テンプレデッキに入る ・ 強力なテーブルを持っている ・金特での 査定値の高さ ・ 適正の高校が多く汎用性が高い S ・テンプレキャラの代用枠に入る ・SSに負けないテーブル ・虹特を狙える金特を持っている ・適正の高校が1つ以上はある A ・テーブルなど部分的には優れている ・適正サクセスが少ない ・突出した性能がない B ・使われることがほとんどないキャラ ・性能面で平均以下となっている 虹谷誠は入手しておくべきイベキャラ 虹谷誠は天空中央高校の実装に合わせて登場したキャラで、それ以来投手のデッキの主軸キャラとして活躍してきたイベキャラですが、現在の環境でも高い性能を持っているので必ず入手はしておきたいイベキャラです。 特に投手の育成デッキでは所持コツの優秀さや金特を確定で入手できるなどの強みも多く、適正の幅も広いので初心者の方にもおすすめ出来ます。 コントロールのコツを所持している 虹谷はコントロールのコツを持っているので育成時に経験点をかなり節約できるようになります。 特に現在の投手デッキの状況としてコントロール上限アップが当たり前なので、そんな環境にも適しているので非常に使い勝手が良いです。 オクタヴィアとのコンボを所持 投手デッキには必須級のオクタヴィアとのコンボを所持しておりデッキ編成した場合に相性が良いです。 虹谷誠の適正サクセス レベル ボーナス Lv. 5 初期評価30 SR ,35 PSR Lv. 15 コツレベルボーナス2 Lv. 20 コントロールのコツ1 Lv. 30 初期評価50 SR ,55 PSR Lv. 37 SRのみ 初期評価55 Lv. 40 初期評価60 Lv. イベントあり ・固有ボナが違う ・得意練習率アップが追加 技術ボナがなし 恵比留高校で使用可能に 通常バージョンだと恵比留高校の固有金特と被ってしまっていましたが、降臨Ver. だと金特が変更になっているので恵比留高校の投手デッキでも使う事が出来ます。 オリ変が追加 降臨バージョンは通常と違いオリジナル変化球を入手する事が出来るようになっていますが、金特を選択できた方が良いので通常バージョンの方が使いやすい。 現状は通常バージョンがおすすめ 現在の環境だと降臨バージョンを使うより、通常バージョンの虹谷を使用した方が使いやすく、テーブルの変更で技術ボナがなくなっている点でも少し使いにくさが目立つので現在であれば通常バージョンを上限解放した方が良いです。 しかし得意練習率アップが活躍する円卓強化などでは降臨バージョンも使いやすいので、そういった特殊な条件では降臨バージョンの方が優秀です。 虹谷誠のステータス 基本ステータス.

次の

【パワプロ】虹谷誠と組み合わせたいオススメデッキ編成。育成にオススメの高校は??

虹谷 イベント

鮮やかな神話 タッグ、得意練習率 練習効果20% LV37 SR+1 初期評価 SR 55 LV40 SR+3 初期評価 SR 60 LV42 PSR+1 タッグボーナス50% LV45 SR+5 PSR+3 タッグボーナス55% LV50 PSR+5 コツイベントボーナス120% 通常と比べて、タッグボーナスが減り、技術ボーナスがなくなりました… 得意練習率が増えましたが、実際弱くなっているような気がします。 エビルや円卓では、得意練習率の方がいいので、一概には言えませんが… [降臨]虹谷誠の評価• 得意練習率も上がったので、エビルや円卓などのタッグが起こることが大切な高校では輝きそうですね。 追加イベントで、珍しい「縛り」と「投打躍動」のコツが貰えるとのは嬉しいですね。 デメリット タッグが弱くなり、基礎ボナがなくなりました。 アヘ変や、全力などの高校では、通常Verのほがいいでしょう。 加えて、やはり、査定や効率面でも鉄仮面より驚異の切れ味の方が良いと思います。 [降臨]虹谷誠or通常虹谷はどっちが強い? 使う高校次第ですが、通常虹谷で十分な気がします。 無理して、母体を確保する必要はありません。 まとめ 今回は降臨虹谷についてまとめました。 通常と住み分けはできますが、必須ではないでしょう。

次の