東海大学金慶珠。 【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】日本人が金慶珠氏に一定の敬意を払うべき理由 民主主義の根本は「是々非々」 (1/2ページ)

金慶珠「レーダー照射で文句を言うのは日本の論理。国際社会では通用しない」←は

東海大学金慶珠

緊迫化する日韓関係について、テレビ朝日の小松靖アナが金慶珠教授に非常に痛快なツッコミを入れたとネット上が盛り上がっている。 超正論をぶち込む! 金慶珠「韓国側も日本側も強気の発言をしてるが徴用工・慰安婦・レーダ照射問題を解決する決め手を持ってない!」 小松アナ「徴用工は日韓請求権協定で慰安婦は日韓合意で解決済み。 東海大学の金慶珠(キム・キョンジュ)教授は現在の両国の対応について次のように解説した。 ・韓国側も日本側も相当強気 ・日本は韓国に牽制球を投げている ・だが、このままでは韓国は屈服しない ・日本は問題を解決する決め手をもっていない と、ここで突然、小松靖アナが割って入る。 小松靖「何の決め手を持っていない?それは…解決してます(徴用工を指して)、解決してます(慰安婦を指して)で、一番下は証拠もあります(レーダー照射)」 なんと気持ちのいい反論か。 金慶珠教授はその後、何か表現し難いことを言い返そうとしているが、もはやこれ以上の紹介は必要ないだろう。 要するに現状はすでに解決済みの事柄について韓国がごねているだけで、もはや相手をする価値もないというのが実際のところ。 レーダー照射問題については日本がまだ追加の証拠を隠し持っているのでこれから決着がつくはずだ。 おそらく韓国は最後までごねて非を認めないだろうが、あとは世界の世論がどちらを信じるかに任せればいいだけ。 「解決する決め手をもっていない」と言われる筋合いはない。 強盗団(韓国)と堅気(日本)の間でコミュニケーションが成立する訳が無い。 思考パターンが違い過ぎて日本人と韓国人の間ではコミュニケーションが成立しないのです。 韓国という強盗団は三つの部門に分かれます。 一つは実働部隊。 韓国軍がこれにあたります。 二つ目は工作部隊。 民団や日弁連や韓日議員連盟などがこれにあたります。 三つ目はプロパガンダ部隊。 韓国政府や朝日新聞などの日本の左翼メディアや金慶珠などの在日知識人や在日ジャーナリストなどがこれにあたります。 金慶珠は韓国強盗団のプロパガンダ担当です。 鼻から息を吸って口から嘘を吐き、日本の世論を韓国寄りに操作するのが仕事です。 日本国民は彼女が何を言っても無視しましょう。

次の

金慶珠の夫は?カップは?反日なの?身長、年齢は??

東海大学金慶珠

東海大学の金慶珠教授が韓国を不自然に擁護し、小松アナと言い争う一幕があった。 小松アナがファクトに基づいた論理で責めるのに対し、金慶珠教授は現実性の低い可能性の話にすり替えて逃げる。 前回の記事: 大学教授なのが信じられないレベル。 小松アナ「徴用工も慰安婦も解決済みと韓国歴代政権は認めてる。 さらにレーダー照射問題については日本側がしっかりと証拠をもっていると主張した。 だが、金慶珠教授は納得せず、無理な理屈でごね始める。 金慶珠「いえ、日本側の姿勢が間違っているという話では全くございません。 私が言いたいのは日本は日本の論理があると…」 小松アナ「日本の論理ではなく国際法の論理だと思います」 金慶珠「ただ、それを国際社会が認めるかは分からない。 国際社会というのは中国とか北朝鮮も含めて色々な国の言い分がぶつかり合う世界だと、この認識は私は必要だと思うんですね」 国際法を無視する国が国際社会の一員になれるはずはなく、金慶珠教授の主張には同意することができない。 例に挙げた北朝鮮で言えば世界中の国が経済制裁を加えている真っ最中なわけで、周囲が北朝鮮の言い分を聞いて歩み寄る必要は全くないだろう。 今の韓国がやっているのは北朝鮮と同じことであり、必要なのは制裁だろう。 どうしても韓国を擁護しようとする金慶珠教授の主張には無理がある。 似たような無理のある主張2つ。 まず1つ目。 大阪市立大学の朴一教授「安全保障を優先すべき。 (日本の)映像を公開して国際世論に訴えるやり方は私は得策ではないと思います」 韓国軍レーダー照射 朴一「安全保障を優先すべきで両方共映像を出して国際世論に訴えるやり方は得策ではない」 ほんこん「それは違うよ!逆の立場やったら絶対言うてるやん。 何を言うてるの!」 武藤正敏「防衛省も国防省と内々に話し合いたかった。 朴一教授ははじめから韓国の擁護ありきで意見を述べているように思える。 2つ目。 韓国進出をサポートする会社「コリアマーケティング」の金世永。 「もう少し冷静になって双方で今回の問題に対して解決策を見出すためにしっかり時間をかけて協議していくのが現実的なんじゃないかなと思います」 【テレ朝 もうはじまった】 ~韓国進出をサポートする会社では~ 金世永「少し冷静になり双方で解決策を見出す為に、時間をかけて協議するのが現実的。 日本は非常に冷静で、すでに話し合いの場を設けたし「謝れば許す」とまで言っている。 証拠を小出しにするところも冷静沈着で、あとは韓国次第といったところ。 この状況で何をどう話し合うのか。 一言で言えば日本は韓国の謝罪待ちなのだ。 日本国内でも以上のような奇妙な韓国擁護をする人間がいるのだから、韓国の世論はもっと酷いことになっているのだろう。 政府とマスコミの情報操作もあると予想されるし、もはや話し合いでは解決できない。 国際司法裁判所で決着をつようか。 あるいはいきなり経済制裁を加えるのも良いかもしれない。 YouTubeで証拠映像を見た外国人はこぞって日本の味方になってくれている。

次の

韓国人コメンテーター・金慶珠が激白「私って嫌われ者でしょうか?」(小泉 カツミ)

東海大学金慶珠

金慶珠(キム・キョンジュ)のかわいい画像!美人メイクや髪型についてのコメントは? キム・キョンジュさんは大学教授ですが、テレビなどのメディアに良く出演されています。 メイクや髪型がとてもおしゃれで、ファッションセンスもとても高い インテリ美人のポジションをがっちりと押さえているようです。 引用: 引用: 引用: 引用: 引用: 引用: 引用: 引用: 金慶珠(キム・キョンジュ)のメイク、髪型に関するコメント 金慶珠? メイク可愛くない? この人、いっつもメイクとか髪型とかファッションとかツボなんだよな — カプリコ w6wFvcvL88IMWSM 本当に自分に似合うものを分かってらっしゃる。 — ちだみか mikachida 金慶珠さん、メイク変わったねぇ。 特にアイメイク。 — ke-nji0731 KNji0731 金 慶珠さんのアイメイクに見入ってしまい毎回話が入ってこない。 いつもスタイリングのセンスがすきだし濃いめのメイクも似合ってて好き。 特別韓国擁護してるって感じた事もないし冷静で迅速な言葉選びがカッコいい。 — みゃーこ amn3sn 金慶珠さん綺麗だなぁ… 韓国だし整形?メイク? 結構歳いってそうだけど、なんか美人だわ…? — 鬼瓦 toroinoishiba 金慶珠って、インテリ美人で好きかも。 髪型も好き。 やばい、最近ひとまわり以上年上の女性に反応しやすいな。 50歳を超えてもなお美しいと大人の女性の魅力を感じる人や、大学教授で情報番組のコメンテーターを多く務めていることなどから知性を感じるといったコメントが多く見られました。 アイメイクが特徴的で、 目じりのグラデーションと服の色を合わせているという指摘にはとても驚きました。 朝8時からの情報番組に出演するためには、何時に起きてメイクをしているのでしょうか? キム・キョンジュさんはホリプロに所属しているので、一流のメイクさん、スタイリストさんがやってくれるのかもしれませんが、それでも朝早くから準備をする必要がありそうです。 金慶珠(キム・キョンジュ)に似ている人 キム・キョンジュさんのメイクや髪型はとても個性的ですが、似ているといわれている芸能人がいます。 側に寄って、特別にパチリと撮って来ましたよ。 かわいいJUJUと、可愛いブーツです。 趙さんは典型的な韓国人。 お2人ともバッチリメイクをしていることもあって、とても良く似て見えるのかもしれません。 室井佑月 室井佑月「京都市長選に脱力し嫌悪感を抱いた。 あたしはナチスを思い出した。 立憲と国民は共産党を排除する所と手を組むのか。 イメージがそっくりに感じるんだが? — 劉門 龍明 rumon33 ダメだ金慶珠と室井佑月の顔の区別がつかない。 — T. Hayasaki bluehawk0322a 金慶珠と室井佑月の違いが分からない… — 田内健一 keny7jp 金慶珠氏と室井佑月氏の見分けが 付かなくなることがたまにある。 — さがやん VCOqXMveYWGgG5I 関係ないけどたまに室井佑月が金慶珠に見える — アイル不動産 realtorail 室井佑月さんは1970年生まれで、1967年生まれのキム・キョンジュさんとは年齢が3つ違い。 年が近いこともあってか、とても良く似ています。 輪郭が似ているのでしょうか。 メイクや髪型も似ていますが、それだけではないよく似た感じの印象を受けます。 金慶珠(キム・キョンジュ)プロフィール 引用: 名前:金 慶珠(キム キョンジュ) 出身地:大韓民国 ソウル特別市 生年月日:1967年 血液型:非公開 学歴:梨花女子大学校社会学科卒業、韓国外国語大学校大学院修士課程修了、東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了 事務所:ホリプロ 職業:言語学者、東海大学教養学部国際学科専任教授 韓国の名門大学、梨花女子大学校社会学科を卒業したキム・キョンジュさんは、韓国外国語大学校大学院修士課程に進学します。 その後、東京大学大学院総合文化研究科博士論文「場面描写談話における話者の視点、日韓両言語の表現構造とその中間言語への影響について」を提出し、博士号を取得します。 2002年4月には東海大学外国語教育センターの専任講師に就任。 2007年4月に東海大学総合教育センター准教授、2009年から東海大学教養学部国際学科准教授に就任し、2016年に同教授に昇格します。 著書も多く出されていて、井上和彦さんや香山リカさんと共著を出版されています。 日本と韓国のテレビに数多く出演しています。 2006年からテレビ朝日系列の報道番組「ニュースの深層」のキャスターを務めて以来、「朝まで生テレビ」「ワイドスクランブル」「たかじんのそこまで言って委員会」「上田晋也の緊急生放送!」「ビートたけしのTVタックル」「ゴゴスマ」などへの出演がありました。

次の