シアリス 相場。 シアリス10mgと20mgどちらがおすすめ

ED治療の費用相場はどのくらい?│ED治療プロフェッショナルガイド

シアリス 相場

バイアグラとレビトラとシアリスの違い【浜松町第一クリニック】• 有 効 成 分 シルデナフィルクエン酸塩 塩酸バルデナフィル水和物 タダラフィル 国内発売開始日 1999年 3月23日 [10mg]:2004年6月21日 [20mg]:2007年7月18日 2007年 9月12日 錠剤の大きさ 【50mg】 ひし形 長径:11. 3mm 短径:8. 2mm 厚み:4. 3mm 【20mg】 円形 直径:8. 0mm 厚み:3. 3~3. 7mm 【20mg】 卵型 長径:12. 3mm 短径:7. 6mm 厚み:5. 世界的に有名で安心感がある。 特許期間満了後、同じ効果を得られるジェネリックが登場。 水に溶けやすい性質上 一番速効性があり、吸収が早い人は15分ほどで効く。 硬さが出やすいことも特長。 ED治療薬シェア世界一。 バイアグラやレビトラと比べてマイルドな効果で自然な効き目。 じわじわと 長時間作用する。 長時間作用する分、ほてりなどの副作用の出方は弱め。 服用のタイミング 性行為1時間前 空腹時は30分程度で作用 性行為1時間前 空腹時は20分程度で作用 性行為3時間前 作 用 時 間 4~5時間程度 10mgは5~6時間程度 20mgは8~10時間程度 10mgは20~24時間 20mgは 30~36時間 食 事 の 影 響 食事と併用すると 効果半減の可能性あり。 [ ] 食前30分前の服用がお勧め。 食事の影響は受け難いが 700kcalまでという条件あり。 [ ] 食前30分前の服用がお勧め。 食事の影響は 最も受け難いが条件あり。 [ ] 食前2時間前の服用がお勧め。 お酒との併用 適量であればリラックス作用で相乗効果。 飲み過ぎは、血圧低下に伴う めまい又は血流が良くなることで お酒が回りやすくなるので注意。 副 作 用 顔のほてり、目の充血、頭痛、動悸、鼻づまりなど。 顔のほてり、目の充血、頭痛、動悸、鼻づまりなど。 頭痛、潮紅、ほてり、消化不良、背部痛、筋痛、鼻づまり、四肢痛など。 を使用している場合は 処方不可。 治療により管理されていれば処方可。 要経過観察。 心筋梗塞の既往歴がある方 発症後6ヶ月以上経過していれば処方可。 発症後6ヶ月以上経過していれば処方可。 発症後3ヶ月以上経過していれば処方可。 脳梗塞・脳出血の既往歴がある方 発症後6ヶ月以上経過していれば処方可。 低血圧の方 最大90mmHg未満、または最小50mmHg未満は処方不可。 最大90mmHg以下は処方不可。 最大90mmHg未満、または最小50mmHg未満は処方不可。 高血圧の方 最大170mmHg以上、または最小100mmHg以上は処方不可。 高齢者 65歳以上 最高血中濃度上昇・半減期延長等々認められているため(効き目が強くなるため)、低用量「25 mg」から投与を開始するなど慎重に投与。 最高血中濃度上昇・半減期延長等々認められているため(効き目が強くなるため)、「5mg」を開始用量とし、最高用量は「10mg」。 最高血中濃度・半減期延長等々は若年者との差は無いが高齢者では一般に生理機能(代謝や排泄機能)が低下しているため体内の成分残存時間が伸びることから、慎重に投与。 溶解時間比較 バイアグラとレビトラとシアリスの違いはまず有効成分の違いがあげられます。 バイアグラ50mgは有効成分として シルデナフィルクエン酸塩 70. 23mgうちシルデナフィルとして50mg含有してます。 レビトラ20mgは有効成分として バルデナフィル塩酸塩水和物 23. 705mgうちバルデナフィル20mg含有してます。 シアリス20mgは有効成分として タダラフィルが20mg含有しています。 下記の「分子式・化学構造式の違い」にて添付している両剤の化学構造式及び解説からも判断できるように バルデナフィル(レビトラ)とシルデナフィル(バイアグラ)は大変似た形をしています。 一方、タダラフィル(シアリス)はブロック状の構造をしており、そのため分解されにくく長時間効くわけです。 バイアグラ・レビトラは作用時間が4~6時間に対してシアリスは20~36時間もあります。 次に効果や副作用等の違いについてですが、これには個人差がございます。 バイアグラ50mgが一番効くという人もいれば、レビトラ10mgやレビトラ20mgの方が効くという人、シアリス20mgが一番効くという人もいますので一概にどのお薬が一番効果があるというのは申しあげにくいところです。 副作用である「顔のほてり」や「目の充血」「頭痛」「動悸」「鼻づまり」などの症状の出方も個人差がありますが シアリスは顔のほてりや目の充血が少なく長時間効くという患者様の意見も多いことから、血管拡張による副作用が一番少ないように感じます。 そういった特長が支持されたためなのか2013年8月に、 シアリスはED治療薬の全世界シェア第一位となりました。 2019年5月現在でも当院にて愛好者は増え続けています。 また、患者様ごとのお薬の選択理由についてですが、患者様の考え方によって様々です。 必ずしも効果の強く出る薬、副作用の少ない薬を選ぶわけではございません。 3剤飲み比べて「効果が強すぎるから効果のマイルドな方が自分には合う」という方、副作用に関しても「顔のほてりが出ないと何だか効いてる気がしない」という理由で副作用の少ない方を避ける方もいらっしゃいます。 他にも「バイアグラやシアリスよりもレビトラが一番粒が小さいから飲みやすい」という方、逆に「粒が大きいバイアグラやシアリスの方が効いてる気がする」といった方もいます。 つまり人によってお薬を選ぶ基準(好み)にも差があるのです。 以上の理由から一番のお勧めは 3剤飲み比べてご自身に合ったお薬を自ら見つけることです。 さらに他の視点からバイアグラ、レビトラ、シアリスの比較を知りたい方は下記のサイトも参考になりますので是非ご覧ください。 当院ではどのED治療薬が人気があるかを知りたい方はコチラのページをご覧ください。 お酒を飲むと頭痛や動悸がする方はED治療薬を服用しても同じように副作用として頭痛や動悸が出る可能性が高くなります。 そのような方はすることで緩和が期待できますので是非試してみて下さい。 一般名 シルデナフィルクエン酸塩(Sildenafil Citrate) 化学名 1-[[3- 6,7-dihydro-1-methy1-7-oxo-3-propyl-11 H-pyrazolo[4,3- d] pyrimidin-5-yl -4-ethoxyphenyl] sulfonyl]-4-methylpiperazine monocitrate 分子式 C 22H 30N 6O 4S・C 6H 8O 7 分子量 666. 70 構造式 性 状 シルデナフィルクエン酸塩は白色の血漿性の粉末である。 N,N-ジメチルアセトアミドに溶けやすく、水又はメタノールに溶けにくく、アセトニトリル、エタノール(95)又はジエチルエーテルにはほとんど溶けない。 一般名 バルデナフィル塩酸塩水和物 Vardenafil Hydrochloride Hydrate JAN Vardenafil INN 化学名 1-{[3- 3,4-Dihydro-5-methyl-4-oxo-7-propylimidazo [5,1- f][1,2,4]triazin-2-yl -4-ethoxyphenyl]sulfonyl}-4-ethylpiperazine monohydrochloride trihydrate 分子式 C 22H 32N 6O 4S・HCI・3H 2O 分子量 579. 11 構造式 性 状 本品は白色~微黄色の結晶性の粉末である。 本品はエタノール 99. 5 又は水にやや溶けやすい。

次の

シアリスの価格や値段の相場を比較!

シアリス 相場

本記事では、 クリニックでバイアグラを手に入れるときにかかるコストについてまとめていきます。 ED(勃起不全)は自由診療となります。 そのため、バイアグラの購入に際しては、一切の保険の適用を受けることが出来ず、全額が患者側の自己負担となります。 これは、厚生労働省がEDを生活に支障をきたす病気として認めていないための措置となります。 自由診療であるため、バイアグラの薬代やクリニックでの診察料金は、全てクリニック側が自由に決定することが出来ます。 そのため、 どのクリニックを利用するかによってバイアグラを入手するまでの費用に大きな差が生まれます。 クリニックに行く前にバイアグラの価格と診察料金をチェックしましょう。 少しでも安くという方には、海外通販を利用しての海外製バイアグラジェネリックの個人輸入がおすすめです。 バイアグラは保険適用外の医薬品 日本国内で正規品のバイアグラを入手するためには、医師の処方せんが必要となります。 専門医のいるクリニックに出向き、診察を受け、処方せんを書いてもらわなければいけないということですね。 ここで大事なことは 処方薬としてのバイアグラには保険適用外であり、全額が自己負担となるということです。 これはバイアグラに限ったことではありません。 レビトラやシアリスなどの他のED治療薬でも同じです。 病院で処方される他の医薬品の場合は、国民健康保険が適用が可能となっているので、たいていの場合は医薬品代金の3割負担となります。 体調を崩して病院へ行き風邪薬や抗生物質を処方してもらうとき、そこまで高い支払いをすることはないと思います。 これは医療保険によって診察代や薬代の一部がまかなわれているからですね。 バイアグラをはじめとするED治療薬の場合はこの保険の適用がなく入手の費用が高くなるということです。 バイアグラが保険適用外の理由 「なぜバイアグラの購入に際してはその代金を全額負担しなければいけないの?」 「なぜ風邪薬やその他の医薬品のように医療保険によって代金の一部がカバーされないの?」 バイアグラにお世話になっている私たちからしたらこのような疑問は当然あります。 バイアグラが保険適用になればもっと安価に入手することが出来るのに。 なぜバイアグラは保険適用外の医薬品なのでしょうか。 厚生労働省は バイアグラをはじめとするED治療を保険適用としない理由として99年3月に次のように回答しています。 バイアグラは性交を可能にするために使用されるものであって、一時的に勃起力を補助するが、勃起不全を治癒するものではなく、日常生活の質を改善するための薬剤であると考えられるため、公的医療保険の給付対象とはしない。 つまり、ED(勃起不全)はたとえ治療しなくても生活に支障をきたす病気ではないとみなされているということです。 ED治療薬は、あくまで「セックス」という個人の楽しみを実現するため薬であり、そこに医療保険の財源を割くことは出来ないということですね。 ED治療は美容整形や審美歯科と同じ扱いとなっているわけです。 保険証の提出の必要はない バイアグラは保険適用外で全額負担しなくてはいけない。 これは クリニックに保険証を提出する必要がないということです。 支払う価格こそ高くはなってしまいますが、この保険証の提示義務がないということはプラスに働くこともあります。 それは、医療費の通知などで家族や会社にバイアグラを処方してもらったことがバレなくなるということです。 保険証を提示し保険が適用されてしまうと後、に会社や各家庭に送られてくる医療費の通知で何をしたかがバレてしまうことがあります。 自由診療・全額負担であるバイアグラにはこの医療費の通知によるバレの心配はないということですね。 バイアグラの価格はクリニックごとに違う バイアグラを処方するようなED(勃起不全)の治療は自由診療である。 このことは、 ED治療の診察代やバイアグラの価格はクリニック側で自由に設定できるということを意味します。 ファイザー社が定めている希望小売価格のようなものはあります。 しかし、それはあくまで参考程度のものです。 価格をいくらにするかという決定権は病院側にあるということですね。 保険医療と違い、診察内容や費用に関しては病院や医師側が自由に設定出来てしまいます。 このため、 クリニックごとでバイアグラの処方までに総額でいくらかかるかが変わってきてしまいます。 バイアグラの価格相場 病院側がバイアグラの価格を設定できると言っても、法外な料金を請求されることはありません。 仮にそのようなクリニックがあったとしても、患者は他のクリニックへと移っていき、市場原理によって駆逐されてしまうでしょう。 したがって、 自由診療ではあるものの、バイアグラの価格には相場があります。 なお、美容整形をメインとするクリニックではバイアグラの価格が高めに設定されているようです。 そのようなクリニックよりは、 泌尿器科やED治療を専門に行っているクリニックのほうが安くバイアグラを購入できるようです。 初診料・再診料などの有無 また、 診察にかかる料金に関しても各クリニックで差があります。 ED治療に関する診察は自由診療となるので、診察料金もクリニック側で自由に設定することが出来るためです。 仮にバイアグラの価格それ自体が安く設定されていたとしても診察料金が高額だった場合は、トータルでのコストは高くなってしまいます。 なので、バイアグラの購入費用と合わせて、クリニックの診察費用もチェックするようにしましょう。 診察料金には初診料と再診料があります。 この価格設定はクリニックによって本当にバラバラです。 それぞれ無料から10,000円と大きな差があります。 バイアグラの価格を安くしておいて診察料金を高めに設定するクリニック• 初診料・再診料をともに無料にしておいてバイアグラの価格を高く設定するクリニック バイアグラ購入までかかる費用を正しく把握するためにも診察料金は事前にチェックしておくようにしましょう。 地域による価格差 その クリニックの立地によってもバイアグラの購入価格には差が出ているようです。 バイアグラなどのED治療薬の需要が多い地域では競争原理が働くこともあり、より安くバイアグラを入手することが出来るようです。 より具体的には都市部や繁華街ですね。 日本で一番バイアグラが処方されているのは新宿エリアらしいのですが、そのエリアでは安価に手軽にバイアグラを入手できます。 一方、 地方ではライバルとなるクリニックが少ないということもあり、バイアグラの入手までにかかる費用は高めとなってしまうようです。 EDに悩んでいる男性の総数それ自体も少ないので、都市部にあるようなED治療を専門とするクリニックも少なくなってしまいます。 そのため、どうしても患者一人あたりが負担するコストは高くなってしまいます。 バイアグラジェネリックでコストを抑える クリニックでのバイアグラの購入コストを少しでも下げたいと思うならば、バイアグラのジェネリック医薬品の利用がおすすめとなります。 バイアグラは誕生から20年程度が過ぎていることもあり、すでにジェネリック医薬品の製造が認められています。 処方の時にバイアグラのジェネリック医薬品の利用を希望すれば、バイアグラの入手コストを大幅に下げることができます。 だいたいですがバイアグラジェネリックの価格相場は以下のようになります。 ファイザー社のバイアグラにこだわりがない場合には積極的に利用しましょう。 よりコスパを意識するなら海外通販を クリニックでバイアグラおよびバイアグラジェネリックを処方してもらうよりも、さらにバイアグラの入手コストを下げる方法があります。 それは 海外通販サイトを利用し、海外製のバイアグラジェネリックを個人輸入する方法です。 この方法を上手く利用できれば、バイアグラをはじめとするED治療の入手コストを劇的に下げることができます。 海外製の医薬品の個人輸入は自己責任で行うものです。 服用において重い副作用が発症したとしても、医薬品副作用被害救済制度のような保護を受けることは出来ません。 そのためにも以下のような記事にまとめられている内容を事前に理解しておく必要があります。 このような リスクこそありますが、それを無に帰するようなメリットが海外通販にあるのは事実です。 興味がある方は、上記の記事を参考にトライしてみて下さいね。 海外製バイアグラジェネリックの価格 海外製のバイアグラジェネリックの特徴は何と言っても圧倒的なコスパの高さにあります。 たとえば、人気のあるバイアグラジェネリックであるカマグラゴールドは100mg錠で1錠あたり400円程度です。 日本では扱っていない100mg錠でこの価格です。 上記の国内製バイアグラとは大きな差がありますよね。 また、通販になりますので、ちょっとした送料以外は診察費用などは一切かかりません。 送料も1000円程度が相場となっています。 海外製というと怖いのが医薬品の品質ですが、でまとめているように、インド製のジェネリック医薬品などは高品質で知られています。 少しでもコストを下げたいという思いがある方には海外通販はおすすめです。 まとめ:ED治療は自由診療でバイアグラは保険適用外 日本国内においてED(勃起不全)の治療は自由診療となります。 そのため、 バイアグラをはじめとするED治療薬の処方も患者側の全額負担となります。 医療保険の一切の適用が認められていないということですね。 これはEDは生活に支障をきたす病気ではなく、バイアグラなどのED治療薬は個人の一時的な快楽のための薬であると厚生労働省がみなしているためです。 自由診療であるため、バイアグラの入手までにかかるコストはどのクリニックを利用するかで大きな差が生まれてきます。 バイアグラの薬の購入代金の違いももちろんですが、初診料や再診料などの診察料金の違いにも注意する必要があります。 多少のリスクを負ってでもとにかく安さをという方は、クリニックを利用するのではなく、海外通販で海外製のバイアグラジェネリックを個人輸入することをおすすめします。

次の

バイアグラの価格は?病院で処方してもらうと保険適用?

シアリス 相場

用法・用量 (主なもの)• 通常、成人には1日1回タダラフィルとして10mgを性行為の約1時間前に経口投与する• 10mgの投与で十分な効果が得られず、忍容性が良好と判断された器質性又は混合型勃起不全患者に対しては、20mgに増量することができる• 軽度又は中等度の肝障害のある患者では10mgを超えないこと• なお、いずれの場合も1日の投与は1回とし、投与間隔は24時間以上とすること• 中等度又は重度の腎障害のある患者では、5mgから開始し、投与間隔は24時間以上とすること• なお、中等度の腎障害のある患者では最高用量は10mgを超えないこととし、10mgを投与する場合には投与間隔を48時間以上とすること• 重度の腎障害のある患者では5mgを超えないこと• (用法及び用量に関連する注意)チトクロームP450 3A4<CYP3A4>を強く阻害する薬剤投与中の患者では、本剤の血漿中濃度が上昇することが認められているので、低用量(5mg)から開始し、投与間隔を十分にあける(10mgを投与する場合は投与間隔を48時間以上)など注意して投与し、なお、投与量は10mgを超えないこと〔10. 病気や症状に応じた注意事項• 過敏症• 重度肝障害• 網膜色素変性症• 不安定狭心症• 心血管系障害• 硝酸剤投与中• 一酸化窒素<NO>供与剤投与中• 性行為が不適当• コントロール不良の不整脈• 性交中に狭心症• 可溶性グアニル酸シクラーゼ<sGC>刺激剤投与中• 脳梗塞の既往歴が最近6ヵ月以内• 脳出血の既往歴が最近6ヵ月以内• 心筋梗塞の既往歴が最近3ヵ月以内• 高血圧• 高脂血症• 消化性潰瘍• 多発性骨髄腫• 糖尿病• 白血病• Peyronie病• 陰茎屈曲• 陰茎構造上欠陥• 陰茎線維化• 鎌状赤血球性貧血• 持続勃起症の素因となり得る疾患• 出血性疾患• NAIONの危険因子を有していた• 冠動脈障害• アルコールを高用量<0. コントロールが十分でない高血圧• 勃起不全治療剤投与中• PDE5阻害剤投与中• チトクロームP450 3A4<CYP3A4>を強く阻害する薬剤投与中• 重度勃起不全• 投与に際する指示• 81及び5. 33mmHg下降 ドキサゾシン 立位収縮期及び拡張期血圧は最大それぞれ9. 81及び5. 33mmHg下降 テラゾシン 立位収縮期及び拡張期血圧は最大それぞれ9. 81及び5. 10mgの投与で十分な効果が得られず、忍容性が良好と判断された器質性又は混合型勃起不全患者に対しては、20mgに増量することができる。 軽度又は中等度の肝障害のある患者では10mgを超えないこと。 なお、いずれの場合も1日の投与は1回とし、投与間隔は24時間以上とすること。 中等度又は重度の腎障害のある患者では、5mgから開始し、投与間隔は24時間以上とすること。 なお、中等度の腎障害のある患者では最高用量は10mgを超えないこととし、10mgを投与する場合には投与間隔を48時間以上とすること。 重度の腎障害のある患者では5mgを超えないこと。 (用法及び用量に関連する注意) チトクロームP450 3A4<CYP3A4>を強く阻害する薬剤投与中の患者では、本剤の血漿中濃度が上昇することが認められているので、低用量(5mg)から開始し、投与間隔を十分にあける(10mgを投与する場合は投与間隔を48時間以上)など注意して投与し、なお、投与量は10mgを超えないこと〔10. 2参照〕。 副作用 (添付文書全文) 次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。 1. 重大な副作用 11. 2参照〕]、失神、起立性低血圧。 2). 感覚器:(0. 4). 肝臓:(0. 5). 腎臓:(0. 2参照〕]、感覚鈍麻。 8). 泌尿・生殖器:(0. 10). 皮膚:(0. 11). その他:(0. 1.1参照〕。 使用上の注意 (添付文書全文) (警告) 1. 1. 本剤と硝酸剤又は一酸化窒素<NO>供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジル等)との併用により降圧作用が増強し過度に血圧を下降させることがあるので、本剤投与の前に、硝酸剤又は一酸化窒素(NO)供与剤が投与されていないことを十分確認し、本剤投与中及び投与後においても硝酸剤又は一酸化窒素(NO)供与剤が投与されないよう十分注意すること〔2. 2、10. 1参照〕。 2. 死亡例を含む心筋梗塞等の重篤な心血管系等の有害事象が報告されているので、本剤投与の前に、心血管系障害の有無等を十分確認すること〔2. 8、8. 1、11. 2参照〕。 (禁忌) 2. 1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 2. 硝酸剤投与中又は一酸化窒素<NO>供与剤投与中(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジル等)の患者〔1. 1、10. 1参照〕。 3. 可溶性グアニル酸シクラーゼ<sGC>刺激剤投与中(リオシグアト)の患者〔10. 1参照〕。 4. 心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる患者〔1. 2、8. 1参照〕。 5. 不安定狭心症のある患者又は性交中に狭心症を発現したことのある患者〔1. 2、8. 1参照〕。 2、8. 1参照〕。 7. 心筋梗塞の既往歴が最近3ヵ月以内にある患者〔1. 2、8. 1参照〕。 8. 脳梗塞の既往歴が最近6ヵ月以内・脳出血の既往歴が最近6ヵ月以内にある患者〔1. 2、8. 1参照〕。 9. 重度肝障害のある患者〔9. 3.1参照〕。 10. 網膜色素変性症患者[網膜色素変性症の患者にはホスホジエステラーゼ(PDE)の遺伝的障害を持つ症例が少数認められる]。 (重要な基本的注意) 8. 1. 性行為は心臓へのリスクを伴うため勃起不全の治療を開始する前に心血管系の状態に注意をはらうこと〔1. 2、2. 8参照〕。 2. 4時間以上の勃起延長又は持続勃起<6時間以上持続する痛みを伴う勃起>が外国にてごくまれに報告されている。 持続勃起に対する処置を速やかに行わないと陰茎組織の損傷又は勃起機能を永続的に損なうことがあるので、勃起が4時間以上持続する症状がみられた場合、直ちに医師の診断を受けるよう指導すること。 3. 本剤投与後に急激な視力低下又は急激な視力喪失があらわれた場合には、本剤の服用を中止し、速やかに眼科専門医の診察を受けるよう、患者に指導すること〔15. 1.1参照〕。 4. 臨床試験において、めまいや視覚障害が認められているので、高所作業、自動車の運転等危険を伴う機械を操作する際には注意させること。 (特定の背景を有する患者に関する注意) (合併症・既往歴等のある患者) 9. 1.1. 陰茎構造上欠陥(陰茎屈曲、陰茎線維化、Peyronie病等)のある患者:性行為が困難であり痛みを伴うおそれがある。 1.2. 持続勃起症の素因となり得る疾患(鎌状赤血球性貧血、多発性骨髄腫、白血病等)のある患者。 1.3. PDE5阻害剤投与中又は他の勃起不全治療剤投与中の患者:併用使用の経験がない。 1.4. 出血性疾患又は消化性潰瘍のある患者:in vitro試験でニトロプルシドナトリウム(NO供与剤)の血小板凝集抑制作用を増強することが認められている(出血性疾患又は消化性潰瘍のある患者に対する安全性は確立していない)。 1.5. 重度勃起不全患者:勃起不全の治療を開始する前に心血管系の状態に注意をはらうこと(心血管系イベントの危険因子を有する割合が高いと考えられる)。 1.6. コントロールが十分でない高血圧患者:本剤の血管拡張作用により血圧下降を生じる可能性があるので注意すること。 (肝機能障害患者) 9. 3.1. 重度肝障害患者:投与しないこと(これらの患者は臨床試験では除外されている)〔2. 9参照〕。 (高齢者) 一般に生理機能が低下している〔16. 6.3参照〕。 (相互作用) 本剤は主にCYP3A4により代謝される。 1. 併用禁忌: 1). 硝酸剤及びNO供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジル等)〔1. 1、2. 2参照〕[併用により、降圧作用を増強するとの報告がある(NOはcGMPの産生を刺激し、一方、本剤はcGMPの分解を抑制することから、両剤の併用によりcGMPの増大を介するNOの降圧作用が増強する)]。 2). sGC刺激剤(リオシグアト<アデムパス>)〔2. 3参照〕[併用により、血圧低下を起こすおそれがある(併用により、細胞内cGMP濃度が増加し、全身血圧に相加的な影響を及ぼすおそれがある)]。 2. 併用注意: 1). CYP3A4阻害剤(ケトコナゾール、イトラコナゾール、クラリスロマイシン、テラプレビル、グレープフルーツジュース等)〔7.用法及び用量に関連する注意の項、16. 2). HIVプロテアーゼ阻害剤(リトナビル、インジナビル、サキナビル、ダルナビル等)〔16. 7.3(1)参照〕[ドキサゾシンとの併用により、立位収縮期及び拡張期血圧は最大それぞれ9. 81及び5. 5). 降圧剤(アムロジピン、メトプロロール、エナラプリル、カンデサルタン等)[アンジオテンシン2受容体拮抗剤(単剤又は多剤)との併用により、自由行動下収縮期及び拡張期血圧は最大それぞれ8及び4mmHg下降するとの報告がある(本剤は血管拡張作用による降圧作用を有するため、併用により降圧作用を増強するおそれがある)]。 6). カルペリチド[併用により降圧作用が増強するおそれがある(本剤は血管拡張作用による降圧作用を有するため、併用により降圧作用を増強するおそれがある)]。 (過量投与) 13. 1. 処置 過量投与時、特異的な解毒薬はない(なお、腎透析によるクリアランスの促進は期待できない)。 (適用上の注意) 14. 1. 薬剤交付時の注意 14. 1.1. PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導すること(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することがある)。 1.2. 本剤は投与後36時間まで有効性が認められていることから、その期間は安全性について十分配慮すること。 1.3. 本剤は食事の有無にかかわらず投与できる〔16. 2.1参照〕。 1.4. 本剤には性行為感染症を防ぐ効果はない。 (その他の注意) 15. 1. 臨床使用に基づく情報 15. 3、11. 2参照〕。 1.2. 薬剤との因果関係は明らかではないが、外国において本剤を含むPDE5阻害剤投与後に、まれに、痙攣発作の発現が報告されている。 1.3. 薬剤との因果関係は明らかではないが、外国において本剤を含むPDE5阻害剤投与後に、まれに、急激な聴力低下又は突発性難聴が報告されている。 これらの患者では、耳鳴りやめまいを伴うことがある。 1.4. アルコール飲用時に本剤を投与した外国の臨床薬理試験において、アルコール血中濃度、本剤の血漿中濃度のいずれも相互に影響を受けなかったが、アルコールを高用量<0. ヒトにおける精子形成能に対する影響を検討した外国臨床試験の一部では平均精子濃度減少が認められたが、精子運動率、精子形態及び生殖ホルモン値はいずれの試験においても変化が認められなかった。 (保険給付上の注意) 本剤は保険給付の対象とならない(薬価基準未収載)。 (保管上の注意) 室温保存。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の