トーンモバイル 申し込み。 【実例】トーンモバイルをWEB申し込みしてみた!手順を画像つきで説明

トーンモバイルの新規契約/MNPで利用可能な本人確認書類!TONEmobileのスマホの配送日数や本人限定受取の注意点!

トーンモバイル 申し込み

TONEモバイルの契約者数は多い TONEモバイルの契約者数は公開されていませんが、多くの家庭の子供用のスマホや高齢者用のスマホとして選ばれている実績があります。 はじめての子供のスマホや年金暮らしや定年を迎えて生活しているシニアの人に人気があります。 また、子供やシニア年齢の家族にTONEモバイルのスマホをもたせる時に子供の親や息子や娘の家族も同時にTONEモバイルのスマホにすることも多いので契約者数は伸び続けています。 TONEモバイルはガラケーからの乗り換えで選ばれている TONEモバイルのスマホはフィーチャーフォンからのアドレス帳移行、初期設定サポート、リモートサポートなどを全て無料で行っており、 トーンモバイルでは無料のスマホ教室を開催しています。 そのため、ガラケーからスマホへの乗り換えの不安を解消しはじめてのスマホでもスムーズに乗り換えができるような仕組みがあり安心して乗り換えができます。 ガラケー(フィーチャーフォン)からTONEモバイルのスマホへは今まで使っていた電話番号をそのまま引き継いで乗り換えるMNPにも対応しています。 TONEモバイルのスマホは詐欺電話対策がされている TONEモバイルのスマホがシニア世代の方に選ばれてる理由は、 月額料金が1000円という生活に影響しない料金に加えて、シニア世代をターゲットとされている詐欺電話の対策がされています。 TONEモバイルに最初から無料で使える050のIP電話から消費者ホットライン「188」へ電話もかけられるようになっています。 かかってきた電話が怪しいと思った場合も1人で行動する前に消費者ホットラインに相談できます。 また、電話をかけるとGPS情報を元に、最寄りの消費生活相談窓口に自動案内する仕組みになっているので詐欺電話で行動する前に事前に防ぐことができる仕組みがあります。 TONEモバイルは月額1000円でネットもアプリも使い放題 子供やシニア世代の家族にスマホをもたせる時に気になるのは月額料金ではないでしょうか。 正直にdocomo、au、SoftBankなどの大手キャリアの月額料金はどれだけ安く努力をしても月額6000円はかかります。 子供にスマホをもらせたくても維持費が高いと家計を圧迫するためできるだけ月額料金が安いことは重要です。 TONEのスマホは インターネットも通話料金も合わせて月額1000円だけで利用できます。 しかも電話や店頭でのサポートをどれだけ利用でしても月額1000円がすべてで追加費用は一切かかりません。 子供に影響を与えないように最初から制限ができるスマホはだけです。 TONEモバイルのスマホは全国子供会と学校推薦のスマホになっています。 アプリやネット、スマホ自体の利用の時間制限や親が許可していないアプリの制限さらに子供の現在位置や行動履歴を監視してチェックできる子供の見守り機能も標準搭載しています。 それで 月額1000円だけで利用できるので爆発的に人気が出ています。

次の

トーンモバイルの新規契約/MNPで利用可能な本人確認書類!TONEmobileのスマホの配送日数や本人限定受取の注意点!

トーンモバイル 申し込み

トーンモバイル TONE は初月の月額料金は日割り計算です。 なので、トーンモバイル TONE にどのタイミングで申し込みをしても、損になることはありません。 初月は、使った日数分だけの月額料金を支払うだけです。 ところが、解約元のドコモ、au、ソフトバンクの月額料金を考えると、トーンモバイル TONE の申し込みタイミングが重要になってきます。 つまり、トーンモバイルの開通日が月初1日になってしまうと、 たった1日の契約であっても、1ヶ月分のドコモ、au、ソフトバンクの月額料金を支払うことになってしまうんです。 トーンモバイル TONE の開通日が月末までにできるように、トーンモバイル TONE のオンラインでの申し込みは 20日前後がオススメです! 今利用している電話番号が変わっても良いという方は、新規契約ということになります。 新規契約の場合、トーンモバイル TONE の開通日は、ドコモ、au、ソフトバンクの解約日に影響しません。 トーンモバイル TONE の申し込みとは別に、ドコモ、au、ソフトバンクのショップに行って解約を行う必要があるんです。 なので、新規契約の場合は、トーンモバイル TONE の申し込み日よりも、ドコモ、au、ソフトバンクのショップに行って解約する日が大事になってきます。 逆に、新規契約の場合は、トーンモバイル TONE の申し込み日は、いつでも損はないです。 トーンモバイル TONE を1日に使い始めたら月額料金は1,000円、月末に使い始めたら月額料金は33円です。 初月の月額料金は、使った日数分だけ支払えばよいので、月初でも月末でも、無駄に支払う料金はありません。 新規契約の場合もMNPの場合も、初月の料金の節約で大事なのは、 ドコモ、au、ソフトバンクの解約日を月末に持ってくることです。 ということで、TUTAYAの格安SIM MVNO であるトーンモバイル TONE の初月の料金について、詳しく解説していきたいと思います。 Contents• トーンモバイルの月額料金は初月無料?日割り? 格安SIM MVNO の中には、初月の月額料金が無料のもの、日割りのものがあります。 トーンモバイル TONE の初月の月額料金は、 日割りです。 たとえば、4月20日にトーンモバイル TONE と使い始めた場合、4月20日〜4月30日までの月額料金を日割りにで支払うので、初月は11日分の月額料金を支払うことになります。 一方、4月1日にトーンモバイル TONE を使い始めた場合は、30日分ということで、初月の月額料金は1,000円になります。 つまり、トーンモバイル TONE の初月の月額料金は、使った日数分だけ支払うということで、 どのタイミングで申し込みをしても損はないということになります。 ちなみに、他の格安SIM MVNO の、初月の月額料金は以下のようになります。 トーンモバイル TONE の料金プランは、050の電話が使えるデータSIMが、基本の料金プランです。 データ容量 パケット は使い放題なのも、トーンモバイル TONE の特徴です。 中には、b-mobile、FREETEL フリーテル のように、月初、月末どのタイミングで利用開始をしても、初月の月額料金が1ヶ月分取られるところもあります。 他の格安SIM MVNO と比較すると、トーンモバイル TONE の初月の月額料金の日割りというのは、ベストではないにしても悪くないです。 トーンモバイル TONE 以外でも、UQモバイル UQmobile 、ぷららモバイル、b-mobileのように、データ容量 パケット が使い放題のプランを提供している格安SIM MVNO があります。 いずれも、月額料金がトーンモバイル TONE よりも1,000円〜1,500円程度高いです。 使い放題プランで、月額料金がたった1,000円と安く抑えられるのも、トーンモバイル TONE のメリットです。 トーンモバイルの初月にかかる初期費用一覧 続いて、トーンモバイル TONE にかかる初期費用について見ていきたいと思います。 TUTAYAの格安SIM MVNO であるトーンモバイル TONE の料金プランは、1種類だけです。 他の格安SIM MVNO では、SIMカードのみの契約があったり、料金プランがデータ容量によって3GBプラン、5GBプランというように分かれていたりします。 でも、トーンモバイル TONE の料金プランは、以下のスマホとのセットプランのみです。 2017年3月21日現在、トーンモバイル TONE で提供されている端末は、TONEm15だけです。 TONEm14は在庫切れで、今後の入荷は未定になっています。 TONEm14は、利用できるRAMの容量が2GBしかないため、アプリが2〜3個しかインストールできません。 性能・スペックがそれほど高くなく、役目を終えた端末と言ってよいと思います。 なので、TONEm15が、トーンモバイル TONE の代表端末となっています。 トーンモバイル TONE のスマホ端末TONEm15の購入代については、クレジットカード機能を利用しての端末分割払いはできます。 でも、トーンモバイル TONE のオンラインストアで申し込む際に選べるのは、一括払いだけです。 なので、スマホ端末TONEm15の購入代は、分割ではなく、一括払いにされる方が多いです。 ということで、トーンモバイル TONE の初期費用の• 契約者全員が支払う費用• 利用した方だけ支払う費用 について、それぞれについて見ていきたいと思います。 契約者全員が支払う費用 トーンモバイル TONE の1ヶ月目にかかる費用を見ていきます。 トーンモバイル TONE の初月は日割なので、トーンモバイル TONE を使い始めるタイミングによって、月額料金が変わってきます。 月額料金:1,000円 4月1日〜4月30日分の1ヶ月分の月額料金• 契約時の事務手数料:3,000円• スマホ端末の購入代 TONEm15 :29,800円• ユニバーサルサービス料:2円 何もオプションに加入せず、通話もしない場合、トーンモバイル TONE の初月の費用は、上記の合計 33,802円ということになります。 契約時の事務手数料3,000円や、端末代、ユニバーサルサービス料については、日割りにはなりません。 なので、たとえば4月20日にトーンモバイル TONE と使い始めた場合、• 月額料金:363円 4月20日〜4月30日分の日割りの月額料金• 契約時の事務手数料:3,000円• スマホ端末購入代 TONEm15 :29,800円• ユニバーサルサービス料:2円 となり、 33,165円がトーンモバイル TONE の初月 4月分 の料金ということになります。 利用した方だけが支払う費用 続いて、通話料やオプションなど利用した方だけが、かかる費用について見ていきたいと思います。 通話料については利用しなければ発生しません。 オプションについては、加入しなければ発生しない費用です。 通話料 通話料は、国内通話も国際通話も、電話を受ける場合は無料です。 こちらから電話をかけた際に、通話料が発生します。 SMS ショートメール は、受信は無料、送信は料金が発生します。 通話料 アメリカ 本土 :7. オプションについては、オプションを選んだ方のみにかかる費用です。 IP電話掛け放題オプション:700円• SMSオプション:100円• 090音声オプション SMS付き :953円• 留守番電話サービス:350円• 安心オプション:500円• キャッチホンサービス:250円• 国際ローミングサービス:0円• IP電話掛け放題オプションは、2017年4月末日までの申し込みの場合、2017年12月利用分まで月額500円でご利用可能です。 トーンモバイル TONE に、電話番号をそのままで、MNPで乗り換えるという方は、090音声オプション SMS付き を付ける必要があります。 トーンモバイル TONE を利用し始めたあとの費用についても、見ていきたいと思います。 明細の赤線部分の基本プラン 月額 :1,000円、ユニバーサルサービス料:2円が、2ヶ月目以降の月額料金です。 つまり、トーンモバイル TONE では、何もオプションに加入せず、通話もしない場合、2ヶ月目以降の月額料金は、 1,002円ということになります。 契約時の事務手数料3,000円とスマホ端末購入代 TONEm15 の29,800円については、2ヶ月目以降は発生せず、初月のみかかってくる金額です。 トーンモバイル TONE は、25日締めです。 なので、トーンモバイル TONE を解約する場合は、25日までに、トーンモバイル TONE の お客様サポート窓口:050-7300-6773 年中無休 10:00-19:00 に電話をして解約をするようにしましょう。 解約は、電話のみの対応で、店頭では行われていません。 26日を過ぎてしまうと、トーンモバイル TONE の翌月分の月額料金もかかってしまうので損です。 たとえば、4月にトーンモバイル TONE の解約を考えている場合、• 1日解約の電話連絡が遅れるだけで、1ヶ月分の月額料金が取られてしまうわけです。 なので、トーンモバイル TONE を解約する際は、25日までに上記のお客様サポート窓口に連絡するのがオススメです。 お客様サポート窓口は、年中無休ですが、19時までしかやっていません。 仕事帰りに電話をしようと思われている方は、なるべく24日までに電話をかけて手続きを済ませておくようにした方が良いと思います。 電話番号でそのまま乗り換えるMNP転出の場合についてのみ、上記のお客様サポート窓口以外で、TONEストア 小倉 でもMNPの手続きが行なえます。 たとえば4月20日に、トーンモバイル TONE のオンラインストアで申込んだ場合、申し込みから到着までの日数は以下の通りです。 土日祝日は、トーンモバイル TONE からSIMと端末の配送が、翌営業日になります。 なので、急がれる方は、平日にトーンモバイル TONE に申し込みをする方が、受け取りを早めることが可能です。 トーンモバイル TONE がSIMを配送してから2日後にSIMが開通 回線切替 します。 なので、新規契約の方は、トーンモバイル TONE の端末とSIMが届いたら、すぐにスマホを使い始められます。 一方、MNPの方の場合は、トーンモバイル TONE のスマホを受け取る前に、元の端末で電話やネットが使えなくなる空白期間 不通期間 が発生するので注意が必要です。 トーンモバイル TONE をオンラインストアで申し込みをした後、以下のような、 本人限定受取郵便物 特伝 と書いた封筒が、郵便局から届きます。 つまり、端末とSIMが自宅に届く前に、上記の本人限定受取郵便物 特伝 が届きます。 本人限定受取郵便物 特伝 の中に、郵便局の電話番号が記載されているので、自宅に郵送してもらうように、電話をかけます。 郵送時間は以下で指定が可能です。 ・午前(8:00頃~12:00頃) ・午後1(12:00頃~14:00頃) ・午後2(14:00頃~17:00頃) ・夕方(17:00頃~19:00頃) ・夜間(19:00頃~21:00頃) もしくは、本人限定受取 特伝 の到着通知書と、本人確認書類 免許証 などを持って、郵便局に行くと、直接、トーンモバイル TONE のSIMと端末を受け取ることができます。 印鑑はなくても、サインで受け取りが可能です。 必ず本人が受け取る必要があり、代理人の方が行ってもダメなので注意してください。 トーンモバイル TONE では、郵便局の本人限定受取 特伝 の仕組みを利用して、郵送しています。 そうですね。 ちなみに、元々トーンモバイル TONE を利用していて、電話番号をそのままで、機種変更をする場合は、課金開始日のタイミングが新規契約の場合と違います。 元々トーンモバイル TONE を利用していて、電話番号をそのままで機種変更をする場合は、SIMが配送された日にちが課金開始日となります。 トーンモバイルのオススメの申し込みタイミング MNP予約場合は、店舗でも電話でもウェブでも取得することができます。 ただ、MNP転出の場合は、ドコモ、au、ソフトバンクの回線が停止するタイミング、つまりドコモ、au、ソフトバンクを解約するタイミングに注意が必要です。 MNP予約番号の取得=ドコモ、au、ソフトバンクの解約ではないんです。 上記の日程だと、MNP予約番号を取得してから3日後が、ドコモ、au、ソフトバンクの解約日になります。 そうですね。 申し込み日さえ月の下旬にずれ込まなければ、ドコモ、au、ソフトバンクの解約日が、月をまたぐことはないです。 これは、かなりもったいないパターンです。 5月1日からはトーンモバイル TONE を使い始めて、ドコモ、au、ソフトバンクは利用しないわけですが、上記のパターンでは、ドコモ、au、ソフトバンクの5月分の月額料金が発生してしまいます。 なので、月末までにドコモ、au、ソフトバンクが解約できるように、日程に余裕を持って、 を20日前後に申し込み をするのがオススメです。 トーンモバイル TONE は、SIMの配送を土日祝日は行っていません。 また、SIMが配送されても、開通作業が上記よりも最大3日遅れる場合があります。 なので、トーンモバイル TONE のオンラインストアからの申し込みは、3日〜1週間程度は余裕を持って実施するのがオススメです。 トーンモバイル TONE は、初月の月額料金が日割りです。 ですが、初月の月額料金が日割りのトーンモバイル TONE でも、お得な申し込みタイミングはあります。 トーンモバイル TONE に乗り換える際には、解約元の、ドコモ、au、ソフトバンクの月額料金を抑えるのが重要です。 そうすれば、ドコモ、au、ソフトバンクの翌月分の月額料金がかからず、余計な費用を支払わなくて済みます。 MNPの場合は、トーンモバイル TONE に申し込みをしたら自動でSIMが開通し、ドコモ、au、ソフトバンクも自動で解約されます。 なので、新規契約と違って、MNPはトーンモバイル TONE の申し込み日を20日前後にすれば、自動的に月末までにドコモ、au、ソフトバンクが解約されます。 ちなみに、トーンモバイル TONE のオンラインストアで申し込みをする際は、MNP予約番号の有効期間が10日間以上残っている必要があります。 MNP予約番号の有効期限切れによって、トーンモバイル TONE の申し込みが審査落ちしてしまうこともあるので気をつけましょう。 MNP予約番号は以下から取得することができます。 受け取りの際、郵便局に取りに行く場合は、• 本人限定受取 特伝 の到着通知書• 本人確認書類 運転免許証、パスポート、写真付き住民基本台帳カード、健康保険証などいずれか一点 が必要です。 自宅に郵送してもらう場合は、郵便局の方が来たら、本人がサインをすれば大丈夫です。 【ソフトバンクユーザーは締め日が3つあるので注意】 ソフトバンクから、トーンモバイル TONE に乗り換える際は注意が必要です。 ソフトバンクは締め日が、10日、20日、30日の3つに分かれています。 個人は20日締めの方が多く、法人の方は30日締めの方が多いです。 ですが、自分がどの締め日にいるのかは、ソフトバンクのマイページか、電話で確認するしかありません。 MNP予約番号を取得する際に、締め日がいつなのかついでに確認するようにしましょう。 もし締め日が20日だった場合は、20日までにソフトバンクを解約しないと、翌月分の月額料金が発生してしまします。 20日が締め日の場合は、以下のように10日前倒しで、トーンモバイル TONE のオンラインストアから申し込みをするのがオススメです。 なので、トーンモバイル TONE の初月の月額料金だけで考えると、どのタイミングで申し込みをしても損はありません。 2 トーンモバイルの初月にかかる初期費用一覧 トーンモバイル TONE の料金プランは、以下の一種類だけです。 月額料金:1,000円 4月1日〜4月30日分の1ヶ月分の月額料金• 契約時の事務手数料:3,000円• スマホ端末の購入代 TONEm15 :29,800円• ユニバーサルサービス料:2円 で、33,802円ということになります。 月額料金については日割りになるので、トーンモバイル TONE を使い始めるタイミングによって、料金が変わります。 初月開始=課金開始日です。 4 トーンモバイルのオススメの申し込みタイミング トーンモバイル TONE のオススメの申し込みタイミングは20日前後です。 トーンモバイル TONE の初月の月額料金はいつ申し込みをしても損はないです。 でも、解約元のドコモ、au、ソフトバンクについては、月をまたいで月初1日でも契約を継続していると、たった1日でも1ヶ月分の月額料金が発生します。 なので、月末までにドコモ、au、ソフトバンクを解約ができるように、トーンモバイル TONE のオンラインストアでの申し込みを20日前後にするのがオススメです。 トーンモバイル TONE の初月の月額料金は、日割り計算です。 なので、トーンモバイル TONE を1日に使い始めても、月末に使い始めても、使った日数だけの支払いなので、申し込みタイミングはあまり意識しなくてよいように思えます。 でも、トーンモバイル TONE にもオススメの申し込みタイミングはあります。 解約元のドコモ、au、ソフトバンクの月額料金が発生しないように、月末までに、ドコモ、au、ソフトバンクを解約するようにしましょう。 ドコモ、au、ソフトバンクの解約日=トーンモバイルのSIM開通日です。 逆算すると、トーンモバイル TONE のオンラインでの申し込みは、20日前後がオススメです!.

次の

トーンモバイルを申し込めるショップ店舗一覧|格安SIM徹底解説

トーンモバイル 申し込み

とくに難しいと感じる部分はなかったと思います。 慣れてない人でも申し込み完了まで長く見積もっても 20分もあれば十分じゃないでしょうか。 登録アドレスとパスワードを事前準備しておくとよりスムーズに申し込みが終わると思います。 【注意】WEB申し込みでも事務手数料は必要 トーンモバイルを申し込みして見落とさないようにしたいのが、 事務手数料がしっかりと請求されている点です。 キャリアだとオンラインショップで契約すれば事務手数料は免除されるのですが、トーンモバイルはWEB申し込みでも手数料が発生します。 事務手数料として 3,000円の請求は初回支払日に合算してお支払いする形になりますので確認をしていきましょう。 申し込みが完了すれば次に気になるのがお届け日数です。 できるだけ早く手にしたいと思うのが多くの人が共通する気持ちではないでしょうか。 申し込みしてから届くまでどのくらいの日数がかかるのか? トーンモバイルの申し込みが完了したいのが、夕方の16時です。 配送され端末が届くまでに日数を見ていきましょう。 トーンモバイルは申し込みして何日で届く? 店舗とは違い、WEBの場合だと契約してもその場で端末を手にして利用開始できるわけではありません。 申し込みしてから自宅に届くのを待つ必要がありますよね。 実際に何日くらいでトーンモバイルが届けられるのか?気になりますよね。 平日の月曜日の夕方16時頃にトーンモバイルを申し込みが完了しました。 配送メールが来た 翌日の夜20時過ぎにトーンモバイルを配送したとの連絡メールが届いていました。 契約書類・本人限定受取郵便が到着 配送メールが届いてから2日後のお昼過ぎに「トーンモバイル契約書類」「」が自宅に到着しました。 トーンモバイル端末が届くわけではないんですね。 郵便局に取りに行くか?配送をお願いするか?を選ぶことが可能です。 どちらにせよ必ず免許書など本人確認書類が必要なので準備しましょう。 本人限定受け取り郵便書類と引き換えについにトーンモバイルの実機を手にすることができました。 月曜日の平日に申し込みをして受け取ったのが木曜日の夕方なので、 3日の日程がかかったことになりますね。 トーンモバイルをGET! 保管されている郵便局が近かったこともあり、自分の足でトーンモバイルを取りに行きました。 通常であれば、自分でSIMカードを差し込み開通手続きをするパターンがほとんどなのですが トーンモバイルではすでにSIMは装着済みでした。 なので、到着してからすぐにトーンモバイルを利用することが可能だったのはちょっとびっくりでしたね。

次の